« 絵本「スマントリとスコスロノ」原画、ジャワ島へ/日本人作家4人展「東京うさぎ」 | トップページ | 11/04/03(日) 桜の花の下でバリガムラン舞踊&演奏@第10回御影花びらまつり「花に集い、花に酔う」 »

2011年3月10日 (木)

11/03/15(火) 国際シンポジウム「東南アジアにおけるゴングの映像民族誌」

会場 大阪府吹田市 国立民族学博物館

下記のシンポジウムがガドガドブログおよび国立民族学博物館のホームぺージに出ていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

国際シンポジウム
「東南アジアにおけるゴングの映像民族誌」

日 時:2011年3月14日(月)~15日(火)
場 所:国立民族学博物館 第4セミナー室
〒565-0826
大阪府吹田市千里万博公園10−1
06-6876-2151
定 員:30名
使用言語:日本語及び英語(同時通訳有り)
参加方法:要申込・無料

インドネシア関連

3月15日(火) 

「映像に見る東南アジアのゴング―国立民族学博物館の新音楽展示から」
福岡正太(国立民族学博物館)

「バリにおけるゴング職人―製作と流通」
イ・マデ・カルタワン(インドネシア芸術大学デンパサール校)

「ゴング、民族音楽学、映像音響メディア―インドネシア芸術教育研究所による教育プログラムのコンセプトと経験」
エンド・スアンダ(インドネシア芸術教育研究所)

「東南アジアにおけるゴングに関する映像民族誌の可能性」
梅田英春(沖縄県立芸術大学)

趣旨
このシンポジウムは、人間文化研究機構連携研究「人間文化資源」の総合的研究における研究プロジェクト「映像による芸能の民族誌の人間文化資源的活用」の一環として開催するものである。このプロジェクトは、芸能を記録し分析する手段としての映像ばかりでなく、芸能にかかわる様々な人々を結びつけるメディアとしての映像民族誌に焦点をあてている。私たちは、映像制作者により完成され固定された作品として映像を扱うのではなく、生き生きとした対話の場として、常に批評や批判に開かれ、必要に応じて変更を加えながら、異なる声を反映させていくべきものとして映像民族誌を位置づけている。そうした映像民族誌は、芸能について理解を深め、新たに何かを発見する場ともなるであろう。

このシンポジウムにおいては、東南アジアのゴングとその音楽を例として、そうした映像民族誌作成の可能性について議論する。ゴングは東南アジアの音楽文化を特徴付ける楽器の1つであるが、その重要性は音楽のみに限られない。東南アジアの人々は、しばしば、ゴングに超自然的な力を認め、代々伝えられる家宝として大切にしている。また、ゴングは経済的な価値をもつ商品でもある。国立民族学博物館は、ゴングとゴング音楽の諸相について、カンボジア、フィリピン、マレーシア、インドネシアなどにおいて、調査と収集を行ってきた。昨年新構築された音楽展示では、東南アジアのゴングを1つのテーマとして選び、様々な地域の多彩なゴング・アンサンブルを展示している。さらに、私たちは、それぞれのゴング文化についての映像記録も作成してきた。

このような経験に基づき、このシンポジウムでは、東南アジア音楽の専門家を招き、東南アジアのゴング文化について論じる。それぞれの地域のゴングとゴング音楽を比較および相互交流の視点から位置づけ、映像により東南アジアのゴング文化のダイナミズムをとらえる新しい研究モデルの構築を目指したい。

詳細
http://www.minpaku.ac.jp/research/fr/20110314-15.html

[お問い合わせ先]
国立民族学博物館 福岡研究室
E-mail:fukuoka●idc.minpaku.ac.jp(●を@でおきかえてください)

梅田英春
http://blog.goo.ne.jp/nangtalung


ガドガドブログ
http://gadogado.exblog.jp/

国立民族学博物館
http://www.minpaku.ac.jp/

大きな地図で見る

|

« 絵本「スマントリとスコスロノ」原画、ジャワ島へ/日本人作家4人展「東京うさぎ」 | トップページ | 11/04/03(日) 桜の花の下でバリガムラン舞踊&演奏@第10回御影花びらまつり「花に集い、花に酔う」 »

バリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/03/15(火) 国際シンポジウム「東南アジアにおけるゴングの映像民族誌」:

« 絵本「スマントリとスコスロノ」原画、ジャワ島へ/日本人作家4人展「東京うさぎ」 | トップページ | 11/04/03(日) 桜の花の下でバリガムラン舞踊&演奏@第10回御影花びらまつり「花に集い、花に酔う」 »