ジャワ

2017年5月26日 (金)

17/05/28(日)インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル@哲学堂公園 宇宙館

会場:東京都中野区 哲学堂公園 宇宙館

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20170528_nakano02

5月28日(日)ワヤン・ベベル ~インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~哲学堂公園 宇宙館にて 開催!!

インドネシアの伝統芸能であり、絵巻を繰り延べながら語り部が物語を進めるワヤン・ベベルを、民族音楽 ガムランの伴奏にのせて、ご鑑賞頂けます。

是非、ご家族で、ご友人と一緒に、絵巻芝居を楽しみませんか?

イベントの詳細

ワヤン・ベベル~インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~

ワヤンベベルは、絵巻物を繰り延べ絵解きしながら、ガムランの伴奏にのせて物語を語るインドネシアの伝統芸能です。12世頃に誕生したといわれ、当初は病気平癒祈願や雨乞い、魔除けのために上演されていました。現在では皮製人形を使う「ワヤンクリ」が盛んとなり、ワヤンベベルはほとんど目にする機会がなくなってしまいました。

ワヤンベベルの物語はガムランの伴奏にのせて語られます。ガムランはインドネシアの民族音楽で、青銅製の打楽器が中心のオーケストラです。独自の音階と響きに包まれ、ゆったりのんびりと異国情緒を楽しんでいただけます

日 程:5月28日(日)

時 間:11時~、14時~、  ※公演は2回あります

※内容は同じです。詳しいご案内はイベント情報をご覧ください。
※各回とも1時間程度。約40分の上演のあとワヤンベベルの解説をします。

【演目】アルジュノの修行のゆくえ

マハーバーラタの一部分で、主人公アルジュノが女神の協力を得て、魔王ニウォトカウォチョを征伐する物語です。

定 員:30名(先着順)

参加費:無料

協 力:クルタクルティ

会 場:哲学堂公園 宇宙館
所在地〒165-0024 東京都中野区松が丘1-34-28
TEL/03-3951-2515  FAX/03-3951-2280

申 込:哲学堂公園管理事務所まで電話 または 窓口にて直接

お申し込み頂けます。なお、定員になり次第、締め切りと

させて頂きますので、ご了承ください。

【問い合わせ先】

哲学堂公園管理事務所 TEL:03-3951-2515

【外部リンク】
クルタクルティ
哲学堂公園 宇宙館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

2017/6/2(金) コンサートホールが一日だけ、ジャワの町や村や広場に変身します。西日本の演者も大集結!ジャワ芸能バラエティーショー東京公演「ムジカーザでガムラン」

会場:東京都渋谷区 ムジカーザ

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

345cd6c48ab54c6b9f44fe2f049cf535

201706022

「ジャワの夜遊びのココロだ!」の名で、2014年、2015年に都内と埼玉で開催してきた公演。2017年の東京公演は、木の香りのするコンサートホール、代々木上原のムジカーザで開催決定。6月2日(金)の午後と夜、「ムジカーザでガムラン」として開催します。

内容はこれまでと同様、演奏あり、唄あり、舞踊あり、影絵芝居ありの、ジャワ古典芸能てんこ盛り。コンサートホールが一日だけ、ジャワの町や村や広場に変身します。ぜひ、お子様連れでどうぞ。もちろん大人も楽しめます。

会場内は上演中も飲食自由。お好きな物を持ってきて、食べたり飲んだりしながらお楽しみください。
代々木上原の「ファイヤーキングカフェ」が、夜の部の観劇弁当「アジアごはん」を出してくれることになりました(1080円)。数に限りがありそうなので、チケットと一緒に事前予約してください。当日、会場での販売はいたしません(ファイヤーキングカフェ http://www.fk-cafe.com/)。 ※予定数に達したので弁当の予約受付を終了します(2017年5月1日)。
また、昼夜とも場内の一角でインドネシアのお菓子、スナック類を販売します。ホール2階のカウンターに、現地で「ワルン」と呼ばれる妙にジャワっぽい小店が立ちますので、ぜひ覗いてみてください。

ホームページ内にジャワのガムランや影絵芝居などについてのミニ解説めいた記事も、少しずつアップしていきます。こちらもお楽しみに。
なお当初、「ジャワの夜遊びのココロ」と名付けた、そのココロを知りたい方は以下のページをご参照ください。

出演
・ローフィット・イブラヒム
・佐々木宏美
・西田有里
・アナント・ウィチャクソノ
・岩本象一
・スミヤント
・根津亜矢子
・西岡美緒

主な演目
・歓迎の曲
・モチョパット(定型詩)
・カラウィタン(歌曲)
・王宮舞踊
・子ども向け影絵芝居「しじみのサブちゃん」
・ワヤン・クリ(影絵芝居)「おいしそうなビモ」
・ジャティラン(騎馬の舞い)

2017年・東京公演予定

 6月2日(金) 「ムジカーザでガムラン」
時間=
昼の部 15:30開演 (15:00開場、終演17:30頃)
夜の部 18:45開演 (18:20開場、終演20:45頃)
会場=
ムジカーザ
所在地: 〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目33−1
電話: 03-5454-0054
(小田急線・地下鉄千代田線代々木上原下車トホ5分くらい)

チケット=前売予約 3000円(小学生1000円)/当日 3500円(小学生1500円)
※未就学児無料

チケット予約・お問い合わせ
yoasobinokokoro@gmail.com
「ムジカーザでガムラン実行委員会」中村まで

3月11日(土)より予約受付開始。すでに予約チケット・弁当引換券の郵送も始めています。
ご予約の際は、次の空欄を埋めたメールを上記アドレスまでお送りください。
チケットは郵便振替用紙を同封して郵送しますので、手元に届きましたらお振り込みをお願いします。

●お名前
●ご住所
●電話番号
●昼の部 大人   枚/子ども   枚
●夜の部 大人   枚/子ども   枚 (弁当の予約は受付終了しました

【外部リンク】
ムジカーザでガムラン公演ホームページ
「ジャワの夜遊びのココロ」
ムジカーザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

17/6/17(土)・18(日)特別企画「ガムラン森林浴」ほかランバンサリ自主公演 「青銅音曲XIX」ガムランの扉 2017〜集い、つながり、戯れる音風景〜

会場:東京都荒川区 日暮里サニーホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Lambangsari2017a

Lambangsari2017b

ガムラングループ・ランバンサリ自主公演 「青銅音曲XIX」
ガムランの扉 2017
〜集い、つながり、戯れる音風景〜

一つ一つ未知の扉を開けていくかのごとく、インドネシア・ジャワガムランの伝統的かつ新しい魅力をご紹介するシリーズ。
今回のテーマは、様々な〈集い〉が結晶となり生み出される音の風景。
人と自然と、多種多様な力が結集して、ほとばしる豊潤な音世界をお楽しみいただきます。

【日時】
6月17日[土] 18:00開場 / 18:30開演
6月18日[日] 14:30開場 / 15:00開演

【会場】
日暮里サニーホール 大ホール

【料金】(発売期間:4月24日12時〜6月16日17時まで)
指定席:4,500円(正面椅子席)※町屋文化センターのみのお取り扱い TEL : 03-3802-7111
自由席:当日3,500円 / 前売3,000円 / 小学生1,000円 (椅子席または桟敷席)

【演奏】
ガムラン・グループランバンサリ

【舞踊】
岡戸香里、川島末来、小島夕季、根津亜矢子、針生すぐり

【プログラム】
第1部
・器楽曲「ブラバ」
・古典曲「モント」ワキジョ作曲~「パクンプラン」
・仮面舞踊「トペン・クロノ」(岡戸香里)

第2部
・バニュマス地方の古典曲「ロボン・イラン」(竹製チャルン演奏)
・特別企画「ガムラン森林浴」
・宮廷舞踊「モンドロリニ」(川島末来、小島夕季、根津亜矢子、針生すぐり)

【解説】
森重行敏

「ガムラン森林浴」とは、森林浴のようにガムランを五感で感じてもらおうという新しい試みです。自然の音、光や香りとガムランが織り成す新たな音世界を模索しています。

【お問い合わせ】ランバンサリ事務局
E-mail: office@lambangsari.com
Tel&Fax:03-5300-6361(担当:木村)

主催:ガムラングループ・ランバンサリ
共催:(公財)荒川区芸術文化振興財団 / 荒川区
後援:インドネシア共和国大使館
協賛:スタジオ・パチェ / チャベ / 株式会社マノハラ
協力:NPO法人日本ガムラン音楽振興会

【外部リンク】
ガムラングループ・ランバンサリ
ガムランの扉 2017
公演チラシ(PDF)
日暮里サニーホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

16/11/13(日)―昼下がりの王宮と煌めく影たちージャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》

会場:大阪府豊中市 大阪大学豊中キャンパス

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

14718753_1460379087305733_693231008

ジャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》
―昼下がりの王宮と煌めく影たちー

11月13日(日)
14時30分開場、15時開演
会場:大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館ホール
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
電話:06-6850-6111(代)

プログラム
第一部:ジャワ舞踊
ジャワ歌謡曲、古典曲、ジャワ舞踊。

第二部:影絵劇ワヤン
演目は「ラーマーヤナ物語 ラーマ王子とシンタ姫」と題し、ラーマーヤナ物語のダイジェスト版のような構成でお届けする予定です。影絵劇は聴衆の皆さんに影絵芝居現場の「裏と表」をご覧いただけるように工夫中です。

Javaculturekebudayaanjawadiindonesi

また公演後に聴衆の皆さんにガムランの楽器に触れて音を出すコーナーを設けます。ぜひ触ってみてください。

《ジャワ芸能の魅力》大衆芸能の影絵劇、ジャワ歌謡曲、古典曲、ジャワ舞踊の4つの魅力をユニークな集団「ジャワ曼荼羅」がお伝えします。

ジョグジャカルタから来日中のアナント・ウィチャクソノさん、
ジャワ舞踊家の岡戸香里さん、
小編成ジャワガムラングループTidak apa-apaさんと共に
「ジャワ曼荼羅―昼下がりの王宮と煌めく影たちー」と題し、
伝統的な古典曲の演奏、ジャワ舞踊に、影絵芝居のワヤン・クリと、様々なジャワ芸能を堪能していただける公演となっています。

 第一部は「昼下がりの王宮」ということで、
中部ジャワの古都ソロの王宮をイメージし、
お客様に王様と共に賓客の一人としてガムランを味わって
いただけるような構成にしてみました。

プンドポから流れてくるガムランの響き、王のお出まし、
ジャワ舞踊の鑑賞、その場に立ち会った皆様への安寧の祈り、
そして夕闇の時間から第2部のワヤンの煌めく闇へ…と
流れていきます。

ワンコインコンサートを主催されている方のイメージでは、
いっそ司会も入れずどっぷりとジャワの芸能を味わって
もらうのもいいかもしれない…。という話も出ていて、
ノンストップで第一部の1時間弱、
ジャワガムランが流れっぱなし…という
(もし私がお客様なら)至福の時間が実現するかもしれません!!

第2部は、ラーマーヤナの話を演目とした
ワヤン・クリと呼ばれる、ジャワの伝統的な影絵芝居を
披露します。
たぶん、ダルマ・ブダヤ初のワヤンのへの挑戦ではないでしょうか?ダランのナナン君の指導の下、頑張っております!

コンサートと合わせて、ジャワの雑貨や、ジャワガムランのCDなど物販も行います。市民コンサートということで、なんとワンコイン!500円でご覧いただけますよ。ぜひお越しください!

出演者

The_three

Tidak apa apa
ガムランをこよなく愛す女三人 西田有里、松田仁美 、近藤チャコ で2014年に結成された小編成ガムラングループ。ジャワ影絵人形使いアナント・ウィチャクソノ氏と共に影絵芝居ワヤンの上演も行う。

Ananto_profil

Ananto Wicaksono
アナント・ウィチャクソノ
インドネシア、ジョグジャカルタ生まれ。幼少よりダラン(影絵人形遣い)として数多くの舞台に立つ。伝統的な影絵芝居の上演のほか、他ジャンルとのコラボレーションによる新作や、影絵人形を用いたアニメーション作品の制作も行う。インドネシア国内の他、2008年よりオランダ、フランス、ドイツ、イギリス、台湾など海外での公演も多数。2011年より日本での活動を開始。

Img_2796

岡戸香里
ジャワに長期滞在し、スラカルタ、マンクヌガラン王宮、ジョグジャカルタ様式ジャワ舞踊とジャワガムランを学び、2016年3月帰国。ジャワ舞踊、ジャワガムランに関連する研究も行っている。

Image1

ダルマ・ブダヤ
1979年に、植野アジア芸術文化振興財団との共同事業として、大阪大学文学部音楽学研究室を拠点に結成された。一貫して中部ジャワスタイルの古典音楽を学びつづける一方、ガムランのための新しい作品の演奏を手がけ、現代のガムランの展開に大きく貢献してきた。国際的な舞台にも参加、1996年にはインドネシア4都市での演奏旅行を成功させた。近年は、伝統の体現を目指し、古典音楽の演奏に一層の磨きをかけ、毎年、春と秋には大阪大学で古典音楽を中心にした定期コンサートを行っている。同時に、オリジナルの創作にも積極的に取り組んでおり、1999年からは3年にわたり劇団態変との公演でコラボレーションを行い、2000年にはジャワのガムランによる、日本初のオリジナル ガムランのCD「壺から溢れでるもの」をリリース。2004年には舞踏家、ジャワ舞踊家とのコラボレーションによる自主公演「スクエア」を成功させた。一般向けのワークショップや誰でも気軽に参加できる日曜ガムランも行っており、関西における開かれたジャワ・ガムランのグループとして幅広い活動を行っている。メンバーは20代〜50代の社会人と学生。代表は山崎晃男(樟蔭女子大学)。

【外部リンク】
ダルマ・ブダヤ Facebook
ジャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》
大阪大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

16/11/26(土)&27(日) ガムラン×ピアノ「ナリモ」「身 音 採 取」アルバムリリースパーティー&ピアノと打楽器の夜「白 夜」

会場:兵庫県神戸市 BAR Request/石川県金沢市 shirasagi 白鷺美術

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20160907085450e9b

【身 音 採 取 ナリモ アルバムリリースパーティー】
□日時:2016年11月26日(土)開場14時00 / 開演14時30分(最初の30分弱はアルバム紹介レビュートーク)
□出演:ナリモ(西田有里 ガムラン・歌 + 岩井美佳 ピアノ) / 江南泰佐・岩本象一( piano + drums ) Duoo
□料金:2,300円 / 2,500円(ともにdrink別)
□会場:BAR Request 〒650-0033 神戸市中央区江戸町100番地  tel : 078-332-2466
※阪急神戸三ノ宮、JR三ノ宮駅から海側に向かって徒歩10分。
□連絡:meistermusik01@gmail.com

2016100714305121b

【ピアノと打楽器の夜:白 夜】
□日時:2016年11月27日(日)開場19時00 / 開演20時
□出演:ナリモ(西田有里 ガムラン・歌 + 岩井美佳 ピアノ) / 江南泰佐・岩本象一( piano + drums ) Duoo
□料金:2,500円 / 3,000円(ともにdrink別)
□会場:shirasagi 白鷺美術(金沢)〒920-0999 石川県金沢市柿木畠4−16 tel:076-231-4550 
□連絡:meistermusik01@gmail.com

ナリモ(影絵芝居「夜叉ヶ池」金沢公演より) from ChordalColors on Vimeo.

【外部リンク】
ナリモ
江南泰佐
BAR Request(兵庫県神戸市) facebook
shirasagi 白鷺美術(石川県金沢市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16/10/15(土)お月見どきの美術館の夜、ガムランの音にのせて。影の色彩ワヤン「おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに」@金沢21世紀美術館

会場:石川県金沢市 金沢21世紀美術館

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ct1tgfvyaa_0gcjpglarge

【影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐「おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに」@金沢21世紀美術館 】

□日時:2016年10月15日(土)18:00~21:00
□出演:影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐
□料金:入場無料
□会場:金沢21世紀美術館[(公財)金沢芸術創造財団] プロジェクト工房
□連絡:金沢21世紀美術館 交流課 TEL 076-220-2811

Cujgj8cviaaebe_jpglarge

金沢21世紀美術館のイベントに
「影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐」
として参加します。
今回は北陸方面で募集させてもらった「まるびぃ満月影絵楽団」の面々と会場にやってくるゲストを影・音遊びでおもてなしという趣向で臨みます。ワークショップというよりは、”あそび”の場をうみだすということになります。

音と光が反応しあう空間で「まるびぃ満月影絵楽団」が影絵や音を即興で作ります。お客さんとの交錯楽しみ!飛び込み参加、大歓迎!

今回はWSというよりは影音遊びの創出です。会場でどんなルールで遊びが産み出されていくのか、そのプロセスをじっくり担当してほしいです。わかったらどんどん参加可能な仕組み!

江南泰佐 enami Taisuke PROFILE


6_enami

作曲家、鍵盤演奏者、そして世界の音楽とサウンドを独自の切り口でリスナーに紹介する"快音採取家"。その成果は自らの作品・演奏はもちろん15年に及ぶ民放ラジオでのDJ活動、フィールドレコーディング活動、音楽談義と多岐にわたる。2014年晩秋に新アルバムを発表。「音楽活動」の幅・可能性を模索する他にない立ち位置で活動を展開している。


村々の祝祭に出会いながら時に当事者、時に傍観者となるような複眼的演奏ができたらうれしい。しかしそのうち鉱物のような音楽も演奏してみたいと思っている。
時にジャンルバスター音楽番組のラジオDJとしても活動。これはまた別人格なのかもしれない。

-略歴-
ラジオDJという活動をメインにしながらも、音楽紹介だけでなく自分でソロ活動を展開したいと思い2008年師走からゆっくりとピアノをメインに活動スタート。2012年頃から岡山の打楽器演奏者の岩本象一氏とのDuoo+&の形態でも活動を展開。ソロ名義で2枚のアルバムを発表。

ー 江南泰佐+岩本象一Duoo について ー
風景描写にすぐれた打楽器とちょっと他にない和声・間合いをもつピ アノによるビート、拍子にとらわれないリズムの質感。つまりはお互いにバラバラのことがらを発しているようで全体として一つのコミュ ニケーションが成立しているようなアンサンブルを目指しているチー ム。

セッションとしてはクラムボン、エマーソン北村氏、イルリメをはじめとする国内外の音楽家達とのライブ・セッションに参加。また辻本知彦氏(ex.シルクドソレイユ)、森川弘和氏、soupといった第一線で活躍しているコンテンポラリーダンサーとのセッションも展開。
作曲活動としては映像作家、写真家、コンテンポラリー・ダンサーに楽曲を提供。また京都造形芸術大学映画学科授業用の音楽やHARUTAといった企業PV音楽なども作曲・提供。

音楽トークイベント活動としても、他に類をみないほどのジ ャンルバスターラジオ番組のセレクター、パーソナリティを15年つとめてきたキャリアをいかしながら、アートスペースでの期間イベント(京阪電車、大阪大学、ダンスボックスが協同で運営するアートエリアB1”鉄道芸術祭”など)での音楽トークライブ・シリーズ展開や、川崎弘二氏、大谷能生氏、有馬純寿氏といった日本の電子音楽、評論史上独自の展開をみせる人達とのトークセッションを展開。自身のトークイベントとしてはルーツミュージックから現代音楽、フィールドレコーディング、はては音楽大喜利まで「快音採取」という切り口でカフェ、図書館、アートスペースで展開中。

最近はインドネシア・ジャワの伝統的影絵芝居をベースに、インスタレーション、映像、音楽、演劇など異なる表現が融合した新しい影絵の世界を作ることを目指す「影と色彩 ワヤンプロジェクト」にも参加。同プロジェクトのサイドプロジェクトである「サウンドを介したコミュニケーション」というワークショップ「おどる影絵!」ではワークショップ構築・ファシリテーターなどを担当。他にも海外のアーティストのコーディネイトまで開始し、「音楽活動」の幅・可能性を模索している、ちょっと他にない 立ち居地で活動を展開。

『聞き手の耳をゆるやかに刷新してくれる”音”を発信しつづける音楽家』とレビュー・評価される。
2014年に新しいアルバムをリリース。大阪箕面在住の1月1日生まれ。


【外部リンク】
江南泰佐
「夜も美術館」チラシ
金沢21世紀美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

16/10/16(日風が吹き抜けるセミオープンの空間で、暮れ行く空を感じながらガムランの生演奏とジャワ古典舞踊を楽しむ「十六夜コンサート14 小島夕季ジャワ舞踊の夕べ」なんと今年は満月の日にあたります。

会場:東京都台東区 上野公園水上音楽堂

下記の公演が十六夜コンサートのFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

13716215_710543189086944_2184621619

13754463_710543099086953_3301607641

『十六夜コンサート14 〜小島夕季 ジャワ舞踊の夕べ』

2015年10月16日(月・祝)16:00開場、16:30開演
上野公園水上音楽堂 野外ステージ(屋根あり)

ジャワではよく野外(あるいは屋根はあっても壁のないセミオープンの空間)で
おとなもこどもも一緒になって影絵芝居や舞踊を楽しみます。
みなさまにもそんな時間を過ごしていただきたくて、今年も『十六夜コンサート』を開きます。
飲んだり、食べたり、おしゃべりしたり・・・ 思い思いにお楽しみいただけたら嬉しいです。

小島夕季

○プログラム

・ガンビョン・パレアノム
・ガンビョン・ラングンクスモ
・ラントヨ
・メナ・コンチャル

◇出演◇
ジャワ古典舞踊:小島夕季/グループ十六夜
ジャワガムラン演奏:ガムラングループ・ランバンサリ


前売 ¥3000/ペア¥5700
当日 ¥3500
70歳以上 ¥2000(受付で保険証など年齢のわかるものをご提示ください)
小・中学生 ¥1000/6歳未満無料

後援:インドネシア共和国大使館

◆予約/問合せ BEATA(ベアータ)03(6317)8916 izayoisono5@hotmail.co.jp まで

【外部リンク】
ジャワ古典舞踊ワルン・ムラティ
十六夜コンサート Facebook
十六夜コンサート Twitter
上野水上音楽堂(上野恩賜公園野外ステージ)

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

16/10/02(日)だんじり祭の後の贅沢。中秋の名月にしっとりした公演を第8回ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演 観月の夕べ

会場:大阪府岸和田市 岸城神社 社殿内

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016_kangetsu

第8回ジャワ舞踊・影絵・ガムラン奉納公演
観月の夕べ

日時: 10月2日(日)午後6時~8時
場所: 岸和田市 岸城(きしき)神社 社殿前
料金: 入場無料 ・カンパ歓迎 
併催: 蛸地蔵商店街手作り市 午後2時~境内     

――― プログラム ―――

舞踊 「サリ・クスモ」
(ウィジャヤ・クスマ メンバー) 
作品名は花の精髄の意味。ジョグジャカルタ様式の舞踊で、一番最初に学ぶ曲です。1976年、サスミント・マルドウォ振付。

舞踊 「ゴレッ・ランバンサリ」
(大石麻未、岡戸香里、西岡美緒)
ゴレッは、ジョグジャカルタを代表する女性舞踊のジャンルです。人生の意味や理想を探し求めつつ、大人になってゆく時期の女性を描いています。今回は、ゴレッが作られたハムンクブウォノⅦ世の時代(1877-1920)の振付作品を3人で上演します。

 ― 休憩 ―

舞踊 「ガンビョン・ボンデット」
(冨岡三智)
ガンビョンはスラカルタ(通称ソロ)で発展した女性舞踊のジャンルです。豊穣祈願の舞踊に由来するため、結婚式でよく上演されます。今回は通常と違う「ボンデット」の曲を使い、独自のアレンジで上演します。

影絵 ワヤン・クリ 「プラン・クンバン」
(ダラン: ローフィット・イブラヒム)
ワヤン・クリとは水牛の皮で作られた影絵人形またその人形によって繰り広げられる影絵芝居のことで、ジャワでは現在でも夜を徹して上演されます。今回は、勇者アルジュノ対チャキル率いる鬼軍団の戦いを上演します。目的地へ向かうアルジュノを邪魔しようと様々な鬼が登場し見事にアルジュノに斃されて行くという、徹夜の上演の中でダラン(人形遣い)の人形さばきを楽しむシーンとなっています。

ガムラン音楽: ハナジョス、ビンタンララス

―――――――

会場: 
岸城神社(大阪府岸和田市岸城町11-30) 

交通: 
南海本線・岸和田駅徒歩10分/蛸地蔵駅徒歩5分
※お車の方は岸和田城周辺の公共駐車場をご利用下さい。

主催・問合せ:
ジャワ舞踊の会
ハナジョス

後援: 
岸和田市、岸和田市教育委員会、在大阪インドネシア共和国
総領事館、特定非営利活動法人ラヂオきしわだ 

協力: 
蛸地蔵商店街手作り市

【外部リンク】
ジャワ舞踊の会 
HANA★JOSS
岸城(きしき)神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

16/09/14(水)~17(土)インドネシアの文化の都ジョグジャカルタから、魂の踊りと仮面舞踊――「国際交流 アジア海域ダンスプログラム」&ワークショップ

会場:東京都港区 慶應義塾大学三田キャンパス 旧ノグチ・ルーム/:東京都港区龍生院前庭・本堂/東京都港区 港区立豊岡いきいきプラザ

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kaiiki01

Kaiiki02

「国際交流 アジア海域ダンスプログラム」
 ――インドネシアの文化の都ジョグジャカルタから、魂の踊りと仮面舞踊――

ダンス
メガ・ファジャール・アラミシャ「エモーショナル」
ボビー・アリ・スティアワン「ボディーランゲージ」
ウィンダルティ「ムンドット」
デビ・サフィリトリ、フィトリ・アナ「Metamorf 変性」

古典舞踊
リアント・デワンダル ダンススタジオ

仮面舞踊
ジャイアント・トゥループ

9月16日(金)午後7時-8時半
会場:慶應義塾大学三田キャンパス 旧ノグチ・ルーム(南館3階)
〒108-8345 東京都港区三田2丁目15−45
入場無料、事前申込み不要

9月17日(土)午後6時-7時半
会場:港区三田・龍生院前庭・本堂 (港区三田2-12-5)
入場無料、事前申込み不要

【ワークショップ】「インドネシアの舞踊」
9月14日(水)午後6時-9時
9月15日(木)午後6時-9時
会場:港区立豊岡いきいきプラザ(港区三田5-7-7)
参加費:港区在勤・在住の方は無料
港区外の方は1ワークショップにつき1,000円

予約・問い合わせ
TEL 03-5427-1621 (アート・センター平日10時-17時)
moris@art-c.keio.ac.jp 森下
(お名前、参加希望日、ご連絡先をお願いします)

【外部リンク】
慶應義塾大学アート・センター
慶應義塾大学三田キャンパス
龍生院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

16/09/03(土)ジャワ影絵芝居@国立公園 鞆の浦・仙酔島「生命の祭り」

会場:広島県福山市  仙酔島

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Maturi

「仙酔島 生命の祭り」

時 間     出演は18時~19時半
会 場  広島県福山市鞆町後地  仙酔島   
出 演     ハナ★ジョス
広島県福山市の仙酔島で行われる祭りに、ワヤンやガムランで出演します。
福山市鞆の浦から仙酔島への船が出ています。

詳細日程

9月3日(土)

第1部

  13:00  受付
  13:30  お焚き上げ・七福神・アイヤ節
  14:30  仙酔島散策ツアー
       ~なぜこの島がすごいのか~

第2部

  16:30  みんなでワイワイ屋台(有料)
  17:30  願いが叶った大会
       ジャワ影絵芝居
  19:30  海ホタル

第1・2部の参加費2,000円(税込)

9月4日(日)

第3部

  5:15  御来光ツアー(5:41御来光)
       感謝 ご奉納ゴミ拾い
  8:00  開運餅つき・雑煮

       <チェックアウト>

  10:00  解散

      開運クルーズ(有料2,700円税込)
      ここから泊の方江戸風呂ご利用可能


<生命の祭お問い合わせ・ご予約>

仙酔島 生命の祭実行委員会代表

仙酔島観光大使  乾 博樹 inui.hiroki@gmail.com

<宿泊お問い合わせ・ご予約>

人生感が変わるここから 084-982-2111
仙酔島キャンプ場テント 084-970-5050

【外部リンク】
ハナ★ジョス
仙酔島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧