« 【詳細更新】14/09/06(土)バリ芸能と能の邂逅。ウロツテノヤ子 観世流能楽師 津村禮次郎共演。庭火祭 熊野大社かがり火コンサート  かがり火とバリ舞踊劇チャロナランの夕べ  | トップページ | 14/09/20(日)ここはジャワか!周囲は見事なまでの武蔵野の里山。お月見がてら、ぜひどうぞ。爪哇(ジャワ)の夜遊び-影絵芝居〈ワヤン・クリ〉@ 古民家ギャラリー »

2014年8月31日 (日)

14/10/23(木)現代に息づくガムランの姿。ジャワから当代随一の演奏家サプトノと舞踊家ワシ・バントロを迎えて。ジャワガムランと舞踊のコンサート 花響(はなひびく)VI

会場:東京都北区 北とぴあ

下記の公演がFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10562481_639279039519903_5702461454

24799_u

今回の公演は、ジャワの当代随一の演奏家サプトノ氏による新作の初演をメインに、本邦初演の舞踊、作曲家福沢達郎氏による新作での創作舞踊、古典曲など、盛りだくさんな内容となっております。伝統的なガムランの様式をふまえつつ、従来の型から抜け出して自在に繰り広げられる新作の数々は、まさに現代に息づくガムランの姿を伝えるものであり、ガムランを初めて聴かれる方にも、何度も聴かれている方にも充分お楽しみいただけることと思います。ぜひ、たくさんの方においでいただけましたら光栄です。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

「ジャワから当代最高の演奏家サプトノと舞踊家ワシ・バントロを迎えて、楽と舞の輝かしい饗宴」

ジャワのガムランは悠久の歴史を持つ、世界最大規模の青銅楽器のアンサンブルである。鍛造の大ゴングを中心とする深々とした響きの中に森羅万象を息づかせる。
王家楽舞団長サプトノとジャワ舞踊の名手ワシ・バントロは、伝統的な語法を用いながら常に新しい作品を生み出し続ける創作家である。本公演で、“カルティカ&クスモ”は彼らの新作を得て、ガムラン表現の可能性を広げる。福沢達郎の新曲では、ジャワと日本の楽舞の競演が楽しみである。

プログラム:
大編成のガムラン(十数種の青銅打楽器、太鼓、木琴、胡弓、歌)による新作と古典。
女性舞踊。男性舞踊。 

【ジャワガムランと舞踊のコンサート 花響(はなひびく)VI】
日時:10月23日(木) 18:30 open/ 19:00 start
会場:北とぴあ つつじホール
〒114-0002 東京都北区王子1丁目11−1
料金:4000円(前売り)/ 4200円(当日)*全席自由
北区民割引 3600円

客演:サプトノ、ワシ・バントロ
演奏・舞踊:カルティカ&クスモ
賛助出演:中田一子(ガムラン・ゴング)
企画・監修:田村史子

[チケットお申し込み・お問い合わせ]
【カルティカ&クスモ事務局】
TEL/FAX:03-5300-5479
MAIL:info_kartika@yahoo.co.jp

【カンフェティ】
ウェブ予約:http://confetti-web.com/
電話予約:0120-240-540 (平日10:00?18:00)

【北とぴあ1階チケット売り場】
窓口のみ 10:00?19:00

カルティカ&クスモ:
 カルティカ(ジャワガムラン演奏グループ)とクスモ(ジャワ舞踊グループ)は共に、1988年、代表・田村史子により結成され、以来、カルティカ&クスモとして、主にジャワ島中部のガムランと舞踊を演目の中心に据えて公演活動を行っている。
「花響」「星と花の対話」「ジャワ・舞踊とガムランの宇宙(2009年ジャワのサスミント・マルドウォ舞踊団との共演)」「天地の響(2010年青山円形劇場)」等の自主公演の他、ミュージアムコンサート(東京国立博物館、九州国立博物館、諏訪市博物館)、子供たちのためのワークショップ(こどもの城)や音楽鑑賞教室などを通じて、ガムランやジャワ舞踊の持つ豊かな“力”を多くの人に伝える試みを続けている。2005年、インドネシア文化の紹介に貢献したということで、在日インドネシア大使館より感謝状を授与される。

【外部リンク】
カルティカ&クスモ
北とぴあ

|

« 【詳細更新】14/09/06(土)バリ芸能と能の邂逅。ウロツテノヤ子 観世流能楽師 津村禮次郎共演。庭火祭 熊野大社かがり火コンサート  かがり火とバリ舞踊劇チャロナランの夕べ  | トップページ | 14/09/20(日)ここはジャワか!周囲は見事なまでの武蔵野の里山。お月見がてら、ぜひどうぞ。爪哇(ジャワ)の夜遊び-影絵芝居〈ワヤン・クリ〉@ 古民家ギャラリー »

ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14/10/23(木)現代に息づくガムランの姿。ジャワから当代随一の演奏家サプトノと舞踊家ワシ・バントロを迎えて。ジャワガムランと舞踊のコンサート 花響(はなひびく)VI:

« 【詳細更新】14/09/06(土)バリ芸能と能の邂逅。ウロツテノヤ子 観世流能楽師 津村禮次郎共演。庭火祭 熊野大社かがり火コンサート  かがり火とバリ舞踊劇チャロナランの夕べ  | トップページ | 14/09/20(日)ここはジャワか!周囲は見事なまでの武蔵野の里山。お月見がてら、ぜひどうぞ。爪哇(ジャワ)の夜遊び-影絵芝居〈ワヤン・クリ〉@ 古民家ギャラリー »