« 15/05/03(日)音、空間、食が一体となった都市の祝祭。滞空時間 TAIKUH JIKANG TRIO@CAY 豊月祭 | トップページ | 15/05/01(金)川村亘平斎「影絵と音楽」CINEMA AMIGOミュジックデー連動パフォーマンス »

2015年4月29日 (水)

15/07/05(日)戦後日本の音楽文化に「民族音楽」という風穴を開け、日本音楽の再発見をうながした故小泉文夫を演奏とともに振り返る コンサート企画〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ@東京藝術大学・奏楽堂

会場:東京都港区 東京藝術大学・奏楽堂

下記のお知らせが東京藝術大学のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Koizumi_33_08

〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ

 戦後日本の音楽文化に「民族音楽」という風穴を開け、日本音楽の再発見をうながした故小泉文夫(東京藝術大学元教授、1927-1983)。
 三十三回忌にあたる今年、その業績と思想を、演奏とともに振り返ります。

● 日時:  2015年7月5日(日)|13:00開場 14:00開演
 July 5 (Sun), 2015|Doors open at 1PM/The show starts at 2PM.
● 会場:  東京藝術大学奏楽堂
 Sogakudo Concert Hall, Tokyo University of the Arts
● 入場料: 1000円(高校生以下無料)
 ¥1,000 (Free for Under Highscool Students)
 チケット取り扱い:チケットぴあ(Pコード:262253|tel:0570-02-9111)nihondento
 芸大美術館ミュージアムショップ(tel:03-5685-1176)

● 全席自由  All seats are general admission.
※ 未就学児童の同伴はお断りいたします。Preschoolers are not admitted to enter.
※ 車椅子用の座席は2席ご用意しております。We have 2 wheelcair seats.

● 主催:  「〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ」音楽会実行委員会  * 1
● 協力:  東京藝術大学音楽学部
● 協賛:  一般財団法人 民主音楽協会、株式会社 大入、キングレコード株式会社、株式会社 教育芸術社、株式会社 音楽之友社
● 助成:  (公財)朝日新聞文化財団、藝大フレンズ賛助金助成事業
● 後援:  (公財)日本伝統文化振興財団
          nihondento

● プログラム  * 2  

司会:田中美登里 M.C.: TANAKA Midori

長唄 Opening; Nagauta:
味見純(唄)、味見亨(三味線)、新井康子(三味線)、中川善雄(笛)
AJIMI Jun (vocal), AJIMI Toru (shamisen), ARAI Yasuko (shamisen), NAKAGAWA Yoshio(fue)
曲名:「黎明」中内蝶二作詞 山田抄太郎作曲
program: “Reimei”, lyrics by NAKAUCHI Choji, composed by YAMADA Shotaro

南インド・ヴィーナー Veena solo music:
的場裕子(ヴィーナー)、荒井俊也(ムリダンガム)、竹原幸一(モールシン)
  MATOBA Yuko (veena), ARAI Toshiya (Mridangam), Chandhan Rangarajan (Violin), TAKEHARA Koichi (Morsing)
曲目:クリティ「シュリー マハー ガナパティ」(ラーガ:ガウラ、ターラ:ミスラ チャープ) ムットゥスワーミ・ディークシタル作曲
program: Kriti “Sri Maha Ganapati”, (Raga: Gaula, Tala: Misra capu) composed by Muttuswami Dikshitar

南インド・声楽 Carnatic vocal music:
井上貴子(声楽)、荒井俊也(ムリダンガム)、チャンダン・ランガラージャン(ヴァイオリン)、竹原幸一(モールシン)
INOUE Takako(Vocal), ARAI Toshiya (Mridangam), Chandhan Rangarajan (Violin), TAKEHARA Koichi (Morsing)
曲目:クリティ「ラーガスダー・ラサ」(ラーガ:アーンドーリカ、ターラ:アーディ) ティヤーガラージャ作詞・作曲
program: Kriti “Ragasudha rasa”, (Raga: Andolika, Tala: Adi) composd by Tyagaraja

インドネシア バリ・ガムラン Balinese Gamelan:
皆川厚一、増野亜子、城島茂樹、濱元智行
MINAGAWA Koichi, MASHINO Ako, SHIROSHIMA Shigeyuki, HAMAMOTO Tomoyuki
曲目:グンデル・ワヤン「ムラッ・ンゲロ」
program: Gender Wayang “Merak Ngelo”

モンゴル・ホーミー Mongolian Throat Singing:
B. ボルド‐エルデネ(ホーミー) Baatarjav Bold-erdene (mongolian throat singing)
ウイグル・ラワープ Uyghur Rawap:
アブドセミ・アブドラハマン(ラワープ) Abuduxikuer Abudureheman (rawap)

   —— 休憩 intermission ——

邦楽囃子 Hōgakubayashi:
望月太左衛と児童ほか
MOCHIZUKI Tazae and children (hogakubayashi)
曲目:「三番叟~五人囃子といっしょ~」望月太左衛編曲
program: "Sanbaso with Gonin-bayashi" arranged by MOCHIZUKI Tazae

尺八 Shakuhachi solo:
クリストファー遙盟
Christopher Yohmei Blasdel
曲目:琴古流尺八本曲「一二三鉢返調」
program: Kinko shakuhachi honkyoku, “Hifumi Hachigaeshi no Shirabe”

雅楽 Gagaku:
宮丸直子(三ノ鼓)、中村仁美(篳篥)、伊崎善之(高麗笛)
MIYAMARU Naoko (san-no tsuzumi), NAKAMURA Hitomi (hichiriki), IZAKI Yoshiyuki (komabue)
曲名:高麗楽「白濱」
program: Komagaku “H?hin”

インドネシア ジャワ・ガムラン Javanese Gamelan:
曲目:「小泉文夫 “頌”(小泉文夫氏三十三回忌記念曲」 サプトノ作詞・編曲
program: "PENGETAN 33 TAHUN SANG FUMIO KOIZUMI" lyrics and arranged by Saptono
サプトノ、田村史子、佐藤まり子、森重行敏、芹澤薫、村上圭子、慶野由利子、森岡真理子、木村佳代、白井眞由美、山田敦子、鴻巣香、
二藤宏美、植村幸生、風間純子、大田美郁、 植村紀子、中田一子、三浦牧子、櫻井陽、後藤弓寿、黒木泰志、佐々木翔太郎、井上恵理、遠藤和宏

●アクセス:JR上野駅公園口徒歩10分・京成上野駅徒歩15分
 東京メトロ銀座線/日比谷線上野駅徒歩15分・東京メトロ千代田線根津駅徒歩10分

● 問合わせ:東京藝術大学音楽学部 小泉文夫記念資料室
 TEL: 050-5525-2381(留守番電話の場合もあります)

*1.「〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ」音楽会実行委員会:秋山晃男、植村幸生(実行委員長、東京藝術大学音楽学部教授、同小泉文夫記念資料室長)
尾高暁子、久保仁志、小柴はるみ(事務局長)、田村史子、西田克彦、松村智郁子、山川泉
*2. プログラムは変更する場合がございます。ご了承下さい。最新情報はこのページにてご確認下さい。

【外部リンク
小泉文夫記念資料室
東京藝術大学・奏楽堂

|

« 15/05/03(日)音、空間、食が一体となった都市の祝祭。滞空時間 TAIKUH JIKANG TRIO@CAY 豊月祭 | トップページ | 15/05/01(金)川村亘平斎「影絵と音楽」CINEMA AMIGOミュジックデー連動パフォーマンス »

ジャワ、バリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15/07/05(日)戦後日本の音楽文化に「民族音楽」という風穴を開け、日本音楽の再発見をうながした故小泉文夫を演奏とともに振り返る コンサート企画〈民族音楽〉との邂逅 —— 小泉文夫のメッセージ@東京藝術大学・奏楽堂:

« 15/05/03(日)音、空間、食が一体となった都市の祝祭。滞空時間 TAIKUH JIKANG TRIO@CAY 豊月祭 | トップページ | 15/05/01(金)川村亘平斎「影絵と音楽」CINEMA AMIGOミュジックデー連動パフォーマンス »