ジャワ

2017年10月11日 (水)

17/10/21(土)古民家空間でのガラスとあかりによる新たな試み、ジャワ影絵と岩本象一+ガラスとあかりの演出@岡山県

会場:岡山県倉敷市 大橋家住宅
下記の公演がキャンドル卓のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_10422013

「ジャワ影絵と岩本象一+ガラスとあかりの演出」~インドネシア伝統芸能集団による影絵+岩本象一の演奏+ガラスとあかりの演出

・10月21日(土) 17:30-19:30開催 (受付/ 17:00)
・場所:大橋家住宅
 日本、〒710-0055 岡山県倉敷市阿知3丁目21 阿知3-21-31
・参加費:2,000円
・限定:50名
・要予約 086-465-1035 ペガサスキャンドル株式会社内:担当/美藤(みとう)

(影絵)HANAJOSS/インドネシア伝統芸能集団ハナジョス
ジャワの伝統音楽」ガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ワークショップ、作曲、演奏指導、アーティストや子供達とのコラボレーションを中心に大阪を拠点に活動。

Profile41

(演奏)岩本象一
ドラムや打楽器、ガムランなどを演奏する岡山在住の音楽家。国内外問わず様々なジャンルのアーティストと共演、活動は多肢に渡る。岡山でジャワガムラン教室を開き、ワークショップや公演を行っている。

2016春 発売CD『 寂たる帰航 』[ sekitaru kikou ] 岩本象一
旅”や“漂泊”を想起させる音と詩で綴る、岡山県在住の打楽器演奏家、岩本象一の16年作!

Shouichi_iwamoto4

WEBショップ:Record Shop "Reconquista"

(会場)大橋家住宅
国指定重要文化財に指定されている大橋家住宅は、岡山県倉敷市阿知にある町屋建築です。

Photo_nyukan

古民家空間・ジャワ影絵・パーカッション・ガラスとあかりによる空間演出によるインスタレーションです。
光と影・うごめきと音・交差するイメージなどなど、どのような世界に導いてくれるのでしょう。
新たな試みにご期待ください。

【外部リンク】
HANAJOSS
岩本象一
大橋家住宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

【ワヤンについて追記】17/10/21(土)15周年記念、ワヤン(ジャワの影絵芝居)とのコラボレーション!十六夜コンサート 小島夕季ジャワ舞踊の夕べ@不忍池のほとりの野外ステージ

会場:東京都台東区 上野公園水上音楽堂

下記の公演が小島夕季さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

19144043_880511005423494_1989327947

20171021_2

十六夜コンサート15
小島夕季ジャワ舞踊の夕べ

不忍池のほとりの野外ステージ(屋根あり)にて毎秋開催している、インドネシア・ジャワ島の宮廷舞踊とガムラン演奏の公演です。おかげさまで15回目を迎える今年は、ワヤン(ジャワの影絵芝居)とのコラボレーションもあります。

会場内には美味しい野菜やチキンのお弁当、スイーツ、お茶やアルコールドリンクの屋台あり。飲食物の持ち込みもOKです。飲んだり食べたりおしゃべりしたり‥‥思い思いにお楽しみください。

日時:2017年10月21日(土) 午後4:30開演(開場4:00)

会場:上野公園野外ステージ 水上音楽堂
〒110-0007 台東区, 東京都上野公園2-1

Cu5mcuuvuaeevcq

(野外音楽堂、昼の風景)

18033550_851724591635469_8370434429

(野外音楽堂、夜の風景)

●プログラム
舞踊
「ガンビヨン・レトノクスモ」
「ガンビヨン・パレアノム」
「ラントヨ」
「モンドロリニ」

ワヤン

●出演
〇ジャワ古典舞踊
・小島夕季
・グループ十六夜

〇ガムラン演奏
・ランバンサリ

〇ダラン(人形使い)
・スミヤント

●入場料 当日 3,500円/前売 3,000円
ペア 5,700円 70歳以上 2,000円
小・中学生 1,000円/6歳未満 無料

●お問い合わせ 十六夜コンサート事務局
e-mail:izayoisono5@hotmail.co.jp
Tel 03-6317-8916(ベアータ)

今年の十六夜コンサートでは、15回記念としてワヤン(ジャワの影絵芝居)と踊りのコラボレーションをご覧いただきます。

ダラン(影絵芝居の人形遣い)のスミヤントさんは日本語がとてもお上手で、ワヤンのストーリーを日本のお客様に理解してもらえるようにと、いつもは日本語でワヤンを上演されています。

今回は「デウォブロトの宿命」と題して、若き日のデウォブロトとアンボ王女の物語を上演予定です。

第1部は通常のガムラン演奏とジャワ舞踊、第2部はジャワ舞踊とのコラボレーションという新しい試みで、ワヤンの語りや人形の動きと、実際の舞踊が途切れることなくつながるような舞台を企画しています。

まったく新しい企画ですので、どうなることやら、期待と不安が両方ありますが、お客様に楽しんでいただければと思います。

でも今回の十六夜コンサートでは、日本語とは異なるジャワ語のリズムや、声の響き、そして発声の魅力をお客様にそのまま味わっていただきたくて、一部を除きジャワ語での上演をお願いしています。

踊りと影絵芝居が融合する新しい試み、お値段据え置きでご覧いただける今年の十六夜コンサートはとってもお得ですよ^_^
どうぞお楽しみに。

Index_10

小島夕季(こじま・ゆき)
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。インドネシア国費留学生としてインドネシア国立芸術大学スラカルタ校舞踊科にてジャワ古典舞踊を学ぶ一方、マンクヌガラン王宮の舞踊をタルウォ氏に師事。2002年9月上野公園水上音楽堂にてジャワ舞踊公演「十六夜コンサート」を開催。池田聖智子ダンススタジオ「スフェール・グノシェンヌ」講師。

20120302_sumithumbnail2

スミヤント(Sumiyanto)
インドネシア、中部ジャワ・クラテン出身。ソロ国立芸術高校伝統音楽学科卒業後、バリ島にて演奏活動を始める。インドネシア国立芸術大学(STSI。現ISI Surakarta)在学中より国内外の学生にガムランを教授するほか、“Keras tanpa S”というグループを立ち上げ、公演活動を行う。アメリカや東欧、日本の現代作曲家とのコラボレーションにも取り組む。
大学卒業後、チェコの在プラハ インドネシア大使館の要請を受け、プラハにて活動。 2006年からは活動拠点を日本に移す。

後援 インドネシア共和国大使館

企画 小島夕季
舞台監督 大串博文
照明 株式会社アステック
チラシデザイン 向井一貞
チラシ写真 宮沢あきら(植物)/古屋均(人物)
制作 木田いずみ

【外部リンク】
公演サイト facebook
ジャワ古典舞踊ワルン・ムラティ
チラシ(PDF)
上野水上音楽堂(上野恩賜公園野外ステージ)

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

17/10/15(日)いつもの「観月の夕べ」メンバーがお届けする昼公演「第9回 ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演」

会場:大阪府岸和田市 岸城(きしき)神社

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Bf774d_9ccf0bdb5a70405fb289826c6079

Bf774d_a3d5f3328a6d4536882f734d98ac

今年で第9回を迎える「ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演」は、だんじり祭の後、中秋の名月にしっとりした公演を…という阪井宮司の発案で始まりました。

初回以来「観月の夕べ」と銘打って公演してきましたが、今年4月から始まった岸城神社むすび市(毎月第3日曜開催)と連動し、初めて昼間に公演を行います。今までの厳かな雰囲気とは違い、五穀豊穣のお祭りの雰囲気で、歌あり舞踊ありのクトプラ風劇をお届けします。クトプラはジャワで巡回興行される大衆劇のことで、題材は民話から取られます。今回は北欧神話 『ひげの花嫁』をジャワ風にアレンジしました。

また、地元:岸和田市在住の澤田亜矢子さん、寺田栄子さんがジャワ舞踊&芝居で今回初めて特別出演されます。

千亀利(契り)の宮と呼ばれる岸城神社へ、今年は昼にお運びください!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
第9回 ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演

日時: 10/15(日) 13:30~15:30
場所: 岸和田市・岸城(きしき)神社 社殿前
    大阪府岸和田市岸城町11-30
料金: 無料、カンパをお願いいたします

同時開催
10:00~16:00 神社境内にて岸城神社むすび市
※ 雨天時でもむすび市開催、公演は社殿内にて
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出演: 冨岡三智、ハナジョス、ビンタンララス、ウィジャヤ・クスマ 、
     アナント・ウィチャクソノ、他 
特別出演: 澤田亜矢子、寺田栄子

交通: 南海本線・岸和田駅 徒歩10分、蛸地蔵駅 徒歩5分
  ※  お車でご来場の方は岸和田城周辺の公共駐車場をご利用下さい。

主催・問合せ: ジャワ舞踊の会(冨岡三智) / ハナジョス
協力: 特定非営利活動法人 ラヂオきしわだ
後援: 岸和田市、岸和田市教育委員会、
     在大阪インドネシア共和国総領事館、
     関西インドネシア友好協会  

【外部リンク】
ジャワ舞踊の会 
ハナジョス    
特定非営利活動法人 ラヂオきしわだ
岸和田市・岸城神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

17/09/30(土)クルタクルティワヤンのゆうべ「かえってきたボゴデント」@平塚幼稚園

会場:東京都目黒区 平塚幼稚園 園庭

下記の公演のお知らせがクルタクルティのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kluthakcirashi20170930_s

来る9/30(土)、祐天寺にある平塚幼稚園にて、ワヤンのゆうべ開催です。
元気いっぱいな子どもたちと一緒に、一般の方も気楽にワヤンを楽しめます。
立派な楠が大きく枝をのばす園庭でのワヤンは、まるでジャワの田舎にいるような錯覚すら覚えます。
園内には飲物、食べ物の屋台。ちなみに昨年はグリーンカレー、たこ焼、野菜スティック、ビール、ジュースなどでした。
持ち込みも自由です(ゴミはお持ち帰りください)。
早めに到着して腹ごしらえするのもよいですよ。
ワヤン上演スタートは18:15頃を予定しています(上演時間1時間)。

と き:9月30日(土)17:00開場 17:45開演
ところ:平塚幼稚園 園庭
東京都目黒区祐天寺1丁目23−11 東急東横線祐天寺駅より徒歩5分

前売り 大人1200円、小人(年少~中学生)600円
当 日 大人1300円、小人(年少~中学生)650円 ※枚数に限りがあります。売り切れの際はご了承ください。

演目:かえってきたボゴデント
ワヤン上演:クルタクルティ
舞:踊る水 鮎美愛
主催:平塚幼稚園ワヤンの会

クルタクルティWEBサイトにて予約受付中、9/29日まで。

【外部リンク】
クルタクルティ
平塚幼稚園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

17/09/30(土)&10/01(日)影の色彩ワヤンプロジェクト新作影絵芝居、母と子の時空を超えた 邂逅と鎮魂のものがたり「Ama」

会場:石川県金沢市 金沢市民芸術村

下記の公演のお知らせが影の色彩ワヤンプロジェクトのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

150510444894520000

150510444903895200

新作影絵芝居「Ama」(影の色彩ワヤンプロジェクト)

「母と子の時空を超えた 邂逅と鎮魂のものがたり」
原案 謡曲「海人」

多層的なインスタレーションの中、映像や照明により浮かび上がる影絵、
俳優の身体、音楽によって描かれる影の色彩ワヤンプロジェクトの新作。

インドネシアのワヤンという芸能は古くから魔除けや祖先の霊への祈りのために演じられ観客はその開かれた上演空間の中で目には見えないものの存在を鮮烈に感じることができました。
影の色彩ワヤンプロジェクトは今回、同じく異界の存在との邂逅を描いてきた能の演目から着想を得て、時空を超え現実と異界が混じり合う幻想的な世界を体験できる新しい影絵劇作品に取り組みます。

●公演日時
9月30日(土)19:00開演 
10月1日(日)14:00開演
(開場は各回開演30分前)

●会場
金沢市民芸術村 ドラマ工房
〒920-0046  石川県金沢市大和町1-1  TEL:076-265-8300  FAX:076-265-8301

ご予約、お問い合わせ
wayang.project@gmail.com
08038503906

チケットは金沢市民芸術村受付でもご購入可能です。

入場料
前売 一般2,000円 高校生以下500円
当日 一般2,500円 高校生以下1000円
※今回の演目「Ama」は未就学児入場不可とさせていただいております。
大変申し訳ありませんがご了承のほどお願いいたします。

出演:アナント・ウィチャクソノ (影絵) 月原豊 小川雅美
演奏:Tidak Apa Apa ナリモ
照明:宮向 隆
音響:清水聖一
脚本:藤村美千穂
美術:岩井美佳
映像:岩井美佳 アナント・ウィチャクソノ
音楽:西田有里
衣装・舞台美術協力:青木正子 菊玉益里子 渡辺秀亮
撮影 奥祐司
助成:公益財団法人いしかわ県民文化振興基金 芸術文化振興基金

影の色彩ワヤンプロジェクト

インドネシア・ジャワの伝統的影絵芝居をベースに、インスタレーション、映像、音楽、演劇など異なる表現が融合した「未分化の」新しい影絵の世界を作ることを目指している。古来音楽、美術、照明、演劇、踊りなどは分化されておらず、自然崇拝や先祖の魂と触れる為の儀式として伝えられてきた。そうしたものを忘れつつあると言われている我々現代人でも、「根源的な何か」と交流することで心が震えることを知っている。
舞台作品の上演 の他、各地域の方々とのコミュニケーションを重視したワークショップにも力を入れている。愛称「ワヤンぷ」。

メンバーは、ダラン(影絵人形遣い)のアナント・ウィチャクソノ、ガムラン奏者で作曲も行う西田有里、インスタレーション・映像制作の岩井美佳である。
また、演奏家として大阪で活躍する小編成ガムラングループ Tidak Apa Apa や、快音採取家 江南泰佐、俳優として、金沢で活躍する月原豊、小川雅美、などを招聘している。

活動実績
2015年9月、影絵芝居「夜叉ヶ池」初演(金沢アートグミ)をきっかけに、活動を開始。団体結成。
2016年1月、影絵芝居「夜叉ヶ池」再演(金沢市民芸術村アート工房)    
8月、ポコラート全国公募展 vol.6 ワークショップ部門入選 ワークショップ「おどる影絵!」(アーツ千代田3331)       
影絵芝居「夜叉ヶ池」(8月 金沢市民芸術村ドラマ工房・9月 京都芸術センター)
10月 オープンまるびぃ2016 「おどる影絵!」まるびぃ満月影絵楽団とともに (金沢21世紀美術館プロジェクト工房)
2017年2月 P新人賞2016受賞(影絵芝居「夜叉ヶ池」にて)

アナント・ウィチャクソノ

  1985年ジョグジャカルタに生まれる。ダラン(影絵人形遣い手)として幼少の頃から数多くの舞台に立つ。
 2004年には、インドネシア随一のダランであるキ・マンタップ主催のワヤン公演に若手ダランとして出演し成功を収める。
  祖父ルジャール・スブロトと共に、動物たちが主人公の民話を題材にしたワヤン・カンチルを自由な発想で蘇らせるなど、伝統的な手法にとらわれないオリジナルのワヤン作品を創作している。
 近年はワヤンを用いたアニメーションにも取り組み、インドネシア独立を題材にした作品「ワヤン・レボルシ」がオランダ各地の美術館、博物館で上映されている。
  2008年から2011年には、オランダ文化財団インドネシア・オランダ文化交流プログラムにおいて、オランダの歴史を基にしたワヤン作品「オレンジ公ウィリアム」を制作し、インドネシア、オランダ両国で上演した。
  2010年、ワヤン・カンチルの若手ダランとしての活動が文化保存に貢献したとして、ジョグジャカルタのスルタンより表彰される。

【外部リンク】
影の色彩ワヤンプロジェクト
影の色彩ワヤンプロジェクト Facebook
金沢市民芸術村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

【ジャワからもダランとシンデンが来日!】17/09/02(土)&03(日)ジャワ舞踊・ワヤン・クリ@庭を舞台に夏の終わりを楽しむ、優しく幻想的な「和」の世界 相楽園にわのあかり2017

会場:兵庫県神戸市中央区 相楽園

下記の公演のお知らせがハナジョスのホームページなどに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Niwanoakari01

Niwanoakari02

にわのあかり2017(神戸市立相楽園)

幻想的な灯りに照らされた園内をお楽しみ頂けます。
また、毎年人気のジャワの影絵・ガムラン演奏をはじめ、ダンスパフォーマンスや音楽ライブなど様々なステージをお楽しみ頂けます。

にわのあかり2017は、ハナジョスやサークルコンチョコンチョ、ジャワ舞踊ウィジャヤクスマ、楽団ビンタンララスなど普段それぞれ活動しているグループが勢揃い、さらに今年はジャワからもダランとシンデンが来日、豪華なワヤン公演。

■開催日時
2017年9月2日(土)

18:30~20:15(相楽園会館にて)
ワヤン・クリ(影絵芝居)
「魔王ラワナとラーマの戦い」

ジャワ舞踊「klana alus junkung mardeya」

9月3日(日)

17:30頃~(屋外にて)
ジャティラン(ジャワの村祭り)

18:30~20:15(相楽園会館にて)
ワヤン・クリ(影絵芝居)
「ビモ、森に新しい国を作る」

ジャワ舞踊
「Golek Ayun-ayun ゴレッアユンアユン」

日没後~午後9時(最終入園は午後8時30分)
あかりの点灯は午後6時30分頃から

■ワヤン・クリ舞踊演目

ワヤン・クリ(影絵芝居)
「魔王ラワナとラーマの戦い」

20776678_1948753952066716_337186976

20776446_1948753148733463_437974648

人形使い:ナナン
魔王ラワナにシンタ姫を攫われたラーマ王子は、白猿アヌマンを筆頭とする猿の軍団とともに、シンタ姫奪回のためアレンカ王国へ攻め入りました。ラワナとラーマ王子の一騎打ちは激しさを極めましたが、ついにラーマ王子は魔法の矢によってラワナを倒し、シンタ姫を無事に救い出すことができたのでした。

ジャワ舞踊「klana alus junkung mardeya」
クロノアルス ジュクン マルドヨ
まだ見ぬ女性に恋い焦がれる王子の心の高まりを描いた舞踊。

20776709_1948751702066941_830743378

「ビモ、森に新しい国を作る」
人形使い:スマルヨノ
力持ちの大男ビモが主人公のハプニングいっぱいの物語。森の動物たちを蹴散らし、新しい国作りに躍起になるビモですが、そうは簡単にいきません。恋する鬼娘に結婚を迫られたり、自分と同じ姿形をした精霊に襲われるビモ。果たして国作りの夢は果たされるのでしょうか。

20776461_1948749055400539_372918212

ジャワ舞踊「Golek Ayun-ayun ゴレッアユンアユン」
少女から大人へと移り変わる時期の女性の美しさを描いた舞踊。

20818907_1948749102067201_611640318

■出演
ガムラン演奏:ビンタンララス、コンチョ・コンチョ
ジャワ舞踊:ウィジャヤクスマ
ゲスト出演:ワヒュー・クレスナワティ
パフォーマンス(こえのあかり):
 白井廣美、神澤道子、かつふじたまこ

■場所
神戸市立相楽園

■料金(入園料)
大人(15歳以上):300円、小人(小・中学生):150円
浴衣を着てきた方は入園料無料

■アクセス
阪急神戸高速線・花隈駅下車、徒歩15分

【外部リンク】
HANA★JOSS
にわのあかり2017<PDF>
にわのあかり facebook
相楽園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

17/08/20(日)ワヤンクリ「アルジュノの昔の恋人」@成田駅前はしらデリ&カフェ

会場:千葉県 成田市 はしらデリ&カフェ

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kluthak_l_1335_20170820omote

Kluthak_1335_20170820ura

8月20日(日)、成田駅前の居心よいカフェで、「ワヤンクリ」上演します。

演目「アルジュノの昔の恋人」(上演一時間程度)

時間:1回目 16:00~/2回目 19:00~

会場:はしらデリ&カフェ
千葉県 成田市花崎町839-30

一般1800円 中高生1000円 子ども500円(すべて1ドリンク付)
未就学児無料
※一緒にお申し込み サンドイッチとパンのセット(ピッパラの樹)650円
(ピッパラの樹)

はしらデリ&カフェでワヤンをやるのは今回で3回目。カフェのオーナーはかつてのメンバーです。
おじいさんのお蕎麦屋さんを継いで、和の雰囲気あるカフェに変身させました。
お蕎麦屋さんだった名残の小上がりがあったり、壁には昔の看板が飾ってあったり。
おしゃれで居心地よいのんびりできる空間です。
ワヤンじゃないときもぜひ立ち寄ってみて下さい(*^_^*)
ちょっと足をのばせば成田山新勝寺です。うなぎもいいね~。

【外部リンク】
クルタクルティ
はしらデリ&カフェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

17/07/30(日)境内に灯された千本近くのろうそくの前で、夏の夜のひと時、優美な舞踊と日本語による影絵芝居。百観音献灯会 〜ジャワ舞踊と影絵芝居ワヤン〜

会場:東京都中野区 百観音明治寺

下記の公演のお知らせがランバンサリのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20170730_1

20170730_2

百観音献灯会 〜ジャワ舞踊と影絵芝居ワヤン〜

夏の夜の風物詩「百観音献灯会」の季節が近づいてきました。 今年で27回目のガムラン演奏となります。 境内に灯された千本近くのろうそくをバックに、野外ステージでガムランが演奏されます。 今年は特に想いを込めてろうそくがたくさん灯されることでしょう。 夏の夜のひと時、優美な舞踊と日本語による影絵芝居をお楽しみ下さい。雨天の場合は屋内で行います。

日時:7月30日(日)
18:00~18:30 法要
18:30~19:00 舞踊とガムラン演奏
19:00~20:00 野外映画上映会
20:00~20:30 ワヤンとガムラン演奏

会場:百観音明治寺・野外ステージ
西武新宿線沼袋駅より徒歩5分

演奏:ランバンサリ
舞踊:小島夕季
ダラン(人形遣い):折田美木

お灯明代:500円

お問い合わせ:百観音明治寺
Tel03-3386-3937/中野区沼袋2-28-20


(百観音明治寺ホームページより)

百観音献灯会ってどんな催し?

Pim0002

沼袋に百観音明治寺というお寺があって、境内には石仏の観音様が約180体いらっしゃいます。この日はみんなでそこにお灯明をお供えします。さすがに千個くらいの灯りがともると、境内は一面光の海のようで、「わぁー、きれいだなー」という感じです。景色を眺めて、「私があげた火はどれかな」なんて言って、誰もが参加できる情緒ゆたかな行事です。

どんな趣旨なの?

Pim0004

「世界中の子どもたちが飢えや貧しさや、戦争の恐怖にさらされることなく、どうか幸せになりますように…。」と、みんなで祈ることが趣旨です。残念だけど、いまだに飢えや病気や恐怖の中で生きなければならない子どもが、後を絶ちません。せめて年に一度はこのことを思い出して、灯明を500円で買っていただき、浄財をユニセフ協会に寄付したいので、よろしくお願いします。

Pim0005

【外部リンク】
ランバンサリ
百観音献灯会
百観音明治寺

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

17/05/28(日)インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル@哲学堂公園 宇宙館

会場:東京都中野区 哲学堂公園 宇宙館

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20170528_nakano02

5月28日(日)ワヤン・ベベル ~インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~哲学堂公園 宇宙館にて 開催!!

インドネシアの伝統芸能であり、絵巻を繰り延べながら語り部が物語を進めるワヤン・ベベルを、民族音楽 ガムランの伴奏にのせて、ご鑑賞頂けます。

是非、ご家族で、ご友人と一緒に、絵巻芝居を楽しみませんか?

イベントの詳細

ワヤン・ベベル~インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~

ワヤンベベルは、絵巻物を繰り延べ絵解きしながら、ガムランの伴奏にのせて物語を語るインドネシアの伝統芸能です。12世頃に誕生したといわれ、当初は病気平癒祈願や雨乞い、魔除けのために上演されていました。現在では皮製人形を使う「ワヤンクリ」が盛んとなり、ワヤンベベルはほとんど目にする機会がなくなってしまいました。

ワヤンベベルの物語はガムランの伴奏にのせて語られます。ガムランはインドネシアの民族音楽で、青銅製の打楽器が中心のオーケストラです。独自の音階と響きに包まれ、ゆったりのんびりと異国情緒を楽しんでいただけます

日 程:5月28日(日)

時 間:11時~、14時~、  ※公演は2回あります

※内容は同じです。詳しいご案内はイベント情報をご覧ください。
※各回とも1時間程度。約40分の上演のあとワヤンベベルの解説をします。

【演目】アルジュノの修行のゆくえ

マハーバーラタの一部分で、主人公アルジュノが女神の協力を得て、魔王ニウォトカウォチョを征伐する物語です。

定 員:30名(先着順)

参加費:無料

協 力:クルタクルティ

会 場:哲学堂公園 宇宙館
所在地〒165-0024 東京都中野区松が丘1-34-28
TEL/03-3951-2515  FAX/03-3951-2280

申 込:哲学堂公園管理事務所まで電話 または 窓口にて直接

お申し込み頂けます。なお、定員になり次第、締め切りと

させて頂きますので、ご了承ください。

【問い合わせ先】

哲学堂公園管理事務所 TEL:03-3951-2515

【外部リンク】
クルタクルティ
哲学堂公園 宇宙館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

2017/6/2(金) コンサートホールが一日だけ、ジャワの町や村や広場に変身します。西日本の演者も大集結!ジャワ芸能バラエティーショー東京公演「ムジカーザでガムラン」

会場:東京都渋谷区 ムジカーザ

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

345cd6c48ab54c6b9f44fe2f049cf535

201706022

「ジャワの夜遊びのココロだ!」の名で、2014年、2015年に都内と埼玉で開催してきた公演。2017年の東京公演は、木の香りのするコンサートホール、代々木上原のムジカーザで開催決定。6月2日(金)の午後と夜、「ムジカーザでガムラン」として開催します。

内容はこれまでと同様、演奏あり、唄あり、舞踊あり、影絵芝居ありの、ジャワ古典芸能てんこ盛り。コンサートホールが一日だけ、ジャワの町や村や広場に変身します。ぜひ、お子様連れでどうぞ。もちろん大人も楽しめます。

会場内は上演中も飲食自由。お好きな物を持ってきて、食べたり飲んだりしながらお楽しみください。
代々木上原の「ファイヤーキングカフェ」が、夜の部の観劇弁当「アジアごはん」を出してくれることになりました(1080円)。数に限りがありそうなので、チケットと一緒に事前予約してください。当日、会場での販売はいたしません(ファイヤーキングカフェ http://www.fk-cafe.com/)。 ※予定数に達したので弁当の予約受付を終了します(2017年5月1日)。
また、昼夜とも場内の一角でインドネシアのお菓子、スナック類を販売します。ホール2階のカウンターに、現地で「ワルン」と呼ばれる妙にジャワっぽい小店が立ちますので、ぜひ覗いてみてください。

ホームページ内にジャワのガムランや影絵芝居などについてのミニ解説めいた記事も、少しずつアップしていきます。こちらもお楽しみに。
なお当初、「ジャワの夜遊びのココロ」と名付けた、そのココロを知りたい方は以下のページをご参照ください。

出演
・ローフィット・イブラヒム
・佐々木宏美
・西田有里
・アナント・ウィチャクソノ
・岩本象一
・スミヤント
・根津亜矢子
・西岡美緒

主な演目
・歓迎の曲
・モチョパット(定型詩)
・カラウィタン(歌曲)
・王宮舞踊
・子ども向け影絵芝居「しじみのサブちゃん」
・ワヤン・クリ(影絵芝居)「おいしそうなビモ」
・ジャティラン(騎馬の舞い)

2017年・東京公演予定

 6月2日(金) 「ムジカーザでガムラン」
時間=
昼の部 15:30開演 (15:00開場、終演17:30頃)
夜の部 18:45開演 (18:20開場、終演20:45頃)
会場=
ムジカーザ
所在地: 〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目33−1
電話: 03-5454-0054
(小田急線・地下鉄千代田線代々木上原下車トホ5分くらい)

チケット=前売予約 3000円(小学生1000円)/当日 3500円(小学生1500円)
※未就学児無料

チケット予約・お問い合わせ
yoasobinokokoro@gmail.com
「ムジカーザでガムラン実行委員会」中村まで

3月11日(土)より予約受付開始。すでに予約チケット・弁当引換券の郵送も始めています。
ご予約の際は、次の空欄を埋めたメールを上記アドレスまでお送りください。
チケットは郵便振替用紙を同封して郵送しますので、手元に届きましたらお振り込みをお願いします。

●お名前
●ご住所
●電話番号
●昼の部 大人   枚/子ども   枚
●夜の部 大人   枚/子ども   枚 (弁当の予約は受付終了しました

【外部リンク】
ムジカーザでガムラン公演ホームページ
「ジャワの夜遊びのココロ」
ムジカーザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧