« 16/7/17(日)お店の醸し出す雰囲気がワヤンとぴったり. ワヤン・ベベル+ワヤン・クリ@千葉県成田市 はしらデリ&カフェ | トップページ | 16/07/16(土)「ジャワの伝統文化体験」~漢方ジャムゥからガムラン、衣装まで~。講師と演奏家の方をお招きして、ジャムウ、伝統衣装についてのお話やガムラン演奏。 »

2016年6月16日 (木)

16/08/07(日)東京・8/20(土)&21(日)金沢・09/15(木)&16(金)京都 音、影、色を融合させた新しい影絵劇を作る試み。影の色彩ワヤンプロジェクト 夏の三都市公演ツアーワークショップ「おどる影絵!」影絵芝居「夜叉ケ池」

会場:東京都千代田区 アーツ千代田 3331/石川県金沢市 金沢市民芸術村ドラマ工房/京都府京都市中京区 京都芸術センター

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Ckwgujvuuaeusta

P_ws04

●夏の三都市①東京公演「おどる影絵!」―影と音楽による、即興での作画作曲コミュニケーション―

Tokyo

企画者:影の色彩ワヤンプロジェクト
時間:14:00-17:00
定員:20名/小学生未満保護者同伴
会場:アーツ千代田 3331
参加費:300円

参加者一人一人がインドネシアの伝統的な手法を用いた影絵人形をつくります。みんなでその場でつくった音楽に合わせて影絵人形を動かしてみましょう!あなただけの影絵人形は光と影のなかでどんな動きをするでしょうか?

東京公演 アーツ千代田3331
〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目11-14
電話: 03-6803-2441

ポコラート全国公募展 vol.6 ワークショップ部門参加作品
ワークショップ「おどる影絵!」

ボール紙や木の棒で影絵人形をつくるコース
ガムランや手拍子で即興音楽を楽しむコース

の両方を体験していただけます。

参加費 300円
定員:20名
小学生未満保護者同伴

申込先
E-mail: ws1@3331.jp
Tel: 03-6803-2441(代表) Fax: 03-6803-2442
※ 件名:「(お申し込みのイベント名)申し込み」とご記入ください。※メール環境の無い方は、お電話またはFAXにて受付いたします。

必要事項
1 お名前(ふりがな)
2 ご年齢
3 当日のご連絡先(携帯電話など)
4 障がいの有無と介助状態(介助者同伴など)
5 その他、当日配慮することや必要な介助などがございましたらお知らせください。
※介助者同伴の場合、介助者の必要事項についてもご連絡ください。
※ワークショップは、お早めにお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。詳細については、お申し込み後にあらためてご連絡を差し上げます。

Kanazawa

●夏の三都市②金沢公演 金沢市民芸術村ドラマ工房

ワークショップ「おどる影絵!」
妖怪や不思議な生き物たちのワンシーンを、自作の影絵人形と音楽で、即興的に作ります。ボール紙や木の棒で影絵人形を作るコース、ガムランや手拍子で即興的に音楽を作るコースに分かれて創作、最後にみんなで集まって舞台の中で夜叉ヶ池のワンシーンをつくります。

8月20日(土)15時ー17時
  参加費1,500円  
  先着20名様限定(各コース10名様前後)
ご予約時に影絵人形作成コース もしくは 即興音楽コース(ガムラン、手拍子、歌)のどちらかをお選びください。

ワークショップ講師 影の色彩ワヤンプロジェクト、Tidak Apa Apa 、江南泰佐

ご予約 
・影絵人形コース → ご予約
・ガムランと手拍子による即興音楽コース → ご予約

金沢市民芸術村ドラマ工房 〒920-0046 石川県金沢市大和町1−1

夏の三都市②-2 金沢 影絵芝居「夜叉ケ池」
2016年6月13日  |  コメントはまだありません
泉鏡花原作
「夜叉ケ池」の幻想的な世界をインドネシア・ジャワの伝統的影絵芝居とガムランの生演奏、ピアノと歌、布と映像のインスタレーションの中でお届けします。

場所:金沢市民芸術村ドラマ工房

8月20日(土)
 18時半開場19時開演 

8月21日(日)
 14時半開場15時開演 

前売り 1,500円  当日2,000円 中学生以下無料
   中学生以下の方も事前のご予約にご協力ください。

ご予約 カルテットオンライン

出演:影の色彩ワヤンプロジェクト(アナント・ウィチャクソノ、西田有里、岩井美佳) ・ 
Tidak Apa Apa(西田有里、近藤チャコ、松田仁美)・小川雅美・江南泰佐

照明 宮向隆(金沢公演) 音響 清水聖一(金沢公演)  設営・撮影 奥祐司(金沢公演) 
台本協力 市川幸子  プログラミング協力 中安翌  衣装協力 takatachi

Kyoto

夏の三都市③京都公演9月15日(木)ー16日(金)
2016年6月2日  |  コメントはまだありません
京都公演 京都芸術センター フリースペース
〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546−2
電話: 075-213-1000

影絵芝居「夜叉ケ池」
2016年
9月15日(木) 19時半開場 20時開演
(プレライブつき)

9月16日(金) 18時半開場 19時開演

前売り 1,500円  当日2,000円 中学生以下無料
中学生以下の方も事前のご予約にご協力ください。

※15日、16日の開演時間が一時間異なります。ご注意ください。
尚、15日の公演は、20時から30分間のプレライブつき となっております。
ご予約は、カルテットオンラインより、お願いいたします。

また、7月1日からは、京都芸術センター窓口(10時ー20時)にても、チケットのお取り扱いをしております。

よろしくお願いいたします。

●影の色彩ワヤンプロジェクトとは

Kageiro300x222

影絵芝居「夜叉ヶ池」 影の色彩ワヤンプロジェクト from ChordalColors on Vimeo.

影の色彩 ワヤンプロジェクトは、布、映像作品を作る岩井美佳、ジャワ影絵芝居ワヤンの人形師アナント・ウィチャ クソノ、ガムラン奏者西田有里を中心とした、音、影、色を融合させた新しい影絵劇を作る試みである。

幾層にも重なっ た透明な大きな布と映像により、色彩がとけ合うような身体的な影絵劇となる。

かつて暗闇が今よりも濃く長かった頃、炎によって浮かび上がる影絵は、人間の世界とは異なる精霊や妖怪たちの世界を現前させる手段であり、祈祷や鎮魂の儀礼と深く結びついていた。現在のように人や物や情報の交流のスピードが速くなかった頃、白い一枚の布でできたスクリーンは世界そのもののように見立てられ、その中央で人形を操るダラン(註:インドネシアの伝統影絵芝居ワヤン・クリッの人形遣い)はシャーマンとして絶対的な存在であった。
現代の都市では漆黒の闇は次第に薄れ、人や物や情報も次第に速度を上げて行き交うようになり、人々の関係もより流動的で複数の文化が重なりあって存在している。
影の色彩ワヤンプロジェクトの作品は、そのように移り変わりながらも多層に重なり交わる価値観に呼応するように、幾層にも重なった透明な大きな布によるインスタレーションをひとつの世界と見立てる。

影絵師はその層の間を自由に行き来しながら、影を表現する。この画像での光源は、音楽とともに揺らめくプログラミングを施した、主に手書きの水彩画スケッチによる映像である。よってその影は非常にはかなく、繊細に布間で交じり合いながらのびていく。

その不確かであいまいだが、「感じることができる美しいなにか」を、私たちは表現したいと考えている。

また、「異なるものが交じり合い、ある風景をつくる」これも私たちのコンセプトである。そのために、音楽も従来のガムランの伝統的旋律に加え、あえてその世界に交わらない音律をもつピアノを取り入れ、異なる色彩感をもつ音色を共存させ、世界に広がりを持たせている。

私たちの影絵には4つの要素がある。投影面であり身体を包み込むインスタレーション、映像をも含む光の表現、繊細な細工を施された影絵人形と人形遣いの身体性による影、そして生演奏による音楽。それらの要素は、何かが主で、何かが従、のような関係性ではなく、お互いの表現に耳を澄まし、目を凝らしながら広い範囲で見つめ同時多発的に、相互に作用しながら世界をつむいでいく。このことは、非常に現代的な感覚でもあり、逆説的ではあるが、同時に現代では失われつつある大切な感覚であると私たちは信じている。

<活動歴>
2015年 ワークショップ・影絵芝居夜叉ヶ池(金沢アートグミ)
2016年 ワークショップ・影絵芝居夜叉ヶ池(金沢市民芸術村)

【外部リンク】
影の色彩ワヤンプロジェクト
東京都 アーツ千代田 3331
石川県 金沢市民芸術村
京都府 京都芸術センター




|

« 16/7/17(日)お店の醸し出す雰囲気がワヤンとぴったり. ワヤン・ベベル+ワヤン・クリ@千葉県成田市 はしらデリ&カフェ | トップページ | 16/07/16(土)「ジャワの伝統文化体験」~漢方ジャムゥからガムラン、衣装まで~。講師と演奏家の方をお招きして、ジャムウ、伝統衣装についてのお話やガムラン演奏。 »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16/08/07(日)東京・8/20(土)&21(日)金沢・09/15(木)&16(金)京都 音、影、色を融合させた新しい影絵劇を作る試み。影の色彩ワヤンプロジェクト 夏の三都市公演ツアーワークショップ「おどる影絵!」影絵芝居「夜叉ケ池」:

« 16/7/17(日)お店の醸し出す雰囲気がワヤンとぴったり. ワヤン・ベベル+ワヤン・クリ@千葉県成田市 はしらデリ&カフェ | トップページ | 16/07/16(土)「ジャワの伝統文化体験」~漢方ジャムゥからガムラン、衣装まで~。講師と演奏家の方をお招きして、ジャムウ、伝統衣装についてのお話やガムラン演奏。 »