« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

11/10/01(土) 天界にでも来たような幻想的な雰囲気、ガムラン・ジャワ舞踊@ほの灯り金剛寺 

会場:大阪府大阪市鶴見区 念法眞教 総本山小倉山 金剛寺

下記の公演がハナ★ジョスおよびふいご日和楽団のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Honoakari2011_01

2011年10月1日(土) 17:00~20:30
(雨天時10/2に順延)
会場:念法眞教 総本山小倉山 金剛寺 
大阪府大阪市鶴見区緑3丁目4-22
大阪市営地下鉄 今里筋線 新森古市下車 徒歩10分
入場無料

Honoakari2011_03

出演:ふいご日和楽団、ハナジョス、アナント・ウィチャクソノ(演奏)
   大石麻美(舞踊)

野点、雅楽、影絵などが、やさしい灯りに照らし出され
川も流れる芝生広場はまるで天界にでも来たような幻想的な雰囲気です。
ガムランは19時からと20時からの30分弱の2回のステージ。
3度目の出演となる今イベントでは、初のジャワ舞踊もございます。ご期待ください。

--

()

去年に引き続き、大阪市内で行われる「ほの灯り金剛寺」という
お寺のライトアップイベントでガムラン演奏をさせていただくことになりました。
ハナジョスのみなさんとジャワから日本に滞在中のアナントさん、踊り手の大石さんも、
ふいご日和楽団とともに出演。

ガムランは19時からと20時からの30分弱の2回のステージで、各回曲目が異なります。
1回目はジャワ舞踊「ゴレ・ランバンサリ」があります(踊り手:大石さん)。

大阪市営地下鉄 今里筋線 新森古市下車 徒歩10分

雨天時は2日に順延です。

Honoakari2011_02

ちらし
http://www.nenpoushinkyou.jp/news/pdf/honoakari2011.pdf

HANA★JOSS
http://hanajoss.net/

ふいご日和楽団
http://gamelankobe.blogspot.com/

念法眞教 総本山小倉山 金剛寺
http://www.nenpoushinkyou.jp/shisetsu/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/09(日)ジャワ舞踊、マルク舞踊、バリ舞踊ほか@インドネシア友好の夕べ 2011

会場:茨城県つくば市 つくばセンター広場

下記の公演がガドガドのブログほかに掲載されていました。
http://gadogado.exblog.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_2320789

インドネシア友好の夕べ 2011(マラム・チンタ・インドネシア)
がんばろう茨城

日時:10月2日(日)17:00開演
会場:つくばセンター広場
主催:日本・インドネシア親善友好会(メラ・プティ会&PPI茨城)

Tpc1109072a_2

日本インドネシア親善友好協会メラ・プティ会つくばとPPI茨城県インドネシア留学生協会との共催によるインドネシア友好の夕べ「マラム・チンタインドネシア2011」が、10月2日(日)午後5時からつくばセンター広場で開催される。観覧無料。

メラ・プティ会つくばは1985年のつくば万博を機に両国の文化交流の場として発足。前会長だった小池甫さんは元インドネシア航路の船医で、戦後、両国友好の架け橋になろうとつくば市に小池医院を開院しながらインドネシアの留学生やその家族を見守ってきた。しかし、残念ながら小池さんが急逝。今回はその追悼と、災害に苦しむインドネシアと日本の人たちに元気を送ろうと実施される。

内容は日本人団体サラスワティ(バリダンス)、津軽三味線奏者、筑波大学ときめき太鼓塾、阿見町ENJOY ECPなどによる演奏。インドネシア人出演者によるジャワダンス、マルクダンス、ポチョポチョなどの歌と踊り。

つくばセンター広場
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/261/000768.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/09(日)バリ舞踊とガムランほか@第9回インドネシアフェスティバル

会場:愛知県名古屋市中村区 名古屋国際センター

下記の公演がガドガドのブログに掲載されていました。
http://gadogado.exblog.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A0054926_10234923

第9回インドネシアフェスティバル

日時:10月9日(日)11:00~15:30
会場:名古屋国際センター
450-0001 名古屋市中村区那古野一丁目47番1号 名古屋国際センター
主催:インドネシア留学生協会、ナゴヤ・インドネシア文化協会、日本インドネシア服飾文化協会
KAZOKUKAI、日本インドネシアファミリー会(PFIJ)、Senyum Anak Indonesia(SAI)、
インドネシア婦人会(Melati)

入場券:1000円

講演
料理
抽選会
上演
・伝統舞踊
・バリ舞踊とガムラン
・アンクロン実演
・ポップロック
・ダンドゥット
・インドネシアの子どもの歌

名古屋国際センター
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/index.php

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/01(土)&02(日) インドネシア料理とバリ舞踊@「JATA旅博2011」

会場:東京都江東区 東京ビッグサイト

下記の公演がガドガドのブログに掲載されていました。
http://gadogado.exblog.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

インドネシア料理とバリ舞踊@「JATA旅博2011」

JATA旅博2011
テーマ:「旅は世界を元気にする」
会期:10月1,2日
会場:東京ビッグサイト (東4・5・6ホール)
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
TEL:03-5530-1111 ( 代表 )
入場料: 一般来場者・・・大人:1,200円, 学生:600円
★前売り・・・大人:1,000円, 学生:500円
※保護者同伴の小学生以下、中・高生無料。

インドネシア関連の出展

A-10 インドネシア共和国文化観光省
A-10 JTBインドネシア
A-18 ガルーダ・インドネシア航空会社

TW-14 出展者名 インドネシア料理ワルンビンタン warung BINTANG
数種のスパイスでじっくり煮込んだルンダンは、シェフの自信作!ゴハンとも相性バッチリです。
揚げエビせんべいサービスいたします!

TE-10 出展者名 メラ・プティ・カフェ
家庭的でどこか懐かしい、本格的なパダン料理をご賞味ください!
揚げバナナ
お弁当をご注文の方に揚げバナナ提供

ステージイベント
バリ舞踊
10月1日(土)14:00~14:30 west stage
10月2日(日)13:30~14:00 east stage

インドネシア料理メラ・プティ・カフェ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13110644/

インドネシア料理ワルンビンタン
http://warung.jp/

JATA旅博2011
http://www.tabihaku.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

11/10/02(日) 熟成した4ビットガムランの世界@作曲家の個展2011 三輪眞弘

会場:東京都港区 サントリーホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2011100201_1

10月2日(日)、東京のサントリーホールで行われる「作曲家の個展2011 三輪眞弘」で、三輪眞弘さん作曲「愛の讃歌~ガムランアンサンブルのための~」を演奏します。2007年に初演してからこれまで、大阪、岐阜、滋賀、神奈川で演奏してきました。今回さらに熟成した4ビットガムランの世界を、ぜひお楽しみ下さい。

「作曲家の個展2011 三輪眞弘」

日時:10月2日(日) 15:00開演(14:00開場)

会場:サントリーホール
東京都港区赤坂1-13-1

プレコンサート・トーク 14:20~ 
聞き手:中ザワヒデキ(美術家)

三輪 眞弘(1958-):

村松ギヤ・エンジンによるボレロ(2003)
Bolero by Muramatsu Gear Engine

愛の讃歌-ガムランアンサンブルのための(2007)
  A Song in Praise of Love or Four Bits Gamelan

「永遠の光・・」オーケストラとCDプレーヤーのための(2011)
(サントリー芸術財団委嘱作品・世界初演)
指 揮=野平 一郎
Ichiro Nodaira,conductor

管弦楽=東京都交響楽団
Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra

ガムランアンサンブル=マルガ・サリ
Gamelan Marga Sari

入場料:S席 4,000円/A席 3,000円/B席 2,000円(全席指定、税込)

お問い合わせ・予約:
東京コンサーツ tel 03-3226-9755
http://www.tokyo-concerts.co.jp/index.cfm?menu=top&lang=jp

チラシ情報はこちらから
http://www.tokyo-concerts.co.jp/concerts/pic/2011.10.02-01.pdf

ガムランアンサンブル=マルガ・サリ
http://margasari.com/

サントリーホール
http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/22(土) ガムラングループ「パドマ」増野 亜子さんによる宮城教育大学ガムラン公開講座@宮城県

会場:宮城県仙台市青葉区 宮城教育大学

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

0001

宮城教育大学公開講座(仙台市)
体験講座 インドネシアの音楽・ガムラン入門
~Let’s play Indonesian gamelan music together!~

ガムランは、インドネシアの打楽器を中心とした合奏です。
たくさ んの種類の楽器を使って、リズムや旋律を分担し、それが組み合わさっ て全体でひとつの音楽を作っていきます。
音楽の教科書でもよく取り 上げられるので楽器の写真を見たり、演奏を聴いたりしたことがある 人もいるでしょう。
20世紀初頭には、ドビュッシーなど西欧の作曲家にも影響を与えました。
この講座では、宮教大が所蔵するガムランを使って、インドネシア・バリ島の音楽を演奏します。受講者がなるべく多くの楽器を体験できるように工夫する予定です。またガムラン音楽を育んだインドネシアの文化についてもお話しします。

Dsc_0324

日時:2011年10月22日(土)10:30~ 15:30
場所: 宮城教育大学 8号館2階821教室 
(所在地:宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149番地)
講師:増野 亜子 (ガムラン演奏家・東京芸術大学非常勤 講師)
対象:現職教員および市民一般
定員:40名(受付順)
受講料:5,200円(高校生・大学生・大学院生は2,600円。受講生が中学生以下 の子どもを同伴する場合2 名までは無料で参加可。)
申し込み締め切り:2011年10月15日(土)(定員に満たない場合は前日まで可)
申し込み方法:申込書を郵送、FAX、電子メールでお送り下さい。

申込書
http://renkei.miyakyo-u.ac.jp/suisin/koukai.html
http://renkei.miyakyo-u.ac.jp/suisin/pdf/moushikomisho.pdf

申込先・お問い合わせ
宮城教育大学研究・連携推進課 公開講座担当
TEL:022-214-3521  FAX:022-214-3342
E-mail:renkei@adm.miyakyo-u.ac.jp

増野 亜子
http://www.geocities.jp/genderpadma/

宮城教育大学
http://www1.miyakyo-u.ac.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

11/10/12(水) 竹取物語×ジャワ舞踊・ワヤン奉納公演 観月の夕べ@岸城神社

会場:大阪府岸和田市 岸城神社

下記の公演がハナ★ジョスのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kishiwada_omotemen

新作ジャワ舞踊・ワヤン奉納公演

新作ワヤン・クリ公演 
"Putri Bambu"( from "The Tale of the Bamboo Cutter")竹取物語より

”月にもどるその日を わたしはまちわびていたはずなのに・・・・”

岸和田の月満ちる夜 光と影を行き来する 哀しい天女の舞い
秋空にガムランと雅楽の音色が響きます 
お近くの方はもちろん遠方の方もどうぞお越しくださいませ

The 3rd Dedication Concert of Indonesia's Javanese Dance and Shadow Puppet in 2011
第三回 ジャワ舞踊・影絵芝居 ワヤン・クリ 奉納公演
観月の夕べ
Full moon light night

2011年10月12日(水)
12.Oct 2011 (Wed) 18:00 start
岸城神社 岸和田市 社殿内 
at Kishiki Jinja Shrine
(11-30 Kishiki-cho Kishiwada-shi)

岸城神社は今年、ご鎮座650 年を迎えます。

主催:ジャワ芸能ユニット ハナ★ジョス
お問合せは mail@hanajoss.net 09090522523 佐々木まで

協賛:在大阪インドネシア共和国総領事館
後援:岸和田市教育委員会
   岸和田文化事業協会

衣裳協力:SIGIT SUKASMAN シギット・スカスマン
     (Wayang Ukur ワヤン・ウクル)

C0115958_1447526

演目:
ジャワ舞踊:スリンピ・パンデロリ
スリンピは通常、女性4人で踊られるジャワ宮廷舞踊です。Srimpiとはmimpi=夢 という意味を持ち、そのゆったりとした優雅な舞は観る人を夢の世界へ誘います。踊り子は生命・宇宙を象徴し、クリス(短剣)を使うシーンでは、善と悪、真と偽、人間の終わりなき戦いを表します。本
公演では2人のみで踊られます。

雅楽「盤渉調音取」

創作ジャワ舞踊リンカラン
Linkaranとは丸を意味します。果てしなく終わる事のないサイクル。月は欠けそしてまた満ちてゆく。今回、衣裳はスカスマン氏(ワヤン・ウクル)の作品を使用。月の女神をイメージしている。

他。 上演は90分を予定しています。

竹取物語は、いまなお語り継がれる日本最古の物語のひとつです。

その中にはなぜか「3」という数字がよく登場します。かぐや姫が3寸で竹から生まれ、3ヶ月でよい年齢の娘となり、その祝いも3日にわたり行われ、またこの地に滞在した長さも3年といわれます。

実は、ガムランにとって「3」という数字は意味深です。
楽器は、同じ形で大・中・小と3つずつ。1つの音階につき調は3つずつ。
それは、「生まれる、生きる、終える」を意味します。ジャワのガムラン演奏会や徹夜で上演されるワヤン・クリでは、その3つの調は時間帯で分けられていて、A-B-C、またC-A-B-C・・と順に演奏されます。
終わりは次のはじまりとまるで、輪廻転生をあらわすかのようです。
割り切れず、多くも少なくもない、そんな不思議な「3」という共通の数字が、今回の創作舞踊・ワヤン劇のきっかけとなりました。プトゥリ・バンブーというのは竹の姫=かぐや姫のことです。満月のひかりに照らし出される、ジャワの舞と、影絵芝居による新作「かぐや姫」をご覧ください。

C0115958_1439590

出演者
[ダラン(ワヤン人形の遣い手)、演奏]
ROFIT IBRAHIM ローフィット・イブラヒム (HANA★JOSS)
ジョグジャカルタ生。インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校を卒業の後、
パクアラマン王宮ガムラン演奏家として活動。幼少よりワヤンに親しみ、伝統芸能にとどまらず、新しいワヤンの可能性も探りながら、現在日本を拠点にジャワ出身のダラン(ワヤン人形の遣い手)として活躍。

ANANO WICAKSONO アナント・ウィチャクソノ
ダラン(影絵人形遣い手)として幼少の頃から数多くの舞台に立つ。動物たちが主人公の民話を題材にしたワヤン・カンチルを自由な発想で蘇らせるなど、伝統的な手法にとらわれないオリジナルのワヤン作品を創作している。2008年か
ら2011年には、オランダ文化財団インドネシア・オランダ文化交流プログラムにおいて、オランダの歴史を基にしたワヤン作品「オレンジ公ウィリアム」を制作し、インドネシア、オランダ両国で上演。ワヤンを用いたアニメーションにも取り組んでいる。2010年、ジョグジャカルタのスルタンより文化賞を贈られた。

[演奏]
佐々木宏実 (HANA★JOSS)
神戸大学在学中にガムランに出会う。2002-2004 年 インドネシア政府国費留学生としてインドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校に留学。ガムランを通じたコミュニケーションの可能性を探るワークのひとつとして、病院、孤児院、老人ホーム、夜間学校などへの出張演奏、ワークショップなども行う。

西田 有里
2007年から2010年までインドネシア政府奨学生としてインドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校でガムランと歌を学ぶ。現地でプシンデン(女声歌手)として数多くのワヤン(影絵芝居)公演に出演。また、Solo InternatinalPerforming Arts Festival2009、Yogyakarta Contemporary Music Festival2009で作品を発表。現在、ガムラングループ・マルガサリなどで関西を中心に活動中。

[舞踊]
西岡 美緒
2000 年より大阪のガムラングループ、マルガサリに所属し、演奏活動を行う。2003 年から2005 年まで、松下国際財団アジアスカラシップの奨学生として、2008 年から2010 年までインドネシア政府給費留学生として、インドネシア国立芸術大学に留学し、ガムランと舞踊を学ぶ。2010 年帰国後、関西を中心に活躍中。

大石 麻未
2008年より2011 年現在、インドネシア政府給費留学生としてインドネシア・ジャワ島のジョグジャカルタにて舞踊の留学中。日本芸能である舞楽(雅楽)もたしなみ、古典舞踊を中心として舞踊の可能性を模索中。大阪のガムラングループ、マルガサリの作品にも数多く参加する。

[賛助出演:雅楽演奏]
森井 亜華音(龍笛)
柏 祐子(鳳笙)

[衣裳協力]
SIGIT SUKASMAN シギット・スカスマン (Wayang Ukur ワヤン・ウクル)

HANA★JOSS
http://hanajoss.net/

岸城神社 
http://kishiki.web.infoseek.co.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/23(日)バロン倶楽部@特別企画オーケストラTOKYO - FUKUSHIMA!

会場:東京都武蔵野市 井の頭恩賜公園 井の頭池~西園グランドへ

下記の公演がバリガムランクラブのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Top_2
【オーケストラTOKYO - FUKUSHIMA!】
10.23[日] 14:00 - 15:30
井の頭恩賜公園 井の頭池~西園グランドへ
入場無料
予約不要

《出演》
大友良英
七尾旅人
原田郁子
深川バロン倶楽部
ピカ☆
ほかゲストミュージシャン多数

TOKYO-FUKUSHIMA!とは

東日本大震災によって被災した福島県において、現地からありのままに見つめ、さまざまなメッセージを発信するために開始された「プロジェクト FUKUSHIMA !」と連携し、東京から福島を発信するアートプロジェクトとして「TOKYO-FUKUSHIMA !」を実施します。「プロジェクト FUKUSHIMA !」の中核メンバーである音楽家・大友良英氏を中心に東京と福島の人的/文化的交流となるプログラムを実施し、有機的なつながりを育みます。

PROJECT FUKUSHIMA! とは?

2011年結成。音楽家の遠藤ミチロウ、大友良英、詩人の和合亮一が代表となり、様々な企画を展開するプロジェクト。その活動を通して、福島の現状を、そしてこれからの福島の未来を、県内外、国内外とつながりを持ち、考えていく。

深川バロン倶楽部
http://fukagawabarong.com/index.html

TERATOTERA(テラトテラ)
http://teratotera.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/01(土)&02日(日)&06日(木)&09(日)&10(金) バリ舞踊家イブ・セカール来日公演、幻の古典バリ舞踊『ジョゲ・ピンギタン』&ワークショップ

会場:宮城県仙台市青葉区 仙台市福祉プラザ/福島県福島市 福島市飯野学習センター/東京都杉並区 音や金時/東京都武蔵野市 スタジオアムリタ ノース・スタジオ

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Skrs

10月1日(土) 幻の古典バリ舞踊『ジョゲ・ピンギタン』仙台公演
開演:14:30
会場:仙台市福祉プラザふれあいホール
〒980-0022
仙台市青葉区五橋2丁目12番2号
電話 022(213)6237
FAX 022(213)6467
出演:ニ・ワヤン・セカリアニ、スリ・マハリイェニ、小谷野哲郎、ウロツテノヤ子
チケット:一般前売り¥2000円(当日¥2500)、高校生以下¥500円 
※保護者同伴の未就学児は無料

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10月2日(日)幻の古典バリ舞踊『ジョゲ・ピンギタン』福島公演
開演13時
場所:福島市飯野学習センター
〒960-1301
福島市飯野町字境川19-2
電話:024-562-3335
FAX:024-562-3686
出演:ニ・ワヤン・セカリアニ(舞踊)、スリ・マハリイェニ(舞踊)、小谷野哲郎(舞踊)、ウロツテノヤ子(ガムラン演奏)
入場無料
主催:飯館村教育委員会、福島民報社

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10月6日(木)OTOKIN&KOYANO Presents 南相馬応援ライブ

日時:19:30
場所:西荻窪「音や金時」
東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1F
出演:齋藤充、セカール、マイケル・サカモト、あらたまお、小谷野哲郎、ウロツテノヤ子
料金:3000円(収益は南相馬市応援のために寄付いたします)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10/9(日) バリ舞踊「イブ・セカール」来日ワークショップ

スタジオアムリタ ノース・スタジオ B1
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 TK吉祥寺ビルB1

13:00~13:45 「バリ舞踊ステップアップクラス」
14:00~15:30 「チョンドン」
16:00~17:30 「ガルーダ」

10/10(月・祝) バリ舞踊「イブ・セカール」来日ワークショップ

スタジオアムリタ イースト・スタジオ 3F
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-2 KS3ビル(カフェアマルのビル)

13:00~13:45 「バリ舞踊ステップアップクラス」
14:00~15:30 「レゴン」
16:00~17:30 「ジョゲ・ピンギタン」

バリ舞踊「イブ・セカール」来日ワークショップお申し込みスタート!

バリ島中部バトゥアン村からニ・ワヤン・セカリアニ(イブ・セカール)が再来日。
スタジオアムリタでワークショップ開催決定!
舞踊指導者としての実力の高いイブ・スカールによるバリ舞踊講座。どうぞこの機会にご体験下さい。

今回のワークショップでは、バリの女性舞踊を学ぶ上での基本演目「レゴン・ラッサム」と、
クトゥット・チュニック女史から受け継いだお家芸「ジョゲ・ピンギタン」をとりあげます。
そして、「バリ舞踊ステップアップクラス」では、基礎練習が受けられます。

「レゴン・ラッサム」
バリ舞踊入門者から上級者まで、学ぶべき要素のたくさんある代表的演目です。
女性舞踊の型を学びながら、登場人物のキャラクターを踊り分ける、表現の勉強をしていきます。
「チョンドン」・・・多くの入門者が初めに習う演目。きびきびと立ち働く「宮廷女官」のキャラクター。
「レゴン」・・・優美な女性舞踊の型。物語が始まると、「王」と「姫」のキャラクターとなる。
「ガルーダ」・・・ラッサムの物語の中で重要な役であるガルーダ(鳥)、王との戦いのシーンとなる。

「ジョゲ・ピンギタン」
バリ島の宮廷で伝えられてきたジョゲ・ピンギタン。本来レゴン舞踊と並び称される宮廷舞踊であったが、神聖な舞踊として寺院での奉納として舞われることも多い。近年では後継者不足のためその存続が危ぶまれていたが、偉大なる舞踊家でジョゲ・ピンギタンの継承者であったクトゥット・チュニック女史がその芸を孫と曾孫達に伝え、2010年他界の後は孫のセカールを中心にその伝統を受け継いでいる。
このワークショップでは、バリでもなかなか出会うことのできないジョゲ・ピンギタンの深く豊かな世界に触れることのできる貴重な機会です!

「バリ舞踊ステップアップクラス」
バリ舞踊のステップアップを目指す皆さんには必修!のクラス。バリでもセカール先生の基礎練習には定評があり、基礎だけを何ヶ月も習う人もいるほど。それだけ、セカール先生の基礎を受けることは目からウロコの連続。実力の底上げにつながることはもちろん、受講後にはバリ舞踊に対する理解が深まっていることを感じることができるでしょう。もちろん、基礎クラスとして初心者の方にもおすすめです。

料金

バリ舞踊ステップアップクラス: 一般 1890円 会員1680円
それ以外のクラス: 一般3150円 会員2830円
フルパック 一般15000円

※スタジオアムリタ会員はチケット利用可
但し復興支援チケットはステップアップクラスのみとさせていただきます。

ニ・ワヤン・セカリアニ(セカール) Ni Wayan Sekariani
1964年、バリ島中部バトゥアン村の舞踊家一族に生まれる。叔父はバリ島内のみならず世界中で高名な仮面舞踊家マデ・ジマット、祖母は人間国宝にも比せられる踊り手クトゥット・チュニック。
4歳の頃から舞踊を始め、6歳より叔父 ジマットから正式に教えを受ける。15歳で叔父より古典舞踊劇ガンブーの伝承を許され、以後、バリでも 数少ないガンブーの踊り手として活躍。現在、バリのトップダンサーのひとり。ガンブーを始め古典中の古典に精通し、特に男型のキャラクターでは右に出るものはいない。
また、後継者断絶の危機にあったジョゲッ・ピンギタンを継承者であった祖母より直接手ほどきをうけ、2010年祖母チュニック他界の後はいよいよ後継者として後進の育成にもあたっている。
海外公演、ワークショップ等の経験も豊かで、近年はコンテンポラリーダンスのプロジェクトにも参加。
舞踊教師としてもよく知られ、内外を問わず生徒は多数。
1996年以降毎年、ナロパ大学(米・コロラド州)現地客員教授として、バリにて生徒を受け入れている

小谷野哲郎
http://twitter.com/?lang=ja&logged_out=1#!/koyano

ウロツテノヤ子
http://blog.megamel.daa.jp/

仙台市福祉プラザ
http://www.shakyo-sendai.or.jp/fukushi/

大きな地図で見る

福島市飯野学習センター
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/shisetsu/g-center/19-iino/index.html

大きな地図で見る

音や金時
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

大きな地図で見る

スタジオアムリタ
http://studioamrita.com/index.html

大きな地図で見る

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

11/10/07(金) バリ島の伝説、故舞踊家ニ・クトゥット・チュニックの晩年を捉えたドキュメンタリー上映+バリガムランと舞踊公演

会場:東京都渋谷区 UPLINK FACTORY

下記の上映と公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

08_2

  『タクスゥ-魂の踊り子』
完成披露ライブパフォーマンス付き上映会

舞踊、ガムランライブ出演:
ニ・ワヤン・セカリアニ(バリ舞踊)、小谷野哲郎(仮面舞踊)
ウロツテノヤ子(バリ・ガムラン)

10/7(19:30開演)
料金:\2,500(1ドリンク付)
場所:UPLINK FACTORY
〒150-0042東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F

『タクスゥ-魂の踊り子』(2011年/55分)
監督・撮影・編集:仁田美帆
監修・翻訳:小谷野哲郎
絵:川村 亘平斎
映像提供:出口藍

(内容)
2010年に推定86歳で惜しまれつつ亡くなったしたバリ島の伝説の舞踊家ニ・クトゥット・チュニックの晩年を捉えたドキュメンタリー。
日常、踊り、そして家族。生涯を踊り子として生きた彼女を通して、世界に誇るバリの伝統文化奥深さ霊的な空気感を感じる映像詩。

当日さらに、バリ舞踊、ガムランのライブも予定

ニ・クトゥット・チュニック(舞踊家)
通称:ダドン・チュニック(イブ・チュニック)
伝説的なバリの舞踊家。ジョゲッ・ピンギタン舞踊を伝承、育成に従事する。
バトゥアン村のプカンデラン生まれ2010年7月推定85歳で逝去
インドネシアのウィジャヤ・クスマ賞(Wijaya Kusuma Award)を受けている他、1986年ダルマ・クスマ・マディヤ賞(Dharma Kusuma Madia award)1988年ダルマ・クスマ賞など各種受賞。

06

バリ舞踊では技術以上に“降りてくるもの”を重要とする。そして舞踊家たちは日々の修練から“降りてくるもの”つまり魂で踊るという事を習得しようとする。しかし、ニ・クトゥット・チュニックは果たしてそうだったのだろうか。映画の中で登場する踊るシーンには“降りてくるもの”=魂の踊りというものを超越してニ・クトゥット・チュニックそのものの存在がたち現れてくるように感じる。つまり踊る事そのものが二・クトゥット・チュニックなのだ。
その踊りを如何にしてまねる事が出来ようか━  否である。
80を超えた人間の動きでは到底想像できない動き。
踊るために生まれ、踊りそのものに同化しそして踊りと共に魂の存在になったニ・クトゥット・チュニック。
バリの舞踊と伝統は彼女によって間違いなく伝承された。しかし彼女そのものは当然のことながら伝承されない。バリの舞踊を学ぶもの、または身体表現に携わるものは残念ながらごく一部の彼女の映像資料からその動きを目撃するしかないのだ。この作品は伝説そのものとなったニ・クトゥット・チュニックの人としての生を描くとともに、彼女の最晩年の踊る姿を見る唯一とも言ってもいい作品である。
「今日は調子がわるいんだよ、何も出来ない、でも私が踊る事になったら、ほとんど悪いところがなくなる、踊るときは調子がよくなるんだ…」

小谷野哲郎
http://twitter.com/?lang=ja&logged_out=1#!/koyano

ウロツテノヤ子
http://blog.megamel.daa.jp/

UPLINK FACTORY 
http://www.uplink.co.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/29(土) 幻の絵巻芝居ワヤン・ベベルによる、バリヒンドゥーの原点説話@大阪

会場:大阪府豊中市 大阪音楽大学音楽博物館

下記の公演がギータクンチャナのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Wayang_beber1

バリ絵巻ワヤン・ベベル「スタソーマ」

大阪音楽大学音楽博物館でのコンサートのお知らせです。

第69回ミュージアム・コンサート
バリ絵巻ワヤン・ベベル「スタソーマ」

2011年10月29日(土) 14:00

会場:大阪音楽大学音楽博物館
住所:豊中市名神口1-4-1 大阪音楽大学K号館
電話:06-6868-1509
演奏:ワヤン・ベベル・スダマニ + ウロツテノヤ子(バリ芸能集団)
お話:小林江美(バリガムラン奏者)

E0017689_23143458

インドネシアで世界無形文化遺産に登録されている影絵ワヤン・クリッ。その元となったのが絵巻物を語るワヤン・ベベルと言われていますが、その伝統は残念ながら現在ほぼ途絶えてしまっています。これをバリ島最高峰の芸能団スダマニの創立メンバーでもあり、画家としてバリの若手を代表する存在であるデワ・スギが独自の手法をもって描き、古の伝統を現代に蘇らせました。題材はバリでは珍しい仏教説話「スタソーマ」。スタソーマの物語は、バリで現在も信仰されているヒンドゥー教が仏教との混淆により独自に発展してきた原点であり、現代社会に生かすべき大切な智恵の宝庫です。これをガムラン演奏と共に日本語で語り、神秘的で奥深いバリ伝統の智恵の森にご招待します。

大阪音楽大学 音楽博物館のサイト から事前お申込みが必要です。

スダマニ
http://cudamani.jugem.jp/

ウロツテノヤ子
http://blog.megamel.daa.jp/

ギータクンチャナ/小林江美
http://sound.jp/gitakencana/

大阪音楽大学音楽博物館
http://www.daion.ac.jp/museum/saizi/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

11/10/11(火)古典曲を中心にバリガムランの真髄をお届け 「ガムラン」 神様がつくったショータイム@タイ料理を中心としたアジアンフード

会場:東京都港区 青山タイ料理レストランCAY(カイ)

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20110628_cay_live シダカルヤ with CAY !  「ガムラン」神様がつくったショータイム 
バリ・ガムラン シダカルヤが、青山通りスパイラルビル地階の青山CAY(カイ)に出演いたします。
古典曲を中心に、皆様にバリガムランの真髄をお届けいたします。
CAYのタイ料理を中心としたアジアンフードを召し上がりながら梅雨の一夜、南の島に思いを馳せて下さい。
皆様のお越しをお待ちいたしております。

C0151055_236422 Photo by ISAO KOIKE

演奏:上原亜季、川村亘平齋、佐藤菜美、辻 桂介、新名真大、濱元智行
   山岸天平、若林康明、皆川厚一
踊り:前田佳子

日時:2011年10月11日(火)20:00 (開場18:00)
ミュージックチャージ:予約・2000円 当日・2,500 円
場所:青山CAY
港区南青山5-6-23 
予約・お問い合わせ
電話:03-3498-5790(CAY)
E-mail: e.mcay@spiral.co.jp  (CAY)
E-mail: sidkar@a2.rimnet.ne.jp(シダカルヤ)

You Tube - Bapang Selisir [バパン・スリシール]

You Tube - Panyembrahma [パニャンブラマ]

◆プロフィール◆
シダカルヤ
ガムラン演奏家、皆川厚一が、1985年に2年間のバリ島留学から帰国して結成しました。
日本を代表するガムラングループの一つとして、学校での公演、フェスティバル、テレビ出演等を通し、ガムランの楽しさ、奥深さを伝えています。

ライブ情報
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2011/10/live-with-cay-2.html

青山CAY
http://www.spiral.co.jp/f_guide/cay/

東京ガムラン計画/シダカルヤ
http://tgamelan.exblog.jp

バリガムラングループ シダカルヤ
http://tgamelan.exblog.jp/16488428/

レストラン「CAY」(カイ) (スパイラルホールB1)
http://www.spiral.co.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

11/10/13(木) 中田一子ほかサンバルクイナ ピリッとホットなライブ@杉並区

会場:東京・西荻窪 音や金時

下記の公演が中田一子さんのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日時:2011年10月13日(木)
   午後7時30分スタート(午後6時30分オープン)
会場:音や金時(杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1F)
チャージ:2,600円
出演:サンバルクイナ
中田一子(歌、ピアノ、ガムラン楽器)
前田達彦(パーカッション)
林田圭緯子(バリダンス)

日本、ブラジル、インドネシア、オリジナル曲の数々。
唐辛子を効かせた料理のように、ピリッとホットなライブをどうぞ!
チャイやネパールカレーもおたのしみ頂けます。

ご予約・お問合せ 中田音楽
phone/fax 03-3426-3627
e-mail:ichiko@pop01.odn.ne.jp

中田音楽
http://ichikodata.blogspot.com/

音や金時
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

【更新】11/10/01(土) 豆腐デザートとガムランTerang Bulan『月と星と』

会場:神奈川・相模原市 とうふカフェレストランy

下記の公演が櫻田素子さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11/ 10/01(土)  豆腐デザートとガムランTerang Bulan『月と星と』
【相模原 とうふカフェレストラン y(わい)】open 17:30 / start 19:00

恒例、身体が元気になる豆腐料理とモダン・バリ調の癒しの空間に、南国バリ島のガムラン音楽のグループ、Terang Bulanがやってくる・2011!

出演:Terang Bulan(櫻田素子 秋山ゆかり 田中沙織 根岸久美子 錦織照子 若林康明 渡辺泰子)/ガムラン
佐野篤/ギター、ほか
荒内琴江 小泉ちづこ/バリ舞踊

◎お一人様 2,000円(豆腐デザート、1ドリンク、チャージ含む)*先着40名様

※要予約:カフェレストランy(わい)tel.042-770-8122
相模原市清新5-1-22
JR横浜線相模原駅またはJR相模線南橋本駅より徒歩10分ほど、国道16号線沿い清新交差点そば(P8台あり)
※お豆腐料理は、ドリア、カレー、ハンバーグ、おなべ、豆腐デザート、豆乳などなど、いわゆる和食というよりも洋食屋さん。お近くの方、是非一度、ランチお楽しみください。

カフェレストランy(わい)
http://www.ab.auone-net.jp/~wai/
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1407/A140701/14031683/

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

11/09/22(木) ガムラン演奏@0歳から美術館に親しんでもらうツアー 『赤ちゃんからの美術館 ぽかぽか ぷくぷく マインマイン』

会場:兵庫県芦屋市 芦屋市立美術博物館

下記の公演が櫻田素子さんのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Sartpicnicdm

アートピクニックー美術をたのしむ・美術館ツアー『赤ちゃんからの美術館 ぽかぽか ぷくぷく マインマイン』

美術館とは縁がない(?)と考えられている赤ちゃん。今回はぜひママやパパと一緒に美術館に来ていただき、0歳から美術館に親しんでもらえるための機会としたいと思います。
「香味野菜」による、楽しく、心地よい音色のパフォーマンスの後は、バギーで美術館探検にでかけましょう。

日時:9月22日(木) 11:00-11:30 
出演:香味野菜[なかいちまほ(プレイアドバイザー)、櫻田素子(ガムラン奏者)、さえぐさひろこ(絵本作家)からなるパフォーマンスユニット]
会場:芦屋市立美術博物館 展示室
〒659-0052 兵庫県芦屋市伊勢町12-25
対象:0~3歳までの子どもとその保護者20組
要事前申込 参加無料(要展覧会チケット)
【お申し込み方法】
参加を希望される方は、E-mail、FAX、電話にて下記のお申し込み事項(1~6)をお知らせください。なお、定員になり次第、締め切らせていただきます。8月1日(月)より、受付させていただきます。
1.イベント名 2.お名前(ふりがな) 3.所属先(学校、サークルなど) 4.ご住所(所属先、または自宅)*市町村まででも可 5.電話番号(所属先/自宅/携帯のいずれか) 6.同伴者の有無
◎お申込み・お問い合わせ
財団法人たんぽぽの家
〒630-8044 奈良市六条西3-25-4 
Tel.0742-43-7055 / Fax.0742-49-5501
E-mail.ableart@popo.or.jp

財団法人たんぽぽの家
http://popo.or.jp/

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

芦屋市立美術博物館
http://ashiya-museum.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/07(金)~09(日) 映画+上演、マレーシアのワヤン・クリ

会場:山形県山形市 フォーラム山形/山形市民会館

下記の上映および公演が山形国際ドキュメンタリー映画祭2011のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●ドキュメンタリー映画:影のない世界
World Without Shadow

11nac22

日時:10月7日
会場:フォーラム山形5
日時:10月9日
会場:フォーラム山形3

〒990-0039 山形県山形市香澄町2-8-1
電話番号:023(632)3220

マレーシア/2011/マレー語/カラー/ビデオ/90分
監督:邱涌耀(クー・エンヨー) Khoo Eng Yow

マレーシア、クランタン州で、政治に翻弄され、衰退の一途を辿る影絵のワヤン・クリ。劇の枠組みを使い、政治と芸術の狭間で、生活苦にあえぎながらも細々と続ける影絵師などを丹念に描く。

●影絵上演:マレーシアの影絵「ワヤン・クリ」スペシャル無料ライブ

日時:10月7日[金]17:00
日時:10月8日[土]13:00、19:30 (2回)

会場:山形市民会館地下ギャラリースペース
〒990-0039 山形県山形市香澄町2-9-45 TEL.023-642-3121 FAX.023-642-3124

山形国際ドキュメンタリー映画祭2011
http://www.yidff.jp/home.html

フォーラム山形
http://www.forum-movie.net/yamagata/

大きな地図で見る

山形市民会館
http://shanshanshan.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/09/16(金) 踊る声、歌うガムラン@名古屋インドネシアレストラン『ブランバリ』

会場:愛知県名古屋市中区 Cafe Dining BULAN BALI(ブランバリ)

下記の公演がブランバリのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

9月16日(金) 踊る声、歌うガムラン at BULAN BALI

Place : BULAN BALI(3F)  
〒460-0005 名古屋市中区東桜2-21
地下鉄東山線 新栄町駅1番出口 徒歩3 分 / 地下鉄桜通線 高岳駅3番出口 徒歩5分

Start : 20:30

Carge:お一人様4000円
※ライブチャージ、バリ料理ビュッフェ、ソフトドリンク料金全て込み※

歌・舞踊:ニ・ニョマン・チャンドリ

ガムラン奏者:イ・クトゥット・ブダ・アストラ

ガムラン演奏:サンディア・ムルティ

特別ゲストをお招きし、スペシャルイベントを開催することとなりました。
完全予約制・人数限定となっております。
またとない機会にぜひ、お越しください。

※通常のバリダンスショーはお休みさせていただきます。
ご了承ください。

ブランバリ 
http://www.bulanbali.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★参加者募集中★ 2011年10月スタート!ジャワ舞踊ウィジャヤ・クスマ

下記の募集がHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Nisioka

ジャワ舞踊サークル、10月スタート!

ジャワ舞踊ウィジャヤ・クスマ
2011年10月スタート!
★参加者募集中★

201109_12_58_c0115958_1652649_2

2011年10月からは大阪府茨木市でガムランサークルに加えてジャワ舞踊のサークルがはじまります。
メンバー大募集です。興味のある方、一緒にやりませんか?

初めての方も、体を日頃動かしていないという方も大丈夫です。
自分の体と対話するように、のんびりと自分のペースで進んでいくことができます。
ゆったりとした動きなのに、滝のようにさらさらと汗をかくのが気持ちよいですよ。
みんなで楽しく学んでいきますよ。

ジャワ舞踊サークル ウィジャヤ・クスマ
活動スケジュール

日程:第一、第三木曜日 19:00~21:00くらいまで。 
会場は6時に開けますので事前のウォームアップもできます。

場所:茨木市天王公民館 大会議室 

参加費:2500円/月 内500円は会場費

講師:西岡美緒
2003年からジョグジャカルタのインドネシア芸術大学でガムランと舞踊を学ぶ。
王宮、結婚式など数々の舞踊公演に出演し研鑽を積まれた若手ジャワ舞踊家。
現在大阪のジャワガムラングループ「マルガサリ」に所属し演奏、舞踊と大いに活躍されています。

2011年8月27日「にわのあかり2011」のワヤン公演の様子です。@相楽園 神戸市

来月は
10/6, 10/20
です。

お問合せはこちら
mail@hanajoss.net
09090522523 ハナジョス ささきまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/09/19(月・祝) HANA★JOSSミニ公演@国際理解講演会「インドネシア・ガムランの集い」

会場:兵庫県宝塚市 宝塚市立中央公民館

下記の公演がHANA★JOSSのホームページで公開されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

201109_04_58_c0115958_0193080

9/19ガムランコンサートとお話と

国際理解講演会「インドネシア・ガムランの集い」

講演会とありますが、伝統衣装のお話と演奏を中心に、1時間ほどのミニ公演をいたします。
コンサートの後は、お茶を飲みながらの交流会もありますので、ぜひご参加ください。

201109_04_58_c0115958_0152057

時間:13:00~15:30
場所:宝塚市立中央公民館
〒665-0033
宝塚市伊孑志1丁目4-1(阪急電車逆瀬川駅下車)
電話 0797-73-0606
FAX 0797-71-3419

入場料:300円 定員:先着50名 
申し込み:(特)宝塚市国際交流協会
連絡先:(特)宝塚市国際交流協会(TEL0797-76-5917)

HANA★JOSS
http://hanajoss.net/

宝塚市立中央公民館
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/index.asp?PTN=ofc&OOM=2&ofcd=04030104000000&regid=120


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ワヤン協会 ゴロゴロ通信 On Line版 第69号(2011年9月号)

下記が日本ワヤン協会のホームページで公開されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ゴロゴロ通信 On Line版 第69号

http://homepage.mac.com/bima/Sites/banuwati/gorogorof.html

・ダラン・ジュパン、ガドガド風味のワヤンを上演する
(ジョグロスマル紙=ソロ市で売り出し中の日刊紙=2011・07・06、リナ・スティアニングルム)
・マンクヌゴロ王宮で「ラクササと美少女」を見る チュ・ストヨ
・種の力  芹澤 薫
・ジャワ再訪  吉上恭太
・初めてのソロでのワヤン上演 中村 伸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

【訂正】11/10/09(日) まったりお昼に本場ワヤンを味わう!お昼寝公演? クルタクルティワヤン@東京都

会場:東京都杉並区 アトリエ・カノン

下記の講座のお知らせをいただきました。

★お詫びと訂正★先の記事で「徹夜」と記載しましたのは間違いでした。
公演は午後2:30開演(2:00開場)です。お詫びして訂正いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kluthakkluthek_20111009s

お昼に現地ジャワのワヤンの雰囲気を味わえる!?ワヤン公演のお知らせ>

残暑が続くものの虫の音も聞こえ始め、確実に秋は近づいていると感じるこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

クルタクルティは、来たる10月9日(日)西荻窪のアトリエ・カノンにて「クルタクルティ ワヤン公演」を開催いたします。

演目「不死身のオントルジョ」は、厳しい修行の結果、神々ですら太刀打ちできないほどの超能力を身につけてしまったが故に、数奇な運命を辿ることになるオントルジョの物語。インドよりジャワに伝わったマハーバーラタの本筋に枝葉をつけて脚色した作品です。もちろんガムランは生演奏。使用する曲はほとんどがオリジナルです。

現地ジャワのワヤンは夜9時頃から一刻も休むことなく、少なくとも4時間、普通は6~7時間演じ続けられます。その「長い時間」に身を委ねて過ごすのも、ワヤンを見るときの大きな楽しみのひとつです。
今回の公演では、そうした雰囲気、ワヤン会場の居心地のよさや、演じる側と見る側の境界線があいまいな空間を味わっていただきたいと思い、現地並のたっぷり4時間前後の上演を用意いたしました。眠くなったらどうぞ居眠りをしてください。座りづめで体が痛くなったら外へ出て背伸びをしてきてください。ちょっとくらい見ていなくても物語はあまり進んでいません。

会場は全席自由、座布団席と椅子席を用意します。上演中の席の移動、会場の出入り自由です。1階のカフェから飲物やお菓子、ケーキなどのデリバリー(セルフサービスにて)ができます。My座布団・My枕の持ち込みも可です。(会場内への飲食物の持込はご遠慮下さい)

なお、ゆったりと過ごしていただけるよう定員に限りがございます。お早めのご予約をおすすめします。

どうぞお誘いあわせの上、ご来場くださいますようお願い申しあげます。

クルタクルティ一同

【公演概要】
2011年10月9日(日)アトリエ・カノン
(JR中央線西荻窪駅北口より徒歩約10分。東京都杉並区西荻北4-15-13)
午後2:30開演(2:00開場)
演目「不死身のオントルジョ」
予約・前売2,000円 当日2,500円 小学生1,000円(予約・前売共) 未就学児無料
全席自由、出入り自由、枕・座布団持込可、1Fカフェからデリバリー可。
【チケット取扱】
クルタクルティのWebサイト、e-mail、電話、ファックスにて。
下記の問い合わせ先に直接ご連絡ください。
【問い合わせ】
Webサイト:下記(チケット予約できます)
e-mail:kluthak@kazekusa.jp
tel: 03-3228-7887(風草工房内)
fax: 03-5318-7146

クルタクルティ
http://kluthak.kazekusa.jp/

アトリエ・カノン
http://www.gut.co.jp/kanon/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

11/09/19(月/祝) 東京芸術大学ジャワガムランクラブTitik Suara演奏会

会場:東京都千代田区 音工場KANDA

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

110919_geidai

芸大ジャワガムランクラブTitik Suara演奏会

日時:9月19日(月/祝)14:00 開演(13:30 開場)
会場:音工場KANDA
Tel 03-5294-0744 (当日のみ)
千代田区神田須田町1-16万惣ビル B1F

演奏:東京芸術大学ジャワガムランクラブ Titik Suara(ティティ・スアラ)

プログラム:「シンゴ・ヌバ~ビモ・クルド」「ルスン・ジュムングルン」
「ガンビョン・パンクール」他

入場無料(ジャワティー、茶菓子付き)
お問い合わせ:geidaigamelan@yahoo.co.jp

会場のご案内:
音工場KANDA(おとこうば・かんだ)
中央通りと靖国通りの須田町交差点「くだもの万惣」B1F。
(1) JR神田駅北口より、中央通りを秋葉原方面へ。
(2) 地下鉄丸ノ内線淡路町駅、都営新宿線小川町駅A1出口より、靖国通りを両国方面へ。
(3) 地下鉄銀座線神田駅6番出口より秋葉原方面へ。

*当日は休日につき「万惣ビル」の正面玄関は閉まっています。
中央通りと靖国通りの交差点、PCショップOTTOの角を曲りビルの裏、路地側の入り口からお入り下さい。

東京芸術大学ジャワガムランクラブ Titik Suara(ティティ・スアラ)
http://music.geocities.jp/geidaigamelan/

音工場KANDA
http://otokoba.com/kanda_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【詳細データ追加】11/07/10(日)より発売中! バリガムラングル-プトゥラン・ブーラン小編成の活動の集大成『ガムランの小箱』

下記のCDの詳細データをお知らせいただきましたので更新しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

D0143033_6452348 7月10日(日)発売となりました!!
『ガムランの小箱』Terang Bulan+佐野篤
全6曲 2,000円(tax in)

やっとでございます。初自主制作CD。
昨年11月にレコーディング。ミックスを数回重ね、春マスタリング、ジャケット制作etc..プレスして、、、今。
Tb_2011_fly_ura_web ここ数年のトゥラン・ブーラン小編成(7人)の活動の集大成ですね。昨年辺りからほんとに佐野あっちゃんにはお世話になっています。
そして、素晴らしい友人たちの作品でもあります。
ジャケットの絵は、山内新さん。
ジャケットデザインは、佐味千珠子さん。
アーティスト写真は、小原孝博さん。
録音&mixingは、谷澤一輝mokyさん。
masteringは、一口坂スタジオの京極和士さん。
一口坂スタジオの小川智史さんには本当にお世話になりました。
みなさん、本当にありがとうありがとうありがとう!!

フライヤー引用します。ガムランがハーモニーやメロディー=歌と繋がっているファンタジックな世界です。是非お聴きください。制作過程つれづれはまた。。

トゥラン・ブーラン + 佐野篤 Terang Bulan + Atsushi Sano
『ガムランの小箱 A Small Box of Gamelan』
    
どうぞ、その扉を開けてください・・・。ガムランの新しい道を模索するTerang Bulan(トゥラン・ブーラン)が、音の構築の天才、佐野篤と出会う。
青銅の響きとギターの音色が織り成す、幻想の小宇宙。
物語は始まっているのだ。

「私たちが信じているものは
 ジャンルでもなくスタイルでもなく
ただ、美しい響き 心地よい拍動(ビート) 心に残る旋律(メロディー)」櫻田素子

■演奏:ガムラン/Terang Bulan 7
          櫻田素子 秋山ゆかり 田中沙織 根岸久美子 錦織照子 若林康明 渡辺泰子
     ギター, vo/ 佐野篤(from KING)

■収録曲:
  1. ラサ・サヤン Rasa Sayange(インドネシア・マレーシア民謡) 
  2. 真夜中の庭で In the Midnight Garden(作曲:櫻田素子  
  3. 月の人 海の人 A Guide to the Moon(作詞・作曲:佐野篤)   
  4. シノム・ラドラン Sinom Ladrang(バリガムラン伝統曲) 
  5. 七色の音 Seven Colors(作詞・作曲:佐野篤)
  6. ブンガワン・ソロ Bengawan Solo(作曲:グサン・マルトハルトノ) 

  recording and mixing engineer :  谷澤一輝
  recorded at :  太陽ぬ荘(藤沢)
  mastering engineer :  京極和士(一口坂スタジオ)
  mastered at :  一口坂スタジオ(東京)
  sound direction :  櫻田素子 佐野篤
  illustration : 山内新
  jacket design :  佐味千珠子
  photograph :  小原孝博
 
special thanks to :
小川智史(一口坂スタジオ)
晴れたら空に豆まいて
太陽ぬ荘

  produced by  honeypancake  (office オンガクノ素)

2011年7月10日発売 ¥2,000(税込)
P&C 2011 honeypancake   Made in Japan
Information : office オンガクノ素  
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto
■e-mail :   info_onmoto@yahoo.co.jp

ライブ会場にて、またはメンバー本人より購入できますが、webよりお申し込みの方は、info_onmoto(@)yahoo.co.jp までご連絡ください。(カッコをはずしたものが正式アドレスです。スパム防止のため。)
折り返し、ご購入方法につきまして、ご連絡いたします。尚、別途郵送料をいただくようになります。

『ガムランの小箱』購入のお問い合わせ先:
info_onmoto(@)yahoo.co.jp (カッコをはずしたものが正式アドレスです)

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/10/02(日) 音の森ガムラン・スタジオ(旧音工場Omori)バリ・ガムラン一日体験講座

会場:東京都大田区 音の森ガムラン・スタジオ(旧音工場Omori)

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Putu111002

音の森ガムラン・スタジオ(旧音工場Omori)
「バリ・ガムラン一日体験講座」

「バリ島」では村人、一人一人が芸術家です。
その芸能もまた、村の人々によって育まれてきました。
そしてその魅力は、体験することで、より一層増していくのです。
音の森ガムラン・スタジオの精鋭講師陣が、あなたを「バリ島」の神秘 へ誘います。

日時:2011年10月2日(日)14:30~
17:00
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
対象:初心者
参加費:3.500円
申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先・ガムランの経験の有無をご記入の上、郵便・FAX.・ E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。
会場・お申込み:音の森ガムラン・スタジオ(旧音工場Omori)
大田区大森北6-26-18-3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : gamelan@otonomori.jp

Dsc_6396

交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩 2分。

音の森 ガムラン・スタジオ(旧:音工場Omori)
http://otonomori.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/09/12(月) 初めての交流演奏会 東京×沖縄芸大ガムランクラブお月見演奏会

会場:沖縄県那覇市 沖縄県立芸術大学・中庭

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京⇔沖縄「お月見ジャワガムラン交流会」
~月夜の下の毛遊びぃ~

日時:9月12日(月)十五夜 19:00~20:00
会場:沖縄県立芸術大学・中庭(雨天時:ピロティ)
モノレール首里駅より徒歩10分
当蔵(とうのくら)バス停下車・徒歩1分
沖縄県那覇市首里当蔵町1-4
     
演奏:
沖縄芸大ガムランクラブ「SANGA」
東京芸大ガムランクラブ「Tltik Suara」

沖縄県立芸大のジャワガムラン・クラブ「ソンゴ」と東京芸大のジャワガムラン・クラブ「ティティ・スアラ」が、初めての交流演奏会を開催します。
月を眺めながら、ゆったりとしたガムランの調べをお楽しみ下さい。

プログラム:「ググル・グヌン」「ウィルジュン」「ラングン・ギト」
「ハイサイおじさん」「浜千鳥」他

お問い合わせ:080-3967-6752(亀島)ryoseng@gmail.com

沖縄県立芸術大学ガムランクラブ「SANGA」
http://gosenkobo.jp/gamelan/

東京芸術大学ジャワガムランクラブ Titik Suara(ティティ・スアラ)
http://music.geocities.jp/geidaigamelan/

沖縄県立芸術大学
http://www.okigei.ac.jp/access/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/09/18(日) Terang Bulanライブ 『ガムラン宇宙遊泳!』 @池袋 らいぶはうす 鈴ん小屋

会場:東京・池袋 鈴ん小屋(りんごや)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Tb20110918_flier_a51_web_3

◎2011年9月18日(日) open 16:00 / start 16:30
『ガムラン宇宙遊泳!!』 
@池袋 らいぶはうす 鈴ん小屋(りんごや)

青銅の音を浴びる。ガムランの宇宙にたゆたふ。
ここまできました、ガムランの旅。
靴を脱いで入る、誰かのおうちのリビングのようなライブハウスでリラックス!
*3.13から延期となったライブ。収益の一部を東日本大震災の支援金として寄付いたします。

Sept181_2

会場:
池袋 らいぶはうす 鈴ん小屋(りんごや)
東京都豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1F
16:00open/16:30start
Sept_182_2

出演:Terang Bulan(櫻田素子 秋山ゆかり 田中沙織 錦織照子 若林康明 渡辺泰子)/ガムラン
佐野篤(from KING)/ギター、チェロ、歌
小泉ちづこ/バリ舞踊
舞台協力:山内新

Sept_183

料金:前売¥2500/ 当日¥2800(D代別途)

【ご予約】
Emailとお電話(03-6382-7273/午後2時~22時まで)にて受付させていただきます。件名に【3/13(日)「ガムランライブ」予約】とご記入の上、本文にお名前と電話番号、希望枚数を添えて下記までお送りください。折り返し確認のご連絡を差し上げます。お手数をお掛け致します。ringoya@arrow.ocn.ne.jp(前日23:00まで受付)

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

佐野篤
http://www.thekingdome.net/

小泉ちづこ 
http://www.muse.dti.ne.jp/~c-bumi/purofia[ru.html

山内新
http://sinbaru.jimdo.com/

鈴ん小屋(りんごや・池袋)
http://www.ringoya.org/html/top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

近刊:9月日本ワヤン協会 松本亮先生、11月皆川厚一さん

ガドガドのブログに下記が掲載されていました。
http://gadogado.exblog.jp/13391966/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

近刊:「ジャワ・バリ、舞踊の花をたずねて」(著者:松本亮 日本ワヤン協会主宰)

「現代インドネシア事情」のブログに出ていたので、出版社めこんのホームページを訪ねました。

「進行中・重版」のページから

9月
「ジャワ・バリ、舞踊の花をたずねて」(著者:松本亮氏
「ワヤン」の松本亮さんはかつてバレエの台本も書いたほど舞踊には造詣が深いのです。50年にわたってジャワとバリの舞踊を訪ね歩いた旅の集大成。

11月
「バリの秘密」(著者:皆川厚一)
バリのガムラン、舞踊、祭り、絵画…。あのめくるめくような魅力の源泉は何なのでしょうか?

出版社「めこん」
http://www.mekong-publishing.com/

現代インドネシア事情
http://plaza.rakuten.co.jp/gendaiindonesia/diary/


日本ワヤン協会
http://homepage.mac.com/bima/Sites/banuwati/

シダカルヤ
http://tgamelan.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »