« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月20日 (火)

12/01/21(土)~29(日) ~インド×韓国×カンボジア×日本~アジアの人形芝居 4カ国交流ワークショップ&レクチャーデモンストレーション

会場:神奈川県川崎市 人形劇団ひとみ座スタジオ

下記のワークショップ&レクチャーデモンストレーションがあります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アジアの人形芝居 4カ国交流ワークショップ&レクチャーデモンストレーション
~インド×韓国×カンボジア×日本~

 昨年度に引き続き好評の第3弾!今年もパワーアップして行います!
アジアは伝統から現代まで、魅力的な人形劇の宝庫。
その演技者たちがお互いの芸能を学び、創造する、刺激的なワークショップ&各国の人形劇を比較して見せる、考える、レクチャーデモンストレーション

Ws01

カンボジア 

Ws02      
韓国

Ws03              
インド

●レクチャーデモンストレーション●

4カ国の人形劇が一挙に見られるめったにない機会です!

日時:2012年1月29日(日) 13時半~16時(予定)
対象:どなたでも可
料金:一般3,000円/学生2,500円

●交流ワークショップ●

相互交流ワークショップでは各国の芸能を学び、協同ワークショップでは一緒に考え、表現し、創るワークショップです。

日程:2012年1月21日~28日(各詳細は“WSスケジュール”)
時間:13:30~17:30
対象:

 <参加>舞台表現経験者
 <見学>どなたでも可

参加費:
 <相互交流ワークショップ>
  1回 3,000円/4回通し10,000円
 <協同ワークショップ>
  2回 5,000円

見学料:1回 1,000円

※協同ワークショップへの参加は事前の相互交流ワークショップに2回以上参加された方に限ります。
人形劇に関わらず、日ごろ様々な表現活動をされている方、大歓迎です!
前回は、パントマイマー、ダンサーなど、様々な方が参加されました。
各国の表現者と交流し、学ぶことで、きっと新しい発見が待っています!

“WSスケジュール”
  (13時半~17時半)

<相互交流ワークショップ>
 21日(土):インドの伝統糸あやつり
   講師・ヤクシャガーナ人形劇場(バスカール・カマト 他)
 22日(日):日本の現代人形劇
   講師・人形劇団ひとみ座(中村孝男 他)
 23日(月):韓国の現代人形劇(伝統舞踊から人形劇へ)
   講師・劇団サンサファ(コ・キュム 他)
 24日(火):カンボジアの大型影絵芝居
   講師・ティー・チアン一座(チアン・ソパーン 他)

<協同ワークショップ>
 27日(金)・28日(土):4カ国コラボレーション

【お問い合わせ・お申し込み】
 (公財)現代人形劇センター
 TEL 044-777-2228  FAX 044-777-3570

主催:(公財)現代人形劇センター
後援:日本ウニマ(国際人形劇連盟日本センター)・
   (公財)ユネスコ・アジア文化センター・国際機関 日本アセアンセンター

助成:日本万国博覧会記念基金・神奈川県
協賛:富士ゼロックス(株)・富士ゼロックス端数倶楽部
協力:アビナヤ・ラボ/スバエクの会/日本人形劇人協会/日本ワヤン協会/バリ芸能研究会

写真:撮影 古屋均(インド、カンボジア) 提供 劇団サンサファ(韓国)
招聘劇団紹介

インド◇伝統糸あやつり「ヤクシャガーナ・コンベヤータ」
シュリ・ガネーシャ・ヤクシャガーナ人形劇場
南インド西部のカルナータカ州に伝わる、舞踊劇から生まれた糸あやつり人形芝居です。300年以上前から演じられ、大衆的な人気を誇ってきました。激しいパーカッションと情熱的な歌声にあわせて演じられる、軽快で、ユーモラスな人形劇です。

韓国◇パペットアーツ
人形劇団相思花(サンサファ)
1997年に旗揚げした劇団で、人形劇、舞踊、伝統演技、マイム的な要素を融和した自由で豊かな表現方法により、オリジナリティーの高い作品を上演し続けています。また、2004年度より、マイム集団マネットと共に、水準の高い公演芸術創作、文化芸術教育にも力を注いでいます。

カンボジア◇伝統影絵芝居スバエク・トム
ティー・チアン一座
祭礼や仏事の儀礼として演じられてきた、壮麗な影絵芝居です。厳しい内戦の時代を耐えてみごとに復興をとげました。繊細で美しい彫刻の大型影絵人形、そしてスクリーンの表と裏で、遣い手の身体を駆使したダイナミックな表現が特色です。(2005年ユネスコの無形遺産「傑作の宣言」を受ける)

(公財)現代人形劇センター
http://www.puppet.or.jp/

神奈川県川崎市 人形劇団ひとみ座スタジオ
http://hitomiza.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

松本亮先生による本邦初のジャワ舞踊バリ舞踊本格研究書!ジャワ舞踊バリ舞踊の花をたずねて  ―その文学・ものがたり背景をさぐる

出版社:めこん

下記の書籍が発売されます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ジャワ舞踊バリ舞踊の花をたずねて  ―その文学・ものがたり背景をさぐる

 0251_2 松本亮

 定価3000円+税
 A5判並製・232ページ・オールカラー
 ISBN978-4-8396-0251-2 C2077
 デザイン:戸田ツトム

Javadancesample

見開きページ(部分)

インドネシアを旅するとジャワ舞踊やバリ舞踊を見る機会がよくあります。華麗にして深遠、凄絶にして端正なその魅力に惹かれる人は多いでしょう。しかし、舞いの意味するところや由来について知ろうとするとまったく手がかりがなく、途方に暮れてしまいます。
 本書は「ワヤンの」松本亮さんが40年にわたってジャワとバリの各地で鑑賞した舞踊を総括的に紹介するとともに、その物語と背景について詳しく解説したものです。140点のカラー写真は著者の舞踊研究の集大成とも言えるもので、戸田ツトムさんのすばらしいレイアウトと相まって、まさに夢幻の世界にいざなってくれます。

【目次】

はじめに キドゥンと御詠歌

一 憑依舞踊の周辺

  サンヒヤン・デダリ(バリ)…………………瞼の奥にひろがる宇宙
  ルジャン(バリ)………………………………内なる心への祈り
  ジャティラン(中部ジャワ)…………………竹編み馬の大道芸
  ワリライスとシントレン(チルボン地方)…憑依とマジックに擬装されて
  アング・プトリ(ジョクジャ南方)…………木偶人形ぶり少女たちの隊形舞踊
  ベロカン(チルボン地方)……………………天に願意をとどける獅子舞
  【憑依と化け物について】

二 インド、そしてジャワからバリへ吹く風にのって

  マハーバーラタとラーマーヤナ
  付記=ワヤン・クリ(ジャワ)=人生のありようを語る瞠目すべき文学・処世観の世界
  付記=ワヤン・クリ(バリ)=魔除けへの祈り
  付記=ワヤン・クリから派生したワヤン(ジャワ・バリ)=ワヤン・ゴレ、ワヤン・オラン、ワヤン・ウォンなど

  バロン・ダンス(バリ)…………スドモロ物語(ジャワ)を根として
  ケチャ(バリ)……………………一九三〇年代に構成された観光舞踊の粋
  ラマヤナ・バレエ(ジョクジャ)…一九六一年創作の野外大劇場用舞踊
  アルジュノの饗宴(ジャワ)………マハーバーラタによる宮廷舞踊

三 中・近世ジャワ文学の舞踊化

  中・近世ジャワ文学のあらまし
  ◎パンジ物語=パンジ王子の貴種流離伝説
  付記=ワヤン(ジャワ・バリ)=ワヤン・ベベル、ワヤン・トペン、ワヤン・ゴレ・チュパなどの演目として
  トペン(チルボン地方)…………仮面舞踊の花
  クロノ・トペンほか(ジャワ)…宮廷の仮面舞踊
  ガムブ(バリ)……………………ジャワ舞踊からバリの歌舞劇へ
  付記=バリ版パンジ物語『マラト』抄
  レゴン・クラトン(バリ)………バリ舞踊の花

  ◎ダマルウラン物語 月光の貴公子ダマルウランの英雄伝説
  ラングンドリヤン(中部ジャワ、ソロ)…女性による宮廷歌舞劇ほか

  ◎メナク物語 ペルシアに由来するイスラム教布教の書
  スリムピ(中部ジャワ)…ジャワ宮廷舞踊の基本

  ◎ババド 王朝年代記
  トペン・パジェガン(バリ)……バリ王朝の伝記を語る仮面舞踊
  チャロナラン(ジャワ・バリ)…ジャワ民話からバリの魔除けの芸能へ
  付記=ジャワ版「チャロナラン」物語
  ブドヨ(中部ジャワ)……………ジャワ宮廷舞踊の精華

  おわりに

  地図

  参考文献

  索引

【著者はこんな人】
松本亮(まつもと・りょう)

和歌山県に生まれる。幼少年時代を通じ、熊野・那智勝浦町の海と山のはざまで遊び夢みる。
1948年、大阪外国語大学フランス語学科卒。
1951年、詩人金子光晴を訪ね、同氏没年(75年)まで親交をつづける。
1953年、バレエ「白狐」(台本、演出)を松山バレエ団により上演。1970年「高野聖」なども。
1968年、はじめてインドネシアを旅し、ワヤン上演を見る。
主な著書=『運河の部分』『ポケットの中の孤独』『人間、吹かれゆくもの』〈以上詩集〉。
  『アンコール文明』『ジャワ影絵芝居考』『マハーバーラタの蔭に』『ワヤン人形図鑑』
  『ジャワ夢幻日記』『悲しい魔女』『ラーマーヤナの夕映え』『ワヤンを楽しむ』『新雑事秘辛(金子光晴との対話集)』ほか。
編訳=『ワヤン・ジャワ、語り集成(マハーバーラタ編)』(語り=キ・ナルトサブド)ほか。
1998年、インドネシア共和国大統領より文化功労勲章を受ける。
2005~11年、7年連続で、ジョクジャの諸会場(ヨグヤカルタ特別州政府招聘)、ソロのマンクヌゴロ王宮での、創作ワヤン(「まぼろしの城をめざす」「水のおんな」「天人の羽衣」「海が見たい」「野獣、恋のバラード」など)の上演。継続中。

出版社めこん
http://www.mekong-publishing.com/

日本ワヤン協会
http://homepage.mac.com/bima/Sites/banuwati/content.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

12/01/20(金) 日本初?木偶人形芝居ワヤン・ゴレ講座! アジア文化講座『ワヤンの魅力を知ろう』シリーズ 第2回「クブメンのワヤン・ゴレ」

会場:東京都港区 ランバンサリ・スタジオ

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

76

アジア文化講座『ワヤンの魅力を知ろう』シリーズ
第2回「クブメンのワヤン・ゴレ」

ユネスコの世界無形文化遺産に登録された
インドネシアを代表する伝統芸能「ワヤン(人形芝居)」。
インドネシア国内はもとより、世界中の人々を虜にしてやまないワヤンの魅力とは・・・
ジャワでの留学経験をもつ折田美木と一緒に、
さまざまな角度から「ワヤンの魅力」を紐解いていきます。
インドネシアで最も上演されている「ワヤン・クリ」(影絵人形芝居)だけでなく、
「ワヤン・ゴレ」(木偶人形芝居)など、多彩で地方色豊かなワヤンの数々を取り上げる予定です。

今回のテーマは「クブメンのワヤン・ゴレ」。
中部ジャワのクブメンで撮影されたワヤン・ゴレの映像をご覧いただきながら、
現地の上演の様子をお伝えします。

日時:2012年1月20日(金)19:30〜21:30

会場:ランバンサリ・スタジオ Tel 03-3519-6637
   港区西新橋1-17-16 宮田ビルB2F
   JR新橋駅日比谷口(SL広場)より徒歩5分

講師:折田美木

会費:一般 1,000円/会員 800円 /学生 500円

定員:30名(先着順)

ご予約・お問い合わせ:Tel 080-3353-5593(担当:折田)
           ndari135@gmail.com

主催:NPO法人日本ガムラン音楽振興会

折田美木:1997~2001年、2006~2010年、ジャワに滞在し研鑽を積む。留学中はインドネシア国立芸術大学スラカルタ校(ISI Surakarta)に在籍し、ガムラン演奏やワヤンの伴奏音楽について学びながら、ジャワの各地を訪ねる。1995年より「ガムラングループ・ランバンサリ」に参加し、2011年より東京を拠点にジャワガムランの演奏活動を続けている。

ランバンサリ・スタジオ
http://www.lambangsari.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

12/3/2(金) 光と影、語りとガムラン音楽の調べ・・・ジャワの影絵「ワヤン・クリ」公演@池上本門寺

会場:東京都大田区 池上本門寺

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

75

東京池上本門寺 朗峰会館〜フライデーガーデンコンサート
ジャワの影絵「ワヤン・クリ」公演 
演目「Dewabrata~デウォブロト王子の誓い~」

ユネスコ世界無形遺産に認定されたインドネシアの影絵芝居「ワヤン・クリ」
光と影、語りとガムラン音楽の調べ・・・
様々な要素が混然一体となって織りなす幻想的な世界をお楽しみください

日時:2012年3月2日(金)19:00 開場(前奏曲演奏)19:30 開演
入場料:3,000円=全席自由・1ドリンクつき
    6,000円=要予約・食事+1ドリンクつき
        (開演までに会場横のレストランHanamuraにて食事をお済ませ下さい)
会場:池上本門寺 朗峰会館
東京都大田区池上1-2-1
Tel 03-3752-3101

ダラン(人形遣い):スミヤント
ガムラン演奏:ランバンサリ

スミヤントの略歴
スミヤント(Sumiyanto)

インドネシア、中部ジャワ・クラテン出身。
ソロ国立芸術高校伝統音楽学科卒業後、バリ島にて演奏活動を始める。インドネシア国立芸術大学在学中より国内外の学生にガムランを教授するほか、“Keras tanpa S”というグループを立ち上げ、公演活動を行う。
その後、チェコの在プラハ インドネシア大使館の要請を受け、プラハにて活動。2006年からは活動拠点を日本に移し、アメリカや東欧、日本の現代作曲家とのコラボレーションにも取り組んでいる。

ご予約・お問い合わせ:東京池上本門寺 朗峰会館
           Tel 03-3752-3101
協力:NPO法人日本ガムラン音楽振興会

スミヤント/スミリール~ジャワの音楽と踊り Sumilir
http://sumilir.seesaa.net/

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

池上本門寺
http://honmonji.jp/00index/index2.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/2/19(日) ランランガムラン・スペシャル 2012

会場:東京・赤坂 ジュンバタン・メラ赤坂店

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ランランガムラン・スペシャル 2012

「ランランガムラン」はランバンサリのメンバーのステップアップを目指して、日頃演奏会で演奏する機会の少ない楽器に挑戦する発表会として始まりました。
近年は、水曜講座のメンバー「スイスイ」と日曜ガムランの講座生「ミングー」も加わり、合同発表会として開催されています。
ジャワ舞踊や竹の楽器チャルンの演奏、楽しい新作もご覧いただけます。
ぜひご来場下さい。

日時:2012年2月19日(日)
   開場 14:30/ 開演 15:00(終演19:15予定)

会場:ジュンバタンメラ赤阪店 Tel 03-3588-0794
   港区赤坂3-20-6
   日住金赤坂ビルB1F
   地下鉄・赤坂見附駅より徒歩5分
   地下鉄千代田線・赤坂駅より徒歩7分

出演:ランバンサリ、ガムラン初級講座生(ミングー、スイスイ)
   チャルン・ワークショップ・メンバー+友情出演

入場無料:1ドリンク付き(定員40名・要予約)

懇親会:19:30~21:00
    打ち上げを兼ねて行います。ぜひご参加ください。
    会費 3,500円(乾杯のドリンク、コース料理とコーヒー付き)
    定員40名・要予約

お申し込み・お問合わせ:
    office@lambangsari.com
    Tel&Fax  03-5300-6361(木村)

主催:ガムラングループ・ランバンサリ
協力:NPO法人ガムラン音楽振興会

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

ジュンバタン・メラ赤坂店 
http://www.jbm-gr.com/jbm/jbm_aka.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

11/12/10(土) ガムラン・コンサート@第4回「平和祈念祭」

会場:静岡県静岡市 サールナートホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Heiwakinen2011omote

第4回「平和祈念祭」ガムラン・コンサート

日時:2011年12月10日(土)15:05~16:35
会場:サールナートホール(宝泰寺隣・静岡駅前)

静岡県静岡市葵区御幸町11-14
TEL 054-273-7450 FAX 054-250-0280

ガムラン・コンサート
(演奏)ガムランアンサンブルWASABI
(舞踊)小島夕季

Odoriy111

【プロフィール】
NPO法人日本ガムラン音楽振興会によって結成されたガムランユニット。特定のメンバーを持たず、公演ごとにジャワ、スンダ、バリのガムラン、和器などの演奏家で構成される。ガムラン古典曲の演奏をはじめ、他ジャンルの音楽とのコラボレーション、インドネシアの芸術家との共演などを重ね、精力的に活動している。2008年「The World Gamelan Music Festival」ガムランと和楽器のため の作品
「PAWUKUN 08」(皆川厚一作曲)を演奏。同年インドネシアを代表する女形舞踊家ディディ・ニニ・トウォと共演。2009年「第1回他者と出会う場所~ジャワガムランと現代音楽」の作品を演奏。2011年「国際太鼓フェスティバル」参加。日本発信の個性的なガムランアンサンブルとして、Jポップならぬ「Jガムラン」の創造を目指して幅広い活動を行っている。

演奏:ガムラン・ワサビ
舞踊:小島夕季

入場無料(要予約)

お申し込み:サールナートホール Tel 054-273-7450
http://www.sarnath-hall.jp/heiwakinensai/heiwakinensai20111210.html

ガムラン・ワサビ
http://www.j-gamelan.com/

サールナートホール
http://www.sarnath-hall.jp/index.html


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »