« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月30日 (水)

15/11/08(日)ジャワの幽玄なるときの流れ。太陽のように月のように輝く王宮の至宝。多様な舞と壮厳なガムランの音色に酔いしれる昼夜二公演。伝統音楽×伝統舞踊 王の宴・ジョグジャカルタ 宮廷舞踊

会場:大阪市中央公会堂

下記の公演がHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Nakanosimaomotewebcompressed

Nakanosimaurawebcompressed

伝統音楽×伝統舞踊 王の宴・ジョグジャカルタ 宮廷舞踊

激しい戦士の舞
優雅な女性群舞
闇にきらめく瞑想の舞

 「ジャワ舞踊」それは太陽のように月のように輝く王宮の至宝。ジョグジャカルタで研鑽を積んだ舞踏家による多様な舞と壮厳なガムランの音色に酔いしれる昼夜二公演。
ジャワの幽玄なるときの流れに身を任せてください。
HANAJOSSは2002年創立。大阪府茨木市に本拠を置く。子ども対象の学校公演から大人までを対象に、アジアを中心に活動するジャワ芸能ユニット。

タイトル:伝統音楽×伝統舞踊 王の宴・ジョグジャカルタ 宮廷舞踊
日時:2015年11月8日(日)13:00開場 13:30開演/18:30開場 19:00開演
会場:大阪市中央公会堂 中集会室
〒530-0005 大阪府大阪市 北区中之島1丁目1−27 電話:06-6208-2002

舞踊:大石麻未(Widasari)、西岡美緒、ウィジャヤクスマ
演奏:HANA★JOSS、ビンタンララス、コンチョ・コンチョ
料金:前売2000円 当日2500円 学生1000円 未就学児無料
申込:こちらのチケット販売サイト「ぴあGettii」のURLから会員登録してお申し込みください。

【外部リンク】
HANA★JOSS
大阪市中央公会堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/11/12(木)昨年好評だった〈ハナジョスと仲間たち〉による公演第二弾!腕っこきの6人によるノリのいい演奏や踊り!ジャワの夜遊びのココロだ 2

会場:東京都調布市 せんがわ劇場

下記の公演が公演Facebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11999706_900803596678672_6423948133

11891871_900803010012064_1431550319

ジャワの夜遊びのココロだ 2
「海にもぐった大男の巻」

昨年好評だった〈ハナジョスと仲間たち〉による公演第二弾! 影絵芝居・舞踊・ガムラン音楽……古典から大衆的なものまで、腕っこきの6人によるノリのいい演奏や踊りとともに、滋味のある芸能の数々をお楽しみください。プログラム前半はほのぼのとした親子向け、休憩はさんだ後半はぐっと大人向け。ホールの中は、すでにジャワの夜です!

◆ジャワのガムラン曲いろいろ
◆ジャワの古典舞踊
◆動物人形劇ワヤン・カンチル
◆影絵芝居ワヤン・クリ
◆ジャワの獅子舞い
  ……など

2015年11月12日(木)
開場18:30 開演19:00
会場/せんがわ劇場(東京都調布市仙川町1-21-5)
     京王線仙川駅から徒歩5分
料金/\3000(小学生 \1000)

中央線、小田急線沿線からのバス路線あり(小田急バス)
 仙川~吉祥寺[吉03]
 仙川~三鷹[鷹54]
   ※「仙川」バス停は甲州街道の向こう。
    劇場から徒歩7分くらい
 仙川駅入口~成城学園前駅西口[成04][成05]
 仙川駅入口~狛江駅北口[成04][成05]
   ※「仙川駅入口」バス停は桐朋学園の脇。
    劇場から徒歩5分くらい

予約・お問い合せ
中村伸 (なかむら・のびる)
 メール yoasobinokokoro@gmail.com
     (ヨアソビノココロ)
 TEL 090-1214-4170 FAX 03-6386-6697
(ご住所、連絡先の電話番号を明記してお申し込みください)

出演
〈インドネシア伝統芸能団 HANA★JOSS〉と仲間たち
◆ローフィット・イブラヒム
◆佐々木宏実
◆岩本象一
◆西田有里
◆スミヤント
◆根津亜矢子

【外部リンク】
公演Facebook
HANA★JOSS
岩本象一
ゆりゆるゆる
スミヤント
せんがわ劇場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

15/10/12(日)2年ぶり!其の十三。ジャワではよく行われる野外で影絵芝居や舞踊を楽しむ。十六夜コンサート  小島夕季ジャワ舞踊の夕べ

会場:東京都台東区 上野公園水上音楽堂

下記の公演が小島夕季さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

151012izayoi1

151002izayoi2

『十六夜コンサート13 〜小島夕季 ジャワ舞踊の夕べ』

2015年10月12日(月・祝)4:00開演
上野公園水上音楽堂 野外ステージ(屋根あり)

ジャワではよく野外(あるいは屋根はあっても壁のないセミオープンの空間)で
おとなもこどもも一緒になって影絵芝居や舞踊を楽しみます。
みなさまにもそんな時間を過ごしていただきたくて、今年も『十六夜コンサート』を開きます。
飲んだり、食べたり、おしゃべりしたり・・・ 思い思いにお楽しみいただけたら嬉しいです。

◇出演◇
ジャワ古典舞踊:小島夕季/グループ十六夜
ジャワガムラン演奏:ガムラングループ・ランバンサリ

前売 ¥3000/ペア¥5700
当日 ¥3500
70歳以上 ¥2000(受付で保険証など年齢のわかるものをご提示ください)
小・中学生 ¥1000/6歳未満無料

◆予約/問合せ BEATA(ベアータ)03(6317)8916 beata@ab.auone-net.jp まで

【外部リンク】
ジャワ古典舞踊ワルン・ムラティ
十六夜コンサート Facebook
上野水上音楽堂(上野恩賜公園野外ステージ)

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/10/18(日)日曜の夕方、《Cafe Parlwr》にひとときのジャワの風を。日本人ガムラン女子4人によるトーク&ガムランコンサート

会場:愛知県名古屋市中区 Cafe Parlwr

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

151018_01

151018_02

インドネシア・ジャワ島の音楽と日常をお届けするトーク&コンサート
"JAVA LIFE & LIVE"

柔らかな音とゆったりとしたテンポで音の編み物を作り上げていくような音楽、ジャワ・ガムラン。その本場である中部ジャワの古都、ソロやジョクジャカルタで武者修行を積んだ日本人ガムラン女子4人が名古屋に集結!
古典楽曲から遊び歌まで、ジャワ人なら誰でも知っているド定番ナンバーをお届けします。ジャワ音楽の仕組みや楽しみ方、現地での日常生活、私たちが在籍していた芸術大学の内部の様子など、日本ではなかなか知ることの出来ないジャワよもやま話も盛りだくさん。
日曜の夕方、《Cafe Parlwr》にひとときのジャワの風を吹かせたいと思います。ぜひ遊びにきてください。

______________________

●場所
《Cafe Parlwr》
愛知県名古屋市中区新栄2-2-19 
tel: 052-262-3629
最寄り駅:地下鉄東山線「新栄町」2番出口

●日時
2015年10月18日(日)
17:30 open / 18:00 start

●チャージ
2500円(学生1500円)定員40名
ご予約はgamelan.live@gmail.comまでお名前と人数をお知らせください。

______________________

プログラム

イェ・ニン・タワン Langgam Yen ing tawang pl.nem
ウィルジュン Ldr. Wilujeng pl.lima/sl.mnyr
スボカストウォ Ktw. Subakastawa pl.nem
ウラルカンバン Jineman Uler kambang sl.9
スウェ・オラ・ジャム Lcr. Suwe Ora Jamu pl.nem
プスポンジョロ Ktw. Puspanjala pl.nem
ブンガワン・ソロ Langgam Bengawan Solo sl.

______________________

出演者

奥山詔子/グンデル
三重県出身。沖縄県立芸術大学音楽学部音楽芸術研究科2010年度修了。高校時代に民族音楽に興味を持ち、大学で琉球芸能や日本の古典、あらゆる国の民族音楽を学ぶ。在学中特にインドネシアの音楽に興味を持ち、今までにバリガムラングループ《kembang mas》や《suara sukma》、ジャワガムラングループ《sanga》や《margasari》と共に演奏活動している。2012〜2014年度にインドネシア政府奨学金を得て、インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校へ留学し、ジャワ古典芸能を学ぶ。現在は教員をしながら合間を見つけては演奏活動したり、インドネシアに遊びに行ったりしている。

小出稚子/ルバーブ
千葉県出身。作曲家。東京音楽大学大学院修了後、アムステルダム音楽院、デンハーグ王立音楽院に留学。ガムランとの出会いは2002年東京音大にて。オランダではガムラン・アンサンブル《Widosari》《Mugirahayu》のメンバーとして演奏する他、アムステルダム音楽院ガムランクラスのティーチングアシスタントやデンハーグ王立音楽院でのワークショップなどで指導にあたった。自作「ジャワガムランとサキソフォンのための”ウミウシ”はガウデアムス国際音楽週間にて初演され、その後も特殊な編成のわりに再演機会に大変恵まれている。2014年度インドネシア政府奨学金を得てインドネシア国立芸術大学スラカルタ校へ留学。在学中「Langgam Pisang Goreng」(邦題:バナナの揚げ物)という新曲を発表し現地の芸大生や大学界隈でちょっとした有名人となる。

増田久未/クンダン
東京都出身。東京藝術大学音楽学部楽理科2013年度卒業。在学中よりジャワガムランを始め、バニュマス地方の竹のガムランなど幅広くインドネシアの音楽演奏に携わる。2014年7月、日本の学生が中心メンバーとなるガムランサークル(大学所属)を集結させた交流イベント「GamelanUniverse−ひろげようガムランの輪つなげようガムランの音−」を都内で開催。2014年度インドネシア政府奨学金を得て、インドネシア国立芸術大学スラカルタ校へ留学、本場のジャワガムラン演奏技法を学ぶ。現在ジャワガムラングループ《ランバンサリ》、《スミリール》などで活動するほか、東京藝大ジャワガムランクラブ《Titik Suara》や沖縄県立芸大ジャワガムランサークル《Sanga》などで指導も行う。練馬区で毎月一回、年齢や経験問わず誰でも参加可能なガムラン練習会《サマサマ》を開催、指導にあたる。

松田仁美/シンデン
大阪府出身。国立民族学博物館のワークショップでジャワガムランに出会い、大阪大学を拠点に活動するジャワガムラングループ《ダルマ・ブダヤ》で演奏活動を始める。シンデン(女性の独唱パート)を中心に本場でガムランの演奏を学ぶため、2009年~2011年度インドネシア政府奨学金を得て、インドネシア国立芸術大学スラカルタ校へ留学。学内に限らず、現地のガムラングループに参加し研鑚を積む。帰国後は、《ダルマ・ブダヤ》を中心に、《ビンタンララス》《Tidak apa2》などで活動中。《ダルマ・ブダヤ》の開催するガムラン体験講座「日曜ガムラン」では指導にあたる。近年はジャワの遊び歌などを日本語に訳して歌い、歌詞の魅力も伝わらないかと奮闘中。

【外部リンク】
Cafe Parlwr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

15/09/27(日)影絵あり、抜群の音響、360°全方向から観覧可能なステージ!滞空時間ライブ@相模湖

会場:神奈川県 相模原市緑区 神奈川県立相模湖交流センター

下記の公演のお知らせがFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Cpptbi2vaaawu0ljpg_large_2

11907179_667209636749606_2356293497

9/26(土)?10/12(月祝)まで、神奈川県立相模湖交流センターにて川村 亘平斎3年振りの影絵個展が開催。

会期中の9/27(日)には、相模湖交流センターのホールにて滞空時間のワンマンライブをおこないます。

高い天井と残響1.46秒という抜群の音響を誇る音楽ホールにて、今回は360°全方向から観覧可能なステージ作りを目指します。
もちろん影絵ありのフルセットのため、普段観れない影絵の裏側なども是非お楽しみください!
スペシャルゲストにはヒューマンビートボクサーAFRAとスティールパン奏者のトンチが出演!!
FOODではこの春渋谷にOPENしたmonoe食堂が出店します。

会場となる相模湖交流センターは相模湖駅から徒歩8分、緑豊かな相模湖畔に建つギャラリー&音楽ホールです。
新宿から中央線で一本、最短55分。
この機会にぜひ足をお運びください。

◆滞空時間ライブ◆

■日時
9月27日(日)Open 14:30 Start 15:00 ※アフタートークあり

■料金
一般前売¥2,300/当日¥2,500/
シニア¥2,250/高校生以下¥1,250
※小学生以下のお子様は無料です。人数だけお伝えください。

■会場
相模湖交流センター・多目的ホール
〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬259?1

■出演
滞空時間 × AFRA × トンチ
音響:葛西敏彦
照明作家:渡辺敬之
FOOD:monoe食堂

■予約お問い合わせ
神奈川県立相模湖交流センター
〒252-0171 神奈川県 相模原市緑区与瀬259?1
TEL: 042-682-6121
FAX: 042-682-6123
E-mail: ticket@sagamiko-kouryu.jp
電話、FAX、メールにてお問い合わせください。

<出演者プロフィール>

■滞空時間
インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる芸術家・川村亘平斎のソロユニット。都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。
2012年インドネシア/マレーシア2カ国ツアーを成功させ、2013年に2nd album【RAINICHI 来日】を発表。【架空の南の島で行われたお祭りの一夜】をコンセプトに作られた今作では、小山田圭吾(cornelius),木津茂理(民謡歌手)等豪華ゲストが参加、音楽シーンに強烈なインパクトを与える。また、鎌倉宮薪能では細野晴臣等と共演し絶賛される。
ライブゲストに、小山田圭吾(cornelius)、オオルタイチ、木津茂理、AFRAを呼ぶなど、常に変化し続ける彼等のお祭り騒ぎは、ますます目が離せない。

■AFRA

2004年、FUJI XEROX CMで一躍お茶の間の話題になったヒューマン・ビートボクサー。日本にヒューマン・ビートボックスを広めたパイオニア的存在。
高校卒業後NYへ単身渡米、映画「Scratch」出演や、唯一の日本人として出演したビートボックス・ドキュメンタリーフィルム「Breath Control」などを通して日本のコアなファンにも強烈に存在をアピール。
2003年、日本人初のヒューマン・ビートボックスアルバムとなる1st Album「Always Fresh Rhythm Attack」をリリース。
2004年、プロデューサーにPrefuse 73を迎え2nd Album「Digital Breath」をリリース。
2005年以降、啓、K-MOONとのヒューマン・ビートボックス・バンド「AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND」として活動開始。1st Album「I.B.B.」、2nd Album「World Class」、数多くの海外ライブを収録した映像作品「World Tour」をリリース。
2009年10月、ソロ名義にて3rd Album「Heart Beat」をリリース。

■トンチ

小さい頃からピアノを習う。
1998年からスティールパンを始め、2ヶ月後に訳も分からず発祥国トリニダードへ。 「上手くなったらチームに入れたるわ」と言われ日本でがんばる。
2003年再びトリニダードへ。 約1年間、インベイダーズというチームに入り活動。 エクソダスのメンバーとカリブの国々でカーニバルの演奏ツアーetcをし、、、
帰国後、ソロ活動・作詞作曲・セッションや、 OOIOOや朝崎郁恵さんのレコーディングの手伝いやUAの演奏、クラムボン原田郁子ちゃんとセッションなど。

=========================================
[企画]平林拓也
[主催] 神奈川県立相模湖交流センター/指定管理会社アクティオ㈱
[後援]相模湖観光協会、藤野観光協会

【外部リンク】
公演Facebook
リーフレット(PDF)
滞空時間
AFRA
トンチ
神奈川県立相模湖交流センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

15/09/23(水・祝)小林一三翁が持ち帰ったガムランが蘇る!阪急文化財団が贈るマルガサリのガムランと王宮舞踊

会場:大阪府池田市 逸翁美術館マグノリアホール

下記の公演のお知らせがマルガサリのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20159231

20159232

阪急文化財団が贈る 小林一三が愛した伝統芸能シリーズ第4弾!

Margasari【マルガサリ】・・・Magnolia

~ガムラン—典雅な響きと舞い~

阪急文化財団には、小林一三翁が商工大臣であった当時にインドネシア(ジャワ島)で求めたガムラン楽器が所蔵されています。

ジョグジャカルタ王家筋より入手されたもので、日本に最初にもたらされたガムラン楽器です。

本公演はその楽器を使ってのコンサートです。

製作されてから100年を超える古楽器の雅な音をお楽しみください。

ジョグジャカルタの伝統的な王宮舞踊もご覧いただけます。

【開催日時】

2015年9月23日(水・祝)17:00開演(16:15開場)

【会場】
逸翁美術館
マグノリアホール
〒563-0058
大阪府池田市栄本町12-27
TEL:072-751-3865
FAX:072-751-2427

【出演】

演奏/マルガサリ
舞踊/ウィヤンタリ、河島 加奈子
お話/大阪市立大学教授 中川 真氏

【演目】

古典曲
ウィルジュン、グンディン・オクラオクラ、グンディン・ガンビルサウィット 他

舞踊 クロノ・アルス 

お話:大阪市立大学大学院教授 中川真氏

【料金】3,000円(全席自由) 

※未就学児の御来場はご遠慮ください

【主催・問い合わせ】

公益財団法人 阪急文化財団

逸翁美術館 072-751-3865(10:00~17:00)

【協力】マルガサリ 

【外部リンク】
マルガサリ
美術館ブログ 小林一三が持ち帰ったガムランが蘇る! 
逸翁美術館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

15/09/22(火)~23(水)アニメーションとワヤンのコラボ作品「Elephant ant man」を上演!アニメーションのカガク。ガムラン影絵 ワヤン・クリ

会場:神奈川県川崎市幸区 東芝未来科学館

下記の公演のお知らせがHANA☆JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_341_1

Img_341_2

【3Fエントランス開催 アニメーションのカガク】 ガムラン影絵 ワヤン・クリ

神奈川県川崎市の東芝未来科学館にて、クリエイターの松本さんと一緒に、
アニメーションとワヤンのコラボ作品「Elephant ant man」を上演します。

事前のワークショップに参加すると(詳細は未来科学館HPで)、
自分の作ったアニメーションが影絵の上演に参加しますよ。

ワヤン・クリは、水牛の皮の透かし彫りでつくられた人形を
白い幕(クリル)に投影しながら演じられる、インドネシアの伝統芸能です。
(ワヤンは影、また人形、クリは皮の意味です)。
ジャワでは誕生祝や結婚式、独立記念日等の行事や村のお清めなどの儀礼の際に、
ガムランの音色とともに夜を徹して上演されます。
2009年のユネスコ世界無形遺産に登録されました。
今回は、子ども達が20日、21日に作ったアニメを背景にした影絵を上演します。

影絵,ガムラン演奏: HANA☆JOSS(ローフィット・イブラヒム,佐々木宏実さん)
ディレクション: 松本 祐一さん

※観覧席を先着50名様分用意しています。立ち見もOKです!
※こちらのイベントはラゾーナ川崎東芝ビル3Fエントランスで開催します。

講師:ガムラン演奏 HANA☆JOSS
料金:参加無料
会場:東芝未来科学館
 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)

【外部リンク】
HANA☆JOSS
東芝未来科学館 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/10/12(月・祝)ワヤン・ベベル+ビュッフェ・スタイルのインドネシア料理。 ワヤンとインドネシアごはん vol.4

会場:東京都目黒区 インドネシア料理Cabe目黒通り店

下記の公演のお知らせがクルタクルティのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20151012cabe1

20151012cabe2

ワヤンとインドネシアごはん vol.4
演目:ワヤン・ベベル「アルジュノの修行のゆくえ」
会場:インドネシア・レストランcabe目黒通り店
時間:13時、16時、19時(各回45分ほど)
料金:大人2,500円 こども(小学生まで)1,500円 未就学児無料
ワヤン・ベベル+ビュッフェ・スタイルのインドネシア料理(アイスティーつき、追加ドリンクはキャッシュ・オン)
予約入替制・各回1時間前より(自由席少しあり) 来店時精算(現金のみ)

【外部リンク】
クルタクルティ
インドネシア料理Cabe目黒通り店

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15/09/26(土)ワヤンのゆうべ2015「ガトコチョのへそ」@平塚幼稚園

会場:東京都目黒区 平塚幼稚園

下記の公演のお知らせがクルタクルティのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20150926

ワヤンのゆうべ2015
演目:ガトコチョのへそ

会場:平塚幼稚園園庭(東急東横線祐天寺)
開場17:00・開演17:45
大人1,300円 子ども(年少〜中学生)600円

【外部リンク】
クルタクルティ
チラシ
平塚幼稚園

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

15/10/03(土)だんじり祭の後、中秋の名月にしっとりした公演を…今年のテーマは、文化の交流。第7回ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演 観月の夕べ

会場:大阪府岸和田市 岸城神社 社殿内

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20150726233037b39

10/3 ジャワ舞踊&ガムラン「観月の夕べ」公演@岸和田市

「ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演 観月の夕べ」公演は今年で第7回目を迎えます。だんじり祭の後、中秋の名月にしっとりした公演を…という阪井宮司の発案で始まりました。ジャワ・ガムランはジャワ島中部の王宮で発展した伝統音楽で、様々な儀礼で演奏され、神社の厳かな雰囲気によく似合います。

本公演では関西ガムラン界で活躍する者が集まり、毎年新しいテーマで奉納しています。今年は「Silang Budaya文化の交流」をテーマに、ジャワ文化の世界の多様さを味わっていただけるレパートリーをご用意しました。多様な文化の影響を受けた華やかな舞踊、ストイックな舞踊、影絵のための曲のメドレーなど、変化に富んだ公演になります。

第7回ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演

日時: 10月3日(土)午後6時~8時
場所: 岸和田市 岸城(きしき)神社 社殿前
料金: 入場無料 ・カンパ歓迎 
併催: 蛸地蔵商店街手作り市 午後2時~境内

舞踊: 冨岡三智、西岡美緒、大石麻未、ウィジャヤ・クスマ
音楽: ハナジョス、ビンタンララス、ダルマブダヤ

会場: 岸和田市岸城町11-30 
    南海本線・岸和田駅徒歩10分、蛸地蔵駅徒歩5分
    お車でご来場の方は岸和田城周辺の公共駐車場をご利用下さい。

主催・問い合せ: ジャワ舞踊の会、ハナジョス
共催: 岸城神社、特定非営利活動法人 ラヂオきしわだ
協力: 蛸地蔵商店街手作り市
後援: 岸和田市、岸和田市教育委員会、岸和田市文化事業協会、
    在大阪インドネシア共和国総領事館、関西インドネシア友好協会   

舞踊演目

「サリ・クスモ」
(舞踊:ウィジャヤ・クスマ メンバー)
作品名は花の精髄を意味します。ジョグジャカルタ王家の舞踊の基本的な型で構成され、一番最初に学ぶ曲です。1976年、サスミント・マルドウォ振付。(文/西岡美緒)

「パンジ・トゥンガル」
(舞踊:冨岡三智)
「パンジ・トゥンガル」はウィレン(男性宮廷舞踊)形式の舞踊で、本来2人で踊る「パンジ・クンバル」を1人で踊るときの呼び方です。1650年パクブウォノ2世の作で、スラカルタ王家に伝わり、1970年に宮廷舞踊の解禁を受け、舞踊家ガリマンにより復曲されました。通常のウィレンのように戦いの場面を直接描くのではなく、また特定の人物設定や物語もなく、抽象的な表現によって、内面の葛藤や克服に至る過程を描いています。宮廷女性舞踊のスリンピやブドヨのように、息の長い女声斉唱(ブダヤン)を伴います。(文/冨岡三智)

「ゴレッ・メナッ ルンガニス×ウィダニンガル」
(舞踊:大石麻未×西岡美緒)
ゴレッ・メナッはメナッ物語の場面を舞踊化し、木偶人形(ゴレッ)のような独特の動きで描いた舞踊ジャンルで、ジョグジャカルタ王家の王スルタン・ハムンクブウォノ9世により1941年に創作されました。メナッはペルシャ由来のイスラム布教の物語で、マレー語からジャワ語へと翻訳されて広く流布しました。ジャワとイスラム文化の出会いが舞踊の背景にあります。
ルンガニスはコパルマン国の姫でジャワ風の衣装を身に着け、ウィダニンガルは中国の姫で、中国風の衣装を身に着けています。ゴレッ・メナッには、アダニンガルとケラスウォロという2人の女性が1人の男性をめぐって戦い、アダニンガルが負けるという物語がありますが、本作はその後日譚です。アダニンガルの妹ウィダニンガルが敵討ちに向かい、ケラスウォロの義娘ルンガニスと出会って戦うものの、最後にはウィダニンガルが負けてしまいます。ジャワと中国の文化が反映された華やかな衣装や2人の女性のキャラクタ-の対比が見どころです。(文/大石麻未)

出演者  ※ISI=インドネシア国立芸術大学

●冨岡三智
ISIスラカルタ校他に留学・調査。2004年~ジャワ舞踊の会主宰、インドネシアとの芸術交流を推進。
●西岡美緒
ISI ジョグジャカルタ校に留学。2011年~ジャワ舞踊サークル ウィジャヤ・クスマ講師。
●大石麻未
ISI ジョグジャカルタ校に留学。2015年~ジャワ舞踊教室 うぃどさり主宰(香川県丸亀市)。
●ウィジャヤ・クスマ
ジャワ舞踊サークル。2011年~活動。
●ハナジョス
ISIジョグジャカルタ校卒業のローフィット・イブラヒムと同校に留学していた佐々木宏実によるジャワ芸能ユニット。2002年結成。
●ビンタンララス
2012年~既存のグループの枠を超えて、ガムランとワヤン(影絵)の魅力を発信する活動を行う。
●ダルマ・ブダヤ
1979年~関西初のジャワ・ガムラン音楽団体として大阪大学を拠点に活動。代表は山崎晃男(大阪樟蔭女子大学)。

【外部リンク】

冨岡三智大石麻未ハナジョスビンタンララスダルマ・ブダヤジャワ舞踊の会 
HANA★JOSS
岸城(きしき)神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

5/09/26(土)ワヤン最強の武芸者カルノ誕生の物語。日本ワヤン協会「カルノの誕生」@東京家政大学博物館

会場:東京都板橋区 東京都家政大学板橋キャンパス 120周年記念館

下記の公演のお知らせがfgadogadoのブログおよび東京家政大学博物館のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_18565550

インドネシアの第7回 影絵芝居 ワヤン公演:
マハーバーラタより 「カルノの誕生」@東京家政大学博物館

インドネシアに伝わる魅惑の影絵芝居劇 ワヤン・クリ
ワヤン最強の武芸者カルノ誕生の物語

開催日 : 2015年 9月26日(土)
時 間 : 14:00開演 (13:30開場)
       ※13:30より歓迎のガムラン演奏が始まります
開 場 : 120周年記念館1階 多目的ホール
演 目 : マハーバーラタより 「カルノの誕生」

入場無料・事前申込み不要 当日直接会場へお越しください。 
入退場自由・全席自由

キャスト・スタッフ
実演:日本ワヤン協会
オリジナル:キ・スティノ
ジャワ語和訳:
日本語版語り:竹内弘道
人形操作(ダラン):中辻 正
ガムラン前奏:ランバンサリ有志

東京家政大学博物館での過去のワヤン実演
 ▶ 第6回 (2014年) 「アノマン使者に立つ」
 ▶ 第5回 (2013年) 「プラン・チャキル」「天人の羽衣」
 ▶ 第4回 (2012年) 「スマントリ、スコスロノ兄弟の物語」
 ▶ 第3回 (2011年) 「野獣、恋のバラード」
 ▶ 第2回 (2010年) 「カルノの一騎打ち」
 ▶ 第1回 (2009年) 「アルジュノの饗宴」

【外部リンク】
日本ワヤン協会
公演チラシ(4ページ/PDF)
公演詳細
東京都家政大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »