« 2019年6月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年7月23日 (火)

19/07/23(火)ジャワガムランとワヤン×滋養的レトロ楽団『ポッポ~ず♪』@京都 拾得

会場:京都府上京区 coffe house拾得(じっとく)

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

190723_n

ジャワガムランとワヤン×
滋養的レトロ楽団『ポッポ~ず♪』

7月23日(火)18:30~
【Coffee House拾得】
京都市上京区大宮通下立売下る
075-841-1691
¥1500 
出演:ポッポ~ず♪
   曼象(ギターソロ)
ハナジョス

曼象、ポッポ~ず♪おのお二組と二回目のライブ。ギター弾き語り(叫び)、沁みるレトロな歌に笑い、そしてジャワガムランとワヤン、全然違う3組ですが、楽屋は大盛り上がり、念願の二度目のライブが実現しました。ぜひお越しください。

 

 

 

【外部リンク】
滋養的レトロ楽団『ポッポ~ず♪』
ハナジョス
coffe house拾得

 

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

19/08/12(振休)おもてなしのひとときのシェア:コーヒーとお茶:インドネシアの夕べ 2019@京都

会場:京都府京都市左京区 京都市国際交流会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

190812_01

インドネシアの夕べ Malam Indonesia 2019

日時 2019年8月12日(月・振休) 
バザー 12時~17時
カルチャーショー 17時~19時
場所 京都市国際交流会館 〒606-8536 京都府京都市左京区粟田口鳥居町2-1
入場券 カルチャーショー 1,000円 バザーは無料

マラム インドネシア(インドネシアの夕べ)は、インドネシア人留学生によって開催される、関西地区最大の文化イベントです。
2019年インドネシアの夕べは、

「おもてなしのひとときのシェア:コーヒーとお茶
~インドネシアと日本文化の類似性~」

インドネシア各地からの留学生の演じる、多様な文化や音楽を楽しめます。
インドネシアからポップスのSyn. Chordiaが来られます。
日本のジャワ・バリ舞踊の専門家もご出演されます。

内容
アンクルン演奏 Rasa sayang他
各地の踊り サマン(アチェ)、ゴレック(ジャワ)、ペンデット及びチョンドンプリアタン(バリ)
Syn. Chordia 歌とギター
ファッションショー
舞踊劇等

☆コーヒーの試飲、ジャワ更紗の実演が行われます。

【外部リンク】
チケット予約
京都市国際交流会館

 

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

19/07/28(日)境内に灯された千本近くのろうそくの前で、夏の夜のひと時、優美な舞踊と日本語による影絵芝居。百観音献灯会 〜ジャワ舞踊と影絵芝居ワヤン〜

会場:東京都中野区 百観音明治寺


下記の公演のお知らせが掲載されていました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


190728_01_o 190728_02_o


百観音献灯会(けんとうえ)
日時:7月28日(日)
18:00~18:30 法要
18:30~19:00 ガムラン演奏と舞踊「ゴレ・ランバンサリ」
19:00~20:00 野外映画上映会
20:00~20:30 ワヤン・クリ(影絵芝居)「新・桃太郎」


会場:百観音明治寺(西武新宿線沼袋駅下車・徒歩5分)
   中野区沼袋2-28-20
お灯明:500円
演奏 gamelan:ランバンサリ Lambangsari
舞踊 penari: 小島 夕季 (夕季小島) Yuki Kojima
ダラン dalang:折田美木 Miki Orita


今年も献灯会の季節がやってきました。このところ雨が多くお天気が心配ですが、雨天決行です。大人も子供も楽しめるプログラムとなっています。お時間がありましたら、ぜひ足をお運び下さい。


 


(百観音明治寺ホームページより)


百観音献灯会ってどんな催し?


 


Pim0002


沼袋に百観音明治寺というお寺があって、境内には石仏の観音様が約180体いらっしゃいます。この日はみんなでそこにお灯明をお供えします。さすがに千個くらいの灯りがともると、境内は一面光の海のようで、「わぁー、きれいだなー」という感じです。景色を眺めて、「私があげた火はどれかな」なんて言って、誰もが参加できる情緒ゆたかな行事です。


 


どんな趣旨なの?


Pim0004


「世界中の子どもたちが飢えや貧しさや、戦争の恐怖にさらされることなく、どうか幸せになりますように…。」と、みんなで祈ることが趣旨です。残念だけど、いまだに飢えや病気や恐怖の中で生きなければならない子どもが、後を絶ちません。せめて年に一度はこのことを思い出して、灯明を500円で買っていただき、浄財をユニセフ協会に寄付したいので、よろしくお願いします。


Pim0005


 


【外部リンク】
ランバンサリ
百観音献灯会
百観音明治寺


 


大きな地図で見る

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

19/08/03(土)&04(日)バリ舞踊@能楽殿、舞踊家・演奏家がバリ島からも来日、国内有数の踊り手&演奏者が一堂に!第18回 阿佐ヶ谷バリ​舞踊祭​「しじまを揺らす鼓動」

会場:東京都杉並区 阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

190630_01

The 18th ASAGAYA Bali Dance Festival
第18回 阿佐ヶ谷バリ​舞踊祭
​「しじまを揺らす鼓動」

川端通り商店街 すずらん商店街 一番街商店街
日時:2019年8月3日(土)/4日(日)
両日17時開演(16時開場)
会場◎阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿
東京都杉並区阿佐谷北1-25-5
JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分
入場無料
雨天決行(荒天中止)
インドネシア・バリ島芸能の祭典「阿佐ヶ谷バリ舞踊祭」は第18回を迎えます。今年はバリ島から来日し、参加する舞踊家をはじめ、国内有数の踊り手&演奏者が一堂に会します。神聖な空間で行われるバリ芸能の奉納イベントをお楽しみください。

阿佐ヶ谷バリ舞踊祭について
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭は、阿佐ヶ谷神明宮境内でのインドネシア・バリ島の舞踊や音楽の奉納上演をメインに2002年からスタートしたお祭りです。
地元の名物恒例行事「阿佐谷七夕まつり」と同じ時期に行われ、バリ島の芸能を、ワクワクした空気とともに楽しんでいただけるような、そんな催しになれたら、という思いで企画しました。
毎年、バリの古典舞踊やめったに観ることのできない地域の芸能から、近年創作された最新のバリを伝える踊りまで、多くの日本の舞踊家・演奏家を中心にバリ島の舞踊家・演奏家も交えて阿佐ヶ谷の地に集結し、バリ芸能の縦横に広がる世界を披露。会場となる神社・阿佐ヶ谷神明宮の神聖な気配と相まって、バリ島のお祭りの芸能そのままの濃密な雰囲気を、きっと味わっていただけることでしょう。
バリ気分満点の、真夏一夜の物語をたっぷりとお楽しみください。
また、インドネシアのビールや飲み物、軽食を販売する屋台も出店し、楽しさ満載の阿佐ヶ谷バリ舞踊祭。みなさまのご来場を心よりお持ちしています。

8月3日(土)17時開演(16時開場)
■ 第1部・17時スタート ■
1. ルジャン・レンテン Rejang Renteng
舞踊:Puspa Ratna(プスパ・ラトナ)
プニダ島に伝わる成人女性による奉納舞。1999年バリ州文化省のプロジェクトで複製され、その後、バリ島内の各地の祭礼で踊られるようになりました。


2 ラントヨ Rantaya
舞踊:針生すぐり
演奏:ジャワガムラングループ Kartika(カルティカ)
中部ジャワ、ソロの宮廷にて王家、貴族の子女の心身の鍛錬の為に踊り継がれてきた優雅で長大な舞踊のエッセンスを凝縮、ゆったりと静かな動きをジャワガムランと共にお楽しみいただければと思います。


3 トペン・ニッコー Topeng Nikko
舞踊:Nataraja Bali(ナタラジャ・バリ)/芳野未央 安嶋圭子 A.A.Gde Iswara Akihiro Mandera
コミカルな仮面舞踊。2月急逝した作者イ・ニョマン・ブディアルタ氏を悼んで。

休憩

■ 第2部・18時00分スタート ■
4 スカル・ジュンピリン Sekar Jempiring
舞踊:Naga Jepang(ナーガ・ジュパン)/新海瑠衣 鈴木ちよこ 高橋恵美子 中谷リナ 萩原香織
バリの州都デンパサールの花、ジュンピリン……日本でいうクチナシの花をモチーフにした踊りです。花の香りが漂う様子、花弁の開いていく様子などを舞によって表現しました。

5 タルナ・ガンドゥルン Teruna Gandrung
舞踊:荒内琴江 内藤えりか
勝利した青年の舞タルナジャヤを基に、儀礼舞踊ジョゲピンギタンからインスピレーションを受け、プリアタン村の作曲家ガンドラ氏が亡くなる直前に作られたという作品です。

6 創作器楽曲「グリーン・グリーン2019」
 Green Green 2019
創作&演奏:DARMA☆KANTI(ダルマ☆カンティ)
風神の子ハヌマンが、風に乗って神明宮にやってくる。竹の爽やかな音色とともに…。2011年に創作した曲を、阿佐バリ向けにアレンジしてお届けします。

​7 創作音楽舞踊「おひさまをほしがったハヌマン」 HANUMAN ASYIK dgn MATAHARI
創作&出演:DARMA☆KANTI
舞踊:大西由希子 尾形布美子 関谷亮子 西川しのぶ 三浦智江 村上祐子
演奏:足立真里子 岡部景子 忽那亜弥 木暮史子 小原眞巳 田仲文 根岸久美子 新留美哉子 藤田栄子 渡邉暢子 皆川厚一
ある日、まだやんちゃ盛りの子猿ハヌマンは、丸くきらめくおひさまに出会います。掴まえようとするハヌマンと、必死に逃げるおひさま。その様子を見たインドラ神は……。

休憩

■ 第3部・19時00分スタート  ■

8 バリス・トゥンガル Baris Tunggal
舞踊:小原昊
演奏:Sekar Djepun(スカル・ジュプン)/瀬戸宏 秋山由美子 足立真里子 上田治 大久保牧子 岡部景子 加藤公敏 木下浩司 佐々木典子 田仲文 塚原環 塚原尚 西尾幸絵 平山麻実 船越裕美 船越博行 堀川弥生 吉田有紀 渡辺咲子 渡邉暢子 皆川厚一
勇敢な戦士が力強く前進する様子を表した踊り。男性舞踊の代表的な演目であり、男の子は最初にこの曲を習い、踊りの基礎を身に付けると言います。

9 レゴン・ラッサム Legong Lasem
舞踊:Satria Seni Classic(サトリア・スニ・クラシック)/石塚心菜 大塚心結 桑原杏菜 林美智子
演奏:Sekar Djepun
森で見染めたランケサリ姫を城に連れ帰り求婚するラッサム王。姫には許嫁がおり想いが叶わないと知り怒りに燃える。遂に聖鳥ガルーダの制止も振り切り姫の兄の国に戦を仕掛けるのであった。

10 マヌック・ラワ Manuk Rawa
舞踊:Prana(プラナ)/乾真梨子 大野里美 尾川千明
演奏:Sekar Djepun水鳥たちが餌を食べたり毛繕いをしながら、一緒に楽しく戯れている様子を描いた作品です。今どんな仕草をしているのかを、ぜひ想像しながらご覧ください!

8月4日(日)17時開演(16時開場)
■ 第1部・17時スタート ■

1 パニャンブラマ Panyembrama
2 ギラ・タバナン Gilak Tabanan
3 マルガパティ Margapati
舞踊:森下千裕 藤井温美
演奏:秋山由美子 小野祥拓 鴨川純佳 菊池和泉 太刀川雅人 津高由有 中嶋理香子 長谷川晃子 原田織子 藤井温美 光田佳歩 森下千裕 吉次香菜子

SANGGAR AMANGUN SMARAは今年新しく結成した20代の若手グループです。「人々から芸術を愛する(SMARA)心を目覚めさせる(AMANGUN)」サンガルになるよう願いを込め、I Wayan Sutirtha氏により命名されました。私たちは踊りとガムランの呼吸が一体となるような舞台を目指して練習をしています。今回は、はじめて踊りやガムランに挑戦する人からバリに留学経験のある人まで、みんなで4曲を創り上げます。

休憩

■ 第2部・18時00分スタート ■

​4 ペンデット Pendet
舞踊:尾﨑元子 深﨑彩恵子
歓迎と祝福の踊り。祭礼の幕開けに場を清める意味を込めて踊られます。ウブド、プリアタン村のスタイル。

5 タリ・ププタン Tari Puputan
舞踊:Stana Art(スタナ・アート)/奥村愛 川崎麻愛 草野晴香 安田冴
19世紀、オランダ軍の支配に最後まで抵抗した王族の勇敢な踊り。「puput」とはバリ語で玉砕を意味し、楽園の島バリのイメージと一味違った勇敢ではかない表現が魅力です。作はI Ketut Rena。

6 ヌラヤン Nelayan
舞踊:狩野南 小林純子 松田由紀子 若林めぐみ A.A.Gde Iswara Akihiro Mandera
海で漁をする様子を描いた踊り。漁師役の男性と、それをかいがいしく手伝う女性たちが共に網を引いて船を漕ぎ、餌を撒いたり魚を獲ったりします。蟹に指を挟まれて怪我をするなど、ユーモラスなシーンも見もの。

休憩

■ 第3部・18時50分スタート  ■

7 レゴン プングレブ Legong Pengeleb
舞踊:井上あきみ 佐味千珠子 富澤香寿美 根津聖羅
20世紀初頭に創作されその後廃れたものがマデ・クランチャ氏らの手によって新たに蘇った貴重なレゴン。バリ北部シンガラジャ地方の特色であるダイナミックな力強さが見事に表現されています。

8 トペン・トゥア〜トペン・ダラム
Topeng Tua ~ Topeng Dalem
舞踊:松重貢一郎
男性の仮面舞踊。今回はトゥア(老人)とダラム(高貴な者、王)といった2つのキャラクターを、ひとりの踊り手が演じ分けます。

9 ウィラ・ルバノ Pria Gurnita Wira Rebana
舞踊:Bali Kencana(バリ・クンチャナ)/小原妙子 佐々木みゆき 林田圭緯子 深石弘美 細金久美 松田あゆみ 森島明子
ルバノはアラブ由来の片面太鼓。シラット拳法など、西ジャワの要素を盛り込み1980年代に創作されたユーモラスな大人気娯楽作品。植民地時代のオランダ兵たちの様子をバリ人の目で面白おかしく取材した男性舞踊です。

[主催]阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員会
[後援]インドネシア共和国大使館 杉並区
[協力]阿佐ヶ谷神明宮 交友会商店街 親交会商店街 商和会商店街 スターロード 新進会商店街 進交会商店街 パールセンター 

 

【外部リンク】
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 公式ページ
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 実行委員長ブログ「戦場の旗手」 
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 Facebookページ 
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 Twitterアカウント @asagayabali

 

 

 

|

« 2019年6月 | トップページ | 2020年1月 »