« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月15日 (木)

18/11/18(日)ジャワガムラン、そして躍動する舞踊のハーモニー。百花繚乱~ジャワ島の音楽と舞踊

会場:東京都北区:北とぴあ

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

38072044_1670938189670241_462526816

百花繚乱~ジャワ島の音楽と舞踊

ジャワガムラン、そして躍動する舞踊のハーモニー。
南国の香りを皆様にお届けいたします。
ジャワ島スラカルタ、マンクヌガラン王宮の煌びやかな舞踊、そしてバニュマス地方のパワフルな伝統舞踊レンゲルが繰り広げる、インドネシア舞踊の世界そしてガムラン音楽をお楽しみ下さい。

日時:11月18日(日)開演16:00(開場15:30)
会場:北とぴあ つつじホール
​〒114-8503 東京都 北区王子1-11-1
(最寄駅:JR王子駅)

演奏:ガムラングループ・ランバンサリ
舞踊:
ダルヨノ・ダルモルジョノ(ジャワから招聘)
リアント
ラングンブクソ・さくら(岡戸香里、川島未耒、小島夕季、根津亜矢子、濱田真美、針生すぐり、増井美佳)
クプラ演奏:飯島かほる

プログラム
①古典曲 ラドラン・ウィルジェン
②舞踊 ブドヨ・ブダマディウン:マンクヌガラン王宮様式の神聖な女性舞踊
③現代曲 コーニッシュ・ランチャラン : ルー・ハリソン作品 ガムランとサックスのセッション
④舞踊 クロノ・トペン:マンクヌガラン王宮様式の男性仮面舞踊
​③舞踊 レンゲル・エリンエリン:バニュマス地方の竹楽器チャルン演奏と舞踊

席種・チケット料金
①全席自由3,800円
②北区民割…1割引 3,420円 (北とぴあ窓口のみ)
③小・中学生(前売、当日共)2,000円
④当日券 …4,000円

お問い合わせ…メールアドレス jawasakura@gmail.com ​
電話番号:09044532555(デワンダル・ダンスカンパニー)

チケットご予約(8/4より):メールアドレス jawasakura@gmail.com
電話番号:08020088494

【外部リンク】
公演サイト
ラングンブクソ・さくら
北とぴあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

18/12/07(金)津村禮次郎、小谷野哲郎ほか 能楽×インドネシア芸能 プルサダサンタ~人喰い王プルサダの回心~

会場:東京都中野区 梅若能楽学院会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

181207_01

181207_02

能楽×インドネシア芸能 コラボレーションプロジェクト2018

プルサダサンタ~人喰い王プルサダの回心~Bhinneka Tunggal Ika~
公演日時:2018年12月7日(金)
   開演19:15(開場18:45 *ロビー開場18:30)
会場:梅若能楽学院会館
東京都中野区東中野2丁目6−14

チケット料金:前売り券 S席(指定席)7,000円、A席(指定席)6,000円、学生席(桟敷・指定席)4,000円 当日券 S席7,500円、A席6,500円、学生席4,500円

<チケット予約>
WEB予約  https://www.confetti-web.com/persadasanta

電話予約 カンフェティチケットセンター
     0120-240-540(受付時間 平日10:00?18:00)
公演に関するお問い合わせ: jukungmusic@gmail.com

人々から慕われていた王プルサダは、飢饉に瀕した王国のため瞑想し、シヴァ神の憤怒相であるルドラ神の加護を得て国を救う。
喜んだ民はプルサダの元に次々に貢物を届けるが、その中に人の血の入った食べ物が混ざっていた。
それを口にしてから人の味が忘れられなくなったプルサダはついに人喰い王になってしまう。
インドネシア独立憲章である「パンチャシラ」にも書かれている言葉"Bhinneka Tunggal Ika"は「多様性の統一」と訳されることが多く、
多民族国家インドネシアが国家として統一される基礎となる。
今回の物語の中では、人喰い王となり次々に隣国を襲い続けるプルサダの元に、如来の化身であるスタソーマが現れる。
戦場で相見えた時に"Bhinneka Tunggal Ika Tan Hana Darma Mangrwa(姿形は違えども、その真理はひとつである)"の大音声が天上から響き渡り、
これによりプルサダは元の姿を取り戻す。このことで如来とシヴァ神は同体であること、つまり仏教とヒンドゥー教は表向きは違っても、
実は目指すところはひとつであることが明らかになり、この世に平安がもたらされる。

出演: 
津村禮次郎 [能楽師・シテ方観世流]
ディディ・ニニ・トウォ[ジャワ舞踊家]
セカール(ニ・ワヤン・セカリアニ)[バリ舞踊家]
小谷野哲郎 [バリ舞踊家]
上田尚弘 [ダンサー]

演奏: 
チェラケン楽団[バリガムラン]
ディレクター:スバンディ(イ・マデ・スバンディ)
ミュージシャン:エモン(プトゥ・エマン・サブディ・スバンディ)
バユ(イ・マデ・バユ・プセル・ブミ)
ディーヴォ(イ・マデ・ングラ・ディーヴォ・センタナ)
安福光雄 [能楽師・大鼓方高安流]
主催:ジュクン・ミュージック
助成:一般社団法人東京倶楽部
協賛:H.I.S.バリ支店/ガルーダ・インドネシア航空会社

津村 禮次郎(能楽師)
1942年生まれ。シテ方観世流の能楽師。二松學舍大学文学部特任教授。観世流緑泉会代表、重要無形文化財「能楽」保持者(総合認定)、福岡県出身。

小谷野哲郎(バリ仮面舞踊家、役者)
1970年東京生まれ。現在岡山県勝山在住。
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バリの仮面やガムラン音楽、影絵を駆使しながらも、バリの枠にとらわれずに国内外で様々なジャンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。
役者としてもコンテンポラリーの舞台などで活躍。近年では岩手県遠野市の早池峯神楽の舞手としても活動している。
バリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」、影絵ユニット「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」主宰。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表。

【外部リンク】
ディディ・ニニ・トウォ
小谷野哲郎
梅若能楽学院会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

18/11/10(土)川村亘平斎×岩本象一 ガムラン音楽と影絵の世界をあそぶ

会場:岡山県岡山市北区 蔭凉寺

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20181110_00

20181110_01

20181110_02

ガムラン音楽と影絵の世界をあそぶ

日時
・2018/11/10(土)19:00開演 18:00開場

会場
蔭凉寺
〒700-0836 岡山県岡山市北区中央町10−28
電話: 086-223-5853

出演
・川村亘平斎
・岩本象一

【外部リンク】
川村亘平斎
岩本象一
蔭凉寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

18/11/04(日)悠久の時をかけるガムラン、ピアノ、歌 アコースティックの音楽と料理のコラボ「時をかける音楽会」

会場:三重県松阪市 カルティベイト

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Dral6hguwae7jep

ピアノ、ガムラン、うたによる音楽会

2018年11月4日(日)
開場18時 / 開演18時30分

悠久の時をかけるガムラン、ピアノ、歌というアコースティックの音楽と料理のコラボレーション企画

今回は「時をかける」をテーマに、悠久の時を駆け巡るガムランの響とピアノという編成のアコースティック Duo ナリモとカルティベイト4回目となる江南泰佐の2組が登場。
ジャワ語で「受け入れる」という意味を持つナリモ(narimo)によるインドネシアのガムランとピアノという異なる音律の2つの楽器から繰り広げられる音楽。そして他にあまりいない和声感覚とタイム感を特徴とするピアノ演奏が特徴の江南泰佐。
この2組による演奏とレストラン カルティベイトの時をかける料理の競演という全身をゆだねたくなる音楽会。
関西からも日帰りで可能な時間設定でもあります。
日暮れからじっくりと堪能していただければ幸いです。

出演アーティスト:江南泰佐(piano) ナリモ (西田有里gamelan.vocal+岩井美佳piano)

料金:4,500円(ライブ代+ディナー代込み
予約:レストラン カルティベイト 

Tel:0598-31-2088  mail:hello@cultivate.jp

会場
Restaurant Cultivate(レストラン カルティベイト)
三重県松阪市嬉野下之庄町1688−5

悠久の時をかけるガムラン、ピアノ、歌というアコースティックの音楽と料理のコラボレーション企画

ナリモでライブは久しぶり。江南泰佐さんと三重県松坂のカルティベイトにて!たのしみー

ナリモ
岩井美佳(ピアノ)、西田有里(ガムラン・歌)によるユニット。 narimoとはジャワ語で「受け入れる」という意味。ピアノと インドネシアのガムランという異なる音律の二つの楽器から 生まれる、ぶつかる音、融け合う音、すべてそのまま受け 入れて独自の音世界を紡ぎ出す。

【外部リンク】
公演Facebook
ナリモ
江南泰佐
松坂カルティベイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/11/04(日)東京音楽大学ジャワガムランクラブ芸術祭コンサート ガムランと舞踊

会場:東京都豊島区 東京音楽大学

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dqvnmopvaaebwxr

東京音楽大学ジャワガムランクラブ
芸術祭コンサート 
ガムランと舞踊

会場

・東京音楽大学 A館地下100教室
 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3丁目4−5

時間
 14:30会場
 15:00開演

入場無料

出演
・東京音楽大学ガムラン演奏実技履修生
・東京音楽大学ジャワガムランクラブ

プログラム
・遊び歌
 ・クンダンガン
・ジャワ女性舞踊
 ・ボンダン
  他

【外部リンク】
東京音楽大学ジャワガムランクラブ
東京音楽大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »