« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

10/12/31(金) モンキー DE 大晦日 ジャワ & バリ 舞踊 カウントダウン PESTA

会場:東京・渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

下記の公演がバリカフェ・モンキーフォレスト のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

●モンキー DE 大晦日 ジャワ & バリ 舞踊 カウントダウン PESTA

2010年最後はデワンダルメンバとバリ舞踊家たちによる舞踊の競演をお届けします。

ステージの締めはお客様にも参加していただき一緒にカウントダウンしたいといます。
豪華メンバーでお届けする色彩豊かな舞踊をどうぞお楽しみ下さい!

日時 :2010年12月31日(金) 21時30分~
場所 :渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
会費 :\1,000+ワンドリンク

第1部 21:30~
◆Panyembrama パニャンブラマ・・・歓迎の踊り
 宮沢巳起代 川名直美

◆Gambyong Pareanow ガンビョンパレアノム・・・五穀豊饒の踊り
 河戸ユミコ 早野サカモト葉子 持田新子

◆Cendrawasih チェンドラワシ・・・極楽鳥の踊り
 安谷絵里 尾形布美子

◆Remo Putri レモプトゥリ・・・東ジャワの勇壮な武将の踊り
 川島未耒

-休憩30分-

第2部 23:00~
◆Jauk manis ジャウッ・マニス・・・魔物の仮面の踊り
 松重貢一郎

◆Lengger Gambyong Callung レンゲルガンビョンチャルン・・・バニュマス地方の華やかな踊り
 金沢かりな 舟山あゆ美 山本有香

◆Bajidor Kahot バシドルカホ・・・バリとスンダのジャイポンがミックスした踊り 他
 Rianto(リアント)

バリカフェ・モンキーフォレスト 
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

11/01/25(土)~01/30(日) 写真展「東南アジア影絵人形芝居探訪」撮影:熊谷 正+トークショー&ワヤンライブ

会場:東京都港区 日本アセアンセンター

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  写Sb02_2真展「東南アジア影絵人形芝居探訪」撮影:熊谷 正
インドネシアのワヤン・クリとカンボジアのスバエク・トム

インドネシアのジャワ島には、珠玉の民俗芸能がいろいろあるが、ひときわ盛んに行われているのは、影絵人形芝居ワヤン・クリ。水牛の革で作られた人形が一灯の光に照らされて、夜のしじまの中で、民衆に語りかける。
「人はいずこから来て、いずこへ行くのか」と……。

祖霊Sb03の鎮魂、家内安全、五穀豊穣を祈願するために、ひとりの人形使いダランが、数十体もの人形を操り、ガムランを指揮し、語り、一晩中上演は続く。その夢幻の世界に彷徨いながら、その場に居る事の心地よさに魅せられて通い始めて20年余。
演目の骨子になるインドの古代叙事詩「ラーマーヤナ」「マハーバーラタ」の物語を軸に影絵芝居を上演しているところを探す旅に出た。ルーツは、南インドのコーチン近郊、そしてタイ、カンボジア、インドネシアと分布しているが、今回はインドネシア・ジャワ島のワヤン・クリとカンボジアのスバエク・トムを中心に撮影した写真を展示します。影絵芝居にかける民衆の想いを、人々の生活風景写真を交えて、堪能していただけたら幸いです。

Portrait01 写真家 熊谷正
1951年 長野県生まれ
東京綜合写真専門学校卒業
フリーのカメラアシスタントを経てスタジオベアーズ設立。
広告、雑誌でイメージフォト、商品撮影、人物写真を中心に撮影するかたわら、民俗芸能、舞台芸能のルポルタージュフォトと、ふるさと回帰の写真撮影をライフワークにしている。
(社)日本写真家協会会員 日本ワヤン協会会員 ハチク会会員
インドネシア美術研究会会員 フォトボランティアジャパン会員
織田ファッション専門学校フォトワーク講師

Sp01_2 会場:日本アセアンセンター・アセアンホール(TEL 03-5402-8001)
〒105-0004東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル 1階
受付  Tel:03-5402-8001
都営三田線御成門駅より徒歩1分
会期:2011年1月25日(火)~2月3 日(木)9:30~17:30 1月30 日(日)閉館

サイドイベント:
1月29日(土)13:00~ 18:00

スバエクトム(カンボジアの影絵人形芝居)の トークショー
福富友子(スバエクの会 主宰)
カンボジアの影絵芝居の保存・復興にかかわりながら、旅の指差し会話帳「カンボジア語」の著者としてもご活躍されている福富友子氏にお話していただきます。

フロアレクチャー(展示作品解説、スライドショー)
写真家 熊谷正
撮影エピソードを交え、影絵人形劇の魅力についてお話いたします。

ワヤン・ライブ(ジャワのワヤン・クリ上演 演目 アノマン使者に立つ 観劇無料)
ダラン 日本ワヤン協会 中辻正
現地録音による音声と日本語のバイリンガルでジャワのワヤンを観劇していただけます。

20年余、撮り続けて来たインドネシアの影絵人形芝居ワヤン・クリとそのルーツを探す旅で出会ったカンボジアの影絵人形芝居スバエク・トムを中心に撮影した写真を展示します。

STUDIO BEARS/熊谷 正
http://www.stbears.com

ジャワの風景とワヤンの写真
http://www.stbears.com/kuma/jawa001.html
スバエクトムの写真
http://www.stbears.com/kuma/cb-sbaek.html

関連記事:【インタビュー】メイキング・オブ・ワヤンの絵本 写真家熊谷正さんに聞く 「たくさんのふしぎ」 2009年1月号「ノントン・ワヤン(ワヤンを見に行こう)!」
http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2008/12/20091-a894.html

スバエクの会
http://www17.ocn.ne.jp/~sbaek/index.htm

日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/

日本アセアンセンター
http://www.asean.or.jp/ja/


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

10/12/23(木・祝) グンデル・ワヤン発表会2010

下記の公演がグンデルワヤングループ パドマのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010121717262283d 今年は東京ベースの2チームで一緒にやります。一年間の練習の成果を披露します。お時間がある方は是非いらしてください。入場無料です。

グンデルワヤン合同発表会
12月23日(木祝)13:45開場 14:00開演
出演:バンジャール経堂+バンジャール国立
場所:スタジオキャロル(用賀駅徒歩5分、世田谷区用賀2-19-1、tel 03-3709-0288)
入場無料

問合せ先 padmabali@hotmail.com

グンデルワヤングループ パドマ
http://www.geocities.jp/genderpadma/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

10/12/26(日) スミリールによる第1回ガムランの理論講座

会場:東京都港区 港区立生涯学習センター

下記の講座がスミリールのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガムランの理論講座~第1回開催

日時:12月26日(日)午前10時~11時30分 
場所:港区立生涯学習センター(地図 〒105-0004 東京都港区新橋3-16-3)
最寄駅:JR新橋駅鳥森口より徒歩3分
対象:ガムランに何回か触ったことがあり、最低限大体の楽器の名前をある程度知っている人。
参加:今回は初回(トライアル)ということで無料!
持ち物:筆記用具

「merongって何?」 「inggahって何?」とガムランをやってる知り合いに聞かれた。

ジャワガムランは当然いろいろな曲名や用語はジャワ語で書いてあります。ジャワガムランを勉強するために留学したことのあるような人は、大体その用語はわかっています。ところが日本でガムランを始めた人々(留学してない)はガムランで使っている用語の意味などはあまり分からない人が多いよう。

日本でガムランの理論を学ぶ機会や教えてくれる人は少ないので、ガムランに関して疑問を持ってる人も少なくないと思います。

なので、ガムランの理論講座を開催することにしました。
第1回はおそらくまずは曲のかたち(bentuk gendhing)についての講義になります。

講師は私、スミヤントです。楽器はなく授業のみです。

興味ある方/参加したい方は gong.sumilir@gmail.comまで事前にご連絡ください。

スミヤント(Sumiyanto)

インドネシア、中部ジャワ・クラテン出身。
ソロ国立芸術高校伝統音楽学科卒業後、バリ島にて演奏活動を始める。インドネシア国立芸術大学在学中より国内外の学生にガムランを教授するほか、“Keras tanpa S”というグループを立ち上げ、公演活動を行う。
その後、チェコの在プラハ インドネシア大使館の要請を受け、プラハにて活動。2006年からは活動拠点を日本に移し、アメリカや東欧、日本の現代作曲家とのコラボレーションにも取り組んでいる。

「スミリール」

「スミリール」は、インドネシアのジャワ島の音楽や舞踊を中心に活動しているグループです。
「スミリール」というのはジャワ語で「そよ風」という意味です。グループの主宰はインドネシア人のスミヤント(Sumiyanto)。ジャワの伝統楽器ガムランの演奏者。また、ガムランを使った作曲も行います。ジャワの楽器ガムランによる演奏や影絵芝居、ジャワ伝統舞踊などレパートリーはさまざまです。フェスティバルへの参加や、ライブ活動を行っています。

ジャワ島の音楽・舞踊 スミリール
http://sumilir.seesaa.net/

港区立生涯学習センター
http://www.kissport.or.jp/sisetu/syougai/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

【フライヤー掲載】11/01/23(日) 新春コンサート『バリ島から吹く風~ガムラン音楽と舞踊』

会場:千葉県船橋市 船橋市三咲公民館〈講堂〉

下記の公演のお知らせをいただきました。(12/11 フライヤーをいただきました)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20110123_yagigatani_flier1_2

2011/1/23(日)新春コンサート『バリ島から吹く風~ガムラン音楽と舞踊』
@船橋市三咲公民館〈講堂〉
〒274-0812
千葉県船橋市三咲3丁目5番10号
TEL 047-448-3291
FAX 047-448-3659
open 13:30 / start 14:00 / close 15:30

20110123_yagigatani_flier2_3
出演:
櫻田素子 秋山ゆかり 渡辺泰子(from ガムラングループ Terang Bulan)/ガムラン
小泉ちづこ/バリ舞踊

主催:船橋市八木ヶ谷公民館
tel.047-448-5030

詳細未定(決定次第お知らせします)

船橋市三咲公民館〈講堂〉
http://www.city.funabashi.chiba.jp/k-misaki/hk-misaki/index.htm

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

【フライヤー掲載】10/12/25(土) 豆腐料理とガムラン・クリスマスライブ 『天へ向かって音が降る夜・Ⅱ』

会場:神奈川・相模原市 とうふカフェレストランy

下記の公演のお知らせをいただきました。(12/11 フライヤーをいただきました。)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20101225_y_tb_flier_web 2010年12月25日(土) open 17:30 / start 19:00
豆腐料理とガムラン『天へ向かって音が降る夜・Ⅱ』
@とうふカフェレストランy(わい・相模原市清新5-1-22)

出演:Terang Bulan(櫻田素子 秋山ゆかり 田中沙織 錦織照子 若林康明 渡辺泰子)/ガムラン
佐野篤(from KING) /ギター、ヴァイオリン、チェロ
山室祥子/バリ舞踊
荒内琴江/バリ舞踊

大好評、身体が元気になる豆腐料理とモダン・バリ調の癒しの空間に、南国バリ島のガムラン音楽のグループ、Terang Bulanがやってくる・第3弾決まりました!

クリスマスライブですよ!!
ギター、チェロに佐野篤氏を迎え、青銅ガムランや竹ガムランと弦楽器の音色が絡み合い、妖艶なバリ舞踊がクリスマスの夜を彩ります。
バリ舞踊は、現在ニューヨークで活躍中、久々の帰国の麗しき星、山室祥子と、熱きスピリットの持ち主であり女性でありながら素晴らしい仮面舞踊を踊る荒内琴江。
バリ伝統曲、インドネシアの歌、オリジナル作品などと共に、光り輝く夜をどうぞ。
お豆腐料理は、ドリア、カレー、ハンバーグ、おなべ、とうふデザートなどなど、いわゆる和食というよりも洋食屋さん。お持ち帰りの豆乳、豆腐、豆腐デザートもお勧めです!

協力:小原孝博

◎お一人様 3500円(豆腐料理、1ドリンク、チャージ含む) 先着40名(お早めにお申し込みください)
※要予約:カフェレストランy(わい)tel.042-770-8122
相模原市清新5-1-22
JR横浜線相模原駅またはJR相模線南橋本駅より徒歩10分ほど、国道16号線沿い清新交差点そば(P8台あり)

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

とうふ屋「わい」

http://www.ab.auone-net.jp/~wai/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

10/12/04(土) ~ 11/05/08(日)  ガムラン@コニカミノルタ プラネタリウム“満天”

会場:東京都豊島区 コニカミノルタ プラネタリウム“満天”

下記がコニカミノルタ プラネタリウム“満天”のホームページおよび櫻田素子さんのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

D0143033_17173819 プラネタリウム「満天」アジアンヒーリング番組にてガムラン音楽担当

星空きらめく南国のリゾートへ。.
アジアンリゾートで過ごす一夜。そこは、無数の星たちがきらめき、やさしい波音に心ゆらめく地。さあ、南国の神秘のひとときへ旅立ちましょう。

見どころは、ゆっくりと夜空を舞うように飛んでいく無数の紙灯篭コン・ファイ。タイの夜祭りロイカートンでしか見られない光景が、360度のドームスクリーンいっぱいに映し出される様子は必見です。風の音、ガムラン、風鈴、宝鈴の音色にいざなわれ、幻想的な世界へと惹きこまれてゆくことでしょう。

番組では、エキゾチックな夜にぴったりのビャクダン系アロマと、やすらぎのフローラル系アロマが香ります。リラクセーションの手法として確立された、アロマとアジアンヒーリングミュージックでリラックスタイムをお届けします。

ナレーションは、ラジオパーソナリティなどで活躍中のクリス智子さんが担当。海と豊かな自然に囲まれた、アジアの極上の夜へご招待します。

コニカミノルタ プラネタリウム“満天”
東京都豊島区東池袋3-1-3
サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上

上映期間 2010年12月4日(土) ~ 2011年5月8日(日)
上映時間 19:00(上映時間約50分)
※金・土・日・祝日および水曜日ノー残業デーは20時の回も上映
チケット料金 一律1200円
◆レディースデー(毎月第3水曜日)
一律(女性)1200円→1000円
※小学生未満の方のご入場はご遠慮願います

---
(櫻田素子さんブログより)

音楽は、シンセや環境音のSEなどいろいろで、その中で4曲ほどガムランで作って演奏しております。
相棒やっちゃん、こと、渡辺泰子さん、ベーシスト・作曲家のお友だち、あっちゃん、こと、佐野篤氏と櫻田の3人で録音しました。
曲によって、佐野氏のギターやチェロ・ヴァイオリンが入っています。
4曲目は、佐野氏との共作です。

サラウンドで音が聴こえます。
立派なスタジオで贅沢なマイキングで、素晴らしい音で録っていただきました。
エンジニアのM坂さん、ありがとうございました〜。
そして、番組のためのエディットがまた素晴らしい。。O川さん、ありがとうございます!!
かなり、ガムラン、フィーチャーされてます。
いい香りもしてきます。うっとりです。
是非ぜひお出かけください!

櫻田素子さんブログ
http://motosbulan.exblog.jp/12429651/

---

クリス智子
http://www.christomoko.com/index.html

http://www.j-wave.co.jp/original/curious/

コニカミノルタ プラネタリウム“満天”
http://www.konicaminolta.jp/manten/program/healing/winter_10/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

10/12/09(木) ミニコンサート「ガムラン 水が流れるように」

会場:大阪府豊中市 大阪大学豊中キャンパスオレンジショップ

Margasari Newsに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

夜明け前の澄んだ空に一瞬金星が金色に光る瞬間があります。
12月9日(木)、大阪大学コミュニケーションデザインセンター (CSCD)で開かれるカフェイベントにて、ジャワガムランのミニコンサートを行います。
 ジャワガムランてどんな音楽?ゆっくりで退屈で眠くなる音楽?金属の響きにつつまれて心地よい音楽?掴みどころが無いようでいて、でも何故か惹かれるジャワガムラン。今回のミュージックカフェは、そんなジャワガムランの快楽の秘密について皆様と一緒にじっくり感じて考えてみようという試みです。手がかりとなるのは、ガムランを語るときにジャワでもしばしば用いられる「水が流れるように」という喩えです。
様々なジャワの古典曲の演奏を行う予定ですが、それを演奏する人や聴く人はどのように音楽を感じているのか、たくさんの方とお話できればと思います。
ジャワガムランは初めての方も、ジャワガムランがずっと前から大好きという方も、秋の夜長にゆったりのんびり、そしてもっと自由に、ジャワガムランを体感してみませんか。

オレンジカフェ/ミュージックカフェ
「ガムラン 水が流れるように」

日時:12月9日(木)19:00~21:00
場所:大阪大学豊中キャンパスオレンジショップ
(豊中キャンパス基礎工学部I棟1階)
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16

ゲスト:マルガサリ
カフェマスター:本間直樹(CSCD准教授)
備考:入場無料/申込不要
主催:大阪大学コミュニケーションデザインセンター

「水が流れるように」は、インドネシア・ジャワの音楽と舞踊の根本を表現する言葉であるといわれます。今回、大阪で活躍するガムラングループ、マルガサリを招きます。ミニコンサート形式でジャワ古典音楽の真髄にちょっと触れてみましょう。実際に、楽器に触れていただけます。
(CSCDのwebサイトより)

Gamelan MARGA SARI 
〒563-0211 大阪府豊能郡豊能町牧下林9-5 
スペース天

Gamelan MARGA SARI 
http://margasari.com/

イベント情報
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/activity/view/594?mode=0&page=1&discipline=&activity=&staff=&keyword=

大阪大学コミュニケーションデザインセンター (CSCD)
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/about/orangeshop.html


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »