« 14/08/30(土)優雅な宮廷舞踊を体験しましょう。インドネシアのジャワ舞踊~入門編~@浜松市楽器博物館 | トップページ | 14/08/26(火)滞空時間×木津茂理 (from Japan) ※影絵あり@20年以上に 渡り世界のワールドミュージック、カルチャーを紹介し続けているフェスティバル連動企画『スキヤ キトーキョー』 »

2014年6月18日 (水)

14/08/30(土)優雅な宮廷舞踊を体験しましょう。ワヤンをボール紙で作ろう !気持ちのいい音楽にのせて人形をあやつれば、気分はインドネシア。インドネシアの影絵人形ワヤンを作ろう!@浜松市楽器博物館

会場:静岡県浜松市中区 浜松市楽器博物館

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10401541_652910871444732_5947430286

2014年 夏休み子どもワークショップ
浜松市楽器博物館

インドネシアの影絵人形
ワヤンを作ろう!

ワヤンをボール紙で作ろう !
インドネシアの楽器ガムランに合わせて影絵しばいをしよう!
気持ちのいい音楽にのせて人形をあやつれば、気分はインドネシア。

HANA★JOSS (ハナジョス)
2002年11月にジャワ島ジョグジャカルタで結成されたジャワ芸能ユニット。ジャワの伝統音楽ガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ワークショップ、作曲、演奏指導、アーティストや子どもたちとのコラボレーションを中心に、2005年より日本を拠点に活動。ふいご日和楽団(神戸市)、ティルトクンチョノ(滋賀県甲賀市)、ガムランネット・ジャパンウェスト(岐阜~岡山)の音楽講師。スタジオ「ルマ・ワヤン」(大阪府茨木市)では、ガムランサークルや、インドネシア語講座も開いている。

ローフィット・イブラヒム
1979年8月22日インドネシア・ジョグジャカルタ生まれ。幼少の頃よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏を始める。インドネシア芸術高校を1999年に卒業、インドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科(ISI)に進み、ISI芸術団のメンバ
ーとして、フィンランドのアジアフェスティバルに参加。同大学を2004年に卒業し、パク
アラマン王宮の楽団に入る。2005年より日本在住。ダラン(影絵人形遣い手)として、また演奏家としてさまざまな公演、ワークショップ、音楽指導を行う。

佐々木宏実 ささきひろみ
1979年7月17日大阪生まれ。神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽コース
に在籍中、1999年ガムランに出会う。2002年からインドネシア政府奨学生として、インドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科に2年間留学。大学だけでなく、王宮やラジオ局、村での結婚式など演奏に積極的に参加する他、作曲も行った。帰国後は日本を拠点に演奏やワークショップの活動を行う。

日 時:
2014.8.30(土)
13:30~16:30
  会 場:
アクトシティ浜松 研修交流センター 62室
講 師:ハナ・ジョス 
ローフィット・イブラヒム(人形づかい) 佐々木宏実(ガムラン演奏家)
対 象:小学生とその家族20組(先着順)  参加費:小学生1人 1000円(保護者は無料)

申込み
7月1日(火)9:30より電話で楽器博物館へどうぞ(先着順)

住所:〒430-7790 静岡県浜松市中区中央3丁目9番1号
E-mail:wakuwaku@gakkihaku.jp
TEL:053-451-1128

【外部リンク】
HANA★JOSS
浜松市楽器博物館

|

« 14/08/30(土)優雅な宮廷舞踊を体験しましょう。インドネシアのジャワ舞踊~入門編~@浜松市楽器博物館 | トップページ | 14/08/26(火)滞空時間×木津茂理 (from Japan) ※影絵あり@20年以上に 渡り世界のワールドミュージック、カルチャーを紹介し続けているフェスティバル連動企画『スキヤ キトーキョー』 »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14/08/30(土)優雅な宮廷舞踊を体験しましょう。ワヤンをボール紙で作ろう !気持ちのいい音楽にのせて人形をあやつれば、気分はインドネシア。インドネシアの影絵人形ワヤンを作ろう!@浜松市楽器博物館:

« 14/08/30(土)優雅な宮廷舞踊を体験しましょう。インドネシアのジャワ舞踊~入門編~@浜松市楽器博物館 | トップページ | 14/08/26(火)滞空時間×木津茂理 (from Japan) ※影絵あり@20年以上に 渡り世界のワールドミュージック、カルチャーを紹介し続けているフェスティバル連動企画『スキヤ キトーキョー』 »