« 09/06/28(日) モンキー DE 第1回 ウロツテノヤ子・バヤンガンズ 影絵ライブ@渋谷バリカフェ モンキー フォレスト | トップページ | 09/07/16(木) ジュンバタン・メラ新宿店 ~ガムラン・ドゥグン・ライブ~ »

2009年6月26日 (金)

09/08/01(土)&08/02(日)新しい影絵パフォーマンス「ワヤン・リストリック」のワークショップ

下記が世田谷ものづくり学校のホームページに掲載されていました。

★☆★☆★

N1013058413_144573_5441_2 影絵ワークショップ~影絵の仮面を作って影の中で遊んでみよう!~

2009年08月01日(土)、02日(日)

[時間]
1日13:00-15:00(1日目の作業を残ってやりたい方は18:00まで使えます)
2日13:00~影絵練習 15:00~よりみんなで作った影絵のパフォーマンスをします

[場所] IID GALLERY[IID 1F]
[参加費] 2日通し5,000円/どちらか1日¥3,000円
[持ち物] はさみ、カッター、筆記用具(お持ちでない方は予約のときにお伝えください。こちらで貸し出しします)
[定員] 25名
[講師] 川村亘平/小谷野哲郎/山岸天平/徳久ウィリアム/CUDAMANI(GAMELAN GROUP FROM BALI)
[対象] 小学生
[会場] 世田谷ものづくり学校
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-4-5
tel. 03-5481-9011(受付)
fax. 03-5481-9012

Dsc_1528_2 インドネシアの伝統影絵をもとに、今世界各地で公演が行われている新しい影絵パフォーマンス「ワヤン・リストリック」。その中で使われている二枚合わせになった不思議な仮面をみんなで作って、影絵の中で遊んでみましょう。大きくなったり、小さくなったり、空を飛んだり、変身したり、普段は想像もつかない面白い事がたくさんおきますよっ!

※8月2日15:00 こどもたちによる影絵の公演を行います、どなたでもご覧頂けます(定員40名)

Ws34_2 □ 申込み方法
IID事務局<workshop@r-school.net>宛に、「ワークショップ名(参加希望日時)」「参加者の氏名」「学年(または年齢)」「連絡先電話番号」
「メールアドレス」「ご住所(市区町村までで結構です)」をご記入のうえメールでお申込み下さい。

□タイムテーブル
8/1 13:00~ 影絵「ワヤン・リストリック」の説明/影絵用仮面の制作
※基本は15:00までですが、残って制作されたい方は18:00までお使いいただけます

Ws411_3 8/2
13:00~ 前日に作った影絵用仮面を使って、短いお話を作ります。いくつかのグループに分かれて、影絵の中で遊んでみましょう
15:00~ 影絵用公演を行います。

□講師プロフィール
○川村亘平 ガムラン奏者/イラストレーター
http://yehoc.exblog.jp/

`03年よりインドネシア政府奨学金を得てインドネシア/バリ島に留学。帰国後、自身が主宰する「SUARA SANA」他「ウロツテノヤ子」、「朝崎郁恵」等でガムランを駆使した新たな音楽のカタチを表現し続けている。劇団四季「南十字星」音楽指導(`04、`08)、日欧舞台芸術「マクベス」東京・ルーマニア・インド公演(`07)、映画「百万円と苦虫女」音楽(`08)「闘茶」音楽(`08)、NHK「ABU~未来への航海」(`08)等にも参加。 共演者にUA, 朝崎郁恵、原田郁子、yoshimio(boredoms)、一十三十一、外山明、ヨシダダイキチ、OLAIBI、U-Zhaan,熊谷和徳他多数。

○小谷野哲郎(こやのてつろう)
バリ仮面舞踊家、インドネシア芸能コーディネーター仮面舞踊劇「ポタラカ」、ガムラン集団「ウロツテノヤ子」主宰。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表

東海大学大学院音響芸術専攻修了後、インドネシア共和国政府給費留学生としてインドネシア国立芸術大学に留学。バリ島で数々のマスター達に師事。

帰国後、パーカッションの和田啓とバリの仮面舞踊劇を元にした仮面舞踊劇グループ「ポタラカ」を結成。2001年には「南洋神楽プロジェクト」を始動。さらに、亜細亜大学ガムラン研究会の卒業生達と共に結成したガムラン集団「ウロツテノヤ子」主宰でもある。
個人としては、東南アジアのトップアーティスト達による劇団「Teater Cahaya」の主要メンバーとしての活動や、狂言師野村万乃丞のプロジェクトに参加、また、「パパ・タラフマラ」の作品にも客演するなど、他ジャンルのプロジェクトに参加することも多い。指導者としても劇団四季やティップネスなど、多くの劇団や学校、個人、スポーツクラブなどで指導。

2000年にはバリ島の伝統芸能支援のためのオフィス「ジュクン・ミュージック」を立ち上げ、バリや日本でプロジェクトを展開。この活動が認められ、2005年在日本インドネシア共和国大使館より文化功労賞の表彰を受ける。さらに2007年中より、旅行代理店最大手のH.I.S.と共に観光を利用しながら現地の伝統文化保護に寄与するプロジェクトを展開中。

2006年2月~6月、Asian Cultural Councilの助成金により渡米。演出家ラリー・リードの元で影絵の手法などを学ぶ。
日本とインドネシアをはじめとするアジア諸国の芸術文化交流のキーマンとして注目されている。

○徳久ウィリアム
ブラジル出身。声の拡張と新たな可能性を目指すボイスパフォーマー。元「倍音S」。「ノイズ合唱団」主宰。「SuaraSana」メンバー。第3回AACサウンドパフォーマンス道場オーディエンス賞受賞(愛知芸術文化センター)。ホーメイ(一度に二つの音を出す、特殊な歌唱法)、モンゴルのオルティンドー、独自の「ノイズ声」など、を操る。現在、ノイズ合唱団をはじめ、多様な声の表現を武器に、様々なジャンルを横断中。mixi、Greeに「ウィリアム」で生息中。

○スダマニ Çudamani
1997年にバリ島ウブド(Ubud)のプンゴセカン(Pengosekan)村で発足したガムラン・オーケストラ&ダンス・カンパニー。観光業の発展で多くのガムラングループが観光客向けのショーに専念する中、そのような流れがバリの芸能や文化の発展に与える影響に疑問を抱いた若手音楽家が集まった真の芸術家集団。バリ芸能の未来を担う最先端の芸能集団として注目されている。日本やアメリカなど、海外公演も数多くこなし、メンバーはそれぞれ個人としてもバリ島内のみならず海外でも幅広く活躍している。

川村亘平
http://yehoc.exblog.jp/

小谷野哲郎
http://homepage.mac.com/tekoyano/Menu4.html

徳久ウィリアム
http://william.air-nifty.com/blog/

スダマニ
http://www.k2.dion.ne.jp/~cudamani/

世田谷ものづくり学校
http://www.r-school.net/

|

« 09/06/28(日) モンキー DE 第1回 ウロツテノヤ子・バヤンガンズ 影絵ライブ@渋谷バリカフェ モンキー フォレスト | トップページ | 09/07/16(木) ジュンバタン・メラ新宿店 ~ガムラン・ドゥグン・ライブ~ »

講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/08/01(土)&08/02(日)新しい影絵パフォーマンス「ワヤン・リストリック」のワークショップ:

« 09/06/28(日) モンキー DE 第1回 ウロツテノヤ子・バヤンガンズ 影絵ライブ@渋谷バリカフェ モンキー フォレスト | トップページ | 09/07/16(木) ジュンバタン・メラ新宿店 ~ガムラン・ドゥグン・ライブ~ »