« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

09/05/23(土)  音工場Omori バリ島のガムランと舞踊のコンサート「Penampilan Gamelan Bali 2009」

バリガムランクラブに掲載されていました。
---
2009 2009年5月23日(土)
音工場Omori 
バリ島のガムランと舞踊のコンサート
「Penampilan Gamelan Bali 2009」
日時:2009年5月23日(土)
*天候不順の際は5月24日(日)に順延
(音工場Omoriの留守番電話のメッセージでご確認下さい)
13時頃Balaganjurスタート(だいたい16時頃まで)

01 会場:はねぎプレーパーク(羽根木公園内)小田急線梅ヶ丘駅下車5分
出演:バリ・ガムラン講座生、バリ舞踊座生、講師
主催:はねぎプレーパーク+音工場Omori
料金:無料
お問い合せ:音工場Omori(おとこうば おおもり)
大田区大森北6-26-18-3F
Tel&Fax.03-3764-6451
E-mail : info_otokoba@yahoo.co.jp

02 *会場はお客様用の椅子席はご用意しておりません。
 全て桟敷席になります。
 ブルーシートが敷いてはありますが、手狭になっておりますので、
 各自で敷物をご持参頂ける様お願い致します。

バリガムランクラブ
http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/gamelan/index.html

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

09/7/19(日) 第9回ナタラジャ・バリ バリ舞踊公演~ King's Garden ~

下記の公演があります。
---
9kai_karichirashi_0 第9回ナタラジャ・バリ バリ舞踊公演
~ King's Garden ~

2009.07.19 (日) 
たぶん6時頃開演。

@武蔵野公会堂 (吉祥寺駅、徒歩3分)

---予定演目---
<第一部>
・パニャンブラマ (花撒きの定番)
・レゴン・ラッサム (レゴンと言えばレゴンラッサム)
・タブ (スカル・ジュプンの生演奏)
・芝居「ラッサム王物語」 (皆さん、ラッサムのお話を知ってますか?)

<第二部>
・タブ (スカル・ジュプンの生演奏)
・バリス (七面鳥を初めて見たバリ人が「バリス鳥」と言ったらしいですよ)
・クンバンギラン (お尻を振ります)
・創作舞踊 (今作ってます)
・ゴパラ (ジェゴグの音で)
・歌 (バリのボーカルもの)
・トペンクラス (仮面舞踊)
・プスパワルナ (楽しい古典。トゥヌンだったりタルナだったり色々取り混ぜた踊り)

---出演者---
演奏は、スカル・ジュプン。
日本のクビヤール楽団の草分けであり、堀川弥生を筆頭に、フルセットで決める演奏を目指して活動中。

舞踊は、ナタラジャ・バリ。
芳野未央が公演する時のユニット。
今回は、深崎彩恵子、斉藤麻由子、松しげ子、日向未央、小原妙子、鈴木珠実、安嶋圭子、安谷絵里、中嶌直美、高久かおり、藤安敦子、松重貢一郎、山岸天平、ほか。
さあ、誰が何を踊るでしょう?

ナタラジャ・バリ
http://www.geocities.jp/nataraja_bali/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

09/4/29(祝・水) こどものガムラン一日体験講座@音工場Omori  

下記の講座があります。
---
090429 音工場Omori  
「こどものガムラン一日体験講座」

インドネシア・バリ島の音楽「ガムラン」を、たたいてみよう!
「てっきん」のようながっき、おなべのふたのようながっき、たいこ、どら、シンバルなど、「ガムラン」には、いろいろな楽器があります。
みんなでいっしょにたたくと、きらびやかな音がします。
バリ島のせんせい「プトゥ」さんにガムランをおしえてもらいましょう。

Mari kita main gamelan!(マリ キタ マイン ガムラン!)
~みんなでいっしょにえんそうしてみよう~

こどものガムラン 一日体験講座
期日:2009年4月29日(祝・水)13時~
14時30分
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(プトゥさん)
場所:音工場Omori(おとこうば おおもり)
対象:小学1年生~中学3年生
参加費:2.000円

20080928_guru 申込み方法:
お名前・年齢・ご住所・お電話番号・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。
又は、留守番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。

会場・お申込み・お問い合せ先:音工場Omori(日祝休)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451
E-mail:info_otokoba@yahoo.co.jp
http://sound.jp/otokoba/ 

交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

09/05/5/09(土)&06/13(土)&07/11(土) 高津宮ご神前奉納とバニュミリbanyumiliワークショップ2009@大阪

下記の講座があります。
--
Balimu 高津宮ご神前奉納とバニュミリbanyumiliワークショップ2009

バニュミリはジャワ語で「水が流れるように」という意味です。
ジャワの音楽や舞踊は水が流れるように淀むことなく流れてゆきます。
体をゆるめて伸ばし、ゆったりと呼吸し、1歩ずつ意識して歩き、
1つずつ体の細部を動かしてみる…。
日々の忙しさを忘れて、
高津宮でそんな時間の流れを体験してみませんか。

実施日
5月9日(土)、6月13日(土)、7月11日(土)

会 場:高津宮(高津神社)  
大阪市中央区高津1-1-29 
TEL 06-6762-1122

日 程:各日とも 
2:00~3:20 ワークショップ① (末広の間)
3:30~奉納 (本殿)
※参加者でなくても奉納の見学は自由です
3:50~4:30 宮廷舞踊スリンピの通し練習 (末広の間)
4:40~6:00 ワークショップ② (末広の間)

内 容: 
動きの基本、ジャワ舞踊の基礎のラントヨなどを少しずつ、
毎回参加者の状態に合わせて練習していきます。奉納後の
スリンピ宮廷舞踊の通し練習については、ワークショップ
参加者は参加OKとしますので、ぜひこの機会に一度、
見よう見まねで挑戦してみてください!

アクセス: 
地下鉄谷町九丁目駅1番出口より徒歩5分               

会 費: 
ワークショップ1回につき2000円。
同一日で①②連続参加する場合は3000円。
70歳以上の方・小中学生は1回につき1000円。
①     連続参加の場合は2000円。
小学生未満無料。 
年齢・性別・舞踊経験不問。
いずれも年齢を示すものをご持参ください。 
会費は当日会場にてお支払いください。

服 装: 
動きやすい格好でお越しください。こちらでジャワ更紗と
サンプール(腰に巻く布)を用意しますので、希望者は
着用可能です。

2009040523224784b 予 約: 
電話またはメールにて、当日までに (1)氏名、(2)参加人数、
(3)連絡先:電話番号かメールアドレス、(4)参加日と時間を
お知らせください。メールの場合、件名は「バニュミリ」としてください。
お申込後、こちらから確認メールを差し上げます。

問合せ:ジャワ舞踊の会・冨岡三智 
TEL 080-5714-4939 
メールmichitomioka@gmail.com

ジャワ舞踊の会
http://javanesedance.blog69.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

09/04/26(日) ジャワ舞踊・南インド・カンボジア舞踊 アジア古典舞踊ジョイント・コンサート 天女降臨〜アジア古典舞踊への誘い@鎌倉

下記の公演があります。
---
20090317192532 天女降臨〜アジア古典舞踊への誘い

夏の気配とともにアプサラス(天女達)が鎌倉に舞い降ります!
アジア古典舞踊界で活躍中の女流舞踊家3人が一堂に会し、ジョイント・コンサートを行います。日本のものとは違うのに、どこか懐かしさを感じさせるアジアの芸能。それぞれが描く万華鏡のような小宇宙をご堪能ください。

日時:2009年4月26日(日)14:00pm(13:30開場)
場所:西御門サローネ
入場料:2000円
出演: ジャワ舞踊:飯島かほる
「動く仏像」と称される、静かで滞りのない動きが特徴
モヒニアッタム:丸橋広実
美しい女性が神々を魅了する様を舞踊化した南インドの古典舞踊
カンボジア舞踊:山中ひとみ
宇宙の生死流転の法則を表したアンコールワットに伝わる舞踊

【予約、お問い合わせ】
アプサラ・プロジェクトE-mail: srimpi1231@yahoo.co.jp, srimpi@ezweb.ne.jp(携帯メールのみ)電話:090-1103-7744

アジアの古典舞踊は力強く大地を踏むことで大自然とつながり、その力を昇華させることによって、心は天へとつながります。大地から天へ、そして天から大地へ…

プロフィール
飯島かほる(ジャワ舞踊)
ハワイ大学音楽学部民族音楽科卒業。在学中よりジャワガムランと舞踊をH.スシロ氏に学ぶ。その後、ジャワ舞踊の大家S.ンガリマン氏に師事し、ハワイとインドネシアを行き来しながら、ガムランと舞踊の研究、公演活動を続ける。1993〜96年、インドネシア国費留学生としてジャワに滞在し研鑽を積む。1999年、ジャワ古典舞踊グループ「サンガール・パムンカス」を設立し、後進の指導や公演活動を通してジャワ文化を広める活動を行っている。
鎌倉においては、ジャワ舞踊ワークショップ、子どものためのガムラン音楽公演、影絵公演などの企画、製作を行う。
またジャワ舞踊を学んだ経験に基づいて、東洋的な身体調整法を研究中。

丸橋広実(南インド モヒニアッタム)
南インド、ケララ州にてカラマンダラム・リーラーマ氏に師事して、古典舞踊モヒニアッタムを学ぶ。国立カラマンダラム芸術学校、短期集中コース修了。インド、日本にて公演活動を行う。平成13年度文化庁より芸術家在外研修員として抜擢され再び渡印。アンドラプラデーシュ州のテナリ日印協会より、創立25周年を記念して、初の文化賞に抜擢される。シンガポールにて南インド芸術センターより舞踊貢献賞を受賞。2008年スーリャダンスフェスティバル(インド)でベスト4に選抜される。インド映画やテレビに出演するなど幅広い活動を行う。船橋公民館、初台、武蔵境にて「心と身体に優しいインド舞踊」講師を勤める。都内フィットネスにてヨーガとジャイロキネシスインストラクターを務める。ジャイロトニック専門スタジオ・ホワイトクラウドのトレーナーとして指導を行う。

山中ひとみ(カンボジア舞踊)
お茶の水女子大学哲学科美学美術史卒業。
1993〜95年タイ王立チェンマイ舞台芸術学校聴講生。
97年からカンボジア王国文化芸術省管轄芸術学校古典舞踊科にて5年間学び2003年日本人として初めて卒業。文化芸術大臣(当時)のボッパー・デヴィ王女より古典舞踊を教える許しを得る。
アンコール遺跡バイヨン寺院で日本人として初めて舞踊を奉納する。奉納舞踊をライフワークとしながら、愛・地球博カンボジア館閉幕式や大使館行事などの舞台を務めている。
カンボジア舞踊グループSAKARAK(サカラッ)主宰

ジャワ舞踊グループ Sanggar Pamungkas
http://sanggarpamungkas.blog60.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

09/04/17(金)&18(土) バリ仮面舞踊・ポタラカ公演@西荻窪「音や金時」

下記の公演があります。

Pota_member ☆★☆
南洋神楽プロジェクト
ポタラカ公演「ひのきお」

バリの仮面、舞踊、芝居、音楽、影絵を融合させた舞台「南洋神楽プロジェクト」、2009年春の公演は名作「ひのきお」。檜でできた人形と、おじいさんの哀しくも心あたたまるものがたり。
再演を重ねてきたこの演目が、新たな演出、新たな音楽、新たな影絵で蘇ります!

日時:平成21年4月17日(金)18日(土)
   18:30オープン、19:30開演
場所:西荻窪「音や金時」
   http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
   杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
   TEL03-5382-2020
料金:3000円
ご予約/お問合わせ:オフィス・ティルタ 03-5603-7858

出演:
小谷野哲郎(仮面、舞踊、影絵)
山岸天平(影絵、舞踊)
和田啓(パーカッション)
松本泰子(ヴォイス、影絵)
川村亘平(影絵、パーカッション)
濱元智行(ガムラン、パーカッション)

作/演出:和田啓
影絵デザイン:川村亘平

音や金時
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

ポタラカ
http://www.beravo.com/Potalaka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »