« 12/09/8(土)日本ワヤン協会【マハーバーラタ】8時間徹夜公演@渋谷ラ・ママ | トップページ | 12/08/26(日) 『平和のめぐみ風展』@越谷 ギャラリー恵風 »

2012年8月23日 (木)

12/09/21(金)~23(日)&25(火) リアント参加、インドネシア×日本 国際共同制作公演『To Belong-dialogue-』

会場:東京都世田谷区 シアタートラム/兵庫県神戸市 At Theater dB Kobe

下記の公演のおしらせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

83g83898380a482bd82c4_955c_1000_90d  

-------------------------------------
    『To Belong-dialogue-』
インドネシア×日本 国際共同制作公演
   北村明子振付 新作 ダンス作品
 -------------------------------------

<To Belong>は2010年4月よりソロ活動を始めた北村明子が約3年ぶりに
取り組んでいる新プロジェクトで、複数年かけて、日本国内、インドネシア、
他各地で上演しながら作品を育てていくアジア国際共同制作企画です。
2012年4月ジャカルタでの3週間のレジデンス期間、インドネシアの風土、文化、
コミュニケーションを肌で感じた経験を通しての改定最新版となっています。
ジャワのゆったりとした高貴な風と東京のスピーディーでソリッドな動きが
絡みあった、新たな北村ワールドを、東京・神戸にて、展開していきます。

【参加アーティスト】
ドラマトゥルグ/石川慶
音楽・音楽監修/森永泰弘
映像監督・映像制作・チラシデザイン/兼古 昭彦
ダンサー/Martinus Miroto・今津 雅晴・Rianto・三東 瑠璃・西山 友貴・北村 明子

8fo89898ed2photo838a83a839383g01 リアント/Rianto

振付家・ダンサー
インドネシア共和国バニュマス出身。2004年、インドネシア国立芸術大学(ISI)スラカルタ校舞踊科卒業。インドネシア芸術高校(SMKI)在学中、バニュマス地方の伝統舞踊「レンゲル」を習得。その後ジャワ古典舞踊の荒型・優型をダルヨノ(Daryono)氏の下で学ぶ一方、マンクヌガラン王宮で宮廷舞踊の研鑽を積む。

2005年より韓国の振付家シン・へ・ハ(Sen Hea Ha)の作品に参加、ソウル、シンガポール、ベルギー、オランダ、オーストリアで公演を行う。2007年以降自身での創作を開始し、「Pintu Amaterasu」、「Healing」、「Hallucination」、「Shadowing body」を、インドネシア各地、シンガポール、台湾、マレーシア、インド(チェンナイ)で発表する。2009年1月在ワシントンインドネシア大使館より招聘され、オバマ新大統領就任式の一環であるレセプションにて舞踊を披露する。日本においては、2006年デワンダルダンスカンパニーを立ち上げ、後進の指導にあたると共に、ガムラングループ・ランバンサリ、パパ・タラフマラ、Taikuujikanとの共演も多数。2010年、デヴィスカルノ古希祝賀パーティーにて舞踊を披露。同年9月日本の郷土芸能八丈太鼓を母国に紹介し現地の高校生、芸術家とコラボレーションを行うなど、日イ文化交流にも努めている。

優雅なジャワ古典舞踊、「レンゲル」という艶やかな女形舞踊、さらにダイナミックなコンテンポラリーダンスまで、そのしなやかで力強い肉体を駆使した独自の表現方法を模索しながら活動の幅を広げている。

デワンダルWEBサイト
http://blogs.yahoo.co.jp/dewandaru2006

リアントブログ
http://rianto-dancer.jugem.jp/

Slametgundono01_3 スラマット・グンドノ SLAMET GUNDONO Indonesia
音楽家、ワヤン・クリパフォーマー、役者

スラマット・グンドノ SLAMET GUNDONO1966年生まれ。ジャカルタの芸術学校 IKJ Jakartaにて演劇を学び、正式な人形劇の基礎知識をインドネシア芸術大学(ISI Solo)にて学ぶ。スラマット・グンドノは影絵師キ・ナルト・サブド(Ki Narto Sabdo)の手法に強く影響を受けている。スラマット・グンドノはクリエーター、作曲家、俳優、作家と、ミュージシャン、そして影絵師であり、マルチタレント性のある芸術家として各方面にて活躍。ジャワ、インドネシアの伝統文化を探求し、それらを非常に革新的に描く才気あふれている影絵師である。

彼の作品は既成の形式、標準的ルールを破り、芸術形式の限界や価値観に制限されることはない。彼は、草、粘土、野菜、水、コンドームなどを伴うあやつり人形術の新たな形式を発展させた。ユーモアと風刺によって、パフォーマンスのドラマツルギーに事実とフィクションが混同していくことで、より現代的な様相を強調していく。グンドノが見せるストーリーは地域的な表現と簡潔な伝達方法により、伝統的、文化的なフォームが、彼の作品における現代的表現のための強力な乗り物となる得ることを示し、より広い聴衆を対象に、対話的なコミュニケーションを築き上げようとする。

2005年The Prince Clause Award受賞。”Rockligius”,”Tuhan Maha Dalang"など、ジャワのガンブス 、海岸地域のブルース、神秘的な音楽アルバムをリリースしている。

◆日本初演◆          

シアタートラム
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4丁目1番地1号 キャロットタワー内

【公演日時】     9月21日(金) 19時30分開演
                      9月22日(土)  16時開演
           9月23日(日)  16時開演

【チケット】      一般/3,500円 当日/3,800円 U24(学生含め)/3,000円
            ※全席自由

【チケットの取り扱い】世田谷パブリックシアターチケットセンター
           TEL: 03-5432-1515
            劇場オンラインチケット(要事前登録)

At Theater dB Kobe
〒653-0041 兵庫県神戸市長田区久保町6丁目1番 アスタくにづか4番館4階
TEL: 078-646-7044 / FAX: 078-646-7045

【公演日時】      9月25日(火)20時開演(19時40分会場)
                      受付開始19時15分

【チケット】       一般/2,500円 当日/2,800円 学生/2,000円
             60歳以上/2,000円 障碍者、介護者/2,000円
             ※全席自由

【チケットの取り扱い】NPO法人 DANCE BOX 078-646-7044

【問い合わせ】Office A/LB
       Mail:press@akikokitamura.com
              TEL:090-8855-6829(小山)

詳細は以下のサイトをご覧ください。

To Belong 特設サイト
http://www.akikokitamura.com/tobelong/

To Belong ブログ
http://tobelong.seesaa.net/

(2012年4月に行ったインドネシア公演の一部を、動画で公開中です)


シアタートラム
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2012/09/to_belong_dialogue.html

大きな地図で見る

At Theater dB Kobe
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1209_kitamura/index.html
 

大きな地図で見る

|

« 12/09/8(土)日本ワヤン協会【マハーバーラタ】8時間徹夜公演@渋谷ラ・ママ | トップページ | 12/08/26(日) 『平和のめぐみ風展』@越谷 ギャラリー恵風 »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/09/21(金)~23(日)&25(火) リアント参加、インドネシア×日本 国際共同制作公演『To Belong-dialogue-』:

« 12/09/8(土)日本ワヤン協会【マハーバーラタ】8時間徹夜公演@渋谷ラ・ママ | トップページ | 12/08/26(日) 『平和のめぐみ風展』@越谷 ギャラリー恵風 »