« 14/02/15(土)川村亘平斎のディレクションによって会場空間全体が影絵劇場となり、あなたの踊る像が映し出される演舞場が出現。第 6 回恵比寿映像祭【TRUE COLORS】 恵比寿演舞場~「踊る」とは何か~ | トップページ | 14/02/22(土)「ガムラン続けたい!」という元INJガムラン講座生の有志による、その名もガムラン爆走クラブ!の公演『梅見月 ガムランのお茶会』 »

2014年2月15日 (土)

【大雪のため中止】14/02/15(土)開いた宙(ソラ)がどんなものなのか、見てみたい。響きの宇宙、鼓動の気配~ガムラン音楽とおどり@いなおけんじ展「怒/トイナオシ」

会場:埼玉県越谷市 ギャラリー恵風

下記の公演が櫻田素子さんのホームページに掲載されていました。

櫻田素子 ‏@sakuradamotoko のツイートに下記が告知されていました。

本日2/15(土)のいなおけんじ展でのダンス&ガムランのライブ、大雪の影響のため中止となりました。早々に満席となってました、、楽しみにして下さっていた皆様、申し訳ありません、とても残念です。会期中に延期で実施できるかただいま検討中です。http://motosbulan.exblog.jp/20243891/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Dm_001

Dm_002

2月の土曜日、南越谷にて、画家いなおけんじさんの個展でのライブがあります。
すでに残席あと僅か!とのことなので、是非お早めにご予約ください。

昨年晩秋の頃、いなおさんのアトリエにて、作品創りのことなど3人でいろいろとお話しして、イメージがむくむくと動き出しました。

多人数で創り上げる大きな宇宙のようなガムランと同時に、ずっと追求してきている、一人で演奏するガムラン。
おそらく、たまたまガムランという楽器が自分の感覚や身体にフィットする響きを持っていたのだろうと思う。
画家とダンサーという2人のアーティストとの邂逅によって、自分という小宇宙に、扉が開く。

その場に居合わせる人たちひとりひとりと共に、開いた宙(ソラ)がどんなものなのか、見てみたい。

............................................................

●2014年2月15日(土)14:00~16:00
いなおけんじ展「怒/トイナオシ」にて

櫻田素子+小泉ちづこLive
『響きの宇宙、鼓動の気配~ガムラン音楽とおどり』
音:櫻田素子 舞:小泉ちづこ
{30名様限定 要予約}

 @ギャラリー恵風
  〒343-0845埼玉県越谷市南越谷4-15-13
  tel/fax 048-989-1899
  (JR武蔵野線南越谷駅・東部伊勢崎線/地下鉄日比谷線新越谷駅 徒歩3分)

「60年という過去の続きは それほど長くない
 ギシギシと軋む時間と空間に 杭を打ち込みたい
 軟弱な心臓からは とぎれとぎれの鼓動しか聞こえないが
 私は杭い続ける
 大好きな風景を描かせない ものに (いなおけんじ)」

画家いなおけんじさんの手から紡がれる創造の向こう側と今。
南国バリ島の楽器の調べ。
様々な道の交差点、
音と身体の表現者2人がライブをします。

【料金】1000円(お茶・お菓子付き)

【ご予約】
いなおけんじ tel/fax 03-3671-2955
ギャラリー恵風(けいふう)tel/fax 048-989-1899

※ライブは2月15日のみですが、
いなおけんじ展の会期は2月13日(木)~18日(火)11:00~18:00(最終日16:00まで)です。

◉プロフィール:

小泉ちづこ
神奈川県横浜市生まれ。
劇団民藝在団中にバリ舞踊を始める。
退団後、2001年から2年間インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。
帰国後、東京・神奈川でバリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰し講師・バリ舞踊家として活動。
生命のルーツ、根源的な祈りの喜びを大切に、舞踊家として古典形式と作品の世界を探求し続ける。
近年ではバリ舞踊形式を用いての新たな表現の模索とバリ舞踊の枠を外した舞踊の試みを展開していくと共に、創作活動・様々なジャンルとの共演・今に耳をすまし、自然に芽生えるものからの表現も探求している。
たくさんの人と出会い、からだと心の楽しい可能性をいろいろな形で共有したい。
常に今の自分に向き合って踊って行きたいと思い活動を続けている。
ホームページ

櫻田素子 
ガムラン奏者、ガムラン・トゥラン・ブーランTerang Bulan主宰。
バリ伝統曲の演奏のほか、ガムラン音楽作曲、舞踊家やアーティストとのコラボレーション創作、ガムラン体験ワークショップなど各地で精力的に活動。
2001、2005、2009、2011年にインドネシア・バリ州芸術祭に招聘され作品を発表、常にそのオリジナリティーとクオリティーに高い評価を得ている。
国立音楽大学夏期リトミック講習会講師(ガムラン担当)、めぐろパーシモンホール・パレットプログラム楽器コース講師、音の森ガムランスタジオ講師。
国立音楽大学卒。横浜生まれ。
 著書:『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き,プリズム社)、『ワクワク音あそび・リズムあそび』(黎明書房)。
 CD:『ASIAN MUSE』(コンピレーション,東芝EMI)、『ガムランの小箱/Terang Bulan+佐野篤』(honeypancake)

【外部リンク】
小泉ちづこ
櫻田素子
いなおけんじ

大きな地図で見る

|

« 14/02/15(土)川村亘平斎のディレクションによって会場空間全体が影絵劇場となり、あなたの踊る像が映し出される演舞場が出現。第 6 回恵比寿映像祭【TRUE COLORS】 恵比寿演舞場~「踊る」とは何か~ | トップページ | 14/02/22(土)「ガムラン続けたい!」という元INJガムラン講座生の有志による、その名もガムラン爆走クラブ!の公演『梅見月 ガムランのお茶会』 »

バリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【大雪のため中止】14/02/15(土)開いた宙(ソラ)がどんなものなのか、見てみたい。響きの宇宙、鼓動の気配~ガムラン音楽とおどり@いなおけんじ展「怒/トイナオシ」:

« 14/02/15(土)川村亘平斎のディレクションによって会場空間全体が影絵劇場となり、あなたの踊る像が映し出される演舞場が出現。第 6 回恵比寿映像祭【TRUE COLORS】 恵比寿演舞場~「踊る」とは何か~ | トップページ | 14/02/22(土)「ガムラン続けたい!」という元INJガムラン講座生の有志による、その名もガムラン爆走クラブ!の公演『梅見月 ガムランのお茶会』 »