« 【フライヤー掲載】11/01/23(日) 新春コンサート『バリ島から吹く風~ガムラン音楽と舞踊』 | トップページ | 10/12/23(木・祝) グンデル・ワヤン発表会2010 »

2010年12月12日 (日)

10/12/26(日) スミリールによる第1回ガムランの理論講座

会場:東京都港区 港区立生涯学習センター

下記の講座がスミリールのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガムランの理論講座~第1回開催

日時:12月26日(日)午前10時~11時30分 
場所:港区立生涯学習センター(地図 〒105-0004 東京都港区新橋3-16-3)
最寄駅:JR新橋駅鳥森口より徒歩3分
対象:ガムランに何回か触ったことがあり、最低限大体の楽器の名前をある程度知っている人。
参加:今回は初回(トライアル)ということで無料!
持ち物:筆記用具

「merongって何?」 「inggahって何?」とガムランをやってる知り合いに聞かれた。

ジャワガムランは当然いろいろな曲名や用語はジャワ語で書いてあります。ジャワガムランを勉強するために留学したことのあるような人は、大体その用語はわかっています。ところが日本でガムランを始めた人々(留学してない)はガムランで使っている用語の意味などはあまり分からない人が多いよう。

日本でガムランの理論を学ぶ機会や教えてくれる人は少ないので、ガムランに関して疑問を持ってる人も少なくないと思います。

なので、ガムランの理論講座を開催することにしました。
第1回はおそらくまずは曲のかたち(bentuk gendhing)についての講義になります。

講師は私、スミヤントです。楽器はなく授業のみです。

興味ある方/参加したい方は gong.sumilir@gmail.comまで事前にご連絡ください。

スミヤント(Sumiyanto)

インドネシア、中部ジャワ・クラテン出身。
ソロ国立芸術高校伝統音楽学科卒業後、バリ島にて演奏活動を始める。インドネシア国立芸術大学在学中より国内外の学生にガムランを教授するほか、“Keras tanpa S”というグループを立ち上げ、公演活動を行う。
その後、チェコの在プラハ インドネシア大使館の要請を受け、プラハにて活動。2006年からは活動拠点を日本に移し、アメリカや東欧、日本の現代作曲家とのコラボレーションにも取り組んでいる。

「スミリール」

「スミリール」は、インドネシアのジャワ島の音楽や舞踊を中心に活動しているグループです。
「スミリール」というのはジャワ語で「そよ風」という意味です。グループの主宰はインドネシア人のスミヤント(Sumiyanto)。ジャワの伝統楽器ガムランの演奏者。また、ガムランを使った作曲も行います。ジャワの楽器ガムランによる演奏や影絵芝居、ジャワ伝統舞踊などレパートリーはさまざまです。フェスティバルへの参加や、ライブ活動を行っています。

ジャワ島の音楽・舞踊 スミリール
http://sumilir.seesaa.net/

港区立生涯学習センター
http://www.kissport.or.jp/sisetu/syougai/index.html

大きな地図で見る

|

« 【フライヤー掲載】11/01/23(日) 新春コンサート『バリ島から吹く風~ガムラン音楽と舞踊』 | トップページ | 10/12/23(木・祝) グンデル・ワヤン発表会2010 »

講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/12/26(日) スミリールによる第1回ガムランの理論講座:

« 【フライヤー掲載】11/01/23(日) 新春コンサート『バリ島から吹く風~ガムラン音楽と舞踊』 | トップページ | 10/12/23(木・祝) グンデル・ワヤン発表会2010 »