« 09/06/19(金)・6/26(金)・6/28(日) 日本で唯一、バニュマス地方の竹のアンサンブルチャルンが演奏できる講座 | トップページ | 09/06/21(日) アンクルン、バリガムラン・舞踊、ジャワガムラン@大阪・国立民族学博物館「音楽の祭日 2009」  »

2009年6月18日 (木)

09/06/24(水) ジャワの伝統空間プンドポでの現代劇 フランツ・カフカ「流刑地にて」@インドネシア・ソロ市

冨岡三智さんより、下記のお知らせをいただきました。

★☆★☆★

Pentas_di_dusunmanahan 日本側は私、インドネシア側は私が昨年島根に招聘したマタヤによるコーディネートで、大阪を拠点とする劇団エイチ・エム・ピー(Hmp)がインドネシア・ソロ市公演をいたします。2005年初演のオリジナル作品「Traveler」をひっさげていきますが、現地の役者や音楽家も参加して「Traveler・インドネシア版」を作り上げます。
会場となるDusun Manahanは、ソロ市中央部のマナハン地区にある、さる実業家の邸宅内のプンドポです。劇場専用の建物ではありません。今回、ご好意によりお借りすることができました。1999年の結成以来ハムレット・マシーンに取り組んできたHmpが、プンドポというジャワの伝統空間、ジャワの人々とどのように格闘するのか、乞うご期待!

Poster_2 日時:2009年6月24日(水)20:00~
会場:Dusun Manahan
住所:Jl. Menteri Supeno 20, Manahan, Solo, Jawa Tengah
入場料:無料(カンパ歓迎)
問い合わせ:メールにて冨岡まで
または infomataya@yahoo.com(英語またはインドネシア語)まで

●Hmp Theater Company側
題名:Traveler
原作:フランツ・カフカ「流刑地にて」
構成・演出: 笠井友仁
出演:臼井沙代子、 高安美帆、川内絵里奈、山崎祐利栄、乃沓エリカ
仮面製作:土井のり子
音楽:obscure film
コーディネータ:冨岡三智

●インドネシア側
共演:Teater Ayat Indonesia
音楽:Danis Sugiyanto
コーディネータ:MATAYA art & heritage
ポスターデザイン:danial madrin

共演する音楽家Danis Sugiyanto氏は、伝統音楽家であり、現代音楽家でもある、ISI Surakarta(芸大ソロ校)の教員で、伴奏曲にはガムラン音楽を一部使用する予定です。

ジャワ舞踊:ジャワ舞踊の会
http://javanesedance.blog69.fc2.com/

|

« 09/06/19(金)・6/26(金)・6/28(日) 日本で唯一、バニュマス地方の竹のアンサンブルチャルンが演奏できる講座 | トップページ | 09/06/21(日) アンクルン、バリガムラン・舞踊、ジャワガムラン@大阪・国立民族学博物館「音楽の祭日 2009」  »

「ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09/06/24(水) ジャワの伝統空間プンドポでの現代劇 フランツ・カフカ「流刑地にて」@インドネシア・ソロ市:

« 09/06/19(金)・6/26(金)・6/28(日) 日本で唯一、バニュマス地方の竹のアンサンブルチャルンが演奏できる講座 | トップページ | 09/06/21(日) アンクルン、バリガムラン・舞踊、ジャワガムラン@大阪・国立民族学博物館「音楽の祭日 2009」  »