« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月22日 (水)

【2016日本公演】16/9/22(木/祝)福島・9/24(土)岐阜・09/25(日)愛知 ・9/27(火)宮城・9/29(木)福井・10/1(土)静岡・10/2(日)「大地の響き」18台9種類の竹製打楽器・ジェゴグによるアンサンブル。スアール・アグン日本公演 2016!

会場:福島・いわき芸術文化交流館アリオス/岐阜・サラマンカホール/愛知・豊田市コンサートホール/宮城・えずこホール 仙南芸術文化センター/福井県立音楽堂 ハーモニーホールふくい/静岡音楽館AOI/東京・めぐろパーシモンホール
下記の公演があります。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016_gegog_p1

2016_gegog_p23

2016_gegog_p4
17241
世界音楽の旅シリーズ「バリ島の民族音楽」
~神々が宿る島、インドネシア・バリ島に伝わる ガムラン音楽の魅力~ 
スアール・アグン
ガムラン音楽人気の立役者として知られるグループ、スアール・アグンが奏でる本場のバリ島の音楽。18台9種類の竹製打楽器・ジェゴグによるアンサンブルは「大地の響き」と評され、まるで地面がうめいているような桁外れの迫力です。お腹に響く重低音、心地よい竹の響きと美しい舞踊に、あなたも夢中になること間違いなし!
◆出演
スアール・アグン(竹琴奏者18名、バリ舞踏4名)
◆プログラム
ムバルン巨竹オーケストラ・バトル、ジョゲ・ブン・ブン、スアール・アグン ほか

9/22(木/祝)福島・いわき芸術文化交流館アリオス
9/24(土)岐阜・サラマンカホール
9/25(日)愛知・豊田市コンサートホール
9/27(火)宮城・えずこホール 仙南芸術文化センター
9/29(木)福井県立音楽堂 ハーモニーホールふくい
10/1(土)静岡音楽館AOI
10/2(日)東京・めぐろパーシモンホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【15周年!】16/08/06(土)~07(日)神社の空間で行われる幻想的なバリ芸能の宵!第15回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭「夢中のとびら」

会場:東京都杉並区 阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿

下記の講座のお知らせが戦場の旗手(阿佐ヶ谷バリ舞踊祭主宰)のブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

13403287_560625824146291_9479778710

13442462_560625820812958_1257983855

Leaflet Pesta Kesenian Bali ke_15 di ASAGAYA
第15回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭

第15回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 15周年記念祭!
「夢中のとびら」
日時◎2016年8月6日(土)7日(日)両日17時開演(16時開場)
会場◎阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿
(東京都杉並区阿佐谷北1-25-5 JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分)
◎入場無料
◎雨天決行(荒天中止)

今年も精一杯頑張ります!
皆様のご来場をお待ちしております。

今年で15周年を迎えるインドネシア・バリ島芸能の祭典 「阿佐ヶ谷バリ舞踊祭」。本場バリ島の舞踊家・演奏家をはじめ、 国内有数の踊り手&演奏者約100人が 一堂に会す奉納イベント。 神聖な空間で行われる幻想的なバリ芸能の宵を、 たっぷりとお楽しみください。

[主催]阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員会
[後援]インドネシア共和国大使館 杉並区
[協力]阿佐ヶ谷神明宮 交友会商店街 親交会商店街 商和会商店街 北仲通り商栄会 スターロード 新進会商店街 進交会商店街 パールセンター 川端通り商店街 すずらん商店街 一番街商店街

阿佐ヶ谷バリ舞踊祭15周年にあたり、バリ島プリアタン村ティルタ・サリ楽団代表アナッ・アグン・グデ・オカ・ダラム氏にいただいたお祝いのメッセージ

「阿佐ヶ谷バリ舞踊祭が、つつがなく成功のうちに行われますよう、お祈りいたします」

8月6日(土) 17時開演(16時開場)

■第1部■

1. ゴパラ Gopala
舞踊:●永島玖美 林田圭緯子 細金久美●阿部歩 奈良由紀子 萩原香織●安嶋圭子 遠藤忠之 芳野未央●上田治 木下浩司 小林隆一
演奏:DARMA☆KANTI(ダルマ☆カンティ)/足立真里子 岡部景子 忽那亜弥 久保田京子 木暮史子 小原眞巳 田仲文 根岸久美子 新留美哉子 藤田栄子 堀川弥生 渡邉暢子 皆川厚一 ほか

牛飼いの農夫たちが牛を追いながら集い楽しんでいる様子をユーモラスに描いた踊り。バリでも大人気の男性舞踊です。

2 クンバン・ギラン Kembang Girang
舞踊:酒井絵美子 中山真希子 長山清香 安田冴
演奏:DARMA☆KANTI

近年の創作舞踊。「陽気な花」を意味するタイトル通り、明るく美しい娘たちの様子を描いた演目です。今回はリンディックにアレンジした演奏でお届けします。軽快な音色に合わせて陽気に舞う姿をお楽しみください。

3 トゥドゥン・サリ Tedung Sari
舞踊:梅津円 日向未央 松浦好恵

お気に入りの傘があれば雨も日射しもなんのその。キレイな傘、うれしくてたまらない♥

4 レゴン・トゥリ・サクティ Legong Tri Sakti
舞踊:Basundhari(バスンダリ)/長谷川亜美 小林美紀 元木亜希

ヒンドゥー教三神を陰から支える女神を表した作品です。

休憩

■ 第2部 ■

5 レゴン・ナルワストゥ Legong Narwastu
舞踊:井上あきみ 佐味千珠子 根津聖羅 富沢香寿美 宮沢巳起代

2009年にニ・クトゥット・アリニさんによって創られた新しいレゴンです。人の噂に惑わされ、誤解し傷つけ合う仲間が、お互いに自分の非に気づいて許し合う様子を描き、許すことの大切さを表しています。

6 ヌラヤン Nelayan
舞踊:尾形布美子 金子ゆかり 近藤ゆま

庶民の生活をテーマにした踊りのひとつで、投網漁をする漁師の様子を描いた作品。海に向かって餌をまき、網を引いたり、獲った魚に食いつかれ怪我をするシーンなどがユーモラスに表現されています。さあ、今日も大漁めざして、いざ海へ!

休憩

■ 第3部 ■

7 ジャヤ・スマラ Jaya Semara
演奏:Sekar Djepun(スカル・ジュプン)/堀川弥生 足立真里子 伊藤祐里子 上田治 大久保牧子 岡部景子 加藤公敏 木下浩司 忽那亜弥 木暮史子 佐々木典子 瀬戸宏 竹内裕子 田仲文 塚原環 塚原尚 西尾幸絵 平山麻実 船越裕美 船越博行 細川康子 和田康弘 渡辺咲子 渡邉暢子 皆川厚一 國崎理嘉

スピート感、迫力、一体感といったゴング・クビャールの粋が詰まった器楽曲。技術的にも難易度の高い名曲にメンバー一丸となって挑みます。

8 パニャンブラマ Panyembrama
舞踊:大塚心結 峠杏奈 林美智子
演奏:Sekar Djepun

歓迎の踊り。バリ島では神様をお迎えする際、色とりどりの花をまいて場を清めるために踊られます。今回は小さな子どもたちが踊ります。

9 バリス・トゥンガル Baris Tunggal
舞踊:内藤愛
演奏:Sekar Djepun

戦場に勇敢に立ち向かう戦士の舞。気迫、恐れ、緊張感を全身で表現します。踊り手が演奏者へ合図を出し、踊りとガムランの音色が一体となってひとつの世界を創るバリスワールドをお楽しみください。

10 クビャール・ドゥドゥック Kebyar Duduk
舞踊:松重貢一郎
演奏:Sekar Djepun

男性が踊る中性的な舞踊。鋭く俊敏に、ときに甘く優雅にと表情が変わり、Duduk(座る)の名の通り、ほとんどのパートを座るか中腰の姿勢のまま動きながら踊ります。

8月7日(日) 17時開演(16時開場)

■ 第1部 ■

1 プスパ・ワルナ Puspa Waruna
舞踊:猪野尾洋美 川名直美 木村仁美 橘陽子 田邊優子 西川しのぶ 布野典子 松嶋裕子 三浦智江 水落ゆか 村上祐子 村田知枝美

蕾から色とりどりの花が咲く様を描いた、ニョマン・カレールによる創作。可憐な花の印象とは少々異なる風変わりな前奏は、当時バリに駐屯していた日本軍の召集ラッパにヒントを得て作曲されたという、バリと日本の縁ある演目。日本の地で花開いたバリの舞踊。未来に継がれていくことを願いつつ。

2 キジャン・クンチャナ Kidang Kencana
舞踊:尾崎元子 中野愛子 東裕子

黄金の鹿の踊り。森の中で戯れる鹿たちの踊りです。

3 タリ・クレアシ・スバック・プマッバック Tari Kreasi Subak Pemakbak
舞踊:Bali Kencana(バリ・クンチャナ)/朝久野友紀 伊藤真貴子 小原妙子 内藤仁美 永島玖美 林田圭緯子 深石弘美 細金久美
歌:Komang Sujaya(Bli Bagus ブリ・バグース) Komang Supatra 深崎彩恵子 前浜恭子

2009年発表の新作舞踊。スバックとは世界遺産でもあるバリの水利システム。スバックでは男も女も助け合い、棚田を耕し田植えをし、稲を育て収穫し、豊穣の神様に感謝する祭を行う。

休憩

■ 第2部 ■

4 チッタ・ニルバナ Citta Nirbhana
舞踊:Prana(プラナ)/乾真梨子 大野里美 渡邉千明

ヒンドゥー教の三大神、ブラフマ、ヴィシュヌ、シバ。三神のパワーが拮抗しながらも均衡が保たれ、世界は成り立っている。すべての音に振付があり、展開の早い動きで華やかに舞い踊る。2013年バリ芸術祭、カランガッサム県代表の創作舞踊。

5 レゴン・スマランダナ Legong Semarandana
舞踊:Nataraja Bali(ナタラジャ・バリ)/芳野未央 安嶋圭子

プリアタンの古典舞踊。シバ神が瞑想に入ったため世界が闇に包まれる。スマラ神が瞑想を覚まし光が戻ったが、スマラはシバの怒りの化身ランダに焼き尽くされてしまう。

休憩

■ 第3部 ■

6 ランバン・サリ Lambang Sari
舞踊:狩野南 小林純子 篠牧子 松田由紀子 宮永佐久美 若林めぐみ 松重貢一郎

プリアタン村「ティルタ・サリ」楽団オリジナルの歓迎の舞。宮廷の女官頭と女官たちが花を摘む様子が描かれています。最後は花びらをまいて神様に感謝を捧げるとともに、お客様を歓迎し祝福します。

7 レンケール Lengker
演奏:Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)/櫻田素子 大竹真理子 久保田京子 小原眞巳 佐々木典子 塩川博義 城島茂樹 鈴木良枝 田中沙織 丹野幸枝 錦織照子 根岸久美子 平山麻実 藤田栄子 宮城康夫 横山友美 吉田まゆみ 渡辺泰子 ほか

今回演奏するガムラン編成「スマル・プグリンガン・サイ・ピトゥ Semar Pegulingan Saih Pitu(七音の古典ガムラン)」に相応しい優雅な古典器楽曲。

8 ガボール Gabor
舞踊:風間千晶 内藤えりか 中谷リナ 森山みすず
演奏:Terang Bulan

バリの儀礼・祭礼での神迎えの舞踊を元に創られた、古典的な歓迎の舞。花びらをまいて祝福します。

9 テレック~ジャウック Telek~Jauk
舞踊:●Telek/尾形峰樹 小俣富美香 河村直美 高橋恵美子 ●Jauk/荒内琴江 阿部歩 ●Penamprat/Nyoman Sudarsana
演奏:Terang Bulan

儀礼や祭礼で繰り広げられる、聖邪のエネルギーのせめぎ合いを表した仮面舞踊。精霊テレックと魔物ジャウックとプナンプラットが対峙し、その場を撹拌し昇華させる、バリ的な価値観を象徴する奉納舞です。

10 ルジャン・デワ Rejang Dewa
舞踊:小川詩楽 小川緋葉 風間穂ノ香 風間茉由香 寺島月乃 田中万熙 岩佐律子 宇野明由美
演奏:Terang Bulan

バリ島カランガッサム地方のスタイルによるもの。ルジャンは寺院での祭礼の際、小さな子どもたちから大人、そして老人まで、すべての女性によって舞われる奉納舞。ご来場の皆さまも、ぜひご一緒に踊りの列に加わってください。

阿佐ヶ谷神明宮

(東京都杉並区阿佐谷北1-25-5 JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分)

★インドネシア料理やインドネシアのビール、飲み物、雑貨を販売する屋台が出店します!
出店:ジャラン・ジャラン、cafe Bali Campur

※ご注意! ●開場は両日とも開演の1時間前を予定しています。
●桟敷席・椅子席をつくりますが数に限りがあります。それ以外は立ち見になりますのでご了承ください。
●芝生のエリアも客席として開放いたします。ご希望の方は、各自、敷物をご用意ください。
●入場は無料。開演中も含め出入りは自由です。
●野外で蚊も多いため、防虫スプレーなどの蚊よけ対策をお奨めします。
●ゴミは各自でお持ち帰りくださいますようお願いいたします。
●お車でのご来場はご遠慮ください。
●出演者・プログラムの一部が変更になる場合があります。

★カンパ歓迎! 本公演は、皆様のカンパで運営されています。
<スタッフ>
音響/益子恵一
絵/クドウとモコ
宣伝デザイン/内藤愛
協力/三樹睦月 藤沢芳子 Ni Nyoman Nishida 児玉香織 小沢あつし 得田舞美 逸見幸生 宇佐美智隆 ほか
制作/松重貢一郎 阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員会

【外部リンク】
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 公式ページ
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 実行委員長ブログ「戦場の旗手」 
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 Facebookページ 
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 Twitterアカウント @asagayabali

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

16/07/16(土)「ジャワの伝統文化体験」~漢方ジャムゥからガムラン、衣装まで~。講師と演奏家の方をお招きして、ジャムウ、伝統衣装についてのお話やガムラン演奏。

会場:京都府京都市上京区 京都YWCA

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Photo_2

~漢方ジャムゥからガムラン、衣装まで~

関西支部、夏のイベントです!
ジャワの漢方・ジャムウと伝統音楽ガムラン、そして伝統衣装。

それぞれに講師と演奏家の方をお招きして、ジャムウ、伝統衣装についてのお話や、
ガムランを演奏して頂きます。ジャムウの試飲もあります!
暑いさなかですが、皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください。

この日は祇園祭の宵山。イベント帰りにお祭りを楽しむ、というのも一興ですよ~!

日時: 2016年7月16日(土) 14:00 Open 14:30-16:30
 第一部 ジャワの漢方・ジャムウ 講師:杉野芳美
 第二部 ガムラン演奏と伝統衣装 
     講師:冨岡三智、演奏:Tidak apa-apa

場所: 京都YWCA 
     京都市上京区室町通出水上ル近衛町44 本館ミニホール    
     Tel. 075-431-0351 Fax.075-431-0352

参加費 1000円 (お土産+ジャムウ試飲付き)

定員 30名(定員に達し次第締め切らせて頂きます)
   7月10日(日)までにご予約ください。

主催: 日本-インドネシア服飾文化協会 (J-ICCA) 

お申込み:主催ブログからメール、
      もしくは、maroco@hotmail.co.jp 担当藤本まで

【外部リンク】
日本-インドネシア服飾文化協会
京都YWCA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

16/08/07(日)東京・8/20(土)&21(日)金沢・09/15(木)&16(金)京都 音、影、色を融合させた新しい影絵劇を作る試み。影の色彩ワヤンプロジェクト 夏の三都市公演ツアーワークショップ「おどる影絵!」影絵芝居「夜叉ケ池」

会場:東京都千代田区 アーツ千代田 3331/石川県金沢市 金沢市民芸術村ドラマ工房/京都府京都市中京区 京都芸術センター

下記の公演のお知らせがホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Ckwgujvuuaeusta

P_ws04

●夏の三都市①東京公演「おどる影絵!」―影と音楽による、即興での作画作曲コミュニケーション―

Tokyo

企画者:影の色彩ワヤンプロジェクト
時間:14:00-17:00
定員:20名/小学生未満保護者同伴
会場:アーツ千代田 3331
参加費:300円

参加者一人一人がインドネシアの伝統的な手法を用いた影絵人形をつくります。みんなでその場でつくった音楽に合わせて影絵人形を動かしてみましょう!あなただけの影絵人形は光と影のなかでどんな動きをするでしょうか?

東京公演 アーツ千代田3331
〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目11-14
電話: 03-6803-2441

ポコラート全国公募展 vol.6 ワークショップ部門参加作品
ワークショップ「おどる影絵!」

ボール紙や木の棒で影絵人形をつくるコース
ガムランや手拍子で即興音楽を楽しむコース

の両方を体験していただけます。

参加費 300円
定員:20名
小学生未満保護者同伴

申込先
E-mail: ws1@3331.jp
Tel: 03-6803-2441(代表) Fax: 03-6803-2442
※ 件名:「(お申し込みのイベント名)申し込み」とご記入ください。※メール環境の無い方は、お電話またはFAXにて受付いたします。

必要事項
1 お名前(ふりがな)
2 ご年齢
3 当日のご連絡先(携帯電話など)
4 障がいの有無と介助状態(介助者同伴など)
5 その他、当日配慮することや必要な介助などがございましたらお知らせください。
※介助者同伴の場合、介助者の必要事項についてもご連絡ください。
※ワークショップは、お早めにお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。詳細については、お申し込み後にあらためてご連絡を差し上げます。

Kanazawa

●夏の三都市②金沢公演 金沢市民芸術村ドラマ工房

ワークショップ「おどる影絵!」
妖怪や不思議な生き物たちのワンシーンを、自作の影絵人形と音楽で、即興的に作ります。ボール紙や木の棒で影絵人形を作るコース、ガムランや手拍子で即興的に音楽を作るコースに分かれて創作、最後にみんなで集まって舞台の中で夜叉ヶ池のワンシーンをつくります。

8月20日(土)15時ー17時
  参加費1,500円  
  先着20名様限定(各コース10名様前後)
ご予約時に影絵人形作成コース もしくは 即興音楽コース(ガムラン、手拍子、歌)のどちらかをお選びください。

ワークショップ講師 影の色彩ワヤンプロジェクト、Tidak Apa Apa 、江南泰佐

ご予約 
・影絵人形コース → ご予約
・ガムランと手拍子による即興音楽コース → ご予約

金沢市民芸術村ドラマ工房 〒920-0046 石川県金沢市大和町1−1

夏の三都市②-2 金沢 影絵芝居「夜叉ケ池」
2016年6月13日  |  コメントはまだありません
泉鏡花原作
「夜叉ケ池」の幻想的な世界をインドネシア・ジャワの伝統的影絵芝居とガムランの生演奏、ピアノと歌、布と映像のインスタレーションの中でお届けします。

場所:金沢市民芸術村ドラマ工房

8月20日(土)
 18時半開場19時開演 

8月21日(日)
 14時半開場15時開演 

前売り 1,500円  当日2,000円 中学生以下無料
   中学生以下の方も事前のご予約にご協力ください。

ご予約 カルテットオンライン

出演:影の色彩ワヤンプロジェクト(アナント・ウィチャクソノ、西田有里、岩井美佳) ・ 
Tidak Apa Apa(西田有里、近藤チャコ、松田仁美)・小川雅美・江南泰佐

照明 宮向隆(金沢公演) 音響 清水聖一(金沢公演)  設営・撮影 奥祐司(金沢公演) 
台本協力 市川幸子  プログラミング協力 中安翌  衣装協力 takatachi

Kyoto

夏の三都市③京都公演9月15日(木)ー16日(金)
2016年6月2日  |  コメントはまだありません
京都公演 京都芸術センター フリースペース
〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546−2
電話: 075-213-1000

影絵芝居「夜叉ケ池」
2016年
9月15日(木) 19時半開場 20時開演
(プレライブつき)

9月16日(金) 18時半開場 19時開演

前売り 1,500円  当日2,000円 中学生以下無料
中学生以下の方も事前のご予約にご協力ください。

※15日、16日の開演時間が一時間異なります。ご注意ください。
尚、15日の公演は、20時から30分間のプレライブつき となっております。
ご予約は、カルテットオンラインより、お願いいたします。

また、7月1日からは、京都芸術センター窓口(10時ー20時)にても、チケットのお取り扱いをしております。

よろしくお願いいたします。

●影の色彩ワヤンプロジェクトとは

Kageiro300x222

影絵芝居「夜叉ヶ池」 影の色彩ワヤンプロジェクト from ChordalColors on Vimeo.

影の色彩 ワヤンプロジェクトは、布、映像作品を作る岩井美佳、ジャワ影絵芝居ワヤンの人形師アナント・ウィチャ クソノ、ガムラン奏者西田有里を中心とした、音、影、色を融合させた新しい影絵劇を作る試みである。

幾層にも重なっ た透明な大きな布と映像により、色彩がとけ合うような身体的な影絵劇となる。

かつて暗闇が今よりも濃く長かった頃、炎によって浮かび上がる影絵は、人間の世界とは異なる精霊や妖怪たちの世界を現前させる手段であり、祈祷や鎮魂の儀礼と深く結びついていた。現在のように人や物や情報の交流のスピードが速くなかった頃、白い一枚の布でできたスクリーンは世界そのもののように見立てられ、その中央で人形を操るダラン(註:インドネシアの伝統影絵芝居ワヤン・クリッの人形遣い)はシャーマンとして絶対的な存在であった。
現代の都市では漆黒の闇は次第に薄れ、人や物や情報も次第に速度を上げて行き交うようになり、人々の関係もより流動的で複数の文化が重なりあって存在している。
影の色彩ワヤンプロジェクトの作品は、そのように移り変わりながらも多層に重なり交わる価値観に呼応するように、幾層にも重なった透明な大きな布によるインスタレーションをひとつの世界と見立てる。

影絵師はその層の間を自由に行き来しながら、影を表現する。この画像での光源は、音楽とともに揺らめくプログラミングを施した、主に手書きの水彩画スケッチによる映像である。よってその影は非常にはかなく、繊細に布間で交じり合いながらのびていく。

その不確かであいまいだが、「感じることができる美しいなにか」を、私たちは表現したいと考えている。

また、「異なるものが交じり合い、ある風景をつくる」これも私たちのコンセプトである。そのために、音楽も従来のガムランの伝統的旋律に加え、あえてその世界に交わらない音律をもつピアノを取り入れ、異なる色彩感をもつ音色を共存させ、世界に広がりを持たせている。

私たちの影絵には4つの要素がある。投影面であり身体を包み込むインスタレーション、映像をも含む光の表現、繊細な細工を施された影絵人形と人形遣いの身体性による影、そして生演奏による音楽。それらの要素は、何かが主で、何かが従、のような関係性ではなく、お互いの表現に耳を澄まし、目を凝らしながら広い範囲で見つめ同時多発的に、相互に作用しながら世界をつむいでいく。このことは、非常に現代的な感覚でもあり、逆説的ではあるが、同時に現代では失われつつある大切な感覚であると私たちは信じている。

<活動歴>
2015年 ワークショップ・影絵芝居夜叉ヶ池(金沢アートグミ)
2016年 ワークショップ・影絵芝居夜叉ヶ池(金沢市民芸術村)

【外部リンク】
影の色彩ワヤンプロジェクト
東京都 アーツ千代田 3331
石川県 金沢市民芸術村
京都府 京都芸術センター




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

16/7/17(日)お店の醸し出す雰囲気がワヤンとぴったり. ワヤン・ベベル+ワヤン・クリ@千葉県成田市 はしらデリ&カフェ

会場:千葉県成田市 はしらデリ&カフェ

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

010

001

ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
クルタクルティのワヤン・ライブのご案内です。7月17日(日)千葉県・JR成田駅前のカフェ「はしらデリ&カフェ」にて「ワヤン・ベベル+ワヤン・クリ」を開催します。
【ワヤン・ベベル】はもうインドネシアではほとんど見る機会のなくなってしまった、絵巻物を繰り延べながら話を進めるワヤン。今回の巻物は2015年にクルタクルティが、イラストレータ・針間直美さんの絵によってオリジナル制作した「アルジュノの修行のゆくえ」。天界をも脅かすラクササ王ニウォトカウォチョを、神に頼まれて退治に行くアルジュノの話です。
【ワヤン・クリ】はその続きの話「ペトルちょっとだけ王様になる」。アルジュノに退治されたニウォトカウォチョの娘が父の仇討ちに出かけますが、そこには思いもよらぬ結末が待っていました...

「はしらデリ&カフェ」でのライブは昨年に続いて2回目となります。もとお蕎麦屋さんだったという、とても素敵な居心地のよいカフェです。お店の醸し出す雰囲気がワヤンとぴったり、ガムランの音もすんなりと馴染み、耳に優しいまろやかな音が響き渡ります。

お近くの方はもとより、東京・近県にお住まいの方も、どうぞお誘いあわせの上ぜひお越しください。成田は案外近いです。終演後余裕で帰れます。

クルタクルティ一同

【公演概要】
●日時:2016年7月17日(日)
●会場:はしらデリ&カフェ
千葉県成田市花崎町839-30
JR成田線成田駅より徒歩1分、京成成田線京成成田駅より徒歩2分
●演目:
【ワヤン・ベベル】
アルジュノの修行のゆくえ 開場16:00 開演16:30
【ワヤン・クリ】
ペトルちょっとだけ王様になる 開場18:30 開演19:00
●料金:
【各回券】大人1,800円 子ども500円
【通し券】大人3,000円 子ども800円
(どちらも1ドリンクつき、未就学児無料)
食べ物持ち込み可(ドリンク類はオーダーできます)。
事前申込にて パン焼き小屋ピッパラの樹「サンドイッチとパンのセット」650円 の予約を承ります。

●【予約・問合せ】
はしらデリ&カフェ tel 0476-22-0789
クルタクルティ http://kluthak.kazekusa.jp/

【外部リンク】
クルタクルティ
はしらデリ&カフェ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

16/06/11(土)横浜・6/12(日)東京・6/19(日)名古屋・6/25(土)神戸・6/26(日)大阪~ガムランの調べに日本の古典が蘇る~「おとだま・ことだま」

会場:神奈川県横浜市 シルクロード舞踏館/東京都新宿区 ゆうど/愛知県名古屋市千種区 揚輝荘/兵庫県神戸市中央区 北野菱花/大阪府茨木市 アジアの食堂ムバラケ

下記の公演のお知らせがFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Chirashia

Info

~ガムランの調べに日本の古典が蘇る~
「おとだま・ことだま」
日本の語り(平松千恵子)&バリ・ガムラン(松井克宏)
によるユニットの東名阪ライブ!

●ライブスケジュール
・6/11(土)横浜 シルクロード舞踏館  
開場17:30/開演18:00  ライブチャージ2,500円

住所: 神奈川県横浜市中区山下町80

・6/12(日)東京 ゆうど
住所:〒161-0033 東京都新宿区下落合3-20-21
電話:03-5996-6151  
開場13:30/開演14:00  ライブチャージ2,500円

・6/19(日)名古屋 揚輝荘  
開場17:00/開演17:30  ライブチャージ2,000円
〒464-0057 名古屋市千種区法王町2丁目5番地17(南園)、21(北園)
電話番号 052-759-4450

・6/25(土)神戸 北野菱花  
開場15:00/開演15:30  ライブチャージ3,000円(ドリンク&軽食付き)
神戸市中央区北野町2-7-1 北野アーバンライフ B1F
電話番号 078-241-7767

・6/26(日)大阪 アジアの食堂ムバラケ  
開場18:00/開演18:30  ライブチャージ2,000円
大阪府茨木市西中条町5-20 ガルボ茨木 1F
電話番号 072-622-1238

出演者プロフィール

平松千恵子
2007年ひとり語りの鬼才 安藤俊子と出会 い弟子入り。全国の子ども劇場での上演、名古屋を中心とした公演やライブ活動を行う。

松井克宏
名古屋バリ・ガムラングループ<スアラ・スクマ>主宰。2001年発足。古典から創作までライブを主に、自作竹楽器の製作や演奏など活動は多岐に渡る。

●予約・問い合わせ
oto_koto_dama@yahoo.co.jp(松井)

【外部リンク】
~ガムランの調べに日本の古典が蘇る~「おとだま・ことだま」
横浜 シルクロード舞踏館
東京 ゆうど
名古屋 揚輝荘
神戸 北野菱花
大阪 アジアの食堂ムバラケ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

16/07/09(土)ワヤン最高の美丈夫をめぐる恋のいろどり。日本ワヤン協会公演 影絵詩劇「恋多きアルジュノの恋の終わり」

会場:東京都荒川区 日暮里サニーホール

下記の公演のお知らせが日暮里サニーホールのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

716c485707c4d03cc8464630abf5b0e18cb

869cfb0483ae84620c735393c829c861fb1

日本ワヤン協会公演 影絵詩劇「恋多きアルジュノの恋の終わり」
ワヤン最高の美丈夫をめぐる恋のいろどり。

【チケット販売所】

町屋文化センター:03‐3802‐7111
日暮里サニーホール:03‐3807‐3211

【スタッフ】

脚本・演出:松本亮
人形操作:松本和枝、西山裕美 語り:空閑麻有美 踊り:稲毛やよい

同時開催:松本信子の手染めワヤン画展

チケット販売・イベント募集状況    発売中
日時    平成28年7月9日(土)
午後6時30分開演
会場    日暮里サニーホール
料金    【全席自由】前売:2,500円 当日:3,000円
ACC友の会会員250円引き
その他    開場は開演の30分前です。
お問い合わせ    日本ワヤン協会 電話 090-5493-2770

【外部リンク】
日本ワヤン協会
日本ワヤン協会公演 影絵詩劇「恋多きアルジュノの恋の終わり」
日暮里サニーホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »