ジャワ、バリ

2018年8月31日 (金)

18/09/01(土)・9/2(日)バリ・ジャワ舞踊@舞踏家・土方巽(たつみ)の生地に世界と日本の実力舞踏家やダンサーたちが結集「アジアトライAKITA 2018」

会場:秋田県秋田市 千秋公園本丸

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20180901_01

アジアトライAkita千秋芸術祭2018

土方巽の生地、秋田に集う! !

舞踏家・土方巽(たつみ)の生地に世界と日本の実力舞踏家やダンサーたちが結集しての特別公演です。

9/1( 土)、9/2( 日) 開演13:30~終演20:00

会場: 秋田市千秋公園本丸( お隅櫓)/
〒010-0876 秋田県秋田市千秋公園1
Senshu park Honmaru Akita city

入場無料/admission free

*雨天の場合は秋田県立美術館/In Akita Prefecture Museum of Arts if it rains

*同時開催: 屋台村/Akita’s delicacy yatai’s available
*羽後町産 夢こまち無料サービス!!/Free Ugomachi’s Yumecomachi water melon

主催:  アジアトライAKITA・千秋芸術祭実行委員会

     ( 構成団体: NPO 土方巽記念秋田舞踏会、他)

お問い合わせ|実行委員会事務局
TEL: 080-6865-2376

E-mail : akita.asiatri@gmail.com

共催:秋田市、ASIA TRI PROJECT
助成:秋田県( 文化による地域の元気創出事業)

後援団体: 秋田県教育委員会、 秋田市教育委員会、 一般社団法人秋田県芸術文化協会、 慶應義塾大学アート・センター、公立大学法人秋田公立美術大学、公立大学法人国際教養大学、NHK 秋田放送局、ABS 秋田放送局、AKT 秋田テレビ、AAB 秋田朝日放送、CNA 秋田ケーブルテレビ、エフエム秋田、秋田魁新報社、朝日新聞秋田総局、毎日新聞秋田支局、読売新聞秋田支局、産経新聞秋田支局、河北新報社、秋田観光コンベンション協会

協力: 慶應義塾大学アート・センター、 特定非営利活動法人 鎌鼬の会

20180901_03

ギリ・クンチャナ

秋田で唯一のバリ舞踊のグループ。グループ名、ギリ・クンチャナは、豊かな自然溢れる秋田の風土から日本語で「黄金の山」という意味を持つ。神社での奉納、お祭、地元のイベントなどへ出演している。

20180901_05

デワンダル ダンスカンパニー

ジャワ島出身リアントRianto とインドネシア国立芸術大学ISI で研鑽を積んだ川島未耒によって2006年結成。神秘的でエネルギッシュなジャワ舞踊を広めるべく、日本またインドネシアでも公演活動を行い、両国の交流に努めている。

20180901_04

小松 アニー
宗教 :イスラム教 出身地 :インドネシア ジャワ島中部 スラカルタ(ソロ) 秋田に在住。 国際交流の場や学校など、様々な場所でジャワ舞踊やインドネシアの文化を広げる活動をしている。

20180901_06

ナニ・トペン・ロザリ
インドネシア在住。 インドネシア 、ジャワ島の伝統的チルボン仮面舞踊の家系の7代目。 チルボン仮面舞踊は、 戦争や政治的な抑圧で絶滅の危機に扮した事もある、ジャワ島の伝統芸能。

20180901_07

ビモ・ダンス・シアター
インドネシアの古都ジョグジャカルタ市を拠点に、伝統と現代を融合した活動を展開する舞踊団。

【外部リンク】
アジアトライAkita千秋芸術祭2018
アジアトライAkita千秋芸術祭2018 facebook
秋田市千秋公園本丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

18/04/03(火)スリン、ササンドウほか@~インドネシアと日本の音楽家による交流コンサート~

会場:東京都江東区 亀戸 カメリアホール

下記の公演のおしらせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

180403_01

180403_02

The Harmony Of Cross Culture
~インドネシアと日本の音楽家による交流コンサート~

開催日
2018年04月03日(火)
開場18:00/映像18:30/開演19:00

会 場
江東区 亀戸 カメリアホール(亀戸2-19-1)
〒136-0071
東京都江東区亀戸2-19-1
カメリアプラザ5F

料 金
前売 1,500円/当日 2,000円
※小学生以下無料

問合先
Tel:090-5786-0987(ミズシマ フミコ)
E-mail:takayama.official@gmail.com

出演者
高山ビイナ(Sape・Oud・他)/Riski Febriansyah/RUSDI/Anggara Rismandika(以上Percussion)/ GANZER(Sasando)/Jones Panjaitan(Suling)/座古瑞穂(和太鼓・from大江戸助六太鼓)/伊藤美和(筝)/TONYA(Vocal・from黄金猫)/小濱明人(尺八)

打楽器の「Bebano」「Gender」「Kenpang」「Rebana」
笛の「Hulushi」

【外部リンク】

インドネシアと日本の音楽家による交流コンサート
亀戸 カメリアホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

18/01/26(金) — 01/28(日)全4回体験型レクチャー!見て、聞いて、感じる伝統芸能のいま–インドネシアと日本–@東京・国際交流基金

会場:東京都新宿区 国際交流基金本部

下記の講座のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dento0001

全4回体験型レクチャー開催!2018年1月26日から28日
東南アジアと日本の伝統のチカラを再発見し、現代の芸能のカタチを考えるプロジェクト「伝統のチカラ、芸能のカタチ」の一環として、インドネシアの伝統芸能の担い手4名を招へいし、事業メンバーの木ノ下裕一氏とともに、現代における伝統芸能のあり方について考える体験型のレクチャーを3日連続、全4回開催いたします。バリの舞踊、歌舞伎、ジャワの音楽(ガムラン)、影絵芝居(ワヤン・クリッ)を各回のテーマに、それぞれのシーンで活躍する担い手によるパフォーマンスやトーク、貴重な映像資料などを通して、伝統的な芸能のあり方にとどまらず、時代に合わせて再解釈を繰り返しながら継承される伝統芸能の姿を紹介します。

日時   
2018年1月26日(金曜日)第1回19時~21時30分
2018年1月27日(土曜日)第2回13時~15時、第3回15時30分~18時
2018年1月28日(日曜日)第4回13時~17時

会場   
国際交流基金本部 2階 ホール [さくら] アクセス
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1

言語   
逐次通訳(インドネシア語―日本語)
注:1月27日の第2回を除く。

参加費   
無料

申込方法   
メールにて事前受付(先着順)
注:お申込み先:info_dento@jpf.go.jp
件名:「伝統のチカラ、芸能のカタチ参加申込」
本文にご明記:お名前、ご職業(ご所属)、お電話番号、ご希望日時
受付締切:各回前日18時00分まで
主催    国際交流基金アジアセンター
お問い合わせ    国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム(担当:前田)
e-mail: info_dento@jpf.go.jp
Tel: 03-5369-6140

プログラム
第1回 「バリの舞踊」
2018年1月26日(金曜日)19時~21時30分
カデッ・デウィ・アリアニ(舞踊家、サンガール・リッタ・デウィ主宰)

第2回 「歌舞伎」
2018年1月27日(土曜日)13時~15時
木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎主宰、「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業メンバー)

第3回「ジャワの音楽(ガムラン)」
2018年1月27日(土曜日)15時30分~18時
アノン・スネコ(音楽家、大学講師、オマ・ガムラン主宰)

第4回 「影絵芝居 (ワヤン・クリッ)」
2018年1月28日(日曜日)13時~17時
チャトゥール・クンチョロ(ダラン(人形遣い))
アナント・ウィチャクソノ(ダラン(人形遣い)、影の色彩ワヤンプロジェクトメンバー)

注:第2回を除き、インドネシア語の逐次通訳を介して進行

登壇者
カデッ・デウィ・アリアニ (Ni Kadek Dewi Aryani) 舞踊家、サンガール・リッタ・デウィ主宰

Dewi02

1977年生まれ。バリ島ウブド出身。カランガッサム県の優れた踊り手である叔母や、多くの舞踊家を輩出するプリアタン村の先達など、異なる地域の名手から研鑽を積み、早くから舞踊の才能を開花させる。インドネシア芸術大学デンパサール校を主席で卒業後は、舞踊講師やコンテンポラリーダンサーとして国内外で活躍する一方、自身の創作伝統舞踊やコンテンポラリーダンスをレパートリーの柱とした芸能グループ「サンガール・リッタ・デウィ」を創設、弟アグス・テジャ氏が主宰し、世界的にも注目される伝統楽器を取り入れた音楽グループ「グス・テジャ・ワールドミュージック」には振付・ダンサーとして参加する。伝統文化が色濃く根付くバリ島において、伝統を礎とした新たな舞踊表現を模索するとともに、保守的な地域コミュニティがいかにして芸術的高みを目指していけるのか、その環境作りに果敢に挑んでいる。

アノン・スネコ (Anon Suneko) 音楽家、大学講師、オマ・ガムラン主宰

Anon01

1981年生まれ。ジャワ島ジョグジャカルタ出身。幼いころからジャワ舞踊とガムラン音楽に囲まれた環境で育ち、それぞれの素養を身につける。クンダン(両面太鼓)奏者、音楽ディレクター、作曲家、さらには舞踊家としての顔を持ち、国内外の様々な音楽イベントやダンスフェスティバル、舞踊劇などに参加し、多数の受賞歴がある。オーストラリアのパースにあるインドネシア領事館のスタッフとして、ガムラン音楽、伝統舞踊、アンクルン(竹製の打楽器)といったインドネシア文化の普及活動に従事したほか、客員アーティストとしてアメリカのミシガン大学に在籍するなど、海外での活動経験も豊富。芸術コミュニティであるオマ・ガムランを主宰し、インドネシア芸術大学ジョグジャカルタ校やガジャ・マダ大学で講師を務めるなど、伝統芸能を拠り所とした後進の育成や、インドネシア文化の発展的な振興に力を尽くす。

チャトゥール・クンチョロ (Catur Kuncoro) ダラン(人形遣い)

Catur04

1975年生まれ。ジャワ島ジョグジャカルタ出身。インドネシアの代表的な伝統芸能として知られるワヤン・クリッ(影絵芝居)のダランを父に、プシンデン(ガムラン合奏における女性歌手)を母に持つ。芸能一家に育ち、幼少よりワヤン・クリッに親しみながら、早くからダランとしての研鑽を積む。伝統的なワヤン・クリッのダランとして活躍する一方、伝統芸能に対する社会一般の理解や関心の低下への危機感から、ワヤン・クリッをベースにした新たな上演を意欲的に模索する。これまでにヒップホップと融合したワヤン・ヒップホップ、ジョグジャカルタの独立闘争を題材にしたワヤン・リパブリック、美術作家や演劇人を巻き込んだワヤン・ボチョールなどの創作に携わり、国内外での上演を通して、伝統芸能の持つ面白さや深み、懐の広さといったものを、伝統芸能との接点があまりなかった世代を含めて幅広い層に伝えている。

アナント・ウィチャクソノ (Ananto Wicaksono) ダラン(人形遣い)、影の色彩ワヤンプロジェクトメンバー

Ananto01

1985年生まれ、ジャワ島ジョグジャカルタ出身。ダランとして幼少より数多くの舞台に立つ。動物を主人公にした民話を題材にした「ワヤン・カンチル」など、伝統的な手法にとらわれないオリジナルのワヤン作品を創作。2010年、その活動が文化保存に貢献したとして、ジョグジャカルタのスルタン(王家)から表彰される。日本国内での上演活動も多数。ピアノとガムランと歌のユニット「ナリモ」、ジャワの影絵芝居をベースに演劇・音楽・即興公演を追求する「色の色彩ワヤンプロジェクト」など複数のグループにも参加。

【外部リンク】
公演詳細
「伝統のチカラ、芸能のカタチ」公式Webサイト
国際交流基金

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

17/08/20(日)隔年開催関西インドネシア留学生協会京都・滋賀支部の留学生による公演「インドネシアの夕べ Malam INDONESIA 2017」

会場:京都府京都市左京区 京都市国際交流会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ppkyo

インドネシアの夕べ Malam INDONESIA 2017

PPI(関西インドネシア留学生協会 京都・滋賀支部)の留学生が、『Malam INDONESIA 2017』を開催致します。
隔年に行っている催しです。

日時 2017年8月20日(日) 17時~19時30分
   バザー 15時~19時40分

場所 京都市国際交流会館 
〒606-8536 京都府京都市左京区粟田口鳥居町2-1
入場券 1,500円 二人券 2,500円

入場券問い合わせ 
・WASI  080 7729 9628     
(ワシ君 日本語少し可)
・RIZKY  line: rizkyfajarpratama 
(リツキー君 日本語可)
・メールアドレス    malamindonesia2017@gmail.com

マラムインドネシア(インドネシアの夕べ)は、インドネシア人留学生によって開催される、関西地区最大の文化イベントです。
2017年インドネシアの夕べは
テーマ INDONESIA Tana Airku(インドネシア タナ アイル ク) ―私のインドネシア―
インドネシア各地からの留学生の、多様な文化や音楽を楽しめます。

内容
今年は初めての試みで、西スマトラ地方の有名な民話、『Malin Kundang』の舞踊劇を演じます。
・アンクルン演奏
・シラット
・インドネシアの歌
・舞踊劇

☆アイドルグループJKT48の元メンバーの一人、GHAIDAさんが応援の顔見世をされます。

【外部リンク】
インドネシアの夕べ Malam INDONESIA 2017公演公式サイト
アイドルグループJKT48元メンバー GHAIDA
京都市国際交流会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

17/7/29(土)ジャワ島:ハナジョス&バリ島:ギータ・クンチャナin NARA!インドネシア伝統舞踊の会@奈良

会場:奈良県奈良市 奈良市中部公民館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20170729_blog

「インドネシア伝統舞踊の会」

日時: 7月29日(土)13:30~15:40上演(12:30開場)
会場: 奈良市中部公民館、5階、イベントホール

内容: ジャワ舞踊とバリ舞踊7曲の公演
出演: バリ舞踊&ガムラン ギータ・クンチャナ
    インドネシア伝統芸能団 ハナジョス

入場料無料(予約制)、全席自由席

お問合せ・予約申込先
  日本・インドネシア友好協会奈良
  yukokyokainara★gmail.com (★をアットマークに変更してください)
  ご氏名、ご連絡先、人数をお知らせください。

住所: 奈良市上三条町23‐4/TEL 0742‐26‐6506
交通: 近鉄・奈良駅から徒歩5分、JR奈良駅から徒歩10分

共催: 在大阪インドネシア共和国総領事館
     日本インドネシア友好協会奈良
後援: 奈良市教育委員会、奈良市国際交流協会

【外部リンク】
ジャワ舞踊の会・冨岡三智
バリ舞踊&ガムラン ギータ・クンチャナ
インドネシア伝統芸能団 ハナジョス
奈良市中部公民館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

16/03/12(土)春の宵にぴったりの華やかさ。ジャワ島の宮廷舞踊とバリ舞踊の競演!百花繚乱〜魅惑のインドネシア舞踊〜

会場:東京都渋谷区 渋谷Li-Po
下記の公演のお知らせをいただきました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
12743559_1047540588650937_534890367
12743920_1047540645317598_604148002
3/12(土) 百花繚乱〜魅惑のインドネシア舞踊〜
インドネシア・ジャワ島の宮廷舞踊の第一人者、川島未来とデワンダル・ダンスカンパニー、日本屈指のバリ舞踊家、安谷絵里が渋谷Li-Poで競演!
春の宵にぴったりの華やかなインドネシア舞踊をぜひ、体験してみてください!
日時:
2016 年3月12日(土)
19:00 open/
20:00 1st stage
21:00 2nd stage(start 〜22:00終了予定) 
会場:
渋谷Li-Po
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-22-11
サンクスプライムビル4F-A
TEL 03-6661-2200     MAIL  info@li-po.jp
チャージ:2500円+オーダー
出演
・川島未来
・デワンダルダンスカンパニー
・安谷絵里(バリ舞踊)
・吉岡修(DJ OSAMUNDUT)
【外部リンク】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

安来の里の夕暮れに、ほのかな灯りと光に包まれる。15/10/17(土)バリ舞踊、10/18(日)ワヤン公演@島根県清水寺「灯参道」 

会場:島根県安来市 安来清水町

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_3621

安来の里の夕暮れに、ほのかな灯りと光に包まれる場所があります。
そこは、古刹「清水寺」
能義の里を見下ろす木々の中で、照らし出された参道や境内は、
昼間とは違う神秘的な空間に。
夜の境内散策で贅沢な時間をお過ごしください。

≪会場≫
安来清水寺
〒692-0033 島根県安来市清水町528

≪開催期間≫
平成27年10月16日(金)~18日(日)※16日(金)はライトアップのみ

≪開催時間≫
17:00~20:30
≪イベント内容≫
◎根本堂ミニコンサート

[17日(土)]
・天台聲明とバリ舞踊
 お経に特定の節をつけて唱える聲明(しょうみょう)とバリの伝統的な女性舞踊のコラボをお楽しみください。
[18日(日)]
・ガムラン演奏とジャワのワヤン(影絵芝居)
島根ガムランのみなさんとご一緒し、ハナジョスも出演します。

◎清水寺の夜参り~湯行(護摩火)~
◎清水寺ナイトウォーク
◎清凌亭~灯華のおもてなし~
◎お抹茶席
◎灯参道限定精進料理コース
◎「コールおかんしょA,durn」コンサート
◎無料シャトルバス

【外部リンク】
HANA★JOSS
清水寺「灯参道」詳細
島根県安来市清水町

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

15/08/09(日)インドネシア人留学生による関西最大イベント。マラムインドネシア(インドネシアの夕べ)スマトラ、カリマンタン、パプアの芸能も

会場:京都府京都市左京区 京都市国際交流会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Mi_2015_poster_fix

インドネシアの夕べ MALAM INDONESIA 2015

日時 2015年8月9日(日)17時~19時40分
場所 京都市国際交流会館 
〒606-8536 京都府京都市左京区粟田口鳥居町2-1
入場券 1,500円 二人券 2,500円
問い合わせ Dhini 080-3829-2607
メールアドレス malamindonesia2015@gmail.com

マラムインドネシア(インドネシアの夕べ)は、インドネシア人留学生によって開催される、関西地区最大の文化イベントです。
2015年インドネシアの夕べは、
テーマ「ヌサンタラ」―多様性の中の統一―
(サバン州)アチェからメラウケまで(パプア州)の5,150km、
各地の多様な文化や音楽を楽しめます。

内容
・アンクルン演奏
・クロンチョン
・ジャワの舞踊
・バリの舞踊
・スマトラの歌・演奏・踊り
・カリマンタンの舞踊
・パプアの舞踊
・シラット

【外部リンク】
PPI(関西インドネシア留学生協会 京都・滋賀支部)
京都市国際交流会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

15/07/05(日)戦後日本の音楽文化に「民族音楽」という風穴を開け、日本音楽の再発見をうながした故小泉文夫を演奏とともに振り返る コンサート企画〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ@東京藝術大学・奏楽堂

会場:東京都港区 東京藝術大学・奏楽堂

下記のお知らせが東京藝術大学のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Koizumi_33_08

〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ

 戦後日本の音楽文化に「民族音楽」という風穴を開け、日本音楽の再発見をうながした故小泉文夫(東京藝術大学元教授、1927-1983)。
 三十三回忌にあたる今年、その業績と思想を、演奏とともに振り返ります。

● 日時:  2015年7月5日(日)|13:00開場 14:00開演
 July 5 (Sun), 2015|Doors open at 1PM/The show starts at 2PM.
● 会場:  東京藝術大学奏楽堂
 Sogakudo Concert Hall, Tokyo University of the Arts
● 入場料: 1000円(高校生以下無料)
 ¥1,000 (Free for Under Highscool Students)
 チケット取り扱い:チケットぴあ(Pコード:262253|tel:0570-02-9111)nihondento
 芸大美術館ミュージアムショップ(tel:03-5685-1176)

● 全席自由  All seats are general admission.
※ 未就学児童の同伴はお断りいたします。Preschoolers are not admitted to enter.
※ 車椅子用の座席は2席ご用意しております。We have 2 wheelcair seats.

● 主催:  「〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ」音楽会実行委員会  * 1
● 協力:  東京藝術大学音楽学部
● 協賛:  一般財団法人 民主音楽協会、株式会社 大入、キングレコード株式会社、株式会社 教育芸術社、株式会社 音楽之友社
● 助成:  (公財)朝日新聞文化財団、藝大フレンズ賛助金助成事業
● 後援:  (公財)日本伝統文化振興財団
          nihondento

● プログラム  * 2  

司会:田中美登里 M.C.: TANAKA Midori

長唄 Opening; Nagauta:
味見純(唄)、味見亨(三味線)、新井康子(三味線)、中川善雄(笛)
AJIMI Jun (vocal), AJIMI Toru (shamisen), ARAI Yasuko (shamisen), NAKAGAWA Yoshio(fue)
曲名:「黎明」中内蝶二作詞 山田抄太郎作曲
program: “Reimei”, lyrics by NAKAUCHI Choji, composed by YAMADA Shotaro

南インド・ヴィーナー Veena solo music:
的場裕子(ヴィーナー)、荒井俊也(ムリダンガム)、竹原幸一(モールシン)
  MATOBA Yuko (veena), ARAI Toshiya (Mridangam), Chandhan Rangarajan (Violin), TAKEHARA Koichi (Morsing)
曲目:クリティ「シュリー マハー ガナパティ」(ラーガ:ガウラ、ターラ:ミスラ チャープ) ムットゥスワーミ・ディークシタル作曲
program: Kriti “Sri Maha Ganapati”, (Raga: Gaula, Tala: Misra capu) composed by Muttuswami Dikshitar

南インド・声楽 Carnatic vocal music:
井上貴子(声楽)、荒井俊也(ムリダンガム)、チャンダン・ランガラージャン(ヴァイオリン)、竹原幸一(モールシン)
INOUE Takako(Vocal), ARAI Toshiya (Mridangam), Chandhan Rangarajan (Violin), TAKEHARA Koichi (Morsing)
曲目:クリティ「ラーガスダー・ラサ」(ラーガ:アーンドーリカ、ターラ:アーディ) ティヤーガラージャ作詞・作曲
program: Kriti “Ragasudha rasa”, (Raga: Andolika, Tala: Adi) composd by Tyagaraja

インドネシア バリ・ガムラン Balinese Gamelan:
皆川厚一、増野亜子、城島茂樹、濱元智行
MINAGAWA Koichi, MASHINO Ako, SHIROSHIMA Shigeyuki, HAMAMOTO Tomoyuki
曲目:グンデル・ワヤン「ムラッ・ンゲロ」
program: Gender Wayang “Merak Ngelo”

モンゴル・ホーミー Mongolian Throat Singing:
B. ボルド‐エルデネ(ホーミー) Baatarjav Bold-erdene (mongolian throat singing)
ウイグル・ラワープ Uyghur Rawap:
アブドセミ・アブドラハマン(ラワープ) Abuduxikuer Abudureheman (rawap)

   —— 休憩 intermission ——

邦楽囃子 Hōgakubayashi:
望月太左衛と児童ほか
MOCHIZUKI Tazae and children (hogakubayashi)
曲目:「三番叟~五人囃子といっしょ~」望月太左衛編曲
program: "Sanbaso with Gonin-bayashi" arranged by MOCHIZUKI Tazae

尺八 Shakuhachi solo:
クリストファー遙盟
Christopher Yohmei Blasdel
曲目:琴古流尺八本曲「一二三鉢返調」
program: Kinko shakuhachi honkyoku, “Hifumi Hachigaeshi no Shirabe”

雅楽 Gagaku:
宮丸直子(三ノ鼓)、中村仁美(篳篥)、伊崎善之(高麗笛)
MIYAMARU Naoko (san-no tsuzumi), NAKAMURA Hitomi (hichiriki), IZAKI Yoshiyuki (komabue)
曲名:高麗楽「白濱」
program: Komagaku “H?hin”

インドネシア ジャワ・ガムラン Javanese Gamelan:
曲目:「小泉文夫 “頌”(小泉文夫氏三十三回忌記念曲」 サプトノ作詞・編曲
program: "PENGETAN 33 TAHUN SANG FUMIO KOIZUMI" lyrics and arranged by Saptono
サプトノ、田村史子、佐藤まり子、森重行敏、芹澤薫、村上圭子、慶野由利子、森岡真理子、木村佳代、白井眞由美、山田敦子、鴻巣香、
二藤宏美、植村幸生、風間純子、大田美郁、 植村紀子、中田一子、三浦牧子、櫻井陽、後藤弓寿、黒木泰志、佐々木翔太郎、井上恵理、遠藤和宏

●アクセス:JR上野駅公園口徒歩10分・京成上野駅徒歩15分
 東京メトロ銀座線/日比谷線上野駅徒歩15分・東京メトロ千代田線根津駅徒歩10分

● 問合わせ:東京藝術大学音楽学部 小泉文夫記念資料室
 TEL: 050-5525-2381(留守番電話の場合もあります)

*1.「〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ」音楽会実行委員会:秋山晃男、植村幸生(実行委員長、東京藝術大学音楽学部教授、同小泉文夫記念資料室長)
尾高暁子、久保仁志、小柴はるみ(事務局長)、田村史子、西田克彦、松村智郁子、山川泉
*2. プログラムは変更する場合がございます。ご了承下さい。最新情報はこのページにてご確認下さい。

【外部リンク
小泉文夫記念資料室
東京藝術大学・奏楽堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

14/11/14(金)& 11/16(日)インドネシア地方舞踊のメドレーほか ジャカルタ首都特別州観光文化局「舞・歌・奏 ~共演の夕べ~」

会場:大阪市福島区 ABCホール/東京都目黒区 めぐろパーシモンホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10612622_1505863909682722_233241966

<<<JAKARTA ART&CULTURE COLLABORATION PERFORMANCE 2014>>>

ジャカルタ首都特別州観光文化局は「ジャカルタ芸術&文化コラボレーションパフォーマンス」と題し日本の皆様にインドネシアをより知って頂くためのイベントを開催します。

インドネシアの伝統的な音楽にエスニックフュージョンやコンテンポラリーミュージックの要素を多彩に取り込んだアレンジが話題のアルタジャル・アンサンブル(ALTAJARU ENSEMBLE)の演奏、インドネシアでは異色の個性派シンガー、ウビエト(UBIET)。カヒットナ(KAHITNA)のメンバーとしての活躍も話題となったシンガー,、ヘディ・ユヌス(HEDI YUNUS)、そしてジャカルタ首都特別州舞踊団によるインドネシア地方舞踊のメドレー、この全てが一つのステージでコラボレーションするというステージを企画が日本で実現しました。舞・歌・奏、共演の夕べを皆様ぜひお楽しみください。

<公演概要>
JAKARTA ART&CULTURE COLLABORATION PERFORMANCE 2014

舞・歌・奏 ~共演の夕べ~

大阪公演
日時:2014年11月14日(金)
場所:ABCホール
〒553-8503 大阪市福島区福島1丁目1番30号
入場:無料(要予約)...
問い合わせ・申し込みTEL:06-6252-9826/06-6252-9828 
平日9:00-17:00
出演:ALTAJARU(フュージョン・アンサンブル演奏団)
   HEDY YUNUS(ポップス歌手)   
   UBIET(クロンチョン)
   ジャカルタ首都特別州舞踊団

開場:17:00
開演:18:00

東京公演
日時: 2014年11月16日(日)
場所:めぐろパーシモンホール
〒152-0023 東京都目黒区八雲1−1−1
入場:無料(予約不要)

出演:ALTAJARU(フュージョン・アンサンブル演奏団)
   HEDY YUNUS(ポップス歌手)   
   UBIET(クロンチョン)
   ジャカルタ首都特別州舞踊団

開場:19:00
開演:19:30

主催:ジャカルタ首都特別州観光文化局
後援:在邦インドネシア共和国大使館・在大阪インドネシア共和国総領事館

【外部リンク】
JAKARTA ART&CULTURE COLLABORATION PERFORMANCE 2014 Facebook
ABCホール
めぐろパーシモンホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)