« 09/12/01(火)&12/08(火) 初心者向けバリダンス新クラス開講@江東区 | トップページ | 09/11/22(日) 竹ガムラン"リンディック”を中心としたバリガムラン&バリダンス "トゥラン・ブーラン”@渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト【詳細更新】 »

2009年11月13日 (金)

【いよいよ迫る】09/11/15(日) 伊丹市・17(火) 仙台市・21(土) 川崎市・23日(月・祝) 東京豊島区・26(木)&27(金) 東京墨田区 アジアの人形芝居・日本公演 2009年度 カンボジアの大型影絵芝居 「スバエク・トム」 

いよいよ公演が迫る、アジアに広がる人形芝居の芸能、影絵人形芝居のカンボジア版です。「スバエクの会」のホームページにスバエク・トムの詳しい情報および同ブログに公演レポートか書かれています。

スバエクの会…スバエク・トムの詳しい情報が書かれています(11/13追記)。

スバエクの会:ブログ…公演メンバーの動向がレポートされています(11/13追記)。
 

★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★★☆★☆★

20091115_subaeku02 アジアの人形芝居・日本公演 2009年度 ~シリーズアジアの人形芝居part15~カンボジアの大型影絵芝居 「スバエク・トム」

~全国公演の詳細をお知らせします!~
  繊細な彫刻が施された、1mを超える美しい人形をダイナミックに遣う、型破りな影絵芝居が、この秋日本にやってきます!
 「スバエク・トム」は遺跡で名高いアンコール地方に伝わり、古くは仏教寺院の祭礼などで上演されてきました。
 そんな中、1970年から20年に及んだ内戦で、壊滅的な打撃を受けながらもみごとに復興をとげた伝統影絵芝居です。
 演目はヒンドゥー叙事詩「ラーマーヤナ」のカンボジア版。遣い手が語り手と伝統楽器のアンサンブルを伴い優雅な身体さばきとともに魅せてくれます!
1997年にシリーズ5回目として招聘し感動を与えました。
今は世代交代を果たし、長老ティー・チアンの遺志をついだ若手座長の元深い精神性はそのままに現代に立ち上がらせてくれます。
どうぞお見逃しなく!

ユネスコ向け文化遺産リスト選定

アンコール遺跡の地に息づく 壮麗な影絵芝居

■戦火を超えてよみがえった、カンボジアの代表的伝統芸能

 スバエク・トムは、カンボジアを代表する伝統芸能で、アンコール文明と深いかかわりをもって発達してきたと考えられています。
 古くは寺院の祭礼や、高僧の葬儀などの格式高い儀式の際に演じられました。
 1970年から20年におよんだ内戦の時代には、人形や楽器は戦火にさらされ、演技者は生命を脅かされて、存続の危機にさらされ、演技者は生命を脅かされて、存続の危機に瀕しました。しかし和平後は、影絵を愛する人たちの手で、いちはやく復興への動きがおこり、いまではカンボジア人の誇る伝統文化、カンボジア人のアイデンティティとして、若い世代が伝承をになうまでになりました。

■影絵と身体による、ダイナミックな演出
 スクリーンは幅10m、高さ5m、影絵人形は高さ1mを超える大型の影絵芝居です。
人形遣いはその人形をかかげるようにして遣います。
 影絵は透過光でみせるもの、という常識を破り、使い手は人形とともにスクリーンの前にも姿を現して、優雅なステップと身体さばきをみせてくれます。闘いの場面では、遣い手同士が、一時人形を置いて身体で闘う場面も登場します。
 歴史的な背景、そしてスケールと表現のユニークさにおいて、世界に類をみない影絵芝居として、世界的にも高く評価され、2005年にはいわゆる「ユネスコの無形遺産リスト」にも選定されました。

■演目「リアムケー」 ~カンボジア「ラーマーヤナ」~
 インドの古代叙事詩として名高い「ラーマーヤナ」は、東南アジア一帯に流布し、文学や芸能の主要なテーマとなってきました。これはそのカンボジア版です。英雄リアム王子と魔王リアップの壮大な闘いの物語ですが、本来は敵役である魔王一族の人間模様に、より多くの関心が寄せられているのがカンボジア版の大きな特色です。
 古くは七夜を徹して演じられました。
 日本公演はその中から、中心的なエピソードである「ポンニャカーイの章」「蛇の矢の章」「千の矢の章」の3章から構成されます。
 最終章「千の矢の章」は、重い演目として、現地でも稀にしか演じられません。魔王の息子が、一族の敗北を覚悟して英雄リアム王子軍と戦い最期をとげる物語で、出陣に先立つ場面では、遣い手は演技を中断して、アンタチットを鎮魂する祈りを捧げ、観客もその儀礼に立ち会うことになります。(日本語字幕付)

■繊細な美しさをもった影絵人形
 影絵は、牛の皮をなめし、繊細な彫刻が施されています。そのデザインはアンコール・ワットのレリーフを彷彿とさせるものがあります。
 ひとつの影絵は、ひとつの登場人物を表す場合と、物語の場面を表す場合(つまり登場人物が背景とともに描かれている場合)があります。それらの影絵が次々とスクリーン上に登場することで物語が進行します。そこにはきわめて映像的な手法をみることができます。

■語り手と伝統音楽アンサンブルの生演奏
 物語は語りによって進行します。語り手は上演をリードする役割をにないます。
 2人の語り手がそれぞれ、スクリーンの左右に位置します。その語りは「ポール」と喚ばれる韻文と「チェンチャー」と呼ばれる散文が交互に繰り返され、それに続く演奏とともに、ゆったりと流れるようなリズムを作り出します。
 演奏には、伝統アンサンブル「ピン・ピアット」が使われます。古典舞踊にも共通するもので、太鼓、木琴、環状ゴング、竹笛、鉦で構成されています。

■正統を伝えるティーチアン一座
 現在複数の劇団が活動していますが、その中でも今回来日する一座は、精神性と、表現技法ともに、正統を伝える唯一の存在です。この影絵芝居発祥の地といえるアンコール地方で長老ティー・チアンによって始められ、内戦による芸能の受難の時代をも耐えて、戦後の復興に中心的役割を果たしてきました。いまはその孫であるチアン・ソパーン(30才)が座長となっていて、若い世代の育成につとめています。1997年、長老の在世中に初来日を果たし、大きな反響を得ましたが、今回は12年ぶりの再来日公演となります。

■レクチャーデモンストレーション

 さらに詳しくスバエク・トムを知ってもらうための企画です。
 座長を中心に、劇団全員で、興味深い実演をお見せし、最後は参加者に人形操作を体験してもらう時間も用意しています。

お話:歴史と復興
実演:人形操作の種類と遣い方/語り/楽器と演奏法/遣い手の身体表現

◎全国公20091115_subaeku03演日程◎
伊丹:11月 15日(日) 14:00(開場13:30)
仙台:11月 17日(火) 18:30(開場18:00)
川崎:11月 21日(土) 15:00(開場14:30)
東京:11月 26日(木) 19:00(開場18:30)
    11月 27日(金) 14:00/19:00
              (開場各30分前)

◎レクチャーデモンストレーション◎
東京:11月 23日(祝・月) 13:00~14:45

◎各公演の詳細◎

【伊丹20091115_subaeku04公演】
★11月 15日(日) 14:00(開場13:30)
<会場>伊丹アイフォニックホール
 伊丹市宮ノ前1-3-30 
◆チケット◆ 9月20日発売/全席指定
 前売・一般3500円/学生3000円
 当日・一般4000円/学生3500円
[お申し込みとお問い合わせ]
  伊丹アイフォニックホール
  tel.072-780-2110

【仙台公20091115_subaeku05演】
★11月 17日(火) 18:30(開場18:00)
<会場>東京エレクトロンホール宮城
 仙台市青葉区国分町3-3-7 
◆チケット◆ 好評発売中!
 全席指定・1000円
[お申し込みとお問い合わせ]
 東京エレクトロンホール宮城
  tel.022-225-8641

【川崎・東20091115_subaeku06京公演】
★11月 21日(土)15:00(開場14:30)
<会場>川崎市国際交流センター
 川崎市中原区木月祇園町2-2 
★11月 26日(木) 19:00(開場18:30)
★11月 27日(金) 14:00/19:00(開場各30分前)
<会場>アサヒアートスクエア
 墨田区吾妻橋1-23-1 
◆チケット◆好評発売中! 全席自由
 前売・一般3500円/学生3000円
 当日・一般4000円/学生3500円

【レクチ20091115_subaeku07ャーデモンストレーション】
★11月23日(月・祝)13:00~14:45
<会場>東京芸術劇場 中会議室
 豊島区西池袋1-8-1
  
◆参加費◆2000円(学生1500円)
[お申し込みとお問い合せ]
 (財)現代人形劇センター
  tel. 044-777-2228 / fax. 044-777-3570
[お申し込み]
 チケットぴあ tel.0570-02-9999 Pコード.397-775
この芸能は[ユネスコ人類の口承及び人類の傑作の宣言]リスト(通称ユネスコ無形文化遺産)に選定されています。
※日メコン交流年2009認定事業

●主催:(財)現代人形劇センター
●後援:外務省/カンボジア大使館/日本アセアンセンター
 日本ユネスコ国内委員会/(財)ユネスコ・アジア文化センター
 (社)日本ユネスコ協会連盟/国際人形劇連盟日本センター
●助成:文化庁/(財)アサヒビール芸術文化財団/(財)国際コミュニケーション基金
●協賛:アサヒビール(株)/富士ゼロックス(株)/富士ゼロックス端数倶楽部
●協力:カンボジア文化芸術省芸能局/(社)シャンティ国際ボランティア会/カンボジア市民フォーラム/日本メコンフェスティバル実行委員会/日本ワヤン協会/パペットマーケット/かながわ開発教育センター(K-DEC)/川崎エスペラント会

[伊丹公演]
●共同主催:(財)伊丹市文化振興財団/伊丹市

[仙台公演]
●共同主催:宮城県民会館管理運営共同企業体((財)宮城県文化振興財団・東北共立/陽光サービス)/宮城県
●後援:宮城県教育委員会/仙台市教育委員会/河北新報社/朝日新聞社/読売新聞社/毎日新聞社

[川崎公演]
●後援:神奈川県/神奈川県教育委員会/川崎市/川崎市教育委員会
 (財)神奈川県高等学校教育会館/(財)川崎市国際交流協会
●助成:神奈川県

[レクチャーデモンストレーション]
●共同主催:日本メコンフェスティバル実行委員会
(財)現代人形劇センター 担当 塚田 / 鈴木
  tel.044-777-2228 / fax 044-777-3570

現代人形劇センター
http://www.puppet.or.jp/

大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

大きな地図で見る

|

« 09/12/01(火)&12/08(火) 初心者向けバリダンス新クラス開講@江東区 | トップページ | 09/11/22(日) 竹ガムラン"リンディック”を中心としたバリガムラン&バリダンス "トゥラン・ブーラン”@渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト【詳細更新】 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【いよいよ迫る】09/11/15(日) 伊丹市・17(火) 仙台市・21(土) 川崎市・23日(月・祝) 東京豊島区・26(木)&27(金) 東京墨田区 アジアの人形芝居・日本公演 2009年度 カンボジアの大型影絵芝居 「スバエク・トム」 :

« 09/12/01(火)&12/08(火) 初心者向けバリダンス新クラス開講@江東区 | トップページ | 09/11/22(日) 竹ガムラン"リンディック”を中心としたバリガムラン&バリダンス "トゥラン・ブーラン”@渋谷 バリカフェ・モンキーフォレスト【詳細更新】 »