« 16/09/10(土)インドネシア・バリ島の獅子"バロン"@アジアの獅子大集合「大船渡復興 北東北三大まつり」 | トップページ | 16/09/17(土)〜長月の夜を、皆様とご一緒に〜バリ・ガムランコンサート@葛飾区のお寺「崇福寺」 »

2016年8月10日 (水)

16/08/31(水)やぶくみこ+野村誠による京都での即興ガムランを主軸にした催し「プンドポの夕べ vol.8」

下記の公演がホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1417615036

(過去の公演のチラシです)

プンドポの夕べ vol.8
日時:
2016年8月31日(水)
OPEN  19:30 / START 20:00

入場料:1500yen   

出演:
ジャワガムラン:やぶくみこ(パーカッショニスト /作曲家)+野村誠
(作曲家、鍵ハモ・ピアノ奏者、共同作曲実践者)

ゲスト:エンリコ・ベルテッリ

会場:
金一志韓国伝統芸術院 
〒602-0841 京都府京都市上京区梶井町448−17

ゲスト:エンリコ・ベルテッリ (パーカッショニスト)

今回で8回目を迎える「プンドポの夕べ」は、やぶくみこと野村誠によるジャワガムランを中心に活動を続けているSekar  Gendisのレパートリーもお送りします。今回のゲストはエンリコ・ベルテッリ。「プンドポの夕べ」に登場するのは2回目になります。

ロンドンで活躍中のエンリコ・ベルテッリ(打楽器奏者)をお招きします。
エ ンリコとは6年前にイギリス留学中に知り合い、在学している学生のなかでもとてもアクティブにいつも面白い音楽をする人で、また、彼は倍音が強く聴こえる という耳を持つことからエレクトロニクスやガムランに興味をもっており、在学中は打楽器奏者つながりで一緒にコンサートしたり、ごはん食べたりとわいわい と遊んでました。
京都ではじまったコンテンポラリーガムランとの出会いで、またどんな音楽が生まれるのか楽しみです。

-------------

やぶくみこ

1982年 岸和田生まれ。京都在住。パーカッショニスト /作曲家。

桜美林大学で音響を、文化庁在外研修員としてヨーク大学大学院で共同作曲を、インドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸大ジョグジャカルタ校にてガムランを学ぶ。
主に中東の打楽器“ダルブッカ”やインドネシア の”ガムラン”を演奏する。
モモンガ• コンプレックス『ウォールフラワーズ』にて音楽を担当。音楽を担当した映画『歓待』(監督:深田晃司)が第15回プチョン国際ファンタスティック映画祭(韓国)NETPAC賞(最優秀アジア 映画賞)受賞。
海外では、Ergodos Festival (アイルランド) に出演。Buxton Festival (イギリス)ではガムラン演奏および、観客参加型の作品を発表し好評を得る。Kontraste Festival(オーストリア)にて野村誠の即興音楽プロジェクトI-Picnicに出演。Yogyakarta Gamelan Festival 2011 (インドネシア)に出演。
京都のガムラングループ、スカルグンディス主宰。

野村誠

1968年、名古屋生まれ。8歳より自発的に作曲を始める。京都大学理学部在学中、京大音楽研究会に所属し、河合拓治や大井浩明と出会い、多大な影響を受ける。1990年 即興演奏をベースに共同作曲するバンドpou-fouを結成。 
1968年、名古屋生まれ。8歳より自発的に作曲を始める。京都大学理学部在学中、京大音楽研究会に所属し、河合拓治や大井浩明と出会い、多大な影響を受ける。1990年 即興演奏をベースに共同作曲するバンドpou-fouを結成。
1991年 Sony Music EntertainmentのNEW ARTISTS AUDITION91でグランプリを受賞。1992年 CD「Bird Chase」をリリース。
作曲作品に、「アートサーカス」(弦楽四重奏)、「オルガンスープ」(オルガン)、「NO NOTES」(任意の楽器アンサンブルのための)などがあり、 Bochumer Sympho   niker(ドイツ)、大井浩明、御喜美江、松原勝也、藤原真理、マルガサリ、高橋悠治、高橋アキ、宮田まゆみ、大田智美などが野村作品を演奏している。「Kontraste Festival」(オーストリア)、「Zommer Jazz Fietstour」(オランダ)、「Lille 2004」(フランス)、「Japan 2001」(イギリス)、「竹山国際芸術祭」(韓国)などのフェスティバルに招待される。また、Charles Hayward、Carl Stone、Soon Kim、大友良英、梅津和時などと即興演奏で共演、山下残(振付家)、島袋道浩(美術家)、荒井良二(絵本作家)、吉増剛造(詩人)らとコラボレーション。第1回アサヒビール芸術賞 、JCC ART AWARDS現代音楽部門最優秀賞などを受賞。

著書に「音楽ってどうやるの」「即興演奏ってどうやるの」(あおぞら音楽社)、「音楽の未来を作曲する」「老人ホームに音楽がひびく」(晶文社)、「音・リズム・からだ」(民衆社)、「音楽づくりのヒント」(音楽之友社)などがあり、楽譜はマザーアース株式会社より出版されている。CDに「せみ」、「INTERMEZZO」、「しょうぎ交響曲の誕生」などがある。

エンリコ・ベルテッリプロフィール
ENRICO BERTELLI
音楽家

イタリア出身。生まれてまもなくイギリスへ引っ越し、現代音楽や打楽器に興味を持つ。イタリアのベネチア大学で打楽器学を専攻、カーディフ大学でパフォーマンス研究の修士号を取得し、現在はヨーク大学の博士課程に在籍。打楽器や電子楽器に現代パフォーマンスを研究している。また2年ほど前に、”Cognitive Music”プロジェクトを立ち上げ、障害のある子どもたちのための、音楽ワークショップに取り組んでいる。携帯電話やリンゴなど、身近なテクノロジーや物を使って音楽を体験することにより、創造性や表現力を育む。

【外部リンク】
ガムラングループ、スカルグンディス
やぶくみこホームページ
野村誠ホームページ
金一志韓国伝統芸術院

|

« 16/09/10(土)インドネシア・バリ島の獅子"バロン"@アジアの獅子大集合「大船渡復興 北東北三大まつり」 | トップページ | 16/09/17(土)〜長月の夜を、皆様とご一緒に〜バリ・ガムランコンサート@葛飾区のお寺「崇福寺」 »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121735/64039689

この記事へのトラックバック一覧です: 16/08/31(水)やぶくみこ+野村誠による京都での即興ガムランを主軸にした催し「プンドポの夕べ vol.8」:

« 16/09/10(土)インドネシア・バリ島の獅子"バロン"@アジアの獅子大集合「大船渡復興 北東北三大まつり」 | トップページ | 16/09/17(土)〜長月の夜を、皆様とご一緒に〜バリ・ガムランコンサート@葛飾区のお寺「崇福寺」 »