« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月25日 (木)

10/03/14(日) モンキー DE 西ジャワの「ガムラン・ドゥグン」ライブ

会場:東京・渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100314_shibuya01 モンキー DE 西ジャワの「ガムラン・ドゥグン」ライブ
スンダのガムランで癒しのひとときを!

日本で唯一のスンダ(西ジャワ)音楽グループとして活動している「パラグナ・グループ」による演奏で、「ガムラン・ドゥグン」と、歌・箏・笛のアンサンブル「トゥンバン・スンダ」をお楽しみいただき ます。

どちらも、かつては貴族階級のたしなみとして演奏された音楽ですが、今なお多様な発展をみせ、現代の人々にも広く愛好されています。
ジャワやバリのガムランとひと味違った魅力を持つスンダの音楽。
典雅で落ち着いた雰囲気の古典曲、軽快でポップな現代曲、スンダ民謡 など、バラエティに富んだプログラムをお楽しみ下さい。

「ガムラン・ドゥグン」は、バリ島でもホテル、レストラン、カフェなどのBGMによく使われており、バリ好きの方なら、必ず聞いたことのある音楽です。どうぞお楽しみに!

演奏:パラグナ・グループ
日時:3月14日(日)15:30~17:30(開場 15:00)
会場:バリカフェ・モンキーフォレスト(渋谷)
   JR渋谷駅南口より徒歩8分
料金:2,000円(ワンドリンク付き)
   お食事をしながらライブをお楽しみいただけます。
   ご希望の方は、来店後、ご注文下さい。(別料金)
定員:40名
   (定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承下さい)

ご予約・お問い合わせ:バリカフェ・モンキーフォレスト
Tel 03-3464-4633/渋谷区桜丘町10-8ビィラ青山1F

パラグナ・グループ
http://www.paraguna.com/

バリカフェ・モンキーフォレスト 
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/02/28(日) ジャワガムラン公演/ランラン・ガムラン 2010

会場:東京・新橋 ランバンサリ・スタジオ

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ランラン・ガムラン 2010

「ランラン・ガムラン」は、ランバンサリのメンバーのステップアップを目指して、日頃演奏会で演奏する機会の少ない楽器に挑戦する発表会として始まりました。
近年は、水曜講座のメンバー「スイスイ」と日曜ガムランの講座生「ミングー」も加わり、合同発表会として開催しています。
今回も太鼓の達人がシンデン(歌)に挑戦したりと「ランラン・ガムラン」ならではのレアな配役が続出です。どんな珍芸が繰り広げられることやら…今回はスタジオ開催となりますので、スペースに限りがありますが、お時間がありましたらぜひご来場下さい。

日時:2月28日(日) 15:00~18:30
会場:ランバンサリ・スタジオ
   港区西新橋1-17-16 宮田ビルB1F
   JR新橋駅日比谷口(SL広場)より徒歩5分
   http://www.lambangsari.com/map.jpg
演奏:ランバンサリ正会員・休会員
   水曜講座生「スイスイ」
   日曜ガムラン講座生「ミングー」
入場無料(茶菓子付き)
プログラム:
   Ldr. Wilujeng  pl.br
   Lanc. Barang  pl.br
   Ktw. Kasatriyan  sl.9
   Srepegan sl.9,
   Ktw. Puspagiwang pl.br
   Ldr. Asmaradana  sl.m
   Ldr. Pangkur  pl.br
   Ldr. Sri Widada  pl.br
   Ldr. Sri Karongron sl.9
   Gending Talu  sl.m
   Gambir Anom  sl.6 他

ご予約・お問い合わせ:ランバンサリ事務局
Tel 03-5300-6361(担当:木村)
kayokimura@jcom.home.ne.jp

◎スペースに限りがありますので、ご来場ご希望の方は、事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

ランバンサリ・スタジオ
http://www.lambangsari.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

10/03/07(日) モンキー DE ふしぎ発見! 「バリ舞踊」

会場:東京・渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

下記の公演がバリカフェ・モンキーフォレスト のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100307_shibuya01 村に伝わる芸能にふれる~インドネシア・バリ島
モンキー DE ふしぎ発見! 「バリ舞踊」

インドネシア・バリ島の伝統舞踊「バリ舞踊」、多くの村に伝承されてきた芸能のひとつです。
バリ島の生活はつねに自然世界と関わりがあり、見に見えない神々や精霊と共生しています。
神々への捧げものとして舞踊は深く関わりがあります。

村ごとで習慣や風習が異なり、舞踊の伝承にも影響を与えています。

そのため、地域単位でのスタイルがうまれ、同じ曲名であっても踊りやふり、曲が異なるものがあります。

今回はこの点に注目し、バリ島の洲都である「デンパサール」と芸術の村ウブドの東、バリ舞踊の中心地として知られる「プリアタン」のスタイルの違いの比較をしてみます。

舞踊から習慣や風習の違いを探り、バリ舞踊のもつ深さにふれてみましょう。

日時:2010年3月7日(日) 15時30分~17時30分
場所:渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
会費 :\1500(ワンドリンク付き)
     お食事やデザートのオーダーもできます(別料金)
定員:40名

ご予約は、店までご連絡ください。

【出演者】:
バスンダリ&プルマタサリ

【演目】(順番は当時入れ替わる場合があります):

 ・ペンデット デンパサール(田邉幸子、長谷川亜美)
       VS
 ・ペンデット プリアタン(小林純子、若林めぐみ)

 ・パンジースミラン(野澤ゆか)
       VS
 ・プスパメカール(松田由紀子、狩野南)

 ・レゴンラサッム デンパサール(小林純子、野澤ゆか、田邉幸子)
       VS
 ・レゴンラッサム プリアタン(狩野南、小林純子、若林めぐみ)

 (現地での舞踊習得とフィールド調査結果に基づく衣装と舞踊の解説つき)

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキー フォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630

バスンダリ
http://www.basundhari.com/

バリカフェ・モンキーフォレスト 
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

10/05/22(土) 芸能山城組春祭2010

会場:東京・中野 なかのZERO大ホール

下記の公演が芸能山城組のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100522_nakano01 芸能山城組春祭2010

第一部
ハイパーソニックで堪能する民族合唱の新しい魅力
第二部
山城流スペクタクル 群芸「鳴神」

日 時: 2010年5月22日(土)
開場 16:30
開演 17:00

会 場: なかのZERO大ホール(東京都中野区)
(JR・地下鉄東西線中野駅南口徒歩8分)

HS席 (前売のみ) 5,000円
S席前売 4,000円、当日 5,000円
A席前売 3,000円、当日 4,000円

※HS席は、パフォーマンス全般を最高の条件で鑑賞できる席として設定しました。50席限定で早期完売が必至につき、お早めにお申し込みください。

チケットのお申込み・お問合せ先 
Tel:03-3366-4741
Eメール: harumatsuri@yamashirogumi.jp

芸能山城組
http://www.yamashirogumi.gr.jp/

なかのZERO大ホール
http://www.nices.jp/facility/zero/daihall.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

10/04/07(土) ジャワ舞踊 ジャワ舞踊 ソロ スタイル 1日体験講座

会場:東京・神田 音工場KANDA

下記の講座が音工場KANDAのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100313_kanda01_2 ジャワ舞踊  ソロ スタイル 1日体験講座

2010年4月7日 水曜日11:00~12:30
ジャワ舞踊(ソロ・スタイル)の1日体験講座をひらきます。
内容は、女性のゆったりした舞踊を中心に、基礎からゆっくり体を動かすことを学びます。

初心者大歓迎!

【講師】針生すぐり
【受講料】2000円
【募集人数】10名

【お申し込み方法】
お名前、ご住所、お電話番号(日中ご連絡のとれる番号)を音工場KANDAまで、お電話またはメールでお知らせ下さい。
こちらから、確認のご連絡をさせて頂きます。

音工場KANDA(おとこうばカンダ)
電 話&Fax:03-5294-0744
メール:jawa-info@otokoba.com
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町 1-16万惣ビル B1F   

*ファックスのご連絡は、返信に1週間ほどかかる場合がございます。ご了承下さい。
*携帯メールからのご連絡はこちらからのお返事が届く様、ご設定お願い致します。
*ファックスにてのお申し込みはチラシ記載の番号までお願い致します。

【お申し込み:締め切り】2日前4月5日18時まで
(締め切り前でも定員になり次第締め切りとさせて頂きます。)

音工場KANDA
http://otokoba.com/kanda_top.html


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/03/13(土) ジャワ舞踊 ジョグジャカルタ スタイル 1日体験講座

会場:東京・神田 音工場KANDA

下記の講座が音工場KANDAのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100313_kanda01 ジャワ舞踊  ジョグジャカルタ スタイル 1日体験講座

2010年3月13日 土曜日16:00~17:30
ジャワ舞踊(ジョグジャカルタ・スタイル)の1日体験講座をひらきます。
内容は、女性のゆったりした舞踊を中心に、基礎からゆっくり体を動かすことを学びます。

初心者大歓迎!

【講師】稲毛やよい
【受講料】2000円
【募集人数】10名

【お申し込み方法】
お名前、ご住所、お電話番号(日中ご連絡のとれる番号)を音工場KANDAまで、お電話またはメールでお知らせ下さい。
こちらから、確認のご連絡をさせて頂きます。

音工場KANDA(おとこうばカンダ)
電 話&Fax:03-5294-0744
メール:jawa-info@otokoba.com
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町 1-16万惣ビル B1F   

*ファックスのご連絡は、返信に1週間ほどかかる場合がございます。ご了承下さい。
*携帯メールからのご連絡はこちらからのお返事が届く様、ご設定お願い致します。
*ファックスにてのお申し込みはチラシ記載の番号までお願い致します。

【お申し込み:締め切り】2日前3月11日18時まで
(締め切り前でも定員になり次第締め切りとさせて頂きます。)

音工場KANDA
http://otokoba.com/kanda_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

10/02/27(土) バリダンス公演 レゴンラッサム/Suara Bhuana(鈴木珠実&長山清香&根津聖羅)

会場:東京・大崎 CafeUbud

下記の公演がCafe Ubudのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2月27日 バリダンス

レゴンラッサム

Suara Bhuana(鈴木珠実&長山清香&根津聖羅)

毎週土曜日の夜はバリダンスショーを見ながら
お食事をお楽しみいただけます。
18時半、20時半からの2ステージ、ダンサーがお席の隣まで踊りに来るバリより間近で見られるオリジナルのスタイルです。レゴダンスやバリスといった定番のダンスから新しいものまで毎週プログラムが変わります。

■ 2ステージ続けてご覧になるお客様のみ500円のチャージを頂戴します。
■ 1ステージのみの場合には無料です。
■ 18時30分からのダンスのみを見る場合には19時30分ラストオーダー、テーブルのご利用を20時までとさせて頂きます。
■ 20時30分からのダンスを見る場合のご予約は20時よりとさせていただきます。
■ ダンスの見やすい前側のお席は御予約のお客様を優先させていただきます。

■2ステージとも同じ演目です

Cafe Ubud
住所 〒141-8411 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティプラザB1
アクセス JR大崎駅 徒歩3分 
TEL 03-5437-5915

YouTube-カフェウブドチャンネル
http://www.youtube.com/user/cafeUBUD

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【更新】10/03/27(土) 日本ワヤン協会 アルジュノの饗宴@名古屋

会場:名古屋 南山大学

下記がgadogadoのブログおよび南山エクステンション・カレッジ公開講座のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100327_nagoya03 インドネシア影絵芝居ワヤン公演

■ 演  目 マハーバーラタより 
  「アルジュノの饗宴」
 オリジナル = キ・スティノ   訳 = 松本 亮 
■ 解  説 松 本 亮 氏(日本ワヤン協会主宰)
■ 出  演 中 辻 正 氏
■ 日  時 2010年3月27日(土)
午後2時~午後4時
(開場 午後1時30分)
午後1時40分より歓迎の ガムラン演奏が始まります。(ガムラン指導 風間 純子 氏)
■ 会  場 南山大学(名古屋キャンパス)G30教室
名古屋市昭和区山里町18
■ 募集人数 抽選で400人
■ 入 場 料 無 料
■ 主  催 南山大学 南山エクステンション・カレッジ アジア・太平洋研究センター
■ 協  力 南山大学外国語学部アジア学科

■ お申込締切 2010年3月12日(金)必着
※応募多数の場合は抽選とします。

日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/newf.html

南山大学
http://www.nanzan-u.ac.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

10/0216~02/28 熊谷 正写真展「影透光・しずく」

会場:東京・高田馬場 Gallery Bar 26日の月     

下記の写真展が開催されています。

   

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

   

20100226_takadanobaba 2月16日~28日
      高田馬場「ギャラリーバー26日の月」にて
      
      逆光の中で、ガラスのしずくは、周りの風景を封じ込めて小さな宇宙を形成する。
      お気に入りのモデルを連れてロケするように、ガラスのオブジェをポケットに入れて、
      どんな風景を封じ込めようか、逆さまに映る風景を凝視しながらスナップして歩く。
      
      Gallery Bar 26日の月
      新宿区高田馬場3-5-4 Tel 03-3361-7081
      Drink & Food 500円~+Charge 400円
      火~土曜日18:00~26:00
      日曜日18:00~24:00 月曜日定休

   

ギャラリーバー26日の月のブログより

   

月「懐かしいタイトルですね!」
      熊「エイトウコウ。造語だけどね、影と透明な光、影を透る光etc。器やオブジェなどのガラス作品を撮るのは以前からのライフワークで、2002年に月の初展示でも「影透光・ガラスの幻影」と題し展示したよね。原点帰りだなあ」
      月「今回は可愛らしいしずく形のオブジェですね」
      熊「そう、少しいびつな形と中に気泡が3つ入っているのだけど、それが写り込みや影の妙味を出していてなかなかおもしろいんだよ。いびつなものほど影がおもしろいよね。ちょっとした角度でもニュアンスが全然違ってくるし」
      月「自然光のライティングですね」
      熊「ライティングって光を当てるばかりじゃなくて影をどう作るかなんだよね。太陽は動かせないから(笑)しずくをどう置いたらいいか色々試したよ」
      月「逆さに写りこんだ風景もおもしろい」
      熊「うん凸レンズだよね。子供の頃の遊びを思い出したりしながら、ちょっと少年の心に戻って撮影したよ。実際の風景、しずくに写った風景、太陽の反射、そして影。小宇宙が広がる感じだよね。
              そしてこのしずくに風景を閉じ込める、みたいな感覚もわくわくしてね」
      月「しずくを持って撮影に行くのも楽しそう」
      熊「ははは、これも少年の遊び的だよね。写真やり続けるには常に感動やわくわくがないと。感動し
              なかったら写真撮れないしね」
      月「今回は試み的にも新しいですよね」
      熊「初めは実験的にやったんだよ。そしたら意外とおもしろくてね。単にスナップでもオブジェの写真でもない。今までやってきた表現に新しいアート的な目線が加わった感じかな」
      月「じゃあ、しずくとの旅も続きそうですねえ」
      熊「このシリーズは続けたいねえ。できれば自分でガラスのオブジェを作って一緒に撮影に行くのが夢。こういう形を作りたいという構想はあるんだよ。誰かガラス工芸の先生いませんか~?」
                 ~続きとマジメな写真論は店内で~

   

熊谷正
    http://www.stbears.com/
   

   

ギャラリーバー26日の月
http://www2.ttcn.ne.jp/~moon26/

   
  大きな地図で見る

   

|

2010年2月18日 (木)

10/02/17(水)~ 初心者の方のためのバリ・ガムラン定期講座入門コース

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100217_omori02 初心者の方のためのコース
「音工場Omori  バリ・ガムラン定期講座入門コース」

まったく初めての方も、少しだけ演奏したことの有る経験者の方も、お楽しみ頂けます。

100217_omori01 バリ・ガムラン定期講座入門コース
開講日:2010年2月17日(水)
講座日:毎週水曜日 19:00~21:00
2/17・2/24・3/3・3/10・ 3/17・3/24・3/31・4/7
講師 :増野亜子・I Putu Gede Setiawan
内容 :マルガパティ(舞踊曲)・バパンスリシール(器楽曲)
講座費:20000円(全8回)
入会金: 5000円
会場 :音工場Omori(おとこうばおおもり)
交通:京浜急行平和島駅より徒歩2分
申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。又 は、留守番電話にお吹き込み下さい。こちらからご連絡致します。

会場・問い合わせ先:
音工場Omori(日曜・祝日休み)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18 サンミニヨンビル3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : info_otokoba@yahoo.co.jp

交通:
京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/03/28(日) PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100328_omori00 「音工場Omori PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座」

神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。バリの音楽と舞踊の魅力 は実践してみてはじめて深く理解できるものです。
バリ・ガムラン演奏家のプトゥが指導いたします。
神秘の芸能をあなたも体験してみませんか。

日時:2010年3月28日(日)14:00~ 16:30

講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
対象:初心者
100328_omori01定員:15名 (先着順)
参加費:3.500円
申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。こちらからご連絡致します。

会場・問い合わせ先:
音工場Omori(日曜・祝日休み)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18 サンミニヨンビル3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : info_otokoba@yahoo.co.jp

100328_omori02通:
京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/03/21(日) 講師:車田れい子 バリ舞踊一日体験講座

会場:東京・大田区 音工場Omori

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100321_omori00 「音工場Omori バリ舞踊一日体験講座」

神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、
類い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。
バリの舞踊と音楽の魅力は実践してみて初めて深く理解できるものです。
神秘の芸能をあなたも一度体験してみませんか。

日時:2010年3月21日(日)14:30~ 16:30
講師:車田れい子
内容:女性舞踊の基本の姿勢や型を学びます。ガムランの音色に合わせ
て体を動かします。
対象:初心者
定員:8名 (先着順)
参加費:3.000円
服装:動きやすい服装で。裸足で練習します。

100321_omori01 申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。
*最小催行人数に満たない場合にはやむを得 ず開催を中止させて頂く場合がございます。

100321_omori02 会場・問い合わせ先:
音工場Omori(日曜・祝日休み)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18 サンミニヨンビル3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : info_otokoba@yahoo.co.jp

交通:
京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【更新】10/03/10(水) 横浜の夜景を見ながら、バリ・ガムラン・ディナーショー

会場:横浜みなとみらい インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店

下記の公演が櫻田素子さんのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010年3月10日(水)19:00〜19:30、20:00〜20:30(時間予定)
@インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店(横浜みなとみらい)
『バリ・ガムラン・ディナーショー 』出演:櫻田素子&Terang Bulan(櫻田素子 田中沙織 錦織照子 宮城康夫 渡辺
泰子)/ガムラン
    荒内琴江 小泉ちづこ/バリ舞踊

 料金:お1人様 5,000円(インドネシア料理、フリードリンク、チャージ含む)
 ご予約・お問合せ:横浜ワールドポータズ5F・スラバヤ横浜店 tel.045-222-2577

 *横浜の夜景を見ながら、南国の風と味を堪能する定例ライブ。2010年初回のこの日は、普段とちょっと違うガムラン楽器の紹介も。2年目に入った定例ライブは、楽器や舞踊の面白さをピックアップして紹介・体験するコーナーを作るなど、毎回趣向を変えていきます。初めての方はもちろん、もっとガムランを知りたい方にもじっくり楽しんでいただけるようなステージを目指しています!

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

インドネシア料理・スラバヤ横浜ワールドポーターズ店
http://www.surabaya.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

10/03/07(日) クルタクルティ/ワヤン公開練習「チントコプロの城」より前半部分

会場:東京・中野区 新井地域センター

下記の公演がガドガドのブログに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

100307_arai いつもの練習場でワヤンの練習を公開します。
今回は現在練習中の新作「チントコプロの城」から前半部分を上演します。
悪戦苦闘している姿を見られるめったにない機会ですよ。
上演後にはガムラン体験の時間も予定しています。
ご家族で、お友達と、お気軽にいらしてくださ~い。

演目:「チントコプロの城」より前半部分(1時間程度)
パンダワ5人兄弟の長男プントデウォが成人し、アスティノ国の王位をいよいよ継承するということになり、祝宴が開かれたのですが、それはパンダワに王位を渡したくないコラワ一族の奸計だったのです。祝宴がお開きになって皆が寝静まった頃、館に火が放たれ、パンダワ兄弟たちは命からがら森へ逃げ込むのでした。はからずも森を放浪することになってしまったパンダワ5人兄弟がたどりついたのが、マルトの森の奥深くにあるチントコプロ城です。そこには亡霊が棲んでいました…。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -
2010.3.7(日)
午後3:30-5:30(開場は15分前)
  3:30-4:30頃 ワヤン上演 / 4:30頃-5:30 ガムラン体験
場所:新井地域センター3F音楽室にて。

新井地域センター
住所    〒165-0026 東京都中野区新井三丁目11番4号(施設案内)
電話番号(代表)    03-3389-1411
ファクス    03-3228-5619

問い合わせ:メール kluthak@kazekusa.jp

クルタクルティ
http://kluthak.kazekusa.jp/

新井地域センター
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/220900/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

10/02/25(木) ガムラン・ドゥグン・ライブ@ジュンバタン・メラ新宿店 

会場:東京・新宿 ジュンバタン・メラ新宿店

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091007_tokyo01

ジュンバタン・メラ新宿店 ~ガムラン・ドゥグン・ライブ~
新宿高層ビル街・アイランドタワーにあるインドネシア料理店「ジュンバタンメラ新宿店」では、毎月1回スンダ(西ジャワ)のガムラン・ドゥグンのライブを行っています。典雅な古典曲、軽快でポップな現代曲、スンダ民謡(歌入り)など、バラエティに富んだプログラムをお楽しみ下さい。演奏チャージなし、食事代のみ。演奏日は毎月異なりますので、予めお店にお問い合わせ下さい。

ガムラン演奏:    パラグナ・グループ
日時:    2月25日(木) 20:00~20:20/21:00~21:20
会場:    ジュンバタン・メラ新宿店 新宿アイランドタワーB1F
JR新宿駅より徒歩8分

ご予約・お問い合わせ:ジュンバタン・メラ新宿店 Tel 03-5323-4214

ジュンバタン・メラ新宿店
http://www.jbm-gr.com/jbm/jbm_shin.html

パラグナ・グループ
http://www.paraguna.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/02/23(火) ジャワガムラン・ライブ@ジュンバタン・メラ赤坂店 

会場:東京・赤坂 ジュンバタン・メラ赤坂店

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091013_tokyo01

ジュンバタン・メラ赤坂店 ~ジャワガムラン・ライブ~
インドネシア料理店の老舗「ジュンバタン・メラ赤坂店」で、小編成のジャワガムラン・ライブを毎月1回行なっています。たゆたうように時間が流れるガムランの調べを聴きながら、ゆったりとお食事をお楽しみ下さい。楽器に近い席をご希望の方は、早めのご予約がおススメです。演奏チャージなし、食事代のみ。演奏日は毎月異なりますので、予めお店にお問い合わせ下さい。

ガムラン演奏:     ランバンサリ
日時:     2月23日(火) 20:00~20:30/21:00~21:30
会場:     ジュンバタン・メラ赤坂店 
地下鉄・赤坂見附駅より徒歩5分
地下鉄千代田線・赤坂駅より徒歩7分

ご予約・お問い合わせ:
ジュンバタン・メラ赤坂店 Tel 03-3588-0794

ジュンバタン・メラ赤坂店
http://www.jbm-gr.com/jbm/jbm_aka.html

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

ご予約・お問い合わせ:
ジュンバタン・メラ赤坂店 Tel 03-3588-0794

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/03/18(木) カルティカ・クスモ/ジャワのガムランと舞踊の夕べ

会場:東京・神田 音工場KANDA

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100318_kanda01 ジャワのガムランと舞踊の夕べ

時:2010年3月18日(木)19時開演(18時半開場)
場所:音工場KANDA
*靴を脱いでご入場いただきます。

料金:3000円 定員50名様まで。要予約。

ガムラン演奏
カルティカ+中田一子(ガムランゴング)

ジャワ舞踊
クスモ

企画・制作
カルティカ&クスモ


万惣フルーツパーラーのサンドイッチとジャワティーをご用意いたします。
お食事をしながら、ゆっくりとおくつろぎ下さい。

終演は20時半過ぎの予定です。

ご予約・お問い合わせ:カルティカ・クスモ事務局
電話・ファックス:03-5300-5479
Mail:info_kartika@yahoo.co.jp

お名前、ご住所、お電話番号、人数を
メール、電話、ファックス、いずれかにてお知らせ下さい。
こちらからご確認の連絡をさせて頂きます。

ご予約の締め切り 3月14日まで
ご予約語のキャンセルも同日までにお願い致します。
定員になり次第受付を終了致します。ご了承ください。

カルティカ・クスモ
http://sound.jp/kartika/

音工場KANDA
http://otokoba.com/kanda_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

【明日開催】10/02/14(日) ガムランで愛を叫ぶ!か?! ガムラン×アフロロック「ガムランと弦・・LOVE」@横浜・黄金町

会場:横浜・黄金町 試聴室その2

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2010年2月14日(日) 開場:18:00/開演:18:30
『ガムランと弦・・LOVE』

 櫻田素子 田中沙織 若林康明 渡辺泰子(ガムラン from Terang Bulan)
 佐野篤'(Bass,Guitar)
 小泉ちづこ(バリ舞踊)

「試聴室その2」(横浜・黄金町)
住 所:横浜市中区黄金町2丁目7番地先 黄金スタジオ内
(〒231-0054)

*京浜急行電鉄黄金町駅下車、徒歩3分
*横浜市営地下鉄「阪東橋」駅下車、徒歩5分

料金:予約2,500円+1drink(500円)/当日2,800円+1drink(500円)

○ご予約は・・試聴室その2
TEL.045-251-3979(12時-18時)
メール live@koganecho.net

*ガムランで愛を叫ぶ!か?!
東京・横浜を中心に、バリ・トラディショナルからオリジナル、セッションまで多彩に活動する、ガムラングループTerang Bulan(トゥラン・ブーラン)の精鋭が、伝説のアフロロックバンド"KING"リーダー佐野篤、日本の誇るバリダンサー小泉ちづこと共に、黄金の音色を聴かせます。
横浜黄金町の高架下、アーティストのレジデンススタジオの一角にあるカフェ&ライブスペースでの初ライブ。ちづこさんの「素(す)」の舞あり!

profile:

佐野 篤'/
東京都出身、ベーシスト、作曲家。幼少時よりバイオリン、トランペット、リコーダーに親しみ、16才でロックに目覚める。1978年、アマチュアロックフェス全国大会2位。のち、ベーシストとしてライブ、セッションに多数出演。ホルモンズ、S-Ken &Hotbomboms 、コンフントエスパシオ、サリュー、今堀恒雄ティポグラフィカ、等へ参加。1991年、ギニアへ旅し、アフリカ音楽にも影響を受ける。9名バンド「KING」のリーダーとして、 1990年結成時より現在にいたるまで精力的に活動を続けている。
音楽制作:「ニチコ」CF「いるかの記憶」、「東熱」CF、スカイパーフェクTV「エコミュージック」
主なレコーディング&ライブサポート:EPO、矢沢永吉、小泉今日子、近藤真彦、早見優、Eme、Begin、高野寛、ワッシー・ヴィンセント、ラ ティール・シー、ブバカル・ガイ、林英哲、クニ河内、ほか
CD:KING「De Adeyo」「OTOKOGOKORO」「月の人海の人」「GLOWMAN」ほか

小泉ちづこ/
バリ舞踊家。劇団民藝在団中にバリ舞踊を始める。
退団後、2001年から2年間インドネシア国立芸術大学舞踊家に留学。帰国後、バリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰し講師・バリ舞踊家として活動。
主な出演作品は、横浜シルクロード舞踏館での自主公演「アラム・ジワ〜天と地・巡る生命のまたたき・踊る呼吸〜」、根津聖羅との共同企画公演「ビリジアンフォレスト〜森の旅人〜」、銀座小劇場での細金久美との共同自主公演「テアトル・レゴン」。日本好文画廊「ぷらびだ」、俳優・石巻美香との「ことばとおどりのライブ」、横浜シルクロード舞踏館での創作バリ舞踊ライブ「人魚姫」、ほか。舞台表現者としてバリ舞踊の形式と作品の世界を探求していくことと共に、バリ舞踊の枠を少しゆるめたり外したり、まったく別の世界に身を置いてみるなど、たくさんの人と出会い、からだと心の楽しい可能性をいろいろな形で共有したいと活動している。

Terang Bulan /
Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)はインドネシア語で"明るく輝く月"。ガムラン奏者・櫻田素子によって3〜20名前後にいたるまで自在に編成されるバリ・ガムラン演奏グループ。青銅製、竹製など、さまざまなガムランスタイルをこなし、レパートリーは、バリ島伝統曲、ダンス曲、コンテンポラリー、異分野アーティストとのセッション、ワークショップなど、多岐に渡る。鍛えられたガムランテクニックと、純な音楽魂で、香るような音色を紡ぎ出す。これぞ、ガムランだ!

櫻田素子/
ガムラン奏者。Terang Bulan主宰。横浜生まれ。国立音楽大学卒。
著書:『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き)プリズム社, 2008
   『ワクワク音あそび・リズムあそび』黎明書房,2003
CD:『ASIAN MUSE』東芝EMI, 2004(自作曲「Jalan Bebek」収録)

試聴室その2
http://cafe.taf.co.jp/sono2/access.html

佐野 篤
http://www.thekingdome.net/

小泉ちづこ
http://www.muse.dti.ne.jp/c-bumi/

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/02/21(日)&02/28(日) モンキー DE 第1回/第2回 澤口友子 バリ島面白小話&バリ舞踊 

会場:渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト

下記のイベントがガドガドブログバリガムランクラブに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

モンキー DE 第1回/第2回 澤口友子 バリ島面白小話&バリ舞踊

「澤口友子の語っちゃうよ バリ」

1980年代前半に初めてバリを体験して以来、バリについて澤口が感じた
事をこってこてに語っちゃいます。
まるでウブドにいると錯覚しそうなモンキーフォレストで、マニアックな気分を味わいませんか?

そして澤口が2回目にバリに行った時から習い始めたバリ舞踊も躍らせて頂きます。

日時:
  第1回 2010年2月21日(日) 15時30分~17時30分
  第2回 2010年2月28日(日) 15時30分~17時30分
場所:渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
会費 :\2000+ワンドリンク
定員:40名

ご予約は、店までご連絡ください。

【出演者】:
澤口友子、他

【当日の内容】:
バリ島面白小話(澤口友子)
バリ舞踊
2/21(日) レゴン・ジョボグ(踊り手:澤口友子、安嶋圭子)
2/28(日) プスパ・メカール(踊り手:澤口友子、安嶋圭子、尾形布美子)

●澤口友子(バリ舞踊家)
バリ島の中でも有数の伝統を誇るプリアタン村、そのレゴン舞踊に惹かれて、幼稚園教諭から舞踊家に転身。
87年第9回バリ・アート・フェスティバルに外国人として初めてスカル・ジュプンとともに出演。
以降、数々のショー、ライブなどに出演。
バリ島の文化的背景などからも踊りへの理解を深め、バリ島と日本を結ぶ架け橋となって奮闘中。
その功績を評価され、2009年新春バリのブサキ寺院(バリヒンドゥー教の最高寺院)で、日本人初の神前舞いを許される。
舞台の振り付けや、後進の教育にも尽力。

Bali Cafe Monkey Forest
バリカフェ モンキー フォレスト
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
TEL:03-3464-4633 FAX:03-3464-4630

バリカフェ・モンキーフォレスト 
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/02/13(土) マルガサリの公演を映像で見る・第一夜「作曲家とのコラボ」

会場 大阪市・船場アートカフェ

下記のお知らせをいただきました。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

Monthly art cafe ~マンスリー アート カフェ~
 「カフェイマージュ with マルガサリ(第一夜)」

船場アートカフェでは2月の一ヶ月間毎日イベントを行っています。
そのうち、2夜のイベントにマルガサリが登場します。
第一夜のテーマは、「作曲家とのコラボ」。
 10年間の活動の中で、様々な作曲家とコラボレーションをしてきた
マルガサリ。
 それぞれの作品を、「映像」という視点から捉えなおします。

日時 2010年2月13日(土)19時~21時
   (開場は開始30分前)
場所 船場アートカフェ
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-2-15 三休橋エクセルビル北館B1F
Tel: 06-4308-4900
E-mail: art-cafe@ur-plaza.osaka-cu.ac.jp
   最寄り駅…地下鉄「本町」「堺筋本町」
料金 無料(当日先着順受付)
主催 船場アートカフェ
プロデューサー 本間直樹

※第2夜は、2月22日(月)19時~21時、船場アートカフェにて。
 第2夜のテーマは「即興」です。お楽しみに。

船場アートカフェ
http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/access.html

Gamelan MARGA SARI 
http://margasari.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

【開催間近】10/02/13(土) 『バリ島ワヤン夢うつつ』梅田英春参加、バリ島ワヤン公演@名古屋

会場:名古屋市・東文化小劇場

下記の公演がパドマのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100213_nagoya01 『クンバカルナの戦死』~バリ島の影絵芝居ワヤン・クリットとガムラン

パドマ主宰&事務局長が参加するグループ「サンディアムルティ」が梅田英春氏を迎えてお送りする「ワヤン・ラマヤナ in 名古屋!

出演:梅田英春(人形遣い・語り)、サンディアムルティ(ガムラン演奏)

2010年2月13日(土)
名古屋市東文化小劇場 18:00開演
前売り2000円;当日2500円(全席自由)

当日16時からガムランワークショップもあります。
お問合せ:gongluang@ybb.ne.jp(スアラ・スクマ 松井)
052-719-0430(名古屋市東文化小劇場)ほか

サンディアムルティ
スアラスクマ主宰松井と、パドマ主宰増野が呼びかけ、2006年発足。関東・東海・関西のガムランと舞踊メンバーで構成。

『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』(木犀社)予告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/wayangbali

グンデル・ワヤン パドマ
http://www.geocities.jp/genderpadma/

スアラ・スクマ
http://www.geocities.jp/suara_sukma/

名古屋市西文化小劇場
http://www.h2.dion.ne.jp/~b-nisi/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

10/03/27(土)&28(日) 第5回デワニョマンイラワン来日公演

会場:銀座小劇場 ジェルスホール

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
20100327_ginza00_2 第5回デワニョマンイラワン来日公演
『BINTANG★Bintang2』

このたび第5回目を迎えるデワニョマン来日公演実行委員会主催のデワニョマン来日公演、『BINTANG★Bintang2』は 3月27、28日に銀座 小劇場で開催。
ガムラン演奏に、櫻田素子&トゥランブーランを迎え、デワ氏2007年のバリ芸術祭(PKB)におけるゴンクビャールコンテストのギャニャール県代表の舞踊家として選ばれ1位を獲得したバリ舞踊「パラワキア」“Tari Palawakya”(君子の詠唱の踊り)を初演。
他 「クビャールトロンポン」、今回で3度目、小泉ちづことデワニョマンの「オレッグタムリリンガン」、などデワニョマンがバリ島で上演回数の多い演目を上演。
他豪華キャストによるバリ舞踊の数々。
また、櫻田素子作曲「スアラビンタン」“Suara Bintang”初演!乞う御期待です。

20100327_ginza01 <期日・開催時間>
2010年3月 27(土) 昼2時~ 夜6時半~ 
2010年3月 28(日) 昼2時~ 
(両日開演30分前に開場)

<会場>    
銀座小劇場 ジェルスホール

<出演>  
デワ・二ョマン・イラワン
パラワキア/クビャール・トロンポン/オレッグ・タムリリンガン男性役
小泉 ちづこ…オレッグ・タムリリンガン女性役
荒内 琴江…ジャウッ・クラス
松重 貢一郎…パラワキア語り
佐味 千珠子  三浦 智江  安谷 絵里…スカール・ジャガット(27日)
小林 純子  松田 由紀子  若林 めぐみ…スカール・ジャガット(28日)

ガムラン演奏/トゥランブーラン
櫻田 素子 足立 真里子 大平 美樹 クトゥッ・スワルダナ
城島 茂樹 田中 沙織 根岸 久美子 新留 美哉子 錦織 照子  
伏木 香織 若林 康明  渡辺 泰子

<スタッフ> 
舞台監督・美術/ 山内新   
照明/和田東史子  
Palawakya日本語翻訳/ アントニウス R プジョ プルノモ
(国立アイルランガ大学人文学部日本研究学科教授)
宣伝美術/ 片岡 国子  
写真提供/ 森 しょうこ
他、デワニョマン来日公演実行委員会

<主催> デワ ニョマン イラワン来日公演実行委員会

<後援>  インドネシア共和国大使館
<協賛>  ガルーダインドネシア航空 ・ 株式会社ジュンバタンメラ

<チケット>  前売り 3500円   当日 4000円 (全席自由席)

≪問い合わせ・申し込み方法≫

森 しょうこ (実行委員会)

Tel:090-6459-9534
Mail:ticket_bintang2@yahoo.co.jp

①日付、時間 ②枚数 ③お名前 ④ご住所 ⑤電話番号を明記の上、お申し込みください。

※収益の一部はユニセフを通じ、スマトラ、ハイチ地震募金へ寄付されます。

=========================================================================

「本公演における、バリ舞踊「パラワキア」
 “Tari Palawakya(君子の詠唱の踊り)”の背景」 の抜粋 

「パラワキア」は、バリ島北部“シンガラジャ”にて、Pak Kramcaにより創作されました。
古典ジャワ語(カウィ語)で吟詠しながら、トロンポンを奏でるという高度な舞踊技術を必要とするこの踊りは、デワ・ニョマン・イラワン氏の得意とする踊りです。彼は2007年のバリ島アートフェスティバル(Pesta Kesenian Bali)にて披露しています。
本公演のパラワキアは、長編「マハーバーラタ物語」の中にある一場面にあたります。
(参考:マハーバーラタ物語の中にある、“バラタ・ユダ(Bharata Yudha)”の一部という説もある。)また、バリ舞踊の“バリバリアン~tari balibalihan~”(奉納と観賞用や娯楽用の二面性を持つ舞踊)に区分されます。
インドネシアがオランダ植民統治時代、当時の中心地であったシンガラジャで、「クビャール」と呼ばれる舞踊、音楽、ガムラン編成が生まれ次第にバリ島南部に広がりをみせると、観光の為の創作舞踊が盛んになりました。その流れの中でパラワキアも創作されたのです。
トロンポンを演奏しながら、プジャンガ(詩人)が語る古典ジャワ語を、プカナワン(使いの者)が、世間の人々が理解できるように現代語に通訳をする役を務めます。

解説 / アントニウス R プジョ プルノモ氏   
(国立アイルランガ大学人文学科日本研究学部教授、Palawakya日本語翻訳)

≪デワ ニョマン イラワン プロフィール≫

20100327_ginza05_2 バリ舞踊家。バリ島ウブド出身。幼少期から舞踊家の祖母、母にバリ舞踊の教育を受ける。
国立芸術高等学院(SMKI)国立芸術大学デンパサール校(ISI Dempasar)舞踊科を卒業。

島内の数々の舞踊コンテストで幾多の受賞歴がある。
近年では2007年、バリ芸術祭(PKB)におけるゴンクビャールコンテストのギャニャール県代表の舞踊家として選ばれ バリ舞踊「パラワキア」“Tari Palawakya”(君子の詠唱の踊り)を踊り1位を獲得した。
2008年、バリ芸術大学在学4年時、大学の教授群と共に欧州公演団のメンバーに選抜され、フランスを中心とし、ヨーロッパ各地で公演。
2009年のバリ芸術祭にはオープニングセレモニー出演後ユドヨノ大統領ご夫妻に芸術祭参加者代表として挨拶。
国立芸術大学を卒業後、ウブド地区の小学校、母校の芸術大学へ講師で舞踊の指導にあたるほかデワ氏のスタジオでは、日々海外からの来訪者からのバリ舞踊のレッスン指導にあたっている。
またウブドの定期公演「パンチャアルタ」「カルサヤ」では 観光客に人気高い「クビャールトロンポン]「タルナジャヤ」「オレッグタムリリンガン」などを披露。
女形、クビャール舞踊を得意とし、美しく妖艶な色香を漂わせて踊る姿に女性と見間違える事も多いが、優雅な中に男性本来の力強さも兼ね備えており、観る人を魅了して止まない。
2005年から2008年(外務省、日イ国交樹立50周年記念事業に認定)にわたり、デワニョマンイラワン来日公演実行委員会主催によるデワニョマン氏の来日公演のため四回来日し、公演を行っている。
ますますの活躍が期待される若手実力派の舞踊家である。

デワニョマンイラワン来日公演実行委員会ブログ
http://blog.livedoor.jp/dewanyoman_rainiti/

森 しょうこ/実行委員会ブログ
http://shokopon.cocolog-nifty.com/blog/

銀座小劇場 ジェルスホール
http://homepage2.nifty.com/gin-jel/top.htm

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

【開催間近】10/02/26(金)~03/08(月) バリのアートに流れるスピリチュアリティを体験@バリ

会場:バリ島 トリ・プサカ・サクティ芸術文化振興財団

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20100226_bali 「アート & スピリチュアリティ リトリート」
~バリのアートに流れるスピリチュアリティを体験~

日程:2010年 2月26日(金)~3月8日(月) 9泊11日 
機内1泊 3月8日(日)日本着

場所:トリ・プサカ・サクティ芸術文化振興財団
(バトゥアン村、ウブドより車で約20分)

問い合わせ:バリツアーズ・コム
TEL     62-361-737355 (日本語ダイヤル)
FAX     62-361-735821
Eメール     info@bali-tours.com

舞踊、ガムラン音楽、仮面製作、絵画など、バリはさまざまなアートであふれています。この島では本来あらゆるアートが万物に宿る神々への捧げ物でした。バリのアートを習いつつ、その底辺に流れるスピリチュアルな教えを体感する日々を、芸術文化の村バトゥアンで、水田を渡るそよ風に吹かれながら満喫します。午前中は調和を求めるバリヒンズーについてのワークショップを受講後、参加者各自が選択するアートのレッスン、午後は観光地化されていないバトゥアンの自然に囲まれながら癒しのマッサージを受けたり、バリの「気」に満ちたお寺などを訪ねるオプショナルツアーに参加。グルメやショッピングも楽しみたい、という参加者には、ウブド繁華街への無料送迎サービスをご利用いただきます。

滞在先のトリ・プサカ・サクティ財団は、バリ島における芸術の継承と発展を目的に、現在バリで最も知られる舞踊家である、イ・マデ・ジマット氏の一族によって設立された機関です。水田の緑に囲まれた美しい敷地内には、500人以上収容可能なオープンステージ、ガムラン器材、ダンスレッスン場、舞踊衣装各種、宿泊施設、インターネット接続などが完備されています。リトリート参加者はこの財団敷地内で、各芸術分野の第一人者とされるアーティストから、直接芸術指導を受けることができます。また月に二回のみオープンステージで行われる舞踊公演「マスターズ・オブ・バリ」を無料観覧、四世代に渡るマデ・ジマット一族の伝統芸をじっくりと味わっていただけます。当公演はウブドでは開催されない特別イベントです。

毎朝「バリヒンズーのスピリチュアリティ」クラスを教える彩木めいはこれまで全米、バリにて数多くのスピリチュアルワークショップを指導した実績があり、またバリの宗教文化と舞踊に関する本を日本で出版するなど、多角的な活動を展開しています。

当プログラムの日程、料金、その他詳細については、下記「バリツアーズ・コム」をご参照下さい。またEメール及びお電話(日本語ダイアル)にてお問い合わせを受け付けています。

バリツアーズ・コム
www.bali-tours.com/yoga/workshop/art_and_spirituality.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »