« 15/11/01(日)ガムラン、洋楽器、邦楽器によるルー・ハリソン作品集「東西の出会いと融合」/森重行敏企画・解説 | トップページ | 15/11/23(月・休)日本の曲、ジャワの歌、世界の歌、自作の歌。イチコワールドでのどかなひととき、中田一子弾き歌いライヴ »

2015年10月20日 (火)

15/11/23(祝・月)日本唯一のスンダ音楽グループパラグナ結成30周年記念「南の風に吹かれて~ガムラン・ドゥグンの響き」

会場:東京都北区 北とぴあ・飛鳥ホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Paraguna_omote212x300

Paraguna_ura212x300

「南の風に吹かれて~ガムラン・ドゥグンの響き」

北とぴあ国際音楽祭2015参加公演
パラグナ・グループ結成30周年記念

日時:11月23日(祝・月)15:00 開演(14:30 開場)

会場:北とぴあ・飛鳥ホール
   北区王子1-11-1 北とぴあ13F
   JR京浜東北線王子駅北口より徒歩2分
   東京メトロ南北線王子駅5番出口より徒歩2分

入場料:一般 2,000円/小学生500円/未就学児 無料(0歳から入場可)
    [北区区民割引] 一般 1,800円/小学生 450円
    全席自由

演奏:パラグナ・グループ(ガムラン・ドゥグン)
   荒井桂、小谷竜一、川口明子、古賀暢子、小林賢直、佐藤紀子、深瀬千絵、
   福岡正太、峰野誉久、村上圭子、森重行敏

   古川原裕仁(ヴィオラ)
   栗原裕樹(ホルン)

解説:森重行敏
トーク・ゲスト:藤枝守

プログラム:
古典曲「ラドラック」他
ナノ S.「カランカン」「コモリウタ・ガムラン」
藤枝守「植物文様シリーズ」より(世界初演)
ルー・ハリソン「ソリストをともなうガムランのための三つの小品」

チケット取り扱い:北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ10:00~20:00)
ご予約・お問合せ:パラグナ事務局
03-3767-7146/090-9294-3096(担当:村上)
info@paraguna.com

インドネシア・スンダ(ジャワ島西部)に伝わる典雅なガムラン
青銅の打楽器と竹笛による可憐な音色は、南の国の爽やかな風を感じさせます。
古典曲から日本・アメリカの現代作品まで多彩なプログラム。
日本唯一のスンダ音楽グループによる待望の結成30周年記念公演。

パラグナ・グループ
1985年結成。インドネシアのスンダ(ジャワ島西部)音楽を演奏する日本で唯一のグループ。「ガムラン・ドゥグン」の古典曲や現代曲の演奏、スンダ古典歌曲「トゥンバン・スンダ」の演奏、ワークショプの開催など、東京を拠点に幅広い活動を行っている。グループ名は、スンダの作曲家ナノ氏により命名されたもので、音楽によく通じている者の意。1993年ルー・ハリソン作曲「ソリストをともなうガムランのための三つの小品」日本初演。2013年藤枝守作曲「植物文様第19集より~オリーブの枝が話す~ガムラン・バージョン」「歌づけ般若心経~ガムラン・バージョン(伊藤比呂美新訳)」世界初演。2014年スムダン国際ガムラン・フェスティバル出演。同フェスティバルにて優秀賞受賞。


【外部リンク】
パラグナ・グループ
北とぴあ・飛鳥ホール

|

« 15/11/01(日)ガムラン、洋楽器、邦楽器によるルー・ハリソン作品集「東西の出会いと融合」/森重行敏企画・解説 | トップページ | 15/11/23(月・休)日本の曲、ジャワの歌、世界の歌、自作の歌。イチコワールドでのどかなひととき、中田一子弾き歌いライヴ »

「スンダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15/11/23(祝・月)日本唯一のスンダ音楽グループパラグナ結成30周年記念「南の風に吹かれて~ガムラン・ドゥグンの響き」:

« 15/11/01(日)ガムラン、洋楽器、邦楽器によるルー・ハリソン作品集「東西の出会いと融合」/森重行敏企画・解説 | トップページ | 15/11/23(月・休)日本の曲、ジャワの歌、世界の歌、自作の歌。イチコワールドでのどかなひととき、中田一子弾き歌いライヴ »