« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

13/11/27(水)インドネシア女形舞踊家ディディ・ニニ・トウォ セミナー&舞踊上演@大阪大学 

会場:大阪府吹田市 大阪大学 吹田キャンパス

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20131031015613ed3

Ninitowok

 

©Didik Nini Thowok Entertainment

ディディ・ニニ・トウォ セミナー&舞踊上演@大阪大学

インドネシアの舞踊家、ディディ・ニニ・トウォ氏が大阪大学のセミナーで発表するため来日されます。
一般の方々の参加大歓迎とのことです。ディディ氏自ら編集した映像に合わせて、下記3舞踊の上演も予定されています。

第44回ときめき★セミナー
性を超えるダンサー ディディ・ニニ・トウォ:
芸術上演における身体とジェンダーを考える

2013年11月27日(水) 15:30-18:30
大阪大学 吹田キャンパス
人間科学研究科棟 本館 5階 51教室
住所: 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1番2号

入場無料

1. ジャワ島中部の王都、ジョグジャカルタの伝統女性舞踊ゴレ(写真左)
2. ジャワ島南西部、バニュマス地方の民衆舞踊レンゲル
3. 創作作品「ドゥイムカ・ジャリ」(写真右)

ディディ・ニニ・トウォ氏 プロフィール 
Didik Nini Thowok   
1954年インドネシア・ジャワ島に生まれる。ジャワ島の古都ジョグジャカルタを拠点として世界各地で女形舞踊家、俳優、コメディアンとして活躍。1999年から2000年にかけて東京で日本舞踊と能の仕舞を習得。それ以降、「クロス・ジェンダー」という概念を提唱しつつ創作を通して民族やジェンダーのステレオタイプを脱構築する試みを行ってきた。特に仮面を用いた表現は彼の芸術活動の顕著な特徴とされる。

趣旨
この研究会では、インドネシア・ジャワ島を拠点に女形舞踊家として活躍するディディ・ニニ・トウォDidik Nini Thowok(1954-)の招聘公演を中心として、その上演における身体構築と攪乱的ジェンダー表現のあり方を考察する。
この研究会の主要な関心は、ジェンダーやセクシュアリティに関する多くの情報や価値観が存在する現代世界において芸術上演におけるジェンダー表現はいかなるインパクトを持ち得るのか、また科学や医療による身体の変革とは異なるやり方での身体の変革や構築は芸術上演においていかに達成されるのか、という点である。
人文科学の分野でジェンダーに関する示唆的な成果を著したジュディス・バトラーは、ジェンダーの本質主義的解釈に対して一貫して批判的態度を示し、「行為遂行的な攪乱」 performative subversionsという概念を提示した。バトラーが指摘するように文化的ジェンダーが身体に深く「自然化」されているとすれば、芸術家は訓練や芸術実践を通して身体に深く刻まれたジェンダーをどのように超えていくことが可能なのだろうか。ジェンダーを超える芸術表現の行為遂行性や攪乱について考えてみたい。

問い合わせ
Tokimeki.bios@gimail.com
http://twitter.com/#!/tokimeki_bios

【外部リンク】
大阪大学

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

13/11/19(火)モンキー DE 摩訶不思議音楽ガムラン、魅惑のバリダンス 踊れ踊れ マジック・モンキー 『ガムラン 櫻田素子 & エレクトロニクス 春日聡 & バリダンス 小泉ちづこ 』

会場:東京都渋谷区 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせがバリカフェ モンキー フォレストおよび櫻田素子さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

75061977_125

75061977_242

モンキー DE マジック・モンキー 『ガムラン & エレクトロニクス & バリダンス 』
日時 :2013年11月19日(火) 19時30分~21時30分
会費 :投げ銭
南国バリ島 、摩訶不思議音楽ガムラン、魅惑のバリダンス
天から降る黄金の光 、木陰から猿が覗く、虹が出ている、雲の上に
踊れ踊れ マジック・モンキー

次のガムラン・ソロ・ライブです!
今年に入って、バリ島のトラディショナル系舞踊公演が多かったのですが、久々に違う感じでやろうかと、このお二方を誘いました。バリものもやりますが、、、いろいろ画策中でっす。

◉2013年11月19日(火)19:30start(30分を2stage、入替えなし)

『マジック・モンキー magic monkey
   〜〜ガムラン 櫻田素子 & エレクトロニクス 春日聡 & バリダンス 小泉ちづこ 』

 南国バリ島
 摩訶不思議音楽ガムラン
 魅惑のバリダンス

 天から降る黄金の光
 木陰から猿が覗く
 虹が出ている
 雲の上に

 踊れ踊れ
 マジック・モンキー

☆ライブ・チャージは、お気持ちにお任せの投げ銭制。
 美味しいインドネシア料理やお酒を召し上がれ!

●profile:

春日聡 Akira Kasuga/
美術家、映像・音響作家、映像人類学研究者。東京藝術大学美術研究科先端芸術表現領域博士後期課程修了。博士(美術 Ph.D, Art)。
 音響彫刻作品、メディア・アート的アプローチのインスタレーション作品、映像・音響作品を発表。
 1990年より日本列島各地、バリ島、ネパールなどで無形文化と聖地に関するフィールド・ワークを続ける。日本各地の神楽など民俗芸能の採訪調査にも注力。
 バリ島の陶酔儀礼とサウンド・スケープでつづる記録映画『Sekala Niskala スカラ=ニスカラ ~バリの音と陶酔の共鳴~』を発表。「ふじのくに⇄せかい演劇祭2012」(SPAC静岡舞台芸術センター)を皮切りに、SARAVAH東京(2012、2013年)など各地で上映。
 主な展覧会に「listeng dream floor 超気配主義展」(2002年)「n_ext メディア・アートの新世代展」(2004年)「静岡アートドキュメント」(2011年)など。
 ライヴ・エレクトロニクスを中心とする演奏を、自作のインスタレーション空間やさまざまな即興的ライヴで発表。ダンス作品の音楽を『RUANG TUBUH ルアン・トゥブッ』(2013年)で発表。

小泉ちづこ Chizuko Koizumi/

劇団民藝在団中にバリ舞踊に出会う。退団後、インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。帰国後、バリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰し舞踊家として活動。バリ舞踊の形式と作品の世界を探求していくと共に、近年は創作活動・様々なジャンルとの共演・今に耳をすまし、自然に芽生えるものからの表現を探求している。

櫻田素子 Motoko Sakurada/

ガムラン奏者、ガムラン・トゥラン・ブーランTerang Bulan主宰。
バリ伝統曲の演奏、ガムラン音楽作曲、舞踊家やアーティストとのコラボレーション創作、ガムラン体験ワークショップなどに取り組んでいる。
2001、2005、2009、2011年にインドネシア・バリ州芸術祭に招聘され作品を発表、常にそのオリジナリティーとクオリティーに高い評価を得ている。
国立音楽大学夏期リトミック講習会講師(ガムラン担当)、めぐろパーシモンホール・パレットプログラム楽器コース講師、音の森ガムランスタジオ講師、INJカルチャーセンター・ガムラン講師。
国立音楽大学卒。横浜生まれ。
 著書:『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き,プリズム社)、『ワクワク音あそび・リズムあそび』(黎明書房)。
 CD:『ASIAN MUSE』(コンピレーション,東芝EMI)、『ガムランの小箱/Terang Bulan+佐野篤』(honeypancake)

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキーフォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630

【外部リンク】
春日聡
小泉ちづこ
櫻田素子
モンキーフォレスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/11/06(水)お茶の水女子大学 学生主体の新しい学士課程の創成事業 バリ舞踊の表現法について

会場:東京都文京区 お茶の水女子大学

下記の公演のお知らせがお茶の水女子大学のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Poster_fd13_l

お茶の水女子大学 学生主体の新しい学士課程の創成事業
バリ舞踊の表現法について

お茶の水女子大学では、国際通用性を高めることに重点を置いたファカルティ・デベロップメント【Faculty Development、FD】(授業改革のための取り組み)を実施しています。

2013年11月6日(水)に「第13回FD講演会」を開催いたしますので、是非とも皆様にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。
インドネシア国立芸術大学デンパサール校からイ・ニョマン・チェリタ氏を招聘し、バリの伝統的な舞踊と新作(創作)舞踊の表現方法の違い、特に舞踊にはかかせない、表情の表現方法について、解説していただきます。
ご自身による舞踊の基本的な動きの実演を交えながら、また、踊りの映像を見ながら、バリ舞踊に特有な所作や動きの意味などについても解説していただきます。
英語での講義が初心者の方でも受講できるよう、日本語通訳のサポートのもとで開講いたします。皆さまの参加をお待ちしております。

*お茶の水女子大学とインドネシア国立芸術大学デンパサール校(ISI Denpasar)は2013 年度、学術交流協定を締結しました。

講演者プロフィール

Cerita

イ・ニョマン・チェリタ氏(I NYOMAN CERITA)

1961年 インドネシアバリ島シンガパドウ(Singapadu) 生まれ
1989年 インドネシア国立芸術大学デンパサール校(STSI) 卒業
2005年 MFA UCLA LOS ANGELS USA 大学院修了 1990年よりインドネシア国立芸術大学デンパサール校(ISI Denpasar)舞踊科教授
現在、同大学舞台芸術学部舞踊科長

バリ島における地域活動、指導、審査員、振付のほか、日本、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、フランス、ポーランドなどで公演、ワークショップを行うなど、国内外で活躍中。 数多くの舞踊を創作し、代表作に、サティオブラスタ(Satya Brasta)やトランスレゴン(Trans Legong) などがある。

開催日     2013年11月6日(水曜日) 18:30〜20:30
場所     お茶の水女子大学 共通講義棟1号館304室
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
対象者     教員、各附属学校教員、職員、学生、興味のある一般の方

FDに関する問合せ
教務チーム TEL 03-5978-5139
E-mail:kyouiku.kikaku@cc.ocha.ac.jp

本講演会に関する問合せ
文教育学部 中村美奈子
E-mail:nakamura.minako@ocha.ac.jp

【外部リンク】
お茶の水女子大学

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/11/02(土)東京音楽大学「ガムラン演奏コース」講座生とОBほか東京音楽大学芸術祭参加コンサート「インドネシア ジャワのガムランと舞踊」

会場:東京都豊島区 東京音楽大学 民族音楽研究所

下記の公演のお知らせが東京音楽大学 民族音楽研究所音楽研究所のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20131102_s

東京音楽大学芸術祭参加コンサート
「インドネシア ジャワのガムランと舞踊」

間近に迫ったコンサートに向け、
連日猛特訓中のガムラン受講生たち。

学生と社会人の合同チームです。
どうぞ、お気軽にふらりとお立ち寄りください。
入場無料・コンサート時間内の出入り自由
日時     2013年11月2日(土)
場所     東京音楽大学 民族音楽研究所2階
住所     〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-11-1

開演     15時〜(出入り自由)
曲目     「ラントヨ」、「クロノトペン」、「ガンビョン」、「パンクル」ほか
出演     東京音楽大学「ガムラン演奏コース」の学生、
社会人「ガムラン音楽教室」講座生とОBほか

【外部リンク】
東京音楽大学 民族音楽研究所

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

13/11/02(土)& 03(日)バリ舞踊・ガムラン・影絵(バリ芸術団)@ワールド神楽フェスティバル 舞い集う神々の宴

会場:島根県益田市 島根県芸術文化センター「グラントワ」

下記の公演のお知らせがgadogadoのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Wkagura2thumb240xauto1073

バリ舞踊・ガムラン・影絵(バリ芸術団)@
ワールド神楽フェスティバル 舞い集う神々の宴@島根県益田市

来月島根県益田市で開催される、神在乃国しまね『ワールド神楽フェスティバル』~舞い集う神々の宴~に、バリ島からの舞踊団も出演。

神在月(かみありづき)、それは八百万(やおよろず)の神々が集う月
古事記編纂から1301年の時を経て、伝統の舞いが石見の地に集う

石見神楽は、石見地域の生活の中に息づく民俗芸能であり、蛇胴や長浜面(帳子の面)、金糸銀糸の絢爛豪華な衣装により舞台芸術としても花開き、暮らしの中に欠かせない芸能として地域の人に愛されています。

この石見神楽の地である益田市グラントワへ、国内外で活躍する民族芸能、神楽団体を招聘し、「神楽の源流」「古事記」「神楽のこれから」の3つのテーマで上演します。

各地の気候風土や人気そして地域の芸能と融合し、多様に変化した神楽が一堂に会し、伝統の舞いを披露します。

稲作に伴う神事として受け継がれてきた神楽の源流をもう一度見つめなおし、神楽の魅力を探り、私たちの誇れる文化を広く国内外へ発信し、未来へつないでいきます。

11月2日(土) 17:00~18:00
~祈り~ 神楽の源流

11月3日(日) 19:00~21:30
神夜祭~夜の祈り~
・ガムランの夕べ
・今福優の世界

会場:
〒698-0022 島根県益田市有明町5番15号
島根県芸術文化センター「グラントワ」
TEL: 0856-31-1860
FAX: 0856-31-1884

Bari

バリ舞踊・ガムラン【バリ芸術団】
<演 目>ルジャンデワ(奉納女性舞)、トランスレゴン ほか

バリ島でバリ・ヒンドゥーの儀式や冠婚葬祭の際に演じられる舞踊で、日々祈りを捧げるバリ民族にとって欠かせない身近なもの。ガムランは「青銅の交響楽」ともいわれ、その演奏は神々しく魅惑的。

【外部リンク】
神在乃国しまね『ワールド神楽フェスティバル』~舞い集う神々の宴~

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

13/11/4(月・休)スカルサクラ、ジェゴグ(バリの楽器)の演奏公演/体験@野外民族博物館リトルワールド インドネシア バリ島 貴族の家

会場:愛知県犬山市  野外民族博物館リトルワールド バリ島貴族の家

下記の公演のお知らせが野外民族博物館リトルワールドのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

52522c783c5c9

♪♪ ジェゴグ(バリの楽器)の演奏公演/体験 ♪♪

≪ジェゴグ演奏公演/体験≫
インドネシアの民族楽器ガムラン。
その中でもバリ島西部地方ヌガラに伝わる竹製ガムランをジェゴグと言います。
日本で唯一ジェゴグの演奏ができるチーム、
名古屋音楽大学「ガムラングループ スカルサクラ」の演奏をお楽しみください。
公演終了後にはジェゴグの体験(人数制限有)も行います。

期日:11月4日(月・休)
場所:野外民族博物館リトルワールド バリ島貴族の家
愛知県犬山市今井成沢90-48
TEL:0568-62-5611

時間:12:00~、13:00~、14:00~、15:00~(各回約20分)
曲目:「プトゥリバンブー」「ゴパラ」他を予定
出演:栗原幸江、高藤摩紀、名古屋音楽大学スカルサクラ

※雨天時は中止。
※イベントは都合により予告なく変更・中止する場合があります。

【外部リンク】
名古屋音楽大学「ガムラングループ スカルサクラ」
野外民族博物館リトルワールド

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/10/31(木)スカルサクラ@「打楽器の愉しみ」

会場:愛知県名古屋市中村区 名古屋音楽大学  めいおんホール

下記の公演のお知らせが名古屋音楽大学のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Photo

第1回めいおん音楽祭/打楽器の愉しみ

日程     2013年10月31日(木)
時間     開場 17時30分 開演 18時00分
会場     名古屋音楽大学 めいおんホール
〒453-0841 愛知県名古屋市中村区稲葉地町7丁目1
052-411-1115
入場料     入場無料

プログラム    
リビングルーム・ミュージック  ジョン・ケージ
アモレス ジョン・ケージ
幻のトレイン 継田 和広

♪マリンバアンサンブル(トリオ)♪
「If you’re truly right,will be proven by the light」  Manu Delago
♪マリンバアンサンブルによるラグタイム・ミュージック♪
「ガールフレンド・メドレー」「シロフォニア」
♪Jegog♪
「プトゥリバンブー」

出演     山口恭範客員教授、髙藤摩紀専任講師、打楽器専攻生全員、スカルサクラによる!!

申込み先     申込不要
主催     めいおん音楽祭実行委員会
お問い合わせ     めいおん音楽祭実行委員会

052-411-1593
meion.fes@gmail.com

【外部リンク】
名古屋音楽大学  めいおんホール

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

13/10/29(火)~31(木)何かよくわからないが、新しい舞台芸能が生まれる匂いがする。川村亘平斎@『音と布、光と料理のサーカス』

会場:東京都港区 CAY(スパイラルB1F)

下記の公演のお知らせが川村亘平斎さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

L_uquqvvur

『音と布、光と料理のサーカス』

~新しいサーカスなのか/演劇なのか/何かよくわからないが、新しい舞台芸能が生まれる匂いがする。スズキタカユキと4人の音楽家による3夜連続公演!~

「物語のある音楽」をテーマに日本・世界各地での演奏活動を続ける『CINEMA dub MONKS』。
去年12月の東京都現代美術館でのライブを皮切りに、公演毎に絶賛を浴び続ける " オライビアーケストラ " のリーダー『OLAibi (from OOIOO)』。
ガムランを使い新しい音楽スタイルを生み出し続ける " 滞空時間 " を主宰する『川村亘平斎』。

この3つのグループが生み出す新しい音楽と、ファッションデザイナー『スズキタカユキ』による、料理付きのショー『音と布、光と料理のサーカス』。

5月のCAY、7月の原宿・VACANTでの公演を経て、進化し続けている公演が、今回はスズキタカユキを中心とした構成の3日連続公演で再び新しい形を見せる。

1日目は、OLAibi&川村亘平斎&曽我大穂を中心とした楽団による、影絵と音楽とスズキタカユキによる舞台。
2日目は、CINEMA dub MONKSを中心とした楽団による音楽とスズキタカユキとで1日目とは全く違う舞台が繰り広げられる。
そして3日目は、出演者全員による趣向を凝らした『suzuki takayuki ~2014 spring-summer collection』のエキシビジョンショーを開催。

さらに、CAYの料理長・森川俊二が腕を振るったオリジナル料理も!

観客が食事をすることによって生まれる音、騒然とした雰囲気が、音楽やショーに取り込まれた瞬間、空間がさらに熱狂する。4人の音楽家+影絵芝居+裁縫師による即興舞台。
新しいサーカスなのか/演劇なのか/何かよくわからないが、新しい舞台芸能が生まれるかもしれない、、、そんな夜を。

◆イベント概要◆
時間:OPEN 18:30 START 20:00
料金:予約 3,300円 当日 3,800円(食事付き)
席種:着席または立見(ご来場順の入場)
会場:CAY(スパイラルB1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 ACCESS MAP

出演 :
スズキタカユキ(from suzuki takayuki)、
曽我大穂(from CINEMA dub MONKS)、ガンジー(from CINEMA dub MONKS)、
OLAibi(from OOIOO/オライビアーケストラ)、川村亘平斎(from 滞空時間) etc..

料理:森川俊二(CAY)
照明:渡辺敬之
音響:藤田恭久(LSDエンジニアリング)
衣装:suzuki takayuki
撮影:二瓶剛
花:三嶋善喬(30日のみ)

※各日内容、客席、定員数が異なります。下記の詳細をご確認ください。

◆各日の内容◆

__________________________________
10月29日(火)*テーブル席予約:80名限定
影絵の日

舞台/ 音楽監修:OLAibi、川村亘平斎、曽我大穂
1部:影絵と音楽
2部:音楽+スズキタカユキの即興裁縫とのセッション

__________________________________

10月30日(水)*テーブル席予約:80名限定
CINEMA dub MONKS の日

舞台 / 音楽監修:CINEMA dub MONKS
1部:CINEMA dub MONKS+OLAibi+川村亘平斎
2部:音楽+スズキタカユキの即興裁縫とのセッション

__________________________________

10月31日(木)*テーブル席予約:50名限定
suzuki takayuki の日

演出:スズキタカユキ
1部 :音楽+スズキタカユキの即興裁縫とのセッション
2部:エキシビジョンショー+音楽

__________________________________

企画:山崎真央(CAY / gm projects)、曽我大穂、スズキタカユキ
総合演出:曽我大穂、スズキタカユキ

L_f5xrfxae
Suzuki Takayuki ( スズキタカユキ )

1975年愛知県生まれ。 東京造形大学在学中に友人と開いた展示会をきっかけに映画、ダンス、ミュージシャンなどの衣裳を手掛けるようになる。
2007年より東京コレクションに参加。
2009年には、Milano Unicaでのイベント「オン・ステージ」に世界の新鋭デザイナー10名の中の一人として選ばれ、合同ショーに参加。 2012年には、インドにて開催された「Wills Lifestyle India Fashion Week」で合同ショーに参加している。 様々な企業とのコラボレーションや、アートユニットTENKI、即興プロジェクトの lunometers への参加も行い、また最近では、ウェディングドレスの制作やユニフォームのデザインを手掛けるなど活動の場を広げている。
女性が本質的に持つ美しさを引き出すため" 時間と調和" をコンセプトに 繊細で緊張感のある服を創りつづける。

L_t1j3ly0f_2

CINEMA dub MONKS

1999年沖縄にて曽我大穂(flute,harp,tape,recorder,etc..)とJazzベーシストのガンジー西垣を中心に結成。
“物語のある音楽 ”をテーマに、フルート•ピアニカ•ウッドベースなどの楽器とテープレコーダーの音を絡ませた〈即興演奏〉と〈情景〉を想起させる映像により、〈一本の映画〉のようなライヴ空間をつくりだす。

”ハナレグミ” ”二階堂和美” などの数多くのミュージシャン達のレコーディングや、ライブサポートメンバーとしても活動。
写真家/ダンス/映像など様々なジャンルとの共演も多く、小説家、いしいしんじ氏との即興小説+音楽のコラボレーションも3度に渡る。
これまでに、4度のヨーロッパツアー、ニューヨーク公演、大型野外フェスティバルに参加するなど世界各地の観客を魅了。
3枚のCDアルバムと1枚のアナログ盤をリリース。
UKのレーベルSoftlyよりリリースしたアナログ盤『The Barcelona Project』は、UKのジャズシンガー"ジェイミー・カラム"や、
"DJジャイルス・ピーターソン" からの高い評価(BBCによる "Worldwide Track Of The Year 2004"楽曲ノミネート)を得ている。

4年ぶりとなる 3rd Album『永遠と一日』は、
BOSE (スチャダラパー) / ハナレグミ / KOO (Black Bottom Brass Band) / ワダマコト (CaSSETTE CON-LOS) /芳垣安洋 (ROVO) / 辻コースケ / 上運天淳市 (KINGDOM☆AFROCKS)ら7人のゲストを交え描かれた抒情詩的短編集。

L_umazvlrg_2

OLAibi / オライビ

OOIOOのドラマー、パーカッショニストとして国内外で幅広く活動中。
1995年からセッションバンドAOAで5年以上パフォーマンスし、FujiROCK-festival、レインボー2000等、様々な野外イベントを大いに盛り上げた。これまでに4枚のアルバムをリリースしている(commaレーベル)。
現在は、OOIOO以外にも、ピアニストでMuseum of plateの塚本サイコとのユニットmeleで、NHK教育TV、エキナカecute、浅野忠信主演映画等の制作や、ピアニストで映像作家の高木正勝との制作、UAの作品参加、原田郁子、ハナレグミ、大友良英、竹中直人等との共演等を精力的に行っている。

1st Album「Humming moon drip」では、ハンドドラム(コンガ、ジェンベ、ブカラブ)に重点を置き、全ての太鼓に音程を付けてメロディラインからベースラインまで、全て太鼓のみでの表現に成功。
その上にyoshimiがスパイスを加え、従来の太鼓物の観念をひっくり返すような、”太鼓の歌物”というべきジャンルを確立。ミュージシャンやDJの間でも話題に。2nd Album 「Tingaruda」では、その世界観に一層広がりを持たせ、民族音楽とアバンギャルドの新たな融合を表現した。
そして、約3年ぶりとなる3rd Album(2012年10月リリース)は、今までとは全く異なる録音スタイルで、自身が全てmixまで手がけた初のエレクトロ作品で、ゲストに加瀬亮、高木正勝、ハナレグミ、カヒミカリイ、Oorutaichi、YTAMO、AyA(OOIOO)、ガムラン奏者の川村亘平、濱元智幸、という豪華、異色なラインナップで新しい試みに挑戦した。

L_r1r1yyn3

川村亘平斎

ガムラン奏者/影絵デザイン/イラストレーター

インドネシアの青銅打楽器「ガムラン」を中心とした音楽活動をはじめ、影絵、デザインなど多方面に活躍する芸術家。2012年のインドネシア、マレーシアの二カ国を廻った東南アジアツアーを成功させ、海外からも絶賛されているソロユニット【滞空時間】を中心に、 飴屋法水、OOIOO、OKI、小山田圭吾、永積タカシ、uzhaan他数多くのアーティストとの共演。影絵デザイナーとしても精力的に活動し、個展「密林時間」、シャッター商店街に影絵を映すインスタレーション、影絵人形を実演製作する「似顔絵影絵」他も注目を集めている。日本各地に赴きワークショップや作品制作を通して、そこに住む人達と共にその土地に残っている伝承を使った影絵の物語を作る活動や、夏祭り復興の為、子ども達にガムラン演奏を教えてみんなで演奏する等、現代日本と伝統的な感性をつなぐツールになる新たな「芸能」のカタチを発信し続けている。

渡辺敬之(ワタナベタカシ)

照明ディレクター/プランナー/エンジニア
1981年生まれ。
2009-12年原宿のアートスペースVACANTにて勤務。
2012年フリーランスとして活動開始。
ライブ照明を中心に、ミュージックビデオ、CM撮影の照明なども手掛ける。
また展覧会や展示会、ショーやパーティ会場の照明演出、建築物や店舗照明のディレクションなど、照明にまつわるさまざまなことに携わる。

【外部リンク】
川村亘平斎
スズキタカユキ
OLAibi / オライビ(OOIOO)
CINEMA dub MONKS
CAY(スパイラルB1F)

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/10/27(日)インドネシアの無形文化遺産、影絵の魅力をお伝えします。 影絵芝居「ワヤン・クリ」@ワールド・コラボ・フェスタ2013

会場:愛知県名古屋市東区 オアシス21

下記の公演のお知らせがHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ihttp3a2f2fpdsexblogjp2fpds2f12f20

ワールド・コラボ・フェスタ2013@オアシス21 名古屋市

2013年10月27日16:35より、ワヤン上演とワヤン&お茶ケチャワークショップで20分間出演します。
ワールドステージや、出展ブース、カフェなどもりだくさん。

場所は名古屋市栄駅すぐのオアシス21。
〒461-0005 名古屋市東区東桜一丁目11番1号
TEL:052-962-1011 

16:35~17:00
影絵芝居「ワヤン・クリ」
~無形文化遺産をみんなで奏でよう♪~みんなで合唱するリズムに合わせて人形が動く?!インドネシアの無形文化遺産、影絵の魅力をお伝えします。(公財)愛知県国際交流協会

出演:ハナジョス、アナント・ウィチャクソノ

【外部リンク】
HANA★JOSS
ワールド・コラボ・フェスタ2013
オアシス21

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

13/11/16(土)ジャワガムラン&舞踊講座コンサート

会場:東京都文京区 音工場

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

131116otokoba

*音工場 ジャワガムラン&舞踊講座コンサート

  日時:11月16日(土)18:00開演(17:30開場)
  場所:音工場

  音工場でジャワガムラン、ジャワ舞踊を学ぶ人たちによるコンサート。
  始めて2年目の人から20年以上の人までのガムランLoversが送る
  パフォーマンスをお楽しみください。
  入場無料。出入自由。ジャワティー付き。

【外部リンク】
音工場

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/11/10(日)まろやかな響きと、優雅な舞踊をたっぷりお楽しみください。ジャワのガムランと舞踊のコンサート“スナンースナン”@神楽坂民家カフェ

会場:東京都新宿区 神楽坂 Art Saron 香音里~KO・O・RI~

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

131110_4c_baru
131110_1c_baru

ジャワのガムランと舞踊のコンサート“スナンースナン”

青銅のオーケストラとたとえられるジャワのガムラン。
その中から柔らかい音色の楽器を集めた小編成の
アンサンブルをお届けします。
まろやかな響きと、優雅な舞踊をたっぷりお楽しみください。

日時:
11月10日(日) 18:00開演(17:00時開場)

チャージ  ¥2200 + 1 ドリンク(¥500~) 要予約!
場所:神楽坂 Art Saron 香音里~KO・O・RI~

住  所 〒162-0808 東京都新宿区天神町17
T E L 03-6280-8044

*プログラムは2時間弱の予定です。
*未就学児のご入場はご遠慮下さいますよう、お願い致します。
ご予約・お問い合わせ:カルティカ・クスモ事務局
電話・ファックス:03-5300-5479
Mail:info_kartika@yahoo.co.jp

お名前、お電話番号、人数を
メール、電話、ファックス、いずれかにてお知らせ下さい。
折り返し、ご確認の連絡をさせて頂きます。

*ご予約は11月8日金曜日までにお願い致します。

当日の連絡先:音工場
03-5684-1344

【外部リンク】
カルティカ&クスモ
音工場
神楽坂 Art Saron 香音里~KO・O・RI~

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いよいよ本日放送!スカルサクラメンバーも出演!】13/10/26(土) 【地上派テレビ】バリ島 ジェゴグ@世界ふしぎ発見!

会場:TBS系地上派テレビ

下記の番組の放送がガドガドのホームページに掲載されていました。
(10/26追記 名古屋音楽大学ホームページによると打楽コースの高藤摩紀先生も出演され、名古屋音楽大学に所蔵のジェゴグも登場します。)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_1320476

Ihttp3a2f2fpdsexblogjp2fpds2f12f201

2013年10月26日(土) 夜9時~

世界ふしぎ発見!

バリ島 ジェゴグ
神への祈りと音楽の格闘技

伝統芸能と音楽の島として知られるバリ島で
ミステリーハンターのグローバーが音楽の格闘技に挑む!

ミステリーハンター:グローバー

黒柳 徹子、野々村 真

東儀 秀樹、デーモン閣下、千原ジュニア、キンタロー。

ミステリーハンターのジェゴグ取材記もすでにアップされています。
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/

名古屋音楽大学ホームページより--

番組中、スタジオで収録されたジェゴグは名古屋音楽大学に所蔵されているものです。

名古屋音楽大学では30年以上にわたって、バリ島のジェゴグ演奏に取り組んできました。
名古屋音楽大学の教員・OB・OG・在学生で構成されているガムラングループ「スカルサクラ」(「桜の花」の意)は、スウェントラ先生の指導のもと、本格的なバリ島ジェゴグの演奏をすることができるほぼ唯一の日本人グループです。

番組では、本学打楽コース教員である高藤摩紀専任講師とスカルサクラメンバーも出演します。

ちなみに、解答者には本学の東儀秀樹客員教授も出演する模様です。

なお、ジェゴグの実演を聴く機会として、10月29日〜11月4日まで開催の「めいおん音楽祭」期間中に次の二つの演奏会が行われます。興味のある方はぜひお越し下さい。

1)「打楽器の愉しみ」10月31日(木)18時開演 めいおんホール
2)「スカルサクラ in リトルワールド」11月4日(月・振休)12時〜、13時〜、14時〜、15時〜の各回
野外民族博物館リトルワールド インドネシア バリ島 貴族の家

最もお勧めのジェゴグのCDはこちら。

【外部リンク】
「世界ふしぎ発見!」番組ホームページ
名古屋音楽大学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

13/11/03(日) ジャワ舞踊@多文化共生イベント(京都)

会場:京都府京都市左京区 京都市国際交流会館

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Globalstage

kokokaオープンデイ2013 グローバルステージ

11月3日(日) 10:25~16:00

京都市国際交流会館 グローバルステージ(1Fロビー)
入場無料
ジャワ舞踊の上演は13:30~14:00
出演:岡戸香里、冨岡三智
アクセス
京都市左京区粟田口鳥居町2-1
地下鉄東西線・蹴上駅から徒歩6分
※ 宝ヶ池にある京都国際会館とお間違えのないように!私たちが踊るのは 蹴上にある国際交流会館です。南禅寺の近くです。

【外部リンク】
ジャワ舞踊の会/冨岡三智
kokokaオープンデイ2013 グローバルステージ
京都市国際交流会館

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/11/22(金)古の伝統楽器「ガムラン」との融合を果たしたOOIOOによるニューアルバム「G A M E L」(ガムル)発売!

レーベル:Shock City

下記のCDの発売がOOIOOのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

OOIOO new album「G A M E L」(ガムル)

古の伝統楽器「ガムラン」との融合を果たしたOOIOOによるニューアルバム。
無限の過去=OOと未来=OOの間に立つ私自身=I、による新次元アンサンブルは
さらなる完全共鳴体へ

Tourgamel_l

-Track list-
1. Don Ah(ドンアー)
2. Shizuku Gunung Agung(シズク グヌン アグン)
3. Pebarongan(プバロンガン)
4. Gamel Ninna Yama(ガムル ニンナ ヤマ)
5 .Gamel Uma Umo(ガムル ウマ ウモ)
6. Gamel Kamasu (ガムル カマス)
7. Atatawa(アタタワ)
8. Jesso Testa(ジェッソテスタッ)
9. Gamel Udahah(ガムル ウダハー)
10. Kecupat Aneh(クチュパット アネー)
11.Gamel Ulda (ガムル ウルダ)

OOIOO are
YOSHIMIO
KAYAN
AyA
OLAibi
Hama
Kohey Sai

Recorded by ZAK
Mastered by Kimken

OOIOOの4年ぶりの新譜となる本作は、これまでのOOIOOが培ってきた独自の強烈な「訛り」を100%継承しつつ、新たに古の伝統楽器「ガムラン」を全面にフィーチャーした、これまでとは一線を画す新たな次元の音楽を聴かせてくれます。
ガムランのフィーチャー自体は決して突発的なアイデアではなく、2012年以来多数のライブを通してじっくりと検証・熟成されており、レコーディング前にはすでにOOIOOアンサンブルの中の不可欠な要素として溶け込んでいる状態になっていました。本作のレコーディング自体も、ほぼライブに近い状態で録音されています。
結果は一聴してわかる通り。ガムランの繊細で豊潤な音表現を最大限に抽出するかのように、直情的なビートをあえて抑えたシンプルでミニマリスティックなリズム・アンサンブルが用いられ、いわゆるロック・バンド的なアンサンブルでは決して生み出すことができない複雑なテクスチャーと、豊かな倍音成分がもたらす不思議な浮遊感、そして緻密かつ大胆なハーモニーに満ちた、まったく新しい、けれど優しく懐かしい肌触りを持った音楽を織り上げることに成功しています。
古代遺跡が時に未来の建造物に見えるような自由な時間・空間の感覚的往来。土の匂いと豊かな色彩がもたらす稔りの季節のような多幸感。そんな中、突発的な電子音と歪みが落雷のように突き刺さり、モダニズムの扉を少しだけ開いて、まだ見ぬ未来をちょっぴり垣間見せてくれる。
新しいOOIOOは、そんな快い刺激とイマジネーションに溢れた地球規模の最新型エスノ・ミュージックとして、心地よく空気を振動させてくれます。

OOIOO(オー・オー・アイ・オー・オー)プロフィール:   

00i00

YOSHIMIO (BOREDOMS) を中心に、1995年より活動。
以来、ひとつの種族のごとく土着し、完全に独自の進化を続けてきたOOIOOは、2012年より新たな古の魂=ガムランを呑み込んで、
伝統と未来をワンステップで行き来するスーパー・トライブへと変異。距離も時間も光も影も、空気も色も地球も宇宙も。全部を縦横無尽に織り込んで、強烈な色彩感を伴った音のタペストリーを織り上げる。どこにもない民族OOIOO音楽の嗅いだ事のあるにおいは、聴くひとのイメージの力をもって、耳に映されて流れだす。

【外部リンク】
OOIOO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/10/25(金)~27(日)ジャワガムランアンサンブル「WASABI」@国際ガムランフェスティバル(クアラ・トレンガヌ、マレーシア)

会場:マレーシアの古都クアラ・トレンガヌ

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

The World Gamelan Festival 2013 di Kuala Terengganu, Malaysia
国際ガムランフェスティバル(クアラ・トレンガヌ、マレーシア)

tgl. 25-27 Oct. 2013
Dataran Shahbandar, Terengganu

10月25日〜27日、マレーシアの古都クアラ・トレンガヌで、ガムランフェスティバルが開催されます。マレーシア、インドネシア、イギリス、中国、日本から、様々なスタイルのガムラン・グループが参加する楽しい催しです。日本からは、舞踊、能管、三線(沖縄)、和楽器、ジャワガムランのアンサンブルで「WASABI」が出演します。

舞踊:飯島かほる
能管:栗林祐輔
ガムラン:木村佳代、折田美木、櫻井陽、沢井佳、樋口なみ、村上圭子

【外部リンク】
ランバンサリ
国際ガムランフェスティバル(クアラ・トレンガヌ、マレーシア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

13/10/27(日)滞空時間@廃校アートフェス第10回ひかり祭り 2013年〜新世界〜

会場:神奈川県相模原市緑区 旧牧郷小学校

下記の公演が川村亘平斎さんおよびひかり祭りのホームページに掲載されていました。
(滞空時間の出演は10月27日(日)、ただし時刻は記載されていませんでした。)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Image_02

第10回ひかり祭り 2013年〜新世界〜

2013年10月25日(金)〜10月27日(日)

10月25日(金)18:00~21:00(前夜祭)
10月26日(土)11:00~21:00
10月27日(日)10:00~21:00(終演)

会場 旧牧郷小学校(神奈川県相模原市緑区牧野7029)
※ 校庭、体育館、校舎の一部、里山が開放されます。
※ 最寄り駅:JR中央本線「藤野」駅(八王子からわずか4駅。新宿から最短70分)

入場料金 3500円
(3日間通し料金。何度でも入退場できます。前売り券はありません。カード支払い不可)
こども割引(中学生以下)無料
高校生割引(学生証提示)1000 円
シニア割引(65歳以上)無料
牧郷地区自治会会員 無料
東北+茨城割引 無料

駐車場料金 クルマ:1000 円 バイク: 500 円(※1日分の料金)

滞空時間

-Taikuh Jikang プロフィール-  インドネシアの青銅打楽器「ガムラン」を駆使して飴屋法水、OOIOO 、OKI,小山田圭吾、GOMA,ハナレグミ、u-zhaanなど数多くのアーティストと共演し高い評価を受ける芸術家/川村亘平斎のソロユニット。  伝統打楽器「ガムラン」と、日本、アジア、アフリカの民謡を取り入れた南洋お祭りSOUNDに加えて、ミュージシャン達が影絵になって登場するライブスタイルは、都市と土着が見事に融合した新たなワールドミュージックを切り開いている。  2012年7月のインドネシア/マレーシア2カ国ツアでは、現地アーティストとのコラボレーションや日本の民謡を交えたパフォーマンスがオーディエンスに熱狂的な指示を受ける。 西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!! 

【外部リンク】
滞空時間
ひかり祭り
ひかり祭り Facebook

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真集】ジャワの影絵芝居ワヤン探訪の旅の中で、出会った人々の生活や風景 熊谷 正 /ジャワ夢幻街道 [Kindle版]

購入先:アマゾン

下記の電子書籍が発売されました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ジャワ夢幻街道 [Kindle版]
熊谷 正 (著)

内容紹介
ジャワの影絵芝居ワヤン探訪の旅の中で、出会った人々の生活や風景を交えた写真集。家内安全、祖霊信仰、五穀豊穣を祈願する魔除けのワヤンは、人々の生活の中で根強く上演されている芸能です。

熊谷 正 プロフィール
長野県生まれ
東京綜合写真専門学校卒業
フリーのカメラアシスタントを経て
スタジオベアーズ設立
広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら
民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている
(公社)日本写真家協会会員 日本ワヤン協会会員 ハチク会会員
インドネシア美術研究会会員 フォトボランティアジャパンメンバー
織田ファッション専門学校講師  

【外部リンク】
ジャワ夢幻街道
熊谷 正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

13/10/22(火)必聴必見! パイプオルガン×ホーメイ×ガムランと影絵 空想を具現化した完全自作のパイプオルガンと声、ホーメイを自在に操る藤田陽介× 青銅楽器ガムランと影絵の川村亘平斎 「僕らの影絵と音楽 VOL.3」

会場:東京都港区 音楽実験室「新世界」

下記の公演が川村亘平斎さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1022sai233x233

川村亘平斎×藤田陽介 「僕らの影絵と音楽 VOL.3」

会場:
音楽実験室「新世界」
〒番号106-0031
港区西麻布1-8-4 三保硝子B1
(最寄り駅:日比谷線六本木駅2番出口)
TEL:03-5772-6767
FAX:03-5772-6797

出演
川村亘平斎(ガムラン/影絵)
藤田陽介(自作楽器)

開場:19:00
開演:19:30

チケット代
ご予約:¥2,000+ドリンク代
当日:¥2,500+ドリンク代

インドネシアに伝わる青銅楽器ガムランと影絵を操り、変幻自在なパフォーマンスをする“滞空時間”の川村亘平斎氏が立ち上げた新シリーズ企画「僕らの影絵と音楽」。
初回は秋田ゴールドマン、二回目はオロロトリヒロとの競演を果たし、今回空想を具現化した完全自作のパイプオルガンと声、ホーメイを自在に操る藤田陽介氏が登場する。
西麻布新世界が、世界のどの場所にもない時空空間となる!必聴必見!

川村亘平斎
ガムラン奏者
影絵デザイン
イラストレーター


東京タワーでは影絵はなしですがご参考までに・・・
TAIKUH JIKANG滞空時間 2ND ALBUM 【RAINICHI来日】PV



インドネシアの青銅打楽器「ガムラン」を中心とした音楽活動をはじめ、影絵,デザインなど多方面に活躍する芸術家。
2012年のインドネシア、マレーシアの二カ国を廻った東南アジアツアーを成功させ、海外からも絶賛されているソロユニット【滞空時間】を中心に、飴屋法水、OOIOO、OKI、小山田圭吾、永積タカシ、uzhaan他数多くのアーティストとの共演。
影絵デザイナーとしても精力的に活動し、個展「密林時間」、シャッター商店街に影絵を映すインスタレーション、影絵人形を実演製作する「似顔絵影絵」他も注目を集めている。
日本各地に赴きワークショップや作品制作を通して、そこに住む人達と共にその土地に残っている伝承を使った影絵の物語を作る活動や、夏祭り復興の為、子ども達にガムラン演奏を教えてみんなで演奏する等、現代日本と伝統的な感性をつなぐツールになる新たな「芸能」のカタチを発信し続けている。

藤田陽介
音楽家

広島県尾道市生まれ、香川県出身、神奈川県在住。
鳥を師匠とする。
2009年、空想を具現化した完全自作のパイプオルガンを製作。
自作楽器「11′s Moon Organ」(和名/管鳴-くだなり-)である。
ふいごからパイプまで全てを一人で作り上げたそのオルガンは、構造や演奏方法の全てが空想の世界から生まれたものである。
その為このオルガンは鍵盤すら持たず、さらに奏者自身がふいごを操作し続けながら演奏するという独自のスタイルに至った。
半分自然現象のようなこの楽器の響きは、平均律には当てはまらない微妙なゆらぎを持ち、そのプリミティブな音世界はあらゆる「風景」を想起させる。この世に一台限り実在する空想楽器である。
また同時に声・歌の使い手であり、ホーメイや動物の声帯模写、シャーマンの歌唱法などを取り込み、独自の歌を展開している。
自身の農民生活の中から自然と生まれた楽曲や、ある種の儀式的な楽曲など音楽的内容もさることながら、ふいごを動かし続けながら「歌う」そのパフォーマンス風景が強烈な印象を残し話題を呼んでいる。
近年では、巻上公一(ヒカシュー)やHACO(After Dinner)、田中悠美子、BREATH MARK(二羽高次)、山本精一など第一線の音楽家との共演も多く、又、ダンサーや映像作家との共演、展示活動やライブ企画など、様々な展開をみせている。
過去にアルバム「芸術家にて」(2006)、「石切と4つのコンチェルト」(2008)をFlavour of soundよりリリース。
2011年には自作楽器「11′s Moon Organ」初の収録音源となる「ヒビナリ」を自主レーベルOtototoriよりリリースした。
2007年には絵やコラージュ、写真などの美術作品による個展「森の子供」を金沢と大阪で開催。
2010年には空想楽器「11′s Moon Organ」の製作過程における貴重な内部写真、使用した道具類やパイプの鉄くずなどを一挙に公開した個展「11′s Moon Organ展」が大阪にて開催された。

【外部リンク】
川村亘平斎
藤田陽介
音楽実験室「新世界」

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/11/16(土)「バリ島」と「香り」からイメージされる「祈り 自然 病気 植物 芸能 治癒 」をキーワードに、心地好い日常生活をおくる方法をさぐる。祈りの音 治癒の香り〜バリの芸能とアロマテラピー 第3会

会場:東京都渋谷区 光塾COMMON CONTACT 並木町

下記のイベントのお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

131116_baliinori

祈りの音  治癒の香り〜バリの芸能とアロマテラピー 第3会

2007年に、渋谷東福寺で催行いたしました第2会に引き続きまして、この度
「祈りの音 治癒の香りーバリの芸能とアロマテラピー」第3会を催行いたします。

薬剤師の立場から植物の治癒力に早くから着目し、アロマテラピー、植物療法の普及に取り組んでいる、グリーンフラスコ株式会社代表 林 真一郎と、バリの伝統楽器ガムランの演奏を通じて、バリの文化芸能の研究を続けている、ガムラン演奏家の皆川厚一が対談いたします。

「バリ島」と「香り」からイメージされる「祈り 自然 病気 植物 芸能 治癒 」をキーワードに、心地好い日常生活をおくる方法をさぐってゆきます。 

休憩時間に、林真一郎ブレンドのアロマとハーブティーを、後半は、バリ島の伝統芸能影絵芝居ワヤンの伴奏曲グンデルワヤンの演奏をお楽しみ下さい。(約2時間を予定しています。)

対談|林 真一郎 薬剤師 グリーンフラスコ株式会社代表
     皆川 厚一 ガムラン演奏家 神田外語大学准教授
グンデル演奏 | ラワール★スター ( 濱元智行 × 皆川厚一 )
日時|2013年11月16日(土)15:00 開場:14:30
会費|2,500円
会場|光塾COMMON CONTACT 並木町   
     渋谷区渋谷3−27−15 光和ビルB1F 

お問い合わせ・ご予約|Q企画(キュウキカク)
E-mail :  quai-mo@i.softbank.jp Tel : 080 4110 5680
お名前、ご連絡先〔メールアドレス、お電話番号など〕をお知らせ下さい。

【外部リンク】
皆川 厚一
グリーンフラスコ株式会社
Q企画
光塾COMMON CONTACT 並木町 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

13/11/2(土)バリの影絵芝居ワヤン・クリッ@かんさい・大学ミュージアム連携事業

会場:大阪府豊中市 大阪音楽大学音楽博物館

下記の公演が大阪音楽大学音楽博物館のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Wayangkulit2

第76回ミュージアム・コンサート
  バリの影絵芝居ワヤン・クリッ
     《クンバカルナの戦死》
  ~インドネシア古典文学『ラマヤナ物語』より

 11月2日(土)14:00 お話:梅田英春
  ダラン(人形遣い・語り):梅田英春
  クテンコン(人形遣い補佐):ワヤン・トゥンジュク梅田一座
  演奏:バリガムラン ギータ・クンチャナ / 松井克宏

ワヤンとはインドネシアの伝統人形影絵芝居のこと。ジャワ島の影絵芝居は有名ですが、東隣のバリ島やロンボック島でもジャワ島のワヤンとは人形の形や色などが異なる独特なワヤンが上演されています。現在は、ユネスコにより世界無形文化遺産に登録されている芸能です。ダランとよばれる人形遣いが、たった一人であらゆる登場人物の人形を操るだけでなく、声色を変えたりしながらすべての台詞やト書きを語り、歌もうたいます。ワヤンの伴奏には、ふつうグンデル・ワヤンとよばれる楽器4台が用いられますが、本公演ではこの楽器に加え、リズム楽器などを交えた賑やかな編成で演奏します。このガムラン編成をバテルと呼び、ラマヤナ物語などを上演するときに用いられます。

『武将クンバカルナの戦死』
ランカ国王の魔王ラワナに妻シータを誘拐されたラーマ王子は、猿たちの助けを得て、妻を救うためランカ国に戦いを挑みます。ランカ国の武将は次々と斃れていく中、ラワナはこの戦いに反対する弟のクンバカルナに戦場へ向かうように命令するのです。兄の行為を非難し、今すぐシータを返還するようにせまるクンバカルナでしたが、兄の命令に背くことができず、自らの意志に反して戦場に向かい、最後には憤死するという戦争のむなしさや哀れさをテーマにした悲しい物語です。 

【外部リンク】
梅田英春
バリガムラン ギータ・クンチャナ
大阪音楽大学音楽博物館

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/10/29(火)バリ・ガムラン ワークショップ@かんさい・大学ミュージアム連携事業

会場:大阪府豊中市 大阪音楽大学音楽博物館

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Daigakurenkei2

かんさい・大学ミュージアム連携事業
バリ・ガムラン ワークショップ

日時:2013年10月29日(火) 10:00~16:00
会場:大阪音楽大学 音楽博物館展示室
大阪府豊中市名神口1-4-1 ‎
講師:小林江美(ガムラン奏者)
参加費:無料
定員:20名(要事前申込み)
インドネシア・バリ島の金属製打楽器ガムランの初心者向けワークショップです。大勢で演奏することによりガムラン特有のうなりが生じます。西洋音楽にはない独特の響きを一緒に楽しみましょう。

 ※参加お申込み:かんさい大学ミュージアム連携(大阪音楽大学音楽博物館)
      電話:06-6868-1509       E-mail:  museum1@daion.ac.jp

【外部リンク】
バリガムラン ギータ・クンチャナ
大阪音楽大学音楽博物館

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

13/10/20(日)滞空時間@東京タワー大展望台ライブ!&USTREAM「東京タワーTV」

会場:東京都港区 東京タワーTV

下記の公演のお知らせが滞空時間のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20130930104335

10/20東京タワーで滞空時間

滞空時間の2ndアルバム『RANICHI来日』発売まであと4日!!

明日(10/20)は、いよいよ東京タワー大展望台にて、滞空時間の公開収録&ライブです!

パーソナリティはいつもライブに遊びに来てくれる神田亜紀さん。
滞空時間の活動を長年見てくれているACKYならではの視点で、2ndアルバム『RAINICHI来日』についてメンバーと一緒に語らいます。

そのあとは夜景を見ながら滞空時間のライブ!
観覧フリーなので皆さん是非遊びに来て下さい。

【RAINBOW CARAVAN 公開ラジオ収録&ライブ】

459248_399963333358517_1577594721_o

Tv_131015

■パーソナリティ:神田亜紀

Img_mkandaaki

■日時
2013/10/20(日)
19:00から滞空時間のラジオ収録
19:30から滞空時間LIVE

■場所
東京タワー大展望台1階 club333
東京都港区芝公園4丁目2-8

※観覧フリー/USTREAM配信あり
※大展望台への入場料は820円かかります

東京タワーTVを観るには下記にアクセスしてください
http://www.ustream.tv/channel/tokyotower-tv

クロンチョ:川村亘平斎/ヒメ:久保雅子


東京タワーでは影絵はなしですがご参考までに・・・
TAIKUH JIKANG滞空時間 2ND ALBUM 【RAINICHI来日】PV



【外部リンク】
滞空時間
USTREAM「東京タワーTV」
東京タワー

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

13/11/03(日)「古民家」という和の空間で、インドネシア・バリ島の七種の踊りと音楽の夕べ『秋の七草 vol.3』

会場:愛知県名古屋市緑区 縄文・うさぎ

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2013_1102_akinonanakusa

*名古屋の古民家、縄文・うさぎで三度目のインドネシア・バリ島の七種の踊りと音楽の夕べ*『秋の七草 vol.3』

バリ舞踊界にセンセ-ションを巻き起こしたヒゲの赤ベレ-軍団〝ルバノ隊″がまたまた参上!!

昨年、一昨年と、名古屋の人気ガムラングル-プ、スアラ・スクマの創作バリ芸能舞台「踊る大世界Ⅰ、Ⅱ」で大活躍した彼ら☆

今回は「古民家」という和の空間で東京、名古屋で活躍中の旬のバリ仲間たちと華麗に競演♪

バリ島発~東京経由、名古屋で花開く、楽しく賑やかなステージにご期待下さい!

日時  2013.11/3(日) 17:30 open/18:00start

於   縄文・うさぎ
    名古屋市緑区鳴海町前之輪45
    TEL 090-9661-8292

    JR大高駅より徒歩7分。名鉄鳴海駅より徒歩15分。
    ※会場には駐車場がございません。大高駅付近のコインパ-キングをご利用ください。

チャ-ジ 大人 前売り2,500円/当日3,000円
    高校生以下  前売り1,300円/当日1,500円
        小学生未満  無料

出演  ●バリ・クンチャナ(東京)
     尾崎元子 小原妙子 國崎理嘉 林田圭緯子 東裕子 細金久美

    ●スカル・サリ(名古屋)
     島貫裕美 いそべ晶子 五島章子 中村朋子
    ●友情出演 印貢陽子〈スルヤ・ムトゥ(名古屋)>

演目  ・バリの竹笛スリンの生演奏
    ・スリンとの共演によるプリアタン村の歓迎の踊り
    ・嬉々とした乙女たちの踊り
    ・漁師の踊り
    ・大工の踊り〈創作バリ芸能舞台『踊る大世界Ⅱ(2012)』より〉
    ・ろうけつ染をする姫の踊り
    ・機織り娘の踊り
    ・オランダ兵の踊り

共催  バリ・クンチャナ
    スカル・サリ

協力  スルヤ・ムトゥ

【外部リンク】
バリ・クンチャナ
スカル・サリ
スルヤ・ムトゥ
縄文・うさぎ

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

13/11/02(土)&03(日)インドネシアと青少年の文化交流が行われていた山形県小国町、飯豊連峰に轟く青銅の響き!!バリ島のガムラン音楽と舞踊 山形国民文化祭十周年記念企画・小国町公演

会場:山形県 西置賜郡小国町 

下記の公演が音の森ガムラン・スタジオのFacebookに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1381355_566059253449361_1459135596_

「バリ島のガムラン音楽と舞踊〜Balinese Gamelan Music & Dance〜」
山形国民文化祭十周年記念企画・小国町公演

山形県小国町でのガムラン・コンサートのご案内です。
飯豊連峰に轟く青銅の響き!!ぜひ皆様お越し下さい。

山形県小国町ではかつて、インドネシアとの間に、青少年の文化交流が行われていました。
そしてその際に購入した、バリ島の民族楽器「ガムラン」のフルセットを所有しています。
東京のガムラン・グループ「サリ・メカール」は10年前の山形国民文化祭のステージで小玉川小中学校の児童・生徒と共演して以来、様々なバリ島の芸能を紹介して参りました。
今日、新たな10年への幕開けに、青銅の響きが炸裂します。

11月2日(土)15時〜 旧小玉川小中学校体育館
11月3日(日)14時〜 小国中学校体育館

出演:サリ・メカール(音の森ガムラン・スタジオ)
主催:小玉川地区自然教育圏整備促進協議会・サザンクロス
共催:音の森ガムラン・スタジオ
後援:小国町・小国町教育委員会

お問い合せ:
音の森ガムラン・スタジオ 
E-mail:gamelan@otonomori.jp

民宿奥川入(山形県西置賜郡小国町小玉川576)
Tel.0238-64-2263 
E-mail:okukawairi0626@seagreen.ocn.ne.jp

アクセス:
東京〜(JR山形新幹線)〜米沢〜(JR米坂線)〜小国
東京〜(JR上越新幹線)〜新潟〜(JR羽越線)〜坂町〜(JR米坂線)〜小国

【外部リンク】
音の森ガムラン・スタジオ
音の森ガムラン・スタジオ Facebook
民宿奥川入

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

13/10/20(日)アジアのオーケストラとも呼ばれる美しきガムランの音色に包まれながら、完全オリジナルで魅せる新たなコラボレーションが今宵、花開きます。ガムラン×ワヤン×ヨガ の文化的コラボレーション@長野県

会場:長野県長野市 長野市生涯学習センター

下記の公演がHANA★JOSSさんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Yoga1_2

「ガムラン×ワヤン×ヨガ」の文化的コラボレーション

インドネシアのジャワ島に伝わる伝統芸能、影絵芝居・ワヤン。ワヤンとは影のこと。しかし、それは単に白い幕に投影されるものをさすだけでなく、今を生きる人々の喜怒哀楽を映しだす魂の在り方。
そして、ヨガの基本とも言えるポーズ・ヴィラバドラアーサナ、3つの戦士のポーズ。不平や不満、怒り、怠情…日々襲いくる内に秘めた思いと戦い、見つめることこそ魂の宿る場所。
アジアのオーケストラとも呼ばれる美しきガムランの音色に包まれながら、完全オリジナルで魅せる新たなコラボレーションが今宵、花開きます。
秋の夜長、ガムラン×ワヤン×ヨガのカルテットが織り成す、真の心を感じてみませんか?

【日時】10月20日(日) 19:00〜21:00(受付 18:30〜)

【時間】 長野市生涯学習センター:長野市鶴賀問御所町1271-3 TOiGOWEST4F 大学習室1

【出演】 HANA★JOSS/Ken(ヨガインストラクター)

【演目】
ヴィラバドラアーサナをモチーフにしたワヤン(20分)
ヴィラバドラアーサナの解説(20分)
ガムランの生演奏によるヨガ講習(60分) ※初心者の方も歓迎
瞑想(20分)

【入場料】
ヨガ講習付き/大人(中学生以上)3500円
鑑賞のみ/大人(中学生以上) 1500円、子ども 500円、未就学児無料

【申込・お問い合わせ】
ガムラン&ヨガ実行委員会(B-line新潟松崎店内)
info@blineniigata.net/025-256-7345

 全2時間ほどのコースになります。
 ヨガに参加せず、観覧のみ希望の方もご参加いただけます。
 インドの神話をジャワのワヤンで表現する滅多にない機会です。
  どうぞお越しください。

ワヤン(ワヤン・クリ):ユネスコ世界無形文化遺産】
インドネシアのジャワやバリなどを中心に行なわれる影絵芝居・ワヤンは、水牛の皮の透かし彫りの細工でできた人形を白い幕(クリル)に投影しながら、ガムランの伴奏とともに人形つかい(ダラン)の語りによって演じられます。文学、哲学、音楽、宗教などさまざまな要素を含む総合芸術であり、結婚式、子どもの誕生祝い、独立記念日などの行事や、村のお清めといった儀礼の際に夜9時から翌朝5時頃まで夜を徹して上映されます。その様子はまるで縁日の賑わいのようで、人々の暮らしの中に今もなお息づいています。

【ガムラン】
インドネシア各地で発達している伝統的な打楽器を中心とした楽器群、またその楽器で演奏される音楽をさし、叩くや掴むの意味を持つガムルという言葉が語源となっていると言われています。青銅、竹、銅、鉄などさまざまな素材があり、中部ジャワのガムランは青銅製の打楽器群が多く見受けられます。これらの打楽器に加え、竹製の縦笛・スリンや両面に皮をはった太鼓・クンダン、木琴・ガンバン、弦楽器のルバブやシトゥル、さらには合唱や独唱の歌声も入れば、それはまさにアジアのオーケストラとも呼べる大編成の音楽を奏でるのです。

《HANA★JOSS ハナジョス》
2002年11月、ジャワ島にて結成されたガムラン&ワヤンのユニット。ガムランと影絵芝居・ワヤンの上演、ワークショップ、作曲、CMソング、結婚式での演奏、さまざまなアーティストとのコラボレーションなど、2005年より日本を拠点に活動中。

《ローフィット・イブラヒム Rofit Ibrahim (HANA★JOSS)》
1979年8月22日、インドネシア・ジョグジャカルタ生まれ。幼少期よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏をはじめる。1999年インドネシア芸術高校(SMKI)を卒業後、インドネシア芸術大学(ISI)へ。ISI芸術団のメンバーとしてフィンランドのアジアフェスティバルに参加、大学卒業後はパクアラマン王宮に入団を果たす。2005年より日本に在住し、ワークショップや音楽活動などで活躍。

《佐々木 宏実 Sasaki Hiromi (HANA★JOSS)》
1979年7月17日、大阪府生まれ。2002年からインドネシア政府奨学生として、インドネシア芸術大学に留学。王宮やラジオ局、村での結婚式などに出演し、フェイスティバルにおいて作品を発表。2005年より日本を拠点に、演奏やワークショップなどの活動に従事。

《Ken (マディヤヨガ主宰)》
慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。株式会社電通で広告マンとして活躍後渡米し、アメリカでレストラン事業を手掛ける。帰国後ヨガを極め、全米ヨガアライアンスERYT200認定ヨガ講師、スタジオヨギー公認ヨガ講師、アヌサラヨガTT全課程修了。現在はタントラ哲学に傾倒し、シッダヨガ、ポール・ミュラー・オルテガ氏のブルースロートヨガに入門、ニーラカンタメディテーションを学び、陰ヨガ、骨盤調整ヨガ、マタニティヨガ、リストラティブヨガTT、セラピューティックヨガトレーニング等修了。

【外部リンク】
HANA★JOSS
ガムラン&ヨガ実行委員会
長野市生涯学習センター

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13/10/18(金)アジアのオーケストラとも呼ばれる美しきガムランの音色に包まれながら、完全オリジナルで魅せる新たなコラボレーションが今宵、花開きます。ガムラン×ワヤン×ヨガ の文化的コラボレーション@新潟県

会場:新潟県新潟市中央区 木揚場教会

下記の公演がHANA★JOSSさんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Yoga1

「ガムラン×ワヤン×ヨガ」の文化的コラボレーション

インドネシアのジャワ島に伝わる伝統芸能、影絵芝居・ワヤン。ワヤンとは影のこと。しかし、それは単に白い幕に投影されるものをさすだけでなく、今を生きる人々の喜怒哀楽を映しだす魂の在り方。
そして、ヨガの基本とも言えるポーズ・ヴィラバドラアーサナ、3つの戦士のポーズ。不平や不満、怒り、怠情…日々襲いくる内に秘めた思いと戦い、見つめることこそ魂の宿る場所。
アジアのオーケストラとも呼ばれる美しきガムランの音色に包まれながら、完全オリジナルで魅せる新たなコラボレーションが今宵、花開きます。
秋の夜長、ガムラン×ワヤン×ヨガのカルテットが織り成す、真の心を感じてみませんか?

【日時】 10月18日(金)19:00〜21:00(受付 18:30〜)

【時間】 木揚場教会(新潟県新潟市中央区礎町通上1ノ町1957)

【出演】 HANA★JOSS/Ken(ヨガインストラクター)

【演目】
ヴィラバドラアーサナをモチーフにしたワヤン(20分)
ヴィラバドラアーサナの解説(20分)
ガムランの生演奏によるヨガ講習(60分) ※初心者の方も歓迎
瞑想(20分)

【入場料】
ヨガ講習付き/大人(中学生以上)3500円
鑑賞のみ/大人(中学生以上) 1500円、子ども 500円、未就学児無料

【申込・お問い合わせ】
ガムラン&ヨガ実行委員会(B-line新潟松崎店内)
info@blineniigata.net/025-256-7345

 全2時間ほどのコースになります。
 ヨガに参加せず、観覧のみ希望の方もご参加いただけます。
 インドの神話をジャワのワヤンで表現する滅多にない機会です。
  どうぞお越しください。

ワヤン(ワヤン・クリ):ユネスコ世界無形文化遺産】
インドネシアのジャワやバリなどを中心に行なわれる影絵芝居・ワヤンは、水牛の皮の透かし彫りの細工でできた人形を白い幕(クリル)に投影しながら、ガムランの伴奏とともに人形つかい(ダラン)の語りによって演じられます。文学、哲学、音楽、宗教などさまざまな要素を含む総合芸術であり、結婚式、子どもの誕生祝い、独立記念日などの行事や、村のお清めといった儀礼の際に夜9時から翌朝5時頃まで夜を徹して上映されます。その様子はまるで縁日の賑わいのようで、人々の暮らしの中に今もなお息づいています。

【ガムラン】
インドネシア各地で発達している伝統的な打楽器を中心とした楽器群、またその楽器で演奏される音楽をさし、叩くや掴むの意味を持つガムルという言葉が語源となっていると言われています。青銅、竹、銅、鉄などさまざまな素材があり、中部ジャワのガムランは青銅製の打楽器群が多く見受けられます。これらの打楽器に加え、竹製の縦笛・スリンや両面に皮をはった太鼓・クンダン、木琴・ガンバン、弦楽器のルバブやシトゥル、さらには合唱や独唱の歌声も入れば、それはまさにアジアのオーケストラとも呼べる大編成の音楽を奏でるのです。

《HANA★JOSS ハナジョス》
2002年11月、ジャワ島にて結成されたガムラン&ワヤンのユニット。ガムランと影絵芝居・ワヤンの上演、ワークショップ、作曲、CMソング、結婚式での演奏、さまざまなアーティストとのコラボレーションなど、2005年より日本を拠点に活動中。

《ローフィット・イブラヒム Rofit Ibrahim (HANA★JOSS)》
1979年8月22日、インドネシア・ジョグジャカルタ生まれ。幼少期よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏をはじめる。1999年インドネシア芸術高校(SMKI)を卒業後、インドネシア芸術大学(ISI)へ。ISI芸術団のメンバーとしてフィンランドのアジアフェスティバルに参加、大学卒業後はパクアラマン王宮に入団を果たす。2005年より日本に在住し、ワークショップや音楽活動などで活躍。

《佐々木 宏実 Sasaki Hiromi (HANA★JOSS)》
1979年7月17日、大阪府生まれ。2002年からインドネシア政府奨学生として、インドネシア芸術大学に留学。王宮やラジオ局、村での結婚式などに出演し、フェイスティバルにおいて作品を発表。2005年より日本を拠点に、演奏やワークショップなどの活動に従事。

《Ken (マディヤヨガ主宰)》
慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。株式会社電通で広告マンとして活躍後渡米し、アメリカでレストラン事業を手掛ける。帰国後ヨガを極め、全米ヨガアライアンスERYT200認定ヨガ講師、スタジオヨギー公認ヨガ講師、アヌサラヨガTT全課程修了。現在はタントラ哲学に傾倒し、シッダヨガ、ポール・ミュラー・オルテガ氏のブルースロートヨガに入門、ニーラカンタメディテーションを学び、陰ヨガ、骨盤調整ヨガ、マタニティヨガ、リストラティブヨガTT、セラピューティックヨガトレーニング等修了。

【外部リンク】
HANA★JOSS
ガムラン&ヨガ実行委員会
木揚場教会

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

【いよいよ明日!】13/10/13(日)ジャワではよく行われる野外で影絵芝居や舞踊を楽しむ。そんな時間をお過ごしください… 十六夜コンサート 其の十二 小島夕季ジャワ舞踊の夕べ

会場:東京都台東区 上野公園水上音楽堂

下記の公演が小島夕季さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Izayoi12_flyer_front

Izayoi12_flyer_backl

十六夜コンサート 其の十二
小島夕季~ジャワ舞踊の夕べ

中部ジャワ・ソロ(スラカルタ)市の「マンクヌガラン王宮」に伝わる宮廷舞踊

ジャワではよく野外(あるいは屋根はあっても壁のないセミオープンの空間)で
おとなもこどもも一緒になって影絵芝居や舞踊を楽しみます。
みなさまにもそんな時間を過ごしていただきたくて
今年も『十六夜コンサート』を開きます。
飲んだり、食べたり、おしゃべりしたり・・・
思い思いに楽しんでいただけたら嬉しいです。

2013年10月13日(日)
上野公園水上音楽堂 野外ステージ(屋根あり・雨天決行)
JR上野駅下車徒歩5分 東京メトロ湯島駅徒歩2分

開場16:00 開演16:30

ジャワ古典舞踊
小島夕季、グループ十六夜

ガムラン演奏
ランバンサリ

前売り     一般 3000円
ペア 5700円(2枚1組)
当日     一般 3500円
※ ペアチケットは前売りだけになります。
70歳以上 2000円
※受付で年齢のわかるもの(保険証など)をご提示ください。
小・中学生 1000円
6歳未満 無料
乳幼児のための母子室もご用意しています。ご利用ください。

問合せ・予約

十六夜コンサート事務局
e-mail izayoisono5@hotmail.co.jp
03-6317-8916(ベアータ)

チケット取扱い 東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
窓口購入、あるいは電話予約後セブンイレブンで受取

後援 インドネシア共和国大使館

企画 小島夕季
舞台監督 大串博文
照明 株式会社アステック
チラシデザイン 向井一貞
チラシ写真 宮沢あきら(植物)/古屋均(人物)
制作 木田いずみ

【外部リンク】
ジャワ古典舞踊ワルン・ムラティ
チラシ(PDF)
上野水上音楽堂(上野恩賜公園野外ステージ)

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

いよいよ!今週末から!13/10/12(土)&14(月・祝)&20(日)20世紀初頭、バリ芸術が大きく花開いた黄金時代を築き上げた 先人達の教えを受け、自らも素晴らしい踊り手 伝説のバリ舞踊家初来日公演「~アグン・スシラワティ 珠玉の古典舞踊~」

会場:東京公演:東京都杉並区 勤労福祉会館/仙台公演:宮城県仙台市青葉区 仙台市福祉プラザ/関西公演:後日掲載

下記の公演のお知らせが荒内琴江さんのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Img_1316885_39976138_0

1072206_553340788062426_282024480_o

Img_1333726_40609473_1

【東京公演】
永遠(とわ)に咲く花
~アグン・スシラワティ 珠玉の古典舞踊~
日時:
平成25年2013年10月12日(土)
時間:
開場13:00・開演13:30
場所:
 勤労福祉会館 ホール
 〒167-0034 杉並区桃井4-3-2

入場料:
〔前売り〕一般 3,000円/〔 当日 〕3,500円

こども(中学生まで)1,500円

チケットお申込み先:
アグン・スシラワティ来日東京公演プロジェクト
E-mail  ibususila_tokyo@yahoo.co.jp 
※ お名前、お電話番号、人数をお知らせください。

出演:
〔舞踊〕
I GUSTI AGUNG SUSILAWATI
イ・グスティ・アグン・スシラワティ
阿部妃佐子/荒内琴江/岩佐律子/小原妙子/東裕子/中野愛子/金子ゆかり/小泉ちづこ/小林麻紀/小林里江/佐味千珠子/根津聖羅/萩原香織/深石弘美/細金久美/ 安田 冴 /山下谷桃子/渡邉早織/渡邉千明

〔演奏〕
トゥラン・ブーラン
Terang Bulan 
櫻田素子 秋山ゆかり 若林康明 渡辺泰子 ほか

彡「ワークショップも同時開催予定!詳細後日発表。乞うご期待!」

大きな地図で見る

■【仙台公演】
〈アグン・スシラワティ初来日記念公演〉バリ古典舞踊への誘い
日時:
平成25年10月14日(月・祝)14:00開演
場所:
仙台市福祉プラザ ふれあいホール
〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋2丁目12−2
出演:
〔舞踊〕アグン・スシラワティ、バリ舞踊KUPU KUPU、ほか
〔演奏〕トゥラン・ブーランTerang Bulan 
入場料:
〔前売り〕一般2,000円、
学生1,000円(中学生以下無料)〔当日〕各500円増し
 主催:バリ舞踊KUPU KUPU

大きな地図で見る

■関西公演
「花   愛   舞」
~ 魂の伝承 アグン・スシラワティ 古典舞踊の世界 ~
日時:
平成25年10月20日(日)
場所:
ジーベックホール
〒650-0046
神戸市中央区港島中町7-2-1
TEL:078-303-5600
FAX:078-303-4632
出演
〔舞踊〕アグン・スシラワティ 、生徒有志(堺智濃 杉谷朋美 船津純子 松居知子 三好倫子 他)
〔演奏〕:Bapang Sari

Img_1316885_39976138_1

●プロフィール
I GUSTI AGUNG SUSILAWATI
イ・グスティ・アグン・スシラワティ

1948年10月28日 バドゥン生まれ。
6歳より高名な舞踊家ロットリング氏のもとでバリ舞踊を習い始める。教育学士。
1973年より芸術高校(SMKI)で舞踊科の教師として教鞭をとり、数多くの優秀な舞踊家を育成し、2008年に退職。バリ舞踊の数あるジャンルの中でも特にプレゴンガン(レゴン舞踊)を専門としている。

*主な業績・公演履歴*
1968年 インドネシア独立記念日にバリ州政府による主催されたFestival Merdangga UtsawaのLegong Condongコンクールで優勝。
1996年 インド、テヘランで主催されたアジアラマヤナフェスティバルにインドネシアを代表し、キジャン(鹿)の役の他、チョンドン、ガボールを踊る。
1971年 バリビーチホテルのセールス・プローモション公演旅行に参加。香港でバリ舞踊を公演。
1972年 スバトゥ・ギアニャール舞踊団とカルチャー・フェスティバルに参加、イタリア、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、モナコ、ベルギーで公演。
1973年 アメリカ(ニューヨーク、ワシントン、カリフォルニア、サンフランシスコ、デンバー)、カナダで公演。
1974年 バリビーチホテルのセールス・プローモション公演旅行に参加、オーストラリア(シドニー)で公演。
1981年 芸術高校を代表しカルチャー・フェスティバルに参加、イタリアで公演。
1982年 ハリ・ダルソノ(ファッションデザイナー)が主催したファションショーに参加、ロンドンで公演。
1995年 デンパサール市を代表し、韓国のカルチャー・フェスティバルで公演。
2010年 ムカル・ブアナ・デンパサール舞踊団と中国(アジア競技大会)で公演。
1979年から現在に至るまでバリアートフェスティバルのバリ舞踊顧問として活躍。
1990年から現在に至るまで、日本をはじめオーストラリア、欧米各地の出身の多くの外国人生徒にバリ舞踊を教えている

【外部リンク】
荒内琴江
『花・愛・舞』 アグン・スシラワティ来日関西公演実行委員会ブログ
杉並区勤労福祉会館
仙台市福祉プラザ
ジーベックホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

13/11/17(日)越境するガムラン~ガムラン・ドゥグンによる日米の現代作品上演@洗足音楽大学90周年プレイベント 

会場:神奈川県川崎市高津区 洗足学園音楽大学シルバーマウンテン2F

下記の講座のお知らせがパラグナ・グループのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Silvermountain

洗足音楽大学90周年プレイベント 
シルバーマウンテン・オープニング・コンサート
「越境するガムラン~日米の現代作品による」

ガムランはインドネシアの伝統音楽ですが、古くから欧米の作曲家にもいろいろな影響を与えてきました日本など国外の演奏グループも多く、もはや民族の枠を越えた音楽言語のひとつとなっています。

今回はスンダ(西ジャワ)のガムラン・ドゥグンの演奏で、アメリカと日本の作曲家による作品をご紹介します。

日時:11月17日(日)14:00開演(13:30開場)

会場:洗足学園音楽大学シルバーマウンテン2F
   神奈川県川崎市高津区久本2−3−1 ‎
   TEL*044-856-2727
   JR南武線「武蔵溝ノ口」駅、
   東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅 南口下車徒歩8分

企画・解説:森重行敏

演奏:パラグナ・グループ(ガムラン・ドゥグン)
    古川原裕仁(ヴィオラ )
    栗原裕樹(ホルン)

トーク・ゲスト:藤枝守(作曲家・九州大学教授)

プログラム:ガムラン・ドゥグン伝統曲
       藤枝守「植物文様シリーズ」より「オリーブの枝が話す」
       藤枝守「歌づけ般若心経」伊藤比呂美新訳
       ルー・ハリソン「ソリストを伴うガムランのための三つの小品」

入場料:2,000円
全席自由

ご予約・お問い合わせ:パラグナ・グループ事務局
Tel&Fax 03-3767-7146/info@paraguna.com

洗足学園音楽大学演奏部 Tel 044-856-2981

【外部リンク】
パラグナ・グループ(ガムラン・ドゥグン)
洗足学園音楽大学シルバーマウンテン

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

13/10~12月 【講座】ジャワの豊穣の舞ガンビョン/ジャワ舞踊の会 冨岡三智さんによるジャワ舞踊講座(全4回予定)

会場:大阪府茨木市 天王公民館

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Gambyong1

ジャワ舞踊講座★ジャワの豊穣の舞ガンビョン

以下の通り、 ジャワ舞踊講習(全4回の予定)がビンタンララスの主催で開催されます。

10月 ~ 12月   【 ジャワ舞踊講習(全4回の予定) 】

ビンタンララス主催  ジャワ舞踊講習 を行ないます。

ジャワの民衆の舞踊、ガンビョンを題材に太鼓のリズムと舞踊の関係、
またジャワ舞踊的な体の動きを学びます。

 ◆ ジャワ舞踊講座★ジャワの豊穣の舞ガンビョン

 ◆ ところ:天王公民館 大会議室 大阪府茨木市天王2丁目13-71

 ◆ 講師;冨岡三智

 ◆ 受講費:¥5000(全4回分会場費込み)   

講座日程

 ★10月14日 ジャワ舞踊① 120分
  14:00準備 14:30スタート 17:00完全撤収 ?
  ガンビョンの基本的な構造説明や、カイン(衣装)着用法(練習の時の
  簡易な巻き方と踊りの時=正装時のやり方)
  講座内容 irama I, (歩く、ケバル1種類)~irama II~ irama III のbatangan
  irama:イロモ、1,2,3とあり、1と2の間にはケバルというものもあります。

 ★11月4日 ジャワ舞踊② 90分  
  14:30準備 15:00スタート 17:00完全撤収
  講座内容 irama III 2gongan目途中
  gongan:ゴングの周期のこと。 この日はイロモ3の2週目途中までを学びます。

 ★11月17日 ジャワ舞踊③ 90分
  14:30準備 15:00スタート 17:00完全撤収
  講座内容 irama III 全部

 ★12月8日 ジャワ舞踊④(最終)  
  14:30準備 15:00スタート 17:00完全撤収
  講座内容 最後のkebar(できれば)、
  最初のkebarのバリエーション(できれば)、
  全体通して

  ※各回とも最初から通して踊る練習もします。

講師;冨岡三智

【ガンビョンについて】
ガンビョンに関して、冨岡三智さんが以下の記事をサイト「水牛」に寄稿して書いています。

水牛2003年1月号「ジャワ・スラカルタの伝統舞踊(2)民間舞踊」
水牛2010年1月号「酔っぱらいのトラ」

【外部リンク】
冨岡三智
ビンタンララス
天王公民館

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »