« 2017年12月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年1月22日 (月)

18/01/28(日)東西の融合~ルー・ハリソンのガムラン・コンチェルト@洗足学園「世界音楽紀行」

会場:神奈川県川崎市高津区 洗足学園前田ホールピロティ

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

26167805_1815565511810389_688252118

洗足学園「世界音楽紀行」第8回
東西の融合~ルー・ハリソンのガムラン・コンチェルト

今回は「東西の融合」と題して、ガムランの音律に調律したピアノ協奏曲、ヴァイオリンと
チェロによる二重協奏曲など、ガムランと西洋楽器による多文化共存の名曲を集めました。
入場無料(メール予約優先)です。皆様のご来場お待ちしております。

2018年1月28日(日)開場:13:30 開演:14:00
洗足学園前田ホールピロティ
〒213-8580 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1洗足学園

■無料
一般 :無料
本学学生・学園教職員 :無料

出演】
ランバンサリ(ガムラン)
植川 縁(サキソフォン) “Cornish Lacaran”
古川原裕仁(ヴァイオリン)、荒庸子 (チェロ) “Double Concerto”
寒川晶子(ピアノ) “Piano Concerto”
曽我部清典 (トランペット) “Bubaran Robert”

【企画】
森重行敏(本学客員教授・本学現代邦楽研究所長)

【主催】
学校法人洗足学園

【お問合せ】
洗足学園 法人本部総務
044-856-2953(9時~17時/土日祝休)

【お申込み方法】
sekaiongaku@senzoku.ac.jp
件名を「世界音楽紀行ガムラン」とし、本文に「代表者氏名、連絡先電話番号と人数」を
記入してメールしてください。(一件につき2名様まで)

【外部リンク】
洗足学園「世界音楽紀行」第8回 東西の融合~ルー・ハリソンのガムラン・コンチェルト
洗足学園前田ホールピロティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

18/01/26(金) — 01/28(日)全4回体験型レクチャー!見て、聞いて、感じる伝統芸能のいま–インドネシアと日本–@東京・国際交流基金

会場:東京都新宿区 国際交流基金本部

下記の講座のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dento0001

全4回体験型レクチャー開催!2018年1月26日から28日
東南アジアと日本の伝統のチカラを再発見し、現代の芸能のカタチを考えるプロジェクト「伝統のチカラ、芸能のカタチ」の一環として、インドネシアの伝統芸能の担い手4名を招へいし、事業メンバーの木ノ下裕一氏とともに、現代における伝統芸能のあり方について考える体験型のレクチャーを3日連続、全4回開催いたします。バリの舞踊、歌舞伎、ジャワの音楽(ガムラン)、影絵芝居(ワヤン・クリッ)を各回のテーマに、それぞれのシーンで活躍する担い手によるパフォーマンスやトーク、貴重な映像資料などを通して、伝統的な芸能のあり方にとどまらず、時代に合わせて再解釈を繰り返しながら継承される伝統芸能の姿を紹介します。

日時   
2018年1月26日(金曜日)第1回19時~21時30分
2018年1月27日(土曜日)第2回13時~15時、第3回15時30分~18時
2018年1月28日(日曜日)第4回13時~17時

会場   
国際交流基金本部 2階 ホール [さくら] アクセス
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1

言語   
逐次通訳(インドネシア語―日本語)
注:1月27日の第2回を除く。

参加費   
無料

申込方法   
メールにて事前受付(先着順)
注:お申込み先:info_dento@jpf.go.jp
件名:「伝統のチカラ、芸能のカタチ参加申込」
本文にご明記:お名前、ご職業(ご所属)、お電話番号、ご希望日時
受付締切:各回前日18時00分まで
主催    国際交流基金アジアセンター
お問い合わせ    国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム(担当:前田)
e-mail: info_dento@jpf.go.jp
Tel: 03-5369-6140

プログラム
第1回 「バリの舞踊」
2018年1月26日(金曜日)19時~21時30分
カデッ・デウィ・アリアニ(舞踊家、サンガール・リッタ・デウィ主宰)

第2回 「歌舞伎」
2018年1月27日(土曜日)13時~15時
木ノ下 裕一(木ノ下歌舞伎主宰、「伝統のチカラ、芸能のカタチ」事業メンバー)

第3回「ジャワの音楽(ガムラン)」
2018年1月27日(土曜日)15時30分~18時
アノン・スネコ(音楽家、大学講師、オマ・ガムラン主宰)

第4回 「影絵芝居 (ワヤン・クリッ)」
2018年1月28日(日曜日)13時~17時
チャトゥール・クンチョロ(ダラン(人形遣い))
アナント・ウィチャクソノ(ダラン(人形遣い)、影の色彩ワヤンプロジェクトメンバー)

注:第2回を除き、インドネシア語の逐次通訳を介して進行

登壇者
カデッ・デウィ・アリアニ (Ni Kadek Dewi Aryani) 舞踊家、サンガール・リッタ・デウィ主宰

Dewi02

1977年生まれ。バリ島ウブド出身。カランガッサム県の優れた踊り手である叔母や、多くの舞踊家を輩出するプリアタン村の先達など、異なる地域の名手から研鑽を積み、早くから舞踊の才能を開花させる。インドネシア芸術大学デンパサール校を主席で卒業後は、舞踊講師やコンテンポラリーダンサーとして国内外で活躍する一方、自身の創作伝統舞踊やコンテンポラリーダンスをレパートリーの柱とした芸能グループ「サンガール・リッタ・デウィ」を創設、弟アグス・テジャ氏が主宰し、世界的にも注目される伝統楽器を取り入れた音楽グループ「グス・テジャ・ワールドミュージック」には振付・ダンサーとして参加する。伝統文化が色濃く根付くバリ島において、伝統を礎とした新たな舞踊表現を模索するとともに、保守的な地域コミュニティがいかにして芸術的高みを目指していけるのか、その環境作りに果敢に挑んでいる。

アノン・スネコ (Anon Suneko) 音楽家、大学講師、オマ・ガムラン主宰

Anon01

1981年生まれ。ジャワ島ジョグジャカルタ出身。幼いころからジャワ舞踊とガムラン音楽に囲まれた環境で育ち、それぞれの素養を身につける。クンダン(両面太鼓)奏者、音楽ディレクター、作曲家、さらには舞踊家としての顔を持ち、国内外の様々な音楽イベントやダンスフェスティバル、舞踊劇などに参加し、多数の受賞歴がある。オーストラリアのパースにあるインドネシア領事館のスタッフとして、ガムラン音楽、伝統舞踊、アンクルン(竹製の打楽器)といったインドネシア文化の普及活動に従事したほか、客員アーティストとしてアメリカのミシガン大学に在籍するなど、海外での活動経験も豊富。芸術コミュニティであるオマ・ガムランを主宰し、インドネシア芸術大学ジョグジャカルタ校やガジャ・マダ大学で講師を務めるなど、伝統芸能を拠り所とした後進の育成や、インドネシア文化の発展的な振興に力を尽くす。

チャトゥール・クンチョロ (Catur Kuncoro) ダラン(人形遣い)

Catur04

1975年生まれ。ジャワ島ジョグジャカルタ出身。インドネシアの代表的な伝統芸能として知られるワヤン・クリッ(影絵芝居)のダランを父に、プシンデン(ガムラン合奏における女性歌手)を母に持つ。芸能一家に育ち、幼少よりワヤン・クリッに親しみながら、早くからダランとしての研鑽を積む。伝統的なワヤン・クリッのダランとして活躍する一方、伝統芸能に対する社会一般の理解や関心の低下への危機感から、ワヤン・クリッをベースにした新たな上演を意欲的に模索する。これまでにヒップホップと融合したワヤン・ヒップホップ、ジョグジャカルタの独立闘争を題材にしたワヤン・リパブリック、美術作家や演劇人を巻き込んだワヤン・ボチョールなどの創作に携わり、国内外での上演を通して、伝統芸能の持つ面白さや深み、懐の広さといったものを、伝統芸能との接点があまりなかった世代を含めて幅広い層に伝えている。

アナント・ウィチャクソノ (Ananto Wicaksono) ダラン(人形遣い)、影の色彩ワヤンプロジェクトメンバー

Ananto01

1985年生まれ、ジャワ島ジョグジャカルタ出身。ダランとして幼少より数多くの舞台に立つ。動物を主人公にした民話を題材にした「ワヤン・カンチル」など、伝統的な手法にとらわれないオリジナルのワヤン作品を創作。2010年、その活動が文化保存に貢献したとして、ジョグジャカルタのスルタン(王家)から表彰される。日本国内での上演活動も多数。ピアノとガムランと歌のユニット「ナリモ」、ジャワの影絵芝居をベースに演劇・音楽・即興公演を追求する「色の色彩ワヤンプロジェクト」など複数のグループにも参加。

【外部リンク】
公演詳細
「伝統のチカラ、芸能のカタチ」公式Webサイト
国際交流基金

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

18/01/16(火)ちょっと濃ゆい目の演奏と、影絵。ハナジョス、拾得2度目のライブ。ハナジョスwith曼象(ギターソロ)

会場:京都府上京区 coffe house拾得(じっとく)

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

26850339_1849465261754212_388511878

日2018年1月16日(火)
開演:18:30~
チャージ:1000円

会場:coffe house拾得(じっとく) 
京都府上京区大宮通下立売下る菱谷町815

出演:ハナジョスwith曼象(ギターソロ)

ハナジョス、拾得2度目のライブ。
ギターソロ曼象さんに誘っていただき、ちょっと濃ゆい目の演奏と、影絵でのぞみます。
曼象さんとハナジョスの初セッションではトランスを目指します。
拾得のお料理、お飲みものを召し上がりながら、
まったりと楽しんでください。桟敷あり、椅子席あり。

詳細、お問合せはハナジョスまで。mail@hanajoss.net
またはFBメッセージをお願いします。

【外部リンク】
公演Facebook
ハナジョス
coffe house拾得

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

18/01/21(日)〜常夏の彼方から大寒の此方へ〜川村亘平斎とインドネシアの影絵と旅のお話@秋田県 

会場:秋田県能代市 感応寺

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

90ec91ba83c839383h83l83v83a89e8ag

90ec91ba83c839383h83l83v83a89e8ag2

川村亘平斎とインドネシアの影絵と旅のお話
〜常夏の彼方から大寒の此方へ〜

2018年1月日(日)開場12:30 開演14:00
会場:能代・感応寺
住所: 〒016-0894秋田県能代市萩の台1-2
電話: 0185-52-3741

これまでに自身のソロユニット『滞空時間/taikujikang』や『影絵と音楽の物語』の公演で 2012年から度々秋田に訪れている川村亘平斎さん。
 音楽家・影絵師・イラストレーターなど幅広い分野で活動する川村亘平斎さんは2018年1月、 ショートレジデンスアーティストとして 秋田公立美術大学の事業『AKIBIplus』BASE2 男鹿 のプロジェクトへと参加。

 そして、このたび能代初公演が感応寺にて実現。
第1部は、本堂内陣に設置する横4500cm×縦2600cmのスクリーンで、影絵パフォーマンスと音楽を繰り広げます。
第2部では、2016年末から1年間インドネシアバリ島の影絵【ワヤン・クリット】の修行に旅立ち、1年間滞在していたインドネシアでの活動をトークと映像で振り返ります。

大人から子供まで楽しめる影絵パフォーマンスを
どうぞお見逃しなく!

【入場料】
◯大人 2,000円
珈琲 or お茶(カフェににぎ)と菓子パン(マザー食堂)付き
※檀家さんは300円割引

◯中高生   500円(ソフトドリンク付き) 
◯小学生以下 300円(リンゴジュース付き)
◯3才以下  無料
※ 小さなお子さんは保護者同伴をお願いします。
演奏中は皆さんが静かに聴けるようご協力ください。

【チケット申し込み・問い合わせ先】
チケット種類・枚数・氏名・電話番号をを添えて、下記の問い合わせ先でチケットをご予約のうえ、ご来場ください。
代金は、当日受付にてご清算をお願いいたします。
・能代感応寺
 【電話】0185-52-3741
 【メール】karyobingashow100@yahoo.co.jp
・カフェににぎ(男鹿)
 【電話】0185-27—8422

※予約が定員に達した場合は当日券の販売はありませんので
ご了承ください。

【出店】
里山のカフェににぎ(男鹿市)
マザー食堂(秋田市)


【プロフィール】
川村亘平斎
影絵師/音楽家

平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞(2016)。
インドネシア共和国・バリ島にのべ2年間滞在し、古典影絵【ワヤン・クリット】と伝統打楽器【ガムラン】を学ぶ(2003・2017)。日本各地に赴き土地の人たちとの交流やワークショップを通じて、土地に残る物語を影絵作品として再生させ、現代日本と伝統的な感性をつなぐ新たな「芸能」のカタチを模索する。近年の活動として、「地蔵について」(2014/山形ビエンナーレ)、「ヘビワヘビワ」(2015/福島県福島市)、「巷説昌福寺縁起」(2016/山梨県巨摩郡)「BAM BOO NEST」(2016/山形ビエンナーレ)などを製作。アジアを中心に多くの国々で、影絵と音楽のパフォーマンスを発表し大きな反響をうけ、Pesta boneka(2016/ジョグジャカルタ)Pesta Raya(2017・シンガポール) などに参加。
そのほか、シリーズ企画「ボクと影絵と音楽」(2009~)【じ め ん】(飴屋法水作 2011/フェスティバルトーキョー)「恵比寿映像祭」(2014/東京都立写真美術館)、「サントリー美術館影絵WS」(2014/六本木アートナイト)、影絵個展「MATA AIR」(2015/神奈川県相模原市)、ceroのアルバムジャケット、MVに影絵作品提供(2014,2015)ほかを制作。ソロユニット「TAIKUH JIKANG滞空時間」(2009~)では東南アジアツアーや細野晴臣氏のイベント出演、漫画「宇宙兄弟」とのコラボPVなどに参加。ソロ名義でYAMAHAバイクPV(2015)、アウトドアブランドcolombiaPV(2016)softbank x 長友佑都(2016)MOKOMICHI HAYAMI PV(2016)他に楽曲提供。

【外部リンク】
・公演Facebook
川村亘平斎
能代・感応寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年12月 »