« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月19日 (水)

18/09/29(土)昨年単独公演として好評を博した『屋上熱帯庭園』を町のお祭りスタイルで再演。@星空ビアテラス 2018

会場:神奈川県川崎市高津区 スタイリオ梶が谷

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『屋上熱帯庭園』@星空ビアテラス 2018

主催者: 梶が谷ワクワクプロジェクト

会場:スタイリオ梶が谷
神奈川県川崎市高津区末長1丁目9−1

少し涼しくなってくる9月最後の週末に『スタイリオ梶ヶ谷』の屋上で、毎年恒例となってまいりました『梶ヶ谷星空ビアテラス』を開催いたします。

高津区内の良質なブルワリー『ブリマー・ブルーイング』で職人ブリマー・スコット氏がこだわり抜いて醸造するクラフトビールの味わいを夜風とともに楽しむビアテラスです。

地元で醸造された美味しいビールを手に交流を深めるお祭りです。
ワイワイしたビアガーデンも楽しいものですが、丁寧につくられたビールの複雑な香りや味わいをじっくり楽しむビアテラスもあっていいのでは?そんな想いから始まったビアテラス。

地元飲食店の料理、在住アーティストの音楽、映像などと共にお楽しみください。
今年は、地元の美味しいコーヒー屋さん2店が1日ずつ出店いたします。
それから、今年オープンしたどら焼き屋さんも。

29日は、昨年単独公演として好評を博した『屋上熱帯庭園』を町のお祭りスタイルで再演。また、溝の口より素晴らしいDJのお二人も、お迎えします。

30日は、地元のDJの皆さんによる心地よいグッドミュージックとビールのシンプルな時間をお届けいたします。
お子様連れのご家族も歓迎します。

ビール片手にリラックスして気持ちよい時間を過ごしましょう。

ビアテラス初日の目玉は、『屋上熱帯庭園』

昨年単独公演として大好評だった『屋上熱帯庭園』を町のお祭りスタイルで再演。

地元在住の素晴らしいガムラン奏者 " 櫻田 素子 (Motoko Sakurada)"さん率いる"Terang Bulan"とバリ舞踊 " 荒内 琴江 (Kotoe Arauchi)さん、 Chizuko Koizumiさん"。バリの映像を使ったVJ 春日 聡 (Akira Kasuga) さん、京都在住タイムペインティングの 仙石 彬人 (Akito Sengoku)さんによる世にも美しいセッションです。

また、DJ YAMA a.k.a SAHIB 山口 司 (Tsukasa Yamaguchi)さん、MAJESTIC WOMAN 中村 祐子 (Yuko Nakamura)さんの夜空に響く選曲もお楽しみに!

ご予約なし、入場料1,000円(20歳以上 ※20歳未満の方は無料!)のみでご覧になれます。
全てのアーティストが揃ったショーは日没時間の17:30以降になりますが、昼の間もガムランの演奏は行ないます。

・日程 2018年9月29 (土) 30 (日)

・29日 OPEN 13:00 / CLOSE 21:00
 30日 OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

・入場料金
 29日 大人(20歳以上) 1,000円
 30日 大人(20歳以上) 500円

・BEER /
 ブリマーブルーイング

・FOOD /
 TETO-TEO 溝の口
 バル・カリヨン

・SWEETS /
 どらやき 米倉商店

・COFFEE /
 29日 シラハト商店 
 30日 二坪喫茶アベコーヒー

【29日土曜日】

・屋上熱帯庭園 (ガムラン×映像)

Terang Bulan -トゥラン・ブーラン-(ガムラン) × 仙石彬人 仙石彬人 AKITO SENGOKU (タイムペインティング) × 春日 聡 Kasuga Akira (VJ BALI-BALI)

・GUEST DJ
 DJ YAMA a.k.a SAHIB / Majestic Woman

【30日日曜日】

・DJs
 MANABU INOUE (DAYJAM主宰) / YAMAN a.k.a RYO / No.24-のぶし- and more...

・主催 * “梶が谷ワクワクプロジェクト”

・協賛 * 東急の賃貸住宅『スタイリオ梶が谷』 / N-ASSET

・協力 * 梶が谷駅前通り振興会

【外部リンク】
梶ヶ谷 星空ビアテラス 2018
Terang Bulan
荒内 琴江
Chizuko Koizumi
スタイリオ梶が谷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

18/09/28(金)伝承者と日本人舞踊家による、人間国宝級バリ伝統舞踊家イダ・バグース・ブランシンガ氏メモリアルバリ舞踊・ガムラン演奏公演@原宿

会場:東京都渋谷区 原宿スペース

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Chirashi

2018年9月28日(金)
日本インドネシア国交樹立60周年を記念して
イダ・バグース・ブランシンガ氏メモリアルイベント
バリ舞踊公演・ワークショップ & Bali Art, Photography 展
Kaya akan sahabat
カヤ・アカン・サハバット
リッチ・オブ・フレンドシップ
~友情を育むことは、人生を豊にする~

【日時】
2018年9月28日(金)
17:30開場/18:00開演

【ところ】
原宿スペース
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目9−12

出演
バリ舞踊:芳野未央・富沢香寿美・林宏子・大西由希子・田中 千晶・芝先けい・狩野尾洋美
ガムラン演奏:Bali Gamelan Club(鳥居誠・Putu Colax)

参加申込・問合せ
gusajiblangsinga@gmail.com

【外部リンク】
バリガムランクラブ
原宿スペース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

18/09/26(水)ゲストwaki、おいしい電子音とガムランのコラボレーション。プンドポの夕べ@京都府

会場:京都府京都市上京区 金一志韓国伝統芸術院

下記の公演のお知らせがスカル グンディスのアカウントでツイートされていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
001

9月26日(水)
はプンドポの夕べです!
20:00 START !! (19:30 open)   1500 yen
ゲストはwakiさんです。おいしい電子音とガムランのコラボレーション。
ぜひお立会いください!

金一志韓国伝統芸術院
京都府京都市上京区梶井町448−17
電話: 075-741-6156

002

SEKAR GENDIS
スカル グンディス
京都を拠点に即興から音楽を作るガムラングループ 。2014年にやぶくみこを中心に活動を開始。

ジャワガムランの持つ豊かな音色と楽器の持つ柔軟性を生かして、即興と作曲を軸とする音楽活動を展開。「待つ、ひらく、尊重する」をヒントに即興音楽を立ち上げ、新たなガムラン音楽と共同作曲の可能性を提示している。
さまざまなゲストと共につくるコンサート’プンドポの夕べ’を定期開催。

003

やぶ くみこ Kumiko Yabu
音楽家/作曲家。1982年岸和田生まれ。京都在住。
2010年ヨーク大学大学院修了(コミュニティミュージック)。ジャワガムランや様々な楽器を用いて、楽器の本来持つ響きや音色、演奏する空間を生かした作品を提示。ワークショップ参加者と共同で作曲した「きく、つかむ、はなつ」(2016)、箏とグンデル二重奏曲「ひとつのくちとみっつのみみ」(2016)他を発表。モモンガ・コンプレックスや世田谷シルクなど、舞台芸術の音楽も手がける。京都にて即興から音楽を作るガムラングループ ”スカルグンディス”主宰。ジャワガムランの持つ豊かな音色と楽器の持つ柔軟性を生かして、即興と作曲を軸とする音楽活動を展開。「待つ、ひらく、尊重する」をヒントに即興音楽を立ち上げ、新たなガムラン音楽と共同作曲の可能性を模索する。2018年はマルセイユの国立演劇学校にて講師、城崎国際アートセンターにて即興と作曲のワークショップを定期開催。

waki
電子音楽家。ロシアのソフト、SunVoxを使って作曲したり教室を開いたりしています。91年moodman主宰のdub restaurantコンピに参加、01年ドイツtraumからCDアルバム発表、14年米further recordsからカセットアルバム発表など。Easy+ Niceレーベル主宰。

【外部リンク】
・スカル グンディス
 (ジャワガムラン・京都府・やぶくみこ主宰)」 (公式サイト)(ツイッター
・waki(公式サイト)(ツイッター
金一志韓国伝統芸術院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

18/09/22(土)京都の町家空間を活かした催し。インドネシアのワヤン・ガムランライブ@堺町画廊

会場:京都府京都市中京区 堺町画廊

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Rimg03881

E1adfd73dafb67d7f4f1c60faf3d7d7e

インドネシア・ジャワの影絵芝居、人形劇、ガムラン演奏
9月22日(土)18:00~20:30

「インドネシア伝統芸能団ハナジョス」 による人形劇と影絵芝居の上演です。堺町画廊にあるバナナの幹を使って本格的なジャワの舞台を再現。

人形劇
①トラとやんちゃなシカ、カンチル
小さく弱いけれど知恵を使って生き抜く豆シカカンチルの物語。
カンチルが森で腹を空かせたトラに見つかってしまいました。さあ、どうするカンチル?

影絵芝居
②鬼アリンボの昇天
勇者ビモに恋をした鬼娘アリンビの兄アリンボは、
ビモと妹アリンビの結婚を許さない。自分たちの父を殺したのが他でもないビモの父であるからだ。
しかし敵を愛する妹の決意は固く、アリンボは自らの命をかけてその長き因縁を断ち切ろうとする。

前半40分、休憩10~15分、後半40分 

参加費:予約2,000円 当日2,500円
予約はメールかお電話で
information@sakaimachi-garow.com
075-213-3636

【外部リンク】
HANA★JOSS
堺町画廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

18/09/17(月祝)クルタクルティ ジャワのワヤンクリ「ブロトセノの誕生」@彩りの島々インドネシア@あーすぷらざ

会場:神奈川県横浜市栄区 あーすぷらざ

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kluthak_l_1350_20180917earthchira_2

Kluthak_l_1350_20180917earthchira_3

クルタクルティ ジャワのワヤンクリ@
彩りの島々インドネシア あーすぷらざ

会場:あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)
〒247-0007 神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
TEL:045-896-2121(代表)

今年は日本とインドネシアの国交樹立60周年ということで、各所でイベントが予定されています。

神奈川県のあーすぷらざでも「彩りの島々インドネシア」という企画展が開催されます。
開催期間は7/14(土)~9/24(月祝)。

期間中ずっと3階の企画展示室で、~魅せる染織と人々の暮らし~として、染織作家である渡辺万知子さんのコレクション約120点の布類の展示とギャラリートーク(8/25)があります。島毎に特徴ある染織物が展示されていて圧巻です。バティックや織物にはワヤンの図柄のものもあります。たとえばジョクジャのバティックに描かれているクレスノやナロド、インドの布に描かれているラーヴァナ(このインドの布はとて貴重なもので完全な形で残っている物はほとんど存在しないと渡辺さんの言。今回特別に展示するようです)。
クルタクルティもジャワのワヤン人形の展示に協力しています、またバリのワヤン人形も展示されますが、偶然にもラーヴァナは私たちが持っていったワヤン人形の中にいましたし、クレスノはバリの人形の中にいるようです。見比べてみてはいかがでしょう。

この企画展の中で、クルタクルティは9/17(月祝)にジャワのワヤンクリを上演します。17:00-18:30、2階のプラザホールにて。申込不要、入場無料、定員150名です。

ほかにも「バリ舞踊の世界観とヒンドゥー教」という興味をそそられるトークイベントや、バリのワヤン上演、バリ舞踊、ケチャ体験、バリ雑貨作りワークショップ、ろうけつ染め体験ワークショップなど盛りだくさんです。詳細はチラシ、あーすぷらざのHPなどを御覧ください。

【外部リンク】
クルタクルティ
あーすぷらざ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

18/9/10(月)発売 大人も子供夢中になる、光と影のエンターテイメント 壁絵芝居は夜キャンプの新潮流 小学館「BE-PAL」by川村亘平斎

掲載誌:小学館 アウトドア雑誌「BE-PAL」10月号

下記の記事のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dmtzzqgvsaazyhrjpg_large

アウトドア雑誌 BE-PAL @be_pal_official 10月号。キャンプで影絵をやってみる、という企画で色々作りました。サイトから試し読み&購読できるようです。来年はこういうライブとかワークショップやりたいな。

Kawamura

川村亘平斎

1980年、東京生まれ。インドネシア共和国・バリ島にのべ2年間滞在し、影絵人形芝居【ワヤン・クリット】と伝統打楽器【ガムラン】を学ぶ。アジアを中心に多くの国々で影絵と音楽のパフォーマンスを発表。また、日本各地で土地の人たちとの交流やワークショップを通じて、土地に残る民話や伝承を影絵作品として再生させる活動も高く評価されている。平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞(2016)

【外部】
「BE-PAL」2018年10月号試し読み
川村亘平斎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

18/9/16(日)石見神楽×バリ舞踊・ガムラン、特別出演:EXILE ŪSAコラボ&トーク、美しい日本海をバックに石見神楽を堪能する「海神楽」

会場:島根県大田市 福光海岸

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

180916

海神楽2018 -umikagura-

美しい日本海をバックに石見神楽を堪能できる「海神楽」を今年も開催!

毎年恒例の「海神楽」。今年も開催が決定いたしました。

本来は神社などで舞うことが多い石見神楽ですが、海神楽は砂浜にステージを作って海をバックに舞う、県内でも珍しいスタイルです。
石見神楽の公演は年間を通じて石見各地で行われていますが、この海神楽は年に一度だけ。
多くの人々が楽しみにしているこのイベントには、地元の人たちはもちろん、観光客も多く訪れます。

Topics080301_2

抜群のロケーション

沈んでいく美しい夕日や静かな夜の日本海をバックに、舞台を大きく使ったダイナミックな舞は圧巻です。舞手はときに優雅に、ときに勇ましく、物語を魅力的に演じます。
また、色合いや繊細な装飾が芸術的な衣裳も豪華で美しく、神楽の舞に華を添えます。

時の経過とともに情景が移ろう浜辺での神楽鑑賞は、地元の人でも普段はなかなか体験できないドラマチックな舞台です。

Topics080302

夜の日本海バック

今年の海神楽は2日間開催

今年の海神楽はスペシャルな2Days構成に。

1日目の9月15日(土)は、毎年恒例の石見神楽公演。
数々の公演に出演する地元の神楽団体「石見神楽温泉津舞子連中」が全7演目(予定)を華麗に舞います。

2日目の9月16日(日)は、特別公演。
島根県の伝統芸能「石見神楽」と、祈りと癒しの島のバリ舞踊「ガムラン」がコラボレーション。
特別出演のEXILE ŪSA氏も加わり、これまでにないパフォーマンスをお届けします。

伝統芸能と自然のロケーションが一体となって織り成す「海神楽」。そこには、わざわざ訪れてでも観る価値があります。
石見神楽を日本海の美しい夕日と一緒に見てみませんか?

皆さまのお越しをお待ちしております。

■詳細情報

【日時】
2018年9月15日(土)・16日(日)16:00~20:00(15:30 開場)

【場所】
福光海岸(島根県大田市温泉津町福光)
※雨天時:大田市立温泉津小学校(島根県大田市温泉津町福光ハ467-1)

【内容】
<9月15日(土)>
 石見神楽(出演:石見神楽 温泉津舞子連中)
 「岩戸」「塵輪」「大蛇」ほか(全7演目予定)
<9月16日(日)>
 特別公演 石見神楽×バリ舞踊・ガムラン(特別出演:EXILE ŪSA(コラボ&トーク))
 神楽1演目・バリ舞踊4演目・共演2演目

【料金】
<9月15日(土)>
 前売券・当日券:1,000円(全席自由)※高校生以下無料
 販売場所:大田市観光協会、ゆうゆう館、銀の道商工会、小川商店福光給油所
 (郵送ご希望の場合、大田市観光協会0854-88-9950までお問い合わせください)
<9月16日(日)>
 前売券のみの販売:5,000円(全席自由)※小・中・高校生・大人同額
 販売場所:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、大田市観光協会、ゆうゆう館、銀の道商工会、小川商店福光給油所

【問合せ】
大田市観光協会(TEL:0854-88-9950)

16:00~16:10 バラガンヂュール(バリ舞踊)
16:10~16:20 ガボール(バリ舞踊)
16:20~16:30 解説
16:30~16:45 バリス(バリ舞踊)
16:45~17:25 塵輪(石見神楽)
17:25~17:35 解説
17:35~18:00 バロン(バリ舞踊)
18:00~18:20 レゴン・クラトン・ラッサム(バリ舞踊)
18:20~18:30 EXILE ÜSAステージ
18:30~18:40 解説
18:40~19:10 Nyegara Gunung~海の神、山の神~(石見神楽×バリ舞踊)
19:10~19:40 陰陽五行~月と太陽と五行の舞~(石見神楽×バリ舞踊×EXILE ÜSA)
19:40~19:55 トークセッション
19:55~20:00 フィナーレ

【問合せ】
大田市観光協会(TEL:0854-88-9950)

【外部リンク】
EXILE ŪSA
公演情報サイト
大田市観光協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/09/22(土)2015年に上演されたハノマンと日本人女性の愛と感情劇の続編「ハノマンの紅の旅」

会場:大阪府箕面市 箕面市立市民会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Posterpsi2018japanese_0907e15311442

日本インドネシア国交樹立60周年記念
インドネシア伝統芸術公演2018
『ハノマンの紅の旅』

インドネシア文化が好きな日本人女性とハヌマンの恋愛物語を、演劇と伝統的な音楽や舞踊で描くインドネシア伝統芸術公演。

会場 :箕面市立市民会館(グリーンホール)
住所 :大阪府箕面市西小路4-6-1

日時 :2018年9月22日(土)
    開場 12:30、上演 13:00~16:00

料金: 入場無料、要予約

主催: 在日インドネシア留学生協会大阪・奈良支部

30171655_1704915699627136_165686648

【外部リンク】
公式サイト
Indonesia Performing Arts 2018
箕面市立市民会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

18/09/15(土)バリ舞踊・ガムラン演奏@ちょっとバリ島へいってきます@名古屋

会場:愛知県名古屋市天白区 スタジオそら豆

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018091501

この秋、名古屋にてバリ島マイスター Putu Kaoru Padma Dewi(中谷薫)さんをお招きして参加型・体験型イベント 【バリ島フェス!】「ちょっとバリ島へいってきます@名古屋」を開催すること運びとなりました!

バリダンスやガムランミュージックを見たり聞いたり、バリ島の飲み物・バリコピやテーを楽しんだりできます!

【出演者】
◉バリ舞踊家、バリ島マイスター
Putu Kaoru Padma Dewi(中谷薫)さん
◉バリ舞踊家(名古屋/舞踊団スカル・サリ主宰)
Yumiさん
◉ガムラン演奏家(名古屋/スアラスクマ 主宰)
松井克宏さん
【協賛】
KOMANEKA(インドネシア、バリ島)

そして、出演者からバリ島に関するいろいろな話も聞けます!

でも、実は!
今回の主役はご参加くださる皆さまなのです。
いろいろな体験ブース、参加ブースをご用意しています。

・バリダンスの衣装を見られるよ
(希望の方は撮影も可)
・花びらをまいてみよう(人数限定)
・あなたのバリ島写真で会場を飾ろう
・バリダンスを踊ってみよう
…ほかにも、まだまだ企画中です。

ご一緒に、バリ島を遊びませんか?

【日時】
9/15 土 13:00開場/16:30閉場
イベントスタートは14:00(終演は15:30予定)

【会場】
トライバルアーツ2階・スタジオそら豆
愛知県名古屋市天白区 中平 1-501 TEL 052-848-3433 営業時間11:00-19:00 日月曜定休

地下鉄 鶴舞線 原駅より徒歩5分
(イベント来客用の駐車場はございません。公共交通機関にてご来場お願いします)

【入場料】
事前振込 3000円(9/9までにお振込済の方)
当日窓口 3500円

☆当日の会場で使える、お楽しみチケットつき

未就学のお子さんは無料です。ご同伴になられるお子様の人数をお申込み時にお知らせください。
(ただし同伴するご家族、大人の方がある場合に限ります。未就学のお子さんだけ、一人の大人の方で大勢のお子さんを引率されてのご来場などは不可)

【お申込み、お問い合わせ】
いそべ晶子 douxnido2012@gmail.com

【出演者紹介】
◉ 中谷 薫(なかやかおる)
バリ舞踊家、バリ島マイスター /北海道小樽市出身

1999年よりインドネシア政府ダルマシスワ(奨学金生)として、インドネシア国立芸術大学 舞踊科で学ぶ。2004年、外国人で初めての卒業制作を発表し好成績を得る。

現在バリ島在住、ホテル勤務の傍ら、バリ舞踊家として活動し、現地でもバリ舞踊指導者として後進の指導に当たっている。コレオグラファー、コーディネーター、翻訳、通訳など多岐の分野で活躍中。

◉ Yumi
バリ舞踊家 /名古屋、縄文・うさぎにてバリ舞踊スカル・サリを主宰。

92年名古屋劇塾卒業後、様々な舞台に出演。日本舞踊の名取りでもあり、ミュージカルやダンスの振り付も行う。

バリ島滞在中は、現地舞踊団のメンバーとして、毎回ステージに出演。バリ島の豊かな、美しく繊細な、また雄々しく猛々しい自然の姿をバリ舞踊を通して表現している。

バリ舞踊以外でも、各地のミュージシャン達とコラボレーションした即興舞なども行っている。

◉ 松井克宏
ガムラン演奏家 /名古屋バリ・ガムラングループ スアラスクマ(SUARA SUKMA)主宰

2001年 ガムラングループ スアラスクマ(SUARA SUKMA)結成。東海地方唯一の誰もが参加可能なバリ・ガムラングループ。

ライブを主に、各種イベント出演や創作舞台制作、日本の竹を使った竹ガムラン楽器の製作と演奏 等、多岐に渡り、年間50本以上の演奏活動を展開。

昨年5月、名古屋市中区鶴舞にマルチスタジオ結緋-yui-開設。バリ芸能だけに留まらない名古屋での新たなアートスポットを目指す。


【企画】いそべ晶子、中谷薫

【協賛】・KOMANEKA(バリ島 インドネシア)
・チョッピーデイズ(デザイン)

【主催】「ちょっとバリ島へいってきます」実行委員会
(担当 いそべ晶子)

【外部リンク】
イベントページ
バリ舞踊スカル・サリ
ガムラングループ スアラスクマ
トライバルアーツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

18/09/09(日)哲学堂と民族芸能のひびき インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル

会場:東京都中野区 哲学堂公園

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20180909

哲学堂と民族芸能のひびき シリーズ①
【日時】18-09-09(日)
【演目】ワヤン・ベベル新作「ガトコチョの誕生」
【会場】哲学堂公園・鬼神窟(中野区松ヶ丘1-34-28)
【時間】16:00
観覧無料(先着20名、要予約、空きがあれば当日でも可)

予約:哲学堂公園 tel 03-3951-2515

【外部リンク】
クルタクルティ
哲学堂公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

18/09/12(水)&14(金)ジャワの王宮のような雰囲気を持つ場所での公演、ジャワの影絵芝居ワヤン・クリ@東京国立博物館 表慶館