« 11/10/08(土) ジャワ古典舞踊@アジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化フェスティバル | トップページ | 11/10/29(土)&30(日) マルガサリ、ジャカルタ芸術大学とコラボレーション@境界のカラダ »

2011年10月 7日 (金)

【日付訂正です】11/10/13(木) ジャワ舞踊家から見たムーン・ウォーク@「からだトーク/ムーン・ウォーク」

会場:大阪府豊中市 大阪大学  豊中キャンパス

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「からだトーク/ムーン・ウォーク」
今回のテーマは、「ムーンウォーク」。なぜかというと、満月だから。
ダンスにとって、歩くのは重要なテーマです。

マイケル・ジャクソンの月面歩行は、どうしてこんなに人を引きつけるのか。
宝塚歌劇には、どうして大階段があるのか。
能役者は、どうしてすり足で歩くのか。
盆踊りやフォークダンスは、どうしてぐるぐる歩いて回り続けるのか。
ジャワ舞踊家は、どうしてあんなに大変な歩き方をするのか。

ダンサーは、どこへ向かっているんでしょうか。あるいは、立ち去っているのでしょうか。

みなさんと一緒に、月の下で歩いてみたいと思います。
満月に引き寄せられて、重力からすこし自由になれるかもしれません。
当日までに、すこしムーンウォークを練習しておいてくださいね。
うううう、嘘です。

マイケル・ジャクソンが亡くなったときに、僕が書いた文章の一部です。
よろしければ、ご参考までに。

・・・ ・・・

ムーンウォークが最初にあらわれた「ビリージーン」が発売されたのは1983年、僕は中学2年だった。こんなにカッコいいダンスがあるのかと、友達のヌリモトくんとよく真似をした。

「ビリージーン」でのマイケルは、振り付けを踊っていない。いくつかの振りのパターンを、ポケットやベルトに武器を忍ばせるようにからだに携えて、音楽や観客の興奮をその場で感じつつ、繰り出していってる感じなのだ。もちろん、巨額なマネーが投じられたショービジネスなので、予防線は張られている。例えば、前奏が始まってからの一連の部分。スポットの輪にスルリと忍び込み静止。
ビートの律動に共振し腰が動く。左右にキックを入れ、クルッと旋回し、左右に足を組み替える。少し湾曲して傾いて直立し、重力に合わせてからだを一気に傾け、足をクロスしながら、帽子を飛ばす。あ~完璧!この部分はこうでしかありないので、どのコンサートでもほぼ変わらない。それ以降は、メロディの部分、サビへの移行部分、サビの部分、間奏ビートのみ、間奏ギターあり、など大雑把にとらえながら、武器を繰り出していく。即興だが、一定のルールがあり、曲の進行とダンスが相乗効果を作っていく。歌うところ。伸びやかに走るところ。盛り上がりに向けて急を告げるところ。盛り上がりの中の静寂。間奏でのテンションのキープ。そして最終兵器ムーンウォークが生み出すダンスのクライマックス。

即興的に踊りながら、自分も楽器の一つとして参加している感じなのだ。時折繰り出す叫び声、しゃっくりがビートを超えたビートを刻む。観客の声が場を揺り動かす。

繰り出される武器は、例えばこんな感じ、
サイドへのキック
正面へのキック
少し重心を落としての左右へのステップの組み替え

その場でつま先を床につけてのかかとを旋回させるステップ
その場で1回転 
その場で何度も回転
つま先立ちでストップ

髪を直す
耳をそばだてる
首を前後に振る 左右に振る
手のひらを前に向け掲げる
どこかを指差す
帽子を直す、投げる
手袋を付ける、直す
ジャケットを着る、直す、裾を払う
ベルトを直す
ズボンをたくし上げる
股間を押さえる

その場でおしっこが我慢出来ないように飛び跳ねる
その場でうずうずして我慢出来ないように駆け足する

スキップして走り回る
足を引きずるように歩く
モデルのようにつま先をひらひらさせて歩く

これらの武器を、衝動と音楽と場の気配を察知しながら、というか察知する直前くらいのタイミングで繰り出していく。そして、光と音と大観衆と一体化していく。

「言葉でより、ダンスの方がコミュニケーションしやすいんだ。」というようなことをマイケルが言ったと、中学生だった僕は記憶している。そのことの意味が段々分かってきた。マイケルが進んだ道とは、ちょっと違う道かもしれないが、僕は僕なりの新しい武器を探したいと思うし、あるいは、時には、集めた武器を全部投げ捨てなければならないこともあると思っている。

オレンジカフェ「からだトーク/ムーンウォーク」

日時:2011年10月13日(木)18:30~21:30
場所:大阪大学  豊中キャンパス 大学教育実践センターカフェ周辺(ウェブ内の地図10番周辺)
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16 
ゲスト:佐久間新・玉地雅浩
カフェマスター:西村ユミ・本間直樹
主催:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
※どなたでも参加できます。

大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/ver2/2011/000305.php

佐久間新のジャワ舞踊的生活
http://margasari01.blog63.fc2.com/blog-category-2.html

大阪大学  豊中キャンパス
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka.html

大きな地図で見る

|

« 11/10/08(土) ジャワ古典舞踊@アジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化フェスティバル | トップページ | 11/10/29(土)&30(日) マルガサリ、ジャカルタ芸術大学とコラボレーション@境界のカラダ »

ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【日付訂正です】11/10/13(木) ジャワ舞踊家から見たムーン・ウォーク@「からだトーク/ムーン・ウォーク」:

« 11/10/08(土) ジャワ古典舞踊@アジア・アフリカ・ラテンアメリカ文化フェスティバル | トップページ | 11/10/29(土)&30(日) マルガサリ、ジャカルタ芸術大学とコラボレーション@境界のカラダ »