« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月30日 (木)

14/11/2(日)バリ舞踊公演~バリ島の宙と共に舞う夜~@アンティーク・ダイニング甘蔵

会場:東京都福生市 アンティーク・ダイニング甘蔵

下記の公演のお知らせが荒内琴江さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_1

2014Final Stage
第7回目 甘蔵バリ舞踊公演
Pentas di Fussa Umagura

5月よりスタートした福生甘蔵での定期公演!いよいよ今年のファイナル~~公演でございます�
2014年…私にとって忘れる事のできない、忘れたくない年の甘蔵ファイナル公演…。。
ありったけの真を込めてステージに立たせて頂きます

みなさまのお越しをお待ち申し上げております
テラス席になりますので、温かい格好でお越し下さい

⚫︎日時 : 11/2(日)
⚫︎時間:開演19:00 
⚫︎場所:甘蔵テラス
⚫︎チャージ2000円(1ドリンク+おつまみ付き)
*小学生以下のお子様はチャージ無料です。
*小学生未満のお子様は付き添いの方とご一緒のお席でご覧頂きます。
⚫︎Antique Dining 甘蔵
【行き方】JR青梅線 福生(ふっさ)駅下車。西口を降りて、福生駅を背にして直進、モスバーガーがある横断歩道を渡り、しばらく行くと右側のアンティークな建物が甘蔵です。(徒歩3分)
⚫︎ご予約お問合せ先甘蔵まで
『バリ舞踊観賞の予約です。』と、一言お伝え下さい。
 TEL 042-551-0137


【出演者】
荒内琴江 / kotoe arauchi
尾形布美子 / fumiko ogata
尾形峰樹 / mineki ogata
尾岐史花 / fumika omata
風間穂ノ香 / honoka kazama
風間茉柚香 / mayuka kazama
小林麻紀 / maki kobayashi
寒川ゆみ / yumi sangawa
須賀木菜子 / kinako suga
高橋恵美子 / emiko takahashi
田中万熙 / mahiro tanaka
田中あずさ / azusa tanaka

❶プスパメカール(Puspa Mekar )歓迎の踊り
荒内琴江 / kotoe arauchi
寒川ゆみ / yumi sangawa
❷チェンドラワシ (Cendrawasih)
極楽鳥の踊り
風間穂ノ香 / honoka kazama
風間茉柚香 / mayuka kazama
❸ タルナ・ジャヤ (Tarna Jaya )
勝利した青年の踊り
高橋恵美子 / emiko takahashi
❹オレッグタムリリンガン (OlegTamulilingan)
蜜蜂の求愛の踊り
寒川ゆみ / yumi sangawa
高橋恵美子 / emiko takahashi
❺ウサハニンプトゥリ
(Utsahaning Putri)
尾岐史花 / fumika omata
風間穂ノ香 / honoka kazama
須賀木菜子 / kinako suga
【休憩】
❻レゴンスマランダナ
(Legong Semarandana)
スマラ 尾形布美子 / fumiko ogata
ラティ 荒内琴江 / kotoe arauchi
ランダ 高橋恵美子 / emiko takahashi
❼ルジャン (RejangDewa)
風間穂ノ香 / honoka kazama
風間茉柚香 / mayuka kazama
寒川ゆみ / yumi sangawa
田中万熙 / mahiro tanaka
田中あずさ / azusa tanaka

❽テレックジャウック
(Telek )
尾形峰樹 / mineki ogata
尾岐史花 / fumika omata
小林麻紀 / maki kobayashi
須賀木菜子 / kinako suga
(Jauk)
高橋恵美子 / emiko takahashi

【外部リンク】
荒内琴江
トゥラン・ブーラン
アンティーク・ダイニング甘蔵(うまぐら)

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/11/15(土)インドから伝わった『マハーバーラタ』に題材をとったジャワ舞踊@インド舞踊へのいざない「扉を開けば魅惑のインド」

大阪府大阪市中央区 ドーンセンター

下記の公演のお知らせがジャワ舞踊の会のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20141017211913b60

2014101721175984b

インド舞踊へのいざない part 36
扉を開けば魅惑のインド

日時: 2014年11月15日(土) 16:00~19:30
場所: ドーンセンター (大阪市) 
     1階 パフォーマンススペース

料金: 一般\1500、会員・70歳以上\1000、小中学生\500、同伴幼児無料
主催: つなぐ文化・ギータンジャリ友の会

私が踊る曲目は『ルトノ・パムディヨ』です。インド舞踊の会ですので、インドから伝わった『マハーバーラタ』に題材をとった舞踊を踊ります。このスリカンディというキャラクターは、インドとは性別が変わっています。それに伴い、物語も少し変わっています。

『ルトノ・パムディヨ』
1954年、ジャワ・スラカルタ王家舞踊家のクスモケソウォが振付。宮廷舞踊の動きやコンセプトで構成された作品。『マハーバーラタ』に題材をとり、女性の武将スリカンディが出陣し、敵のビスモと戦って倒すまでの場面を描いている。『ルトノ・パムディヨ』は女性の武将という意味。インド版『マハーバーラタ』では、スリカンディはシカンディン、ビスモはビーシュマと表記される。シカンディンは前世は女性だった男性だが、スリカンディは女性でアルジュノ(インド版ではアルジュナ)の妻にして、弓の名手である。インド版ではアルジュナがビーシュマに致命的な矢を放つが、ジャワ版ではアルジュノの矢の助けを得てスリカンディ自身がビスモを倒す。

シタール演奏: 南澤靖浩
ジャワ宮廷舞踊: 冨岡三智
トーク 北西インドの染織と手仕事: 野田良子
衣装ショー: 有志
インド舞踊: カルラ、櫻井暁美、杉山藍、山口和子、その他
インド風午後のお茶会 (芳醇な香りと絶妙なお味をどうぞ)
司会・語り: 坂本顕、柴田元子

ドーンセンター 住所・アクセス
京阪/谷町線・天満橋駅①出口、JR・大阪城北詰駅②出口
大阪市中央区大手前 1-3-49

【外部リンク】
ジャワ舞踊の会
ギータンジャリ友の会 Facebook
ドーンセンター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

【復興支援チャリティ詳細追加】14/11/02(日)03(祝)15(土)16(日)バリ舞踊界の偉大な母 イブ・アリニ再来日! ワークショップ&公演 2014

会場:東京都武蔵野市 スタジオアムリタ/神奈川県横浜市中区 シルクロード武道館/静岡県伊東市アンダリゾート伊豆高原/東京都練馬区 ブレヒトの芝居小屋/神奈川県藤沢市 江島神社

下記の講座および公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10660208_352820774874157_3053242490

Ibuarini2014

(イブアリニ ワークショップ@2014)
バリ舞踊のマエストロ Ni Ketut Arini 来日講座
バリ舞踊の動きの型や名前、意味やポイント等をわかりやすく解説。
この機会に バリ舞踊にふれてみませんか。
初めての方でも参加できるプログラムもあります。
バリ舞踊教本「teknik Tari Bali」にそって講座をすすめます。

<関東地区>
バリ舞踊教本「Teknik Tari Bali」の解説とその実践ワークショップ
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目17−12
電話:0422-23-6611

●11月2日(日)スタジオアムリタB1(吉祥寺駅北口)
19:00-21:00  1>バリ舞踊の動き〜足、身体、手、首、頭編

●11月3日(祝)シルクロード武道館(横浜中華街チャイハネカフェB1)
〒231-0023 神奈川県 横浜市 中区山下町 80 1-2F (南門シルクロード通り)

11:00-12;30 2>基礎1(音に合わせるイブアリニメソッド)
13:30-15:00 3>基礎Ⅱ(音に合わせるイブアリニメソッドバージョンⅡ)
15:30-16:00  秘蔵映像上映(昔のバリの映像を上映します)
16:30-18:00 4>バリの舞〜花まき編(ガボール)

●11月6日(木)~7日(金)1泊2日
アンダリゾート伊豆高原(静岡県伊東市八幡野1133)
19200円(2名1室洋室/お一人様1泊3食付き、飲み放題、税等オール込)
11月7日は満月Purnamaです。
伊豆高原のバリ風ホテルで、お供え物を作り、満月にお祈りをします。椰子から作るお供え物を作ってみたい方、ぜひ、この機会にどうぞ。
申し込み ibuarini2014@hotmail.com

●11月8日(土)~9日(日)復興支援チャリティコンサート2014

10590436_534491183351639_4153456134

10501731_534491660018258_7561713706

場所:ブレヒトの芝居小屋
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17
(西武新宿線武蔵関駅徒歩6分)
演奏:スカル・ジュプン 主催:スリヤ・チャンドラ

-(松重さんからのご案内)--

あいかわらずバリ芸能にどっぷり浸かっておりますが、
2年前に立川の聖パトリック教会で行なった
震災復興支援のためのバリ舞踊チャリティーコンサートの第2弾が
11月8日(土)9日(日)の2日間、開催されます。
「震災後の復興に向けては継続して支援をしていくことが大切」という
主催者・富沢香寿美さんの思いを受けて、
第2回となる今回はOpen Japanの「古民家IBUKIプロジェクト」を
支援するコンサートです。

この趣旨にご賛同いただき、今回スペシャルゲストとして
バリ島より来日中の重鎮の踊り手Ni Ketut Ariniさんと
日本在住のNyoman Sudarsama(Komang Batuan) さんが
出演してくださいます。
Komangさんは得意なトペン舞踊をたっぷりと。
そして大御所Ibu Ariniさんは、なんとレゴンラッサム完全版とタルナジャヤを
日替りで踊るという豪華版!

もちろん日本の演奏&舞踊陣も充実です。
演奏はスカル・ジュプン。
舞踊は富沢香寿美、猪野尾洋美ほか、
チャリティーの趣旨に賛同し、
さまざまな公演で活躍している踊り手が揃いました。
私もトペン劇のなかの“プナサール”という道化を演じます。
踊るというよりしゃべりまくりといった感じですが(笑)。

この貴重な公演を、どうぞお見逃しなきよう!

チケット受付・問い合わせ pentas.madoguchi@gmail.com

●11月15日(土)シルクロード武道館(横浜中華街チャイハネカフェB1)
〒231-0023 神奈川県 横浜市 中区山下町 80 1-2F (南門シルクロード通り)

10:30-12;30 1>バリ舞踊の動き〜足、身体、手、首、頭編
13:30-15:00 5>バリの舞〜宮廷舞踊チョンドンレゴン編
15:30-16:00  秘蔵映像上映
16:30-18:00 6>バリの舞〜ブバンチハン(女性による男振り踊り)編

テキスト「Teknik TariBali」お持ちの方は必ずご持参ください。
*    1〜6講座参加者にはイブアリニより修了証をお渡します。
*    1>は生ガムランでポイントの音と動きも体感します(協力スカルジュプン)
*    参加費1>3500円、2〜6>3000円/回。(先着予約制)

●11月16日(日)江島神社奉納祭
〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3−8

13:00〜 江島神社奉納(藤沢市江の島)
イブアリニとご一緒に奉納舞(ルジャンデワ)を踊ります。希望者募集中。

ニ・クトゥ・アリニ プロフィール
1943年デンパサール生まれ、71歳。ワリニ舞踊団主催。
古典的なバリ舞踊の女性スタイルで最も有名。
後進の指導を精力的に行い、数多くの人をプロのダンスの道に導いている。
また、日本も含め国内外で指導を仰ぐ人々が後を絶たない。
父、祖母共に舞踊家であった舞踊一家に生まれ、叔父イワヤンリンディの指導を受け、10歳ですでにバリ舞踊の世界に。政府に招聘され、国家式典や国賓歓迎式典などの舞台で踊った経験もある。
2012年にはジャカルタで開催された「マエストロ!マエストロ!」に招待され献身的な舞踊を見せた。

申し込みお問い合わせ先
ibuarini2014@hotmail.com
フェイスページ「イブアリニバリ舞踊ワークショップ」
後援:ビジットインドネシアツーリズムオフィス
協賛:ガルーダ・インドネシア航空
主催:バスンダリ

【外部リンク】
イブ・アリニ バリ舞踊ワークショップ Facebook
バスンダリ
スタジオアムリタ
シルクロード武道館
アンダリゾート伊豆高原
ブレヒトの芝居小屋
江島神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

14/10/26(日)インドネシアの青銅琴と、韓国太鼓で演奏会『グンデル と チャング 秋の音酔い』

会場:東京都新宿区 ゆうど(目白) 

下記の公演のお知らせがパドマのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20141021_1631656

『グンデル と チャング 秋の音酔い』

出演
城島 茂樹&米花 知生(グンデル)
チェ ジェチョル(チャング、踊り、唄)

2014年10月26日(日)

昼の部 14:30 開場 / 15:00 開演
夜の部 18:30 開場 / 19:00 開演
(※毎回定員30名程です)

10月26日(日曜) 目白のゆうどにて、
インドネシアの青銅琴「グンデル」と、韓国太鼓「チャング」で演奏会をします。
グンデルの二人が対となって叩く姿や、鳴り響く音、
そして音を止めてゆく手さばき、とても素晴らしいです。

チェは太鼓を叩いて、踊って、歌います。

お昼と夜では、全く別の表情が生まれる「ゆうど」。
どんな一日になるか、とっても楽しみです。

Padma3

グンデルワヤン PADMA プロフィール
PADMA(パドマ:蓮の花、の意)は、バリ島のグンデル・ワヤンを中心に演奏するセッション・グループとして1997年1月に結成されました。
メンバーはバリの人と同じく、昼は別の職業をもちながらガムラン音楽に情熱を注いでいます。
各自すでに数年間をかけて、共通の師である故イ・ワヤン・ロチェン氏およびイ・ワヤン・コノラン氏のもとで研鑽を積んできました。
グンデル・ワヤンの響きを多くの人々に知ってもらうとともに、あまり日本で演奏されない曲目にも積極的に取り組んでいます。

W10

チェ ジェチョル(崔 在哲)プロフィール
チャンゴ(韓国太鼓)奏者、1979年2月15日生まれ。
在日コリアン3世として大阪に生まれる。
東京朝鮮高校、青山学院大学を卒業後、韓国伝統打楽器をリ・チャンソプ先生に師事。
リ・チャンソプ芸術団のメンバーとして、2005年よりサムルノリ(韓国打楽器音楽)の公演に参加。
ソルチャンゴ(韓国太鼓の独奏)を軸にして、伝統音楽、現代音楽の垣根を越えて様々な場面で活躍中。
チャンゴの他、ギター、ピアノを使っての楽曲製作(作詞、作曲)、CM音楽製作、舞踏とのコラボレーション、舞台音楽等も行う。
2009年より、日本と韓国の文化に触れる旅「チャンゴウォーク」を始める。チャンゴのリズムが生み出され、発展した昔の人々の「歩く生活、歩くリズム」を求めて、東京~京都(2009)、京都~博多(2010)までの道のりを太鼓を叩き進んだ。現在、韓国でのチャンゴウォークを計画中。

主な活動
【Live】「リ・チャンソプ芸術団 サムルノリ」(京都大江能楽堂)、「風水土のしつらえ展」(大阪大丸)、「田
中泯 VS チェ・ジェチョル」(京都 素夢子)
【CD】「続・人間万葉歌」阿久悠作詞集 『舟歌:渚ようこ』  
   「御身」寺尾紗穂 『二輪草』
【DVD】「ピンクレディーナイト」仙波清彦&カルガモーズ   
【TVCM】「資生堂化粧品 2008春夏」『木蓮:楽曲製作』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゆうど(目白) 新宿区下落合3-20-21

入場料 2500円(1ドリンク付) 
中学生以下 1000円 (1ドリンク付)
※高校生以上は通常料金 未就学児童は無料
昼と夜 通し券  4500円(2ドリンク付)

予約
・TEL 03-5996-6151(ゆうど)
・E-mail choijaechol@yahoo.co.jp (チェ)

【外部リンク】
グンデル と チャング 秋の音酔い Facebook 
バリ島グンデル・ワヤン演奏グループ パドマ
チェ ジェチョル
ゆうど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

14/10/26(日)ちょっと不思議な組み合わせのハロウィン・ライブ! スンダ(西ジャワ)のガムラン・ドゥグン&ギター・ソロ

会場:東京都武蔵野市 吉祥寺曼荼羅

下記の公演のお知らせがFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1960848_875554965811453_85236091025

10683437_875555295811420_2429519951

瑞希Presents
「オトノワ」vol.5〜ハッピー・ハロウィン

ちょっと不思議な組み合わせのハロウィン・ライブ!
10月26日(日)18時より、吉祥寺のライブハウス「曼荼羅」で
スンダ(西ジャワ)のガムラン・ドゥグンを演奏します(40分)。
ガムランを初めてお聴きになる方もぜひ!
親しみやすく耳に優しいガムランの曲を演奏します。
ガムランの後は、ギター・ソロでお楽しみ下さい。

日時:10月26日(日)18:00(開場17:30)

会場:吉祥寺曼荼羅 0422-48-5003
   吉祥寺駅から徒歩5分
   武蔵野市吉祥寺南町1-5-2

出演:パラグナ(ガムラン・ドゥグン)
   井手迫瑞希(ギター)
   結海(ギター)

チャージ ¥2,500(前売予約 ¥2,200)+1ドリンク

予約:http://mizuki-idesako.com/contact.html(メール予約)
   吉祥寺曼荼羅 Tel 0422-48-5003

音楽で繋がって皆さんとひとつの輪になれたらなと思って
はじめたライブ「オトノワ」も5回目になりました。
ハロウィンも近いので、皆さんで楽しい夜を作りましょう。(井手迫瑞希)

【外部リンク】
パラグナ(ガムラン・ドゥグン)
吉祥寺曼荼羅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

マエストロ「ニ・クトゥ・アリニ」バリ舞踊@ガルーダ・インドネシア航空イベント

会場:東京都千代田区 丸の内ビルディング 1F「マルキューブ」

下記の公演のお知らせがガドガドのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Arini2

イベント概要
日時     2014年10月17日(金)~19日(日)11:00~18:00
会場     丸の内ビルディング 1F「マルキューブ」
東京都千代田区丸の内2-4-1

内容    

■シート体験
新しく導入した大型機B777-300ER型のビジネスクラス、エコノミークラスのシートを体験していただいた方には、限定ノベルティグッズを差し上げます。

■スタンプラリー
参加者全員に限定ノベルティグッズを差し上げます(数に限りがあります)。
また、スタンプラリーを完了した方の中から抽選で毎日1名様に日本-インドネシア間の航空券が当たります。

■ステージプログラム

バリ舞踊とガムラン演奏
    エキゾチックな伝統音楽に合わせてバリ舞踊のマエストロ、ニ・クトゥ・アリニ(Ni Ketut Arini)氏とバスンダリメンバーによるバリ舞踊や、日本屈指のバリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」メンバーによるガムラン演奏を日替わりでお楽しみいただけます。
    客室乗務員によるトークショー
    現役客室乗務員によるインドネシアのおすすめ最新情報や、女性に人気のクロワッサンヘア(夜会巻き)の作り方講座などを行います。
    ピロちゃんじゃんけん大会
    マスコットキャラクター「ピロちゃん」に勝ったらノベルティグッズ等をプレゼント!
    バリ島ウェディングトークショー
    バリ島リゾートウエディングについて専門家によるトークショー。
    海外ウェディングブランド「EARTH COLORS」代表・フォトグラファー 今林浩一氏およびアートディレクター「ワキリエ」氏がバリ島ウエディングの魅力をお伝えします。
    映画「神様はバリにいる」公開記念トークショー
    堤真一、玉木宏、尾野真千子、ナオト・インティライミら豪華キャストが出演する映画公開(2015年1月予定)に先駆け、宮前泰志氏(プロデューサー)と筒井史子氏(宣伝担当)によるバリ島撮影秘話トークショーを開催します。

出演者のご紹介
バリ舞踊     ニ・クトゥ・アリニ(Ni Ketut Arini)
1943年デンパサール生まれ、71歳。ワリニ舞踊団主宰。
古典的なバリ舞踊の女性スタイルで最も有名。後進の指導を精力的に行い、数多くの人をプロのダンスの道へ導き、日本も含め国内外で指導を仰ぐ人々が後を絶たないインドネシアを代表する踊り手の一人です。
父、祖母ともに舞踊家であった舞踊一家に生まれ、叔父イ・ワヤン・リンディの指導を受け、10歳ではすでにバリ舞踊界の世界に。政府に招聘され、国家式典や国賓歓迎式典などの舞台で踊った経験があります。
2012年にはジャカルタで開催された「マエストロ!マエストロ!」に招待され、献身的な舞踊を魅せています。

※ ニ・クトゥ・アリニ氏の登場は17日(金)、19(日)のみ。18日(土)は他の演舞者となります。

バスンダリ
サンスクリット語で大地の女神の意味。2002年設立、湘南地区を中心に活動するバリ舞踊グループ。最近は失われた舞踊をマエストロ、アリニ氏とバリ島ガムラグループと協力し復元。バリ舞踊保護にも努めています。

ガムラン演奏    

ウロツテヤノ子
代表の小谷野哲郎率いる日本屈指のバリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」は、日本各地で公演をおこなっています。近年は、影絵ユニット「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」としての活動も精力的に行い、影絵の新たな表現世界も追求しています。

ジャワガムラングループ・ランバンサリ
インドネシア中部ジャワのガムランを演奏するグループ。1985年結成以来、自主公演や各種イベント参加、学校の芸術鑑賞教室、ワークショップの開催等、幅広い活動を行っている。ジャワの芸術家とのコラボレーションのほか、近年は海外でのフェスティバルにも出演。昨年6月、ランバンサリの演奏による「浜松市楽器博物館コレクションシリーズ」のCDがリリースされた。

【外部リンク】
バスンダリ
ウロツテヤノ子
ジャワガムラングループ・ランバンサリ
丸の内ビルディング 1F「マルキューブ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公開講演会「ジャワ伝統芸能の世界」@南山エクステンション・カレッジ

会場:愛知県県名古屋市昭和区 南山大学名古屋キャンパス

下記の公演のお知らせがガドガドのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_743134

南山エクステンション・カレッジ公開講演会

「ジャワ伝統芸能の世界」

日時:11月29日(土)15:30~17:00(開場15:00)
定 員 100名(入場無料) 
場 所: 南山大学名古屋キャンパスR棟6階 R64・65教室
最寄駅:地下鉄「八事日赤」「名古屋大学」

出演
ジャワ伝統芸能団 HANA★ JOS (ハナ ジョス)
ローフィット・イブラヒム氏 佐々木宏実氏

解説
風間純子氏(志學館大学準教授)
小林寧子氏(南山大学教授)

お申し込みは11月11日まで

申し込み・問い合わせ先
名古屋市昭和区山里町18 南山大学 南山エクステンション・カレッジ

電話/ 052-833-6957 FAX / 052-832-4306

E-mail /extension-s@nanzan-u.ac.jp

【外部リンク】
HANA★JOSS
南山大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

14/11/24(祝)神様と人とが共に和み楽しむ、南の島バリの音楽と踊り@広島・マリーナホップ

会場:広島県広島市西区 マリーナホップ

下記の公演のお知らせがガドガドのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10659090_476146702527340_2216241647

10679940_476146819193995_3640518758

【Bapang Sari 公演 2014 in 広島】のお知らせ

お待たせしました。
バパン・サリ公演2014、決定です!

久々の、とはいっても。
数年前に福山、宮島、廿日市、それからフラワーフェスティバルのパレードに参加したことはありますが、
広島市内できちんと公演するのは、実は今回が初めてなのです。

秋の三連休最終日。
お近くの方も、お近くでない方も
神様と人とが共に和み楽しむ、南の島バリの音楽と踊りを楽しみに
広島・マリーナホップへお越しくださいませ!

★日時・・・2014年11月24日(振り替え休日) 14時開演
★場所・・・広島マリーナホップ・マーメイドスペース
〒733-0036 広島県広島市西区観音新町4−14−35

※雨天決行/入場無料

【外部リンク】
バパン・サリ
マリーナホップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

14/11/10(月)東南アジアは歌と踊りで一つになっている 日本に咲いたアジアの花 ― ミャンマー・バリ・インドの舞踊と音楽―

会場:東京都渋谷区 渋谷区文化総合センター大和田

下記の公演のお知らせがガドガドのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_9595225

日本に咲いたアジアの花 ― ミャンマー・バリ・インドの舞踊と音楽―

渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
渋谷区桜丘町23-21

日時:2014年11月10日(月)
開場18:30 開演19:00
入場料:予約3,000円、学生2,500円、当日3,500円

【出演者】
ミャンマー:ス・ザ・ザ(サウン・ガウ)
      サン・サン・エイ(歌)
      タン・ゾ(踊り)

バリ:安田冴(歌と踊り)
   マメタンガン Mame-tangan(演奏)

インド:入野智江ターラ(古典劇)
    アビナヤラボ Abhinaya Labo(伴奏)

【外部リンク】
ググンタンガンの演奏グループ、マメタンガンMame-tangan
渋谷区文化総合センター大和田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【詳細更新】14/11/08(土)日本ワヤン協会創立40周年記念公演 影絵詩劇「満月の夜のリムブ」@日暮里サニーホール

会場:東京都荒川区 日暮里サニーホール

下記の公演のお知らせが日本ワヤン協会のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

69a9b133b5b1ac841b2d92f99b15be17680

日本ワヤン協会創立40周年記念公演
創作の影絵詩劇 「満月の夜のリムブ」

日時     2014年11月8日(土)午後6時30分開演(午後6時開場)
会場     日暮里サニーホール
料金     前売:2,500円 当日:3,000円 (全席自由)
お問い合わせ     日本ワヤン協会 電話03‐3303‐6063

【スタッフ】

脚本・演出:松本亮
人形操作:西山裕美+松本和枝 音楽構成:森重行敏 語り:空閑麻有美+池谷広大 踊り:稲毛やよい
人形制作:キ・スカスマン+中辻正+ジャワ・バリ+インドほか
演奏:月光楽団 音響技術:大和田尚 舞台監督:降矢政男 制作:疋田弘子

【あらすじ】

かわいい太っちょの娘リムブがもののけに、つかれたように、
「私にとってこの世で一番大切なものは何か」とそれを探すため、ひとりで旅にでます。

彼女は森に入り、トラやワニなどの猛獣に出会い、食べられそうになりますが、
彼女が逃げたり戦うなどという気がまったくないのを見て、猛獣たちはむしろ彼女を守ろうとします。

つぎには夫婦の森の怪物に出会います。怪物たちは猛獣たちにやられ、やられたことで、本来のすがたである天界の神に変わります。
神は「ここには何もない、南の海に行けば何かあるだろうよ」といいます。

リムブは母のチャンギといっしょに、青い鳥がとんでいくのを眺めます。母は娘が、この世でいちばん大切なものは何かさがそうと、すごく胸騒ぎしているのを知り、リムブが大人になろうとしているのを感じます。

踊りがはじまります。それはリムブの変身のすがたです。
リムブはまた一人の少女に変身して、ひとりの少年に近づこうとします。思いが高じて一瞬ヘビにも変身します。

リムブは母やしりあいのスマルおじさんと話しているうちに、やはり、私は南の海へいこう、と決心します。
そこには生命の水というものがあるというのです。
リムブはみんなをふりきって、南の大海にむかい、大波のなかへ飛び込みます。
はげしい波にほんろうされ、死ぬかと思うのですが、そのはてに……

【外部リンク】
日本ワヤン協会
日暮里サニーホール

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

14/10/19(日)能義の里を見下ろす木々の中で、照らし出された参道や境内 ガムラン演奏と影絵@安来清水寺 灯参道(あかりさんどう) 

会場:島根県安来市 清水寺

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kiyomizu

ガムラン演奏と影絵@安来清水寺 灯参道        

安来の里の夕暮れに、ほのかな灯りと光に包まれる場所があります。
そこは、古刹「清水寺」
能義の里を見下ろす木々の中で、照らし出された参道や境内は、
昼間とは違う神秘的な空間に。
夜の境内散策で贅沢な時間をお過ごしください。

◇開催日◇
平成26年10月17日(金)~19日(日)
※17日(金)はライトアップのみ
◇時間◇
17:00~20:30
◇会場◇
安来 清水寺
〒692-0033 島根県安来市清水町528

Dsc00278

【イベント】
☆根本堂ミニコンサート
☆ご祈祷「湯行」~清水の夜参り~
☆境内ナイトウォーク
☆灯華のおもてなし~清凌亭~
☆名物「清水羊かん」の販売
☆ちょうちんレンタル   他
※当日は無料シャトルバスも運行いたします。ぜひご利用ください

・・・根本堂ミニコンサート・・・ 

重要文化財に指定されている根本堂で開催します。
神秘的で、現像的な音色や舞踊をお楽しみください。
18日(土) 18:00~18:45
「天台聲明と佐賀こもどバンド」
19日(日) 18:00~18:45
「ガムラン演奏と影絵」
※都合により演目が変更になる場合があります.

0001

【外部リンク】
HANA★JOSS
清水寺 灯参道 記事
安来 清水寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/13(月・祝)HANA★JOSS ガムラン・ワヤン公演 @島根城 

会場:島根県松江市 島根城

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

HANA★JOSS ガムラン・ワヤン公演 @島根城

島根県松江市の島根城内にて

「島根ガムラン」のみなさんと、一緒にガムランとワヤンを上演いたします。

2014年10月13日(月・祝)

入場無料

【外部リンク】
HANA★JOSS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/11/24(月・休)イチコワールドでのどかなひとときをどうぞ。中田一子のうたとピアノとガムランとおどりとよけいなおしゃべり

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせが中田一子さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

141124monkey_a

やっと涼しくなってきました。 うちの庭のギンモクセイ、枝落としをしないで今年で7年目、 結構花を付けて、良い香りです。

11月のライヴのお知らせです。

日時:2014年11月24日(月・休)    

午後1時30分開演(午後1時開場) 会場:モンキーフォレスト     
渋谷区桜丘町10-8ヴィラアオヤマ1階     
phone 03-3464-4633
料金:1,500円+1ドリンクおねがいします

出演:中田一子(歌、ピアノ、ガムラン楽器)    
前田達彦(パーカッション) ライヴ収入の一部は、東日本大震災復興義援金に充てさせて頂きます。
いつもチラシは前田君の作です。秋ヴァージョンです。
お時間ございましたら、どうぞお越し下さい。
お問合せ、ご予約は中田まで。

【外部リンク】
中田一子
モンキーフォレスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/12(日)堺で出会う東南アジア ハナジョスと西岡美緒によるガムラン演奏@ 堺アセアンウィーク

会場:大阪府堺市堺区 ポルタス広場

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのホームページが掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Asean2014b_2

ハナジョスと西岡美緒によるガムラン演奏
堺アセアンウィーク

2014年10月12日(日)

会場:ポルタス広場(南海線堺駅前西口よりすぐ)
大阪府堺市堺区戎島町4-45-1

ハナジョスと西岡美緒によるガムラン演奏 

日時:10月12日(日曜)午前10時から午後4時まで
場所:ポルタス広場/ファミリーガーデン(南海線堺駅前西口よりすぐ)
文化紹介ステージ

参加国の伝統舞踊・音楽と堺の文化を紹介します。(入場無料)

    時間:午前10時から午後4時

文化紹介出演グループ(予定)
※9月16日時点の予定です。変更の可能性があります。
・SAKARAK【舞踊】(カンボジア)
・HANA・JOSS【音楽・舞踊】(インドネシア)
・チャンドラ・バスカラ【音楽・舞踊】(インドネシア)
・マレーシア民族舞踊団チンタ・サヤン【舞踊】(マレーシア)
・タッサニータイ舞踊団【舞踊】(タイ)
・スリヤサンキート【音楽】(タイ)
・堺市立三宝小学校校区音楽隊【音楽】(堺)
・堺市立市小学校国際文化クラブ【音楽】(堺)
・堺すずめ踊り連盟【舞踊】(堺)
・和太鼓「京(みやこ)」【音楽】(堺)
バリ、ジャワ、カンボジア、フィリピン、ベトナムなどなど各国の文化芸能、
衣食住が味わえる充実のイベントです。

 ※お問いあわせ → 堺市文化観光局 国際部 アセアン交流推進室
電話:072-222-7343 ファックス:072-228-7900

【外部リンク】
HANA★JOSS
堺アセアンウィーク
チラシ表
チラシ裏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/11/07(金)発売 つややかな音色と豊潤な変奏メロディー。ジャワのガムラン界の重鎮的存在、元東京芸術大学の外国人教師、現スロカルト王家ガムラン楽団長によるルバブ。サプトノ ~ジャワ・ガムランの巨匠〔1〕<ルバブ>の魅惑 ガドンとともに

会場:日本アコースティックレコーズ

下記のCDの発売のお知らせがバリガムラン・クラブなどに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Narp80102

中部ジャワのスラカルタ様式のガドンと呼ばれる小さな編成のガムラン、マヌホロとロンドンという二つの大曲を収録。
前者は2013年サプトノ作、後者はジャワ、スロカルト王家のパク・ブウォノIV世(在位1788~1820)の時代に作られた古典曲。

サプトノ ~ジャワ・ガムランの巨匠〔1〕
<ルバブ>の魅惑 ガドン(小編成ガムラン)とともに

【曲目】
①グンデン マヌホロ ペロッグ音階 リモ調(作曲:サプトノ)
②グンデン ロンドン スレンドロ音階 ソンゴ調(古典曲)

【演奏者】
サプトノ(ルバブ)、スカルノ(グンデル)、スウィト(クンダン)、トゥゴ(ガンバン)、スラマット(クノン&クト)、ラシマン(ゴング)

【録音】
2014年6月15日、ソロ(インドネシア)にて

●プロフィール:サプトノ SAPTONO
 1951年、著名な作曲家ナルト・サブドの出身地でもある、中部ジャワ、クラテンに生まれる。幼いころから音楽の才を見せ、1966年、ガムランのメッカであるスラカルタ(ソロ)市のKonser(コンセルKonservatoriの通称)に入学、1969年から、ASKI(Akademi Seni Karawitan Indonesia インドネシア音楽芸術アカデミー)に学び、スロカルト王家の伝統を受け継ぐガムラン演奏家、舞踊家、ダラン、たちの薫陶を受ける。在学中からクンダン(太鼓)の奏者として名をはせ、また、多くのガムラン・グループを指導して、スラカルタ・スタイルのガムランを一般の人たちへ浸透させる役割を果たした。
 1979年~1984年の五年間、東京芸術大学の外国人教師としてガムランと舞踊を教授、日本におけるガムランの普及に大きく貢献した。帰国後はISI Yogyakarta(インドネシア国立芸術大学)の教師として後続の指導に当たる一方、スロカルト王家の演奏家としてその伝統を受け継ぎ、2008年からはTindhih Karawitan(ティンデ・カラウィタン 王家ガムラン楽団長)に就任、王家の重要な儀礼におけるガムラン演奏を司る要職を担っている。王家における称号および名は、KRA  Saptodiningrat である。
 その演奏の技術の高さと独創性は著名であり、王家の音楽の伝統を守る立場からも、ジャワのガムラン界の重鎮的存在であるといってよいだろう。特に、そのルバブの音色のつややかさと変奏メロディーの豊潤なことでは、世界中にファンが多く、まさに、ガムランの巨匠(ジャワ語ではĔmpu Karawitan)と呼ぶにふさわしい。近年は、王家の儀礼などのためにインドネシア国内で、また、主に日本の演奏グループからの委嘱により、多くの楽曲を創作している。

●ルバブのこと
 中部ジャワのルバブは姿の美しい楽器である。ハート形の胴と、左右に、実用的とは言いがたい長さの糸巻が張り出す棹とが、絶妙なバランスを保っている。棹は、上に向かって限りなく細く、薄い円盤が重ねられている。棹の先と糸巻の先に、宝珠形の雫が付けられていて、仏塔の相輪のようである。奏者が胡坐をかき、体の前面にルバブを構えるとき、人体と弓と楽器は五輪塔のイメージを作り出す。それは、遠く、南アジアや東アジアの造形と響きあう。
 しかし、その名は、まぎれもなくアラビア語のラバーブを語源としており、この楽器が、イスラーム文化圏に広く分布する同種の弦楽器のグループに属することを示している。
 現在の中部ジャワのルバブは、木をくりぬいて水牛の内臓膜を張った胴を用いる。元来はココナッツの殻を用いていたもので、形にその名残をとどめている。棹は胴を貫通している。弦は金属製で、一本の弦を足に付いた突起を支点として左右の糸巻と結び、5度間隔に調弦する。弓は、馬の尾毛を用いていたが、現在はナイロン製のものが多い。弓はゆるく張られており、親指、人差し指、中指で枠を持ち、薬指と小指で張りを調節しながら弾く。弓を異なった弦に当てるには、楽器のほうを回転させるやり方をする。フレットはない。指を置く位置と圧力の調整で、非常に微妙な音程を出すことができる。駒は木製で、音を柔らかにするために。バナナの葉を弦の間に挟む。

ディレクターズノート】
 2014年6月、インドネシア大統領選挙の真っ直中ソロ市郊外で収録したジャワ小編成のガムラン・ガドン。プンドポと呼ばれる天井の高い半屋外の広間での収録は、郊外とは言え様々な生活音にさらされる。日中は大統領選挙応援のけたたましいバイクのエンジン音でとても録音どころではなく、別件のビデオ収録の後、夜遅い時間に収録されたものである。日中の収録の疲れとガドンの瞑想的な響きと相まって収録中も半分夢心地のような状態であったが、その柔らかい音色と空気感がたっぷり収録されている。
 サプトノ師は故小泉文雄先生が苦心の末に東京芸術大学に招いた芸大初のアジア音楽の演奏家で、現在はスロカルト王家ガムラン楽団長で王家の重要な儀礼におけるガムラン演奏を司る要職を担っている。かくいう私も学生時代から現在に至るまで大変お世話になっていて、ジャワガムランのみならず日本でのバリ・ガムラン実演にも多くの尽力を頂いている先生でもある。中部ジャワを代表するガムランの巨匠として世界中にファンも多く、この作品は師の名人芸を伝える第1弾としてリリースするものである。


【外部リンク】
バリガムランクラブ ディレクターズノート
日本アコースティックレコーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/25(土)古筝アンサンブルとバリ島のケチャとガムラン音楽@大東文化大学国際関係学部 第6回アジア芸能の夕べ-伝統を超えて

会場:埼玉県東松山市 大東文化大学東松山キャンパス

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20141025_01

20141025_02

大東文化大学国際関係学部
第6回アジア芸能の夕べ-伝統を超えて

公演概要

日時
    2014年10月25日(土)
    開場: 14:00 開演: 15:00 終演: 17:30(予定)

会場
    大東文化大学東松山キャンパス60周年記念講堂
〒355-8501 埼玉県東松山市岩殿560

-(観覧無料)

プログラム

中国 : 古筝アンサンブル
  公演団体 : 毛Yとその仲間たち

インドネシア : バリ島のケチャとガムラン音楽
  公演団体 : サリ・メカール

司会進行 : 関谷 元子(音楽評論家)

【その他】
①14:00より新キャンパスの案内ツアーを企画しております。希望される方は60周年記念講堂前にお越し下さい。(予約不要)
②大東まんじゅう、飲み物、東松島市復興応援グッズ等の販売を予定しております。売り切れの際はご容赦願います。

公演内容・公演団体の紹介

中国
古筝アンサンブル

古筝(こそう)は、2500年の悠久の歴史を持つ、中国の最も代表的な楽器です。21本の絃が張られており、奏者は亀甲で作られた爪を、小指を除いて左右の両手8本の指に巻き付けて演奏します。その音色は、ハープのように柔らかく、またピアノのように豊富なバリエーションを持っているのが特徴です。また、音楽的には繊細かつダイナミックで、伝統的なソロ演奏ばかりでなく、西洋から東洋まで世界のさまざまな楽器とのコラボレーションが可能です。今回の公演では、毛Yが「海のシルクロード」をコンセプトとして演奏する曲目を中心に、中国の竹笛との共演、さらに京劇舞や和太鼓とのコラボレーションなど新たな分野の公演をお楽しみ頂きます。

毛Yとその仲間たち

中国の伝統的な楽器、古箏の第一人者として日本を拠点に活躍中の毛Y(マオヤ)は、1997年初来日以来、「海のシルクロード」をコンセプトとして、日本国内にとどまらず、中国やアメリカなど、国際的かつ精力的に演奏活動を展開しています。2007年に東京藝術大学より博士(音楽学)を授与され、現在同大学非常勤講師も務めています。また、さまざまな分野の音楽家と積極的に共演し、音楽性の幅を広げています。今回の共演者は、上海万博等に出演し、中国・竹笛の新進気鋭の演奏家として活躍中の孫瀟夢、瀋陽京劇院の一員として数々の受賞歴をもちながら残留孤児二世として帰国し、日本を拠点に活躍する京劇舞の劉妍、大江戸助六流和太鼓「六門会」会主で、コンサートの構成・演出や作曲など多彩な活動を展開する糸原昌史という、日中音楽・舞踊の専門家たちです。

インドネシア
バリ島のケチャとガムラン音楽

「神々と芸能の島」と呼ばれるインドネシア・バリ島では、バリ=ヒンドゥー教の寺院の祭礼や冠婚葬祭などの儀式で必ず舞踊やガムラン音楽が奉納あるいは上演されます。ガムランとはインドネシア各地の様々な打楽器アンサンブルの総称で、地域によって特色があり、その中でもジャワ島中部、ジャワ島西部(スンダ)、バリ島のものがよく知られています。本公演では、バリ・ガムランの第一人者である皆川厚一の解説を交えながら、バリの多彩な芸能をご紹介します。なかでも1920年以降、最もよく演奏されている「ゴング・クビャール」という編成のガムランと舞踊、そしてチャッチャッチャッ…という独特の掛け声で知られる声の芸能「ケチャ」をお楽しみ頂きます。

サリ・メカ-ル

サリ・メカールは東京・大田区の「音の森ガムラン・スタジオ」を拠点に活動しているバリ・ガムランと舞踊のグループです。1997年に来日した著名演奏家イ・ニョマン・スダルナ氏、及びイ・マデ・スエ氏より「サリ・メカール(花開く)」と命名されました。日本在住のバリ人演奏家、音の森ガムラン・スタジオの講師陣などを中心に精鋭メンバーにより構成されています。ガムラン・ゴング・クビャールのみならず、ワヤン・クリッ(影絵芝居)、ガムラン・アンクルン、ガンブー等、バリ島の多岐に亘る芸能をレパートリーとし、本格的な演奏会から芸術鑑賞会、公開講座、ワークショップなど、幅広く活動中です。

【外部リンク】
サリ・メカール
大東文化大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

14/10/13(月・祝)秋のひととき、美味しい料理と共にゆったりと ジャワ舞踊と小編成ガムラン@ベトナム屋台料理店

会場:東京都練馬区 ECODA HEM

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ジャワ舞踊と小編成ガムラン@ECODA HEM

ベトナム屋台料理店、ECODA HEMにて、
小島夕季さんのジャワ舞踊と小編成ガムランによるライブを行います。
秋のひととき、美味しい料理と共にゆったりとお楽しみください。

日時:10月13日(月・祝)
    第1回:11:00開場、11:30ライブ、12:00食事
    第2回:13:30開場、14:00食事、15:00ライブ
    (2ステージ入替制、1回30分)
    ※小学生未満のお子様のご入店はご遠慮いただいております。

会場:ECODA HEM 
    練馬区旭丘1-74-9
    西武池袋線江古田駅南口より徒歩2分
    都営大江戸線新江古田駅A2出口より徒歩7分

出演:小島夕季(ジャワ古典舞踊)
   ガムラン・トッケー(小編成ガムラン)

料金:3,500円(ベトナムごはんプレート+ドリンク付)

要予約:ECODA HEM
    ekoda-maimai@jcom.home.ne.jp

【外部リンク】
小島夕季(ジャワ古典舞踊)
ECODA HEM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/3(月・祝)インドネシアの影絵芝居「ティムンマス(きゅうり姫)」

会場:東京都葛飾区 葛飾区立中央図書館

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_1717418

インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリ(葛飾区中央図書館)

中央図書館開館5周年記念特別イベント
〜もっと楽しもう! つながる図書館〜

アジアのおはなし
インドネシアの影絵芝居「ティムンマス(きゅうり姫)」
〈インドネシア中部ジャワの民話より〉


語り・人形遣い:折田美木
ガムラン演奏:ランバンサリ

日時:2014年11月3日(月・祝)
   午後2時〜3時(午後1時30分開場)

定員:100名程度(どなたでも)
※当日直接会場にお越し下さい。

会場・お問合せ:葛飾区立中央図書館(会議室1)
〒125-0042 東京都葛飾区金町6丁目2−1

【外部リンク】
ランバンサリ
葛飾区立中央図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »