« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

09/12/18(金) 暗闇カフェ:真冬に感じるBALI@国分寺カフェスロー

下記の公演が国分寺カフェスローのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091218_kokubunnji 毎日の暮らしの流れから、
そっと抜けだし、キャンドルを灯す。
ほっとして、
ぽっと心が温まる。

闇と光を楽しみませんか。

この日は、ガムラン音楽ユニット「YURI*MAKI+いっち」が初登場。
『真冬に感じるBALI』をテーマに、ティンクリック演奏とバリ舞踊、さらには創作影絵、グンデルワヤン演奏と唄『月夜に来る魚』を披露。

おいしいお酒とスローフードをおともにお楽しみください。
●日 時:12月18日(金)18:30オープン
 暗闇の時間:19:30頃~21:00
 お食事ラストオーダー:20:30
 お飲物ラストオーダー:21:30(22:00クローズ)

●参 加 費:予約¥1,000 当日¥1,200(共に1ドリンク付)

●暗 闇 演 出:YURI*MAKI+いっち(ガムラン音楽) 荒内琴江(バリ舞踊) 渡部沙智子(唄)

●予約申込み
・メール申込みフォーム
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。
※定員に達し次第締切とさせていただきます。

・電話…tel: 042-401-8505(火曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

※お席をお取りしてお待ちしております。
 ご来店が19:30を過ぎる場合、事前にお店までご連絡ください。

●暗闇演出人プロフィール:YURI*MAKI+いっち
都内を中心に、インドネシア・バリ島のガムラン音楽の演奏活動を展開している。楽器は主にティンクリックとグンデルワヤン。バリの古典曲からオリジナル曲までを幅広く演奏。

国分寺カフェスロー
http://www.cafeslow.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

09/12/07(月) メディア表現の源流を遡る1 インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリ@神戸

下記の公演がHANA☆JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

メディア表現の源流を遡る1 インドネシアの影絵芝居ワヤン・クリ@神戸

神戸芸術工科大学で行われる大学院授業「メディア表現プログラム」の中で、メディア表現の源流を遡ると題して一回目の講演・公演が行われます。取り上げられるのは、インドネシアジャワ島の伝統芸能ワヤンクリ。

とき:2009年12月7日(月)15~17時
ところ:神戸芸術工科大学クリエイティブセンター
出演:HANA☆JOSS

HANA☆JOSS
http://www.hanajoss.net/

神戸芸術工科大学
http://www.kobe-du.ac.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【更新】09/11/23(祝)12/02(水)&12/06(日)&12/13(日)& 12/21(祝) スラバヤで楽しむ、本場インドネシア料理とバリ舞踊の夜

下記の公演があります。12/02の情報を更新しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2009年1123balidance_a5_ol11月23日(祝)
スラバヤ横須賀店で楽しむ、本場インドネシア料理とバリ舞踊の夜
会場:スラバヤ横須賀店
神奈川県横須賀市若松町2-30
横須賀モアーズシティ9F
Accsess:京浜急行線 横須賀中央駅
Phone:046-820-4503
出演:バリ舞踊グループバスンダリ
開演:1部/18:00 2部/20:00


大きな地図で見る

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1202yokohama 2009年12月02日(水)
スラバヤ横浜店で楽しむ、本場インドネシア料理とバリ舞踊の夜
会場:スラバヤ横浜店
神奈川県横浜市中区新港町2-2-1
横浜ワールドポーターズ5F
Accsess:みなとみらい線 みなとみらい駅又は馬車道駅
Phone:045-222-2577
出演:バリガムラングループ トゥラン・ブーラン
開演:1部/19:00 2部/20:00

20091202_tb_core_prof田素子&Terang Bulan(櫻田素子 渡辺泰子 田中沙織 秋山ゆかり 宮城康夫)/青銅ガムラン
荒内琴江 小泉ちづこ/バリ仮面舞踊・宮廷舞踊
お一人様 5000円(インドネシア料理ビュッフェ、フリードリンク、チャージ含む)
20091202_chizuko_gabor_hana_prof ご予約:横浜ワールドポータズ5F・スラバヤ横浜店 tel.045-222-2577
*恒例、横浜の夜景を見ながら、南国の香りを感じてください。
バリ舞踊の真髄「レゴン・ラッサム」(宮廷舞踊)と、バリ島の祭にはなくてはならない、精霊の仮面の踊り、他、バリ島を深く味わえる演目です。

 

大きな地図で見る

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1206balidance_a5ol 2009年12月06日(日) スラバヤ調布店で楽しむ、本場インドネシア料理とバリ舞踊の夜
会場:スラバヤ調布店
東京都調布市小島町1-38-1
調布PARCO 7F

Accsess:京王線 調布駅
Phone:042-490-7266
出演:バリ舞踊グループバスンダリ
開演:1部/17:00開演 2部/19:00

大きな地図で見る

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2009年12月13日(日)スラバヤ横須賀店で楽しむ、本場インドネシア料理とバリ舞踊の夜
会場:スラバヤ横須賀店
神奈川県横須賀市若松町2-30
横須賀モアーズシティ9F
Accsess:京浜急行線 横須賀中央駅
Phone:046-820-4503

大きな地図で見る

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1221bali_dance 2009年12月21日(祝)スラバヤ港北店で楽しむ、本場インドネシア料理とバリ舞踊の夜
会場:スラバヤ港北店
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1
ノースポートモール5F

Accsess:横浜市営地下鉄 センター北駅
Phone:045-910-0157
出演:バリ舞踊グループバスンダリ
開演:1部/17:30 2部/19:30

大きな地図で見る

バリガムラングループ トゥラン・ブーラン
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

バリ舞踊グループ バスンダリ
http://www.geocities.jp/basundhari2005/

インドネシア料理スラバヤ
http://www.surabaya.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

09/12/06(日) 南インド古典舞踊モヒニヤッタムとバリのグンデルワヤン合同発表会!@用賀・スタジオ・キャロル

下記の公演がパドマのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091206_youga 『グンデルワヤン+モヒニヤッタム発表会』

日時:2009年12月6日(日)午後2時スタート
会場:スタジオ・キャロル
日本〒158-0097, 東京都世田谷区用賀2丁目19−1
03-3709-0288‎

出演:グンデルワヤン
演奏:バンジャル経堂
舞踊:JMLセミナー南インド芸能クラス・モヒニヤッタムグループ

南インド古典舞踊 モヒニヤッタム
バリのガムラン音楽 グンデル・ワヤン

パドマ
http://www.geocities.jp/genderpadma/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

09/12/05(土)  ガムラン伝統芸能・暗闇カフェ@大阪

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

暗闇×ART ~感覚の体操 目覚める体~

■内容
暗闇の中でアートを体感。
音、演劇、ガムラン伝統芸能 など

■日程
12月5日(土)

■時間
開場 18:30
開始 19:00
終了 21:00

■料金
当日:1000円

■場所
Cafe Slow Osaka 大阪市淀川区十三元今里2-5-17 tel:06-7503-7392 fax:050-3488-5196

■定員
40名

■連絡先(お問い合わせ・予約受付先)
shirowtheproject@yahoo.co.jp

■プロフィール
<企画>斎藤智子

<出演>
マッツン(ビジュアライザー)
一畳演劇集団 しろう座(魚谷尚代、今橋朋子)
斉藤嗣郎(サウンドパフォーマー)
HANA☆JOSS(ガムラン伝統芸能)

【主催】
一畳演劇集団 しろう座

HANA☆JOSS
http://www.hanajoss.net/

Cafe Slow Osaka 
http://cafeslowosaka.blog.shinobi.jp/

大きな地図で見る

|

2009年11月23日 (月)

09/12/06(日) 本日は、南よりの風~笑う門には福来たる、喜びのうた~

バリガムランクラブに下記の公演が掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091206_shibuya01 バリ舞踊ライブ『本日は、南よりの風』〜笑う門には福来たる、喜びのうた〜

12月6日(日)
15:30 open
16:00 start 

渋谷モンキーフォレスト
渋谷区桜丘町10-8 1F
03-3464-4633

主催:BaliCafeMonkeyForest
協力:TropikaManis
宣伝:yacco

プロ20091206_shibuya02グラム
1st stage
1.歓迎の花まきの踊り
2.勝利した若者の踊り
3.弓の練習をする戦士の踊り

2nd stage
1.美しい傘の踊り
2.面白い仮面の踊り
3.牛飼いたちの踊り

Charge:大人2000円/小中高1000円
出演:尾形布美子 小原妙子 近藤ゆま 萩原香織 林田圭緯子 荒内琴江

バリガムランクラブ
http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/gamelan/index.html

バリカフェモンキーフォレスト
http://www.monkey-forest.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

【発売開始】09年11月 本邦初のバリ島ワヤンの本 梅田英春著『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』(更新)

下記の本の出版がバリガムランクラブに掲載されていました。
本邦初のバリ島のワヤンの本。本年4冊目のワヤンの本です。発売が開始されました。下記のブログも頻繁に更新されています。

『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』(木犀社)予告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/wayangbali

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Jacket 梅田英春著
『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』

著者梅田英春氏がバリ島はトゥンジュク村でワヤンを学んだ時代のワヤン一座と過ごした物語です。

四六判 上製本  288頁 カラー口絵:16頁
定価:2625円
写真多数 装丁:菊池信義
2009年11月中旬刊行予定

秘めやかなガムランの音に乗せ、木槌をたたき、人形を操り、太古の物語を語る 妙な技で迫りくるダランに魅せられ、村のワヤン一座に入門。椰子油の揺らめく炎に人形の影が舞う、スクリーンの奥の暗闇に張り巡らされた芸の道を、一座の人びとに手をひかれながら歩む。独り立ちしたダランが愛惜の念をこめて語る、バリのワヤン物語。

「目次よ200911mid_umedaり」

プロローグ トゥンジュク村のワヤンへの道
 1.二人の師匠
   授業にはでるものの……    
   ラジェグさんの通告
   グンデル・ワヤンの特訓開始
   いざ、デビュー戦
   ヤシじいさんの美学
 2.一座とともに
   上演終了は午前五時
   魔女ランダを待ちわびて
   王宮で見た夢 
   毛布お化けと甘いコーヒー 
   現実逃避がしたい!
 3.ワヤンを学ぶ
   トゥンジュクかスカワティか
   口伝『マハバラタ物語』
   語ること、操ること
   夢に現れた人形 
   ワヤン見物の夜
 4.人形を作る
   支え棒は水牛の角 
   ジャワ島へ
   自分で作れ!
   私のトゥアレン
 5.村のレパートリー 
   スーじいさんの楽しみ
   カセットテープの力
   「敵、参上!」
 6.ダランの謎 
   オダランに行かないダラン
   呪いの依頼
   日本語を話すダラン
 7.忘れられゆく儀礼
   待ち焦がれたサプ・レゲール
   こんなはずでは……
   人は忘れても神は忘れず
 8.村の大事件
   里帰りした楽器 
   「ウメダ」の文字が! 
   映画「シャドー・マスター」
 エピローグ 別れと再会  
 バリのワヤンの現在 二〇〇八年ふたたびバトゥングサル村へ
 註
 あとがき 

梅田英春プロフィール
沖縄県立芸術大学 音楽学部・音楽芸術研究科 准教授
http://www.okigei.ac.jp/souran/ongakugaku/umeda.html

『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』(木犀社)予告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/wayangbali

バリガムランクラブ
http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/gamelan/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

09/11/22(日) 竹ガムラン"リンディック”を中心としたバリガムラン&バリダンス "トゥラン・ブーラン”@渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト【詳細更新】

下記の公演の詳細が櫻田素子さんのブログに詳細が掲載されていましたので更新しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091122_shibuya 2009年11月22日(日)15時~18時

  モンキー DE 第3回 バリガムラン&バリダンス "トゥラン・ブーラン”

東京・神奈川を中心に全国でバリガムランとバリダンスのパフォーマンスを展開するガムラングループTerang Bulan(トゥラン・ブーラン)。
今回は、バリ島の癒しの響き、竹ガムラン"リンディック”のアンサンブルをお届けします。
どこか懐しい旋律と心に滲みる優しい響き。
美味しいインドネシア料理、美しいバリダンス、トゥラン・ブーランならではの音風景が皆様をお迎えします。

○出演:
バリガムラン:Terang Bulan CORE(トゥラン・ブーラン・こあ)櫻田素子 渡辺泰子 田中沙織 若林康明 秋山ゆかり
バリダンス:小泉ちづこ 山岸天平

○日時:11月22日(日)15時~18時
○場所:渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト
○会費:大人5500円、小・中・高校生2500円
     ※お食事・フリードリンク・チャージ含む
○お食事:モンキースペシャル・ランチプレート(インドネシア料理/辛い料理ではないのでお子様も食べられます。)
○フリードリンク(バタビアビール、アラック、カクテル、ワイン、ソフトドリンク等)
○定員:40名
*お問合せ・ご予約は・・バリカフェ・モンキーフォレスト(東京都渋谷区桜丘町10-8)
 TEL:03-3464-4633  FAX:03-3464-4630 

○プロフィール:
Terang Bulan CORE/
Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)はインドネシア語で"明るく輝く月"。ガムラン奏者・櫻田素子によって3~20名前後にいたるまで自在に編成されるバリガムラン演奏グループであり、その中で、CORE(こあ)はコンパクトな機動力でガムランの粋を表現する少人数精鋭チーム。青銅製、竹製など、さまざまなガムランスタイルをこなし、レパートリーは、バリ伝統曲、ダンス曲、コンテンポラリー、異分野アーティストとのセッション、ワークショップなど、多岐に渡る。鍛えられたガムランテクニックと、純な音楽魂で、香るような音色を紡ぎ出す。これぞ、ガムランだ!

櫻田素子/
ガムラン奏者。Terang Bulan主宰。横浜生まれ。国立音楽大学卒。著書:『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き)プリズム社, 2008『ワクワク音あそび・リズムあそび』黎明書房,2003 CD:『ASIAN MUSE』東芝EMI, 2004(自作曲「Jalan Bebek」収録)

小泉ちづこ/
バリ舞踊家。劇団民藝在団中にバリ舞踊を始める。退団後、2001年から2年間インドネシア国立芸術大学舞踊家に留学。帰国後、バリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰し講師・バリ舞踊家として活動。舞台表現者としてバリ舞踊の形式と作品の世界を探求していくと共に、バリ舞踊の枠をゆるめ、外したり、別の世界に身を置いてみたり、たくさんの人と出会い、からだと心の楽しい可能性をいろいろな形で共有し、常に今の自分に向き合って元気に踊って行くことを目指している。

山岸天平/
バリ舞踊家。2003年よりインドネシア政府奨学金生としてバリ芸術大学舞踊科に留学。同大学とイ・マデ・ジマット氏ののもとで舞踊を学ぶ。帰国後は「ウロツテノヤコ」「南洋神楽プロジェクト」などに参加。バリ島の芸術を中心に置きながらも多方面に渡る精力的な活動をしている。

【外部リンク】
・バリカフェ・モンキーフォレスト
 http://www.monkey-forest.jp/
・Terang Bulan
  http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html
・櫻田素子
 http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto
・チプタ・ブミ
 http://www.muse.dti.ne.jp/c-bumi/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

【いよいよ迫る】09/11/15(日) 伊丹市・17(火) 仙台市・21(土) 川崎市・23日(月・祝) 東京豊島区・26(木)&27(金) 東京墨田区 アジアの人形芝居・日本公演 2009年度 カンボジアの大型影絵芝居 「スバエク・トム」 

いよいよ公演が迫る、アジアに広がる人形芝居の芸能、影絵人形芝居のカンボジア版です。「スバエクの会」のホームページにスバエク・トムの詳しい情報および同ブログに公演レポートか書かれています。

スバエクの会…スバエク・トムの詳しい情報が書かれています(11/13追記)。

スバエクの会:ブログ…公演メンバーの動向がレポートされています(11/13追記)。
 

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★

20091115_subaeku02 アジアの人形芝居・日本公演 2009年度 ~シリーズアジアの人形芝居part15~カンボジアの大型影絵芝居 「スバエク・トム」

~全国公演の詳細をお知らせします!~
  繊細な彫刻が施された、1mを超える美しい人形をダイナミックに遣う、型破りな影絵芝居が、この秋日本にやってきます!
 「スバエク・トム」は遺跡で名高いアンコール地方に伝わり、古くは仏教寺院の祭礼などで上演されてきました。
 そんな中、1970年から20年に及んだ内戦で、壊滅的な打撃を受けながらもみごとに復興をとげた伝統影絵芝居です。
 演目はヒンドゥー叙事詩「ラーマーヤナ」のカンボジア版。遣い手が語り手と伝統楽器のアンサンブルを伴い優雅な身体さばきとともに魅せてくれます!
1997年にシリーズ5回目として招聘し感動を与えました。
今は世代交代を果たし、長老ティー・チアンの遺志をついだ若手座長の元深い精神性はそのままに現代に立ち上がらせてくれます。
どうぞお見逃しなく!

ユネスコ向け文化遺産リスト選定

アンコール遺跡の地に息づく 壮麗な影絵芝居

■戦火を超えてよみがえった、カンボジアの代表的伝統芸能

 スバエク・トムは、カンボジアを代表する伝統芸能で、アンコール文明と深いかかわりをもって発達してきたと考えられています。
 古くは寺院の祭礼や、高僧の葬儀などの格式高い儀式の際に演じられました。
 1970年から20年におよんだ内戦の時代には、人形や楽器は戦火にさらされ、演技者は生命を脅かされて、存続の危機にさらされ、演技者は生命を脅かされて、存続の危機に瀕しました。しかし和平後は、影絵を愛する人たちの手で、いちはやく復興への動きがおこり、いまではカンボジア人の誇る伝統文化、カンボジア人のアイデンティティとして、若い世代が伝承をになうまでになりました。

■影絵と身体による、ダイナミックな演出
 スクリーンは幅10m、高さ5m、影絵人形は高さ1mを超える大型の影絵芝居です。
人形遣いはその人形をかかげるようにして遣います。
 影絵は透過光でみせるもの、という常識を破り、使い手は人形とともにスクリーンの前にも姿を現して、優雅なステップと身体さばきをみせてくれます。闘いの場面では、遣い手同士が、一時人形を置いて身体で闘う場面も登場します。
 歴史的な背景、そしてスケールと表現のユニークさにおいて、世界に類をみない影絵芝居として、世界的にも高く評価され、2005年にはいわゆる「ユネスコの無形遺産リスト」にも選定されました。

■演目「リアムケー」 ~カンボジア「ラーマーヤナ」~
 インドの古代叙事詩として名高い「ラーマーヤナ」は、東南アジア一帯に流布し、文学や芸能の主要なテーマとなってきました。これはそのカンボジア版です。英雄リアム王子と魔王リアップの壮大な闘いの物語ですが、本来は敵役である魔王一族の人間模様に、より多くの関心が寄せられているのがカンボジア版の大きな特色です。
 古くは七夜を徹して演じられました。
 日本公演はその中から、中心的なエピソードである「ポンニャカーイの章」「蛇の矢の章」「千の矢の章」の3章から構成されます。
 最終章「千の矢の章」は、重い演目として、現地でも稀にしか演じられません。魔王の息子が、一族の敗北を覚悟して英雄リアム王子軍と戦い最期をとげる物語で、出陣に先立つ場面では、遣い手は演技を中断して、アンタチットを鎮魂する祈りを捧げ、観客もその儀礼に立ち会うことになります。(日本語字幕付)

■繊細な美しさをもった影絵人形
 影絵は、牛の皮をなめし、繊細な彫刻が施されています。そのデザインはアンコール・ワットのレリーフを彷彿とさせるものがあります。
 ひとつの影絵は、ひとつの登場人物を表す場合と、物語の場面を表す場合(つまり登場人物が背景とともに描かれている場合)があります。それらの影絵が次々とスクリーン上に登場することで物語が進行します。そこにはきわめて映像的な手法をみることができます。

■語り手と伝統音楽アンサンブルの生演奏
 物語は語りによって進行します。語り手は上演をリードする役割をにないます。
 2人の語り手がそれぞれ、スクリーンの左右に位置します。その語りは「ポール」と喚ばれる韻文と「チェンチャー」と呼ばれる散文が交互に繰り返され、それに続く演奏とともに、ゆったりと流れるようなリズムを作り出します。
 演奏には、伝統アンサンブル「ピン・ピアット」が使われます。古典舞踊にも共通するもので、太鼓、木琴、環状ゴング、竹笛、鉦で構成されています。

■正統を伝えるティーチアン一座
 現在複数の劇団が活動していますが、その中でも今回来日する一座は、精神性と、表現技法ともに、正統を伝える唯一の存在です。この影絵芝居発祥の地といえるアンコール地方で長老ティー・チアンによって始められ、内戦による芸能の受難の時代をも耐えて、戦後の復興に中心的役割を果たしてきました。いまはその孫であるチアン・ソパーン(30才)が座長となっていて、若い世代の育成につとめています。1997年、長老の在世中に初来日を果たし、大きな反響を得ましたが、今回は12年ぶりの再来日公演となります。

■レクチャーデモンストレーション

 さらに詳しくスバエク・トムを知ってもらうための企画です。
 座長を中心に、劇団全員で、興味深い実演をお見せし、最後は参加者に人形操作を体験してもらう時間も用意しています。

お話:歴史と復興
実演:人形操作の種類と遣い方/語り/楽器と演奏法/遣い手の身体表現

◎全国公20091115_subaeku03演日程◎
伊丹:11月 15日(日) 14:00(開場13:30)
仙台:11月 17日(火) 18:30(開場18:00)
川崎:11月 21日(土) 15:00(開場14:30)
東京:11月 26日(木) 19:00(開場18:30)
    11月 27日(金) 14:00/19:00
              (開場各30分前)

◎レクチャーデモンストレーション◎
東京:11月 23日(祝・月) 13:00~14:45

◎各公演の詳細◎

【伊丹20091115_subaeku04公演】
★11月 15日(日) 14:00(開場13:30)
<会場>伊丹アイフォニックホール
 伊丹市宮ノ前1-3-30 
◆チケット◆ 9月20日発売/全席指定
 前売・一般3500円/学生3000円
 当日・一般4000円/学生3500円
[お申し込みとお問い合わせ]
  伊丹アイフォニックホール
  tel.072-780-2110

【仙台公20091115_subaeku05演】
★11月 17日(火) 18:30(開場18:00)
<会場>東京エレクトロンホール宮城
 仙台市青葉区国分町3-3-7 
◆チケット◆ 好評発売中!
 全席指定・1000円
[お申し込みとお問い合わせ]
 東京エレクトロンホール宮城
  tel.022-225-8641

【川崎・東20091115_subaeku06京公演】
★11月 21日(土)15:00(開場14:30)
<会場>川崎市国際交流センター
 川崎市中原区木月祇園町2-2 
★11月 26日(木) 19:00(開場18:30)
★11月 27日(金) 14:00/19:00(開場各30分前)
<会場>アサヒアートスクエア
 墨田区吾妻橋1-23-1 
◆チケット◆好評発売中! 全席自由
 前売・一般3500円/学生3000円
 当日・一般4000円/学生3500円

【レクチ20091115_subaeku07ャーデモンストレーション】
★11月23日(月・祝)13:00~14:45
<会場>東京芸術劇場 中会議室
 豊島区西池袋1-8-1
  
◆参加費◆2000円(学生1500円)
[お申し込みとお問い合せ]
 (財)現代人形劇センター
  tel. 044-777-2228 / fax. 044-777-3570
[お申し込み]
 チケットぴあ tel.0570-02-9999 Pコード.397-775
この芸能は[ユネスコ人類の口承及び人類の傑作の宣言]リスト(通称ユネスコ無形文化遺産)に選定されています。
※日メコン交流年2009認定事業

●主催:(財)現代人形劇センター
●後援:外務省/カンボジア大使館/日本アセアンセンター
 日本ユネスコ国内委員会/(財)ユネスコ・アジア文化センター
 (社)日本ユネスコ協会連盟/国際人形劇連盟日本センター
●助成:文化庁/(財)アサヒビール芸術文化財団/(財)国際コミュニケーション基金
●協賛:アサヒビール(株)/富士ゼロックス(株)/富士ゼロックス端数倶楽部
●協力:カンボジア文化芸術省芸能局/(社)シャンティ国際ボランティア会/カンボジア市民フォーラム/日本メコンフェスティバル実行委員会/日本ワヤン協会/パペットマーケット/かながわ開発教育センター(K-DEC)/川崎エスペラント会

[伊丹公演]
●共同主催:(財)伊丹市文化振興財団/伊丹市

[仙台公演]
●共同主催:宮城県民会館管理運営共同企業体((財)宮城県文化振興財団・東北共立/陽光サービス)/宮城県
●後援:宮城県教育委員会/仙台市教育委員会/河北新報社/朝日新聞社/読売新聞社/毎日新聞社

[川崎公演]
●後援:神奈川県/神奈川県教育委員会/川崎市/川崎市教育委員会
 (財)神奈川県高等学校教育会館/(財)川崎市国際交流協会
●助成:神奈川県

[レクチャーデモンストレーション]
●共同主催:日本メコンフェスティバル実行委員会
(財)現代人形劇センター 担当 塚田 / 鈴木
  tel.044-777-2228 / fax 044-777-3570

現代人形劇センター
http://www.puppet.or.jp/

大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

09/12/01(火)&12/08(火) 初心者向けバリダンス新クラス開講@江東区

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

バリダンス踊ってみませんか?

”初心者向け”の【バリダンス】の新クラスを開講します。体験レッスン後、本レッスンをスタートさせます。

*体験レッスン*
2009年12月1日(火)
19:00~21:00
参加費:2500円
動きやすい着替え(Tシャツ、スパッツなど)と、飲料を忘れずお持ちください。
*体験レッスン参加ご希望の方は、11月26日までにご予約くださいね!

*本レッスン
2009年12月8日(火)~
レッスンは月4回
火曜日の19:00~21:00
(8名以上のメンバーが揃えば開講します)

会場:Kスタジオ(清澄白河駅徒歩1分)
住所:東京都江東区白河1丁目3-10 白河AKビル 1F、2F
入会金:3000円
月 謝:11000円(スタジオ代込み)

体験レッスンのお申込みは、メールにて。
また詳細もメールにて気軽にお問合せください。

基礎の基礎から、時間をかけてゆっくりレッスンを進めてゆきます。
まったく踊ったことがない方でも十分にやってゆけるスピードですのでバリ舞踊に興味がある方はぜひ体験レッスンにいらしてくださいね。

主宰:廣田幸恵

お問い合わせ:tiarachanti@s5.dion.ne.jp

【関連リンク】
Kスタジオ
バリダンス ティアラ・チャンティ


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

09/12/26(土) 手と手をつないで Mari kita bantu anak Indonesia@東京・成城学園

下記の公演のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「手と手をつないで
Mari kita bantu anak Indonesia」
と題したチャリティコンサート開催のお知らせ

日時:12月26日(土)
時間:昼の部14時
      夜の部17時30分
会場:成城ホール
(小田急線成城学園前駅下車、徒歩4分)

出演:ラグラグ会(インドネシアの歌)
プトゥリバンブー(アンクロン)
バパンサリ(ガムラン)
PIIJ(バリダンス)

入場料:2000円(税込)

詳細は下記ホームページをご覧ください。

成城ホール
http://seijohall.jp/index.html

ジャカルタ・ジャパン・ネットワーク
http://www.geocities.jp./j2netjapan/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

09/11/13(金) インドネシア国立芸術大学デンパサール校来日公演@千葉

下記の公演が神田外語大学のホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

インドネシア国立芸術大学デンパサール校から26名の芸術団が来日し、11月13日(金)に本学ミレニアムホールにてバリ島舞踊及びガムラン音楽の公演を行ないます。

インドネシア国立芸術大学はバリ島の州都デンパサールに位置し、1967年にインドネシア国立芸術アカデミーとして発足した大学です。
今回の公演は本学でのみ行われる特別公演で、現地の歌舞団による本格的なバリ舞踊やガムラン音楽を無料でお楽しみいただける貴重な機会です。

皆さまのご来場をお待ちしております。

【~神々の島バリ島の音楽と舞踊~
DANCE AND MUSIC FROM ISLAND OF BALI
インドネシア国立芸術大学デンパサール校来日公演
INSTITUT SENI INODONESIA DENPASAR
(INDONESIAN STATE UNIVERSITY OF APRTS DENPASAR)】

日時: 2009年11月13日(金)18:30~19:30(18時開場)
場所: 神田外語大学 ミレニアムホール
入場料: 無料
主催: 神田外語大学 国際言語文化学科
演目解説:皆川厚一


神田外語大学
http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

09/12/05(土) バリナイト ガムラン演奏&レゴン舞踊@岐阜バリバンジャール

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091205_gifu BALI-BANJAR・年末・SPECIAL・EVENT!! バリナイト

岐阜バリバンジャール

出演 
・<ガムラン演奏/スアラ・スクマ>   
・<レゴン舞踊/スルヤ・ムトゥ >  

2009/12/05(土) PM8:00~ PM9:00~
チャージ:¥2,500円

【開場】:PM19;00~
【開演】:PM20;00(2ステージ)
【前売】¥2,500*【当日】¥3,000  
【限定:30名様要予約制】 

お問い合わせ先:
岐阜バリバンジャール
500-8836
岐阜県岐阜市西玉宮町1-22-1WINGビルB
TEL&FAX:058-266-4623

岐阜バリバンジャール
http://www.bali-banjar.net/gamuran/

バリガムラン スアラ・スクマ
http://www.geocities.jp/suara_sukma/

バリ舞踊 スルヤ・ムトゥ
http://www.geocities.jp/suryametu/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

09/11/19(木) まちのコモンズ2009 アジア音楽ライブ 夕昏のワヤン上演@大阪

下記の公演がHANA☆JOSSのホームページに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091119_oosaka まちのコモンズ2009 アジア音楽ライブ 夕昏のワヤン上演

まちかどで見られる、日常的な風景、文化、建築物、聞こえてくる音。
いつもと同じだからこそ、気づかないものがある。
再発見し、誰かと共有することで、小さな感動を胸に刻むことができるかもしれません。
シンポジウムや散歩、映像展示などさまざまな催しが大阪の船場を中心に6日間だけ行われます。
ハナジョスは、アジア音楽ライブで出演します。どうぞお越しください。
まちのコモンズ2009
船場をアジア音楽の交差点に。今年もホテル前の公開空地で日替わりライブを開催します。
他では聴くことのできないアジア各地の多彩な音楽。ふと街角から流れてくるアジア悠久の調べ。
会社帰りに気軽にお立ち寄り下さい。

■日時:11月16日(月)~20日(金)18:00開演 18:30終了(雨天中止の場合あり)
■場所:三井ガーデンホテル前の広場
■参加無料

プログラム
16日(月)小島剛、今西玲子duo(ラップトップ、琴)
17日(火)スリヤサンキート(タイ)
18日(水)伊藤悟(中国雲南省)
19日(木)HANA☆JOSS(ジャワ)
20日(金)Thitipol Kanteewong(北タイ)

■期間:2009年11月16日(月)~21日(土)
■場所:大阪市中央区高麗橋2丁目、伏見町2丁目、道修町2丁目とその周辺
■主催:大阪市立大学・都市研究プラザ 船場アートカフェ 船場建築祭実行委員会
■共催:集英連合高麗橋2丁目振興町会、同伏見町2丁目振興町会、同道修町2丁目振興町会
■協賛:大阪ガス株式会社、社団法人大阪ビルディング協会、辰野株式会社
■協力:船場げんきの会、船場地区HOPEゾーン協議会、堺筋アメニティ・ソサエティ、日本基督教団浪花教会、三井ガーデンホテル大阪淀屋橋、NPO大阪アーツアポリア、劇団カオス、武田薬品工業株式会社、武田薬品労働組合、ビデオロマンチカ、コニシ株式会社、音景観研究所、少彦名神社、株式会社本吉兆、サッポロビール株式会社、オペラ・ドメーヌ高麗橋、伏見ビル、青山ビル、株式会社池田商店、船場研究体、町のみなさん(順不同)

船場アートカフェ
http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/index.html

HANA☆JOSS
http://www.hanajoss.net/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

【いよいよ明日より】09/11/07(土)&08(日)世界中を震撼させた「稲妻ガムラン」を再現 巨匠クランチャ氏を迎えて バリ舞踊公演「青い波~シンガラジャからの風」@東京・目黒

下記の公演がバリガムランクラブに掲載されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091107_meguro01 2009年11月7日(土)、8日(日)

巨匠クランチャ氏を迎えて バリ舞踊公演「青い波~シンガラジャからの風」

バリ島北部のブレレン地方、シンガラジャで生まれた名作タルナ・ジャヤの完全版や、その源流クビャール・レゴンなどを、優れた音楽家でありクンダン(太鼓)の名手クランチャ氏をバリ島より迎えて送る必見の公演。
演奏にはシダカルノヤコ+櫻田素子+鳥居誠、日本で活躍中の演奏家が参加。
全曲生演奏。東京にシンガラジャの青い波が寄せ、風が吹き荒れる。   

■プレレン地方のゴン・クビャール…元祖ゴン・クビャール

現在バリ島のガムラン楽器の大多数を占める楽器、ゴン・クビャール。「稲妻」「閃光」といった意味を持つと言われているこの楽器は、元々バリ島北部プレレン地方で20世紀初頭に生まれたものです。
ゴン・クビャールの出現はその名の通りの派手で力強い音色っと超絶的な技巧でバリ島中に衝撃を与え、瞬く間にバリ島全土に広まりました。
そのゴン・クビャールの創始者の直系にあたるクランチャ氏を迎え、当時バリ島のみならず世界中を震撼させた「稲妻ガムラン」を再現します!

■イ・マデ20091107_meguro02・クランチャ…本物のクビャールを知るほとんど唯一の人物

1944年、ゴン・クビャールの発祥地であるプレレン地方ジャガラガ村に生まれる。祖父はゴン・クビャールを創造したひとりであるワンドレス氏、義兄にガムランの名手でありクビャール舞踊の古典「タルナ・ジャヤ」を創造したグデ・マニック氏という、クビャールのサラブレッド。クビャール(=稲妻、閃光)の名の通り、氏のエネルギッシュな演奏と踊りは他の追随を許さない。長い間ジャカルタのバリ舞踊グループを教えに赴任していたため、バリでの数年前までその真価を知る人は少なかったが、現在は本物のクビャールを知るほとんど唯一の人物として、プレレン地方はもちろん、バリ島各地、世界各地からその教えを請う人が後を絶たない。

日  程:2009年11月7日(土)、8日(日)
昼の部 開場13時30分 開演14時
夜の部 開場17時30分 開演18時
会  場:中目黒「ウッディシアター」
料  金:前売り 3,500円 当日 4,000円
1日通し券 前売り6,500円 当日7,500円
予  約:044-952-5413(チプタ・ブミ)
     090-6035-7538(細金)
メール bluewave_singaraja@yahoo.co.jp   

Aプログラム 7日(土)14:00 / 8日(日)18:00

・TABUH
・ヌラヤン(漁師の踊り)小原妙子 小原眞巳 若林めぐみ
・パラワキア(君子の詠唱の踊り)細金久美
・クビャール・レゴン(若き勝利者の踊り)小泉ちづこ

Bプログラム 7日(土)18:00 / 8日(日)14:00

・TABUH
・ヌラヤン(漁師の踊り)小林里江 杉谷朋美 三浦智江
・パラワキア(君子の詠唱の踊り)小泉ちづこ
・タルナ・ジャヤ完全版(若き勝利者の踊り)細金久美

ウッディシアター
http://www.woodytheatre.com/

チプタ・ブミ
http://www.muse.dti.ne.jp/~c-bumi/index.html

バリガムランクラブ
http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いよいよ明日】09/11/07(土) 日本ワヤン協会 影絵詩劇「野獣、恋のバラード」@日暮里サニーホール

下記の公演が日本ワヤン協会のホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20091107_nippori01 日暮里サニーホール
11月07日(土)

演目=影絵詩劇「野獣、恋のバラード」(「美女と野獣」より)

脚本・演出=松本亮

語り=相良侑美、二瓶鮫一
人形操作=松本和枝、杉田浩庸、松本亮
人形制作=中辻正、キ・スカスマン、ジャワ(ワヤンクリ・ジャワ)ほか                 
踊り=川島未来(デワンダル)
音楽構成=森重行敏
演奏=久保田晶子、森重行敏、中辻正、小谷竜一、小林賢直
音響技術=大和田尚
舞台監督=降矢政男

会場=日暮里サニーホール
09年11月07日(土)
午後6時開演
入場料=2500円(予約)
(当日=3000円)
全席自由

主催=日本ワヤン協会・ACC財団法人荒川区地域振興公社

共催=荒川区

チケット予約・お問い合わせ=日本ワヤン協会 tel 03-3303-6063 

荒川区地域振興公社 tel 03-3802-7111

大きな地図で見る

日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/

デワンダル
http://blogs.yahoo.co.jp/dewandaru2006

日暮里サニーホール
http://www.cbc-sunny.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

09/11/18(水) 音ノカタチ 黒拍子&HANA☆JOSS@大阪阿倍野区

下記の公演があります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

音ノカタチ 黒拍子&HANA☆JOSS

音ノカタチ
和太鼓 黒拍子を中心に様々な音楽ジャンル・インストゥルメンタルを網羅して、クロスオーバーする「音ノカタチ」
2009年1月からスタートしたこの企画、次回はガムランユニットとのコラボレーションです!

《日時》
2009年11月18日(水)
19:00 開場
19:30 開演

《出演》
黒拍子
HANA☆JOSS(ハナジョス)

会場:
ロクソドンタブラック
所在地/〒545-0052大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
TEL/06-6629-1118(受付:平日10:00~18:00)
FAX/06-6621-1558 MAIL/loxo@thekio.co.jp

《チケット》
前売 2,000円
当日 2,500円
中学生以下 1,500円

《チケット取扱&問い合わせ》
☆ロクソドンタブラック
WEB:http://kionet.ocnk.net/
TEL:06-6629-1118
MAIL:loxo@thekio.co.jp
☆黒拍子
TEL:072-784-5044
MAIL:kurobyoushi@w4.dion.ne.jp

【主催】音ノカタチプロジェクト/ロクソドンタブラック

HANA☆JOSSメンバー
ROFIT IBRAHIM(ローフィット イブラヒム)
1979年8月22日インドネシア、ジョグジャカルタ州スレマン生まれ。
幼少の頃よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏を始める。
インドネシア芸術高校(SMKIジョグジャカルタ)、インドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科(ISIジョグジャカルタ)を経て、卒業後はジョグジャカルタにあるパクアラマン王宮のガムラン演奏家としても活動。
2005年来日、大阪、滋賀、兵庫のガムラングループを教える他、ガムランやワヤンのコンサート、ワークショップ、コラボレーション等各地で活動。

佐々木宏実
1979年7月17日大阪生まれ。
神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽コースに在籍中、1999年ガムランに出会う。
2002年からインドネシア政府奨学生としてインドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科に留学、2年間ガムランを学ぶ。
留学中は王宮、ラジオ放送局、村の公演や式などの演奏に参加、また携帯用着メロなどを作曲。帰国後も、コンサートやガムランクラスなど各地で活動。

HANA☆JOSS
http://www.hanajoss.net/

黒拍子
http://kurobyoushi.com/

ロクソドンタブラック
http://kionet.ocnk.net/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

09/11/29(日) ジャワとバリの仮面舞踊・バリ舞踊グループ プスパ・ワンギ公演@愛知県芸術劇場

下記のお知らせをいただきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

20091129_aichi ★ インドネシア・仮面の舞~ジャワとバリ~ ★

赤道をまたいで大小合わせ1万8千もの島からなる国、インドネシア。
各地域の伝統芸能から、多くの遺跡と古都で知られる中部ジャワ、観光地としてにぎわい、ヒンズー教文化の栄えるバリ島より、仮面をつけた踊りを中心にご紹介します。

日時 : 2009年11月29日(日)
15:30(開場) 16:00(開演)

場所 : 愛知県芸術劇場 地下2階 中リハーサル室(愛知芸術文化センター) 
(〒461-8525 名古屋市東区東桜一丁目13番2号 TEL:(052)971-5511(代表))
地下鉄「栄」駅下車 オアシス21連絡通路すぐ アクセス

入場料 : 前売り¥1000 当日¥1500(中学生以下無料)

*** 演目 ***

・ Gabor (ガボール) 花撒き歓迎の踊り
・ Bayan Nginte (バヤン・ギンティ) ろうけつ染めをする女官の踊り
・ Topeng Gunungsari (トペン・グヌンサリ) ジャワ舞踊 王子の恋を描く、男性優型の仮面をつけた踊り
・ SekarJagat (スカール・ジャガ) 歓迎の踊り
・ Jauk Manis (ジャウック・マニス) 長い爪と髪が特徴的な仮面の踊り
・ Legong Lasem (レゴン・ラッセム) 宮廷舞踊レゴン・ダンスを一部創作による、一人舞い
・ Topeng Tua (トペン・トゥア) 老人の仮面をつけた踊り

*** 出演者 ***

石下美奈子、岡戸香里、
杉本奈穂、I Ketut Ardana Yasa (チャナン・サリ)
長谷川裕子、成瀬佐和 (バリ・アスリ)
丹羽 忍、林 葉子、井奈波友恵、山田真己子、天野正恵、倉田美子(プスパ・ワンギ)

企画・主催 : 丹羽 忍 (プスパ・ワンギ)

協力 : Garuda Indonesia、カフェアヤム、Bulan Bali

お問い合わせ : 丹羽(プスパ・ワンギ) 090-5634-7769

*** チケット取扱い場所 ***

カフェアヤム TEL : 052-763-5671 名古屋市千種区日和町3-32 アクセス
ブランバリ  TEL : 052-951-5523 名古屋市中区錦3-13-5 中央マンションB2
芸文プレイガイド TEL : 052-972-0430(10/6 発売開始)
ナディアパークプレイガイド TEL : 052-265-2015(10/6 発売開始)

*** メール予約 ***

puspawangi_nagoya@yahoo.co.jp (受付期間 10/6~11/27まで)

お名前、お電話番号、ご住所、ご希望枚数をご記入くださいませ。
チケットへの引換とご精算は、当日受付にて行います。

いろんなグループの方が踊って下さることとなり、バラエティに富んだ内容となっております。
インドネシアに興味のある方、踊りに興味にある方、そうでない方も、
「芸術の秋」でございます、お誘い合わせの上、ぜひ!ご来場くださいませ。

愛知県芸術劇場
http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/

バリ舞踊グループ プスパ・ワンギ
http://www.geocities.jp/puspawangi_nagoya/


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »