« 11/03/06(日) 深川バロン倶楽部 バリ舞踊・音楽ワークショップ&ミニコンサート | トップページ | 11/03/06(日) 音工場Omori PUTU先生の日曜ガムラン入門コース開講のお知らせ »

2011年2月19日 (土)

11/02/20(日)&03/06(日) 音工場Omori 経験者向け・バリ古典舞踊ガンブー月1回講座(講師:車田れい子)

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記の講座のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

音工場Omori   Condong Gambuh~チョンドン・ガンブー月1回講座

Gambuh 神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。
なかでも、竹笛の調べとともに踊られる古典舞踊のガンブーは、祖先の霊を喜ばせる為に踊られる舞踊劇で、バリ芸術の源となったと言われています。
月1回、少しずつ積み重ねてチョンドン・ガンブーの踊りの完成を目指して行きます。
神秘の芸能を、あなたも体験してみませんか。

講師:車田れい子
日程:
NO.5  2011年2月20日(日)15時~17時
NO.6  2011年 3月 6日(日)12時30分~14時30分

*講座日は基本的に月1回、日曜になります。
*この後も継続して行い、内容的には続いていきます。以降の日程に関しては随時御連絡致します。
対象:バリ舞踊経験者(初級以上。基本の型アグムが出来ること。)
定員:8名 (先着順)
参加費:1回 3.000円
内容:
古典であるガンブーの中から、女官(チョンドン)役をとりあげて練習していきます。
バリ舞踊の女性の踊りの基礎をふまえながら、古典・ガンブーの素晴らしさを学んでいきます。
まずは、チョンドン独特のジャランの練習、曲を用いて踊りの練習、セリフの言い回し、動きながらのセリフの練習、アンセル等を学んでいき、チョンドン役の「役どころ紹介場面」(物語に入る前に踊られる各役どころ紹介場面。
その中のチョンドン役紹介場面)の完成を目指していきます。

車田れい子(くるまだ れいこ)
多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業
1994年より、インドネシア・バリ島へ長期で渡り、本格的にバリ舞踊修得に励む。
Ni Komang Bintang Sarini氏、 Ni Komang Ariningsih氏姉妹に師事。
以降、様々な踊り手にに師事し、日本とバリ島を行き来しながら、寺院への奉納などを重ね、造詣を深める。
1995年、ジャワ島にて開かれた『ガムラン・インターナショナルフェスティバル』に、日本のガムラングループ『スカルジュプン』の踊り手として参加。
2000年、バリ島での『バリ・アートフェスティバル(PKB)』 に、スカルジュプンの踊り手として参加。
1999年より『音工場HANEDA』のバリ舞踊講師。

申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
会場・お申込み:音工場Omori 〒143-0016 大田区大森北 6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451 

E-mail:
info_otokoba@yahoo.co.jp http://sound.jp/otokoba/

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

|

« 11/03/06(日) 深川バロン倶楽部 バリ舞踊・音楽ワークショップ&ミニコンサート | トップページ | 11/03/06(日) 音工場Omori PUTU先生の日曜ガムラン入門コース開講のお知らせ »

「講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121735/50912059

この記事へのトラックバック一覧です: 11/02/20(日)&03/06(日) 音工場Omori 経験者向け・バリ古典舞踊ガンブー月1回講座(講師:車田れい子):

« 11/03/06(日) 深川バロン倶楽部 バリ舞踊・音楽ワークショップ&ミニコンサート | トップページ | 11/03/06(日) 音工場Omori PUTU先生の日曜ガムラン入門コース開講のお知らせ »