« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

10/10/31(日) ジャワガムランの神髄を集めて~ジャワガムランの古典曲をじっくり楽しもう!

会場:東京・新橋 ランバンサリ・スタジオ

下記の公演がランバンサリのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第9回 Klenengan di 新橋
「ジャワガムランの古典曲をじっくり楽しもう!」

日時:10月31日(日)17:00〜21:00
会場:ランバンサリ・スタジオ
入場無料(茶菓子付)

ジャワガムランの古典曲は、数曲を続けて途切れることなく演奏される場合も多く、一連の演奏が終わるまでに数十分もかかることがあります。演奏時間が長くなるため、ランバンサリの通常の演奏会ではなかなか取り上げることができませんが、今回はそんなジャワガムランの神髄ともいえる魅力的な曲の数々を集めて、ランバンサリ・スタジオで皆さんと楽しい一時を過ごしてみたいと思います。
演奏に加わるもよし、お茶を飲みながらゆったりと聴くもよし、出入りも自由という気楽な会です。ガムラン経験者の皆さん、初めて聴く方、どんな方でも大歓迎です。お誘い合わせの上、気軽にご来場下さい。演奏する曲の楽譜は当日用意いたします。特に練習は行いませんので、どんな演奏が繰り広げられるかは、当日のお楽しみといったところです。演奏の飛び入り大歓迎! 秋の宵をまったりとジャワガムランでお楽しみ下さい。                  
プログラム:
1. Gd. TEJANATA – Ldr. SEMBAWA – Ldr. PLAYON  pl.5
2. Gd. PUJANGGA ANOM – Ldr. JONGKERI  sl.6/sl.m.
3. Gd. BONDHAN KINATHI  pl.6
4. Gd. LALERMENGENG - Ldr. TLUTUR - Ktw. PANGKUR DHUDHAKASMARAN  sl.9
5. Gd. PAREPAT  pl.br.
6. Gd. CARANG GANTUNG – Ldr. GONJING MIRING - Ayak-ayakan PAMUNGKAS  sl.m.

ランバンサリ・スタジオ
Tel 03-3519-6637
港区西新橋1-17-16 宮田ビルB2F
JR新橋駅日比谷口(SL広場)より徒歩5分

ご予約・お問い合わせ:Klenengan事務
Tel&Fax: 03-3916-6171(櫻井)
E-mail: office@lambangsari.com

ランバンサリ・スタジオ
http://www.lambangsari.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月数回開催 伊豆高原アンダリゾート バリ舞踊の夕べ

会場:静岡県・伊東市 Anda Resort 伊豆高原

下記の公演がバスンダリのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Bd_mainimage バリ舞踊の夕べ(2009年11月5日より定期開催)
“伊豆のバリ島”――。
その名にふさわしく、より異国情緒あふれる空間へ。
アンダでは、バリ旅行気分を一層深めて頂きたいと、「バリ舞踊の夕べ」を開催しております。
本場バリでも活躍する踊り手による、魅惑のショータイムをどうぞお楽しみ下さいませ。

【10月】
14日(木)、21日(木)、28日(木)

【11月】
4日(木)、11日(木)、18日(木)、25日(木)

【12月】
2日(木)、9日(木)、16日(木)

舞踊:
バスンダリ

会場:
アンダリゾート伊豆高原
〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1133フリーダイヤル:0120-759-026(南国おふろ)

公演詳細
http://www.andaresort.jp/event/index.html

バスンダリ
http://www.basundhari.com/

【バリ風ホテル】アンダリゾート伊豆高原
http://www.andaresort.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/10/03(日) モンキー DE ふしぎ発見! タイ~ジャワそしてバリ島の舞

会場:東京・渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

下記の公演がバリカフェ・モンキーフォレスト のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
モンキー DE ふしぎ発見!~タイ、ジャワそしてバリの舞時空間

タイ舞踊とバリ舞踊の花に関わる踊り、
ジャワ舞踊とバリ舞踊の宮廷舞踊を比較しながら
それぞれの舞踊のもつ意味、共通性を探ります。

舞踊は横浜タイダンスクラブ、バスンダリ他

日時 :2010年10月3日(日)) 15時30分~17時30分
場所 :渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
会費 :\1500(ワンドリンク付き)

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキーフォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630
http://www.monkey-forest.jp

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキー フォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630

バスンダリ
http://www.basundhari.com/

バリカフェ・モンキーフォレスト 
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

10/11/28(日) ガムラン『青銅浴』

会場:神奈川県・横浜市

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20101128_tb_seidouyoku_omote1 2010年11月28日(日) 17:30 open / 18:00 start
ガムラン『青銅浴』

降り注ぐ 音の粒子
草の露 木漏れ陽 海の呟き 星の囁き 月の雫
灼熱のマグマの子 あなたの脳髄で 全身で
滴る蜜を受けとめて

会場:シルクロード舞踏館(横浜中華街・南門シルクロード/横浜市中区山下町80 チャイハネ・ネネ B1)

■出演:
Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)
櫻田素子 秋山ゆかり 足立真里子 大平美樹 Ketut Suardana 田中沙織 新留美哉子 錦織照子
 根岸久美子 伏木香織
若林康明 渡辺泰子 /ガムラン
佐野篤(from KING) /ギター、チェロ
小泉ちづこ /バリ舞踊
■ゲスト出演: I Ketut Sutija /バリ舞踊
*ISI(インドネシア国立芸術大学)デンパサール校舞踊講師、1986年バリ島”ジャウック舞踊”コン
クール1位、古典から現代バリ舞踊創作までバリ男性舞踊をマルチにこなす舞踊家、来日予定!!
※諸事情により、プログラムは変更になる可能性があります。

■舞台:山内新
■協力:小原眞巳 宮沢巳起代

■チケット: 前売予約 \2,500 / 当日 \3,000
■主催・ご予約: office オンガクノ素 tickets_onmoto@yahoo.co.jp
*emailにてお申し込みください。

櫻田素子/
ガムラン奏者。Terang Bulan主宰。横浜生まれ。国立音楽大学卒。
著書:『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き)プリズム社, 2008
『ワクワク音あそび・リズムあそび』黎明書房,2003
CD:『ASIAN MUSE』東芝EMI, 2004(自作曲「Jalan Bebek」収録)

佐野 篤
http://www.thekingdome.net/

小泉ちづこ
http://www.muse.dti.ne.jp/c-bumi/

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

シルクロード舞踏館(横浜中華街・チャイハネ)
http://www.amina-co.jp/blog/silkroad/archive/104

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/09/25(土)~09/26(日) インダ プトゥリのアンクルンの演奏@世界旅行博2010

会場:東京都江東区 東京ビッグサイト 

「ガドガド」「竹が奏でる音 インダ プトゥリ 」のブログに出ていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

週末は世界旅行博2010年9月25日(土)26日(日) お台場東京ビッグサイトにぜひ!
ガルーダインドネシア航空会社のブース(Mー12)でアンクルンの演奏をします。    
100本のアンクルンを駆使して演奏します。

演奏スケジュール:
13:20~14:00   
16:20~17:00

竹が奏でる音 インダ プトゥリ
http://www.juno.dti.ne.jp/~assm/

ガドガド
http://gadogado.exblog.jp/11323113/

世界旅行博2010
http://ryokohaku.com/pc.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

10/09/25(土) しらいし島影絵 ―船が織りなすものがたり―

会場:岡山県笠岡市白石島

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Muwo_100925_01 アサヒビール×ハート・アート・おかやま
「しらいし島影絵 ―船が織りなすものがたり―」

白石島の人たちと影絵アーティスト「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」が一緒につくった白石島オリジナルの影絵の発表会。
白石踊りや端唄、桑茶や和綿つくり、子どもたちとのワークショップなどを通して、白石島のたくさんの魅力と出会ったアーティストと、島のみんなで考えたお話と音楽。島にあるもので楽器も作ります!! 大きくなったり、小さくなったり、飛んだり、変身したり?! 影絵の世界をお楽しみに!!

Muwo_100925_02 ■日時
2010年9月25日(土) 開演14:00 終演15:00(予定)

※9月24日―26日開催の「白石島文化祭」の一環として開催します

■会場
笠岡市白石公民館(岡山県笠岡市白石島604-1)
■入場料
無料 ※予約不要、当日直接会場にお越しください
■出演
ウロツテノヤ子バヤンガンズ(小谷野哲郎、川村亘平、山岸天平、諏訪裕美)、ワークショップに参加した白石島の子どもたち
アーティストプロフィールはこちら
■主催
アサヒビール株式会社、NPO法人ハート・アート・おかやま
■共催
アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会、笠岡市白石公民館、NPOかさおか島づくり海社、かさおか夢アート実行委員会
■お問合せ
NPO法人ハート・アート・おかやま 
TEL/FAX:050-3103-4289  e-mail:info@heart-art-okayama.net

白石島文化祭
http://www.heart-art-okayama.net

小谷野哲郎
http://twitter.com/koyano

ウロツテノヤ子
http://blog.megamel.daa.jp/

白石島
http://www.shiraishijima.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【インタビュー】ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しい:絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」 福音館書店 編集:石田明子さん

09年6月に福音館書店から発売されたワヤンを題材に採った絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」の編集を担当された福音館書店の石田明子さんに制作のご苦労などについて伺いました。

★☆★☆★

51gphjryujl__sl500_aa300_ (1)児童向けの本を出されている福音館書店から、さらにどちらかというと大人向けあるいは日本では知名度の低い題材であるインドネシアのワヤンを題材にした本書が09年1月に「たくさんのふしぎ ノントンワヤン!」、09年6月に「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」と連続して出版されたのは嬉しくもありまた大変驚いたのですが、これはどういう経緯でワヤンを題材とした本が、しかも連続して出版されたのでしょうか。

それぞれの編集者が進めていたことが、ちょうど時期を同じころにそろったという、不思議な偶然というのが、真相ですが、世の中に偶然はないという示唆もあることですから、人間の及ばない必然だったのかもしれません。

始めからそのように意図したことではありませんでしたが、どちらも企画として決まってから数年の年月がかかり、さらに遡れば、作者にとっては何十年にも及ぶ思索と念願が熟成して時を同じくしてその実りの時期を迎えたのだという実感を持ちました。

(2)今回のワヤンの絵本について編集の方も大変熱意を持って当たられていた伺いましたが、石田さんのワヤンとの出逢い、そしてワヤンのどのあたりに魅力を感じれているか、よろしければお教えいただけないでしょうか。

わたしのワヤンとの出会いは、十数年前、インドネシアのバリ島を訪ねた折、現地の青年に案内されて、海辺の村で夜催されるワヤンを観たときのことでした。

夜の砂浜に作られた小さな舞台では、火が点され、潮風とやし油のにおう薄闇のなかで浮かび上がる影絵はなんとも幻想的で、物語の内容はわからなくても、不思議な世界へいざなわれるようで、忘れられない体験になりました。

ワヤンの魅力はいくつもあります。野外に近い環境で、火を点して夜を徹して演じられるその雰囲気、たった一人のダランという人形遣いによって語られる技量の見事さ、水牛の皮で作られた端正な人形の美しさ、そして語られる物語の血湧き肉踊るスケールの大きさがあげられるでしょうか。

(3)早川さんによると、木口木版は編集の方の当初からの指定とのことですが、ワヤンに向いているなどの確信があったのでしょうか。その意図をお聞かせいただけないでしょうか。

ワヤンの人形そのものが既に完成された美しさを持っていますので、それをそのまま、あるいは真似て絵にしても二番煎じになるだけで、絵本にする意味はないと思っていました。ですから、これは大変な難題を引き受けることになるとおじけづいてもおりました。

実際のワヤンとは別の表現で、あのワヤンの熱っぽくもスケールの大きな世界を表すにはどうしたらいいのだろうと、まったくの手探りでの試行錯誤の連続でした。そのなかで、早川純子さんに引き受けていただけることになり、もともと早川さんの木口木版の作品に惚れ込んでいましたから、私の中でははじめからその願いは強く持っておりました。

そして、ワヤンの持つ様式美の世界は、イラストやタブローの絵より、版画の方がより表現しやすいとも思っておりました。でも、はじめから版画で、と決めるのではなく、早川さんには、筆の表現や、スクラッチの手法やさまざまに試作をしていただきました。

その過程を通して、やはり木口木版で行こうと、自ずと決まっていきました。

(4)「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」を編集されるにあたり、ここだけは押さえたいなど、留意された点はありますでしょうか。

文章の面では、もともとこの物語は、とても長い、入り組んだ内容の神話ですから、その魅力を損なわず、ワヤンに馴染みのない日本の小学生以上の子どもたちに解ってもらえるようにということは、まず第一に留意したことです。

具体的には、長い物語のどの部分を生かし、どの部分は削るのか、どの程度の説明を加えるのか、また、もともと語りの世界ですから、その語りの味わいも残したいと思いました。

絵の面では、それぞれの登場人物が明確にわかること、文では見えない世界をどう広げて物語の世界へいざなっていけるのかということが大事だと思っておりました。

そして、これは絵本として成立させなければならないので、単なる挿絵ではない、ダイナミックに物語を展開してゆく力量が絵に必要でした。それは、早川さんの努力と才能のたまもの、そして、一冊の絵本にたちあげていく過程では、デザイナーのセンスにとても助けられ完成させることができたのだと思っております。

(5)「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」はどのような反響が寄せられているでしょうか。また、福音館書店から直接の続刊または別の形でのワヤンの本など予定はあるのでしょうか。

ありがたいことに、多くの作家の方、アートに携わる方々からは、絶賛の声をいただいております。

まだ、子どもたちからの直接の反響はあまり届いておりませんが、ある方がご自分の四年生になる息子さんに読んで聞かせたところ、じっと聞いていて、最後のところでは涙をながしていたということをご報告くださいました。子どもたちにどう受け止められているのかは、私としてもとても知りたいところです。

今のところ、さらにワヤンのものを出すという計画はありません。この本がとても評判になり、売れてくれれば、そういう可能性が開けるかもしれませんが・・・。

貴重なお話ありがとうございました。(2010/03)

石田明子(いしだみつこ) 
福音館書店にて、20代のころ童話セクションにてローラ・インガルス・ワイルダーの『インガルス一家の物語』5巻(「大草原の小さな家」シリーズ)を手がけ、その後月刊誌「母の友」編集部に移り、2000年から2年間、遠野のわらべうたの伝承者、阿部ヤヱさんの聞き書きを連載し、二冊の本にまとめる(『わらべうたで子育て』入門編・応用編)。

2004年末より絵本セクションに移り、狂言を元にした絵本(『鬼の首引き』、『木の実のけんか』)、アイヌの神謡や昔話の絵本『シマフクロウとサケ』『セミ神さまのお告げ』、奈良・唐招提寺の金堂の屋根を支える隅鬼を主人公にした物語絵本『すみ鬼にげた』などを編集する。

★☆★☆★

09年1月刊行「たくさんのふしぎ ノントンワヤン!」

【インタビュー】メイキング・オブ・ワヤンの絵本 写真家熊谷正さんに聞く http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2008/12/20091-a894.html

福音館書店 「たくさんのふしぎ」 2009年1月号「ノントン・ワヤン(ワヤンを見に行こう)!」http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=20626

09年6月刊行「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」

【インタビュー】ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しい 版画:早川純子さん 1/2
http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/08/post-9356.html

【インタビュー】ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しい 版画:早川純子さん 2/2
http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/08/post-3500.html

福音館書店「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」
http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/978-4-8340-2452-4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

10/09/19(日) EARH DANCE JAPAN 2010にUstreamでウロツテノヤ子&白石島の皆さんが参加

会場:岡山県笠岡市白石島から

下記の公演があります。

EARH DANCE JAPAN 2010のイベント自体は、横浜で開催されますが、ウロツテノヤ子は瀬戸内の白石島からUstreamで参加されます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

EARH DANCE JAPAN 2010にUstreamでウロツテノヤ子&白石島の皆さんが参加

会場:EARH DANCE JAPAN 2010 Ustreamページ
http://www.earthdance-japan.com/?page_id=194

10091901 バリ舞踊家の小谷野哲郎さん率いるガムラングループ、ウロツテノヤ子が瀬戸内の白石島の子供たちと国指定重要無形民俗文化財であり、
岡山県下三大踊りの一つとされる白石踊りをしてくれることになりました!!

ガムランと白石踊りのコラボ???
気になります!!

10091902 小谷野さんたちは白石島にバリのガムランには欠かせない影絵のワークショップなどアートを通じて子供たちと交流してきました。そのご縁で今回積極的に参加してくれることになったのです!!白石島のみなさん、ありがとう!!!
来年は白石島のみなさんも金沢文庫芸術祭に親子揃って参加してくださいね~♪

白石踊は岡山県笠岡市白石島に古くから伝わる盆踊りで、新暦の8月13日~16日の夜に行われます。国指定重要無形民俗文化財であり、岡山県下三大踊りの一つとされています。
一つの口説き(音頭)に合わせて何種類もの踊りを踊る点が特徴で、男踊・女踊・娘踊(月見踊)・笠踊・奴踊・扇踊など13種類の踊が伝わっています。音頭には「那須与一」などがあります。瀬戸内海で行われた源平水島合戦の戦死者の霊を弔うために始まったと言い伝えられています。

小谷10091903野哲郎
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。
同大学院芸術学研究科修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生(ダルマシスワ)としてインドネシア国立芸術高等学院(STSI)デンパサール校舞踊専攻科に留学。学外でもA.A.グデ・オカ・ダラム氏、イ・マデ・ジマット氏、I.B.オカ・ワルジャナ氏、イ・マデ・シジャ氏ら、現代バリ舞踊界における人間国宝級の舞踊家達に師事し、舞踊技術の研鑽を積むと同時に精神的哲学的影響も強く受ける。バリ島各地のガムラングループと共に舞踊の奉納公演に多数参加。

帰国後、日本では前例のない、プロの男性バリ舞踊家として活動を開始。現在までも唯一の男性プロバリ舞踊家であり、仮面舞踊を中心として、伝統の技術に裏付けされながらも現代的な、自由で幅広い活動を展開している。
中でも半仮面を使って喋り、歌い踊るものは、そのキャラクターの多彩さ、濃さと相まって特に人気が高く、それのみでMCなどの要望が入ることも数多い。指導者としても、劇団四季やその他の劇団、個人などを多く指導している。
彼の呼びかけにより結成された日本人のガムラングループ「ウロツテノヤ子」とともに活動することも多い。

10091904 ウロツテノヤ子
バリ舞踊家小谷野哲郎の呼びかけにより、亜細亜大学ガムラン研究会卒業生を中心としたメンバーで2002年10月に結成される。
「日本人」ながら「バリ」の音楽を演奏するという文化のクロスオーバーを逆手に取り、「バリ」や「民族音楽」の枠組みを超えた、ジャズやロックのように一般に広く受け入れられる音楽の創造を続けている。その枠組みにとらわれない自由な発想による活動は、日本のみならずバリにおいてすらも前例のない、唯一無二のもの。
話題が話題を呼び、現在日本で最も若くアクティブで、そして唯一のプロ・ガムラングループである。

EARH DANCE JAPAN 2010
http://www.earthdance-japan.com/?p=94

小谷野哲郎
http://twitter.com/koyano

ウロツテノヤ子
http://blog.megamel.daa.jp/

白石島
http://www.shiraishijima.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

10/10/02(土)&10/23(土) 人形劇側と影絵側 2日間にわけて上演 クルタクルティ ワヤン&ガムラン LIVE !!!

会場:東京都世田谷区 世田谷上町場末酒場 HUGGY BEAR'S 

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100906094826c82 『クルタクルティ ワヤン&ガムラン LIVE !!!』

ワヤンとは、インドの古代叙事詩『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』などを主な演目とした、インドネシアの伝統人形劇です。
白いスクリーンを貼り、表ではダランと呼ばれる人形遣いの人が、様々な人形を操りながら物語を進行させていきます。共にインドネシアの民族音楽ガムラン奏者がお芝居の効果音や音楽を伴奏し、お芝居盛り上げます。

ワヤンの人形は水牛の皮で作られていて、細かい透かし彫りをほどこされ、鮮やかな彩色で、とてもきれいです。
私は今年6月に初めてクルタクルティのワヤン一座を鑑賞したのですが、影絵側も非常に幻想的でとても感動しました。

本来なら、人形劇側と影絵側を両面から鑑賞できるのですが、当店ではスペースが限られているので、2日間にわけて上演いたします。

ぜひこの機会にワヤンを身近に感じてみてください!
お子様も小学生以上ならばOKです。

会場 HUGGY BEAR'S
東京都世田谷区桜1-18-9-2F 21:00~26:00<日祝日休>.
東急世田谷線上町駅徒歩5分

2010.10.2(土)人形劇側上演
演目 チントコプロの城

2010.10.23(土)影絵側上演
演目 ビモ・ブンクス

両日共、
19:00 open 20:00 start
前売り2800円 当日3200円

予約・問合せ 090-2521-1627 mihowaxx@gmail.com(渡辺)

*****************************
ワヤンのふるさとはインドネシア
 インドネシアのジャワ島を中心に千年以上の歴史を持つ伝統芸能ワヤンは、現在でも誕生・成人・結婚のような人生の節目、町や村の記念日の場などで、厄払いや魔よけの意味を含んだ娯楽として上演されています。2003年に無形文化遺産に登録されました。

ダランとガムランの絶妙なコミュニケーション
 ワヤン一座は、語りや人形操作などすべてを取り仕切るダランと、ガムランの楽団で編成されます。ガムランはインドネシアの民族音楽で、青銅から作られる打楽器が中心のオーケストラです。

ワヤン人形は水牛の皮から作られる
 ワヤンの人形は水牛の皮で作られます。細かい透かし彫りをほどこし、鮮やかな彩色をします。人形を支える棒は水牛の角から作られています。

ワヤンの物語はインドから伝わった
 ワヤンの物語の多くは、「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」といったインド由来の物語がもとになっています。ダランの手により脚色されてワヤンの演目になります。

クルタクルティ  プロフィール
 ワヤンの数ある魅力を大切にしながら、日本人ならではのオリジナルなワヤンを目指すワヤン一座。グループ結成10年。学校やイベントなど、東京都内、関東近郊を中心に上演を行っている。
 グループ名「クルタクルティ」は、箱の中で何かがカタコトいうジャワ語の擬音。ピーナツの殻を剥く時のカサカサいう音や、ガラム(インドネシアのタバコ)に火をつけて喫うと聞こえる丁子がはじけるパチパチいう音のことも。

クルタクルティ
http://kluthak.kazekusa.jp/official/

世田谷上町場末酒場 HUGGY BEAR'S
http://huggybears.blog109.fc2.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

10/10/10(日) モンキー DE バリガムラン+弦 櫻田素子&佐野篤 『ぷうって でちゃったよ』

会場:東京・渋谷 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Poo_20101010monkey_flieriro 2010年10月10日(日)15:00open/ 15:30start
モンキー DE バリガムラン+弦 櫻田素子(from Terang Bulan)&佐野篤(from KING)
『ぷうって でちゃったよ』@渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

こどものための音楽パフォーマンス、お披露目ライブです。おしゃべり音楽、と名付けております。
もっちろん、オトナの方も楽しめる、嬉し楽し癒しの音楽。皆様、オトナ同士で、お子さま連れで、お越しください!

出演:櫻田素子(from Terang Bulan)/ガムラン、パーカッション、歌、etc.
佐野篤(from KING)/ギター、ヴァイオリン、チェロ、歌、etc.

料金:チャ-ジ 2,000円+1ドリンクご注文お願いします。(定員40名)
※小学生1,000円、小学生未満チャージ無料
(フード別、美味インドネシア料理召し上がれ!)

お問合せ・ご予約は・・
バリカフェ・モンキーフォレスト(東京都渋谷区桜丘町10-8)
TEL:03-3464-4633  FAX:03-3464-4630

profile:
佐野 篤 Atsushi Sano/
東京都出身、ベーシスト、作曲家。幼少時よりバイオリン、トランペット、リコーダーに親しみ、16才でロックに目覚める。1978年、アマチュアロックフェス全国大会2位。のち、ベーシストとしてライブ、セッションに多数出演。ホルモンズ、S-Ken &Hotbomboms 、コンフントエスパシオ、サリュー、今堀恒雄ティポグラフィカ、等へ参加。1991年、ギニアへ旅し、アフリカ音楽にも影響を受ける。9名バンド「KING」のリーダーとして、1990年結成時より現在にいたるまで精力的に活動を続けている。
音楽制作:「ニチコ」CF「いるかの記憶」、「東熱」CF、スカイパーフェクTV「エコミュージック」

主なレコーディング&ライブサポート:EPO、矢沢永吉、小泉今日子、近藤真彦、早見優、Eme、Begin、高野寛、ワッシー・ヴィンセント、ラティール・シー、ブバカル・ガイ、林英哲、クニ河内、ほか
CD:KING「De Adeyo」「OTOKOGOKORO」「月の人海の人」「GLOWMAN」ほか

櫻田 素子 Motoko Sakurada/
ガムラン奏者、ガムラングループ"Terang Bulan"主宰、音楽体験演出、作曲家。バリ芸術祭にて、たびたび作品を発表、2009年には、外国人グループとしては初めての日本人女性のみによるガムラングループ"Terang Bulan*f"を率いて参加し高い評価を得る。日本各地でも、バリ伝統曲演奏のほか、オリジナルなガムラン音楽や様々なアーティストとのコラボレーション作品などの創作、ガムラン愛好家集団への指導、ガムラン体験ワークショップなどに精力的に取り組んでいる。また、さまざまな年令のこども達と音楽との出会いに心を砕き、ジャンルや従来の音楽教育の型にはまらない音楽表現ワークショップ・コンサートも行っている。
フェリス女学院高等学校、国立音楽大学卒、日本児童育成協会こどもの城を経てフリーランスに。芸術教育研究所客員研究員。芸術教育の会理事。音工場HANEDA・INJカルチャーセンター・横浜ガムランの会ガムラン講師。
著書『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き,プリズム社, 2008)、『ワクワク音あそび・リズムあそび』(黎明書房,2003)
CD『ASIAN MUSE』(東芝EMI, 2004)※コンピレーションアルバム内に、自作品「アヒル通り」収録。

佐野 篤 
http://www.thekingdome.net/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1443668

櫻田 素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

バリカフェ モンキー フォレスト
http://www.monkey-forest.jp

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/09/22(水) バリ・ガムラン・ディナーライブ 十五夜の前夜、満月にちなんだバリ伝統仮面舞踊「テレック~ジャウック」

会場:神奈川・横浜みなとみらい スラバヤ横浜ワールドポーターズ店

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100922_surabaya_gamelan_web 2010年9月22日(水)19:00~19:30、20:00~20:30の2ステージ(入替えなし)
@インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店(横浜みなとみらい)
『バリ・ガムラン・ディナーライブ 』
出演:Terang Bulan(櫻田素子 秋山ゆかり 新留美哉子 錦織照子 伏木香織)/ガムラン
荒内琴江 小泉ちづこ/バリ舞踊

Odori_jauk_20100922web1 *十五夜の前夜。満月にちなんで、バリ伝統仮面舞踊「テレック~ジャウック」をお届けします。それぞれ、正と邪を象徴すると言われる精霊たちの舞。幻想的な夜となること間違いなし!

ご予約・お問合せ:横浜ワールドポータズ5F・スラバヤ横浜店 tel.045-222-2577

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店
http://www.surabaya.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

10/09/19(日) モンキー DE 澤口友子のバリ舞踊★第5弾 with ふぁんでりのノベルのべる

会場:東京・渋谷 バリカフェ モンキー フォレスト

下記の公演がバリカフェ モンキー フォレストのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Logo0909 モンキー DE 澤口友子のバリ舞踊★第5弾 with ふぁんでりのノベルのべる

3連休はバラして正解♪日曜限定・熱いステージ!
「澤口友子の語っちゃうよ バリ」

1980年代前半に初めてバリを体験して以来、バリについて澤口が感じた事をこってこてに語っちゃいます。
まるでウブドにいると錯覚しそうなモンキーフォレストで、マニアックな気分を味わいませんか?

そして澤口が2回目にバリに行った時から習い始めたバリ舞踊も躍らせて頂きます。

日時 :9月19日(日) 15時30分~17時30分(16時開演)
場所 :渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
会費 :\2000(1ドリンク別途オーダー)
定員 :40名

ご予約は、店までご連絡ください。

【出演者】:
澤口友子・ 富永仙子
演劇企画 ファンタスティック デリバー(松谷有梨・朝川流夢・黒田公祐)

【当日の内容】:
ご挨拶
富永仙子ソロダンス
澤口友子ソロダンス
朗読劇『ノベルのべる』(内容は当日のお楽しみ)
バリダンス『Legong Jobog(レゴン・ ジョボク)』
…魔法で猿にされた兄弟王スバリとスグリワの物語。大人気の演目

澤口友子(バリ舞踊家)
バリ島の中でも有数の伝統を誇るプリアタン村、そのレゴン舞踊に惹かれて、幼稚園教諭から舞踊家に転身。
87年第9回バリ・アート・フェスティバルに外国人として初めてスカル・ジュプンとともに出演。
以降、数々のショー、ライブなどに出演。
バリ島の文化的背景などからも踊りへの理解を深め、バリ島と日本を結ぶ架け橋となって奮闘中。
その功績を評価され、2009年新春バリのブサキ寺院(バリヒンドゥー教の最高寺院)で、日本人初の神前舞いを許される。
舞台の振り付けや、後進の教育にも尽力。

富永仙子〔バリ舞踊家〕
旅先で出会ったバリ舞踊に魅力され、それ以降バリ島に通い、バリ有数の素晴らしい踊り手に様々なスタイルを学び、現在に到る。

ファンタスティック デリバー(略称ふぁんでり)
―Fantastic(素敵なこと)をdeliver(お届け)します―
舞台公演・朗読劇・落語・歌・楽器…etc 皆様に楽しんでいただくために、全力で!知恵を絞って体当たり♪
『ノベルのべる』は“見る小説”をコンセプトに、朗読の良さと芝居の良さを取り混ぜたスタイルで好評。
2010年のコンセプトは[さらにスマートに・さらにクレバーに]で熱血上演中

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキー フォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630

演劇企画 ファンタスティック デリバー
http://www.fan-deli.com

バリカフェ モンキー フォレスト
http://www.monkey-forest.jp

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/09/23(木・祝) 第2回ジャワ舞踊奉納公演 観月の夕べ

会場:大阪府岸和田市 岸城神社

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Tirasiomote 第2回ジャワ舞踊奉納公演 観月の夕べ

日時: 2010年9月23日(木・祝)18:00~
場所: 岸和田市・岸城神社

出演:
影絵…ハナジョス、西田有里
スラカルタ舞踊…冨岡三智
ジョグジャカルタ舞踊…佐久間新、佐久間ウィヤンタリ、ジャワ舞踊リンタン・シシッ

入場無料(カンパ歓迎)

冨岡三智/ジャワ舞踊の会
http://javanesedance.blog69.fc2.com/


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いよいよ明日!】10/09/10(金)   「スダマニ~神々の舞、ガムラン」公演、特別ゲスト:朝崎郁恵(奄美島唄) 

会場:東京都世田谷区 成城ホール

下記の公演がスダマニ日本ツアーブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Cudamani 東京では唯一の公演です。2年ぶりに、奄美島唄の朝崎郁恵さ
んとの競演も。写真家管洋志さんによるバリと奄美の写真スライド
ショーとトークショーもあり。必見です!

「スダマニ~神々の舞、ガムラン」公演 
出演:スダマニ、ウロツテノヤ子
特別ゲスト:朝崎郁恵(奄美島唄)
写真スライドショー、トーク:管洋志(写真家)

[日 時]2010年9月10日(金)19:00~(開場は30分前)
[会 場]成城ホール
〒157-8501 東京都世田谷区成城6-2-1
TEL 03-3482-1313 , FAX 03-3482-7832

[料 金]前売り 前売り3,500円  当日3,800円(全席指定)

問い合わせ:成城ホール TEL 03-3482-1313 , FAX 03-3482-7832

スダマニ日本ツアーブログ
http://cudamani.jugem.jp/

朝崎郁恵
http://www.asazakiikue.com/

成城ホール
http://seijohall.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

【いよいよ今週末!】10/09/11(土) 日本ワヤン協会上演 徹夜ワヤン、かやの木(茨城県)

会場:茨城県守谷市 茶房 かやの木

下記が日本ワヤン協会のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

九月一一日(土)

徹夜ワヤン(午後九時~午前五時)

演目=ウィサングニの誕生、スマル失踪、アルジュノの響宴、クレスノ使者に立つ、カルノの一騎打ち

ジャワの影絵芝居 8時間 オールナイト
大人2000円 小人500円

会場=かやの木(茨城県
茨城県守谷市高野1440
TEL 0297-48-0307

主催=有田道子&ジュヌファム

日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/

茶房 かやの木(茨城県)
http://hwm7.gyao.ne.jp/komari9698/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10/09/18(土) 第二回 インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリの実演

会場:東京都板橋区 東京家政大学博物館

下記が日本ワヤン協会のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010kaseiuniv 九月十八日(土)
東京家政大学

第二回 インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリの実演

会場=東京家政大学120周年記念会館一階
午後二時~四時(開場十三時三十分)
十三時四十分より歓迎のガムラン演奏が始まります。

演目=カルノの一騎打ち(オリジナル=キ・ナルトサブド、訳=松本亮)
演者=大和田尚
入場無料(一般観劇自由)

同時開催
 常設展示室(百周年記念館四階)
「夢幻ワヤン小展示会 松本亮コレクションより」

平成二十二年九月上旬~平成二十三年二月上旬(予定)
お問い合わせ先
東京家政大学博物館 東京都板橋区加賀1-18-1 TEL 03-3961-2918 http://www.tokyo-kasei.ac.jp/hakubutu/
主催=東京家政大学博物館
協力=日本ワヤン協会
総合監修=松本亮

日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/

東京家政大学博物館
tokyo-kasei.ac.jp

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

10/10/24(日)  音工場Omori PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

101024putu01 「音工場Omori PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座」

神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類 い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。バリの音楽と舞踊の魅力 は実践してみてはじめて深く理解できるものです。
バリ・ガムラン演奏家のプトゥが指導いたします。
神秘の芸能をあなたも体験してみませんか。

日時:2010年10月24日(日)14:00~ 16:30
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
対象:初心者
定員:15名 (先着順)
参加費:3.500円

申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先・
ガムランの経験の有無をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。こちらからご連絡致します。
会場・お申込み・お問い合せ先:音工場Omori(日祝休)
〒143-0016 大田区大森北 6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451
E-mail: info_otokoba@yahoo.co.jp

交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩 2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

【いよいよ今週末からスダマニツアー開始!】10/09/04(土) インド叙事詩「ラーマヤナ」のバリ・インドのコラボレーション@マイナスイオンの癒し空間

会場:名古屋市千種文化小劇場

スダマニジャパンツアーブログに下記の公演が掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100904_nagota01_2 Cudamani&ウロツテノヤ子×OdissiDance Yukie Satoh&インド古典音楽

円形のちくさ座にてヒマラヤン岩塩ランプを会場に配置し、マイナスイオンの癒しの空間演出

の中、バリ・インドの古典音楽と舞踊をたっぷりとご堪能いただけるプログラム。
昨年に引き続き、インド叙事詩「ラーマヤナ」のバリ・インドのコラボレーション。
今年は、どうなる事か!?
ラワナにさらわれたシータ姫の行方は?

[会 場] 名古屋市千種文化小劇場(ちくさ座)@名古屋 千種
〒464-0858
愛知県名古屋市千種区千種3丁目6−10

ルート・乗換案内
052-745-6235 
[時 間] 午後の部  開場14:00~ 開演14:30~
夜の部   開場18:00~ 開演18:30~     計2公演 
[出 演]  スダマニ・ウロツテノヤ子・佐藤幸恵・吉田こうき・Go ARAI・小室武史・LILY
[主 催] 東インド古典舞踊 YUKIE Odissi Dance Class SAMPATTI
[後 援]   後援:駐日インドネシア共和国大使館/中日新聞社/財団法人 名古屋市文化振興

事業団
[チケット]
一般:4,000円(前売) 4,500円(当日)
高校生以下:2,000円(前売) 2,500円(当日)
※未就学児童は大人一人につき一名無料
※高校生以下の場合、当日受付にて学生証の提示確認有
※財団法人名古屋市文化振興事業団友の会会員様は、ナディアパークプレイガイドにて3,5

00円にてご購入いただけます。

[Workshop] ガムラン&ケチャ 講師:デワ・ブラタ他(要予約)

●前売チケットのご購入方法●    取扱店購入、又はメールでの販売となります。

【取扱店】
ナディアパークプレイガイド Tel:052-265-2015
千種文化小劇場 Tel:052-745-6235

【メール前売チケット】
sampatti_odissi@yahoo.co.jp

チケット代金を下記振込先(銀行又はゆうちょ)に振込人名前を入力し振込後、上記アドレス

に公演名、時間、又はワークショップ希望を明記の上、名前、電話、住所、購入枚数をご入力

ください。
当日受付にて名前を申し出てください。
※入金確認後、前売チケット手続き完了メールが届きます。ご了承下さい。

【銀行振り込み】
三菱東京UFJ銀行
支店:尾頭橋支店
普通口座 口座番号:0005535
名義人:サンパッティ サトウユキエ

【ゆうちょ】
記号:10100
口座番号:11256001
名義人:サトウユキエ

スダマニジャパンツアーブログ
http://cudamani.jugem.jp/

名古屋市千種文化小劇場
http://www.bunka758.or.jp/02shisetsu/02shisetsu_16.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

10/09/11(土)&09/25(土) スリンとグンデル演奏@造形作家 友永詔三の世界「木彫の乙女たち」

会場:東京都千代田区 ニューオータニ美術館

下記の公演がゆりまきブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

B61b20 9月11日(土)14:00~
9月25日(土)14:00~
どちらも、友永さんと美術館学芸員さんのトークショーの中での演奏です。
スリンと、グンデルを演奏します。

曲は2曲やりますが、どちらも今回の美術展にあわせて作曲させていただきました。
心を込めて演奏したいと思います。

ニューオータニ美術館
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 TEL:03-3265-1111 FAX:03-3221-2619

造形作家 友永詔三の世界「木彫の乙女たち」
木肌のあたたかみを活かしたシンプルで繊細な木彫の少女像を中心に『プリンプリン物語』のキャラクターなど過去の作品も合わせて展覧。友永詔三の生み出す造形美の世界をご紹介致します。

ゆりまきブログ
http://blog.goo.ne.jp/yurimaki123/c/6c3166940762a56cb0dd746c272db95e

造形作家 友永詔三の世界「木彫の乙女たち」
http://www.newotani.co.jp/group/museum/exhibition/201007_tomonaga/index.html

ニューオータニ美術館
http://www.newotani.co.jp/group/museum/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »