« 16/11/6(日)バリ島文化を体感できる!バリ舞踊&レッスン@湘南T-SITE バリ島week Trip to BALI | トップページ | (14/05/13追記)【放射能情報】東北・関東汚染マップ(作:群馬大学 早川由紀夫教授)/関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。/「放射能防御プロジェクト」木下黄太さん »

2016年11月 9日 (水)

16/11/13(日)―昼下がりの王宮と煌めく影たちージャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》

会場:大阪府豊中市 大阪大学豊中キャンパス

下記の公演のお知らせが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

14718753_1460379087305733_693231008

ジャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》
―昼下がりの王宮と煌めく影たちー

11月13日(日)
14時30分開場、15時開演
会場:大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館ホール
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5
電話:06-6850-6111(代)

プログラム
第一部:ジャワ舞踊
ジャワ歌謡曲、古典曲、ジャワ舞踊。

第二部:影絵劇ワヤン
演目は「ラーマーヤナ物語 ラーマ王子とシンタ姫」と題し、ラーマーヤナ物語のダイジェスト版のような構成でお届けする予定です。影絵劇は聴衆の皆さんに影絵芝居現場の「裏と表」をご覧いただけるように工夫中です。

Javaculturekebudayaanjawadiindonesi

また公演後に聴衆の皆さんにガムランの楽器に触れて音を出すコーナーを設けます。ぜひ触ってみてください。

《ジャワ芸能の魅力》大衆芸能の影絵劇、ジャワ歌謡曲、古典曲、ジャワ舞踊の4つの魅力をユニークな集団「ジャワ曼荼羅」がお伝えします。

ジョグジャカルタから来日中のアナント・ウィチャクソノさん、
ジャワ舞踊家の岡戸香里さん、
小編成ジャワガムラングループTidak apa-apaさんと共に
「ジャワ曼荼羅―昼下がりの王宮と煌めく影たちー」と題し、
伝統的な古典曲の演奏、ジャワ舞踊に、影絵芝居のワヤン・クリと、様々なジャワ芸能を堪能していただける公演となっています。

 第一部は「昼下がりの王宮」ということで、
中部ジャワの古都ソロの王宮をイメージし、
お客様に王様と共に賓客の一人としてガムランを味わって
いただけるような構成にしてみました。

プンドポから流れてくるガムランの響き、王のお出まし、
ジャワ舞踊の鑑賞、その場に立ち会った皆様への安寧の祈り、
そして夕闇の時間から第2部のワヤンの煌めく闇へ…と
流れていきます。

ワンコインコンサートを主催されている方のイメージでは、
いっそ司会も入れずどっぷりとジャワの芸能を味わって
もらうのもいいかもしれない…。という話も出ていて、
ノンストップで第一部の1時間弱、
ジャワガムランが流れっぱなし…という
(もし私がお客様なら)至福の時間が実現するかもしれません!!

第2部は、ラーマーヤナの話を演目とした
ワヤン・クリと呼ばれる、ジャワの伝統的な影絵芝居を
披露します。
たぶん、ダルマ・ブダヤ初のワヤンのへの挑戦ではないでしょうか?ダランのナナン君の指導の下、頑張っております!

コンサートと合わせて、ジャワの雑貨や、ジャワガムランのCDなど物販も行います。市民コンサートということで、なんとワンコイン!500円でご覧いただけますよ。ぜひお越しください!

出演者

The_three

Tidak apa apa
ガムランをこよなく愛す女三人 西田有里、松田仁美 、近藤チャコ で2014年に結成された小編成ガムラングループ。ジャワ影絵人形使いアナント・ウィチャクソノ氏と共に影絵芝居ワヤンの上演も行う。

Ananto_profil

Ananto Wicaksono
アナント・ウィチャクソノ
インドネシア、ジョグジャカルタ生まれ。幼少よりダラン(影絵人形遣い)として数多くの舞台に立つ。伝統的な影絵芝居の上演のほか、他ジャンルとのコラボレーションによる新作や、影絵人形を用いたアニメーション作品の制作も行う。インドネシア国内の他、2008年よりオランダ、フランス、ドイツ、イギリス、台湾など海外での公演も多数。2011年より日本での活動を開始。

Img_2796

岡戸香里
ジャワに長期滞在し、スラカルタ、マンクヌガラン王宮、ジョグジャカルタ様式ジャワ舞踊とジャワガムランを学び、2016年3月帰国。ジャワ舞踊、ジャワガムランに関連する研究も行っている。

Image1

ダルマ・ブダヤ
1979年に、植野アジア芸術文化振興財団との共同事業として、大阪大学文学部音楽学研究室を拠点に結成された。一貫して中部ジャワスタイルの古典音楽を学びつづける一方、ガムランのための新しい作品の演奏を手がけ、現代のガムランの展開に大きく貢献してきた。国際的な舞台にも参加、1996年にはインドネシア4都市での演奏旅行を成功させた。近年は、伝統の体現を目指し、古典音楽の演奏に一層の磨きをかけ、毎年、春と秋には大阪大学で古典音楽を中心にした定期コンサートを行っている。同時に、オリジナルの創作にも積極的に取り組んでおり、1999年からは3年にわたり劇団態変との公演でコラボレーションを行い、2000年にはジャワのガムランによる、日本初のオリジナル ガムランのCD「壺から溢れでるもの」をリリース。2004年には舞踏家、ジャワ舞踊家とのコラボレーションによる自主公演「スクエア」を成功させた。一般向けのワークショップや誰でも気軽に参加できる日曜ガムランも行っており、関西における開かれたジャワ・ガムランのグループとして幅広い活動を行っている。メンバーは20代〜50代の社会人と学生。代表は山崎晃男(樟蔭女子大学)。

【外部リンク】
ダルマ・ブダヤ Facebook
ジャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》
大阪大学

|

« 16/11/6(日)バリ島文化を体感できる!バリ舞踊&レッスン@湘南T-SITE バリ島week Trip to BALI | トップページ | (14/05/13追記)【放射能情報】東北・関東汚染マップ(作:群馬大学 早川由紀夫教授)/関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。/「放射能防御プロジェクト」木下黄太さん »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121735/64467383

この記事へのトラックバック一覧です: 16/11/13(日)―昼下がりの王宮と煌めく影たちージャワ曼荼羅《ジャワ芸能の魅力》:

« 16/11/6(日)バリ島文化を体感できる!バリ舞踊&レッスン@湘南T-SITE バリ島week Trip to BALI | トップページ | (14/05/13追記)【放射能情報】東北・関東汚染マップ(作:群馬大学 早川由紀夫教授)/関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。/「放射能防御プロジェクト」木下黄太さん »