« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月25日 (木)

14/10/25(土)いまここにバリ島の踊りが躍動している。モンキー DE スーパー スペシャル 荒内琴江&小泉ちづこ バリ舞踊ライブ 「地動説」

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキーフォレスト

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

モンキー DE スーパー スペシャル バリ舞踊ライブ

Monkey Forest Presents

荒内琴江&小泉ちづこ バリ舞踊ライブ
「地動説」

太陽のまわりを自転しながらまわる地球。
大地にうまれる、瞬間の出会いの奇跡。
はるかなる伝説と、育まれる生命たち。
香り立つ指先に祝福の祈り。生きているというエネルギー。
いまここにバリ島の踊りが躍動している。

バリ舞踊家、荒内琴江と小泉ちづこの二人によるバリ舞踊ライブ。

日時:2014年10月25日(土)15:30スタート
料金:¥2000+1ドリンクオーダー
定員:40名

場所
バリカフェ・モンキ-フォレスト(渋谷・桜丘)
〒150-0031 渋谷区桜丘町10-8 ヴィラ青山 1F
03-3464-4633

【外部リンク】
荒内琴江
小泉ちづこ
バリカフェ・モンキ-フォレスト

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

【チラシ掲載】14/09/27(土)ラーマーヤナの物語中の白眉。ジャワの伝統的ワヤン独特の繊細で、またはげしい人形操作が見られるでしょう。日本ワヤン協会「アノマン使者に立つ」@東京家政大学博物館

会場:東京都板橋区 東京都家政大学板橋キャンパス 120周年記念館

下記の公演のお知らせが日本ワヤン協会のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1980490_699006366855918_93856649747

Eventwayang_300x202

第6回 影絵芝居 ワヤンの実演 

開催日  2014年 9月27日(土)
時間   14:00開演 (13:30開場)
開場   東京都家政大学板橋キャンパス 120周年記念館1階 多目的ホール
〒173-8602 東京都板橋区加賀1-18-1
演目   ラーマーヤナより 「アノマン使者に立つ」
オリジナル=キ・ティンプル、訳=松本亮、日本語版語り=竹内弘道、人形操作(ダラン)=中辻正、音響操作=大和田尚

入場無料・事前申込み不要
当日直接会場へお越しください。 
   
ワヤンは、ユネスコの世界無形文化遺産にも登録されたインドネシアの芸能で、影絵芝居のワヤン・クリや木偶人形芝居のワヤン・ゴレ、仮面芝居のワヤン・トペンなどがあり、上演スタイルもそれぞれに個性的です。

当館では、平成19年に特別企画展「影と色彩の魅惑 ワヤン」を開催し、日本ワヤン協会主宰である松本亮氏40年かけて収集されてきた膨大なコレクションの一部を皆様にご紹介しました。
翌平成20年には、松本氏が所有するコレクションから500点を超す資料をご寄贈いただきました。

この貴重なワヤンの魅力を皆様に知っていただくため、当館では平成21年より、日本ワヤン協会の協力を得て、インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリの実演を行ってきました。

ラーマーヤナの物語中の白眉。ロモの妃シントと魔王ラウォノのきついやりとり、神猿アノマンの超能力、その主人公ロモ王子への心遣いなど、さらにはジャワの伝統的ワヤン独特の繊細で、またはげしい人形操作が見られるでしょう。

日本ワヤン協会
東京都家政大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

14/11/29(土) ガムラン・アンクルンの新しい側面を皆様に楽しんでいただきます。「ガムラン・アンクルン~バリのもうひとつのガムラン~」

会場:静岡県浜松市 楽器博物館 天空ホール

下記の公演のお知らせが静岡県浜松市 楽器博物館のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11291210gamelan

イヴニングサロンコンサート「ガムラン・アンクルン~バリのもうひとつのガムラン~」

日時 : 2014年11月29日(土) 開場17:40 開演18:00
会場 : 楽器博物館 天空ホール
〒430-7790 浜松市中区中央3-9-1
入場料 : 全席自由 1,000円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
チケット取り扱い : 楽器博物館、アクトシティチケットセンター、浜松市文化振興財団オンラインショップ
※9月29日(月)より発売
お問合せ・チケット予約 : 楽器博物館 (053-451-1128)

バリ島といえば音楽ではガムランが有名ですが、普段目にする大編成のガムランのほかにもうひとつ、四音音階の小さな楽器が集まったガムラン・アンクルンという小編成のガムランがあります。本来は死者の魂を弔う儀礼で用いられていましたが、現在では儀礼とは別に、さまざまな娯楽の場やコンテストで舞踊曲なども演奏され、バリの人々に楽しまれています。本公演では、そんなガムラン・アンクルンの新しい側面を皆様に楽しんでいただきます。
出演

梅田英春 うめだひではる
1984年からタバナン県トゥンジュク村で本格的なワヤンの勉強をはじめ、1986年から1988年までインドネシア芸術大学ワヤン学科に留学。大学、村落の両方でワヤンを学ぶ。帰国後、バリで用いられる言葉と日本語を織り交ぜながら上演する方法を模索し、現在まで日本各地でワヤンの上演を行っている。著書には、自身の留学時代を描いた『バリ島ワヤン夢うつつ-影絵人形芝居修行記』(木犀社)などがある。またバリ芸能の研究者でもあり、現在は、静岡文化芸術大学文化政策学部教授として後進の指導にあたっている。

スアラ・チャンダ
2013年設立の、静岡文化芸術大学学生のバリ・ガムラン・アンサンブル。梅田教授の指導のもと日々研鑚に励み、メンバーの中にはバリ島に出向いて勉強する学生も現れるなど、将来が期待されるアンサンブルである。

【外部リンク】
静岡文化芸術大学バリ・ガムラン・アンサンブル スアラ・チャンダ
静岡県浜松市 楽器博物館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

14/10/04◎(土) Peduli東日本復興応援チャリティ・バリダンスらいぶ vol.13 ◎ ~笑う門には福来る~senyum* senyum* senyum*

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキーフォレスト

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2014104_monkey

Peduli東日本復興応援チャリティ・バリダンスらいぶ vol.13 ◎ ~笑う門には福来る~senyum* senyum* senyum*

※『Peduli東sdh日本』・・・「Peduli~」とは、インドネシア語で「気にかける、見守る、手をさしのべる」的な意味。
インドネシアでは「Peduli Nippon」という言葉が実際に標語で使われてます。

2011年4/2から開始した『Peduli東日本らいぶ』も今回で通算13回目を迎えます。
ささやかながらも"震災からの復興応援″を目指した募金活動を、地道に続けております。
一口に復興応援と言っても色々な形があると思いますが、私たちは色々考えながら活動を続けるうちに、
『震災で親を亡くした子供たちのこれから』に少しでも力になれたら・・・と考え始め、
今年からバリダンスらいぶの収益の一部(チラシ印刷代等を除く)を、
『あしなが東日本震災遺児支援募金』に寄付させていただく事に致しました。
東京からより一層の"応援の気持ちと元気″を、東北の子供たちに発信し、
何か少しずつでもお役にた てるよう展開していけたら幸いです。
今回は西からもこの活動に賛同した、バリ仲間たちが参戦。
今年の6月バリ島芸術祭に共に参加し切磋琢磨した頼もしい踊り仲間たちです。
私たちの熱い思いをこめた秋のらいぶ、美味しいインドネシア料理を味わいながら、
どうぞご一緒にお楽しみください(^人^)

日時
2014.10/4(土)
15:00 open / 15:30 start

場所
バリカフェ・モンキ-フォレスト(渋谷・桜丘)
〒150-0031 渋谷区桜丘町10-8 ヴィラ青山 1F
03-3464-4633
※お席に限りがございますのでご予約いただけますと幸いです。

お席料
大人 2,000yen + ワンオ-ダ-
(高校生未満は 1,000yen)

※ひざに乗る幼児は無料です。

出演
バリ・クンチャナ
朝久野有紀
井上あきみ
しばたれい
林田圭緯子
村瀬妙子

プログラム
*歓迎の花まきの踊り
*勝利した若者の踊り
*仮面舞踊~大臣の踊り
*王者の踊り
*宮廷女官の踊り
*仮面舞踊~オランダ兵の踊り

【外部リンク】
バリ・クンチャナ
バリカフェ・モンキ-フォレスト

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

14/09/28(日)『ジャワ舞踊をもっと身近に』ジャワ島スラカルタの王宮の流れを汲む優雅な舞踊、煌びやかなバリ舞踊。サロンコンサート ウランダダリVol.6

会場:東京都文京区 根津地域活動センター

下記の公演のお知らせがデワンダルのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_0

Img_1

【Dewandaru Dance Company Presents
サロンコンサート“Wulan Ndadari(ウランダダリ)Vol.6】

『ジャワ舞踊をもっと身近に』をコンセプトに始まったコンサート
ジャワ島スラカルタの王宮の流れを汲む優雅な舞踊、煌びやかなバリ舞踊、
インドネシア舞踊家リアントによる勇壮な鳥の舞と
エキゾチックな香り漂うコンテンポラリーダンスなど
多彩なプログラムを下町風情溢れる根津のホールからお届けいたします

〇日時:2014年9月28日(日)14:00開場、14:30開演
(終演は16:15頃の予定です)

〇場所:根津地域活動センター 不忍通りふれあい館 地下1Fホール
〈文京区根津2-20-7千代田線根津駅、1番出口より徒歩2分
不忍通りを千駄木方面に進むと右側にある日本家屋風外観の建物です〉
※施設には駐車場、駐輪場はございませんのでどうぞご了承ください

   

〇入場料(全席自由):一般2000円 中学生~高校生1000円 未就学児~小学生無料
☆ジャワティーとお茶菓子のお土産付き
 ※注意:ホール内、及びロビーは飲食禁止でございますのでお持ち帰りください

〇お問合せ・ご予約:09044532555 mirayanli@softbank.ne.jp(川島)
(お名前・人数をお申し込みください。当日受付にて精算となります)

〇後援:インドネシア共和国大使館

〇協賛:株式会社ジャワティージャパン

〇主催:デワンダルダンスカンパニー

〇演目:ジャワ舞踊:Jentayu,Gambiranom,Retna Tinanding,
Topeng Gunungsari,Gambyong Pareanom,
Rantaya Rangsang Tuban
バリ舞踊/Sekar jagat
コンテンポラリーダンス

出演者:Rianto(リアント)、川島未耒
河戸ユミコ、早野サカモト葉子、金沢かりな、山本有香、持田新子、舟山あゆ美、梅津円、伊藤美香、新井香江、渡辺まどか、渡部美代子、矢作鈴子、野中智子

バリ舞踊:安谷絵里、井上あきみ、村上祐子

※フライヤーにゲスト:ルル・アリの名前が記載されていますが、都合により出演でき
なくなりましたので、替わりにリアントによるコンテンポラリーダンスをお届けいたします。

〇デワンダルプロフィール:
中部ジャワ・バニュマス出身の舞踊家リアントとインドネシア国立芸術大学(ISI)、マンクヌガラン王宮にて舞踊の研鑽を積んだ川島未耒によって2006年設立。リアントは2009年オバマ大統領就任式典で舞踊を披露した後、アジア、欧米、アフリカ各地で自作の作品を発表。日本での主な出演はインドネシアフェスティバル、ASEANフェスティバル、湯島天神梅まつり、靖國神社みたままつり、阿佐ヶ谷バリ舞踊祭、北村一輝主演日イ合作映画「Killers」試写会などで舞踊を披露。2010年八丈島の郷土芸能・八丈太鼓(国際交流基金助成)をインドネシアに招聘し公演、ワークショップを行う。また2013年バニュマスの至宝スケンダル氏とダイサ女史を招聘し東京、京都にて「Spirit of Jawa森羅万象への祈り」を開催するなど、ジャワ舞踊の普及と日イの文化交流に努めている。

【外部リンク】
デワンダル
根津地域活動センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14/10/13(月・祝) 名古屋~沖縄で活動する、4つのバリ・ガムラングループと、3つのバリ舞踊グループが名古屋に集結! 珠玉遊芸の刻  ガムラン祭

会場:愛知県名古屋市千種区 城山八幡宮

下記の公演のお知らせがギータ・クンチャナのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

E0017689_18491139
E0017689_18492129

珠玉遊芸の刻  ガムラン祭
名古屋~沖縄で活動する、4つのバリ・ガムラングループと、
3つのバリ舞踊グループが名古屋に集結!
この日限り、一つのバリ芸能チームとなって熱く繰り広げるガムランの祭典。
大人数での迫りくるバリ芸能を是非生で観るべし!

■日にち : 2014年10月13日
■開 場 : 12:30/開演13:00~15:30終演予定
■場 所 : 城山八幡宮(名古屋市千種区)
名古屋市千種区城山町2丁目88番地   TEL(052)751-0788      
■入場料 : 大人1,000円(未就学児無料)
 ※雨天の場合は中止となります。
 ※野外公演となりますので、必要な方は各自敷物や椅子等ご持参ください。
■出演者
* バリガムラン
 ・スアラ・スクマ(名古屋)
 ・ギータ・クンチャナ(大阪)
 ・バパン・サリ(全国)
 ・マタハリ・トゥルビット(沖縄)
*バリ舞踊
 ・スルヤ・ムトゥ(名古屋)
 ・バパン・サリ(全国)
 ・サヌキ・サリ(香川)

■お問い合わせ : gamelanmatsuri@yahoo.co.jp

主催:名古屋バリガムラングループ スアラ・スクマ

【外部リンク】
スアラ・スクマ(名古屋)
ギータ・クンチャナ(大阪)
バパン・サリ(全国)
スルヤ・ムトゥ(名古屋)
サヌキ・サリ(香川)
ガムラン祭facebook イベントページ
城山八幡宮(名古屋市千種区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

14/09/13(土)阿佐バリ実行委員会メンバーによるバリ舞踊奉納@阿佐ヶ谷神明宮の例大祭

会場:東京都杉並区 阿佐ヶ谷神明宮

下記の公演のお知らせが戦場の旗手のブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

C0170558_19432358

C0170558_19434518

阿佐バリ実行委員会メンバーによる
バリ舞踊奉納@阿佐ヶ谷神明宮の例大祭

8月の阿佐ヶ谷バリ舞踊祭が終わったあとも
深川バロン倶楽部の富岡八幡宮奉納のお手伝いや
江の島バリサンセットのワヤンウォンなどで
あれやこれややっておりましたが、
夏ならではの江の島バリが終わったとたん、
急に気候も秋へと場面転換して
気持ちも秋祭りへとスライドしていきます。
今週末9月13、14日は阿佐ヶ谷神明宮の例大祭です。
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭のつながりから
毎年、神明宮の例大祭では阿佐バリ実行委員会メンバーが
バリ舞踊を奉納させていただいています。
今年は9月13日(土)の宵宮祭で20時より1時間、踊ります。

演目は、
1.プスパ・メカール(飯沼由美、狩野南、小林純子、宮永佐久美、若林めぐみ)
2.ウィラユダ(小原妙子、内藤愛)
3.バリス(尾形峰樹)
4.レゴン・プライヨン(尾形布美子、富沢香寿美)
5.ガドゥン・カストリ(金子ゆかり、松田由紀子)
6.ジャウック・マニス(松重貢一郎)

阿佐バリで踊った演目が半分、新しいものが半分。
ただ阿佐バリで踊った曲も人数が変わっているので、また違った印象になると思います。

奉納舞踊はもちろん、それだけでなく、
2日間の阿佐ヶ谷神明宮のお祭りはいろいろな神事や催しがあります。
とくに14日(日)13時からの神輿合同パレードから宮入りの一連は
阿佐ヶ谷一帯が勇壮な祭りの熱気に包まれます。
祭好きの方は必見ですよ!
みなさん、9月13、14日は阿佐ヶ谷神明宮例大祭へ
ぜひぜひお越しくださませ。

●阿佐ヶ谷神明宮
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1−25−5
(JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩2分)

【外部リンク】
阿佐バリ実行委員会
阿佐ヶ谷神明宮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【開催直前!】14/09/15(月祝)ガンブー伝統継承一家のスペシャリストによる丁寧なレクチャーで踊りのレベルアップに挑戦してみませんか? バリ屈指の舞踊家イブ・スカール来日『バリ舞踊の原点をつかむ~~古典舞踊チョンドン・ガンブーを例に』ワークショップ開催@大阪

会場:大阪府大阪市北区 スタジオ N&A

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20140915_ws_ibusekar

バリ屈指の舞踊家イブ・スカール来日ワークショップ

洗練された芸術性をもち、現代のバリ舞踊の基礎ともいわれる古典舞踊劇ガンブー。 バリ島内でも学べる機会の少ないガンブーを日本で体験できるまたとない講座です。
ガンブー伝統継承一家のスペシャリストによる丁寧なレクチャーで踊りのレベルアップに挑戦してみませんか? 一緒に新たな発見をしてみましょう。

【日程】2014年9月15日(月祝)

(1)ガンブー ダサール(基本) 時間:12:00~13:30
(2)ガンブー チョンドン    時間:13:45~15:15

 ※各回バリ舞踊経験者を対象としています。

【定 員】各回25名
【参加費】3,000円/1回 5,500円/2回
     (高校生以下 2,000円/各回)
     ※見学1,500円/各回 (高校生以下1,000円)
【会 場】スタジオ N&A
     (阪急神戸/阪急宝塚線・中津駅)
     〒531-0071 大阪市北区中津6-1-13 中津ビル2F
     TEL:080-1515-1118

ニ・ワヤン・セカリアニ Ni Wayan Sekariani
1964年、バリ島中部バトゥアン村の舞踊家一族に生まれる。バリ島随一の仮面舞踊家イ・マデ・ジマットを叔父に、バリ舞踊界の人間国宝ともいえる踊り手ニ・クトゥッ・チュニックを祖母に持つ。
叔父のジマットの厳しい指導の下、古典舞踊劇ガンブーをはじめ様々な踊りを学び、現在では圧倒的な存在感を持つ実力派の踊り手として知られている。
さらに祖母チュニック他界後はジョゲッ・ピンギタンの継承者としてその舞を後世に伝える活動に尽力。
また、海外公演やワークショップの経験も豊富で、古典を基礎としたバリ舞踊らしい地に根をはったような力強い踊りを指導してくれることでも人気。最近では日本の能とバリ舞踊の共演を成功させ、新しいバリ舞踊の展開へも挑戦的である。

主催:バリ舞踊サヌキ・サリ
問合せ/申込み:バリ舞踊マニック・クスマ
    info.manik.kusuma@gmail.com
    ※上記アドレスのメールを受信できるよう設定の上、お申し込みください。

【外部リンク】
バリ舞踊サヌキサリ
スタジオ N&A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いよいよ今週末!】14/09/12(金)ごろごろしながら夢うつつ、海を臨みワヤンとともに朝を迎える。ジャワ影絵芝居オールナイト

会場:兵庫県神戸市中央区 CAP Club Q2

下記の公演がFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10469051_685416201550747_2249160494

ジャワでは一晩かけてワヤン・クリッ(ジャワ影絵芝居)を上演します。日本では1〜2時間のダイジェスト版が主流で、一夜上演のワヤンはほとんどありません。本来ダラン(影絵人形遣い)は一晩かけ丹念に世の光と影を語り、詠い、物語を紡ぎます。ほのかな明りに照らされたスクリーンに躍動する人形達、それに寄り添うガムランの音色は時間とともに音調を変え朝へと導きます。
この度2回目となる本公演は前回同様3人のジャワ人ダランによるリレー方式。そしてワヤンの合間にも素敵なゲストが多数登場します。さらにフードも物販も充実!
ごろごろしながら夢うつつ、海を臨みワヤンとともに朝を迎えるオールナイトイベント。
寝袋片手にこりゃいくしかない!

2014.9/12(金)→ 9/13(土)
19:00開場 20:00開演〜翌朝5:00頃まで

会場:CAP Club Q2 兵庫県神戸市中央区新港町4-3
料金:¥2500(予約)¥3000(当日)
(小学生以下無料、中高生¥1000)
明け方までの上演となりますが、途中からの入退場、また再入場もOK(パスを提示)

予約:メール→bintanglaraswayang@gmail.com(ビンタンララス事務局)
電話:090-9694-6542(ビンタンララス事務局)
   078-222-1003(CAP/10:00~19:00月曜休館)

10527351_10203147510022978_18448883

ー演目紹介ー
今回のジャワ影絵芝居オールナイトでは、インド起源の叙事詩マハーバーラタより「バレ・ゴロゴロ(BALE GORO-GORO」という演目を取り上げます。
マハーバーラタは、パンダワ一族とコラワ一族の政権争いを中心に、何世代にも渡るたくさんの登場人物によって、人間界、神の世界、鬼の世界が交差しながら繰り広げられる大長編物語ですが、通常一晩で演じられるのはその中のほんの一部のみです。

(あらすじ)
BALE GORO-GOROは森の中に作られた屋敷の名前。アスティナ王国の正当な継承者であるパンダワ5兄弟に政権を返還することを望まないコラワ一族は、パン ダワ5兄弟の暗殺を計画する。その恐ろしい計画とは、パンダワ一族を森の中に作られた屋敷に誘い、屋敷ごと一族全員焼き殺すというものであり、その屋敷の 名前がバレ・ゴロゴロなのである。
コラワ一族の策略にはまり炎につつまれるパンダワ一族であったが、命からがら何とか屋敷から逃げ出すことができ、着の身着のまま森の中をさまようこととなる。

一方、森の中では、鬼の国エコチョクロのボコ王が食料となる人間を見つけられずに苛立っている。マナヒラン村のウィジュロポ村長はボコ王から犠牲となる人間を捜すよう命じられたが見つけられず、自分とその家族が犠牲となることを覚悟していた。

クロウォの謀略に胸を痛めながら森の中を何日もさまようパンダワ一族は、雨宿りのために洞窟へ入る。すると、突然洞窟の入り口が閉じた。洞窟の入り口だと 思っていたのは、実は地底の蛇神オントボゴの口だったのである。蛇神オントボゴは、パンダワの次男ビモに恋をした娘ノゴギニの願いをかなえるため、パンダ ワ一族を地底の国へ連れさる。

7つの地層でできた天界サプト・プラトロで、数日を過ごすこととなったおパンダワ一族。やがて次男ビモと地底の蛇神オントボゴの娘ノゴギニは互いに愛し合 うようになり、正式に夫婦となる。いずれこの夫婦の間には、全身を蛇のうろこで覆われた超能力を持つ息子オントルジョが誕生することとなるが、それはまた 別の物語。

人間界での自分たちの使命を果たすため、パンダワ一族は地上へ戻る。偶然にも、鬼の犠牲になろうとしているマナヒラン村のウィジュロポ村長の家に身をよせ ることとなる。ウィジュロポ村長の苦悩を聞いたビモは、自分が身代わりに人喰い鬼の王ボコのもとへ行くことを決意する。激しい戦いの末、ビモは人喰い鬼ボ コを倒すことができた。

こうしてマナヒラン村には平和が戻った。
パンダワ一族は再びアスティナ王国へ戻り、国の返還を求める。しかし、パンダワとコラワの戦いはよりいっそう激しくなるばかりであり、大戦争バラタユダまで続いていくのであった。

<出演者>
ダラン人形遣い:ローフィット・イブラヒム、スミヤント、アナント・ウィチャクソノ

舞踊:ウィジャヤクスマ

ガムラン演奏:ビンタンララス、ププット・ウィディアルタ

ゲストパフォーマー:紙切り屋マーキィ(紙切り)、櫻井じゅん(ウクレレ/ギタープレイヤー)、辻としひろ(シャンソン)、悠々亭うどん(落語)

<フード>
やさい食堂堀江座西元町総本店、バリバリインドネシア

<物販>
AWEP(アジア女性自立プロジェクト)

ローフィット・イブラヒム  プロフィール

幼少の頃よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏を始める。インドネシア芸術大学伝統音楽学科を2004年に卒業し、パクアラマン王宮の楽団に入る。ダランとして、また演奏家として日本各地さまざまな公演、ワークショップ、音楽指導を行なう。

201208_04_58_c0115958_0231310_2

スミヤント プロフィール

インドネシア、中部ジャワ・クラテン出身。
ソロ国立芸術高校伝統音楽学科卒業後、バリ島にて演奏活動を始める。インドネシア国立芸術大学在学中より国内外の学生にガムランを教授するほか、“Keras tanpa S”というグループを立ち上げ、公演活動を行う。
その後、チェコの在プラハ インドネシア大使館の要請を受け、プラハにて活動。2006年からは活動拠点を日本に移し、アメリカや東欧、日本の現代作曲家とのコラボレーションにも取り組んでいる。

20120302_sumi_2

アナント・ウィチャクソノ プロフィール
ダランとして幼少の頃から数多くの舞台に立つ。動物が主人公のインドネシア民話を題材にしたワヤン・カンチルなど、伝統的な手法にとらわれないオリジナルのワヤン作品を創作している。2010年、ワヤン・カンチルの若手ダランとしての活動が文化保存に貢献したとして、ジョグジャカルタのスルタンより表彰される。2011年に続いて2回目の来日。

C0115958_023853_2

[演奏] ビンタンララス

関西で活躍するガムラン演奏家が、2012年に結成したスーパー・ガムラン合奏団。既存のグループの垣根を越えて ガムラン活動の交流を目指したプロジェクト「ガムランネット・ジャパン・ウェスト」の主な参加メンバーが中心となって、 より創造的な活動を目指すために新楽団が結成された。古典から現代に至るまで、ガムランとワヤン(影絵芝居)の魅力を ハイレベルに発信するべく活動中。

316633_186113874792059_3899977_n

[舞踊] 西岡美緒&ウィジャヤ・クスマ
2008年から2010年までインドネシア政府給費留学生としてインドネシア国立芸術大学でガムランとジャワ舞踊を学ぶ。2010年帰国後、関西を中心に活躍中。茨木のジャワ舞踊サークル、ウィジャヤ・クスマの講師。

Nisioka

【外部リンク】

HANA★JOSS
ジャワ影絵芝居オールナイト Facebook
CAP Club Q2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

14/10/04(土)今年のテーマは、ジャワの女性の一生です。第6回ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演 観月の夕べ 2014

会場:大阪府岸和田市 岸城神社 社殿内

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20141004

第6回ジャワ舞踊・ガムラン奉納公演 観月の夕べ 2014

日時: 10月4日(土)午後6時~8時
会場: 岸和田市 岸城(きしき)神社 社殿内
料金: 入場無料 ・カンパ歓迎 
併催:蛸地蔵商店街手作り市 午後2時~境内

出演
ジャワ舞踊:冨岡三智、西岡美緒
ガムラン音楽:ハナジョス、家高洋、北村明子、岩本象一、西田有里、松田仁美、瀬古真奈美、アナント・ウィチャクソノ

観月の夕べ」公演の今年のテーマは、ジャワの女性の一生です。スラカルタとジョグジャカルタの王宮で民間から取り入れられた女性舞踊は、どちらも女性の人生の華や哀愁を描いています。昔の夢、探し求めていた人、次の人生へと受け継がれていく記憶…。舞台には誰かの昔の面影が、あるいは未来の姿が見えるかもしれません。

●舞踊 ゴレッ・ランバンサリ(西岡美緒) 
ゴレッは、ジョグジャカルタ王家のハムンクブウォノⅦ世の時代(1877-1920)に創られた女性舞踊のジャンルで、当初、宮廷内では女形によって踊られていました。ゴレッには「探し求める」という意味があり、舞踊では、人生の意味や理想を探し求めつつ、大人になってゆく時期の女性を描いています。
ゴレッには伴奏曲と振付の異なる数種類があります。「ランバンサリ」は伴奏曲の名前で、同じ曲でも時代を経るに従って、短いバージョンが作られてきました。今回上演するのはハメンクブウォノVII世当時の振付と言われ、時間も長いため、現在では上演される機会が少ないものです。古い作品のため動きはシンプルでゆったりとしていますが、この時代のゴレッにしかない、おっとりとした美しさがあります。咲き誇る花のような、幸福感に満ちた作品です。
Photo

●舞踊 ガンビョン(冨岡三智)
ガンビョンは20世紀初頭にスラカルタで発展した、民間起源の舞踊です。現在では若い女性が複数で踊ることが多いのですが、本来のガンビョンは、一晩に一人の踊り手が太鼓の規則に合わせて、半ば即興的に踊り通すものでした。唯一の女性である踊り手は、男性楽師達のマドンナだったのでしょう。ガンビョンも昔の有名な踊り子の名前だと言われています。
今回は、現在ほとんど行われることのない古い太鼓の規則に従って上演します。この進行は、1人の女性が生まれ、人生の出会いを探し求めに出て男性と結ばれ、衰えて死ぬまでの姿を表現していると言われています。さらに、かつての掛け合いで行われていた演出をアレンジして加え、生命力あふれるジャワの女性と女性を取り巻く人々を描き出したいと思います。

Photo_2

●場所:
岸和田市岸城町11-30(岸和田城の前)
南海本線岸和田駅より徒歩10分、蛸地蔵駅より徒歩5分
お車でご来場の方は岸和田城周辺の公共駐車場をご利用下さい。

●主催・問い合わせ先:
ジャワ舞踊の会 
ハナジョス

共催:岸城神社
後援:在大阪インドネシア共和国総領事館、岸和田市教育委員会、関西インドネシア友好協会、大阪文化団体連合会
協力:フロントダッシュ、蛸地蔵商店街手作り市の皆さん   

【外部リンク
ジャワ舞踊の会 
HANA★JOSS
岸城(きしき)神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

14/09/21(日)古材を組んで建てた店内で、ゆっくりくつろぎながら、ジャワ音楽を楽しむ夜。爪哇(ジャワ)の夜遊びのココロだ!@山の中の食堂

会場:埼玉県比企郡滑川町 海族鮮山忠 滑川店

下記の公演のお知らせがFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1540295_701801179912249_46812704827

秋の午後の楽しみ方はコレ!

ジャワ影絵芝居とガムラン音楽
ハナジョスと仲間たち特別公演

巷で小さな話題になりつつあるジャワ影絵芝居&路上音楽の公演、小出しにするようで申し訳ないのですが、9月21日(日)13時から、埼玉・森林公園の「海族鮮山忠 滑川店」(かいぞくせん・やまちゅう・なめがわてん)でも行います。3連続公演の最終日、何やら面白いことになりそうな気が。。。 森林公園駅からタクシーで来るしかない山の中の食堂ですが、それだけにどんな音出してもどこからも文句が出なさそうなのが強み。古材を組んで建てた店内で、ゆっくりくつろぎながら音楽や影絵が楽しめます。 広い庭園には池と散策路があり、アヒルが放し飼いにされていて、どこかバリ島ウブドあたりの食堂にも似たのんびりムードの店。エイコさんの笑顔もステキです。 馬喰町か「かぐや」で見て、もしもう一度見たくなったら、こちらにもどうぞ。

●日/2014年9月21日(日曜日)
●時間/13:00開演(12:00開場)
●場所/「海族鮮山忠 滑川店」埼玉県比企郡滑川町福田3463-1
●行き方/東武東上線・「森林公園」下車(池袋から約60分)。     
駅北口からタクシー15分、片道2000円程度。
●料金/予約3000円、当日3200円(飲み物・食事つき)
●予約・問い合わせ/0493-56-4706

1537542_701801519912215_52221119430

10550154_701801379912229_5016976155

10648884_701801723245528_5190385130

10700123_701801643245536_7853717193

【外部リンク】
HANA★JOSS
海族鮮山忠 滑川店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

14/09/20(土)ジャワにワープしたような雰囲気の中、大きな楠の木の下で、子どもたちとともに気楽にワヤンを楽しめます。ワヤンのゆうべ@平塚幼稚園

会場:東京都目黒区 平塚幼稚園

下記の公演のお知らせがクルタクルティのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20140920hiratsuka_wayang

ワヤンのゆうべ
2014年9月20日(土) at 祐天寺・平塚幼稚園 園庭
演目「魔除けの呪文」

恒例の平塚幼稚園園庭での「ワヤンのゆうべ」があります。

屋外でのワヤン、なんとも気持ちがよいのです。
風に吹かれながら、だんだん暗くなっていく気配を全身で感じて、闇に包まれ、光に照らされ、心地よいガムランの音色…

ジャワにワープしたような雰囲気の中、大きな楠の木の下で、子どもたちとともに気楽にワヤンを楽しめます。ビールやおつまみの屋台もでますよ。

チケット予約受付中です。

とき:9/20(土) 17時開場、18時開演
ところ:平塚幼稚園 園庭(祐天寺駅より徒歩5分くらい)
演目:魔除けの呪文
入場料:前売 大人1200円、子ども600円(年少〜中学生)
    当日 大人1300円、子ども650円(年少〜中学生)
上演前に司会の 踊る水・鮎美愛さん による踊りなどあり。

※食べ物飲物、持ち込みは自由です。ゴミはお持ち帰りください。
※夜間のため、子どもだけでの入場はご遠慮ください。

【外部リンク】
クルタクルティ
チラシ
平塚幼稚園

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »