« 12/06/09(日) ガムラングループ・ランバンサリ自主公演「青銅音曲XV」ワヤン・デウォブロトシリーズ第3弾上演 | トップページ | 2013年1月~3月 INJカルチャーセンター櫻田素子バリガムラン講座募集 »

2012年12月11日 (火)

12/12/23(日)~みんなでいっしょにえんそうしてみよう~音の森こどものガムラン講座

会場:東京都大田区 音の森ガムラン・スタジオ

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1212232

音の森ガムラン・スタジオ
「こどものガムラン講座」

インドネシア・バリ島の音楽「ガムラン」を、たたいてみよう!
「てっきん」のようながっき、おなべのふたのようながっき、
たいこ、どら、シンバルなど、「ガムラン」には、いろいろな楽器があ
ります。
みんなでいっしょにたたくと、きらびやかな音がします。
バリ島のせんせい「プトゥ」さんにガムランをおしえてもらいましょう。
バリ島のおどりにも、ちょうせんしてみます。

Mari kita main gamelan!(マリ キタ マイン ガムラン!)
~みんなでいっしょにえんそうしてみよう~

こどものガムラン講座
期日:2012年12月23日(日)11時30
分~13時00分
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(プトゥさん)
   *踊り講師 安田冴(さえさん)
場所:音の森ガムラン・スタジオ
対象:小学1年生~中学3年生
参加費:2.000円

申込み方法:お名前・年齢・学年・ご住所・お電話番号・通学先をご記
入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。
会場・お申込み・お問い合せ先:音の森ガムラン・スタジオ(祝休)
〒143-0016 大田区大森北 6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451
E-mail:gamelan@otonomori.jp

Dsc_0616

交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩 2分。

Dsc_0697

講師プロフィール:
イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
バリ島バドゥン県出身。
STSIデンパサール(インドネシア芸術大学デンパサール校)音楽科卒
(2002年)。
1997年, 2000年:舞踊科学生の卒業制作のための曲を依頼され"Loro Jonggrang"(1997)"Lancingan Agung"(2000)を作曲
2001年:Jakartaで開催されたInternational Art Summit  3rdに参加
2001年:自らの卒業制作"Sekarat"作曲(Death Ethnic)
2003年:10月来日。日本のガムラングループ"Terang Bulan"、"Sari Mekar"、"Candra Gita"、"Sekar  Jepun"、"Yokohama Gambelan"、"Suka Cita"等と一緒に演奏活動をしている。
2005年より音工場HANEDA、2008年より音工場Omoriでゴンクビャール、スマルプグリガン、アンクルン等のガムランを教える。現在、音の森ガムラン・スタジオ講師。
2008年より青山こどもの城にて子供達のためのガムランのワークショッ プを担当。

安田冴プロフィール
2010年度より2年間、インドネシア政府奨学金留学生(ダルマシスワ)として、
インドネシア芸術大学・デンパサール校舞踊科に留学。
主に、イ・グスティ・アグン・マス・スシラワティ女史にバリ舞踊の基本となるレゴンなどの女性舞踊を、イ・マデ・ステジャ氏にバリスやジャウクなどの男性舞踊を師事し、日々鍛錬を重ねる。

音の森ガムラン・スタジオ
http://otonomori.jp/

http://www.facebook.com/otonomori

大きな地図で見る

|

« 12/06/09(日) ガムラングループ・ランバンサリ自主公演「青銅音曲XV」ワヤン・デウォブロトシリーズ第3弾上演 | トップページ | 2013年1月~3月 INJカルチャーセンター櫻田素子バリガムラン講座募集 »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/12/23(日)~みんなでいっしょにえんそうしてみよう~音の森こどものガムラン講座:

« 12/06/09(日) ガムラングループ・ランバンサリ自主公演「青銅音曲XV」ワヤン・デウォブロトシリーズ第3弾上演 | トップページ | 2013年1月~3月 INJカルチャーセンター櫻田素子バリガムラン講座募集 »