展示

2010年2月19日 (金)

10/0216~02/28 熊谷 正写真展「影透光・しずく」

会場:東京・高田馬場 Gallery Bar 26日の月     

下記の写真展が開催されています。

   

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

   

20100226_takadanobaba 2月16日~28日
      高田馬場「ギャラリーバー26日の月」にて
      
      逆光の中で、ガラスのしずくは、周りの風景を封じ込めて小さな宇宙を形成する。
      お気に入りのモデルを連れてロケするように、ガラスのオブジェをポケットに入れて、
      どんな風景を封じ込めようか、逆さまに映る風景を凝視しながらスナップして歩く。
      
      Gallery Bar 26日の月
      新宿区高田馬場3-5-4 Tel 03-3361-7081
      Drink & Food 500円~+Charge 400円
      火~土曜日18:00~26:00
      日曜日18:00~24:00 月曜日定休

   

ギャラリーバー26日の月のブログより

   

月「懐かしいタイトルですね!」
      熊「エイトウコウ。造語だけどね、影と透明な光、影を透る光etc。器やオブジェなどのガラス作品を撮るのは以前からのライフワークで、2002年に月の初展示でも「影透光・ガラスの幻影」と題し展示したよね。原点帰りだなあ」
      月「今回は可愛らしいしずく形のオブジェですね」
      熊「そう、少しいびつな形と中に気泡が3つ入っているのだけど、それが写り込みや影の妙味を出していてなかなかおもしろいんだよ。いびつなものほど影がおもしろいよね。ちょっとした角度でもニュアンスが全然違ってくるし」
      月「自然光のライティングですね」
      熊「ライティングって光を当てるばかりじゃなくて影をどう作るかなんだよね。太陽は動かせないから(笑)しずくをどう置いたらいいか色々試したよ」
      月「逆さに写りこんだ風景もおもしろい」
      熊「うん凸レンズだよね。子供の頃の遊びを思い出したりしながら、ちょっと少年の心に戻って撮影したよ。実際の風景、しずくに写った風景、太陽の反射、そして影。小宇宙が広がる感じだよね。
              そしてこのしずくに風景を閉じ込める、みたいな感覚もわくわくしてね」
      月「しずくを持って撮影に行くのも楽しそう」
      熊「ははは、これも少年の遊び的だよね。写真やり続けるには常に感動やわくわくがないと。感動し
              なかったら写真撮れないしね」
      月「今回は試み的にも新しいですよね」
      熊「初めは実験的にやったんだよ。そしたら意外とおもしろくてね。単にスナップでもオブジェの写真でもない。今までやってきた表現に新しいアート的な目線が加わった感じかな」
      月「じゃあ、しずくとの旅も続きそうですねえ」
      熊「このシリーズは続けたいねえ。できれば自分でガラスのオブジェを作って一緒に撮影に行くのが夢。こういう形を作りたいという構想はあるんだよ。誰かガラス工芸の先生いませんか~?」
                 ~続きとマジメな写真論は店内で~

   

熊谷正
    http://www.stbears.com/
   

   

ギャラリーバー26日の月
http://www2.ttcn.ne.jp/~moon26/

   
  大きな地図で見る

   

|

2009年9月30日 (水)

09/10/10(土)~09/10/17(土) 約300点 インドネシア 伝統影絵芝居人形「ワヤン」の展示@滋賀県 佐川美術館

下記の展示があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091010_shiga04 インドネシア 伝統影絵芝居人形「ワヤン」の展示

開催期間:
2009年10月10日(土)~2009年10月17日(土)
会  場:佐川美術館 〒524-0102 滋賀県守山市水保町北川2891 Phone:077-585-7800Fax:077-585-7810

「吉左衞門X インドネシアン・プリミティブアート 稲葉京セレクション」開催にあわせ、10月10日(土)~17日(土)の期間、特別展示室にてインドネシアの伝統芸能で使われる人形「ワヤン」を約300点を展示いたします。
インドネシアの人々が愛するワヤンの世界観をどうぞお楽しみください。

佐川美術館
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/

詳細
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/cgi-bin/plan/detail.cgi

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

09/06/05(金)~06/28(日) バリ島のワヤン・クリッ(影絵人形芝居)人形展示「バリバリ★ワヤン!?」@沖縄

「exblog ガドガド」のホームページに下記が掲載されていました。
http://gadogado.exblog.jp/

Wayan3 バリ島のワヤン・クリッ(影絵人形芝居)の人形を中心に展示。

ワヤンの人形には美しく細かな透かし彫りや色鮮や彩色が施されており、工芸品・美術作品としての価値も見出すことができます。本展では、美術工芸品としてのワヤンに着目し、普段は目にすることのない制作道具や装飾過程のパネル展示なども含めて、バリ島の伝承文化やワヤンの魅力をご紹介します。

会 期 平成21年6月5日(金)~28日(日)
開館時間 午前9時半~午後5時 (入館は4時半まで)
毎週金曜日は午後7時まで(入館は6時半まで)

休館日 毎週月曜日
観覧料 一般・大学生200円、高校生以下無料 
※常設展料込み

Wa46

■ワヤン影絵芝居公演
期日 :6月13日(土)
時間 :午後3時30分~5時
場所 :浦添市美術館企画展示室
出演 :梅田英春(沖縄県立芸術大学准教授)他
●公演のため作品鑑賞は3時30分まで
※申し込み不要・参加無料

■バリ舞踊公演
期日 :6月20日(土)
時間 :午後2時より
場所 :浦添市美術館内講堂
主演 :軍司 愛(Tunjung Mekar主宰)
内容 :バリ舞踊とガムランの生演奏をお楽しみ
いただけます。ぜひ、ご参加ください♪
※申し込み不要・参加無料

■作品解説会
期日 :6月27日(土)
時間 :午後2時より
解説 :梅田英春(沖縄県立芸術大学准教授)
内容 :バリ島の伝承文化であるワヤンとは一体
なにか?梅田氏がわかりやすく解説します。
※申し込み不要・要観覧料
お問い合せ:098-879-3219(浦添市美術館)

詳細
http://www.city.urasoe.lg.jp/archive/8761234/art/tenji/kikaku/h21/wayan/wayan.html

浦添市美術館
〒901-2103 沖縄県浦添市仲間1丁目9番2号 
TEL (098)879-3219 FAX (098)878-1221
http://www.city.urasoe.lg.jp/archive/8761234/art/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)