バリ

2017年9月26日 (火)

17/09/30(土)&10/01(日) ワヤンクリッ公演&ワークショップ 「パンダワの奴らはどこに消えた?」

会場:大阪府大阪市北区 天満天六 音太小屋

下記の公演のお知らせがギータ・クンチャナのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

E0017689_22374561

2017093002

ワヤンクリッ公演&ワークショップ
「パンダワの奴らはどこに消えた?」

2年に1度、大阪で観られるバリ島の影絵芝居ワヤン・クリッのお知らせです!
今回はインドより伝わる壮大な物語『マハバラタ』から、
個性豊かなパンダワ5人兄弟が力を合わせ、
宿敵コラワ一族の追っ手から逃れるスリル満点のお話です。
バリ島で影絵芝居を観て言葉がわからず悶々とした経験のある方!ご安心ください。
稀有な外国人ダランとしてバリ島でも賞賛されている梅田英春さんによる、
分かりやすく日本語を交えたストーリー展開は、老若男女お子様も楽しめます。
関西ネタもぶっ混んで、ワクワクドキドキワッハッハのひとときです。
勿論ギータ・クンチャナのガムラン伴奏バテルも、ますますパワーアップ。
オープニング曲には、世界初披露のギータオリジナル曲を演奏いたします。

皮に彫刻をほどこした美しい人形を手に取り、動かす貴重な体験が出来る
ワークショップも開催します。
いずれの日も定員になり次第締め切りとなりますのでご予約はどうぞお早めに。

ワヤン・トゥンジュク梅田一座
 ダラン(語りと人形遣い)梅田英春
 クテンコン(人形遣い補佐)片倉保夫 長谷部匡
演 奏:ギータ・クンチャナ 松井克宏(スアラ・スクマ@名古屋)
日 時: 2017年9月30日(土)/10月1日(日)
      両日ともに 14時半開場 15時開演
場 所: 天満天六 音太小屋(ねたごや)
〒530-0031 大阪府大阪市北区菅栄町3-15
料 金: 前売り2,500円/高校生以下1,500円/未就学児無料
      当日券はそれぞれ+500円

※ワヤンクリッ ワークショップ
影絵芝居の人形に触れて使い方を体験できます
10月1日(日)11時~12時
場所:天満天六 音太小屋(ねたごや)
料金:500円 定員20名

**********************************
お申込み方法
以下の項目をメールにて下記アドレスへ送信してください。
ticketgitakencana@yahoo.co.jp
件名:影絵芝居申込み
内容:お名前 携帯電話番号 ご希望公演日/ワークショップ 人数
**********************************
3日以内にメールの返信が無い場合は、
受信拒否設定やメールが届いていない可能性があります。
お手数ですが再度ご連絡ください。
前売り券のお申込み締め切りは 9月28日とさせて頂きます。

主 催: ギータ・クンチャナ
後 援: 学校法人 大阪音楽大学

【外部リンク】
ワヤン・トゥンジュク梅田一座
ギータ・クンチャナ
スアラ・スクマ
天満天六 音太小屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

17/09/16(土)3周年!〜長月の夜を、皆様とご一緒に〜バリ・ガムランコンサート@葛飾区のお寺「崇福寺」

会場:東京都葛飾区 曹洞宗海島山 崇福寺

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Shida01

Shida02

崇福寺 バリ・ガムランコンサート
〜長月の夜を、みなさまとご一緒に〜

「崇福寺 バリ・ガムランコンサート〜長月の夜を、みなさまとご一緒に〜」とというタイトルでの開催も、今年で3回目になります。
今年は、踊りが4曲。演奏は、激しい練習を重ねて新たに1曲をレパートリーに加えました。

みなさま、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。
メンバー一同、みなさまのお越しをお待ちいたしております。

日 時|2017年9月16日土曜日 6時半開演(6時開場)
会 場|曹洞宗 海島山 崇福寺 本堂
    東京都葛飾区高砂 7丁目13-1 Tel. 03-3607-0316
崇福寺アクセス
入場料|無料(予約不要)
出 演|シダカルヤ
sidhakarya(シダカルヤ)web site
主 催|曹洞宗 海島山 崇福寺
フライヤーデザイン|阪本正義

【外部リンク】
バリガムラン シダカルヤ
公演詳細
曹洞宗 海島山 崇福寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

17/08/26(土)&27(日)インドネシア民謡や踊りはもちろん、クラシック、ポップス、映画音楽、演歌まで。アンクルン・オーケストラ来日公演!

会場:東京都荒川区:サンパール荒川/神奈川県逗子市:逗子文化プラザホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ayswsaldjpglarge

Info

KPA3アンクルン楽団
アンクルン・オーケストラ・コンサート
サラサ・カタ:アヴァナ

インドネシア、バンデゥン市のトップ・アンクルン楽団が
今年8月26日・27日に東京・神奈川にて公演を開きます。
インドネシア民謡や踊りはもちろん、クラシック、ポップス、映画音楽、演歌、
幅広いジャンルを50人で構成するアンクルン・オーケストラが演奏します。

【プログラム】
・ベートーヴェン 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 第1楽章 「運命」
・スタジオジブリOSTファンタジー
・津軽海峡冬景色
・インドネシア民謡・踊り、他

東京公演

日時:
2017年 8月 26日(土)
13:30 開場/14:00 開演  14:00 start   

会場:
サンパール荒川 大ホール
〒116-0002 東京都荒川区荒川1丁目1?1
電話: 03-3806-6531
【市バス】「荒川区役所前」 徒歩2分
【電車】 都電荒川線「荒川区役所前」 駅より 徒歩2分 日比谷線「三ノ輪」駅より 徒歩12分(荒川警察署向い)

料金:
全席自由 1,000円

神奈川公演

2017年 8月27日(日)
13:30 開場/14:00 開演

会場:
神奈川逗子文化プラザホール なぎさホール
神奈川県逗子市逗子4-2-10
TEL:046-870-6622
京浜急行「新逗子」 駅より徒歩2分 JR 「逗子」駅より徒歩 5分

料金:
全席自由 1,000円

楽団プロフィール:
KPA3は1980年に設立したインドネシアのトップ・アンクルン楽団。アンクルンを文化遺産および国家アイデンティティとして推進し豊かな世界の文化に貢献するミッションを持つ。インドネシア観光省、バンドン市支援を得て、2016年にインドネシア観光省の東欧観光代表に指名された。

Expand the Sound of Angklung

とは海外での音楽コンクール出場、演奏ツアー、文化交流といった活動である。これまで14国にて34公演を開催した。海外音楽コンクールや国内アンクルン音楽コンクールで多数優勝・受賞した。

特別ゲスト 狩野 裕美/シンデン:ガムラン楽器
千葉県市原市出身。東京音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業後、インドネシア国立芸術大学スラカルタ校器楽科へ5年間留学。留学中より中部ジャワ芸能の舞台経験を積み、2002年、スラカルタへ移住。
個人レベルから会社・県など大規模なレベルでの式典等でワヤン・クリット(影絵芝居)、ガムラン楽器演奏会のシンデンを務める。現在、シンデンとして日経アジア賞受賞者となる(2010年)影絵芝居の人形遣い師、マンタッブ氏のワヤン・クリット公演に常駐している。

【外部リンク】
KPA3アンクルン楽団来日公演公式サイト
サンパール荒川
逗子文化プラザホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

【速報!12周年!】17/08/19(土)&20(日)瑠璃かがやく江の島バリ 江の島バリSUNSET@江の島シーキャンドルイベントステージ

会場:神奈川県藤沢市 江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)下特設会場

下記の公演をいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Enoshima

江の島バリSUNSET
Enoshima Bali Sunset

~瑠璃かがやく江の島バリ~

神々の島バリ島の魅力を五感で体感できる江の島バリ

苑内はインドネシアバリ島のような南国系樹木に包まれ
ガムランの生演奏とバリ舞踊などを楽しめる二日間。

青空と海を眺めながら、インドネシアのグルメやバリ雑貨などでプチバリ体験をお楽しみください。

開催日時:
2017年8月19日(土)~ 20日(日)
開催場所:
江の島シーキャンドルイベントステージ

【外部リンク】
江の島バリsunset公式サイト
江の島バリsunset facebook
江の島バリsunset twitter
江の島シーキャンドル

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

【バリ島プリアタンからの踊り手も参加!】17/08/05(土)~06(日)神社の空間で行われる幻想的なバリ芸能の宵!第16回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭「ひかりとおどる」

会場:東京都杉並区 阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿

下記の講座のお知らせが戦場の旗手(阿佐ヶ谷バリ舞踊祭主宰)のブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

19024892_729830767225795_1032588796

19055045_729830773892461_8042385933

Pesta Kesenian Bali ke-16 di ASAGAYA
第16回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭
「ひかりとおどる」
日時◎2017年8月5日(土)6日(日)両日17時開演(16時開場)
会場◎阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿
(東京都杉並区阿佐谷北1-25-5 JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分)
◎入場無料
◎雨天決行(荒天中止)

阿佐バリも16年目に突入。
毎年自慢のチラシ絵とデザインは、光の泡のようで今年もすごくお気に入り!

そして今年の演目はバリ島プリアタンからの踊り手の参加やジャワガムランの演奏と踊り、近年の新しい創作舞踊など、盛りだくさん。
もちろん、オーソドックスなバリ舞踊もしっかり魅せます。

【外部リンク】
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 公式ページ
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 実行委員長ブログ「戦場の旗手」 
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 Facebookページ 
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 Twitterアカウント @asagayabali

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【前後の関連公演追記】17/7/2(日)スアールアグンの踊り手として活躍する親子共演 バリ舞踊来日公演《時をこえて咲く、バリの花》

会場:大阪府大阪市鶴見区 大阪市鶴見区民センター

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_20170702_balinohana_omote

Img_20170702_balinohana_ura

バリ島の伝統芸能・来日公演
大阪公演《時をこえて咲く、バリの花》

本来、神々に奉納され、時をこえて受け継がれてきたバリの
伝統舞踊。  世界で高く評価され、舞台芸術としても今なお
熱く競われています。その中から華やかな名曲を、実力と愛
くるしさが魅力の9歳の少女 ニ・マデ・チャンティカ・オク
タヴィア・アンダニ、  その母、 国際的ジェゴグ楽団 『ス
アール・アグン』 の踊り手として国内外で活躍する ニ・ニ
ョマン・チプタ・ウィリアワティが演じます。
共演は、 2人と縁の深い実力派の舞踊家が東京・名古屋・
和歌山・兵庫・香川より集結、ゆ関西草分けのバリガムラン
・グループによる生演奏でお届けします。  関西初のバリ舞
踊家親子の共演を是非お楽しみください。

【日 時】 2017年7月2日(日)
      開場17:30 / 開演18:00(19:40頃終了予定)
【定 員】 200名 ※全席自由
【料 金】 前売3,000円/当日3,500円
      (中高生 2,500円 小学生2,000円 前売/当日)
【会 場】 大阪市鶴見区民センター(小ホール)
      http://turumiwardc-ogbc.jp/
       大阪市鶴見区横堤5-3-15(鶴見区役所西隣)
       電話 06-6912-3971(会場の問い合わせのみ)

【公演概要】
出 演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《舞踊》ニ・ニョマン・チプタ・ウィリアワティ
    ニ・マデ・チャンティカ・アンダニ
    大眉鉄平 近藤ゆま 佐味千珠子 長谷川裕子 松阪真生子
《演奏》ギータ・クンチャナ
    (小林江美 山海一剛 須谷朗 高橋知子 田中夕子
     野田圭祐 坊野美久理 松村涼子 水沼優子 吉田ゆか子)

演 目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    レゴン・ラッサム、オレッグ・タムリリンガン、他

【前後の関連公演】

7/1()13:0015:00 お供えづくり&舞踊ワークショップ(初級向け)@大阪
7/2(
)18:00〜    来日公演 @大阪
7/3(
)15:00〜/19:30 お供えづくり/舞踊ミニライブ @兵庫
7/4(
)13:1514:45 舞踊ワークショップ(経験者向け)@大阪

主催・企画・制作: マニック・クスマ
共催:oofficeオンガクノ素(横浜公演)/ Bali Asri(名古屋公演)
招聘・制作: 株式会社マノハラ

お申し込み方法はこちら ↓↓↓↓↓↓

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
ご予約
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 お申し込み後に振込先をお知らせ致します。
 お振込確認後、予約完了メールのご連絡を差し上げます(チケットレス)

 お名前・電話番号・枚数をご明記の上、
 メールにてお申し込みください。

 本公演専用アドレス:bali.no.hana@gmail.com

*お申込みに下記テンプレートをご利用ください。
----------------------------------------------------------
【件名】 時をこえて咲く、バリの花:申込み

お名前:
電話番号:  (当日ご連絡がとれる電話番号)
枚数:    (大人、小・中・高校生の記載)
----------------------------------------------------------

※予約専用アドレスからメール受信できるよう設定をお願い致します。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
お問い合わせ
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

下記専用アドレスまでご連絡ください。
bali.no.hana@gmail.com
(主催マニック・クスマ内 本公演事務局)

【外部リンク】
公演ブログ《時をこえて咲く、バリの花》
マニック・クスマ
ギータ・クンチャナ
大阪市鶴見区民センター(小ホール)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

17/7/9(日)スアールアグンの踊り手として活躍する親子共演 バリ舞踊来日横浜公演《神の島で人びとは踊る》

会場:神奈川県横浜市中区 のげシャーレ

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_22331748

◉バリ島舞踊家親子来日特別公演◉

 本年3月のティアラこうとう(江東公会堂)・東京シティバレエ団「バレエとバリ舞踊の饗宴」に初来日、その実力と愛らしさを魅せた9才の天才少女、ニ・マデ・チャンティカ・オクタヴィア・アンダニ。
 その母であり、国際的ジェゴグ・グループ「スアール・アグン」の踊り手として度々来日している美女、ニ・ニョマン・チプタ・ウィリアワティ。

 2人を迎え、日本で活躍する魂の踊り手、荒内琴江と小泉ちづこ、そしてバリダンスに魅せられた5人の子どもたちと共に、ガムラン・トゥラン・ブーラン18名編成で華やかにライブを行います。
 お席に限りがありますので、お早めのご予約、または関係者よりチケットのご購入をどうぞ。

2017年
7月9日(日)
15:00開場 15:30開演
スペシャル公演
「バリ・ダンスとガムラン音楽 神の島で人びとは踊る」

●会場:のげシャーレ(横浜にぎわい座小ホール)
      横浜市中区野毛町3-110-1
 (JR・横浜市営地下鉄「桜木町」駅徒歩3分)

●料金:一般前売4,000円/一般当日4,500円/小・中学生2,500円/座席の必要な幼児 2,000円/座席の必要ない乳幼児は無料
    *お茶とお菓子付き

*7月8日(土) スペシャル・ワークショップ(下記に概要あり)との2日間通しチケットあり! 一般5,500円/小・中学生3,000円

●定員:100名 

●プログラム(予定):プスパンジャリ(歓迎の花まきの踊り)、チャンドラワシ(極楽鳥の踊り)、タルナジャヤ・ルンカップ(若き勇者の舞)、レゴン・ラッサム(宮廷舞踊ラッサム王の物語)、器楽曲、他

ご予約は>>>
件名を「7/9バリダンスとガムラン公演予約」とし、
1)氏名 、2)人数、3)大人、小・中学生、乳幼児の別(子どもさんは年令をお願いします)、4)ご連絡先を明記の上、下記へお申し込みください。
officeオンガクノ素チケット専用 
E-mail: ticketongakunomoto@gmail.com

●出演:
<バリ舞踊>
Ni Nyoman Cipta Wiliawati
(ニ・ニョマン・チプタ・ウィリアワティ)
NI Made Cantika Oktavia Andani
(ニ・マデ・チャンティカ・オクタヴィア・アンダニ)
荒内 琴江
小泉 ちづこ
キッズ・ナーガ・ジュパン

<ガムラン演奏> 
Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)迫力サウンド18名編成! 
櫻田 素子 足立 真里子 I Ketut Suardana 久保田 京子

小原 眞巳 佐々木 典子 城島 茂樹 鈴木 良枝 内藤えりか
錦織 照子 根岸 久美子 伏木 香織 藤田 栄子 宮城 康夫
横山 友美 吉田 まゆみ 吉田 ゆか子 渡辺 泰子 

●照明:大庭圭二(株式会社 流)
●演出:櫻田素子 春日聡
●主催・企画・制作:officeオンガクノ素(主宰 櫻田素子)
●共催:Bali Asri(代表 長谷川裕子 *名古屋公演)
    マニック・クスマ(主宰 佐味千珠子 *大阪公演)
●制作:株式会社 マノハラ(久保田広美) 
●協力:Terang Bulan ガムランBakso倶楽部 ナーガ・ジュパン

................................................................................................
同時開催!!
◎7月8日(土)
15:00開場 15:30開演
ガムランBakso倶楽部presentsスペシャル・ワークショップ
「やってみようバリ・ダンスとガムラン楽器〜〜 南の島はいつも大忙し」
●会場:のげシャーレ(横浜にぎわい座小ホール)
●出演は9日公演と同様、及び、ガムランBakso倶楽部講座生
●ナビゲーター:櫻田素子
●対象:子ども〜大人まで
●料金:一般3,000円/小・中学生1,500円/
    乳幼児 無料 *お茶とお菓子付き
●定員:80名

◎バリ舞踊ワークショップ
 講師:Ni Nyoman Cipta Wiliawati
(ニ・ニョマン・チプタ・ウィリアワティ)
7月5日(水)
19:30-21:00 初心者向け
@めぐろパーシモンホール・リハーサル室

7月7日(金)
15:30-17:00 チャンドラワシ(極楽鳥の踊り)
@のげシャーレ(横浜にぎわい座小ホール)

7月11日(火)
15:00-17:00 バリ舞踊のメイク・スキルアップ講座
18:30-20:00 スカル・ジャガット(歓迎の踊り「大地の花」)
@めぐろパーシモンホール・リハーサル室

いずれも
●対象:小学生以上〜大人まで
●料金:一般3,000円/小・中学生2,000円
●定員:各回10名

以上、ご予約は>>>
「7/8バリダンスとガムランワークショップ予約」、または「7/◯◯バリダンスワークショップ予約」とし、 1)氏名 、2)人数、3)大人、小・中学生、乳幼児の別(子どもさんは年令をお願いします)、4)ご連絡先を明記の上、下記へお申し込みください。

officeオンガクノ素チケット専用 
E-mail:ticketongakunomoto@gmail.com

【外部リンク】
バリ・ダンスとガムラン音楽 神の島で人びとは踊る(facebook)
Terang Bulan(facebook)
のげシャーレ(横浜にぎわい座小ホール)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

17/05/28(日)ギター、オーボエ、ガムラン、バリダンス「Music is calling us anytime. 音楽は呼んでいる。」

会場:東京都国立市 国立・酒場FUKUSUKE

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

17390400_1298892973480831_651416576

O0397026513925462861

2017年5月28日(日)
open18:00 start18:30

ギター、オーボエ、ガムラン、バリダンスのライブ「Music is calling us anytime. 音楽は呼んでいる。」

海のような光のような宇宙のような、揺りかごのような。
音楽ってなんだ。
誰も知らない。
ただ、音楽するだけ、浴びるだけ。
夢心地のひと時を。

出演:KING-1p佐野篤(ギター、Vo,etc.)、tomoca(オーボエ) 、Terang Bulan(ガムラン:櫻田素子、錦織照子、他)、小泉ちづこ(バリ舞踊)

18157124_801598259995898_5300857292

tomoca
3歳でピアノ、13歳でオーボエに出会う。
桐朋学園大学でクラシック音楽を学び、卒業後、国内外のミュージシャンに導かれインプロビゼーションを学ぶ。これまでのスタジオミュージシャンとしての録音ワークは数千曲に及ぶ。   
2005年「Aqui」でCDデビュー。2014年 4作目のアルバムとなる全曲バリ島録音「Cantica」リリース。
オリジナリティ表現の追求・進化を続け、2012年からバリ島⇔東京の2住生活を始め、現在バリ島在住。世界各国のリスナーをオリエンタルな音色で音旅へと誘う。

18034063_801624716659919_7304345933

小泉ちづこ Koizumi Chizuko バリ舞踊家・ダンサー
横浜生まれ。
劇団民藝(みんげい)在団中に訪れたバリ島でバリ舞踊に出会う。
生活から生まれた祈りの奉納、バリ芸能の在り方、ガムラン音楽と舞踊に衝撃と感銘を受ける。
劇団を退団後、2001年から2年間、インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学し本格的にバリ舞踊を学ぶ。
大学の授業と並行して、Cok Isteri Putra Padmini 女史(ISI教授)、I Agung Mas Susilawati 女史(SMKI教諭)
I Made Keranca 氏、Ni Ketut Arini 女史などバリ島の芸術家に師事する。
帰国後、バリ舞踊教室/企画「チプタ・ブミ」を主宰し、舞踊活動・舞台制作・講師活動を開始。
現在にいたるまで渡バリを繰り返し舞踊の研鑽を積む。
生命にルーツ、根源的な祈りの喜びを大切に、舞踊家として古典形式と作品の世界を探求し続ける。
近年ではバリ舞踊形式を用いての新たな表現の模索とバリ舞踊の枠を外した舞踊の試みを展開。
様々なジャンルのミュージシャンやアーティストとの共演、オリジナルの創作活動にも力を注いでいる。
2012年より千葉県南房総市千倉に居を移し、横浜と千倉を往復しながらの舞踊ライフを邁進中。

18199540_1339842722719189_844273167

18216591_1339843209385807_386910772

トゥラン・ブーラン Terang Bulan
Terang Bulanはインドネシア語で"明るく輝く月”。日本で類を見ないハイクオリティーなサウンドを聴かせる、バリ・ガムラン演奏ユニット。主宰・櫻田素子により、様々なコンセプトに合わせ3名から20名程の大編成まで自在に組まれ、伝統曲、舞踊曲の他、オリジナル作品に積極的に取り組み、コラボレーション、芸能国際交流など、精力的に活動。2009年と2014年、本場バリ島の芸術祭に参加、その表現力と演奏技術に高い評価を得ている。
今回は、トゥラン・ブーラン より2名が出演。
 ゴリさん、こと、錦織照子は、トゥラン・ブーラン・メンバー歴長く、その楚々とした外見とは裏腹に、メタルサウンドをガッツリきかせる重鎮。特に、バリ・ガムランの大きな特徴であるコテカン=組み合わせフレーズ奏法で、いわゆる裏打ちあるいは高音のパートを支える。オリジナルな作品を探求する小編成に常時参加している。
 もう1名は、ワタクシ主宰の櫻田素子。佐野篤とKINGの宇宙ロックとの出会いは、もう20年程前。
 tomocaさんのうっとりと滑空する音色、佐野さんの懐深い世界観、ガムランの溶解する金属の響き。
 音楽は世界だ。。

18342723_1344952018874926_149296092

佐野篤  (Vo.G. etc…)
三歳から音楽活動を始める。初めて手にした楽器はバイオリン。弾く楽器として性に合わず、弾きながら寝てしまう。
思春期にグラムロック等に影響を受け、19歳、S-kenに誘われ、東京のロックシーンに出る。
後、ティポグラフィカ,EPO.BEGIN,E.YAZAWAを始め様々な仕事をこなす。28歳アフリカにリズムの旅に出て、帰国後KINGを結成し現在に至る。
ギター・バイオリン・リコーダー・ジェンべ・チェロなど様々な楽器を演奏するが、ベーシストとして知られ、作詞作曲には特に光るものがある。
今年も、南米よりフロレンシア・ルイスを招き、ロスオンゴスオリエンタレスで恒例のツアーを行う。
カルメン・マキ「デラシネ」発売記念ライブで、4月に奄美・5月に関西へ向う。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、演奏、ギター

予約:2500円
当日:3000円
学割:1500円 共に(要+1ドリンク代)

*ご予約はこの欄へのメッセージでも受け付けます。

※お店へのご予約はメールおよび電話で!
メールの場合件名を『5/28』とし、お名前、人数、ご連絡先を必ず明記の上送ってください(前日締め切り)。

国立・酒場FUKUSUKE
東京都国立市東1-15-22国立サニービル3階
TEL.042-574-0445 
sakabarfukusuke@yahoo.co.jp

Terang Bulan+小泉ちづこ+KING-2pの以前の動画です。
今回はもっと小編成ですが、オーボエのtomocaさんがインドネシアから参加
どうぞおたのしみに。

【外部リンク】
Terang Bulan
小泉ちづこ
国立・酒場FUKUSUKE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

17/06/3(土)関西屈指のバリ舞踏家たちが一堂に集う! 第9回関西バリ舞踊祭 千亀利の杜に舞う華

会場:大阪府岸和田市 岸城神社

下記の公演のお知らせが関西バリ舞踊祭のFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11723x1024

2723x1024

関西のバリ芸能界の一大イベント!
第9回関西バリ舞踊祭

●日時:2017年6月3日(土)17:00~20:00
●場所:岸城神社
 南海本線「蛸地蔵」駅から徒歩5分/「岸和田」駅から徒歩10分

 入場無料 カンパ歓迎 雨天決行(雨天時は社殿内)

出演
・アルジュナ・スリカンディ
・サヌイサリ
・チャンドラ・バスカラ
・バリ舞踊プルナマ・サリ
・バリ舞踊wakayama
・プラナ
・プルナマ・サリ ガムラン倶楽部
・マニック・クスマ
・マルガラハユ 

Program
開演前
バレガンジュール

第1部
1.ジャヤ・スマラ
 瞬発力と”間”これぞガムラン・ゴン・クビャール
2.ペンデット
 歓迎の踊り
3.クンバンギラン
 楽しげな娘たちの踊り
4.スンダラム
 バリ・ヒンドゥ教の「真・善・美」から美をテーマにした踊り
5.ヌラヤン
 とある漁村の夫婦の一日
6.ジョゲッ・ブンブン
 お客を誘って踊る、バリの娯楽舞踊

休憩30分

第2部
7.ルジャン・レンテン
 神様に捧げる踊り
8.ウィランジャヤ
 双子の王子ナクラとサハデワが裕美を練習する姿を描いた踊り
9.レゴン・ブライヨン
 幼き姫の物語
10.ガルーダ・ウィシュヌ
  ガルーダとウィシュヌ神 聖水アムルタを求めて
11.ルジャン・デワ
 調和と感謝の奉納舞踊

<主催>関西バリ舞踊祭実行委員会
<共催>在大阪インドネシア共和国総領事館
岸和田市国際親善協会、岸城神社

<後援>
大阪府、関西・大阪21世紀協会、関西インドネシア友好協会
岸和田市、岸和田市教育委員会、岸和田市観光振興協会
岸和田市文化協会、岸和田文化事業協会、蛸地蔵商店街

<協力>
ガルーダインドネシア航空 

お問い合わせ:
関西バリ舞踊祭実行委員会
E-MAIL:kishiki@infoseek.jp
TEL:072-422-0686

岸和田文化事業協会(自泉会館内)
TEL/FAX 072-437-3801

【外部リンク】
関西バリ舞踊祭Facebook
関西バリ舞踊祭チラシ(在大阪インドネシア共和国総領事館サイト)

岸城神社

 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

17/5/4(木・祝)~5/7(日)ワヤン・クリッとトペンを融合させた創作作品、バリ島の仮面舞踊と影絵芝居@タクト・フェスティバル2017・東京芸術劇場

会場:東京都豊島区  東京芸術劇場

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Tact2017

Tact2017_01

バリ島の仮面舞踊と影絵芝居
「月と太陽 -Eclipse-」

今年で8回目を迎えるTACT/FESTIVAL(タクト・フェスティバル)。
このフェスティバルは、こどもだけでなく親子で、そして大人だけでも楽しむことのできる、海外の上質なパフォーマンスを招聘して上演します。
今年はインドネシア(バリ島)より創作パフォーマンス「月と太陽 -Eclipse-」を招聘します。
トペン、ワヤン・クリッ、ガムラン演奏などを組み合わせた貴重なパフォーマンスとなりますので、GWはぜひ東京芸術劇にお越しください。

日時:201754日(木・祝)〜57日(日)

料金:大人:2,000円 こども(高校生以下):1,000円 未就学児:500円
※2演目セット券<大人:3,500円 こども:1,500円>
※セット券は前売りのみ発売
※5歳以上のご観劇をお勧めします。

会場:東京芸術劇場 シアターウエスト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目8−1

チケット取扱:
【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00~19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/ (PC) http://www.geigeki.jp/i/t/ (携帯)
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)
【その他プレイガイド】
<チケットぴあ>
・0570-02-9999(24時間・音声自動応答)
【Pコード:「ピアニスト」457-523/「月と太陽」457-524】
・http://pia.jp/t/geigeki/
・各チケットぴあ店舗、サークルK・サンクス、セブン-イレブン

<ローソンチケット>
・0570-084-003 (音声自動応答・要Lコード)
【Lコード:「ピアニスト」37074/「月と太陽」37075】 
・0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
・http://l-tike.com/namham
・ローソン、ミニストップ店内 Loppi
※ぴあ・ローソンで取り扱うセット券は、同日開催公演に限ります。
<イープラス>
・http://eplus.jp/(PC・携帯)
・ファミリーマート店内 Famiポート
※セット券の取扱いはございません。

【外部リンク】
公演詳細
公演チラシ(PDF)
東京芸術劇場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧