« ランバンサリ+ワンダル:20/09/05(土)&06(日)ガムランコンサート@町田市立国際版画美術館 | トップページ | 20/11/19(木)&20(金)全てが初演となる、スンダ(西ジャワ)ガムラン・ドゥグンによる藤枝守作品コンサート、パラグナ・グループ「ガムラン曼荼羅〜響きの回廊へ」 »

2020年8月23日 (日)

20/08/26(水)ランバンサリ@サントリーホール 「21世紀のアヴァンギャルド音楽」探検の旅

会場:東京都港区 サントリーホール

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20200826

「2020 東京アヴァンギャルド宣言」

作曲家・ピアニストの一柳慧をプロデューサーに迎え「2020 東京アヴァンギャルド宣言」と題し、みなさまを「21世紀のアヴァンギャルド音楽」探検の旅へとご案内します。音楽の歴史を新しく変革しようとする若い創造者たちの作品に、どうぞご期待ください。

オーケストラ スペース XXI-1

8/26(水) 19:00開演(18:20開場)

会場:サントリーホール 大ホール
〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目13−1

料金

指定席 S 4,000円/A 3,000円/B 2,000円/学生 1,000円

山本和智(1975~ )『 ヴァー チャリティの 平 原 』第2部iii) 浮かびの二重螺旋木柱列

2人 のマリンビスト、ガムランアンサンブルとオーケストラのための(2018~19)

私の内なるプレイグラウンドである『ヴァーチャリティの平原』の第2部、3楽章にあたるこの作品は全楽章の中でも一際、特異な編成となった。その理由は大きく三つ。①この作品が再演はもとより初演されることなど前提とせず書かれたこと。②西洋音楽が制度化を推し進め、機能性或いは音域の拡充をそれら楽器群に求めていく中にあってもなお、マリンバを含むいくつかの打楽器には微かに「民族楽器」の香りがすることから、その二面性を「オーケストラとマリンバ」、「ガムランアンサンブルとマリンバ」によって描いてみたかったということ。③私の敬愛する二人のマリンビスト、西岡まり子、篠田浩美両氏のために作品を書き残したかったということ。 実はこの楽章に限らず『ヴァーチャリティの平原』はこれまでお世話になった演奏家達への謝辞としても書かれている。早い話が「終活」のようなものだ。 さて、ガムランアンサンブルをこうした形で扱う時、最も懸念されるべきは音律の関係性についてかと思われる。だが、同一の楽器ですら異なる極めて個性的な音律の集合体であるこのアンサンブルに調律を強いることはいささか無意味である。ここで私が理想とするのは、さながら水と油が分離した状態にあり、その油膜に反射する光が虹色に揺曳する、そのような状態である。主要動機は“Another Roaming Liquid”中盤のソロ・ヴァイオリンの音型を加工して用いた。 最後にこの奇異なタイトルについて少し述べると、運搬の際などに解体されたマリンバの鍵盤(それはしばしば巻かれるのだが)が螺旋状の木柱列に見えたということと、そのマリンバが今回二台あるというだけの話である。ただ果たして浮かばせる必要があったかは正直、分からない。我ながら妙なタイトルを付けたとも思う。 西岡まり子、篠田浩美両氏、優れたガムランアンサンブルであるランバンサリのメンバーに心からの感謝を込めて。[山本和智]3Fl(Picc / Bs-Fl)/2Ob/E-Hrn/2Cl/Bs-Cl/2Fg/C-Fg/4S a x( S/A/T/Br)-4Hrn-2P e r c(I=Crotales/Tri/Tubular Bells/Cast/2Harmonic Pipes/Chajchas/Splash Cym/Temble Blocks/Shaker/Whip/Floor Tom II=Bar Chime/Tam-Tam/3Mokushos/Crotales/Cast/Ratchet/Timp/Claves/Guiro/Kin)-Gamelan Ensemble(8Players=Saron Barung/Saron Demung/Gender/Gender/Bonang Panerus/Bonang Barung/Kenong/Kempul&Gong)-2Solo Mar-2Perc(Right Side=Tuned Cowbells/Slit Drum/Xyl/Bell Tree/Splash Cym/Caxixi/Chromatic Gongs/Waterphone Left Side=Chromatic Gongs/Slit Drum/Xyl/Tri/3Temple Blocks/Tuned Cowbells/Bar Chime/Bamboo Chimes/Suspended Cym)-Strings(Right Side=6-6-4-4-3 Left Side=6-6-4-4-3)◉高橋悠治(1938~ )

【外部リンク】
ランバンサリ
2020 東京アヴァンギャルド宣言 オーケストラ スペース XXI-1
サントリーホール

 

|

« ランバンサリ+ワンダル:20/09/05(土)&06(日)ガムランコンサート@町田市立国際版画美術館 | トップページ | 20/11/19(木)&20(金)全てが初演となる、スンダ(西ジャワ)ガムラン・ドゥグンによる藤枝守作品コンサート、パラグナ・グループ「ガムラン曼荼羅〜響きの回廊へ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランバンサリ+ワンダル:20/09/05(土)&06(日)ガムランコンサート@町田市立国際版画美術館 | トップページ | 20/11/19(木)&20(金)全てが初演となる、スンダ(西ジャワ)ガムラン・ドゥグンによる藤枝守作品コンサート、パラグナ・グループ「ガムラン曼荼羅〜響きの回廊へ」 »