« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

14/01/21(火)映像でバリの空気を感じながら、グンデル・ワヤンの響きに、皆様の心を解放、新春グンデルショー=東京グンデル組合ライブ2014

会場:東京都港区 タイ料理 CAY 

下記の公演がCAYのホームページなどに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1524052_418371998292052_1270989124_

演奏|東京グンデル組合
◎メンバー・池田美知子、佐藤菜美、濱元智行、皆川厚一

1485903_418372464958672_1466176461_

日時|2014年1月21日(火)
20:00スタート二部制入れ替え無し(会場オープン18:30 )
料金|2.500円(予約)/ 3,000円(当日)
会場|CAY
〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23 ( スパイラルB1F )
TEL:03-3498-5790

ご予約|CAY TEL:03-3498-5790
下記のURLにアクセスし、EVENT CALENDERからご希望のライブをクリックして下さい。

「新春グンデルショー=東京グンデル組合ライブ2014」は、バリの伝統楽器グンデル・ワヤンのライブです。

グンデル・ワヤンは、インドネシアのバリ島に伝わるガムランの一種で、編成は二人ないしは四人の小編成で、ガムランの中では最も小さなアンサンブルです。
この音楽は主に影絵芝居の伴奏や、バリ人の様々な通過儀礼(成人式やお葬式など)に用いられます。

今回演奏する「東京グンデル組合」は、池田美知子、佐藤菜美、濱元智行、皆川厚一の4名で、2013年結成されたグンデル・ワヤンの演奏グループです。
バックにバリ島の風景、そしてグンデル・ワヤンが伴奏する影絵芝居「ワヤン・クリッ」の模様をスライド上映いたします。

映像でバリの空気を感じながら、グンデル・ワヤンの響きに、皆様の心を解放して頂くことが出来ましたら幸いです。
第一部と第二部の曲目構成を変えております。是非両方お楽しみ下さい。

東京グンデル組合

会場|CAY (スパイラル B1F)

こころとおなかを満たす食と音楽のライブ空間です。身体にやさしい料理、各種アルコール・ メニューと、幅広い ジャンルの音楽を発信する本格的ライブステージとの共演を心ゆくまでお楽しみください。

皆川厚一

1955年生まれ。 ガムラン演奏家、バリガムラン演奏グループ「シダカルヤ」、グンデル・ワヤン演奏グループ「東京グンデル組合」のリーダー、神田外語大学国際言語文化学科准教授、東京藝術大学音楽学部非常勤講師、音の森ガムランスタジオ講師。
東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。 1983年~1985年文部省(現文部科学省)アジア諸国派遣留学生として、インドネシア国立芸術アカデミー(現在のISI)デンパサール校に留学。バリの伝統器楽を専攻。 
現在、神田外語大学、東京藝術大学でインドネシア関係の講義、ガムランの演奏指導を、都内各所(音の森ガムランスタジオ、亜細亜大学ガムラン同好会、神田外語大学ガムランクラブ)でガムランの演奏指導、ワークショップを行っている。1985年よりバリガムラン「東京ガムラン計画・シダカルヤ」を主宰し、ガムランの演奏活動を行っている。

Gender Wayang グンデル・ワヤンとは。

グンデル・ワヤンは、インドネシアのバリ島に伝わるガムランの一種です。
編成は二人ないしは四人の小編成で、これはガムランの中では最も小さなアンサンブルです。
この音楽は主に影絵芝居の伴奏や、バリ人の様々な通過儀礼(成人式やお葬式など)に用いられます。楽器は青銅製の板を音階順に並べ、竹の共鳴筒で響きを補強したヴィヴラフォンと同じ原理のものです。これを日本のバチで演奏しますが、ヴィヴラフォンと違ってダンパーが無いので、演奏者は自分の手の甲や指の先を使って余分な響きを消さなくてはなりません。これが非常に難しい技術です。
音階は、スレンドロ音階というガムラン特有の五音音階です。盛況音楽の音律とは全く異なるものなので、ピアノの鍵盤に無い音が沢山使われます。
フランスの作曲家ドビュッシーは、この音階から大きな影響を受けたといわれています。(解説|皆川厚一)

【外部リンク】
タイ料理 CAY

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月24日 (火)

13/12/24(火)&12/26(木) 【シアター・テレビジョンにて放送】 滞空時間 ライブ&ドキュメンタリー『ONE GONG〜South East Asia Tour 2012〜』

放送局:シアター・テレビジョン

下記が放送が紹介されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Movie11712jpg

滞空時間 ライブ&ドキュメンタリー『ONE GONG〜South East Asia Tour 2012〜』

収録:2012年7月 バリ
時間:TOTAL:60分
出演 : -Taikuh Jikang 滞空時間-

■TAIKUH JIKANG 滞空時間 メンバー

濱元智行 GAMELAN
新井ごう VIOLIN
徳久ウィリアム VOICE
さとうじゅんこ VOICE
AYA(fromOOIOO) BASS
山岸天平 GAMELAN/SHADOW WORKS
新名真大 GAMELAN /SHADOW WORKS
辻圭介 SOUND ENIGINEER
&
川村亘平斎 GAMELAN/SHADOW WORKS

■小暮哲也(監督・撮影)

インドネシアの青銅打楽器「ガムラン」を駆使して飴屋法水、OOIOO 、OKI,小山田圭吾、GOMA,ハナレグミ、u-zhaanなど数多くのアーティストと共演し高い評価を受ける芸術家/川村亘平斎のソロユニット。
伝統打楽器「ガムラン」と、日本、アジア、アフリカの民謡を取り入れた南洋お祭りSOUNDに加えて、ミュージシャン達が影絵になって登場するライブスタイルは、都市と土着が見事に融合した新たなワールドミュージックを切り開いている。
2012年7月のインドネシア/マレーシア2カ国ツアでは、現地アーティストとのコラボレーションや日本の民謡を交えたパフォーマンスがオーディエンスに熱狂的な指示を受ける。

西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!

■ONE GONGとは・・・

2012年7月、TAIKUH JIKANGはガムランの本場でもあるバリ/マレーシアにて、初の東南アジアツアーを敢行。ガムランの生演奏に、日本・アフリカ・アジアの民謡を取り入れた南洋サウンドに、ミュージシャン自身が影絵となるTAIKUH JIKANGのライブスタイルは、都市と土着が融合したユニークなパフォーマンスとして、現地メディアからも好評を博しました。

バリ島では、TAIKUH JIKANGガムラン部隊の師匠でもあり世界的にも活躍するガムラン奏者(Dewa Rai/Gusti Komin/Gusti Ketut/Dewa Sakura)4名と共演。その時の模様を収めたドキュメンタリーとライブ映像が「ONE GONG」なのです。

また本編(※販売されている 『onegong』DVD&CD)のCDでは、マレーシアの若手伝統音楽家 Kamrulbahri Hussin氏と共演したクアラルンプール公演のうち、7/22におこなわれたライブ音源を収録。カマロ氏のパーカッション/スルナイ(笛)/ルバブ(弦)/歌とTAIKUH JIKANGのスペシャルセットです。

ガムランの幽玄な調べに川村亘平斎のユニークなボーカル、バリ島の異国情緒あふれる美しい映像、そして影絵師としても活躍する川村亘平斎のオリジナルな影絵の世界も加わり、唯一無二の世界を体験できます。TV初公開!!

TAIKUH JIKANG 滞空時間 2NDアルバム 【RAINICHI/来日】 ユニバーサルより2013/10/23発売決定!!

【外部リンク】
TAIKUH JIKANG 滞空時間
シアター・テレビジョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

早川純子さん(絵本作家)と中村伸さん(日本ワヤン協会)のワヤン関連の記事が、角川書店の妖怪マガジン「怪」に掲載

掲載誌:妖怪マガジン「怪」40号/角川書店

下記が早川純子さんのツイッターで紹介されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

角川書店の妖怪マガジン「怪」40号に下記が掲載されました。

994079_542055505885839_686448914_n

記事1:ワヤンの絵本「スマントリとスコスロノ」の原画掲載
巻頭特集のカラーページ、「怪」ギャラリーに、版画が掲載されています。「スマントリとスコスロノ」(福音館書店)の絵本の原画。 ページをめくると水木しげるさんのアップが♪

1461156_542055585885831_751740753_n

記事2:ジャワ影絵芝居ワヤン紹介記事掲載
250ページもぜひ合わせてぜひ。 ワヤンのことがとても分かりやすく書かれています。「スクリーンが生と死の世界の境界線 “ジャワ影絵芝居ワヤン”」(文・中村伸さん)

826189308_2

中村伸さんは日本ワヤン協会のメンバーの方です。

【外部リンク】
早川純子さんツイッター(絵本作家)
中村伸さん(日本ワヤン協会)
妖怪マガジン「怪」40号

| | コメント (1) | トラックバック (0)

川村亘平斎さんの影絵インスタレーションが月刊紙【ソトコト 1月号】に掲載

掲載誌:ソトコト 1月号

下記が川村亘平斎さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

12月発売のソトコトに影絵の記事掲載して頂きました。

F0179971_9592239

今月発売の月刊紙【ソトコト 1月号】に香川県丸亀市の商店街で発表した影絵インスタレーションの記事が掲載されました。

【外部リンク】
川村亘平斎
ソトコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

【更新】13/12/30(月)日本の曲、ジャワの歌、世界の歌、オリジナル。イチコワールドで晦日に一息中田一子弾き歌いライヴ

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせが中田一子さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Chirashia

Chirashib

中田一子弾き歌いライヴ

中田一子はジャワガムラン奏者で歌手で個性派シンガーソングライター東京芸大というインタ-ナショナルでマニアックな情報に溢れた現場で培ったセンスと実力で独自の世界観を展開し、ブレなく突き進んでいる素敵な個性派アーティストです。

せわしない年の瀬ですが、肩ひじ張らず、どこかあたたかくすがすがしい中田一子の歌声に心洗われながら、
日本の曲、ジャワの歌、世界の歌、オリジナル。晦日のイチコワールドで一息、おくつろぎ下さい。

日時:2013年12月30日(月)
   午後1時30分開演(午後1時開場)
会場:バリカフェ モンキーフォレスト
   (渋谷区桜丘町10-8 ヴィラアオヤマ1階)
出演:中田一子(歌、ピアノ、ジャワガムラン)
   前田達彦(パーカッション)

 

   ゲスト 
   林田圭緯子(バリダンス)
料金:チャージ1,500円+1ドリンクお願いします

 

日本の曲、ジャワの歌、世界の歌、オリジナル。
イチコワールドで晦日に一息、
おくつろぎ下さい。

 

この日時に、
「忙しい最中だわ、行ける訳がない」
とあきれて笑うかた、
「仕事は多分休みに入るから、大丈夫そう」
とおっしゃるかた、
「あなたと同じで、年末だからって特に掃除しないわ」
と大笑いするかた、
色々いらっしゃいます。

 

掃除も片付けもいつもやっていて、家は綺麗だし、
特に忙しくすることもない、
と、一度は言ってみたい…。

 

また、この日の夜には、
バリダンスのライヴが同じ会場で開催されます。
林田さんも出演します。
お時間のあるかたは夜もどうぞお楽しみ下さい。

【外部リンク】
中田一子
モンキーフォレスト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月18日 (水)

13/12/23(月)楽しくて見ごたえのあるTropical Xmas! モンキー DE Naga Jepang バリ舞踊公演 ~Tropical Xmas~

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせがバリカフェ モンキー フォレストのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●モンキー DE Naga Jepang バリ舞踊公演 ~Tropical Xmas~

東京を中心に活動の枠を広げているバリ舞踊家・荒内琴江率いる舞踊グループ
‘Naga Jepang’ が今年最後にお届けするバリ舞踊公演です!

今年を締めくくるのにふさわしく、古典から新しい舞踊まで、
楽しくて見ごたえのある踊りを予定しております!

日時:2013年12月23日(月) 13時00分~15時00分
会場:バリカフェ・モンキーフォレスト
会費:\2,500(ランチプレート付き)+1ドリンクご注文お願い致します。

演目:
  Tedung Sari(傘を持った女性の踊り)
  Oleg Tamulilingan(蜜蜂の求愛の踊り)
  Legong Kraton Lasem(宮廷舞踊・ラッサム王の物語)
  Manuk Rawa(水鳥の踊り)
  Teruna Jaya(若き勝利者の踊り)  他
出演:
  Naga Jepang
  荒内琴江
  岩佐 律子
  近藤 ゆま
  中野 愛子
  前浜 恭子

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキー フォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630

【外部リンク】
荒内琴江
バリカフェ モンキー フォレスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

14/01/16(木)書道と和太鼓とバリガムラン!新春 祝丸とバリガムランの世界 和太鼓とバリガムラン ~ゆらぎとうねりの交響楽~

会場:大阪府大阪市中央区 YOSHU(よしゅう)ホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Norimaru

新春 祝丸とバリガムランの世界
和太鼓とバリガムラン ~ゆらぎとうねりの交響楽~

平成26年の新春を書道と和太鼓、バリガムランのコラボレーションで華やかにことほぎます。
開演前には、お初釜でお初釜でいただく花びら餅もお楽しみください。

◆日 時: 2014年1月16日(木)18時半開場 19時開演 
       17時半~19時お点前
◆会 場: YOSHU(よしゅう)ホール 
       大阪市中央区南船場1-4-11モリビル2階
       地下鉄長堀鶴見緑地線松屋町駅①番出口より徒歩2分
       電話06-6261-7827
◆出 演: 祝丸(のりまる)/和太鼓
       斎藤青楓/書道家
       ギータ・クンチャナ 小林江美 松村涼子/バリガムラン
◆会 費: 3500円軽食とお飲み物付き  全自由席

※お申込みは、ご氏名とご連絡先を記載の上
  ギータ・クンチャナ( gitakencana@hotmail.com )迄
  メールにてお願い致します。
  お電話06-6649-6008でも承ります。

Sign

祝丸(のりまる) / 和太鼓
2003年、佐渡島の和太鼓集団「鼓童」にて2年間の研修を修めた後、
2004年に黒拍子を結成。2005年には伝統芸能推進集団「風流」に参加。
能・狂言・文楽・落語・講談とのコラボレーションを展開する。
2006年NHK総合テレビドラマ「出雲の阿国」に出演
2009年国際児童青少年演劇フェスティバル大阪・キジムナ—フェスタにて、日本ºカナダの共同作品「TRAIN」の演奏家として出演。また、GACKT主演「眠狂四郎無頼控」記者会見イベントにおいて楽曲提供・舞台出演。
2010年より「TRAIN」のカナダやフランスのツアーに参加
2011年祝丸による一人芝居「祝丸劇場」を始動。
棟方志功作「女人観世音菩薩」をモチーフに作曲した祝丸初のソロ楽曲CD「KANZEON/脈動する命」をリリース。
古典芸能・民俗芸能から閃くエッセンス、また多種多様なジャンルとの共同作業から
得たものを和太鼓の舞台表現へと昇華させ、斬新かつ新鮮な表現を追求するべく活動。
太鼓の持つ繊細なうねりや一音に込める想いを大事に、新たなる和太鼓の可能性を追求している。

■小林江美・松村涼子/ バリガムラン
バリ島のインドネシア国立芸術大学留学にインドネシア政府給費留学生として2年間ガムランと舞踊を学んだ小林江美により、日本国内における本格的なバリガムランの演奏を目指し1994年に大阪で結成。
メンバーの多くもそれぞれバリ島でガムランを勉強した経験を持つ。
伝統的なバリ音楽を演奏する傍ら、創作活動にも意欲的に取り組む。
また、和太鼓、インド音楽、クラシック音楽など他ジャンルとのコラボにも挑戦する。
小林主宰のバリ舞踊プスパ・クンチャナとよりスケールの大きいステージを展開する。
グループ名「ギータ・クンチャナ」とは「黄金の音」を意味し、その名のごとく
繊細できらめく音のスコールを繰り広げる。

Img_5e67b75b3136d1768301bae40f8d70b

■斎藤青楓/ 書道家
日本書芸院認定・書道教師 書統認定・書道師範 斎藤青楓書道教室主宰
6歳より書を学ぶ
1988年 日本書芸院二科会員推薦賞
1989年 日本書芸院一科会員推薦賞
1997年 書の教室/アトリエ・コモド開設 樟蔭中学校国語科書道講師
1998年 樟蔭高等学校芸術科書道講師
2011年 毎日書道展初出品、初入選
以降連続入選 現在博光会会員

【外部リンク】
ギータ・クンチャナ
チラシ
祝丸(のりまる) / 和太鼓
斎藤青楓/ 書道家
YOSHU(よしゅう)ホール

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/12/30(月)バリダンス・ゆく年くる年、バリの名作古典から最近の話題作、そして東京発・新しいバリの世界まで「バリ・クンチャナ、年忘れspecial」

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキーフォレスト

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20131230astungkara_tirasi

◎バリ・クンチャナ、年忘れspecialバリダンスらいぶ◎
‟Astungkara(^人^)2013”~バリダンス・ゆく年くる年~

Astungkaraとは、バリの言葉で神様に感謝の気持ちを表わす言葉。
2013年、今年も世界はいろいろありましたが、私たちは笑顔で無事、元気に踊ってこれた喜びと幸せを、
バリの神様と、日頃から支え、応援してくださっているみなさまに感謝しつつ2013年を踊り〆したいと思います。
今回は年末ならではのspecialとして、ミュ-ジシャンの中田一子さんをゲストに迎え、
2014年に向けて新たな試みとなる楽しいプログラムもお送りします。
バリの名作古典から最近の話題作、そして東京発・新しいバリの世界まで、
バリダンスで迎えるゆく年くる年を、美味しい料理と共にどうぞお楽しみください。 ...

日時     
2013.12/30(月) 18:00open / 18:30start

場所     
BaliaCafeモンキ-フォレスト(渋谷・桜丘)
〒150-0031 渋谷区桜丘町10-8
tel 03-3464-4633

チャ-ジ  
大人2,000yen(高校生未満1,000yen)+1drink&1foodオーダーお願いします。 <ひざに乗る幼児は無料>

出演    
朝久野友紀 井上あきみ 大野里美 中山真希子 林田圭緯子 村上祐子

ゲスト  
中田一子(ピアノ・歌)

program

*ピアノの生演奏による歓迎の花まきの踊り~panyembrama
*モンキ-フォレストのテ-マ ~ハロ-おさるさん
*美しい蝶ちょの踊り~kupukupu tarum
*座位で踊る閃光の踊り~kebyar duduk
*漁師の踊り~nelayan
*嬉々とした乙女たちの踊り~kembang girang
*宮廷舞踊ラッサム王の物語~legong lasem
*極楽鳥の踊り~cendra wasih

主催    
バリ・クンチャナ
※当日は、イ・ワヤン・バワ・アンタラ氏のバリ絵画展も同時開催中です。

【外部リンク】
バリ・クンチャナ
イ・ワヤン・バワ・アンタラ
バリカフェ・モンキ-フォレスト

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

【フライヤー追加】13/12/22(日)ハナ★ジョス@花音ライブ@ジーベックホール

会場:兵庫県神戸市中央区 ジーベックホール

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kanon_final

【花音ライブ@ジーベックホール】 

サンテレビとTOAが共同で作っている番組「花音」
の出演ミュージシャンが集って一夜限りのコラボライブをいたします。

12月22日(日) 19:00~   
会場:
ジーベックホール
〒650-0046
神戸市中央区港島中町7-2-1
TEL:078-303-5600
FAX:078-303-4632

入場無料

TEL : 090-9052-2523 ハナ★ジョス 

【外部リンク】
HANA★JOSS
ジーベックホール

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

13/12/23(月・祝日)ビンタンララス ワヤン公演@大谷大学「影絵芸術の世界」

会場:京都府京都市 大谷大学

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSと大谷大学のブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Nab3mq0000035bkb

2013年度大谷大学課外教育行事<異文化との出会い>
「影絵芸術の世界」

本学では、<異文化との出会い>をテーマとした課外教育行事を実施しています。

本行事は、日本や他国の文化を音楽や映画などで幅広くご紹介し、異文化理解の一助となることを目的として開催しています。

今回は以下の通り開催しますので、学内外から多数のご参加をお待ちしています。

【学生支援課】

2013年度大谷大学課外教育行事<異文化との出会い> 

概要
入場無料・一般来場歓迎・事前申込不要

日 時     2013年12月23日(月・祝日) 18:00~19:30【開場17:30~】

会 場     大谷大学講堂 (京都市営地下鉄「北大路」駅下車)
〒603-8143 京都市北区小山上総町

出 演     ビンタンララス/ダシュ ショバ ラニ 氏 (大谷大学講師)

内 容    
1.インドネシアのガムラン演奏とジャワ影絵芝居の公演
  ・スマントリとスコスロノ
   (ダラン:アナント・ウィチャクソノ)
   ジャワ語上演 影側
  ・アルジュノの饗宴
   (ダラン:ローフィット・イブラヒム) 
   日本語上演 人形側
2.影絵芸術についてのお話し

お問い合わせ先     大谷大学/大谷大学短期大学部 学生支援課
【電話】075-411-8119

【出演者紹介】
ビンタンララス
関西で活躍するガムラン演奏家が、2012年に結成したスーバー・ガムラン合奏団。
既存のグループの垣根を越えてガムラン活動の交流を目指したプロジェクト「ガムランネット・ジャパン・ウェスト」の主なメンバーが中心となって、より創造的な活動を目指すために
新楽団が結成された。古典から現代に至るまで、ガムランとワヤン(影絵芝居)の魅力をハイレベルに発信するべく活動中。

ダシュ ショバ ラニ 氏(大谷大学講師)
大谷大学文学部国際文化学科講師/博士(文学)/【専門分野】インド学/仏教学/貝葉写本研究/インドの古典芸能

【外部リンク】
HANA★JOSS
チラシ(PDF)
大谷大学


 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

「特定■■保護法案」に反対します。

「特定■■の保護に関する法律案」(特定■■保護法案)が、■■月■■日に衆議院で強行採決され、いままた■■月■日に参議院で強行採決されようとしています。

国民の多数からさまざまな疑問や反対の声があがる中、なぜここまで拙速にこの法律が制定されなければならないのでしょうか。

そもそもこの法律は、国家が知られたくない情報を「特定■■」として隠し、組織の内部から不正を告発する人、それを支持し明るみに出そうとする市民の活動を、厳罰の下に封じこめようとするものです。

この流れは、戦前の治安■■法成立からインドネシアを含むアジアの国々を苦しめた太平洋戦争への道を想起させます。

「特定■■保護法」の制定に強く反対し、廃案を求めます。

インドネシア芸能情報・管理人 蝶野光秋 2013年12月3日

★■■の部分の表現は、朝日新聞10月30日の社説を参考にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »