« 【ジャワからもダランとシンデンが来日!】17/09/02(土)&03(日)ジャワ舞踊・ワヤン・クリ@庭を舞台に夏の終わりを楽しむ、優しく幻想的な「和」の世界 相楽園にわのあかり2017 | トップページ | 17/09/30(土)&10/01(日)影の色彩ワヤンプロジェクト新作影絵芝居、母と子の時空を超えた 邂逅と鎮魂のものがたり「Ama」 »

2017年9月26日 (火)

17/09/30(土)&10/01(日) ワヤンクリッ公演&ワークショップ 「パンダワの奴らはどこに消えた?」

会場:大阪府大阪市北区 天満天六 音太小屋

下記の公演のお知らせがギータ・クンチャナのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

E0017689_22374561

2017093002

ワヤンクリッ公演&ワークショップ
「パンダワの奴らはどこに消えた?」

2年に1度、大阪で観られるバリ島の影絵芝居ワヤン・クリッのお知らせです!
今回はインドより伝わる壮大な物語『マハバラタ』から、
個性豊かなパンダワ5人兄弟が力を合わせ、
宿敵コラワ一族の追っ手から逃れるスリル満点のお話です。
バリ島で影絵芝居を観て言葉がわからず悶々とした経験のある方!ご安心ください。
稀有な外国人ダランとしてバリ島でも賞賛されている梅田英春さんによる、
分かりやすく日本語を交えたストーリー展開は、老若男女お子様も楽しめます。
関西ネタもぶっ混んで、ワクワクドキドキワッハッハのひとときです。
勿論ギータ・クンチャナのガムラン伴奏バテルも、ますますパワーアップ。
オープニング曲には、世界初披露のギータオリジナル曲を演奏いたします。

皮に彫刻をほどこした美しい人形を手に取り、動かす貴重な体験が出来る
ワークショップも開催します。
いずれの日も定員になり次第締め切りとなりますのでご予約はどうぞお早めに。

ワヤン・トゥンジュク梅田一座
 ダラン(語りと人形遣い)梅田英春
 クテンコン(人形遣い補佐)片倉保夫 長谷部匡
演 奏:ギータ・クンチャナ 松井克宏(スアラ・スクマ@名古屋)
日 時: 2017年9月30日(土)/10月1日(日)
      両日ともに 14時半開場 15時開演
場 所: 天満天六 音太小屋(ねたごや)
〒530-0031 大阪府大阪市北区菅栄町3-15
料 金: 前売り2,500円/高校生以下1,500円/未就学児無料
      当日券はそれぞれ+500円

※ワヤンクリッ ワークショップ
影絵芝居の人形に触れて使い方を体験できます
10月1日(日)11時~12時
場所:天満天六 音太小屋(ねたごや)
料金:500円 定員20名

**********************************
お申込み方法
以下の項目をメールにて下記アドレスへ送信してください。
ticketgitakencana@yahoo.co.jp
件名:影絵芝居申込み
内容:お名前 携帯電話番号 ご希望公演日/ワークショップ 人数
**********************************
3日以内にメールの返信が無い場合は、
受信拒否設定やメールが届いていない可能性があります。
お手数ですが再度ご連絡ください。
前売り券のお申込み締め切りは 9月28日とさせて頂きます。

主 催: ギータ・クンチャナ
後 援: 学校法人 大阪音楽大学

【外部リンク】
ワヤン・トゥンジュク梅田一座
ギータ・クンチャナ
スアラ・スクマ
天満天六 音太小屋

|

« 【ジャワからもダランとシンデンが来日!】17/09/02(土)&03(日)ジャワ舞踊・ワヤン・クリ@庭を舞台に夏の終わりを楽しむ、優しく幻想的な「和」の世界 相楽園にわのあかり2017 | トップページ | 17/09/30(土)&10/01(日)影の色彩ワヤンプロジェクト新作影絵芝居、母と子の時空を超えた 邂逅と鎮魂のものがたり「Ama」 »

「バリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121735/65840794

この記事へのトラックバック一覧です: 17/09/30(土)&10/01(日) ワヤンクリッ公演&ワークショップ 「パンダワの奴らはどこに消えた?」 :

« 【ジャワからもダランとシンデンが来日!】17/09/02(土)&03(日)ジャワ舞踊・ワヤン・クリ@庭を舞台に夏の終わりを楽しむ、優しく幻想的な「和」の世界 相楽園にわのあかり2017 | トップページ | 17/09/30(土)&10/01(日)影の色彩ワヤンプロジェクト新作影絵芝居、母と子の時空を超えた 邂逅と鎮魂のものがたり「Ama」 »