バリ

2019年2月 9日 (土)

19/02/10(日)静岡文化芸術大学ガムランサークル「SuaraCanda」(梅田英春教授顧問)自主公演「音の戯れ」

会場:静岡県浜松市中区 鴨江アートセンター

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

190210_01

静岡文化芸術大学ガムランサークル「SuaraCanda」
(梅田英春教授顧問)
自主公演「音の戯れ」

内容
顧問の梅田英春 教授の指導の元、活動している大学公認サークルSuara Candaのメンバーによる公演です。インドネシア・バリ島のガムラン・アンクルンの演奏や、バリ舞踊を披露致します。公演内では、私たちが子供の頃からよく耳にする「ある童謡」を例に、ガムランの音楽構造や魅力を分かりやすくお伝えするワークショップも行います。        

日時 2019年2月10日(日曜日)
開場 午後3時
開演 午後3時30分 (途中休憩有り)
会場 鴨江アートセンター3階301号室(静岡県浜松市中区鴨江町1)
Suara Candaメンバーの集合写真
【出演者】
  Suara Canda 
  梅田英春教授 (芸術文化学科長)
  バリ舞踊グループ Sakti Bali (サクティ・バリ)

  Suara Canda の学生、OGメンバーの他、浜松市を中心に活動する
  バリ舞踊グループ、Sakti Baliのメンバーと共に公演を行います。
【入場料】 
  大人 前売800円 当日1,000円
  学生(中学生から大学生) 前売500円 当日700円
  小学生 前売当日共300円
  未就学児 無料

【お申込方法】
  メールにて承っております。下記の事項をご記入の上、
  suaracanda@gmail.comへお送りください。
  件名 チケット予約
      本文 氏名(ふりがな)、住所、電話番号、券種 
     ※ご来場希望の人数分お示しください。
【お問い合わせ】
  静岡文化芸術大学 教務 学生室
  Tel.053-457-6121

  SUAC×Gamelan Ensemble Suara Canda
  E-mail suaracanda@gmail.com
      Twitter  @suac_gamelan

【外部リンク】
Suara Canda
公演詳細
鴨江アートセンター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

19/01/25(金)シダカルヤ(皆川厚一、川村亘平ほか)、ガムラン演奏@夜能 ~夜楽の調べ~ 

会場:東京都文京区 宝生能楽堂

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

190125_02_02

2019_yanoh_0125

ガムラン演奏@夜能 ~夜楽の調べ~ 

19:00 ガムラン「ラーマヤナ ~アジアの神鷲ガルーダ~」
皆川厚一 プトゥ・スティアワン 濱元智行 川村亘平 藤崎聡美

19:20 能「車僧」(くるまぞう)
シテ:金野泰大 ワキ:梅村昌功 笛:杉信太朗 小鼓:田邊恭資 大鼓:亀井洋佑 太鼓:梶谷英樹
間:河野佑紀
後見:宝生和英 東川尚史
地謡:野月 聡 小倉伸二郎 小林晋也 當山淳司 田崎 甫 今井 基 藤井秋雅 上野能寛

20:20 仕舞「右近」(うこん) 小林晋也
仕舞「経政クセ」(つねまさ) 田崎 甫
仕舞「鉄輪」(かなわ) 東川尚史

会場:宝生能楽堂
宝生会 〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-9 TEL:03-3811-4843(代) FAX:03-3811-4591

【外部リンク】
シダカルヤ
川村亘平
宝生能楽堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

18/12/16(日)ガムランという名の毛布にくるまり、ぬくぬくと極彩色の夢を見るのです「ゆめみるガムラン Gamelan Dreamer」

会場:神奈川県横浜市中区 のげシャーレ(横浜にぎわい座小ホール)

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

181216_01

181216_02

ガムラン音楽+タイム・ペインティング+ダンス+DJ+バル

「ゆめみるガムラン Gamelan Dreamer」

わたしたちは
ガムランという名の毛布にくるまり
ぬくぬくと
極彩色の
夢を見るのです

●日時:2018年12月16日(日)
      14:45 オープン/ DJ & Bar
      15:30 スタート/ Live Performance 1st
             〜 DJ & Bar(インターバル)
              〜 Live Performance 2nd
              〜 DJ & Bar
      18:00 クローズ予定

●会場:のげシャーレ(横浜にぎわい座小ホール)
JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分
横浜にぎわい座
〒231-0064 横浜市中区野毛町3丁目110番1号
TEL: 045-231-2525 FAX: 045-231-4545

●出演:タイム・ペインティング/仙石彬人
    DJ:春日聡 a.k.a DJ BALIBALI
    ダンス/今津雅晴
        大西由季子 
    ガムラン/トゥラン・ブーラン Terang Bulan(14名編成)
        櫻田素子 足立真里子 大竹真理子 小原眞巳
        佐々木典子 鈴木良枝 田中沙織 内藤えりか
        錦織照子 根岸久美子 藤田栄子 宮城康夫
         吉田まゆみ 渡辺泰子 
●バル(ドリンク・おつまみ販売):七福ボゴス Shichifuku Bogos
       樽生ビール、ワイン、スパイスカクテル、キーマカレー、
       ベジヘルシーおつまみプレート、おつまみ、など 

●珈琲・スイーツ(パウンドケーキ)販売:二坪喫茶アベコーヒー

●演目:Day Moon, Jalan Bebek, moss-1,2,3(初演)/作曲:櫻田素子
    バリ古典曲 Gambang Kuta, Puspa Mekar, ほか

●照明:大庭圭二(株式会社 RYU)
●舞台:大道具 宮本
●構成・演出:櫻田素子
●主催・企画・制作:officeオンガクノ素
●協力:Terang Bulan ガムランBakso倶楽部
●写真撮影:小原孝博

●料金:前売・予約 3,500円/当日4,000円/学生2,500円/こども2,000円

●ご予約は>>>
officeオンガクノ素チケット専用 
E-mail: ticketongakunomoto@gmail.com
Tel: 044-854-7780 ※14:00-18:00(月・木・金)

【外部リンク】
イベントページ
タイム・ペインティング/仙石彬人
DJ:春日聡 a.k.a DJ BALIBALI
ダンス/今津雅晴
大西由季子
トゥラン・ブーラン Terang Bulan
二坪喫茶アベコーヒー
のげシャーレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

18/12/07(金)津村禮次郎、小谷野哲郎ほか 能楽×インドネシア芸能 プルサダサンタ~人喰い王プルサダの回心~

会場:東京都中野区 梅若能楽学院会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

181207_01

181207_02

能楽×インドネシア芸能 コラボレーションプロジェクト2018

プルサダサンタ~人喰い王プルサダの回心~Bhinneka Tunggal Ika~
公演日時:2018年12月7日(金)
   開演19:15(開場18:45 *ロビー開場18:30)
会場:梅若能楽学院会館
東京都中野区東中野2丁目6−14

チケット料金:前売り券 S席(指定席)7,000円、A席(指定席)6,000円、学生席(桟敷・指定席)4,000円 当日券 S席7,500円、A席6,500円、学生席4,500円

<チケット予約>
WEB予約  https://www.confetti-web.com/persadasanta

電話予約 カンフェティチケットセンター
     0120-240-540(受付時間 平日10:00?18:00)
公演に関するお問い合わせ: jukungmusic@gmail.com

人々から慕われていた王プルサダは、飢饉に瀕した王国のため瞑想し、シヴァ神の憤怒相であるルドラ神の加護を得て国を救う。
喜んだ民はプルサダの元に次々に貢物を届けるが、その中に人の血の入った食べ物が混ざっていた。
それを口にしてから人の味が忘れられなくなったプルサダはついに人喰い王になってしまう。
インドネシア独立憲章である「パンチャシラ」にも書かれている言葉"Bhinneka Tunggal Ika"は「多様性の統一」と訳されることが多く、
多民族国家インドネシアが国家として統一される基礎となる。
今回の物語の中では、人喰い王となり次々に隣国を襲い続けるプルサダの元に、如来の化身であるスタソーマが現れる。
戦場で相見えた時に"Bhinneka Tunggal Ika Tan Hana Darma Mangrwa(姿形は違えども、その真理はひとつである)"の大音声が天上から響き渡り、
これによりプルサダは元の姿を取り戻す。このことで如来とシヴァ神は同体であること、つまり仏教とヒンドゥー教は表向きは違っても、
実は目指すところはひとつであることが明らかになり、この世に平安がもたらされる。

出演: 
津村禮次郎 [能楽師・シテ方観世流]
ディディ・ニニ・トウォ[ジャワ舞踊家]
セカール(ニ・ワヤン・セカリアニ)[バリ舞踊家]
小谷野哲郎 [バリ舞踊家]
上田尚弘 [ダンサー]

演奏: 
チェラケン楽団[バリガムラン]
ディレクター:スバンディ(イ・マデ・スバンディ)
ミュージシャン:エモン(プトゥ・エマン・サブディ・スバンディ)
バユ(イ・マデ・バユ・プセル・ブミ)
ディーヴォ(イ・マデ・ングラ・ディーヴォ・センタナ)
安福光雄 [能楽師・大鼓方高安流]
主催:ジュクン・ミュージック
助成:一般社団法人東京倶楽部
協賛:H.I.S.バリ支店/ガルーダ・インドネシア航空会社

津村 禮次郎(能楽師)
1942年生まれ。シテ方観世流の能楽師。二松學舍大学文学部特任教授。観世流緑泉会代表、重要無形文化財「能楽」保持者(総合認定)、福岡県出身。

小谷野哲郎(バリ仮面舞踊家、役者)
1970年東京生まれ。現在岡山県勝山在住。
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バリの仮面やガムラン音楽、影絵を駆使しながらも、バリの枠にとらわれずに国内外で様々なジャンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。
役者としてもコンテンポラリーの舞台などで活躍。近年では岩手県遠野市の早池峯神楽の舞手としても活動している。
バリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」、影絵ユニット「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」主宰。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表。

【外部リンク】
ディディ・ニニ・トウォ
小谷野哲郎
梅若能楽学院会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

18/11/10(土)川村亘平斎×岩本象一 ガムラン音楽と影絵の世界をあそぶ

会場:岡山県岡山市北区 蔭凉寺

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20181110_00

20181110_01

20181110_02

ガムラン音楽と影絵の世界をあそぶ

日時
・2018/11/10(土)19:00開演 18:00開場

会場
蔭凉寺
〒700-0836 岡山県岡山市北区中央町10−28
電話: 086-223-5853

出演
・川村亘平斎
・岩本象一

【外部リンク】
川村亘平斎
岩本象一
蔭凉寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

18/10/27(土)欲しいものは 安らぎと自由自在に信じるちから コンテンポラリーダンスとガムラン「苔の家(こけのいえ)moss house」

会場:東京都新宿区 ギャラリー ゆうど

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dqfmr7_u8aaqmjb

今秋早々、風邪、熱にやられておりましたが、爽やかな晴天、復活しました。関係各位の皆さまご迷惑、ご心配おかけしまして申し訳ありませんでした。。
 さて、休み明け宣言早々、ライブがありますのでお知らせさせていただきます。今週末です。
 テーマのある即興、1対1、ソロ楽器としてのガムラン、など諸々を自分たちに課してのライブ、細々とですが続けています。
 日頃お付き合いいただいているみなさまにも、ご意見ご感想いただきたいです。ぜひお越しください。

2018年10月27日(土)
   15:00 open/15:30 start

コンテンポラリーダンスとガムラン
「苔の家(こけのいえ) moss house」

  欲しいものは
  安らぎと
  自由自在に
  信じる ちから

出演:今津雅晴(ダンス)
   櫻田素子(ガムラン音楽)

会場: ギャラリー ゆうど(JR目白駅より徒歩6分)
東京都新宿区下落合3-20-21 (電話:03-5996-6151 ※当日のみ)

入場料: ご予約3,000円 当日3,500円 学生2,000円
     *お茶とお菓子付

ご予約・お問合せは officeオンガクノ素
  e-mail:ticketongakunomoto@gmail.com

43788501_1911623652207757_141182076

Dqfqrqwu0aawsxi

【外部リンク】
櫻田素子
イベントページ
ギャラリー ゆうど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

18/09/29(土)昨年単独公演として好評を博した『屋上熱帯庭園』を町のお祭りスタイルで再演。@星空ビアテラス 2018

会場:神奈川県川崎市高津区 スタイリオ梶が谷

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『屋上熱帯庭園』@星空ビアテラス 2018

主催者: 梶が谷ワクワクプロジェクト

会場:スタイリオ梶が谷
神奈川県川崎市高津区末長1丁目9−1

少し涼しくなってくる9月最後の週末に『スタイリオ梶ヶ谷』の屋上で、毎年恒例となってまいりました『梶ヶ谷星空ビアテラス』を開催いたします。

高津区内の良質なブルワリー『ブリマー・ブルーイング』で職人ブリマー・スコット氏がこだわり抜いて醸造するクラフトビールの味わいを夜風とともに楽しむビアテラスです。

地元で醸造された美味しいビールを手に交流を深めるお祭りです。
ワイワイしたビアガーデンも楽しいものですが、丁寧につくられたビールの複雑な香りや味わいをじっくり楽しむビアテラスもあっていいのでは?そんな想いから始まったビアテラス。

地元飲食店の料理、在住アーティストの音楽、映像などと共にお楽しみください。
今年は、地元の美味しいコーヒー屋さん2店が1日ずつ出店いたします。
それから、今年オープンしたどら焼き屋さんも。

29日は、昨年単独公演として好評を博した『屋上熱帯庭園』を町のお祭りスタイルで再演。また、溝の口より素晴らしいDJのお二人も、お迎えします。

30日は、地元のDJの皆さんによる心地よいグッドミュージックとビールのシンプルな時間をお届けいたします。
お子様連れのご家族も歓迎します。

ビール片手にリラックスして気持ちよい時間を過ごしましょう。

ビアテラス初日の目玉は、『屋上熱帯庭園』

昨年単独公演として大好評だった『屋上熱帯庭園』を町のお祭りスタイルで再演。

地元在住の素晴らしいガムラン奏者 " 櫻田 素子 (Motoko Sakurada)"さん率いる"Terang Bulan"とバリ舞踊 " 荒内 琴江 (Kotoe Arauchi)さん、 Chizuko Koizumiさん"。バリの映像を使ったVJ 春日 聡 (Akira Kasuga) さん、京都在住タイムペインティングの 仙石 彬人 (Akito Sengoku)さんによる世にも美しいセッションです。

また、DJ YAMA a.k.a SAHIB 山口 司 (Tsukasa Yamaguchi)さん、MAJESTIC WOMAN 中村 祐子 (Yuko Nakamura)さんの夜空に響く選曲もお楽しみに!

ご予約なし、入場料1,000円(20歳以上 ※20歳未満の方は無料!)のみでご覧になれます。
全てのアーティストが揃ったショーは日没時間の17:30以降になりますが、昼の間もガムランの演奏は行ないます。

・日程 2018年9月29 (土) 30 (日)

・29日 OPEN 13:00 / CLOSE 21:00
 30日 OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

・入場料金
 29日 大人(20歳以上) 1,000円
 30日 大人(20歳以上) 500円

・BEER /
 ブリマーブルーイング

・FOOD /
 TETO-TEO 溝の口
 バル・カリヨン

・SWEETS /
 どらやき 米倉商店

・COFFEE /
 29日 シラハト商店 
 30日 二坪喫茶アベコーヒー

【29日土曜日】

・屋上熱帯庭園 (ガムラン×映像)

Terang Bulan -トゥラン・ブーラン-(ガムラン) × 仙石彬人 仙石彬人 AKITO SENGOKU (タイムペインティング) × 春日 聡 Kasuga Akira (VJ BALI-BALI)

・GUEST DJ
 DJ YAMA a.k.a SAHIB / Majestic Woman

【30日日曜日】

・DJs
 MANABU INOUE (DAYJAM主宰) / YAMAN a.k.a RYO / No.24-のぶし- and more...

・主催 * “梶が谷ワクワクプロジェクト”

・協賛 * 東急の賃貸住宅『スタイリオ梶が谷』 / N-ASSET

・協力 * 梶が谷駅前通り振興会

【外部リンク】
梶ヶ谷 星空ビアテラス 2018
Terang Bulan
荒内 琴江
Chizuko Koizumi
スタイリオ梶が谷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

18/09/28(金)伝承者と日本人舞踊家による、人間国宝級バリ伝統舞踊家イダ・バグース・ブランシンガ氏メモリアルバリ舞踊・ガムラン演奏公演@原宿

会場:東京都渋谷区 原宿スペース

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Chirashi

2018年9月28日(金)
日本インドネシア国交樹立60周年を記念して
イダ・バグース・ブランシンガ氏メモリアルイベント
バリ舞踊公演・ワークショップ & Bali Art, Photography 展
Kaya akan sahabat
カヤ・アカン・サハバット
リッチ・オブ・フレンドシップ
~友情を育むことは、人生を豊にする~

【日時】
2018年9月28日(金)
17:30開場/18:00開演

【ところ】
原宿スペース
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目9−12

出演
バリ舞踊:芳野未央・富沢香寿美・林宏子・大西由希子・田中 千晶・芝先けい・狩野尾洋美
ガムラン演奏:Bali Gamelan Club(鳥居誠・Putu Colax)

参加申込・問合せ
gusajiblangsinga@gmail.com

【外部リンク】
バリガムランクラブ
原宿スペース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

18/9/10(月)発売 大人も子供夢中になる、光と影のエンターテイメント 壁絵芝居は夜キャンプの新潮流 小学館「BE-PAL」by川村亘平斎

掲載誌:小学館 アウトドア雑誌「BE-PAL」10月号

下記の記事のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dmtzzqgvsaazyhrjpg_large

アウトドア雑誌 BE-PAL @be_pal_official 10月号。キャンプで影絵をやってみる、という企画で色々作りました。サイトから試し読み&購読できるようです。来年はこういうライブとかワークショップやりたいな。

Kawamura

川村亘平斎

1980年、東京生まれ。インドネシア共和国・バリ島にのべ2年間滞在し、影絵人形芝居【ワヤン・クリット】と伝統打楽器【ガムラン】を学ぶ。アジアを中心に多くの国々で影絵と音楽のパフォーマンスを発表。また、日本各地で土地の人たちとの交流やワークショップを通じて、土地に残る民話や伝承を影絵作品として再生させる活動も高く評価されている。平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞(2016)

【外部】
「BE-PAL」2018年10月号試し読み
川村亘平斎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

18/9/16(日)石見神楽×バリ舞踊・ガムラン、特別出演:EXILE ŪSAコラボ&トーク、美しい日本海をバックに石見神楽を堪能する「海神楽」

会場:島根県大田市 福光海岸

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

180916

海神楽2018 -umikagura-

美しい日本海をバックに石見神楽を堪能できる「海神楽」を今年も開催!

毎年恒例の「海神楽」。今年も開催が決定いたしました。

本来は神社などで舞うことが多い石見神楽ですが、海神楽は砂浜にステージを作って海をバックに舞う、県内でも珍しいスタイルです。
石見神楽の公演は年間を通じて石見各地で行われていますが、この海神楽は年に一度だけ。
多くの人々が楽しみにしているこのイベントには、地元の人たちはもちろん、観光客も多く訪れます。

Topics080301_2

抜群のロケーション

沈んでいく美しい夕日や静かな夜の日本海をバックに、舞台を大きく使ったダイナミックな舞は圧巻です。舞手はときに優雅に、ときに勇ましく、物語を魅力的に演じます。
また、色合いや繊細な装飾が芸術的な衣裳も豪華で美しく、神楽の舞に華を添えます。

時の経過とともに情景が移ろう浜辺での神楽鑑賞は、地元の人でも普段はなかなか体験できないドラマチックな舞台です。

Topics080302

夜の日本海バック

今年の海神楽は2日間開催

今年の海神楽はスペシャルな2Days構成に。

1日目の9月15日(土)は、毎年恒例の石見神楽公演。
数々の公演に出演する地元の神楽団体「石見神楽温泉津舞子連中」が全7演目(予定)を華麗に舞います。

2日目の9月16日(日)は、特別公演。
島根県の伝統芸能「石見神楽」と、祈りと癒しの島のバリ舞踊「ガムラン」がコラボレーション。
特別出演のEXILE ŪSA氏も加わり、これまでにないパフォーマンスをお届けします。

伝統芸能と自然のロケーションが一体となって織り成す「海神楽」。そこには、わざわざ訪れてでも観る価値があります。
石見神楽を日本海の美しい夕日と一緒に見てみませんか?

皆さまのお越しをお待ちしております。

■詳細情報

【日時】
2018年9月15日(土)・16日(日)16:00~20:00(15:30 開場)

【場所】
福光海岸(島根県大田市温泉津町福光)
※雨天時:大田市立温泉津小学校(島根県大田市温泉津町福光ハ467-1)

【内容】
<9月15日(土)>
 石見神楽(出演:石見神楽 温泉津舞子連中)
 「岩戸」「塵輪」「大蛇」ほか(全7演目予定)
<9月16日(日)>
 特別公演 石見神楽×バリ舞踊・ガムラン(特別出演:EXILE ŪSA(コラボ&トーク))
 神楽1演目・バリ舞踊4演目・共演2演目

【料金】
<9月15日(土)>
 前売券・当日券:1,000円(全席自由)※高校生以下無料
 販売場所:大田市観光協会、ゆうゆう館、銀の道商工会、小川商店福光給油所
 (郵送ご希望の場合、大田市観光協会0854-88-9950までお問い合わせください)
<9月16日(日)>
 前売券のみの販売:5,000円(全席自由)※小・中・高校生・大人同額
 販売場所:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、大田市観光協会、ゆうゆう館、銀の道商工会、小川商店福光給油所

【問合せ】
大田市観光協会(TEL:0854-88-9950)

16:00~16:10 バラガンヂュール(バリ舞踊)
16:10~16:20 ガボール(バリ舞踊)
16:20~16:30 解説
16:30~16:45 バリス(バリ舞踊)
16:45~17:25 塵輪(石見神楽)
17:25~17:35 解説
17:35~18:00 バロン(バリ舞踊)
18:00~18:20 レゴン・クラトン・ラッサム(バリ舞踊)
18:20~18:30 EXILE ÜSAステージ
18:30~18:40 解説
18:40~19:10 Nyegara Gunung~海の神、山の神~(石見神楽×バリ舞踊)
19:10~19:40 陰陽五行~月と太陽と五行の舞~(石見神楽×バリ舞踊×EXILE ÜSA)
19:40~19:55 トークセッション
19:55~20:00 フィナーレ

【問合せ】
大田市観光協会(TEL:0854-88-9950)

【外部リンク】
EXILE ŪSA
公演情報サイト
大田市観光協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)