« 13/04/29(月)ガムラン演奏@長唄 | トップページ | 13/05/21(火)竹ガムラン&バリダンスの夜『小泉ちづこ&櫻田素子~青空の向こう』 »

2013年4月24日 (水)

【詳細更新】13/06/16(日)クルタクルティ「ワヤン」vol.5 アルジュノの修行のゆくえ

会場:東京都杉並区 アトリエ・カノン

下記の公演のお知らせがクルタ・クルティのホームぺージに掲載されてをいました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kluthak_l_1164_20130616omote

クルタクルティ「ワヤン」vol.5 アルジュノの修行のゆくえ

日時:6月16日(日)
演目:アルジュノの修行のゆくえ
会場:アトリエ・カノン
東京都杉並区西荻北4丁目15−13

JR西荻窪駅北口より徒歩約10分。閑静な住宅街の中にあるアトリエ・カノンは杉並区のシンボルになっている樹齢200年以上のけやき「トトロの樹」の目の前にある小さな会場です。

アトリエ・カノン(B1)の上、1Fはカフェ・カノン。飲食物の持ち込みはご遠慮お願いいただきますが、ワヤン上演中、この1Fカフェからのデリバリーができます。 


開演 午後2:30(開場 午後2時 上演予定時間3時間程度)

入場料 予約前売2000円 当日2500円 小学生1000円 未就学児無料
 ※会場が小さいため予約をおすすめします(5月1日より受付開始)。

演目 アルジュノの修行のゆくえ(マハーバーラタより)

 「アルジュノの修行のゆくえ」は、ジャワのワヤンでいうところの「Arjuna Sendang」と「Arjuna Wiwaha」をまとめたようなストーリーです。パンダワ5人兄弟の三男でワヤン界きっての色男アルジュノを中心に、アルジュノが修行をするに至るいきさつや修行の様子、修行の末に神々から武器を授かり、ビダダリとともにラクササ王ニウォトカウォチョを征伐するエピソードなどを盛り込みました。

クルタクルティのワヤン☆

 ワヤンの演目はインドの叙事詩マハーバーラタ由来のものが多いのですが、ジャワのダランたちの想像力とアイデアが結集されたこれらの演目は、本家本元を凌ぐほど興味深いものになっています。世界観、宗教観の異なりは驚きを生みます。私たちクルタクルティははじめてワヤンを見たときの驚きを忘れずに、変わらないもの、変えられないものを大切にしながら、ジャワのワヤンをもとに日本人に共感できる物語に仕上げています。

 また、インドネシアのワヤン会場の居心地のよさ、出演者と観客の境界線があいまいな空間、ライブ感あふれる上演を心がけています。上演中、お隣の方と多少のおしゃべりも出演者への(あたたかい)かけ声も大歓迎。かけ声次第では物語から脱線することも多々あります。眠気を誘うガムランの音に身を任せて昼寝なんてのもオツですね(枕持ち込み可)。小腹が空いたらカフェからデリバリーをどうぞ!(カフェのメニューは“煎れたてのコーヒー”“天然素材を使って丁寧に焼きあげた日替わりの手作りケーキ”“ナチュラルハーブティー”“ハイネケン”“当日限定の軽食”など魅力的) 

Kluthak_l_1164_20130616naka

【外部リンク】
クルタ・クルティ
アトリエ・カノン

大きな地図で見る

|

« 13/04/29(月)ガムラン演奏@長唄 | トップページ | 13/05/21(火)竹ガムラン&バリダンスの夜『小泉ちづこ&櫻田素子~青空の向こう』 »

ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【詳細更新】13/06/16(日)クルタクルティ「ワヤン」vol.5 アルジュノの修行のゆくえ:

« 13/04/29(月)ガムラン演奏@長唄 | トップページ | 13/05/21(火)竹ガムラン&バリダンスの夜『小泉ちづこ&櫻田素子~青空の向こう』 »