« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月27日 (日)

10/08/29(日) 音工場Omori 「バリ舞踊一日体験講座」

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100829_omori01 神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。
バリの舞踊と音楽の魅力は実践してみて初めて深く理解できるものです。
神秘の芸能をあなたも一度体験してみませんか。

日時:2010年8月29日(日)14:30~ 16:30
講師:車田れい子
内容:女性舞踊の基本の姿勢や型を学びます。ガムランの音色に合わせて体を動かします。
対象:初心者
定員:8名 (先着順)
参加費:3.000円
服装:動きやすい服装で。裸足で練習します。

100829_omori02 申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。
*最小催行人数に満たない場合にはやむを得ず開催を中止させて頂く場合がございます。
100829_omori03 会場・お申込み・お問い合せ先:音工場Omori
〒143-0016 大田区大森北 6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451
E-mail: info_otokoba@yahoo.co.jp

交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩 2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/08/28(土)&29(日) 「バック・トゥ・クラシック」~伝承される伝統~

会場:バリ島 ウブドプリアタン王宮

バリ・ツアーズ.comさんより下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100828_bali01_2 「バック・トゥ・クラシック」~伝承される伝統~

開催日: 2010年8月28日(土)・29日(日)
開催地:バリ舞踊の殿堂バリ島ウブドプリアタン王宮

人間国宝級の天才バリ舞踊家「マエストロ」が参加します!

「マエストロ」と呼ばれる、バリ舞踊が今の時代まで語り継がれる起源になったバリ舞踊の巨匠達。古典舞踊にこだわり、80年以上の伝統を守りながら舞踊と共に生きてきた彼らが、彼らのカラダに宿るホンモノの伝統の舞をこのイベントで華麗に披露します。

イベントのテーマであるバリ舞踊の継承も、マエストロたちによる興味深い内容で企画・披露される予定です。

1930年代から世界で認知され人々を魅了してきたバリ舞踊は、現在に至るまで様々な形式にスタイルを変え旅行者のアトラクションのひとつとして発展してきました。その中で、本来芸術であるバリ舞踊がツーリズムのための舞踊と姿を変えてしまったケースも多く、実は古典バリ舞踊は存続の危機を迎えているのです。そんな今、伝統を継承してきた巨匠達が、アートであるバリ舞踊の本当の根源を次世代へ伝承すべく立ち上がりました。バリ島のアイデンティティーでもある古典舞踊の保存と継続、伝承は守られなければならないものなのです。

舞踊20100828_bali03:マエストロ
1950年代初頭、建国間もないインドネシアの文化を世界へ知らしめる任務を受け、当時のスカルノ大統領官邸の舞踊家として活躍したバリ舞踊家たちがいました。彼らは皆、バリ島を席巻した天才舞踊家たちで、その芸術性の高さはインド ネシアを訪問した国賓を驚嘆させ、世界各国の観衆を圧倒。彼らはその後も国内外で踊り続け、年齢を重ねた現在も、名匠・マエストロと呼ばれる現役の舞踊家です。1950年代から続くバリ島の文化的財産『タリ・クラシック(古典舞踊)』。60年たった今も、マエストロ達は日々精力的に次世代への指導を行っています。舞踊とともに生きる人生を歩み続けているマエストロ達が表現し伝える バリ古典舞踊の継続と存在は、現在、バリ島でも大変貴重なものとなっています。

イダ・バグース・オカ・ウィルジャナ
1929年ギャニャール県ブランシンガ村に生まれる。
1952年から大統領官邸の舞踊家として活躍、その後も日本を含む世界各国を訪れ文化交流に貢献し続ける。氏のクビャール・ドゥドゥックは創作者の天才舞踊家マリオが手放しで賛辞を贈った「ブランシンガ・スタイル」と呼ばれる独自のものである。

イ・グスティ・アユ・ラカ・ラスミ
1939年ギャニャール県プリアタン村に生まれる。
1952年のプリアタン歌舞団の海外公演に参加し、弱冠13才のスター・ダンサーとして熱狂を持って迎えられた。その活躍ぶりはジョン・コーストの「ダンシング・アウト・オブ・バリ」で紹介されている。オレッグ・タムリンガンの初代踊り手としても広く知られている。

ジェロ・ガドゥン・アルワティ
1934年タバナン県に生まれる。
1950年から大統領府の舞踊家として国賓歓迎行事や海外公演に参加するなどの活躍を続けた。74年、国立芸術大学デンパサール校(現ISI)舞踊科の特別講師に就任、古典から新作まで幅広い演目を次世代へ伝授し続けた。誇り高く力強い王者を主題にした男装の舞踊ウィラナタの第一人者。

ニ・クトゥ・アリニ
1943年デンパサールに生まれる。
1961年、国立芸術高校在学中にはすでにバリ島外で踊る機会を得、後には海外公演にも参加するようになった。国立芸術大学デンパサール校(現ISI)舞踊科卒業。現役の舞踊家であり、またワリニ歌舞団で後進の指導に当たっている。

ジェロ・マデ・プスパワティ
1933年バドゥン県クシマン村に生まれる。
1950年代初頭からスカルノ大統領府の舞踊家として官邸の式典やヨーロッパ、アジア各国、アメリカなどへの海外公演に参加した。その後も国立芸術大学デンパサール校(現ISI)舞踊科の特別講師に就任するなど後進の指導に取り組んだ。バリ島のみならず世界各国に教え子を持つ。

20100828_bali09 演奏:グヌンサリ
今回のイベントで演奏するのは、プリアタン村の古刹グヌン・サリ寺院の名を冠したグヌン・サリ楽団「sekaa gong gunung sari」です。1926年に同村の王族で不世出の芸術家でもあったアナック・アグン・グデ・ングラ・マンダラ氏によって結成された歴史あるガムラン楽団で、後に舞踊家を育成して歌舞団となりました。1931年のパリ植民地博覧会におけるバリ舞踊初の海外公演、1952年のアメリカ・ヨーロッパ長期公演をはじめとする数多くの海外公演の経験があり、国外にもその名が知られています。 現団長チョコルダ・アリット・ヘンドラワン氏のもと、選び抜かれた才能あるガムラン奏者たちが素晴らしい演奏を繰り広げます。

20100828_bali08場:ブリアタン王宮
芸術の村ウブドの中心部から車で約5分の静かな村プリアタンは、同村の王族で不世出の芸術家でもあったアナック・アグン・グデ・ングラ・マンダラ氏(マンダラ翁)のもと、バリ舞踊の中心地として古くからその名を世界中に轟かせてきました。1931年、フランスのパリで行われた史上初のバリ舞踊海外公演に、若きマンダラ翁率いるプリアタン村のグヌン・サリ楽団が参加。以降、マンダラ翁の尽力のもと、バリ島中からプリアタンに一流の舞踊家が集められて舞踊家の育成が行われ、レゴンを始めとするプリアタン・スタイルと呼ばれる様々なバリ舞踊が花開きました。1952年、マンダラ翁のグヌン・サリ歌舞団は、アメリカ・ヨーロッパ公演を敢行。公演は大 成功を収め、バリ島とバリ舞踊の名を世界に広く知らしめ、今日のバリ島の発展に大きな貢献を果たしました。
一般にプリアタン王宮と呼ばれるアグン・プリアタン王宮は正式名称プリ・アグン・プリアタン、ウブド中心地から車で約5分ほどにある王宮です。現在の当主はチョコルダ・グデ・プトラ・ニンディア氏で、王宮内には今でも王家の家族が住んでいます。

バリ島最古の王朝クルンクン王家からスカワティ王家の流れをくみ、建立は17世紀とバリ島でも最も長い歴史を誇る王宮のひとつです。

空高くそびえる重厚な王宮の門の前には広大な前庭アンチャック・スサジでは、プリアタンの名門歌舞団グヌン・サリ歌舞団の公演や地元の子供たちへのバリ舞踊練習なども行われ、プリアタンの伝統文化の中心地として今も人々の深い敬意を集めています。

サポート:
ブリアタン王宮、グヌンサリ楽団、インタン・ブダヤ・ヌグリ・ファウンデーション、アピ・マガジン

このイベントが観賞できる!バリ・ツアーズ.comによる特別ツアー

(1)2010年8月28日(土)・29日(日)のイベントを体験するツアー
http://www.bali-tours.com/classic/

(2)8月21日まで毎週土曜日催行・イベントの舞台裏に潜入するツアー
http://bali-tours.com/classic/tour.html

バリ・ツアーズ.com
http://www.bali-tours.com/index-j.html

「バック・トゥ・クラシック」~伝承される伝統~ホームページ
http://www.bali-tours.com/classic/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

10/08/29(日) 小島夕季 ムリウイ・ライブ2010夏

会場:東京都世田谷区祖師谷 Cafe ムリウイ

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

小島夕季 ムリウイ・ライブ2010夏
祖師谷大蔵「カフェ・ムリウイ」での小島夕季さんのライブ〜夏バージョン。ランバンサリの小編成ユニット「ガムラン・トッケー」の演奏でお楽しみ下さい。ムリウイの美味しい料理&ドリンクもおススメです。

日時:8月29日(日)19:00〜 <2ステージ>
会場:Cafe ムリウイ
〒157-0072 世田谷区祖師谷4-1-22-3F

小田急線祖師谷大蔵駅下車
北口商店街を徒歩5分/一文書店3F 
Tel 03-5429-2033

投げ銭制〜1drinkオーダー
舞踊:小島夕季
演奏:ガムラン・トッケー
(木村佳代、櫻井陽、樋口文子、村上圭子 森重行敏)

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com

小島夕季(ワルン・ムラティ)
http://www.h5.dion.ne.jp/~melati/

祖師谷大蔵「カフェ・ムリウイ」
http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/06/25(金)&27(日) 演劇 テアトル・ガラシ『南十字☆路』

会場:静岡県・静岡市 SPAC -財団法人静岡県舞台芸術センター

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100625_shizuoka hizuoka春の芸術祭2010/演劇 テアトル・ガラシ
『南十字☆路』(Je.ja.l.an.)

インドネシアの先端的パフォーマンス・グループ「テアトル・ガラシ」。
一見パーティのように始まるこのパフォーマンスに、最初は戸惑うかもしれません。
カフェの雰囲気の中、いつの間にかステージができ、浮かび出るジョグジャカルタの夜の街。
人間臭い街の気配が、洗練された身体表現で、驚くほどスタイリッシュに、それでいてノイズたっぷりに立ちのぼる。
闇夜の富士を遠くに眺め、ここはインドネシア?と錯覚すること請け合いです!

2010年6月25日(金)/27日(日) 19時30分開演
静岡芸術劇場内カフェ「シンデレラ」
(静岡県静岡市駿河区池田79-4)
上演時間:60分
インドネシア語上演・日本語字幕

演出・振付:ユディ・タジュディン
出演:テアトル・ガラシ
協賛      ガルーダ・インドネシア航空会社、BNI46
後援      インドネシア大使館
チケット:一般4000円より(同伴割引、学割あり)

ご予約はSPACチケットセンターへ!
TEL:054-202-3399 またはwebで

公演詳細ホームページ
http://www.spac.or.jp/10_spring/cross

SPAC -財団法人静岡県舞台芸術センター
http://www.spac.or.jp/index.html



大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

10/08/16(月) 慶福寺「灯籠流し」ジャワのガムランと舞踊

会場:埼玉県蓮田市 慶福寺

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

慶福寺「灯籠流し」ジャワのガムランと舞踊
慶福寺のシンボル「まにわ塔」の周りにたくさんの灯籠が流された後、境内でジャワガムランを演奏いたします。夏の宵をガムランの調べとジャワ舞踊でお楽しみ下さい。

日時:8月16日(月)   
ガムラン演奏 19:30(灯籠流し 19:00)
会場:慶福寺
JR宇都宮線蓮田駅より徒歩18分
演奏:ランバンサリ
舞踊:小島夕季
お問い合わせ:慶福寺 Tel 048-768-1537
埼玉県蓮田市蓮田45-1

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com

慶福寺
http://www.keifukuji.org/


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

10/08/02(月) リンディックの響きと舞踊

会場:東京・目黒区 めぐろパーシモンホール

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100802_meguro01 マンスリーLIVE!!@プラザ2010 第2回
出演:櫻田素子、田中沙織(竹ガムラン"リンディック")
    小泉ちづこ(バリ舞踊)

南の島より吹く風-----バリ島の竹ガムラン"リンディック"の響きと舞踊」

日本では数少ないガムラン・プレイヤーとして各地でバリ・ガムランを演奏している櫻田素子。
独特の動きが魅力のバリ伝統舞踊もお楽しみください♪

時間    12:30(開演)
料金    観覧無料
会場    めぐろ区民キャンパス地下1階プラザ

プロフィール
演奏するのは、バリの人々の娯楽的な音楽としても人気のある、竹製のガムラン「リンディックrindik」。
竹のぽこぽこと柔らかな音色と、どこか懐かしい旋律は、同じアジア人としての郷愁を誘います。
また、バリ島やガムラン音楽、舞踊についてのお話しを挟みながら楽しく進行します。
きっと、みなさんも自然と体が動いてしまうでしょう♪

【主催】(財)目黒区芸術文化振興財団

 櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

めぐろパーシモンホール
http://www.persimmon.or.jp/ 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

10/07/25(日) 「百観音献灯会」ジャワガムラン演奏&舞踊 

会場:東京・中野区 百観音明治寺

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Kentoue0907

「百観音献灯会」ジャワガムラン演奏&舞踊(ポスター画像は昨年のものです)
今年も夏の風物詩「百観音献灯会」の季節が近づいてきました。境内に灯された千本近くのろうそくをバックに、野外ステージでガムランが演奏されます。雨天決行。

日時:7月25日(日)   
第1回演奏 18:30〜19:00
第2回演奏 20:00〜20:30
法要 18:00〜18:30
野外映画上映会 19:00〜20:00

Pim0002 会場:百観音明治寺・野外ステージ
西武新宿線沼袋駅より徒歩5分
演奏:ランバンサリ

お灯明代:500円
お問い合わせ:百観音明治寺 Tel 03-3386-3937
中野区沼袋2-28-20

Pim0004 (百観音明治寺ホームページより)

百観音献灯会ってどんな催し?

 沼袋に百観音明治寺というお寺があって、境内には石仏の観音様が約180体いらっしゃいます。この日はみんなでそこにお灯明をお供えします。さすがに千個くらいの灯りがともると、境内は一面光の海のようで、「わぁー、きれいだなー」という感じです。景色を眺めて、「私があげた火はどれかな」なんて言って、誰もが参加できる情緒ゆたかな行事です。

Pim0005 どんな趣旨なの?

「世界中の子どもたちが飢えや貧しさや、戦争の恐怖にさらされることなく、どうか幸せになりますように…。」と、みんなで祈ることが趣旨です。残念だけど、いまだに飢えや病気や恐怖の中で生きなければならない子どもが、後を絶ちません。せめて年に一度はこのことを思い出して、灯明を500円で買っていただき、浄財をユニセフ協会に寄付したいので、よろしくお願いします。


ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

百観音献灯会
http://www.meijidera.com/kentoue.html

百観音明治寺
http://www.meijidera.com

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

10/07/21(水) 軽やかな南国リゾートのサウンド バリガムラン・ライブ

会場:神奈川・横浜みなとみらい スラバヤ横浜ワールドポーターズ店

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010年7月21日(水)19:00〜19:30、20:00〜20:30の2ステージ(入替えなし)
@インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店(横浜みなとみらい)
出演:Terang Bulan(櫻田素子 錦織照子 ほか)/ガムラン
佐野篤/ギター ほか

いつもとちょっと雰囲気を変えて、ガムラン曲のほか、軽やかな南国リゾートのサウンドをお届けします。

ご予約・お問合せ:横浜ワールドポータズ5F・スラバヤ横浜店 tel.045-222-2577

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店
http://www.surabaya.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/24(木)&07/22(木)&08/19(木) ガムラン・ドゥグン・ライブ

会場:東京・渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

バリカフェ・モンキーフォレスト
〜ガムラン・ドゥグン・ライブ〜
渋谷の隠れ家的レストランとして人気のインドネシア料理店「バリカフェ・モンキーフォレスト」で、4月よりスンダ(西ジャワ)のガムラン・ライブを、毎月1回行っています。典雅で落ち着いた雰囲気の古典曲、軽快でポップな現代曲、スンダ民謡など、バラエティに富んだプログラムをお楽しみ下さい。演奏チャージなし、食事代のみ。演奏日は毎月異なりますので、予めお店にお問い合わせ下さい。
演奏:パラグナ・グループ
日時:6月24日(木)20:00〜20:45
7月22日(木)20:00〜20:45
8月19日(木)20:00〜20:45
会場:バリカフェ・モンキーフォレスト(渋谷)
JR渋谷駅南口より徒歩8分
ご予約・お問い合わせ:
バリカフェ・モンキーフォレスト
Tel 03-3464-4633
渋谷区桜丘町10-8ビィラ青山1F

パラグナ・グループ
http://www.paraguna.com/

バリカフェ・モンキーフォレスト 
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06/22(火)&08/24(火) スレンドロ音階の古典曲 ジャワガムラン・ライブ@ジュンバタン・メラ赤坂店 

会場:東京・赤坂 ジュンバタン・メラ赤坂店

下記の公演があります。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091013_tokyo01

 

 

 

ジュンバタン・メラ赤坂店
〜ジャワガムラン・ライブ〜
インドネシア料理店の老舗「ジュンバタン・メラ赤坂店」で、小編成のジャワガムラン・ライブを毎月1回行なっています。たゆたうように時間が流れるガムランの調べを聴きながら、ゆったりとお食事をお楽しみ下さい。スレンドロ音階の楽器で、古典曲を中心に演奏しています。演奏チャージなし、食事代のみ。演奏日は毎月異なりますので、予めお店にお問い合わせ下さい。
*7月の演奏は、都合によりお休みいたします。
演奏:ランバンサリ
日時:6月22日(火)20:00〜20:45
8月24日(火)20:00〜20:45
会場:ジュンバタン・メラ赤坂店 
地下鉄赤坂見附駅より徒歩5分
地下鉄千代田線赤坂駅より徒歩7分
ご予約・お問い合わせ:
ジュンバタン・メラ赤坂店 Tel 03-3588-0794

 

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

ジュンバタン・メラ赤坂店 
http://www.jbm-gr.com/jbm/jbm_aka.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/07/11(日) 侵蝕するガムラン

会場:大阪・吹田 民族学博物館特別展示館

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

民族学博物館が企画する「夏のみんぱくフォーラム2010 音の力」の中で、マルガサリが「侵蝕するガムラン」というコンサートをします。
ジャワの伝統的なガムランと舞踊,奈良たんぽぽの家の障がいのある
アーティストとのコラボ,デビッド・コットロイと佐久間新の作品の上 演を行います。

日時:7月11日 13:30~15:30 (開場:13:15)
場所:
特別展示館 (大阪 吹田 千里万博記念公園)
出演:マルガサリ、たんぽぽの家所属アーティスト,Yangjah(ゲストダンサー)
入場無料、申し込み不要
主催:民族学博物館

2004年から始めたたんぽぽの家とのコラボレーション。僕自身は、月に2回のワークショップを続けていますが,マルガサリとしては久々の共演です。今回は,即興ダンスを得意とするYangjahさんにゲストで出演してもらいます。ジャワの伝統舞踊は,イウィンさんが「ス カル・ブディアストゥティ」を踊ります。

民族学博物館
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/otonochikara10_sum.html

マルガサリ
http://margasari.com/index.html


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/07/26(月)&27(火) ジャワガムラン三大巨匠参加 ジャワのガムランと舞踊のコンサート 

会場:東京・渋谷区 青山円形劇場

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100726_shibuya01 ジャワのガムランと舞踊のコンサート  
「天地の響~ジャワ・ガムランによる共生~」

2010年7月26日(月)/27日(火)
19:00開演(18:30開場)
会場:青山円形劇場

本公演は、中部ジャワのガムラン界を代表する三人の巨匠 サプトノ氏、スウィト氏、トゥゴ氏を迎え、日本におけるジャワ・ガムラン受容40年の集大成を示そうとするものです。
~ガムランは、天の律動をその響きに収斂し、静かに地を揺り動かし命を目覚めさせる。

~ジャワから伝わった響きは日本の大地を潤し、多くの人々をそこに憩わせる。
~ゆたかな共生(ともいき)の可能性を秘めつつ。

主催・制作:カルティカ&クスモ
共催:こどもの城 音楽事業部 
後援:駐日インドネシア共和国大使館
協力:音工場KANDA

100726_shibuya02 プログラム:
グンデン・ボナン「スレブラ」
 祖霊・精霊にささげられる儀礼的な古典曲
グンデン・ルバブ「ウダン・アセ~シユム」(本邦初演)
 ルバブ(胡弓)や歌の加わったフル編成のガムランによる古典曲 
トルバンガン「天地の響」(世界初演)
 トルバン(大小様々な平型太鼓)による演奏(作曲:サプトノ)
ムルヨララス「ジャティ・ワルヨ」(本邦初演)
 小編成のガムランによる瞑想の曲(作曲:サプトノ)
創作曲「時の汀」(再演)
ガムランと歌による祈りの曲(作曲:福沢達郎)
舞踊「ゴレ アユン・アユン」(26日)
「ガンビヨン パレアノム」(27日)

●チケット料金:全席自由
前売り:4000円
当日:4500円
未就学児のご入場はご遠慮ください。

チケット申し込み(下記関連企画含む):
電話:045-433-6274(プランニングオフィスネイチャ)
FAX:045-433-6578
Mail: info_kartika@yahoo.co.jp(カルティカ&クスモ事務局)

問い合わせ先:カルティカ&クスモ事務局
電話&FAX:03-5300-5479
Mail: info_kartika@yahoo.co.jp

関連企画:コンサート+観客参加型ワークショップ
2010年7月27日(火)13:30~15:00
於:青山円形劇場
出演:こどもの城ガムラン講座で学んできたこどもたち、他
チケット料金:1000円 未就学児可(3才未満無料)
チケット申し込み先: 同上

カルティカ&クスモ
http://sound.jp/kartika/

青山円形劇場
http://www.aoyama.org/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

10/07/18(日) 音工場Omori 「こどものガムラン一日体験講座」

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100718_shibuya01 音工場Omori  
「こどものガムラン一日体験講座」

インドネシア・バリ島の音楽「ガムラン」を、たたいてみよう!
「てっきん」のようながっき、おなべのふたのようながっき、たいこ、どら、シンバルなど、「ガムラン」には、いろいろな楽器があ
ります。
みんなでいっしょにたたくと、きらびやかな音がします。
バリ島のせんせい「プトゥ」さんにガムランをおしえてもらいましょう。

Mari kita main gamelan!(マリ キタ マイン ガムラン!)
~みんなでいっしょにえんそうしてみよう~

100718_shibuya02 こどものガムラン一日体験講座
期日:2010年7月18日(日)15時~16時 30分
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(プトゥさん)
場所:音工場Omori(おとこうば おおもり)
対象:小学1年生~中学3年生
参加費:2.000円
100718_shibuya03 申込み方法:申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通学先をご記 入の上、FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。

会場・お申込み・お問い合せ先:音工場Omori(日祝休)
〒143-0016 大田区大森北 6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451
E-mail: info_otokoba@yahoo.co.jp
交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/07/01(木) 劇団テアトル・ガラシ「南☆十字路」大阪公演

会場:大阪・城東区 アトリエ・エスペース

下記の公演のお知らせをいただきました。出演者にはトペン・マドゥーラの有名な踊り手
であるwangiさんも出演します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100701_osaka01_2 劇団テアトル・ガラシ「南☆十字路」大阪公演

「Shizuoka春の芸術祭2010」(SPAC/静岡県舞台芸術センター)に招待されて来日するテアトル・ガラシTeater Garasi劇団のたっての希望で実現した、初の大阪公演!
インドネシアでも要注目の劇団、ガラシ独特の身体表現、舞台装置を至近距離でお楽しみください。また1回目の公演後に関西の演出家も交えて観客とのアフタートークがあります。
テアトル・ガラシは1993年に設立され、中部ジャワのジョグジャカルタを拠点に活動する劇団です。作品の原題は「Je.ja.l.an」。2008年ジョグジャカルタ、ジャカルタにて初演。現代と伝統、コスモポリタンと閉鎖的な人々、エリートと平凡な生活者、勝ち組と負け組、などなど東南アジアの大都会にうずまく衝突や論争を明るくコミカルに浮き彫りにした作品。本来は広いスペースを必要とする作品ですが、ガラシ(ガレージ)という劇団名にふさわしく、ガレージを改装した「アトリエ・エスペース」で上演します。100701_osaka02

会場: アトリエ・エスペース(大阪市城東区成育2-5-4)
京阪・野江駅(京橋より普通電車で1駅)より線路沿い北へ徒歩3分。
地下鉄谷町線・野江内代駅1番出口より東へ徒歩10分。

日時: 2010年7月1日(木)
1回目開演15:30~、終了後アフタートーク
2回目公演19:30~
(全席自由。開場は開演の30分前から。受付開始は40分前から。)

料金: 前売一般2500円、当日2800円、学生・シニア(65歳以上)1500円(要証明)

予約・問合わせ先:
ジャワ舞踊の会・冨岡三智 http://javanesedance.blog69.fc2.com/メールフォームより
アトリエ・エスペース http://www.geocities.jp/atelier_s_pace/

参考
SPACでの「南☆十字路」公演 http://www.spac.or.jp/10_spring/cross
2008年5月24日コンパス紙「南☆十字路」評

http://nasional.kompas.com/read/2008/05/24/22131884/je.ja.l.an.teater.garasi.potret.buram.dari.jalanan

主催:ジャワ舞踊の会、hmpシアターカンパニー
共催:アトリエ・エスペース
協力:NPO大阪現代舞台芸術協会、横須賀智美
助成:(財)大阪国際交流センター
協賛:ガルーダ・インドネシア航空会社

テアトル・ガラシ
http://www.teatergarasi.org/

ジャワ舞踊の会・冨岡三智
http://javanesedance.blog69.fc2.com/

アトリエ・エスペース
http://www.geocities.jp/atelier_s_pace/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

【いよいよ本日】10/06/09(水)&06/19(土) 中田一子ほか4匹の芸能ワニ(ボヨ)のあっぱれライブ!「ボヨヨン(BAYA4)アッパレー」

会場:東京・西荻窪 音や金時/名古屋市緑区 縄文・うさぎ

下記の公演があります。(ポニョじゃなくてボヨ?)痛快無比、抱腹絶倒のガムランライブ!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100609_nisihiogikubo01 6月、西荻窪、名古屋でBAYA4〜ボヨヨン〜ライブ

インドネシア、ブラジル、日本、そしてあやしきオリジナル音曲

ボヨヨンアッパレー
BAYA4

出演:BAYA4
中田一子(歌、ピアノ、ガムラン楽器)
古川麦(歌、ギター、ガムラン楽器)
前田達彦(パーカッション)
林田圭緯子(バリダンス)

BAYA~ボヨ~は
ジャワ語で「ワニ」
4匹の芸能ワニのあっぱれライブ!

100609_nisihiogikubo02 音や金時 10/6/9(水)
並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
TEL: 03-5382-2020
午後7時30分スタート
チャージ:2600円

縄文・うさぎ 10/6/19(土)
名古屋市緑区鳴海町前之輪45番地
TEL:090-9661-8292
(縄文・うさぎ Yumi)
午後6時開演
チャージ:2500円(飲み物付き)

中田音楽
http://ichikodata.blogspot.com/

音や金時
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

大きな地図で見る

縄文・うさぎのHP
http://www.joumon-usagi.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いよいよ今週末】10/06/13(日) ジャワガムランのさまざまなスタイルの曲や踊り ランバンサリ自主公演「青銅音曲XII」 

会場:東京・日暮里 日暮里サニーホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100613_nippori01 ランバンサリ自主公演「青銅音曲XII」
 ~ガドガド・ガムラン2010~

恒例となりましたランバンサリの自主公演「青銅音曲」シリーズ、今年で12回目を迎えます。
昨年同様、タイトルは「ガドガド・ガムラン」。
今年も、ジャワガムランのさまざまなスタイルの曲や踊りをお楽しみいただきます。
中部ジャワ・スラカルタ様式の古典曲や舞踊に加え、ジャワ北部・スマラン様式の器楽曲、ジャワ西部・バニュマス地方の竹のアンサンブル「チャルン」、インド舞踊にヒントを得て創作された舞踊をご覧いただきます。
ジャワガムランの多様性、懐の深さをじっくりとお楽しみ下さい。
乞うご期待!

100613_nippori02 日時:6月13日(日)15:00開演(14:30 開場)
会場:日暮里サニーホール
JR日暮里駅南口より徒歩3分
入場料:当日3,500円/前売3,000円/会員2,500円
小学生1,000円(全席自由)
演奏:ランバンサリ
舞踊:飯島かほる、針生すぐり
プログラム:
スマラン地方の器楽曲「ビモ・クルド」
舞踊「ガンビル・アノム」(飯島かほる)
古典曲「サンブル・チリ」
バニュマス地方の武のアンサンブル
「グヌン・サリ・カリバゴラン」
古典曲「ロロ・ロロ・ゲンドン~ロロ・ロロ・トペン」
舞踊「マニプレン」(針生すぐり)

ご予約・お問い合わせ:ランバンサリ事務局
Tel 03-5300-6361(担当:木村)
office@lambangsari.com

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

日暮里サニーホール
http://www.cbc-sunny.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

10/06/13(日) スカール・リリーバリダンス公演

会場:神奈川・川崎 川崎市多摩市民館ホール

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スカール・リリーバリダンス公演

日時 : 2010年6月13日(日)
13:30開場 14:00開演  16:30終演予定
会場 : 川崎市多摩市民館ホール 入場無料
小田急線向ヶ丘遊園駅北口下車徒歩5分
主催 : スカール・リリー(代表 河合)
Tel. 044-989-2897 
email : pxa12316@nifty.com

演目: スカール・ジャガット、ジャラク・プティ、レゴン・クラトン
オレグ・タムリリンガン、タルナジャヤ、ユダパティ
チリナヤ、スカール・イビン、レゴン・ジョボグ

スカール・リリーは18年目を迎えるバリダンスグループで、川崎市麻生区を本拠地として活動しています。
今年、川崎市多摩区で活動してきた姉妹グループ、スカール・ペルと統合しました。
今回は 2時間半の単独公演です。
インドネシアの神話・昔話などの解説を加えながら、ゆっくりと楽しんでいただけるプログラムになっております。
お気軽にお立ち寄りください。

スカール・リリー
http://homepage2.nifty.com/sekarlily/

川崎市多摩市民館ホール
http://www.city.kawasaki.jp/88/88tamasi/home/index.htm

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »