« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月29日 (水)

17/12/04(月)レトロな100系電車でコールドムーンとアジアビールを満喫!バリ舞踊駅長&ガムラン演奏@「第2回アジアビール電車」静岡県伊豆半島

会場:静岡県 伊豆半島

下記のイベントのお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20171204

レトロな100系電車でコールドムーンとアジアビールを満喫!

第2回アジアビール電車

伊豆急行は伊豆半島の海岸を運行するため、満月の明かりが海にうつり、ムーンロードと呼ばれる月の道が見える場所でもあります。
月の道・ムーンロードに願い事をすると叶うとも言われている
素敵な景色とガムラン演奏をビンタンビールを飲みながらお楽しみいただけます。

伊豆急行株式会社(本社:静岡県伊東市)では、冬の澄み切った夜空に真っ白な月が輝く「コールドムーン」に合わせ、12月4日(月)に伊豆急オモシロ駅長企画の一環として、『第2回アジアンビール電車』を運行いたします。
当日は、レトロな伊豆急100系を専用電車に仕立て、アジアの魅力を知り尽くした伊豆急オモシロ駅長(バリ舞踊駅長)がオリジナルのバリ舞踊衣装でおもてなしを行うほか、おすす
めのアジアンビール、アジア風おつまみ、お土産にはハイビスカスティーやフェアトレードチョコレートを提供します。
また、車内ではアジアンビールの追加販売も実施します。更に、復路では「お楽しみ抽選会」を開催し、アジアエリアの宿泊券や観光ガイドブックなど豪華景品が当たるチャンスもございます。
是非、この機会にレトロな専用電車で冬の澄んだ夜空に浮かぶコールドムーンとアジアの雰囲気をたっぷりとお楽しみください。

日時:
2017/12/4(月)

参加代金:
4、000円(募集人員:48名)

コールドムーン:
冬の澄み切った空に真っ白な月が輝きます。

レトロ電車:
1961年(昭和36年)12月10日の伊豆急行線開業にあわせて東急車輛製造で製造され、2002年(平成14年)4月27日まで営業運転に使用された。伊豆急行線開業50周年を記念して、2011年から動態保存車が復活している。(ウィキペディアより)

バリ舞踊駅長:
江の島バリSUNSETも主宰される、バリ舞踊グループバスンダリ長谷川亜美さんが南国的リゾート・伊豆地域を盛り上げる伊豆急オモシロ駅長の一人「バリ舞踊駅長」としておもてなし。
伊豆急行のイベント等でバリ舞踊の衣装に電車柄入れたオリジナル衣装で登場します。

ガムラン演奏:
今年最大の満月を見ながら、OCC(おしし)による、グンデルワヤン演奏をお楽しみいただけます。
(OCCとは芸名で、男性1名です)

おもてなし:
・アジアンビール3本、
 シンハービール(タイ)、ビンタン(インドネシア)、バーバーバー(ベトナム)
・おつまみ
 (サテ・マルタバ・クルップ)
・おみやげ
 ロセラティ(ハイビスカスティー)、ビビルティンココアチョコレート
・運賃
 (伊豆高原~伊豆急下田往復)

お楽しみ抽選会:
 抽選で「地球の歩き方」(ガイドブック)「ホテル宿泊券」(リンバ ジンバラン バリ byアヤナ)等をプレゼント


行程
・伊豆高原駅(18:00集合、18:18発)
 専用電車で下田へ(100系電車)
~片瀬白田駅にて、スーパームーンの見学(約30分)~
伊豆急下田駅到着(19:35着)
~休憩約10分~
・伊豆急下田駅(19:46発)

~車内にてお楽しみ抽選会~
伊豆高原駅(20:32着)

お申込み
・お電話(0557-53-1116)又は伊豆急行のホームページからお申込みください。

その他イベント内容は、当日の天気や電車の運行状況等により変更となる場合があります。

協賛
株式会社池光エンタープライズ
株式会社エイチ・アイ・エス
/株式会社ダイヤモンド・ビッグ社(地球の歩き方編集部)
株式会社宝寿園/株式会社Rubah4

【協力】
アジアンオールドバザール伊豆

【伊豆急行】
伊東から下田までの伊豆半島海岸線を運行する電車。

【伊豆急オモシロ駅長とは】
平成23年に伊豆急行が開業50周年を迎えた際、共に力をあわせて伊豆の魅力をPRすることを目的としてスタートし、合計で21組の方々と活動を行ってきました。そして、平成27年11月より第2回目となる伊豆急オモシロ駅長の活動が始まり、現在は全8組のオモシロ駅長と伊豆を盛り上げるため活動を展開しています。

【バリ舞踊駅長(長谷川亜美)】
バリ舞踊グループ「バスンダリ」主宰。神々の島、バリ島に魅了され、インドネシア国立芸術大学デンパサール校(現ISI)に2年間舞踊留学。
帰国後、大好きな伊豆や湘南地区を中心にバリ舞踊の楽しさ伝える活動を精力的に行っている。バリ島芸術祭(通称PKB
)に「バスンダリ」メンバーと共に5回参加。現在は失われた踊りをバリ舞踊マエストロとバリ島ガムラングループの協力のもと復元、再演へ務めている。

【バリ舞踊駅長とは】
2011年伊豆急行が50周年を記念し、ともに力を合わせ、伊豆魅力をPRすることを目的に公募されました。
その第2回目として、新たに8名のオモシロ駅長が任命され、
その中の一人にバリ舞踊駅長がいます。
南国的リゾート・伊豆地域を盛り上げています。
伊豆急行のイベント等でバリ舞踊の衣装に電車柄入れたオリジナル衣装で登場します。
特定の駅の駅長でなく、伊豆急線をどこでも網羅しております。

【外部リンク】
チラシ
バリ舞踊バスンダリ
伊豆急

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

17/11/25(土)名古屋の素敵な踊り手さんたちをお誘いして、「リンディック」との語り合い、バリ島の伝統舞踊。竹の音と踊りの対話「ぽろん ころん ふわり」

会場:愛知県名古屋市中区 スタジオ結緋 yui

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

23157092_1508695109167282_855859240

2017年11月25日(土)open 14:30 /start 15:00

竹の音と踊りの対話「ぽろん ころん ふわり」

「こんにちは。東京・神奈川はじめ、関東で活動している2名です。1人と1人で様々な舞台で演じてきました。11月に名古屋へおじゃまします。
 ぽろん ころん ふわり。 
 心地よいひとときを、みなさんとともに過ごしたい。
 どうぞよろしくお願いいたします。」

名古屋の素敵な踊り手さんたちをお誘いして
インドネシア・バリ島の竹の楽器「リンディック」との語り合い。
バリ島の伝統舞踊や即興パフォーマンスなど。

◉ゲスト出演(バリ舞踊)/
   いそべ 晶子 
   印貢 陽子(Surya-Metu主宰) 
   五島 章子 
   八木 早苗 
   Yumi (Sekar Sari主宰)

◉主催・企画・出演/
  小泉 ちづこ(バリ舞踊  Cipta Bumi主宰)
  櫻田 素子(リンディック演奏 ガムランTerang Bulan主宰)
    from 神奈川県横浜市

◉会場:スタジオ結緋 yui
     名古屋市中区千代田3-28-44
     JR・地下鉄「鶴舞駅」6番出口南西徒歩5分

◉事前予約 ¥3,000/当日 ¥3,500
 +ドリンク注文お願いします(1DR ¥500)
 *ご予約受付は、前日夜23:00まで

◉ご予約・お問い合わせ:
 クラパミンピ  kelapamimpi@gmail.com

【外部リンク】
小泉 ちづこ facebook
櫻田 素子 facebook
スタジオ結緋 yui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

17/11/12(日)大東文化大学地域研究学会「ガムラン研究班」主催 ~インドネシア中部ジャワのガムラン音楽と舞踊~@東武練馬

会場:東京都板橋区 大東文化会館

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

23739_230470_011

ランランガムラン交流発表会
~インドネシア中部ジャワのガムラン音楽と舞踊~

2017年11月12日(日) 14時開演
会場:大東文化会館
〒175-0083 東京都板橋区徳丸2丁目4−21

大東文化大学のガムラン授業 を履修している学生さんをはじめ、都内のいくつかのガムラン社会人講座、舞踊講座の講座生の皆さんが共に、日ごろの練習成果を披露します。
きらびやかな青銅の響き、優雅なジャワ舞踊、勇壮な仮面舞踊、楽しい民衆舞踊、素朴な竹の響き、そして道化の人形たちが楽しげに登場するワヤンやバラエティーに富んだジャワの伝統芸能の世界をお楽しみください。

出演:
大東文化大学国際関係学部ガムラン合奏授業履修生
尚美学園大学卒業生
デワンダル・ダンスカンパニー
スタジオMelati
ガムラングループ・ランバンサリ
同主催 ガムラン水曜講座「スイスイ」
同主催 ガムラン日曜講座「ミングー」
同主催 チャルン金曜講座「クルクル」

主催:
大東文化大学国際関係学部地域研究学会ガムラン研究班

共催:
ガムラングループ・ランバンサリ
デワンダル・ダンスカンパニー
スタジオMelati

【外部リンク】
大東文化大学国際関係学部
ガムラングループ・ランバンサリ
デワンダル・ダンスカンパニー facebook
大東文化会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

【追加募集】講師 鳥居 誠・ガムラン講座 参加小学生募集@2017年度「ほくさい音楽博」

会場:さくら橋コミュニティセンター 東京都墨田区/

下記の講座の追加募集のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e

「ほくさい音楽博」は、世界に名を轟かせた葛飾北斎への尊敬の念を込めて、北斎の生誕地でもある墨田区周辺地域の子供達に、世界中の響きの美しい楽器に触れてもらい、その歴史を学び、練習を重ね、発表会を行っていく音楽プログラムです。

10月1日(日)―22日(日)まで、参加小学生の募集を実施いたしました。プログラムC:ガムラン(楽器)、(舞踊)にて、定員に空きがあるため、二次募集を行います!

二次募集概要
対象プログラム 
プログラムC:ガムラン(楽器)
プログラムC:ガムラン(舞踊)

練習日程 2017年12月10日(日)~2018年2月11日(日)各プログラム全6回 
※日程詳細は各プログラム情報を参照

練習会場 
ガムラン(楽器)、(舞踊):さくら橋コミュニティセンター

対象   小学生(事前申込)
料金   5000円(発表会当日の衣装代、貸衣装代含む)

応募方法  申込先着順/定員に達し次第受付終了。
こちらの二次募集申込フォームより応募。

発表日程   2018年2月18日(日)
発表会場  回向院 [東京都墨田区両国2-8-10] ほか周辺会場

主催 東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、NPO法人トッピングイースト
協賛 東京東信用金庫、J:COM すみだ・台東、国技館通り商店会
後援 墨田区教育委員会、一般社団法人墨田区観光協会
協力 すみだトリフォニーホール

講師プロフィール

Dsc07160e1504846969375

<鳥居 誠 とりい まこと>
1958年山田流鳥居家の次男として東京で生まれる。幼少より山田流箏曲はじめ南インドのムリダンガム、長唄三味線、琴古流尺八を習得。東京芸術大学邦楽課に琴古流尺八で入学。同大学院卒。在学中にバリ島にてガムランと出会い、その後は日本初のバリガムラン演奏グループの発足に貢献。レコード会社の制作ディレクター等を経て、現在はガムラン演奏・企画&フリーの企画・制作プロデューサーとして活動している。

Images

<ニョマン・スダルサナ Nyoman Sudarsana>
バリ島ギャニャールのバトゥアンで生まれる。祖父はバリ舞踊の有名な踊り手であったニョマン・カクル。父は踊り手であり、画家でもあったイ・クトゥット・カントール。7歳の頃より祖父、父、叔父に踊りを習い始める。バリ舞踊のなかでもトペン、ガンブーといった古典を習得。また、幼少時より絵を描くことが好きで、画家になりたいと思っていた。バトゥアン様式の伝統絵画を学び、子どもの絵画展やバトゥアンほかの画家たちとの展覧会などに参加。1990年、ジャカルタでの日本国際交流基金主催の文化交流展に参加。また、ウダヤナ大学デザイン学科で現代絵画、デザイン、歴史、技術などを学び、1992年卒業後、ウブドの芸術高校で教鞭をとる。1993年、ヨーロッパ公演参加(スイス、オーストリア、ドイツ、フランス)。1995年、サウジアラビアのホリデイ・インのイベントに出演。2004年より日本に滞在し日本のガムラングループとさまざまなイベントに出演している。

Img_6959e1507693300617

参考動画:TARI BARIS GEDE

<参考映像>
ガムランの発表の様子(2016年2月14日(日)ほくさい音楽博)

【外部リンク】
ほくさい音楽博
Bali Gamelan Club
さくら橋コミュニティセンター
回向院



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

17/11/23(木祝)竹笛、太鼓、ゴングの響きに乗って、バリの歌芝居 マメタンガンライブ!パワーアップした「ジャンゲル」に歌芝居のお姫様も!@下北沢

会場:東京都世田谷区 アレイホール

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

22256500_1546370965445050_292292875

3fb863623e726d7dae8f04d67ea74d0a

【バリの歌芝居 マメタンガンライブ!】

竹笛、太鼓、ゴングの響きに乗って、マメタンガンほぼ1年半ぶりのライブは、パワーアップした「ジャンゲル」に歌芝居のお姫様も加わって、皆様にお楽しみいただきます!
 今回は昼・夜2回公演ご用意しました。定員各回40名様です。ご予約お待ちしてます!

◆出演:Mame-tangan (マメタンガン)
バリの小編成ガムラン・ググンタンガンを演奏する東京のグループです。編成は竹笛、太鼓、小さなゴング類。歌や舞踊、いろんなパフォーマンスとのコラボを積極的にやっていきたいと思ってます。

[安田冴・小原妙子・大久保哲・コマン・スジャヤ(歌と踊り)
石井留美・石塚千東・伊藤祐里子・城島茂樹・新留美哉子・根岸久美子・増野亜子・安谷絵里・吉田ゆか子・若林康明(演奏)]

■日時:2017年11月23日(木・祝)
 1)昼の部=13:00開場 13:30開演
 2)夜の部=17:00開場 17:30開演

■ところ:アレイホール(小田急線・京王井の頭線下北沢駅北口徒歩2分)
東京都世田谷区北沢2-24-8下北沢アレイビル

■料金:前売2,500円 当日3,000円 ※各回定員40名様

■ご予約・お問い合わせ:
マメタンガン・ライブ事務局:mametangan%zoho.com
 ↑%、を半角の@に置き換えて送信ください↑
 ※ご予約の際は1)お名前、2)昼・夜の別とご希望枚数、3)ご連絡先
(送信元メールと異なる場合など)を明記ください。
 ※こちらからの返信メールを必ずご確認ください。
 ※予約前売りは11月22日22:00メール到着分までとさせていただきます。
(マメタンガン・ライブ事務局)

【外部リンク】
バリガムラン:ググンタンガン演奏グループ マメタンガン(東京都)
アレイホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/10(金)SIED国際交流イベント インドネシア ガムラン・ワヤン・ジャワ舞踊公演@同志社大学

会場:京都府京都市上京区 同志社大学 室町キャンパス内 クロバーホール

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Doshisya

2017年11月10日(金)
13:20~14:40   
催 事    同志社大学SIED国際交流イベント
会 場    同志社大学 室町キャンパス内 クロバーホール
京都府京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103

芸術の秋~インドネシア伝統芸能へご招待
「インドネシア ガムラン・ワヤン・ジャワ舞踊公演」

秋といえば、芸術の秋!SIED (Student Staff for Intercultural Events at Doshisha)がみなさんをインドネシア伝統芸術へとご招待します。
ガムランとは、インドネシア各地で発達している伝統的な打楽器を中心としたオーケストラ、またそのオーケストラによって演奏される音楽のことを言います。また、ワヤンは、インドネシア・ジャワ島を中心に発展した演劇で、本公演では、「ワヤン・クリ(Wayang Kulit)」と呼ばれる影絵芝居を披露していただきます。

参加費    無料

定員    先着80名 ※どなたでもご参加いただけます。

プログラム:ガムラン、ジョグジャカルタ宮廷舞踊、ワヤン、ジャティラン
出演:ハナジョス、竹田敦子(演奏)、西岡美緒(舞踊)

観覧には事前申込みが必要です。申し込みはこちらのオンラインフォームから可能です。
https://goo.gl/ZbrGEr

お問い合わせ先
国際センター 留学生課
TEL:075-251-3257
FAX:075-251-3123
E-mail:ji-ois@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

【外部リンク】
インドネシア伝統芸能団 ハナジョス
チラシ(pdf)
同志社大学 室町キャンパス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/23(木祝)震災復興支援チャリティーイベント インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル@哲学堂公園

会場:東京都中野区 哲学堂公園 宇宙館

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ワヤン・ベベル「アルジュノの修行のゆくえ」

哲学堂公園 震災復興支援チャリティーイベント

2017年11月23日(木祝)

哲学堂公園・宇宙館or時空岡(当日の天候により)
所在地〒165-0024 東京都中野区松が丘1-34-28
TEL/03-3951-2515  FAX/03-3951-2280

観覧無料 11時・14時(各回40分程度)
(12:30頃 フォルクローレ+ジャワ舞踊のゲリラ・ライブあり)

【演目】ワヤン・ベベル「アルジュノの修行のゆくえ」
マハーバーラタの一部分で、主人公アルジュノが女神の協力を得て、魔王ニウォトカウォチョを征伐する物語です。

【出演】クルタクルティ

クルタクルティ Kluthak-Kluthek は、ダランとガムラン隊で構成されたワヤン一座です。ガムラン生演奏と日本語の語りによるワヤン(wayang kulit)を各地で上演しています。1998年設立。

【外部リンク】
クルタクルティ
哲学堂公園 宇宙館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17/11/18(土)五感で楽しむイベントシリーズchaabee『千夜一夜』vol.10「踊る♫インドネシア」スマトラ、ジャワ、パダンなどの伝統舞踏+インドネシアの家庭料理

会場:東京都江東区 chaabee(チャ―ビー)

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

22688096_1962062264032437_337026627

chaabee 千夜一夜 vol.10 「踊る♫インドネシア」

遠い昔のペルシアの王様の寝物語のように
世界の各地の ”文化・食・音楽・アート” に想いを馳せて、
五感で楽しむイベントシリーズ『千夜一夜』

世界で一番、島の多い国インドネシア。インドネシアには約17,000もの島があると言われており、名前が付いている島だけで13,000あるそうです。さらには言語数は約600、民族数約300、もちろん宗教も一様ではなく、モザイク国家と呼ばれています。

インドネシアの人々が共通して好きなコト、それはダンス!宗教も言葉も民族も越えて、人々はダンスを楽しみます。日本人に馴染みがあるバリ島のガムランもその一例。島や地域ごとにリズム、衣装も異なる奥深いインドネシア。

当日はインドネシア各地(スマトラ、ジャワ、パダンなど)からのゲストがお目見え。インドネシアの家庭料理を楽しみながら、民族やエリアごとに異なるダンスを見て、いっしょにリズムを刻んでみましょう。

●概要
日時 11月18日(土)18:00開場、18:30開会
人数 最大15名
会費 3800円(インドネシアの家庭料理+1ドリンク付き)
会場 Chaabee
〒135-0032 東京都 江東区福住1-11-11

●ゲスト
ナディラ・ナターシャ (Nadira Natasya)
インドネシアのバタック族(スマトラ島北部の高地に居住する民族)出身。日本在住6ヶ月、幼稚園の先生として仕事をしながら、インドネシア語の講師を務めています。当日はインドネシアの多様なカルチャーをご紹介します!

カイラニ・チャリド(Khairani Chalid)
インドネシアのバナン出身ミナン人*。日本に留学、富士宮で日本語を学んでいます。当日はバナンの伝統舞踏をご紹介します。稲の豊作を願ってお皿を使ってダンスします。インドネシアについて、いっぱいお話ししましょう!(*スマトラ島西部の高地に居住する民族、母系社会として知られ、財産や土地は、母から娘に相続される)

渡辺 真帆 (Maho Watanabe)
学生インターンシップ団体AIESECインドネシア支部に一年間在籍、現在は国際NGO職員として活動しています。民族も、食文化も、自然も多様性溢れる国、インドネシア。私の大好きなインドネシアについて、皆さまと楽しみながら分かち合えればと思います。宜しくお願いいたします!

●スケジュール
18:00 開場
18:30 開会のあいさつ、乾杯
18:35 インドネシア家庭料理
18:50 インドネシアの概要と地域ごとの挨拶を紹介
19:20 インドネシアクイズ
19:45 バダンの伝統ダンス
20:00 インドネシアの無形文化財サマンダンス
   地域ごとのリズムを奏でるワークショップ
20:30 ゆるやかに閉会

●料理
インドネシア家庭料理

●参加申し込み
chaabee 店頭 またはchaabee11111@gmail.com までご連絡ください。
*お申込み後、3日経っても主催側からの返信がない場合は再度お問い合わせください。

●ご注意
* 料理の数に限りがありますので、ご希望の方は、お早めにご予約ください。
* 料理の準備の都合上、11/16以降にキャンセルされる場合は参加費の100%を申し受けます。ご了承ください。
* Facebookのイベント上で「参加する」を押しただけでは申し込みになりません。必ずメールもしくは店頭にてお申し込みください。

【外部リンク】
・chaabee 千夜一夜 vol.10「踊る♫インドネシア」(facebook)
門前仲町の新スペース『chaabee』(そら庵 ブログ記事)
chaabee(facebook)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »