« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

09/09/20(日)バリガムラン&舞踊バパン・サリ 公演2009@横浜 開国博Y150  

下記の公演のお知らせをいただきました。

★☆★☆★

20090920_yokohama浜 開国博Y150 バパン・サリ 横浜公演2009 
Bapang Sari in Yokohama 2009

日時:2009年9/20(日)15:00~
会場:Y150つながりの森(よこはま動物園ズーラシア隣)竹の海原・つながりのステージ

日本全国ネットで、北は北海道から南は山口県まで各地で活動中のメンバーが横浜に集結! 初の横浜公演です。

演奏:
世良真紀、足立真理子、瓜生和子、小川松美、加藤公敏、佐藤真紀子、田中 文、橋本なお子、堀川弥生、村上真理子、山本和志 他

踊り:
○パニャンブラマ:飯田智江、柴田 令、深石弘美、船越裕美、前浜恭子、山下屋桃子
○チェンドラワシ:小林里江、三浦智江
○マルガパティ:宇高安紀子
○レゴン・クラトン:杉谷朋美、中野愛子、渡邉早織
○テレック:岩佐律子、小原妙子
○トペン・クラス:荒内琴江

バパン・サリ
http://www.k2.dion.ne.jp/~bapangsr/

Y150つながりの森
http://www.yokohama150.jp/event_d.php?eventid=88

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

09/09/26(土) インドネシアの影絵芝居 ワヤン・クリの実演 アルジュノの饗宴@東京家政大学博物館

下記の公演が日本ワヤン協会のホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20091026_itahashi 東京家政大学博物館
2009年09月26日(土)
開演午後2時~4時
会場=東京家政大学・120周年記念館1階ホール

やがてくる大戦争バラタユダに備え、パンダワ五王子の三男アルジュノは、精神修養のための苦行に入った。
最高神プトロ・グルはアルジュノを試そうと天界から様々な誘惑の手を差し向けるが…

入場無料
演目=アルジュノの饗宴

オリジナル=キ・スティノ

訳=松本亮
出演=西山裕美
ガムラン演奏=ランバンサリ有志
主催=東京家政大学博物館
東京都板橋区加賀1丁目18−1
03-3961-2918‎

日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/

東京家政大学博物館
tokyo-kasei.ac.jp

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

09/09/11(金) ランバンサリ・ガムランライブ@ジュンバタン・メラ赤坂店

下記の公演がランバンサリのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090911_akasaka01 ジュンバタン・メラ赤坂店 定期ガムラン・ライブ

インドネシア料理店の老舗「ジュンバタン・メラ赤坂店」で、小編成のガムラン・ライブを毎月1回行なっています。楽器に近い席をご希望の方は、早めのご予約をおススメします。演奏チャージなし、食事代のみ。

日時:9月11日(金)

第1回演奏 20:00~20:30
第2回演奏 21:00~21:30

ご予約・お問い合わせ:
ジュンバタン・メラ赤坂店
Tel: 03-3588-0794 
Fax: 03-3588-8247

会場:ジュンバタン・メラ赤坂店
東京都港区赤坂3-20-6 日住金赤坂ビルB1F
地下鉄銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩5分
地下鉄千代田線「赤坂駅」より徒歩7分

演奏予定楽器: ルバブ、グンデル、ガンバン、スレンテム、 クンダン、ゴング、スリン、 シンデン、ゲロン、スンガアン

ジュンバタン・メラ
http://www.jbm-gr.com/

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

09/09/23(祝・水) 講師:バリ・ガムラン演奏家イ・プトゥ・グデ・スティアワン 体験講座 [ PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座]@音工場Omori

下記の講座が音工場Omoriのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090923_omori01 体験講座  [ PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座 ]

神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。バリの音楽と舞踊の魅力は実践してみてはじめて深く理解できるものです。バリ・ガムラン演奏家のプトゥが指導いたします。
神秘の芸能をあなたも体験してみませんか。

開催日:2009年9月23日(祝・水) 13:00~15:30
場所:音工場Omori(おとこうば おおもり)
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
内容:ギラッという形式の短いくり返しの曲を勉強し、色々な楽器を演奏します。
対象:初心者
定員:15名 (先着順)
参加費:3,500円

20090923_omori02 申し込み方法:
お名前・年齢・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便、FAX、Emailにて音工場Omoriまでお申し込みください。
又は、留守番電話にお吹き込みください。こちらからご連絡致します。

会場・問い合わせ先:
音工場Omori(日曜・祝日休み)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18 サンミニヨンビル3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : info_otokoba@yahoo.co.jp

 

交通:
京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

09/08/30(日) 第6回 Klenengan di 新橋(ジャワ式演奏会)@東京・新橋 ランバンサリ・スタジオ

下記の演奏会がランバンサリのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

「ジャワガムランの古典曲をじっくり楽しもう!」

ジャワガムランの神髄ともいえる魅力的な曲の数々を集めて、ランバンサリ・スタジオで皆さんと楽しい一時を過ごしてみたいと思います。演奏に加わるもよし、お茶を飲みながらゆったりと聴くもよし、出入りも自由という気楽な会です。ガムラン経験者の皆さん、初めて聴く方、どんな方でも大歓迎です。お誘い合わせの上、気軽にご来場下さい。演奏する曲の楽譜は当日用意いたします。このための練習は特に行いませんので、どんな演奏が繰り広げられるかは、当日のお楽しみといったところです。演奏の飛び入り大歓迎!晩夏の宵をまったりとジャワガムランでお楽しみ下さい。

日時:8月30日(日)17:00-22:00
Minggu Kliwon Malem / Malem Senen Legi

会場:ランバンサリ・スタジオ
Tel 03-3519-6637(JR新橋駅日比谷口より徒歩5分)

入場無料

プログラム:
1. PAPAT MIRING, Pelog Lima
2. MEGAMENDHUNG ~ REMENG, Slendro Nem
3. BONTIT ~ PEKSI KUWUNG, Pelog Nem
4. LALERMENGENG ~ TLUTUR ~ PANGKUR DHUDHAKASMARAN, Slendro Sanga
5. TUNGGUL ~ PACULGOWANG, Pelog Barang
6. CARANGGANTUNG ~ KIJING MIRING ~ AYAK-AYAKAN PAMUNGKAS, Slendro Manyura

ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

09/09/12(土) 講師:車田れい子[ バリ舞踊一日体験講座] @音工場Omori

下記の講座が音工場Omoriのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090912_omori01 神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類まれな生き生きとした芸能体系を作り上げています。バリの音楽と舞踊の魅力は実践してみてはじめて深く理解できるものです。神秘の芸能をあなたも一度経験してみませんか。

開講日:2009年9月12日(土) 14:00~16:00
講師 :車田れい子
内容 :女性舞踊の基本の姿勢や型を学びます。ガムランの音色に合わせて体を動かします。
対象 :初心者
定員 :10名(先着順)
参加費:3000円
服装 :動きやすい服装で。(膝を曲げ、中腰になるので、ミニスカートは不向き。)裸足で練習します。

20090912_omori02_2 申し込み方法:
下記に必要事項をご記入の上、郵便、FAX、又はEmailにて音工場Omoriまでお申し込みください。

会場・問い合わせ先:
音工場Omori(日曜・祝日休み)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18 サンミニヨンビル3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : info_otokoba@yahoo.co.jp

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

【いよいよ明日から】09/08/22(土)~8/23(日) 神々の島バリを五感で感じる 江の島バリSunset 2009@江の島展望灯台(詳細)

下記の公演の詳細がホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090822_enosshima01_2 江の島バリ SUNSET 2009-舞伝いぶく江の島バリ-

神々の島バリ島の魅力を五感で体感できる江の島バリ。観て、聴いて、味わって、バリの気配を楽しめる2日間!!バリ舞踊やインドネシア料理、バリエステ、バリ雑貨、そしてバリ文化体験できる屋台が並びます。今年は1000基以上の灯籠が江の島中に灯る光の夏祭り“江の島灯籠”とともにお楽しみください。

■開催期間: 2009 年8月22 日(土)/23日(日) (雨天・荒天の場合は9 月12 日(土))
■時 間:13:00~19:30(開場:13:00)

■入場料   
大人200 円・小人100 円(江の島サムエル・コッキング苑入苑料)
会 場: 江の島展望灯台下特設会場

■出演者:
8月22日(土)…
バスンダリ/ プスパ・ラトナ/ 大久保哲/プルマタサリ/江の島バリ委員会/Terang Bulan

8月23日(日)…
バスンダリ/東裕子/プスパ・ラトナ/バロン‐ゲンジェ/ウロツテノヤ子
物 販: SuraBaya/cabe/ ディアン/ ナカヤトレーディング/ LUVENTO タマンサリ/財団法人かながわ国際交流財団

写真展: 「音降る島」 小原 孝博 会場:江の島展望灯台屋内展望フロア
入場料: 大人200 円/ 小人100 円(サムエル・コッキング苑入苑料)
お問合せ: イベント内容について… 江ノ島電鉄株式会社 事業部観光課
0466-24-2715(月~金・9:00~17:00)
当日の開催等について… 江ノ島遊園事業所
0466-23-2444(年中無休・9:00~17:00)

20090822_enosshima02_2 ■プログラム(ステージ)
※出演者演目の一部変更がある事もございます。予めご了承ください。

8月22日(土)    
1部 16:00~17:00 バリ舞踊
演目/タマンサリ、プスパワルナ、トペントゥア、プトゥリ華、レゴンラッサムプリアタン
出演/バスンダリ/ プスパ・ラトナ/ バスンダリ★/大久保哲/プルマタサリ

2部 17:30~18:00 「楽園バリコレ」カルチャー体感
演目:インドネシア諸島民族衣装コレクション
出演: 江の島バリ実行委員会 他

3部 18:30~19:30 「情熱と陶酔の調べ」ガムラン演奏とバリ舞踊
演目:タルマ・ジャヤ、古典曲、ジャウック・マニス、古典曲、オレッグ・タムリリンガン
出演:Terang Bulan (トゥラン・ブーラン)

8月23日(日)    
1部 16:00~17:00   
「ほほえみの輝き」 バリ舞踊
演目: プスパブアナ、パンジースミラン、チャンドラムトゥ、チュディール、レゴンプライヨン
出演: バスンダリ★/東裕子/プスパ・ラトナ/バスンダリ 他

2部 17:30~18:00    「開心楽譜」 バリスピリッツ芸能
演目: ケチャ~ゲンジェ
出演: バロン‐ゲンジェ

3部 18:30~19:30    「青銅の未知なる饗宴」 ガムラン演奏と舞踊
演目: 古典曲、バロン、トペン、新作曲 他
出演: ウロツテノヤ子

■主 催:江の島バリSUNSET実行委員会
■後 援:インドネシア共和国大使館 / ビジットインドネシア ツーリズムオフィス日本地区事務所
■協 賛:明治製菓株式会社/タマンサリ・ロイヤルヘリテイジ・スパ/KDDI/Garuda Indonesia/SuraBaya/Studio Amrita/abadi
■協 力:江ノ島電鉄株式会社/ 藤沢市/ 社団法人藤沢市観光協会

江の島バリSUNSET(江ノ島電鉄株式会社)
http://www.enoden.co.jp/light_house/0908_balisun.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

09/08/23(日) 町屋を改造したアートギャラリーでのバリ舞踊公演 SAMSARA~であうもの、つながるもの、めぐるものの始まり~ @京都・今出川

下記の公演がビタハマのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

Samsara182_convert_20090820021039 バリ舞踊公演 SAMSARA~であうもの、つながるもの、めぐるものの始まり~ @京都・今出川

2009年8月23日(日)
開場17:30
開演18:00 (19:30終了予定)

会場 /be京都 (アートギャラリー)

602-0064 京都市上京区新町通上立売上る 安楽小路429-1
TEL / 075-417-1315  

アクセス /
京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」2番出口より徒歩5分
京都市バス 「上京区総合庁舎前」より 徒歩4分

プログラム /
1.パニャンブラマ  小柳こず恵 村瀬妙子 (プルナマ・サリ)
2.チェンドラワシ  堺 智濃   東條博子 (ピタマハ)
3.ドゥマン ミリン 船津純子
4.バヤン ニンテ  三好倫子
5.タルナ ジャヤ  山崎美保子

入場料 / 予約制・1500円 (ドリンクつき)

ご予約・お問合せ /
samsara0823★hotmail.co.jp  まで
(★を@に書き換えてご利用ください)

**********************************

ピタマハの第一期生で、後にバリに留学し、ピタマハ主宰と同じ師匠に就いて勉強されてきた船津純子さんと、舞踊仲間の山崎美保子さんが中心となって同じく留学仲間の三好倫子さん、またそれぞれの出身教室の踊り手さんとともに舞台を開催されます・・!

ピタマハからは 「チェンドラワシ」で2名が参加させていただいています。

かわいい歓迎の舞踊から、華やかで新しいチェンドラワシ、重厚な雰囲気のドゥマンミリンなどの古典、激しいタルナジャヤ・・・素敵ないい演目だてですね(^^)

会場の「be 京都」さんは、町屋を改装したアートギャラリー。
京都御所や同志社のキャンパスから程近く、閑静な街角にあり、とても素敵な雰囲気のところです。

お客様にはお茶のサービスもあるとのこと、ぜひお運びください・・・!

プルナマ・サリ
http://homepage3.nifty.com/purnamasari/

ピタマハ
http://www.geocities.jp/pitamaha_balinesedance_studio/

be京都 (アートギャラリー)
http://www.be-kyoto.jp/ 


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

09/08/30(日) ワヤン「アルジュノの饗宴」@にわのあかり2009 兵庫県神戸市・相楽園

下記の公演がHANA★JOSSのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090830_kobe 8/30にわのあかり2009 ワヤン「アルジュノの饗宴」

ーイベントのお知らせー

今年もあります、ワヤン!
たくさんの木々に囲まれた広い芝生広場には、クリル(スクリーン)とワヤンとガムランが並んでいます。
ビールやカキ氷など縁日のような屋台も出ています。
毎年600人ほどのお客さんが楽しんでいる「にわのあかり」に、ソカタルナが出演させてもらってから3回目の夏がきました。今年はガムラン・ワヤンのQ&Aや、演目の解説などもやってみたいと思います。ガムランのBGMもお楽しみください。
そして演目はマハバラタより「アルジュノの饗宴」
大阪、神戸から集まった4つのガムラングループのメンバーが心を込めて演奏します!
ここでワヤンを聞けばパワーみなぎること間違い無し。
どうぞ遊びに来てください!

日時:2009年8月30日(日)18:00~19:40頃まで
場所:相楽園 芝生広場

出演:ソカ・タルナ
詳細は、 相楽園のHPへ。チラシなども見れます!

20090830_kobe02 昨年のにわのあかりのようす。演目「デウォ・ルチ ~生命の水をもとめて~」

~アルジュノの饗宴~
アルジュノは、パンダワを常に苦しめるクロウォ一族の悪行を思うたび、心を痛めていた。
ある時、道化のスマル(神の化身)の忠告により、アルジュノはインドロキロ山ミントロゴ洞窟での苦行を決める。
苦行を止めさせようという神々からの試練(魑魅魍魎たちの攻撃、天界の美女たちの誘惑など)に惑わされることのなかったアルジュノに、
ブトロ・グルは、その志操の堅さと卓越した武芸者であることを賞し、秘矢パソパティを与えた上で、一つの命を下す。
それは、超能力と鬼の容姿をもつ、ヒモヒマントコ国の王ニウォトカウォチョを征伐することであった。
ニウォトカウォチョは、天界の美女スプロボに結婚を拒否されたことに怒り、天界で大暴れしていたのだが、それだけではなく、いずれ天界を我がものにしたいという思惑もあった。超能力をもつニウォトカウォチョの暴走に、神々はなすすべもない。
道化スマルの助言や、スプロボの協力により、ニウォトカウォチョの弱点を知ったアルジュノは、ニウォトカウォチョとその家臣たちを倒すことに成功する。
神々にその功績を讃えられたアルジュノは、プラブカリティンという名を与えられ天界で即位し、スプロボはじめ十万に一人足りぬ数の天界の美女たちにかしずかれ、しばし天界にとどまるのであった。

HANA★JOSS
http://www.hanajoss.net/

相楽園(〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1 tel 078-351-5155)
http://www.sorakuen.com/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

09/08/22(土) 夏の川辺でワヤンの光と影、ガムランの響き ワヤン楽団「ソカ・タルナ」@水都大阪2009・大阪・中之島公園

下記の公演がHANA★JOSS他のホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090822_oosaka 8/22 水都大阪2009 ワヤン楽団「ソカ・タルナ」出演

ーイベント情報ー

ジンタ・バニュ・チャハヤ
大阪の中ノ島で開幕する水都大阪2009に、ソカ・タルナが出演します。

「ソカ・タルナ」プロフィール
ワヤン・ガムランユニットHANA☆JOSSと、ジャワガムラングループふいご日和楽団により、2006年結成されたジャワ伝統芸能ワヤン・クリ楽団。
ダラン(人形遣い手)は、ジャワ出身のローフィットイブラヒム、。神戸市相楽園の「にわのあかり2006」に初出演、3年目となる今年は、関西ガムラングループ、マルガサリ、ダルマブダヤの有志も加わり、のんびりと楽しめる雰囲気はそのままに、さらににぎやかで華やかなパフォーマンスを目指す。

日時:2009年8月22日(土)
17:50~ ガムラン演奏
18:00~18:30 フレイレフジャンボリー(アコーディオン・チューバなどによるバンド)演奏
東野さん出現!!
18:45~ ワヤン(影絵芝居) 『デウォルチ ~生命の水を求めて~』 上演は約1時間の予定
ゴロゴロのシーンでは、インド紙芝居の東野さん、フレイレフのみなさまとの絡みもあり、どうなることやら!?
料金無料!

夏の川辺でワヤンの光と影、ガムランの響きをお楽しみださい。 

出演:ソカタルナ(ふいご日和楽団+HANA★JOSS+マルガサリ有志+ダルマブダヤ有志による混成バンド)

アクセス:京阪中ノ島線なにわ橋下車すぐ

HANA★JOSS
http://www.hanajoss.net/

ふいご日和楽団
http://gamelankobe.blogspot.com/

ソカ・タルナ
http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/artist/092.html

水都大阪2009
http://www.suito-osaka2009.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

09/08/17(月) 【いよいよ本日、日本公演千秋楽】新作影絵「ワヤン・リストリック」登場、幻想の影絵、神々の舞、時空のガムラン @浅草アサヒ カフェ ナイト

バリ・ガムラン集団「スダマニ」日本ツアー専用ブログに下記が掲載されていました。

★☆★☆★

アサヒ カフェ ナイト

20090709_1269915_t スダマニ Cudamani
Wayang Listrik, Gamelan & Dance
幻想の影絵、神々の舞、時空のガムラン

神々の島インドネシア、バリ島。そのバリ島で今人気実力ともにNo.1のバリ芸能団「スダマニ」より、昨年に引き続き精鋭メンバーによる超ハイブリッドユニットが再来日!今年は新作影絵「ワヤン・リストリック」を引っさげての登場。祖霊を呼ぶと言われる伝統影絵「ワヤン・クリット」をアレンジし、その幻想的な輝きを保ちつつ斬新な演出でまるで映画のような影絵を上演。古典でありながらどこまでも新しく自由な、世界が注目する演奏や舞踊もたっぷりお届けします。

20090709_1269910_t 2009年8月17日(月) 
開場 18:30/ 開演 19:00
予約¥3,500/ 当日¥4,000(全自由席)
中高生(要学生証) 2,000円
小学生以下無料(未就学児入場可)

チケットのご予約はこちらから
稀に、迷惑メール対策をされている場合、PC、携帯電話共に自動返信メールが正常に受信されない場合がございます。
ご予約後48時間以内に自動返信メールが届かない場合はお手数ですが acn@p3.org へご連絡ください。

出演:
スダマニ(ガムラン、舞踊、影絵)
ウロツテノヤ子(ガムラン、舞踊)
ウロツテノヤ子バヤンガンズ(影絵)
Paradise Jam(映像)

出店:
CABE(インドネシアレストラン)
KOPI PANAS(インドネシア雑貨)

問合せ:P3 art and environment 03-3353-6866
会場:
アサヒ・アートスクエア(アサヒスーパードライホール4F)
東京都墨田区吾妻橋1-23-1
東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草」駅より徒歩10分
東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩6分

主催:アサヒ・カフェナイト実行委員会
特別協賛:アサヒビール株式会社
協賛: ガルーダインドネシア航空、グダン・ガラム
後援: 駐日インドネシア共和国大使館

バリ・ガムラン集団「スダマニ」日本ツアー専用ブログ
http://cudamani.jugem.jp/

アサヒ・アートスクエア
http://arts-npo.org/aas/index.htm

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

09/09/04(金) バリ舞踊&ビュッフェディナー@多摩センター自然食レストラン・アスタナガーデン

下記の公演があります。

★☆★☆★

20090904_tama_2 アスタナガーデン4周年スペシャルイベント・バリ舞踊&ビュッフェディナー

◎ガムラン奏者:櫻田素子&TerangBulan
◎バ リ 舞踊家:荒内琴江 小泉ちづこ

舞踊家2 名と5 名のガムラン奏者で贈るバリ舞踊ライブ。
きらびやかな舞踊と胸打つ鮮やかなガムランの音色に包まれる満月前夜祭。
    一夜限りのスペシャルイベント

9 月4 日(金) 18:00 ~
お一人様5000 円(税・サービス料込)
ビュッフェディナーとワンドリンク付き
場所:アスタナガーデン(予約制:定員60 名)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
18:00 お食事スタート
19:00 バリ舞踊ライブ開演
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

*2 名様1組もしくは4 名様1 組にてお申し込み下さい。
*当日は相席もございます。ご了承下さい。
*終了予定21:00

お1人様 5000円(ビュッフェディナー、1ドリンク、チャージ料含む)
*多摩センターに初登場!お近くの方、是非いらしてください。

ASTANA GARDEN アスタナガーデン 
多摩市山王下2-2-2
ご予約はTEL042-338-0011 もしくはスタッフへお申し付け下さい。

「ASTANA」とは

ASTANA(アスタナ)とは、サンスクリット語を語源としたインドネシア語で宮殿や、王宮という意味をもつ言葉です。
お店として、親しみの中に洗練された品位や品格の感じられるおもてなしを提供していく意思をこの名前に込めています。

当店は「花と緑がもっと豊かにある暮らし」を提案し提唱する㈱グリーン・ワイズが新社屋完成と同時に空間緑化事業の新たな展開としてつくった自然食レストランです。
グリーン・ワイズの社屋に隣接し中庭越しに温室の植物を眺められます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

櫻田素子&TerangBulan
(さくらだもとこ&トゥラン・ブーラン)
 日本で活躍するガムラン奏者、櫻田素子氏による南の楽園・バリ島の音楽≪ガムラン≫演奏と、氏が主宰し、東京・横浜を中心にバリのガムランとダンスのパフォーマンスを続けるガムラングループTerangBulan。
 バリのトラディショナル・ピースをメインにバリ舞踊とのコラボレーション等、シチュエーションに合わせユニットからフルオーケストラまで多彩に活動を行う。

荒内 琴江
バリ舞踊家 福生市生まれ
 愛知県立芸術大学美術学部、彫刻学科卒業。在学中からバリ舞踊を始める。彫刻で人体を学ぶ中で知った自然
の形の不思議、美しさその感動をバリダンスの中に見る。
2004 年から2006 年インドネシア国立芸術大学、舞踊科留学。日常生活、信仰の中に生きているバリ芸能の素晴らしさを実感する。留学後は地域のお祭りや老人ホーム、レストラン、ホールなどで幅広く公演活動をしながら短期留学を重ね研鑽をつんでいる。

小泉ちづこ / バリ舞踊家
劇団民藝在団中にバリ舞踊を始める。
退団後、2001年から2年間インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。帰国後、バリ舞踊教室/ 企画チプタ・ブミを主宰し講師・バリ舞踊家として活動。舞台表現者としてバリ舞踊の形式と作品の世界を探求していくことと共に、バリ舞踊の枠を少しゆるめたり外したり、まったく別の世界に身を置いてみたり。たくさんの人と出会い、からだと心の楽しい可能性をいろいろな形で共有したい。常に今の自分に向き合って元気に踊って行きたいと思っている。

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

チプタ・ブミ
http://www.muse.dti.ne.jp/~c-bumi/index.html

アスタナ・ガーデン
http://www.astana.co.jp/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

09/08/30(日) PUTU先生の「もう少しやってみようよ~!」バリガムラン講座]@音工場Omori

下記が音工場Omoriのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090830_omori01 PUTU先生の「もう少しやってみようよ~!」バリガムラン講座]

一日体験講座だけでは物足りなくて、もう少し続けてバリ・ガムランをやってみたい方、ガムランは全く初めての方、平日の講座にはなかなか通えない方、みんなで楽しく休日にガムランをやってみませんか!!

開催日:NO.11 2009年8月30日(日)18:00~20:00
*講座日は基本的に月2回、日曜の18時~20時になります。
*この後も継続して行い、内容的には続いていきます。
内容:ギラッ・ササックという短い繰り返しの曲と、バパン・スリシルという器楽曲を勉強します。
20090830_omori02_2 講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
対象:初心者
定員:15名 (先着順)
参加費:一回3.000円

申し込み方法:
お名前・年齢・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便、FAX、Emailにて音工場Omoriまでお申し込みください。
又は、留守番電話にお吹き込みください。こちらからご連絡致します。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/x/index_top.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

「ゴロゴロ通信60」公開@日本ワヤン協会ホームページ

日本ワヤン協会のホームページで下記内容のゴロゴロ通信60がアップされていました。

★☆★☆★

・日本ワヤン協会、ヨグヤカルタ芸能フェスティバル2009に登場する
 (クダウラタン・ラヤット紙=ジョクジャ最大の日刊紙 2009/07/01記事)
・日本味のワヤン・クリ(ムラピ紙=ジョクジャで急伸の新聞、09・07・01、c-1-m記事)
・近頃のジャワ・ワヤン 狩野裕美
・“ワヤン・ジャワ、語り集成“ を前にして 狩野裕美
・ラ・ママ上演二十五周年と「ワヤン・ジャワ、語り集成ーマハーバーラタ編ー」 中辻正
・新刊絵本「ノントン・ワヤン!」「スマントリとスコスノ」 杉田浩庸

日本ワヤン協会「ゴロゴロ通信60」
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/newf.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

【インタビュー】ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しい:絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(福音館書店) 版画:早川純子さん 2/2

09年6月に福音館書店から発売されたワヤンを題材を採った絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」の版画を担当された版画家の早川純子さんに制作のご苦労などについて伺いました。

★☆★☆★

0006_6   ・版画の技法について
今回の版画は、どのような画材または技法を使用されたのでしょうか。

早川 インクは、版画用の油性インクを使っています。
また人物の着彩にはアクリル絵の具を使っています。
細かい表現の人物は木口木版、木などのざっくりした表現には板目木版を使っています。
背景など絵の具で描いているような所は、モノタイプ(私は銅版の板に絵の具で描いた物を紙に刷っています。)。片観音部分(開けるページ)のハルジュノソスロ、ラウォノの顔のアップは木版リトグラフです。
最終的に、今まで使ってきた版画表現をこの絵本に全部つぎ込んだ感じになりました。

(編注 早川さんのホームページで、木口木版、板目木版それぞれの早川さんの制作手順が紹介されています。
木口木版 http://www.umiusi.net/antler/sikatuno/sikatu2.html
板目木版 http://www.umiusi.net/antler/sikatuno/mokuhann.html  )

 

0003_3

0002

背景

・制作の進め方について
実際の絵本の制作は、どのような流れで進めていかれたのでしょうか。

早川 まず乾さんの文章を元に絵本のラフを作りました。
編集者と何度も打ち合わせをしながら、絵本の大きさも含めて大まかな絵本の形を作っていきます。
ラフがおおまかに完成したあと、まず木口木版で人物を彫りました。
今回、木口木版で彫った人物の原画はとても小さいのです。
彫り上がった人物をまず絵本の大きさに合わせて拡大して、デザイナーさんが紙面構成をしていきます。
その後、背景や足りない部分をデザイナーさんとやり取りしながら作っています。(もちろん編集者も一緒です。)
原画を出す、本の形で見てみる、原画を出す、本の形で見てみる、を繰り返して練り上げていきました。
人物や背景の配置を一番良い形に引き出してくれたデザイナーさんの力がなければ、この絵本はできなかったと思います。

・内容のつめについて
前の質問に関連しますが、再話の方、編集者の方、デザイナーの方とは、内容の相談などはどのように進められたのでしょうか。絵コンテなどではなく、版画を彫った後にチェックや確認などされていたのでしょうか。

早川 絵本の絵の部分に関しては、編集の石田さん、デザイナーさん(白石さんと坂本さん)、印刷会社さんとも最後まで直接話しながら進めています。
再話の乾さんとは編集の石田さんを通して話を聞いていました。

・監修について
監修の松本先生からは特にどのような点の監修を受けられたのでしょうか。

早川 早川に対して絵については松本亮さんからは、いっさいありませんでした。
松本さんの「私の著書ではなく、乾さんの文章に向き合わなければいけないですよ。」という言葉が印象に残っています。
2006年の公演旅行にご一緒させてくださったり、ワヤンの資料を惜しげもなく見せていただいたり、ソロやジョグジャなどのいろんなスコスロノの人形を見せていただきました。
2006年の日本ワヤン協会のラママ(ライブハウス)での公演の演目もスマントリとスコスロノに関係する物など…今考えると吟味したものを道筋にあわせて見せていただいていたと思います。
ワヤンや人形についての質問などに答えてくださったりと、じっくり見守っていてくださっていました。

0005_2

ワヤン人形(スコスロノほか)

・編集の方について
再話の方、編集の方、デザイナーの熱意がなければ、今回の絵本の形にはならなかったでしょうとのことですが、それぞれの方について詳しくお聞かせいただけますでしょうか。

早川 まずこの本が制作されたのは、再話の乾さんの“スマントリとスコスロノ”のお話を絵本の形にしたいという熱意があったからです。ずっと長い間、このお話にのめり込んでいたと聞きました。ですので私が版画を完成させるまで長い間お待たせしてしまいました。
編集者の石田さんには、うまく転がしてもらうことで最後まで描いていくことができました。
インドネシアに一緒に旅行に行ったり、ワヤンの公演にもよく一緒に出かけました。私がラフをなかなか描けなかったときも気長に待ってくださったり、作画に入ってからも版画の制作の作業が長引くのをスケジュールをそのつど調整してくださったり、大変骨を折ってくださいました。
デザイナーの白石さん、坂本さん(そして印刷会社の方。)は、文と絵を一番良い形に引き出してくれました。
絵の点数が多く面倒な作業の上、追い込みの3月は週に2回は打ち合わせ、その都度絵本のダミーを何度も出力紙に出し(何冊分出してくださったことか)、練り上げてくださいました。また印刷にも手間がかかり、難航した校正刷り(試し刷り)も粘り強く指示を出してくださっていました。

以上は、早川の知る範囲でのことです。
乾さんは編集の石田さんと文章を責了まで練り上げていました。

・制作の意図について
最初と終わりにあるグヌンガンの描写、人形同士が激しくぶつかり合う描写やクライマックスの巨大なラウォノの描写など、ワヤンの世界を見事に表現されていて大変素晴らしいですが、今回の制作にあたって心がけられた点、表現されたかったことなどありますでしょうか。

早川 ワヤンを見たことがない人が絵本を読んでもワヤンの世界を感じてもらえるよう心がけつつ、それでいて矛盾しますが自分なりの表現も盛り込めればと思って制作しました。

・技術的な苦心点、工夫点について
クライマックスの観音開きなど、技術的な点で特に工夫または苦心された場面(見開き)または箇所はありますでしょうか。

早川 今回は、どこのページも作っていて面白かったのですが、同じようにどこのページも大変でした。

・子供の読者について
絵本ということで、子供を意識された点などはありますか。

早川 今回子供ということは特に意識していません。
ただ、絵本を読む方のほとんどがワヤンを見たことがないと思うので、そこは注意して制作しました。
また、ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しいなあと思ってました。

・ワヤンの魅力について
ワヤンの底知れない世界に引き込まれつつあるとのことですが、ワヤンのどのような点に引かれてらっしゃるのでしょうか。

早川 人形の美しさはもちろんですが、ワヤンのお話でしょうか。
ワヤンのテープを聴いていても、ジャワ語はわかりませんがダランの語りに聞き惚れてしまいます。
スマントリとスコスロノの周辺の話しか読んでいませんが、これから他のお話も読もうと思っています。

貴重なお話ありがとうございました。

※画像は、早川さんのブログより転載させていただきました。

【インタビュー】ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しい:絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(福音館書店) 版画:早川純子さん 1/2
http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/08/post-9356.html

★☆★☆★

「早川さんの今後の予定」
2009年8月末 絵本「どんぐりロケット」ほるぷ出版より発売予定
2009年11月 東京/日本橋にて個展を予定

福音館書店「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」
http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/978-4-8340-2452-4.html

版画家・早川純子ホームページ
http://www.umiusi.net/antler/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

09/08/25~08/27 日本ワヤン協会ジョグジャカルタ芸能フェスティバル凱旋公演ほか@第2回リトルインドネシア・イン・ジャパン 2009

下記のイベントがガドガドのブログに掲載されていました。

★☆★☆★

第2回リトルインドネシア・イン・ジャパン 2009

昨年、インドネシアと日本が友好的協力的な外交関係を結んでから50年と言う節目の年に第一回目を開催した「リトル インドネシア・イン・ジャパン」を今年も開催いたします。

「第2回 リトル インドネシア・イン・ジャパン 2009」では、インドネシアの代表的な伝統製品を数多く展示しておりますので、インドネシア製品を直に触れていただくチャンスです。
また開催期間中は毎日、インドネシアの民族舞踊を公演いたします。

その他にもワヤンを使った影絵芝居やアンクルンの演奏など皆様にインドネシアの雰囲気を楽しんでいただける催しを多数ご用意しております。
皆様お誘い合わせの上、是非ともご来場ください。

入場料:
無 料 (お茶やお菓子をご用意し、お待ちしています)

主催:
インドネシア共和国大使館 商務部

会期:
2009年8月25日~27日 10:00~19:00

展示品:
自然の黄金の繭から作られたバティック用および着物用のシルク、宝石、衣料、アルディヤント バティック、木製手工芸品、食品など

特別展示:
2009年 ジャカルタ国際手工芸展(Inacraft 2009) グランプリ受賞作品

プログラム:

8月25日
11:00~
・オープニング現代舞踊
・オープニングセレモニー
・アンクル演奏

18:00
特別公演:ワヤン影絵芝居
日本ワヤン協会 松本亮 代表
2009年ジョグジャカルタ芸能フェスティバル(FKY 2009)凱旋公演

8月26日
10:00~終日 バティックとワヤン製作実演
12:30 アンクルン演奏
15:30~ 伝統舞踊

8月27日
10:00~終日 バティックとワヤン製作実演
12:30~ 伝統舞踊

会場:日本アセアンセンター
東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F
都営三田線御成門駅A4出口をでてすぐです。

連絡先:
インドネシア共和国大使館 商務部
TEL : 03-3441-4201(内線322)
FAX : 03-3447-1697
担当者 :
トゥルス ブディアント (tulusbudhianto@indonesianembassy.jp
フィトラ カルナラ (fitratokyo@yahoo.com

インドネシア共和国大使館・商務部
http://ataseperdagangan-tokyo.jp/fair/little_indonesia_in_japan/

在東京インドネシア共和国大使館
http://indonesianembassy.jp/

日本アセアンセンター
http://www.asean.or.jp/ja

ガドガド
http://gadogado.exblog.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

【本日開催】09/08/09(日) スダマニ 古典曲、女性舞踊、仮面舞踊、ケチャワークショップ@山梨県北杜市・平山郁夫シルクロード美術館

下記の公演があります。

★☆★☆★

スダマニ@平山郁夫シルクロード美術館

会場:平山郁夫シルクロード美術館
408-0031 山梨県北杜市長坂町小荒間2000-6
Tel : 0551-32-0225
月日:2009年8月9日(日)
時間:11時、13時、15時の3回(それぞれ約45分)
公演内容:古典曲、女性舞踊、仮面舞踊、ケチャワークショップなどの予定

平山郁夫シルクロード美術館
http://www.silkroad-museum.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

主催者の小谷野哲郎さんより ツアーレポート@スダマニツアーブログ

主催者の小谷野哲郎さんより下記のご案内をいただきました。

★☆★☆★

東京もようやく夏らしい天気!とおもいきや、またまたハッキリしないお天気に逆戻りですが、いかがお過ごしでしょうか?
バリから「スダマニ」のメンバー5人も無事に来日し、元気に公演を続けています。
最初の大阪に始まり、渋谷O-WESTのライブの盛り上がりは相当なものでした!
このあと明日(9日)山梨、11日名古屋、15日京都、17日東京と公演が続きます。特に名古屋、京都、東京は新作影絵も上演。
東京公演では、ボイスパフォーマーの徳久ウィリアムも参加してくれることになり、ますます厚みを増した公演になりそうです。
各地のみなさま、どうぞお楽しみに!

20090807_1332259












ツアー中の様子など、ツアーブログに日々アップしておりますので、こちらもどうぞご覧下さい。
http://cudamani.jugem.jp/

皆様にお会いできるのをスダマニメンバー共々、楽しみにしております。

小谷野哲郎拝

★☆★☆★

公演日程:
8月9日(日) 平山郁夫シルクロード美術館(古典曲、女性舞踊、仮面舞踊、ケチャワークショップ)
記事:http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/08/090809-8fde.html
会場ホームページ:http://www.silkroad-museum.jp/

8月11日(火)名古屋市西文化小劇場(新しい世界が創造される瞬間。バリとインドの音楽と舞踊のコラボレーション+ケチャワークショップ)
記事:http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/06/090811-075e.html
記事(ケチャワークショップ):http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/08/090811-9e30.html
会場ホームページ:http://www.h2.dion.ne.jp/~b-nisi/

8月15日(土)京都芸術劇場 春秋座(古典的ガムラン演奏・伝統舞踊・新作影絵)
記事:http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/06/post-0dbf.html
会場ホームページ:http://www.k-pac.org/performance/20090815.html

8月17日(月)アサヒアートスクエア アサヒカフェナイト(新作影絵「ワヤン・リストリック」登場、幻想の影絵、神々の舞、時空のガムラン)
記事:http://gamelan.cocolog-nifty.com/wayang/2009/07/090817-a1ad.html
主催者ホームページ:http://www.p3.org/

動画(京都芸術劇場 春秋座公演ページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/08/15(土)~08/16(日) 第二回 日本インドネシア市民協力フェスティバル@東京・代々木公園

下記のイベントがあります。

★☆★☆★ 

第二回 日本インドネシア市民協力フェスティバル

2009年8月15日(土)10:00-20:00
2009年8月16日(日)10:00-20:00

チャリティー趣旨
インドネシアの2006年中部ジャワ震災のあと、C.P.I.は、家の復興などで協力してきました。
しかし母子家庭になった人々まで手が届きませんでした。
彼らは、職業なくほんとうに困窮しています。
彼らを救うため、昨年のフェアで協力関係を固めたインドネシア女性会議(KOWANIA) と協力して、母子家庭のお母さんたちに手工芸の技術を教え、販路開拓しきちんと売れるよう支援することになりました。
チャリティーして頂いた資金は、イベント費用を除く全額を、支援活動に使用し、WEB上で会計と活動の報告を致します。
資金管理は、C.P.I.が、国税庁認可法人の立場で責任をもち、担当させて頂きます。

場所: 東京・代々木公園イベント広場

プログラム
8月15日(土)
代々木公園イベント広場 野外ステージ
08:30~10:00 (開場の準備) 
10:00~10:15 開会式
10:30~11:00 インドネシア闘技 プンチャックシラット
11:15~12:00 AZ U like It 、GeneZ リハーサル
12:00~13:00 ステージ、休息
13:15~13:30 バティックファッション ショー
14:00~14:30 インドネシア伝統歌唱:ラグラグ会
14:45~15:15 インドネシア伝統舞踊:インドネシア学校生徒
15:30~15:45 ジャワ踊り:デシリアさん
16:00~17:00 ロック:Az U like It 演奏
17:00~17:30 ラップ:GeneZ 演奏
18:00~18:30 SORMA 音合わせ
18:30~19:00 バリダンス:バリプサカ
19:15~20:00 ガムラン演奏:SORMA

8月16日(日)
代々木公園イベント広場 野外ステージ
08:30~10:00 (開場の準備) 
10:00~11:00 実行委員会による催事の趣旨説明と呼びかけ
11:00~12:00 Galaxy 音あわせリハーサル
12:00~13:00 ステージ、休息
13:00~14:00 ジャズ: Galaxy 演奏
14:15~14:45 Gin☆Dora 音合わせリハーサル
15:00~15:45 バリ舞踊: バスンダリ
16:00~16:40 ロック: Gin☆Dora 演奏
16:55~17:15 HATI 93 音合わせリハーサル
18:00~18:30 バリのケチャ他:バロン ゲンジェ
18:45~19:30 ダンドゥット: HATI 93 演奏
20:00 スタッフ打上げ・撤収

事務局:
国税庁認定NPO 法人 C.P.I.教育文化交流推進委員会
住所:〒181-0005 東京都三鷹市中原 2-16-9 C.P.I. 事務局 担当:小西
E-Mail:cpimate@gmail.com
電話/FAX:0422-49-3808

国税庁認定NPO 法人 C.P.I.教育文化交流推進委員会
http://www.cpi-mate.gr.jp/indonesia-fes.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

09/08/08(土) 夏休み特別オールナイト興行!ジャワ舞踊+ワヤンクリ影絵芝居@兵庫県・神戸市 プラネットEarth メタモルフォーゼ

下記の公演がHANA★JOSS及びプラネットEarthのホームページ掲載されていました。

★☆★☆★

20090808_metamo メタモルフォーゼ音楽会「ガムラン祭り」オールナイト@兵庫県・神戸市 プラネットEarth メタモルフォーゼ
2009年8月8日 開演 19:30~ オールナイト 

今週末8月 8日(土)の第72回メタモルフォーゼ音楽会は「ガムラン祭り」はインドネシア国立芸術大学出身の川原和世のジャワ舞踊をフィーチャー。美しい衣装、優雅な舞いをご覧あれ!

記録的に長かった梅雨も明けていよいよ本格的な夏。夏といえばガムラン音楽!インドネシアの文化はやはり夏が似合いますね。第72回メタモルフォーゼ音楽会「ガムラン祭り」ではジャワ舞踊をたっぷり楽しんでもらいます。
美しい伝統衣装をまとってジャワ舞踊を披露する川原和世はインドネシア国立芸術大学出身の本格派。
演奏はいつものHANA☆JOSS  佐々木宏実 ローフィットイブラヒム夫妻、それに今回は岩本象一が加わっての本格的ガムラン演奏!
こんな素晴らしい機会を逃す手はありませんよ!
もちろん好評の影絵芝居「ワヤンクリ」もある。
今回の出し物は「スーパーももたろう」・・・桃太郎が如何にインドネシア風に変身するのか?
興味津々!ワヤン影絵芝居の絵本(偕成社)の即売会もある。
上記の出し物が終わった後は第3部として「ゆるゆるタイム」・・・インドネシア風俗や文化をゆるゆるとリラックスした雰囲気で楽しんでもらおうという訳。
ここではめずらしい「インドネシアの結婚式」の映像(DVD)や遺跡の映像、それにインドネシア映画等々面白い企画が目白押し!
こんな贅沢な企画を終電車を気にせずにぞんぶんに楽しんでもらう為、なんと今回は寝袋など簡単な寝具を持ち込みも可能で500円で宿泊もオーケー。
要するにオールナイト興行敢行!

日時:2009年8月8日 19:30~ ☆☆オールナイト☆☆
場所:メタモルフォーゼ(神戸市中央区元町高架通3番172~173号 プラネットEarth IPphone 050-3716-3540)

出演:
川原和世(舞踊)
岩本象一(演奏)
HANA☆JOSS(ワヤン&演奏)

料金:投げ銭

およそのプログラム
19:30~第一部
ガムラン演奏
ジャワ舞踊「ゴレ・アユンアユン」

20:20~第二部
ガムラン演奏
ワヤンクリ「スーパーももたろう」

21時以降は、インドネシアの遺跡のDVDや、映画や、スライドショーなどを流しながら、のらりくらりとして、時々たたいたり、誰かにたたいてもらったりという感じでゆるゆるオールナイトイベントになる予定です。

川原和世
神戸出身。縁あって、佐久間 新氏と出会い、ジャワ舞踊を習い始める。2005-07年インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。帰国後、佐久間氏の下でジャワ舞踊を学ぶ傍ら、ヨガを通して身体について研究中。。。

岩本象一
主にドラムや打楽器の類いを演奏する。2005?2008インドネシア、ジャワ島に滞在。ガムランを学ぶのと平行し様々な音楽家やダンサーと共演。趣味は楽器や楽器風のモノを集めること。あと地方の中古本、CD屋巡り。

HANA★JOSS(ハナジョス)メンバー:ローフィット イブラヒム、佐々木宏実
2002年11月にジャワ島ジョグジャカルタで結成されたガムラン&ワヤンユニット。ジャワガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ワークショップ、ガムラン新曲製作、ガムラン披露宴、様々なアーティストとのコラボレーションなど、2005年~京都、2009年~大阪を拠点に活動。

ROFIT IBRAHIM(ローフィット イブラヒム)
ジョグジャカルタ生まれ。幼少の頃よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏を始める。インドネシア芸術高校、大学を経て、卒業後はパクアラマン王宮のガムラン演奏家としても活動。現在大阪在住。滋賀県や神戸市でガムランを教える他、ガムランやワヤンのコンサート、ワークショップなど、各地で活動。

佐々木宏実(ささき ひろみ)
大阪生まれ。神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽コースに在籍中、1999年ガムランに出会う。2002年から2004年までインドネシア政府奨学生としてインドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科に留学。現在大阪を拠点にガムランやワヤンの上演など各地で活動。

HANA★JOSS
http://hanajoss.net/

プラネットEarth
http://プラネットearth.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

【インタビュー】ラウォノが巨大になるところなど、怖がってくれると嬉しい:絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(福音館書店) 版画:早川純子さん 1/2

09年6月に福音館書店から発売されたワヤンを題材を採った絵本「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」の版画を担当された版画家の早川純子さんに制作のご苦労などについて伺いました。

★☆★☆★

Suma_003_2 ・ワヤンの第一印象について
ワヤンはこの絵本の制作でお知りになったとのことですが、初めてワヤンをご覧になったときの感想はどのようなものだったでしょうか。

早川 この仕事をするまでインドネシアというとケチャや踊りやガムランもバリ島のイメージで、ワヤンはテレビや写真で見たことあるけれど…という程度でした。また、「スマントリとスコスロノ」はジャワ島のワヤンでは「ラーマーヤナ」のお話の一つなのですが、この仕事も最初「ラーマーヤナ」のお話と聞いて、ラーマ王子とシータ姫のお話を想像したくらいです。
2004年でしょうか? 「しんじなくてもいいけれど」という絵本の挿絵を描かせていただいた作家の内田麟太郎さんのホームページで、「ゼンザ,大物を釣り上げる」というワヤンが専修大学で上演されるのを知って見に行ったのが、意識して見た最初だと思います。
このときのワヤンは創作のお話だったので、本場のワヤンはどんな感じなのかなあ…と気になって一年近くたったころにこの絵本の話をいただいて、とても不思議なものを感じました。
その後、編集者と一緒に日本ワヤン協会の公演を見たのですがグヌンガンの動きがとても印象的でした。グヌンガンがお話の最初と最後にクリルの真ん中にたてられること、ダランの言葉や動きによって、木や山や雲など様々な形に変化するのがとても強烈な印象でした。

0001_4

グヌンガン

・版画でのワヤン制作について
ワヤンのキャラクターは細かい模様が多く版画では大変そうですが、なぜ版画という技法をこのお話に選ばれたのでしょうか。
技法的にワヤンを題材にして難しかった点および効果的だった点などありますでしょうか。

早川 今回主に人物の表現に木口木版(こぐちもくはん)を使用しています。これは仕事を依頼されたときからの編集者の希望でした。
しかし木口木版は版木の値段が高い上に、木の年輪部分を使うため実際の絵本と同じ大きさでは作れません。最初に試作も彫ったのですが自分の中で割り切るまで時間がかかりました。どう自分の中でワヤンを消化して表現するかという問題もあったのですが、作画に取りかかる前までスクラッチボードで引っ掻いたような表現や、板目の木版のざっくりした表現など他の方法でできないかといろいろ考えました。最終的に制作に入る前に、デザイナーさんとお話をして木口の小さい表現でも拡大して印刷しても大丈夫なことがわかり、観念して人物の表現を木口木版で彫ることにしました。
木口木版の版木を節約するため、一枚の版木に複数の人物を組み合わせて無駄がないように彫っています。
版画という技法は彫り直しができないのですが、また彫り直しができないからこそ思い切って表現できたと思っています。また、刷りの調子や色を変えることで印象を変えることができますし。
実際のワヤン人形の彩色された煌びやかさ、影の美しさ、巨大な影になる所をどう自分なりに表現できるかと考えながら、楽しさもあり、しんどさもある制作でした。

0000_4

木口木版

・制作期間について
この本の版画制作はいつごろスタートしたのでしょうか。また、絵本の制作全体はどのくらいかかけて制作されたのでしょうか。

早川 お話をいただいたのが、確か2005年の年末頃だったと思います。翌2006年の7月に日本ワヤン協会の公演旅行に、編集者とご一緒させていただきました。
その後、乾さんの再話を元に何度かラフを書きました。(ラフとは、どこに絵と文章を入れるかなどを描いた、大まかな絵本の設計図みたいな物です)。その前に抱えていた他の絵本の仕事を完成させる必要があったので、制作に取りかかれるまでにジャワの感じに慣れようと、機会があればワヤンの公演を見に行ったり、ジャワのガムラン、ジャワで売っているワヤンのテープを協会の方にお借りして聞きまくっていました。
完成した絵本に近いラフを描けたのが、昨年(2008年)の夏頃です。
木口木版の制作は昨年の秋から今年(2009年)の3月の初め頃まで、3月から4月中頃は大きな画面や、背景を作ったりして組み合わせ作業。4、5月と印刷の試し刷りなどがあって6月の中頃に絵本が出来ました。

(編注 早川さんのホームページで、取材時のインドネシア旅行記が紹介されています。
インドネシア旅行記 http://sikatuno.blog.so-net.ne.jp/2006-07-21

※画像は、早川さんのブログより転載させていただきました。

(第2回につづく)

福音館書店「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」
http://www.fukuinkan.co.jp/detail_page/978-4-8340-2452-4.html

版画家・早川純子ホームページ
http://www.umiusi.net/antler/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【いよいよ今週末】09/08/08(土)&08/09(日)延べ100人を超える舞踊家・演奏家が阿佐ヶ谷バリ舞踊祭に集結 バリ舞踊の古典から最新の創作まで、2日間で23演目! 第8回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭THE番外編@杉並区立杉並第一小学校校庭

下記のお知らせをいただきました。

★☆★☆★

Asabali8_omote Pesta Kesenian Bali ke-8 di ASAGAYA
第8回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭
THE番外編!
「地面にえがくバリ不思議絵図」

日時◎2009年8月8日(土)8月9日 (日)両日17時開演
会場◎杉並区立杉並第一小学校校庭
(東京都杉並区阿佐谷北1-5-27 JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩 1分)
◎入場無料
◎雨天決行!(ただし雨天の場合は同杉一小体育館にて行います)

[主催]阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員会
[後援]インドネシア共和国大使館 杉並区文化協会
[協力]阿佐ヶ谷神明宮 ジャパンバリツアーズ ジュンバタンメラ 
cafe UBUD CGM JAPANタマンサリ事業部 (株)
ホットスタッフ 銀栄会商店街 交友会商店街 親交会商店街 商和会商店街 北仲商栄会 スターロード 新進会商店街 進交会商店街 パールセンター ゴールド街 川端通り商店街 すずらん商 店街 一番街商店街

Asabali8_ura_2 (コメント)
8年目を迎え、この地でバリ芸能の祭典として定着した阿佐ヶ谷バリ舞踊祭。
今年は本拠地・阿佐ヶ谷神明宮が大改修中のため、向かいの杉並区立杉並第一小学校校庭に会場を移しての開催です。
例年の神秘的な神社境内ならではの気配とはうって変わって、広々とした空間をいっぱいにつかい、縦横無尽にバリ芸能の世界が繰り広げられます。
今年も延べ100人を超える舞踊家・演奏家が阿佐ヶ谷バリ舞踊祭に集結!
バリ舞踊の古典から最新の創作まで、2日間で23演目をお届けします。
そして今年は両日ガムラングループ(スカル・ジュプン=8/8、トゥラン・ブーラン=8/9)が参加。
生のガムラン音楽の魅力を、耳で身体で、体感できるチャンスです。
また、インドネシアビールや飲み物、軽食、インドネシアの食品や 雑貨を販売する屋台も出店します!
インドネシア・バリ島の踊りとガムラン演奏を、どうぞたっぷりとお楽しみください。

■8月8日(土)開演17:00        
1.パニャンブラマ Penyembrama
尾崎元子、斉藤麻由子、東裕子、深崎彩恵子
2.ゴパラ Gopala
阿部歩、稲葉操、尾形布美子、近藤ゆま、中野愛子、萩原香織、林田圭緯子

3.プスパ・ブアナ Puspa Buhana
バスンダリ★(ビンタン)=内山智子、狩野南、小林純子、田邊幸子、長谷川亜美、松井由美子、松田由紀子、若林めぐみ
4.ユダパティ Yudapati
スカール・プティ=加冶屋香里、片岡国子、桐生佳奈
5.スカール・ジャンピリン Sekar Jempiring
市川智子、井上あきみ、佐味千珠子、富沢香寿美、松村綾子
~休憩~
6.クビャール・ドゥドゥック Kebyar Duduk
舞踊:林宏子 ガムラン演奏:スカル・ジュプン=堀川弥生、伊藤祐里子、大久保牧子、竹内裕子、塚原環、塚原尚、 渡辺咲子、加治屋香里、忽那亜弥、河村直美、田仲文、西尾幸絵、 藤田栄子、I Ketut Suardana、I Nyoman Sudarma ほか
7.レゴン・ラッサム Legong Lasem
舞踊:鈴木珠実、安谷絵里、芳野未央 ガムラン演奏:スカル・ジュプン
8.ジャグル Jagul
ガムラン演奏:スカル・ジュプン
9.ジャウック・マニス Jauk Manis
舞踊:Nyoman Sudarsana ガムラン演奏:スカル・ジュプン
10.スカール・ゲンドッ Sekar Gendot
ガムラン演奏:スカル・ジュプン
11.リトゥス・レゴン Ritus Legong
舞踊:中嶌直美、根津聖羅、日向未央、荒野真司、鍋島次雄 演奏:堀川弥生 ほか
12.ジョゲッ Joged
舞踊:安谷絵里、芳野未央 ほか ガムラン演奏:スカル・ジュプン

■8月9日(日)開演17:00
1.スカール・ワンギ Sekar Wangi
プスピタ・サリ=今井志子、岡恵里香、上村薫、萩原香織、峯岸美佐、山崎直子
2.ダヌール・ダラ Danur Dara
荒内琴江、小原妙子
3.マヌック・ラワ Manuk Rawa
プスパ・ラトナ=大竹真理子、金川明佳、相馬早貴、行方瑞木、馬場真由美、備前由季子、布野典子、松嶋裕子、大和佐知子
4.バリス・トゥンガル Baris Tunggal
大久保哲
5.レゴン・クントゥール Legong Kuntul
細金久美、小泉ちづこ
~休憩~
6.ジャウック・マサル Jauk Masal
テレック研究会=大西淳、尾崎元子、鈴木理伊、内藤愛、東裕子、松重貢一郎 ほか
7.サングラハ Sanggraha
市川智子、車田れい子、松村綾子
8.レンケル Lengker
ガムラン演奏:トゥラン・ブーラン=櫻田素子.渡辺泰子、鳥居誠、田中沙織、若林康明、秋山ゆかり、Nyoman Sudarsana、Ketut Suardana、錦織照子、根岸久美子、竹内さおり、伏木香織、新留美哉子、足立真里子、藤田栄子、久保田京子 ほか
9.ガボール Gabor
舞踊:小原妙子、日向未央、深石弘美、安谷絵里 ガムラン演奏:トゥラン・ブーラン
10. レゴン・クラトン・ラッサム Legong Kraton Lasem
舞踊:猪野尾洋美、伊藤真貴子 ガムラン演奏:トゥラン・ブーラン
11. ジョゲッ Joged
舞踊:荒内琴江、小原妙子 ほか ガムラン演奏:トゥラン・ブーラン

Suginamisho <スタッフ>
音響/益子恵一
花/山崎弥生実
イラストレーション/クドウとモコ
宣伝デザイン/内藤愛
協力/高宮博之 尾花政一 藤沢芳子 佃祥春 ほか
制作/松重貢一郎 阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員会

お問い合わせ/パノラマ★アワー TEL&FAX 03-5370-6723 E-MAIL 
panorama@t3.rim.or.jp

演目・出演者の詳細、最新情報は

阿佐ヶ谷バリ舞踊祭公式ホームページ
http://www.t3.rim.or.jp/~panorama

阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員長ブログ「戦場の旗手」
http://asabali.exblog.jp/

第6回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭の様子
http://www.t3.rim.or.jp/~panorama/06th-asabali/06th-tojitu.html

http://www.t3.rim.or.jp/~panorama/06th-asabali/06enmoku-ga.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

09/08/08(土) 荒内琴江(バリ舞踊)+Terang Bulan@福生・ダイニング甘蔵(うまぐら)

下記の公演がTerang Bulanのブログに掲載されていました。

★☆★☆★

荒内琴江(バリ舞踊)
+Terang Bulan(ガムラン/櫻田素子、渡辺泰子、田中沙織、鳥居誠、若林康明)
ゲスト:猪野尾洋美(バリ舞踊)

8月8日(土)

会場:アンティーク・ダイニング甘蔵(うまぐら)
〒197-0011 東京都福生市福生1047
JR青梅線「福生」駅西口、徒歩3分
TEL042-551-0137

*素敵なお店の中庭で演じます。福生の七夕祭りのまっただ中です。

ダイニング甘蔵(うまぐら)
http://r.gnavi.co.jp/b245201/

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/08/01(土)~17(月) 奇跡の星の植物館の夏祭り「バリ祭」(イベント日程更新)

下記の公演の奇跡の星の植物館のホームページのイベント日程が更新されました。

イベント日程
http://www.kisekinohoshi.jp/

★☆★☆★

Bali_image092 奇跡の星の植物館の夏祭り「バリ祭」

今年から始まる奇跡の星の植物館サマーカーニバル「バリ祭」は植物館の夏祭りです。

トロピカルムードいっぱいの空間で、音楽、食、影絵づくり、ゲーム等 ご家族みんなでお楽しみいただるバリリゾートです。!

<開館時間> 9時~21時

<入館料>
前売り券:大人 560円、シルバー 280円(~7/31まで販売)
当日券:大人700円、シルバー350円
※表示価格はやっぱり、ひょうごキャンペーン適用価格です。
※小学生・中学生・高校生は通常入館料となります。

<イベント内容>

●音楽
バリ民族音楽&ダンス、夜の植物館コンサート(ジャズ、フュージョンミュージック等)、影絵ショー

11:00~、14:00~、19:00~
バリ民族音楽&ダンス、夜の植物館コンサート(ジャズ、フュージョンミュージック等)、影絵ショーなど、期間中毎日開催!

<出演>
チチ・松村
ギータ・クンチャナ(ガムラン)
プスパ・クンチャナ(バリ舞踊)
HANA★JOSS(バリ影絵)
スアラ・スクマ(バリガムラン)
ザ・バリンドバンド(笛とバリ舞踊)
カフェ・マヌーシュ(ジャズ)

●ワークショップ&教室
染め教室(バリ祭期間は毎日)
バリの民族衣装体験(バリ祭期間は毎日)
バリの楽器演奏に挑戦(バリ祭期間は毎日)

● フードカーニバル
バリエスニックフード(ナシゴレン、ミーゴレン、バリカレー等)
トロピカルフルーツ
トロピカルドリンク等

ギータ・クンチャナ(ガムラン)
http://sound.jp/gitakencana/index.html

プスパ・クンチャナ(バリ舞踊)
http://sound.jp/gitakencana/puspa/puspatop.html

HANA★JOSS(バリ影絵)
http://www.hanajoss.net/

ギータ・クンチャナ(ガムラン)
http://sound.jp/gitakencana/ 

プスパ・クンチャナ(バリ舞踊)
http://sound.jp/gitakencana/puspa/puspatop.html

HANA★JOSS(バリ影絵)
http://www.hanajoss.net/

スアラ・スクマ(バリガムラン)
http://www.geocities.jp/suara_sukma/

ザ・バリンドバンド(笛とバリ舞踊)
http://sound.jp/tengaku/index.html

兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
http://www.kisekinohoshi.jp/

 

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

09/08/21(金) ルピシア・ミュージックサロン〜南国の響きとバリ舞踊の夕べ@世界のお茶専門店 ルピシア自由が丘本店(東京都目黒区)

下記の公演のお知らせをいただきました。

★☆★☆★

20090821_meguro01_2 南国の響きとバリ舞踊の夕べ@世界のお茶専門店 ルピシア自由が丘本店(東京都目黒区)

日時:8月21日(金) 19:30~21:00 (開場 19:15)
参加費 (税込) : 6,000円 (お食事・お茶・デザート代込み)
定員 : 36名

会場:
ルピシア自由が丘本店 2F ティーサロン
東京都目黒区自由が丘1-25-17 (東急東横線・大井町線 自由が丘駅 徒歩5分)
ルピシア ティースクール 電話:0120-95-3699 (平日10 : 30~18 : 30)

毎月一回、金曜日の夜に行われるミュージックサロンでは、様々なミュージシャンをお招きして、上質の音楽をお届けしています。また、その日のためにシェフ特製ディナーもご用意。生演奏とともに、ゆったりとお食事をお楽しみください。

※ミュージックサロンのご利用は、小学生以上の方を対象とさせていただきます。

20090821_meguro02_2 インドネシア・バリ島の竹製ガムラン”リンディック”。その柔らかな音色は、バリの青空や爽やかな風を感じさせてくれます。癒しの響きの中で、美しく魅惑的なバリ舞踊が、南国幻想へと誘います。南国風なお食事とお茶で素敵な一夜をお過ごしください。

演奏予定曲:
リンディック演奏、歓迎の踊り、マルガパティ(森の王者の踊り)

出演
櫻田素子:
ガムラン演奏家。ガムラン・グループTerang Bulan(トゥラン・ブーラン)主宰。著書に『ガムラン、ゆらぎの音色』(プリズム社、2008)。

小泉ちづこ:
バリ舞踊家。インドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。バリ舞踊教室/企画チプタ・ブミを主宰。

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

世界のお茶専門店 ルピシア自由が丘本店(東京都目黒区)
http://www.lupicia.co.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/08/16(日) チャイハネ・キョイの民俗芸能 ガムランゴング@横浜・シルクロード舞踏館

下記の公演がTerang Bulan及びシルクロード舞踏館のホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090816_yokohama_2 チャイハネ・キョイの民俗芸能【ガムランゴング】

【開催日時】
8月16日(日)
開場18:00 開演18:30 

【会場】
シルクロード舞踏館 〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町80
チャイハネ ネネB1 電話:045-662-4692

・前売予約 2,500円 ・当日 3,000円/全席自由

※15:00~16:05
ブレガンジュールと呼ばれる ゴングの道行とベランダ公演 >ルート
(FREE・雨天中止)

【ガムラン演奏】
Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)
・櫻田素子
・渡辺泰子
・鳥居誠
・若林康明
・田中沙織

●Terang Bulan(トゥラン・ブーラン) プロフィール
Terang Bulanは、"明るい月"の意(インドネシア語)。
リーダー櫻田素子により自在に組まれ、伝統曲、オリジナル、セッション、ワークショップまで多彩にこなす、バリガムランユニット。
青銅、竹製等各種のガムランを奏し、各地のコンサート・イベント・ライブなど、第一線で活動しています。
純な音楽魂を、鍛えられたテクニックと香るような音色で包みます!

20090816_yokohama02 【道行ルート】
ネネ→大通り→アナを道行 ◎15:00~15:15頃
アナ ベランダミニ公演 ◎15:15~15:20頃
アナ→大通り→PART1を道行 ◎15:25~15:45頃
パート1ベランダ ミニ公演 ◎15:55~16:05頃

【問合せ】
アミナコレクション 担当/竹迫(タケサコ)
tel 045-681-0711(代表)
E-mail : silkroad@amina-co.jp

※ 氏名、人数、連絡先(TEL)をお書き添えの上、お申し込み下さい。

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

シルクロード舞踏館
http://www.amina-co.jp/blog/silkroad/archive/46

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

09/08/14(金) 夏の夕暮れ〜狸ばやしコンサート スティールパンとガムラン演奏@井の頭自然文化園

下記の公演が井の頭自然文化園及びTerang Bulanのブログに掲載されていました。

★☆★☆★

20090813_kiti 夏の夕暮れ・狸ばやしコンサート 8/13-14 スティールパンとガムラン演奏

 2009年8月13日(木)から16日(日)、井の頭自然文化園は午前9時30分から午後6時まで開園します(通常は午後5時まで)。また、2009年3月24日(火)から8月30日(日)まで、特設展示「井の頭狸庵にようこそ──のぞいてみるタヌキの真実」を開催中(おしらせ1、2、3)

 これに合わせて、2009年8月13日(木)と14日(金)、「夏の夕暮れ・狸ばやしコンサート」を開催します! 出演は13日が「パノラマ・スティール・オーケストラ」、14日は「トゥラン・ブーラン」です。いずれも打楽器を使用する演奏グループ。

 なぜ打楽器?──それは、狸だからですポンポコ。

 今年の5月17日の開演記念日にも、「ぽんぽこ・ぽろりんコンサート」と題して、パノラマ・スティール・オーケストラを含む音楽家の方々にご出演いただきました。そのときの打楽器は、タブラ(インドの太鼓)、サバール(西アフリカの太鼓)、そしてスティールパン(トリニダードトバゴで創り出された音階のある打楽器)(おしらせ)。

 今回は、スティールパンの演奏に加え、インドネシア・バリ島のガムラン[打楽器を中心とした器楽合奏]の演奏を、夕暮れの動物園でお楽しみください。

◎カリブ発ドラム缶打楽器・スティールパンの演奏

 日時 2009年8月13日(木)午後4時から約1時間
 会場 井の頭自然文化園本園 東屋前
 演奏 パノラマ・スティール・オーケストラ

 ※パノラマ・スティール・オーケストラは、日本を代表するスティールパン奏者の原田芳宏さんが率いるグループ。高い音楽性をもつプロアマ混合35人編成のオーケストラです。今回は、その中から選りすぐりのメンバー約10人が出演します。ウェブサイトはこちら。

◎インドネシア・バリ島のガムランの演奏

 日時 2009年8月14日(金)午後4時から約1時間
 会場 井の頭自然文化園本園 東屋前
 演奏 Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)

※Terang Bulan(トゥラン・ブーラン)はインドネシア語で「明るく輝く月」。ガムラン奏者、櫻田素子さんが自在に組まれるバリガムランとバリ舞踊のユニットです。さまざまなガムランスタイルを演奏し、レパートリーは多岐に渡ります。櫻田素子さんのウェブサイトはこちら。

写真上:パノラマ・スティール・オーケストラ
写真下:トゥラン・ブーラン

Terang Bulan
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

井の頭自然文化園
http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=&link_num=11991

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

09/08/02(日) バスンダリ@スラバヤ伊東店 バリ舞踊ステージ

下記の公演がバスンダリのホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

20090802_bali01 バスンダリ@スラバヤ伊東店 バリ舞踊ステージ

会場インドネシア料理スラバヤ 伊東店
〒414-0001 静岡県伊東市湯川571-19 マリンタウンオーシャンバザール棟 2F
JR伊東線伊東駅 車5分 
JR伊東線伊東駅 徒歩13分 
0557-35-3019

インドネシア料理スラバヤ
http://www.surabaya.jp/index.html

バスンダリ
http://www.geocities.jp/basundhari2005/


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/08/11(火) バリ島発「ケチャ」ワークショップ(指導:スダマニ)@名古屋市西文化小劇場

下記が「スダマニ」日本ツアー専用ブログに掲載されていました。

★☆★☆★

20090811_nagoya01 バリ島発「ケチャ」ワークショップ
日時:8月11日(火)
16:00より受付 16:30~17:30
指導:スダマニ
場所:名古屋市西文化小劇場 B3ホール
参加費:1,000円

名古屋市西文化小劇場
http://www.h2.dion.ne.jp/~b-nisi/

スダマニ(Çudamani)
http://www.cudamani.org/(英語)

バリ・ガムラン集団「スダマニ」日本ツアー専用ブログ!!
http://cudamani.jugem.jp/

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »