« 17/05/28(日)インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル@哲学堂公園 宇宙館 | トップページ | 17/7/2(日)スアールアグンの踊り手として活躍する親子共演 バリ舞踊来日公演《時をこえて咲く、バリの花》 »

2017年5月27日 (土)

17/05/28(日)ギター、オーボエ、ガムラン、バリダンス「Music is calling us anytime. 音楽は呼んでいる。」

会場:東京都国立市 国立・酒場FUKUSUKE

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

17390400_1298892973480831_651416576

O0397026513925462861

2017年5月28日(日)
open18:00 start18:30

ギター、オーボエ、ガムラン、バリダンスのライブ「Music is calling us anytime. 音楽は呼んでいる。」

海のような光のような宇宙のような、揺りかごのような。
音楽ってなんだ。
誰も知らない。
ただ、音楽するだけ、浴びるだけ。
夢心地のひと時を。

出演:KING-1p佐野篤(ギター、Vo,etc.)、tomoca(オーボエ) 、Terang Bulan(ガムラン:櫻田素子、錦織照子、他)、小泉ちづこ(バリ舞踊)

18157124_801598259995898_5300857292

tomoca
3歳でピアノ、13歳でオーボエに出会う。
桐朋学園大学でクラシック音楽を学び、卒業後、国内外のミュージシャンに導かれインプロビゼーションを学ぶ。これまでのスタジオミュージシャンとしての録音ワークは数千曲に及ぶ。   
2005年「Aqui」でCDデビュー。2014年 4作目のアルバムとなる全曲バリ島録音「Cantica」リリース。
オリジナリティ表現の追求・進化を続け、2012年からバリ島⇔東京の2住生活を始め、現在バリ島在住。世界各国のリスナーをオリエンタルな音色で音旅へと誘う。

18034063_801624716659919_7304345933

小泉ちづこ Koizumi Chizuko バリ舞踊家・ダンサー
横浜生まれ。
劇団民藝(みんげい)在団中に訪れたバリ島でバリ舞踊に出会う。
生活から生まれた祈りの奉納、バリ芸能の在り方、ガムラン音楽と舞踊に衝撃と感銘を受ける。
劇団を退団後、2001年から2年間、インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学し本格的にバリ舞踊を学ぶ。
大学の授業と並行して、Cok Isteri Putra Padmini 女史(ISI教授)、I Agung Mas Susilawati 女史(SMKI教諭)
I Made Keranca 氏、Ni Ketut Arini 女史などバリ島の芸術家に師事する。
帰国後、バリ舞踊教室/企画「チプタ・ブミ」を主宰し、舞踊活動・舞台制作・講師活動を開始。
現在にいたるまで渡バリを繰り返し舞踊の研鑽を積む。
生命にルーツ、根源的な祈りの喜びを大切に、舞踊家として古典形式と作品の世界を探求し続ける。
近年ではバリ舞踊形式を用いての新たな表現の模索とバリ舞踊の枠を外した舞踊の試みを展開。
様々なジャンルのミュージシャンやアーティストとの共演、オリジナルの創作活動にも力を注いでいる。
2012年より千葉県南房総市千倉に居を移し、横浜と千倉を往復しながらの舞踊ライフを邁進中。

18199540_1339842722719189_844273167

18216591_1339843209385807_386910772

トゥラン・ブーラン Terang Bulan
Terang Bulanはインドネシア語で"明るく輝く月”。日本で類を見ないハイクオリティーなサウンドを聴かせる、バリ・ガムラン演奏ユニット。主宰・櫻田素子により、様々なコンセプトに合わせ3名から20名程の大編成まで自在に組まれ、伝統曲、舞踊曲の他、オリジナル作品に積極的に取り組み、コラボレーション、芸能国際交流など、精力的に活動。2009年と2014年、本場バリ島の芸術祭に参加、その表現力と演奏技術に高い評価を得ている。
今回は、トゥラン・ブーラン より2名が出演。
 ゴリさん、こと、錦織照子は、トゥラン・ブーラン・メンバー歴長く、その楚々とした外見とは裏腹に、メタルサウンドをガッツリきかせる重鎮。特に、バリ・ガムランの大きな特徴であるコテカン=組み合わせフレーズ奏法で、いわゆる裏打ちあるいは高音のパートを支える。オリジナルな作品を探求する小編成に常時参加している。
 もう1名は、ワタクシ主宰の櫻田素子。佐野篤とKINGの宇宙ロックとの出会いは、もう20年程前。
 tomocaさんのうっとりと滑空する音色、佐野さんの懐深い世界観、ガムランの溶解する金属の響き。
 音楽は世界だ。。

18342723_1344952018874926_149296092

佐野篤  (Vo.G. etc…)
三歳から音楽活動を始める。初めて手にした楽器はバイオリン。弾く楽器として性に合わず、弾きながら寝てしまう。
思春期にグラムロック等に影響を受け、19歳、S-kenに誘われ、東京のロックシーンに出る。
後、ティポグラフィカ,EPO.BEGIN,E.YAZAWAを始め様々な仕事をこなす。28歳アフリカにリズムの旅に出て、帰国後KINGを結成し現在に至る。
ギター・バイオリン・リコーダー・ジェンべ・チェロなど様々な楽器を演奏するが、ベーシストとして知られ、作詞作曲には特に光るものがある。
今年も、南米よりフロレンシア・ルイスを招き、ロスオンゴスオリエンタレスで恒例のツアーを行う。
カルメン・マキ「デラシネ」発売記念ライブで、4月に奄美・5月に関西へ向う。
画像に含まれている可能性があるもの:1人、演奏、ギター

予約:2500円
当日:3000円
学割:1500円 共に(要+1ドリンク代)

*ご予約はこの欄へのメッセージでも受け付けます。

※お店へのご予約はメールおよび電話で!
メールの場合件名を『5/28』とし、お名前、人数、ご連絡先を必ず明記の上送ってください(前日締め切り)。

国立・酒場FUKUSUKE
東京都国立市東1-15-22国立サニービル3階
TEL.042-574-0445 
sakabarfukusuke@yahoo.co.jp

Terang Bulan+小泉ちづこ+KING-2pの以前の動画です。
今回はもっと小編成ですが、オーボエのtomocaさんがインドネシアから参加
どうぞおたのしみに。

【外部リンク】
Terang Bulan
小泉ちづこ
国立・酒場FUKUSUKE

|

« 17/05/28(日)インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル@哲学堂公園 宇宙館 | トップページ | 17/7/2(日)スアールアグンの踊り手として活躍する親子共演 バリ舞踊来日公演《時をこえて咲く、バリの花》 »

「バリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121735/65332460

この記事へのトラックバック一覧です: 17/05/28(日)ギター、オーボエ、ガムラン、バリダンス「Music is calling us anytime. 音楽は呼んでいる。」:

« 17/05/28(日)インドネシアの絵巻物芝居とガムラン演奏~ワヤン・ベベル@哲学堂公園 宇宙館 | トップページ | 17/7/2(日)スアールアグンの踊り手として活躍する親子共演 バリ舞踊来日公演《時をこえて咲く、バリの花》 »