« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月25日 (水)

16/06/11(土)キラキラト水ガ何カヲ語ッテイル。箏&三味線&ガムラン&バリ舞踊・ライブ『光る水面(ヒカル ミナモ)』

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせがFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

13227438_1015349145168550_513509419

13245361_1015349198501878_473570430

2016年6月11日(土)15:30開演
Monkey Forest Presents
箏&三味線&ガムラン&バリ舞踊・ライブ
『光る水面(ヒカル ミナモ)』

新緑の野山を流れる小川

雨上がりの田に
空が映る

田の畦から
ほとばしる透明な飛沫をじっとただ見つめていた
幼いころの記憶

柔らかな草花

糸と青銅から紡がれる
太古の記憶の蔓(ツル)

風が舞う

◎出演:
  小泉ちづこ(バリ舞踊)
  櫻田素子(ガムラン、ことば)
  服部惠美子(箏、三味線)

◎演目予定:三味線のための音楽物語「しろねこ」、バリ宮廷舞踊、箏とガムランのための作品、など

◎会場:バリカフェ・モンキーフォレスト  
        渋谷区桜ヶ丘町10-8
       (渋谷駅から徒歩10分。西口から歩道橋で246号線をわたり桜丘方面へ。)

◎料金:
  一般予約 3,000円/当日 3,500円/小中学生 1,500円 /未就学児 無料
  +1ドリンクご注文お願いします
  ※美味しいインドネシア料理、デザートなどご一緒にどうぞ!

◎定員:35名

◎ご予約・お問い合わせ・企画:
       バリカフェ・モンキーフォレスト        
       TEL.03-3464-4633
       渋谷区桜ヶ丘町10-8

☆★☆こちらのページ「参加」ボタンをポチ、のうえ、上記モンキーフォレストへ直接お電話でご予約いただければ幸いです。皆様のお越しお待ちいたしております。

<出演者プロフィール>

小泉ちづこ Chizuko Koizumi

バリ舞踊家。劇団民藝在団中に訪れたバリ島でバリ舞踊に出会う。退団後、2001年から2年間インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。
帰国後、バリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰し講師・バリ舞踊家として活動。
舞台表現者としてバリ舞踊の形式と作品の世界を探求していくと共に、バリ舞踊の枠を少しゆるめたり外したり、まったく別の世界に身を置いてみたり。
近年は創作活動をはじめ、様々なジャンルの表現者と集い、今に耳をすますことを大切に自然に芽生えるものからの表現を探求している。
からだと心の可能性をたくさんの人といろいろな形で共有したいと思い活動を続ける。

櫻田素子 Motoko Sakurada

ガムラン奏者、ガムラン・トゥラン・ブーランTerang Bulan主宰、東邦音楽大学大学院・日本女子体育大学 非常勤講師。
ガムラン音楽作曲、古典・伝統曲の演奏のほか、舞踊家、画家、映像作家、等、様々なアーティストとのコラボレーションやセッションも多い。ガムラン・イベントのプロデュース、ガムラン愛好家集団への指導・作品提供、学校等でのガムラン体験ワークショップ(文化庁助成事業講師)などにも取り組んでいる。インドネシア・バリ芸術祭にたびたび招聘され作品を発表。芸術教育研究所客員講師、横浜市立保育園音楽表現講師、東京都目黒区子育て支援プログラム講師、音の森ガムランスタジオ講師。国立音楽大学卒。横浜生まれ。

◎作品:画家KYOTAROの絵による映像とガムラン「水の王国」、コニカミノルタ・プラネタリウム・アジアンヒーリング番組音楽、ほか。
◎著書:『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き、プリズム社)
   『ワクワク音あそび・リズムあそび』(黎明書房)
◎CD:『ASIAN MUSE』(コンピレーション、東芝EMI)
    『ガムランの小箱/Terang Bulan+佐野篤』(honeypancake)
    『RELAXIN’ MUSIC SPA ~ASIAN PIANO~feat.花鳥風月Project』(ガムランで参加、星光堂)
    『Relax & Sleep Bali/久保田麻琴』(ガムランで参加、Della Ink.)

服部惠美子 Emiko Hattori

箏・三絃・17絃演奏家。東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。
在学中、同級生と箏・三絃の会『彩〜AYA〜』を結成。卒業時、皇居内桃華楽堂において皇后陛下主催の演奏会で御前演奏を披露。第一回彩コンサートにおいて皇后陛下のご高覧の栄に浴す。
フンボルト大学や東アジア芸術館などドイツでのコンサートに出演。
卒業時より12年間に渡り、毎年、明治神宮本殿にて奉納演奏を行なう。
日・中・韓の民俗楽器によるオーケストラ『オーケストラアジア』に在籍。『オーケストラアジア』でイ・ミョンパク大統領就任式典での演奏会に参加。
現在、国内外各地で学校公演やワークショップなどの活動や後進の指導を行なっている。

【外部リンク】
小泉ちづこ
櫻田素子
モンキーフォレスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

16/06/04(土)関西屈指のバリ舞踏家たちが一堂に集う! 第8回関西バリ舞踊祭 千亀利の杜に舞う華

会場:大阪府岸和田市 岸城神社

下記の公演のお知らせが関西バリ舞踊祭のFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

12916378_1075370215853603_444494637

12525300_1075366455853979_781036374

『第8回 関西バリ舞踊祭』

平成28年6月4日(土)17:00〜20:00頃

バリ島より来日!《特別プログラム》

ゲスト出演:
スカ・ゴン・ガルギタ・ブダヤ
   SEKAA GONG GARGITA BUDAYA
1980年創立、バリ州バドン県職員で結成されたバリガムラン&舞踊グループ。
バドン県内の各文化イベントを執り行うメイングループとして活躍されています。
演目:
・Sekar Jepun スカル・ジュプン
・Baris Tunggal バリス・トゥンガル
・Topeng Tua トペン・トゥア
・Tabuh Kreasi "ULAHING KECAK"
タブ・クレアシ・ウラヒン・ケチャ

今年は、特別プログラムとして

関西初登場の、バロン・ダンス(バリ島の獅子舞)

Sanukisari_barong1

Sanukisari_barong2

とっても重たいらしく、演者は男の方2人
これは2部の後半なので最後までお見逃しなく

それともう一つ

バリ島よりスカ・ゴン・ガルギタ・ブダヤ(SEKAA GONG GARGITA BUDAYA)が、関西バリ舞踊祭のために来日し特別出演します。

Gargitabudaya

1980年に創立され、バリ州バドン県職員で結成されたバリガムラン&舞踊グループです。
バドン県内の各文化イベントを執り行うメイングループとして活躍されてます。

<演目予定>
・Sekar Jepun スカル・ジュプン
・Baris Tunggal バリス・トゥンガル
・Topeng Tua トペン・トゥア
・Tabuh Kreasi "ULAHING KECAK" タブ・クレアシ・ウラヒン・ケチャ

1部の後半に予定しています

4時半から、バレガンジュール(パレード)は蛸地蔵駅下がり(旧26号線)をスタートして岸城神社に向かいます

Bari6300x240

その間、岸城神社では
五軒屋町青年団によるだんじり囃子の演奏があります

<プログラム>

1 スカールジャガット
 舞踏・東條博子、松居知子
 演奏・チャンドラ・バスカラ、マルガラハユ 他

2 ダヌール・ダラ
 舞踏・堺智濃、船津純子
 演奏・チャンドラ・バスカラ、マルガラハユ 他

3 プスパ・ワルナ
 舞踏・松阪真生子

4~7 舞踏、演奏・ガルギタ・ブダヤ

休憩

8 ルタン・バタン・タブ・tゥル”グスリ”
 演奏・連合チーム

9 テレック・ジャウック
 舞踏・木村和代、木村麻美、佐々木みゆき、佐味千珠子
     柴田れい、杉谷朋美 / 大眉鉄平
 演奏・チャンドラ・バスカラ、マルガラハユ 他

10 パンジスミラン
 舞踏・三好倫子

11 オレッグ・タムリリンガン
 舞踏・芝先けい、田中千晶
 演奏・チャンドラ・バスカラ、マルガラハユ 他

12 バロン・ケット
 舞踏・大眉鉄平、吉原友博
 演奏・チャンドラ・バスカラ、マルガラハユ 他

13 ルジャン・デワ
 舞踏指導・大坪紀子
 演奏・連合チーム

<主催>関西バリ舞踊祭実行委員会
<共催>在大阪インドネシア共和国総領事館
岸和田市国際親善協会、岸城神社

<後援>
大阪府、関西・大阪21世紀協会、関西インドネシア友好協会
岸和田市、岸和田市教育委員会、岸和田市観光振興協会
岸和田市文化協会、岸和田文化事業協会、蛸地蔵商店街

お問い合わせ:
関西バリ舞踊祭実行委員会
kishiki@infoseek.jp
072-422-0686

岸和田文化事業協会(自泉会館内)
TEL/FAX 072-437-3801


【外部リンク】
関西バリ舞踊祭Facebook
岸和田文化事業協会(自泉会館内)

岸城神社

 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

16/05/21(土)聖水アムリタをめぐる神々と悪鬼の物語。ワヤン・クリッ公演「ムナラ・ギリ」

会場:静岡県浜松市中区 鴨江アートセンター

下記の公演のお知らせがワヤン・トゥンジュク 梅田一座のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20160521_kamoe1

20160521_kamoe2

ワヤン・トゥンジュク 梅田一座
ワヤン・クリッ公演「ムナラ・ギリ」

 バリ島のワヤン・クリッ(影絵人形芝居)を日本で唯一継承する正統なダラン(人形遣い)率いる上演一座が、インドネシア・バリ島で古くから上演されてきたワヤン・クリッの古典の一節を現地の伝統的なスタイルで上演します。
影絵人形の躍動感と民俗音楽のリズムが生み出す、異国情緒豊かな伝統芸能をお楽しみください。
日本語での分かりやすい上演です。

ワヤン・クリッ公演
浜松:鴨江アートセンター

全18巻で構成されるマハバラタ物語の第一巻アディ・パルワの中の挿話で、聖水アムリタをめぐる神々と悪鬼の物語「ムナラ・ギリ」をお届けします。

日時:2016年5月21日(土) 13:30開場 14:00開演 (16時00分頃終演予定)
会場:鴨江アートセンター
住所:〒432-8024静岡県浜松市中区鴨江町1番地
TEL&FAX:053-458-5360
料金:一般1,000円 (高校生以下無料/乳幼児入場可)
演目:~ムナラ・ギリ~ 乳海攪拌
ダラン:梅田英春  伴奏:グンデル・トゥンジュク
定員:各回とも60名 予約制
全席自由(履物を脱いでお入りいただきますのでご了承ください)

◆お申込み方法:
E-mail にて受付いたします。
ワヤン・トゥンジュク 梅田一座 予約センター
[E-mail] wayang@mbf.nifty.com
◎件名に、ワヤンご希望の方は「ワヤン予約」とご記入の上、本文にお名前、電話番号、希望枚数を記載してお送りください。折り返し、確認のご連絡をいたします。
◎お申込、問い合わせは5月19日(木)までとさせていただきます。
◎定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承下さい。

【外部リンク】
ワヤン・トゥンジュク 梅田一座
鴨江アートセンター(静岡県浜松市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

16/05/29(日)パンダワとコラワの和平交渉はとうとう決裂。もう誰にも止められないのか...クルタクルティ・ワヤン公演「いざ、大戦争バラタユダへ」

会場:東京都豊島区 目白教育ホール

下記の公演のお知らせがクルタクルティのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kluthak_l_1317_vol8omote

Kluthak_l_1317_vol8ura

クルタクルティ・ワヤン公演「いざ、大戦争バラタユダへ」

日時:5月29日(日)13:30(開場13:00)
会場:目白教育ホール(JR山手線目白駅徒歩1分)
入場料:前売り2,500円、当日3,000円、学生1,500円、小学生1,000円、未就学児無料
全席自由(座布団席、椅子席) 出入り自由
枕・座布団・ヨガマット等持ち込み可
予約・問い合わせ:
web http://kluthak.kazekusa.jp/
mail kluthak@kazekusa.jp

演目「いざ、大戦争バラタユダへ」について。
 大戦争バラタユダは骨肉相食む悲惨な戦いなのです。口に手を突っ込んで口を裂いたり、身体の皮をはいだり…。今回の演目はその前段階の内容ですが、台本を書きながら何度も筆が止まりました。今、ネットで世界中の映像を見ることができます。そこで見た映像とこのバラタユダの想像上の絵が重なってしまうことがたびたびあったからです。
「戦ってどうして相手を倒さなくてはならないの?」お客様からの感想です。
 ワヤンは、抽象的なこと、思想、観念、心の中のことなどをも、目に見える理解しやすい形にして象徴的に表現しているのだと思います。喜ぶ勝者とぶっ倒れる敗者の図は目にわかりやすいものですからね。
 この大戦争バラタユダはパンダワとコラワという親戚同士の間に勃発しますが、これは言い換えれば一人の人間の中にある相反するものの葛藤、とも考えられます。
 バラタユダはもともと3つの問題を根に持っています。1つは強欲。強欲と無欲の戦いは私たちの心の中の葛藤です。バラタユダによってすべての強欲が消滅した暁にこの世は善や正義溢れる徳の世となるのでしょうか。2つに願いと祈り。どんな願いや祈りにも、より深いところをたどれば、本当の願いが隠れています。自分は本当は何を望んでいるのか? バラタユダで願いがかない祈りが通じた先に、真実がみえるのでしょうか。3つに呪い。呪いの先には復讐が…。バラタユダで復讐を果たしたその先に待っているものは祝福…ですか?
 なぜ人は戦うのか、何と戦うのか…そういえばばいきんまんはいつもアンパンマンと戦ってますね。
“そうだ うれしいんだ いきる よろこび たとえ むねの きずが いたんでも
 なんの ために うまれて なにをして いきるのか
 こたえられないなんて そんなのは いやだ! …”(アンパンマンのマーチより)
 東日本大震災で被災した人たちはくじけそうな気持ちと戦って生きているんだと思います。生きるために何と戦うのか。千年以上続いてきたワヤンには千年分のものが詰まっています。ワヤンと関わりながら、戦うこと、生きること、人間としてどう生きるかということにこれからも向き合っていきます。(kaseaki)

【外部リンク】
クルタクルティ
目白教育ホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

【本日!】16/5/15(日)「音の森ガムランスタジオ」の講座生、講師による野外コンサート@羽根木公園内プレーパーク

会場:東京都世田谷区 はねぎプレーパーク(羽根木公園内)

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

12919717_1001743189880963_369078399

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
風薫る季節がやってまいりました。

東京都の平和島にあるガムラン講座「音の森ガムランスタジオ」の講座生、講師による野外コンサートが本日(5月15日日曜日)行われます。
楽器は音の森ガムランスタジオの備品。それを羽根木公園内、プレーパークに運んで演奏いたします。
もちろん踊りもあります!
*5/15日12:00スタート〜15:00終了

そして野外コンサートのいいところ!
ビール片手にのんびりできます。(現地購入可!しかも冷えてます!)お腹が空いたらタイカレーも購入可!
もちろん持ち込みOKです。
青空の下、バリの芸能を鑑賞しながら、のんびりできるこの季節ならではのコンサート!
是非お越しくださいませ。

*本日出演されるみなさまにもお送りしております。ご了承くださいませ。

=以下音の森ガムランスタジオweb siteから転載=
「音の森ガムランコンサート」 
バリ島のガムランと舞踊のコンサート 
~Penampilan Gamelan Bali 2016~ 

日時:2016年5月15日(日)12時00分スタート
会場:はねぎプレーパーク(羽根木公園内)小田急線梅ヶ丘駅下車5分
出演:バリ・ガムラン講座生、バリ舞踊講座生、講師
主催:はねぎプレーパーク+音の森ガムラン・スタジオ
料金:無料
お問い合せ:音の森ガムラン・スタジオ
Tel&Fax 03-3764-6451
E-mail : gamelan@otonomori.jp

*会場はお客様用の椅子席はご用意しておりません。
全てブルーシートの桟敷席になりますが、手狭なため各自で敷物をご持参下さい。
*剪定のため、木陰が大変少なくなっており日中はかなり暑くなるかもしれません。
暑さ対策をお忘れ無く御願いいたします。

【外部リンク】
音の森ガムラン•スタジオ
音の森ガムラン•スタジオ facebook
はねぎプレーパーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

16/05/14(土)春の歌いろいろ、中田一子弾き歌いライヴ

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせが中田一子さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ichiko_monkey_160514_a

Ichiko_monkey_160514_b

くしゃみ はなみず はなざかり の3月です。
私は花粉症ではないのですが、3月の終わり頃に鼻がむずむずします。
4月に鼻カゼをひくことも多いです。
桜のせいなのか、PM2.5のせいなのか、カゼなのか…。
わからないまま毎年春が過ぎていきます。

日時:2016年5月14日(土)正午開演(午前11時30分開場)
会場:モンキーフォレスト(渋谷区桜丘町10−8ヴィラアオヤマ1階)
料金:1,500円+1ドリンクお願いします
出演:中田一子(歌、ピアノ、肩乗せジャワガムラン楽器)
   前田達彦(パーカッション)

春の歌を中心に、いろんな歌を弾き歌います。
昼食もオーダー可能です。
どうぞお越し下さい。

お問合せ、ご予約は中田またはモンキーフォレストまで
モンキーフォレスト 電話03-3464-4633  fax03-3464-4630

【外部リンク】
中田一子
モンキーフォレスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

16/06/19(日)未知の扉を開け、ジャワ・ガムランの伝統的かつ新しい魅力をご紹介「ガムランの扉 2016」ガムラングループ・ランバンサリ自主公演 「青銅音曲XVIII」

会場:東京都荒川区 日暮里サニーホール
下記の公演のお知らせがFacebookに掲載されていました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Seido2016_1
Seido2016_2
ガムラングループ・ランバンサリ自主公演 「青銅音曲XVIII」
ガムランの扉 2016
〜音から立ちのぼる、人と神々の息吹〜
今年で結成31年目を迎えたランバンサリの自主公演。一つ一つ未知の扉を開けていくかのごとく、ジャワ・ガムランの伝統的かつ新しい魅力をご紹介します。今回は、人物や神々を描写した曲目にスポットを当て、影絵芝居ワヤンの伴奏曲や物語の登場人物を描いた舞踊、そして古代ギリシャの哲学者や神の名が付いたルー・ハリソンの作品をお楽しみいただきます。ガムランが彩る人物像はいかに?
乞うご期待!
【日時】
6月19日[日] 14:30開場(開演前の演奏あり) / 15:00開演 (17:00終演予定)
【会場】
日暮里サニーホール 大ホール
【料金】(発売:4月28日12時より)
自由席:当日3,500円 / 前売3,000円 / 小学生1,000円
指定席:4,500円(正面椅子席)※町屋文化センターのみのお取り扱い TEL : 03-3802-7111
【お問い合わせ】ランバンサリ事務局
Tel&Fax:03-5300-6361(担当:木村)
主催:ガムラングループ・ランバンサリ / (公財)荒川区芸術文化振興財団
共催:荒川区
後援:インドネシア共和国大使館
協賛:スタジオ・パチェ / チャベ / 株式会社マノハラ
協力:NPO法人日本ガムラン音楽振興会

【外部リンク】
ガムラングループ・ランバンサリ
ガムランの扉 2016
日暮里サニーホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

16/05/07(土)今年も下北沢で何かが起こる!? バリダンスらいぶ ◎春らんまんバリ舞踊祭in代沢わいわい祭vol.16

会場:東京都世田谷区 世田谷区立代沢地区会館
下記の公演のお知らせをいただきました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016_haruranman_waiwai_fes_2
◎ 『 春らんまんバリ舞踊祭 vol.16 』in 代沢わいわい祭  ◎
日時    
2016年 5月7日(土) 13 : 00 ~ 正面玄関にて路上パフォーマンス 
          14 : 30 ~ 大広間本にて本公演
 
場所    
世田谷区立代沢地区会館 (下北沢)
℡ 03-3413-4448
小田急線、京王井の頭線
「下北沢駅」下車、南口より徒歩約7分。
南口改札を出て右手道なりに商店街の坂を下り、ずっと直進。
セブンイレブン前「代沢三叉路」交差点向こう側角にある
ケーキ屋さんから2軒左隣が代沢地区会館。
入場無料  
※今回は会場に熊本地震の被災地応援募金箱を設置しての公演となります。
みなさまからのあたたかいご協力をよろしくお願いいたします (^人^)
プログラム 
Sekar Jagat    歓迎の踊り
Margapati    森の王者の踊り
Kembang Girang 嬉々とした乙女たちの踊り
Subak Pemakbak  元気に生きる農夫たちの踊り
Nelayan     漁師の踊り
出演 タリバリ
協力 バリ・クンチャナ
主催 代沢わいわい祭実行委員会
宣伝美術    Yacco
詳細    
バリ・クンチャナHPにて掲載中!!

【外部リンク】
バリ・クンチャナ
バリ・クンチャナ Facebook
世田谷区立代沢地区会館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »