« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月20日 (火)

18/02/24(土)2017年度東京音楽大学民族音楽研究所ガムラン講座 発表会

会場:東京都豊島区 東京音楽大学 J館スタジオ

下記の公演のおしらせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_6252

2017年度ガムラン講座 発表会

日時     2018年2月24日(土)
場所     東京音楽大学 J館スタジオ
171-8540 東京都豊島区南池袋3-4-5
開演     14:00開演(13:00開場)
料金     入場無料(出入り自由)全席自由(予約不要)

歓迎の曲は開場中より演奏開始となります

第一部
合奏「カンダン・ブブラ」(器楽曲)
合奏「アスモロドノ」(古典曲)
舞踊「ゴレ・スリルジュキ」(人形の動きを模した可愛らしい舞踊)
合奏「ウィルジュン」(古典曲)
舞踊「ガンビョン・ガンビルサウェ」(美しい仕草を描く女性舞踊)
第二部
合奏「ロジョスウォロ」(古典曲)
合奏「ウラン・ウラン」(作曲:久保田雅知子)
合奏「マニス」(古典曲)
合奏「スルプガン」~「クプ・クウィ」(遊び歌)
合奏「クトゥ・マングン」(古典曲)
舞踊「グヌンサリ」(王子の恋心を描いた仮面舞踊)

民族音楽研究所とは

日本の作曲家 伊福部 昭氏により1975年に開設。

伊福部氏が生まれ故郷 北海道でアイヌ民族の音楽に多大な影響を受けたことから、アイヌ音楽の研究を主たる研究課題として出発。現在はさらに、インドネシアのガムラン音楽や沖縄の伝統音楽等、 アジア地域における民族音楽へと研究範囲を広げています。

【外部リンク】
東京音楽大学 ガムラン講座
東京音楽大学 民族音楽研究所
東京音楽大学 J館スタジオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

18/03/18(日)~五感に響く青銅のアンサンブル~ ジャワのガムランと舞踊のコンサート

会場:東京都文京区 音工場

下記の公演のおしらせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Senang_180318_f

~五感に響く青銅のアンサンブル~
ジャワのガムランと舞踊のコンサート

◎ 日時:2018年3月18日(日) 15:00開演(14:30開場)
◎ 会場:音工場
112-0005
東京都文京区水道1-5-10 第二山本ビル2F
03-5684-1344
◎ 料金 2500円/ジャワティとお菓子つき

*定員35名様、ご予約下さい。
*ご予約の締め切り:3月16日(金)
*未就学児の来場はご遠慮下さい。

【外部リンク】
カルティカ & クスモ
チラシ表
チラシ裏
音工場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

18/02/28(水)おどる かなでる 沖縄県立芸術大学バリガムランサークル バリ舞踊・ガムラン 春のコンサート

会場:沖縄県那覇市 沖縄県立芸術大学付属研究所

下記の公演のおしらせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

27459497_719132468277458_8864602611

おどる かなでる 
バリ舞踊・ガムラン 春のコンサート

主催者:
沖縄県立芸術大学バリガムランサークル Kembang Mas-クンバンマス-

2018年2月28日(水) 19:00 - 19:30

沖縄県立芸術大学付属研究所(金城キャンパス)3f小講堂
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町3−6

※入場無料

年が明けて、1発目の演奏会です。この演奏会は、卒業生たちのための演奏会でもあります。華やかなバリガムラン音楽と、バリ舞踊がお楽しみ頂けます。

【外部リンク】
沖縄県立芸術大学バリガムランサークル クンバンマス
沖縄県立芸術大学付属研究所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/24(土)バリ舞踊・ガムラン演奏(小泉ちづこ、荒内琴江 櫻田素子)もっと知りたいあの国 インドネシア共和国@岩手県

会場:岩手県西磐井郡平泉町 平泉文化遺産センター

下記の公演のおしらせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Du_spmgvmaau_q0

もっと知りたいあの国 第15章
インドネシア共和国
バリ島の煌びやかな響きと踊り

期日:平成30年2月24日(土)
開場 18:00 開演:18:30
会場:平泉文化遺産センター ふれあいホール
〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉花立44
電話番号:0191-46-4012
FAX番号:0191-46-4019

入場料:1000円 当日1200円(中学生以下無料)

バリ舞踊家 小泉ちづこ バリ舞踊教室/企画「チプタ・ブミ」主宰
バリ舞踊家 荒内琴江 バリダンス教室Naga Jepang主宰
ガムラン奏者 櫻田素子 ガムラン・トゥラン・ブーラン主宰

インドネシアの民族音楽ガムラン演奏とバリ舞踊を体験しインドネシア及びバリ島文化に触れていただける機会です。

【外部リンク】
小泉ちづこ
荒内琴江
櫻田素子
平泉文化遺産センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/25(日)岡山県STUDIO Jukung 第1回バリ舞踊発表会『春待ちの宴』

会場:岡山県岡山市南区 ansorozy

下記の公演のおしらせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ae5a9da657d313226b3289f97b54a1b8

第1回Studio Juking発表会開催決定!

『春待ちの宴』

勝山クラスと、岡山ansorozyクラスのメンバー+香川より友人のグループ『サヌキサリ』をゲストに迎えて、みんなで作り上げるバリ舞踊発表会『春待ちの宴』を開催します!

記念すべき第一回目のスタジオ発表会。

会場:
ansorozy 岡山市南区築港新町2丁目4-5

日時:
2月25日(日)
18時 開場/18時30分 発表会スタート (20時15分終演予定)

チケット 大人1000円/学生500円/小学生以下無料 (定員65名)

駐車場についてのお願い

ansorozy前の駐車場がいっぱいの時は、係りの者がご案内致します。
TSUTAYAさん、近隣の店舗への駐車は絶対にしないようにお願い致します。
発表会の円滑な運営のためにご協力お願い致します。

予約・お問い合わせ

かぴばらこーひーmail  capikopi@gmail.com

チケットは、かぴばらこーひー店頭でも取り扱いしております。また2月16日(金)のansorozyさん開催の夕方市のかぴばらこーひーブースでも取り扱いいたしますので、ぜひ!

また、かぴばらこーひーFBページでもお問い合わせ、予約受付中です!

STUDIO JUKUNG
スタジオジュクンの紹介

奥が深いバリ舞踊

勝山の町を通りかかったら、STUDIO Jukung(スタジオ・ジュクン)をのぞいてみてください。
バリ舞踊の教室や、公演が行われているかもしれませんよ!

知れば知るほど、やればやるほど奥が深いバリ舞踊。
バリ舞踊を習うことで自分の奥深くから新しい何かが目覚めたり、公演を観て明日への活力が湧いてきたり、そんなスタジオでありたいと願っています。

「ジュクン」とは、バリ島伝統の船のこと。
バリの人々はこの船を操って隣の島やもっと遠くの人々と交流していました。
スタジオ裏手にある旭川は、かつて高瀬舟の発着点として人々が行き交い、海と山を結びながら文化の交流が盛んに行われていたところ。

そんな歴史のある町、勝山に誕生したBalinese Dance Studio Jukung。
バリの文化が入ってきて、このスタジオでしか、勝山でしか出来ない新しい文化が生まれて出て行くような、そんな文化の発着所になれたらいいなと、心から思い、今日も踊ります。

講師
小谷野 哲郎
国内外で活躍するバリ仮面舞踊家。
バリ舞踊劇や影絵、ガムラン音楽を駆使しながら新しい舞台を創造し続けている一方、本物の古典の素晴らしさを伝える伝道師でもある。

講師
小谷野 智恵
イブ・パルティ二に師事して12年。バリ島への渡航を重ねバリ舞踊の研鑽を積み2014年6月に「BALINESE DANCE STUDIO Jukung」をオープン。女性舞踊・動物系の踊りを得意とし、岡山県内を中心に公演活動をしている。

【外部リンク】
かぴばらこーひー
ansorozy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/17(土)映像上映:音工場主宰の田村史子撮影、「ゴング製造の映像」~ジャワのスラカルタ地区とミャンマーのマンダレー地区を比較して~

会場:東京都文京区 音工場

下記の上映のおしらせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

音工場主宰の田村史子が長年にわたるフィールドワークで撮影したゴング製造の映像を上映します。

『“熱間鍛造技法”による青銅ゴングの製造
~ジャワのスラカルタ地区と
ミャンマーのマンダレー地区を比較して~
( 現地調査の映像を中心に )』

日時:
2月17日(土)18:00より

会場:音工場
112-0005
東京都文京区水道1-5-10 第二山本ビル2F
03-5684-1344

参加費2500円(学生1500円)。
ご興味のある方、どなたでも歓迎です。お申し込みは下記へ。

jawa-kouza@otokoba.com  音工場

   

田村 史子
             高校生の時にガムランと出会い1974年から日本人として初めてガムランの研究のためにジャワに留学する。
            
             その後、インドネシアを中心に、東南アジア各地の音楽、舞踊、儀礼などの研究を行うと共に、ガムラン音楽とジャワ舞踊の実践を提唱し、               1987年に音工場を創設。               一方、多くの招聘公演を実現させ、インドネシア文化の紹介に努めてきた。

             現在、筑紫女学園大学アジア文化学科・准教授。『カルティカ&クスモ』代表。
             インドネシアのジャワのスロカルト王家文化顧問、YWRIKK(カリマンタン州クタパン文化研究情報協会)顧問として、インドネシアにおける伝統文化の継承と後継者育成のための支援活動を続けている。東京芸術大学大学院音楽研究科修了。

【外部リンク】
音工場facebook
音工場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18/02/17(土)~18(日)冬の気晴らし大作戦! 小谷野哲郎ほか、ケチャ、バリ舞踊、影絵公演、Bali祭り inコラーレ

会場:富山県黒部市 黒部市国際文化センター・コラーレ

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

26112373_1340284166100899_697658747

Bali祭り inコラーレ

日時:
2月17日~2月18日

会場:
黒部市国際文化センター・コラーレ
〒938-0031 富山県黒部市三日市20

黒部市国際文化センター・コラーレとは
地域文化の創造発信の場として、オリジナリティあふれる様々な企画やイベントが開催されている施設です。日本建築学会賞を受賞した建築物としても有名で、劇場や図書館、レストランなどが入っています。バルコニー席が1席ごと、わずかに高さの違うベルリン・フィルハーモニー様式の音響プラン設計であるカーターホールや、35面マルチビジョンや250インチの大スクリーンなどの多機能設備のマルチホール、展望フロアからスロープを降りながら作品を見ることができる展示室、暖炉のある学習ゾーン、能舞台など、文化発信の場として充実の設備です。夜はライトアップもされ、水辺にうつる茶室や劇場の姿はとても美しく、開催されている企画やイベントと合わせてふらっと立ち寄りたくなるような魅力が満載です!
ワークショップや料理体験、バリ舞踊鑑賞など、参加して楽しむ〝プチ文化祭〟的なイベントです。

◆参加のお申し込みは、メールフォームにて受付ております。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=1ccdd6ac4d6b8d21

<17日(土)の催し>

◆ケチャ体験ワークショップ 講師:小谷野哲郎
2月17日(土)
1回目14:00~15:00 場所:大広間
2回目19:00~20:00 場所:リハーサル室
参加費:1レッスン1,500円 (中学生以下1,000円)

◆インドネシア料理体験会 講師:福井昌弘 
2月17日(土) 15:00~17:30 場所:第二会議室 (調理室)
参加費:1,500円 (材料費込)  定員:15名
インドネシアの家庭料理を、身近な食材で、楽しく作りましょう。

◆バリ舞踊の上演会 出演:小谷野哲郎 高木幸美 他
2月17日(土) 17:30~18:00 場所:大広間
ワークショップや上映会に参加された方は、
無料で鑑賞していただけます!

◆Bali Moving Meditation ワークショップ  講師:小谷野哲郎
2月17日(土) 時間:20:00~21:30 場所:リハーサル室
参加費:2,000円 定員:10名
~Bali Moving Meditationとは~
バリ舞踊の動きをとおして、呼吸とエネルギーを身体にめぐらせ、バリの伝統と古の智慧を身につけ、今、ここの自分自身とつながります。
太極拳のようなゆったりとした動きなので、どなたでも気軽にご参加いただけます。

<18日(日)の催し>

◆影絵体験ワークショップ
影絵をつくって、ステージで投影してみよう!
講師:ほしふね☆(小谷野哲郎、わたなべなおか) 
2月18日(日) 12:30~14:30 場所:マルチホール 
参加費:1,000円 (中学生以下500円)  定員:15名
※低学年以下のお子様は、保護者の方とご参加ください。
 筆記用具ハサミを持参してください。

★スペシャルステージ「ほしふね☆影絵公演」
出演:ほしふね☆(小谷野哲郎、わたなべなおか)
2月18日(日) 時間:15:00~  (開場14:30 ・ 上演時間 60分) 
場所:マルチホール
前売:一般2,000円 中学生以下1,500円 (当日 各500円高)
※影絵公演のチケットは、コラーレのチケットカウンターにて取り扱っております。

◆舞台作品の上映会 
「パパ・タラフマラの白雪姫」(上映時間75分)
2月18日(日) 17:00~18:45 場所:創作室
参加費:500円 定員:15名
お茶を飲みながら、DVDを鑑賞します。
上映後には、王子様役で出演された小谷野哲郎さんを迎え、アフタートークを行います。

◆参加のお申し込みは、メールフォームにて受付ております。
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=1ccdd6ac4d6b8d21

【外部リンク】
公演サイトfacebook
イベントチラシ(pdf)
黒部市国際文化センター・コラーレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

18/2/12(月・祝)~14(水)ローフィット・イブラヒム(ハナジョス ダラン)@北海道弟子屈町川湯温泉 極寒ARtフェスティバル2018

会場:北海道弟子屈町川湯温泉 川湯神社

下記の公演のお知らせがパンフレットに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

180212_01

てしかが極寒ARtフェスティバル2018
美しいだけ ではないもの

会場:
北海道弟子屈町川湯温泉 弟子屈市街

日程:
・2/12(月・祝)21:00
ローフィット・イブラヒム/不思議な影絵芝居

・2/13(火)20:00~20:15
ローフィット・イブラヒム/ジャワ獅子舞 馬踊り

・2/14(水)20:00~20:15
ローフィット・イブラヒム/奉納ワヤン・クリ(影絵)
ユネスコの世界無形文化財に指定されている伝統芸能。優美な影絵芝居を楽しもう。

180212_02

180212_03

180212_04

ACAF 2018 参加アーティスト:
野田智之 関口恒男 本間純 伴幹雄 小林大悟 笠貫彬文 puf/蚯蚓 真奈蔵 善/ZEn 深田堅二
ローフィット・イブラヒム 伴英将 伴蒼翠 OGG ゆきち サムライデンキ ユニットFUF 
奧村頼子 中島あずさ フジワラトシカズ Yung JO トマ・キメルラン

【外部リンク】
ハナジョス
てしかが極寒ARtフェスティバル2018
てしかが極寒ARtフェスティバル2018(facebook)
北海道弟子屈町川湯温泉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

18/02/11(日・祝)即興音楽とジャワ古典曲の魅力が一夜にて味わえます。プンドポの夕べ vol. 12 ゲスト:マルガサリ

会場:京都府京都市上京区 金一志韓国伝統芸術院

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

18485452_10215524969260786_67388676

26805087_10215524969620795_75943876

2018年 2月14日(水)

プンドポの夕べ vol. 12

日時:
open 19:30
start 20:00

会場:
金一志韓国伝統芸術院
京都府京都市上京区梶井町448-17 トウキュウビルB1階

charge:2000 yen

GAMELAN Sekar Gendis

Image

京都・河原町今出川にて活動しているジャワガムラングループです。
ジャワガムランの伝統曲はやっていませんが、ガムランでできる音楽の可能性をひろげることを目的に、ガムランでかんたんな作曲をしたり、シンプルなルールのもと即興をしたりしています。
音をつなぐこと、聴くこと、そして曲をつくることを中心に活動しています。

ガムランという楽器ははじめての人にもやさしく、複雑な技術がなくてもいい音が出るのがいいところです。

やぶくみこ
1982年 岸和田生まれ。京都在住。パーカッショニスト /作曲家。

桜美林大学で音響を、文化庁在外研修員としてヨーク大学大学院で共同作曲を、インドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸大ジョグジャカルタ校にてガムランを学ぶ。

主に中東の打楽器“ダルブッカ”やインドネシア の”ガムラン”を演奏する。
モモンガ• コンプレックス『ウォールフラワーズ』にて音楽を担当。音楽を担当した映画『歓待』(監督:深田晃司)が第15回プチョン国際ファンタスティック映画祭(韓国)NETPAC賞(最優秀アジア 映画賞)受賞。
海外では、Ergodos Festival (アイルランド) に出演。Buxton Festival (イギリス)ではガムラン演奏および、観客参加型の作品を発表し好評を得る。Kontraste Festival(オーストリア)にて野村誠の即興音楽プロジェクトI-Picnicに出演。Yogyakarta Gamelan Festival 2011 (インドネシア)に出演。

京都のガムラングループ、スカルグンディス主宰。 

ゲスト;
ジャワガムラングループ マルガサリ

ジャワ古典曲だけでなく、現代曲、即興、現代美術とのコラボレーションなど多岐にわたる活動を展開してきたガムラングループ マルガサリをゲストにお迎えします。
製作から100年経つアンティークのガムランで奏でるジャワ古典曲の調べ、スカル・グンディスで育んできた即興音楽の魅力が一夜にて味わえます。ぜひお立会いください。

【外部リンク】
やぶくみこ(スカルグンディスしゅさい主宰)
マルガサリ
金一志韓国伝統芸術院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

18/02/11(日・祝)深川バロン倶楽部@UMIDOKO 木の音 -新木場に木の音が響き渡る1日-

会場:東京都江東区 榎戸材木店

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ev513_1

Ev513_2

UMIDOKO 木の音 -新木場に木の音が響き渡る1日-

「UMIDOKO」は、新木場の貯木場を利用し、木質のフローティングハウスを中心とした、新たなまちづくり、ひとづくり、ものづくり、魅力づくりなど”物語をつくるプロジェクト”です。

今回、日本の木を使って燻製器を作るワークショップ、いかだステージでの海上茶会や薩摩琵琶演奏などを通して、木について知り、その魅力を感じるイベントが開催されます。

かつて世界中の木材を浮かべていた水面が、世界中の人々をもてなす場所へと生まれ変わる様を体感してみませんか。

UMIDOKO 木の音
-新木場に木の音が響き渡る1日-

日時
2018年2月11日(日・祝)10:30~16:00=ワークショップ+木の音ステージ+いかだステージ+展示

12()、17(土)、18(日)=いかだ試乗+展示10:30~15:00 
13(火)~16(金)=展示のみ10:30~15:00

場所
榎戸材木店(江東区新木場3-6-6)+隣接する水面
入場料
無料
ワークショップ
①木製燻製器を作ろう!
誰でも簡単!手ぶらでOK!日本の木で海床オリジナルの晩酌用燻製器を作ります。
〇時間:10:30~11:30
〇定員:先着10名
〇料金:2,000円(材料費実費)
②燻製を作ろう!
大好きな食材をお好きなチップで!さまざまな燻製チップでおいしい燻製を作りましょう。
〇時間:11:30~
〇定員:なし
〇料金:1,000円(材料費実費)

木のステージ
バリ舞踊で有名なガムラン演奏やカホン、サックス演奏、タップダンス。普段は感じられないさまざまなリズムを木の音とともにお楽しみいただけます。

Wos1

〇深川バロン倶楽部 13:00~
〇OPSJ サックスカルテット 14:00~
〇櫛田満 14:30~
〇ARTN Company 15:00~

いかだステージ
海上に特設されるいかだステージでは、海の上の茶会や薩摩琵琶演奏が行われます。また、いかだの試乗も随時行います。
〇いかだ茶会:11:00~/12:30~
〇薩摩琵琶演奏:12:00~/13:30~
〇いかだ試乗:随時

展示
2月11日(日・祝)~18日(日)まで展示作品をお楽しみいただけます。木を使ったアート作品や木の香りを感じられるサウナも体験できます。※サウナは衣服を着用したままご利用いただけます。

開催期間     2018年2月11日(日・祝)※一部イベントは18日(日)まで

開催場所 榎戸材木店(江東区新木場3-6-6)+隣接する水面

アクセス JR京葉線、りんかい線、東京メトロ有楽町線「新木場駅」より「東陽町駅前」または「若洲キャンプ場」行バス乗車、「東千石橋」下車徒歩2分

お問い合わせ先     新木場UMIDOKO連携協議会 TEL:090-5819-6407

【外部リンク】
深川バロン倶楽部
UMIDOKO木の音公式ウェブサイト
榎戸材木店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »