« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

09/06/07(日) 関西屈指のバリ舞踊家が一堂に集う!関西初のバリ舞踊祭! 関西バリ舞踊祭 〜ち千ぎ亀り利の杜に舞う華〜@大阪府岸和田市

下記の公演があります。
----
Omote 2009 Balinese Dance Festival in Kansai
関西バリ舞踊祭 〜ち千ぎ亀り利の杜に舞う華〜

「ちぎ契りの神」のご縁により「千亀利の杜」きし岸き城神社に関西屈指のバリ舞踊家が一堂に集う!関西初のバリ舞踊祭!

 約400年前、岸和田城築城の折に夥しい亀が現れたということで、これは萬代栄えるお城であると岸和田城は「千亀利城(ちぎりじょう)」と命名されました。岸城神社は岸和田城の鎮守社で「ちぎりのお宮」と呼ばれ崇敬されております。古来神社では芸能が奉納されてきましたが、バリ舞踊も本来八百万の神々に奉ずる踊りです。第一線で活躍中の関西一円のバリ舞踊家達が真新しい御社殿前で舞を披露いたします。

日時:2009年6月7日(日)17:00 
会場 :岸城神社 拝殿前広場(南海本線蛸地蔵駅より徒歩5分 岸和田駅より徒歩8分)
〒596-0073 大阪府岸和田市岸城町11-30 TEL:072-422-0686

雨天決行( 雨天時は社殿内 ) 無料(カンパ歓迎!)

問い合わせ:関西バリ舞踊祭実行委員会 kishiki@infoseek.jp  072-422-0686
主催:関西バリ舞踊祭実行委員会
後援:大阪府  在大阪インドネシア共和国総領事館  大阪21世紀協会   関西インドネシア友好協会(関イ連)
岸和田市  岸和田市教育委員会   岸和田市観光振興協会  岸和田市国際親善協会
岸和田市文化協会    岸和田文化事業協会
協賛:B.FBaliFurniture importMETRI 大坪 紀子
協力:スルヤ ムトゥ(主宰:印貢 陽子) ドゥイロカ(主宰:ワヤン・スメントラ)
   チリデウィ(主宰:大西 由希子)   バパンサリ関西(代表:杉谷 朋美)
   ピタマハ(主宰:松居 知子)    プスパ・メカール(主宰:大坪 紀子)
プルナマ・サリ(主宰:田中 千晶) ラクスミィ(主宰:田中 陽子)
チラシ:原画イラスト:安藤 直 CG:大久保 聡 
デザイン:小森 じゅん子 http://www.occn.zaq.ne.jp/bit/sasquatch/
MC:浜瀬 麻由子

Event プログラム

1.アニャスワリ  Anjyaswari:秋丸 佳子、神山 良枝、平田直子、山本文子
2.クビャール ドゥドゥック  Kebyar Duduk:アグン デジャ
3.テレック Telek:大坪 紀子、印貢 陽子
4.パンジ スミラン Panji Semirang:田中 陽子
5.オレッグ タムリリンガン Oleg Tamulilingan:三好 倫子、アグン デジャ
6.レゴン ラッサム Legong Lasem:佐々木みゆき、田中 千晶、松阪 真生子
〜休憩〜
7.ユダ パティ Yuda Patih:船津 純子、山_ 美保子
8.プスパワルナ Puspawarna:松居 知子
9.レゴン クントゥル Legong Kuntul:池下 和美、宇高 安紀子、柴田 令、乾 真梨子
10.タルナ ジャヤ  Taruna jaya:大西 由希子
11.ジャウック マニス Jauk Manis:ワヤン スメントラ
12.ジョゲJoged・・・アンギン バラットAngin Barar(西風):小村 潤、杉谷 朋美

伴奏:植山 視保子、瓜生 和子

岸城神社
http://kishiki.web.infoseek.co.jp/

最新情報は、関西バリ舞踊祭公式ホームページで!
http://www2.sensyu.ne.jp/kishiki/kansaiBalidancingFestival.html

バリ舞踊プルナマ・サリ
http://homepage3.nifty.com/purnamasari/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

09/04/11(土) 櫻田素子&Terang Bulan meet小原孝博『ガムランと写真 WELCOME HOME おかえり。』@池袋 ライブハウス鈴ん小屋(りんごや)

下記の公演があります。
---
20090411tb_1b 2009年4月11日(土)open18:30/start19:30

櫻田素子&Terang Bulan
meet
小原孝博
『ガムランと写真 WELCOME HOME おかえり。』

@ライブハウス鈴ん小屋(りんごや)
[豊島区東池袋1-47-1庚申ビルB1F TEL.03-6382-7273
池袋駅東口より徒歩4分]

ガムラン: Terang Bulan(櫻田素子 渡辺泰子 鳥居誠 若林康明 田中沙織)
写真:小原孝博
ゲスト:佐野篤’(ベース、ギター)
    山岸天平(バリダンス)

【開場/開演】18:30/19:30
【Ticket】予約¥3000/当¥3500(1ドリンク付)
*有機野菜のお料理など、お食事もどうぞ。

【ご予約】
E=MAILとお電話(03−6382−7273/ 午後2時〜22時まで)にて受付させていただきます。
件名に【4/11「ガムランと写真・おかえり」予約】とご記入の上、本文にお名前と電話番号、希望枚数を添えて下記までお送りください。折り返し確認のご連絡を差し上げます。席数が限られますので、お早めにどうぞ。
ringoya@arrow.ocn.ne.jp(前日23:00まで受付)

「ただいま〜!」
玄関のドアを開けて、勢いよく小学生の僕は家へ飛び込んだ。
毎日学校から帰ると、何をしようか、ワクワクする。
近所の修道院の庭で木登り、自転車に乗って裏山探検、
裏山を抜け、果てしなく広がる田んぼの畦道は、
草やら虫やらいっぱいだ、
家の庭で友だちと探検ごっこもいいな。
雨だったら、大好きな本を読んで、空を飛んだり、
見知らぬ外国へ旅したり。
暗くなるまで遊んだら、夜は家でぬくぬくと、
兄の隣にちょこんと座り、父の酒の肴をつまみ食い、
湯気の立つ母のご飯をたいらげる。
優しい電灯の光と、柱時計のコチコチ言う音と。

大人になった今でもワクワクするんだ。
見知った土地で、見知らぬ土地で、何かと、誰かと出会うこと、
空が刻々と表情を変えること、
きょうの夕食は何にしようか、あの本の続きを読みたいな、
次の旅はどんな旅になるのかな。

南の島への旅は、いつでもワクワク冒険の旅。
少年のように心が踊る。

何度も何度も、旅に出る。
繰り返し、あそこへここへ、
やがて旅は、日々の暮らしのヒトカケラとなり、
そして、いつしかその島も、
帰ってくるこの部屋も、友だちと過ごすひとときも、
みんなみんな、
「ただいま」「おかえり」
ぬくぬくとできる場所。

僕と君と、君と誰かと、誰かと誰かと、
みんなみんなで、ぬくぬくと。

プロフィール:
Terang Bulan トゥラン・ブーラン/
"明るい月"の意(インドネシア語)。
リーダー櫻田により自在に組まれ、伝統曲、オリジナル、セッション、ワークショップまで多彩にこなすバリガムランユニット。
青銅、竹製等各種のガムランを奏する。
純な音楽魂を、鍛えられたテクニックと香るような音色で包む!
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto/terangbulan/index.html

櫻田素子/
ガムラン奏者。横浜生まれ。国立音楽大学卒。
著書『ガムラン、ゆらぎの音色』(CD付き、プリズム社)、『ワクワク音あそび・リズムあそび』(黎明書房)。
CD『ASIAN MUSE〜亜細亜的女神〜』(東芝EMI)にガムラン自作曲が収録されている。
http://www.yk.rim.or.jp/~onmoto

小原孝博/
1962年3月15日、静岡県生まれ。
日本大学芸術学部写真学科を卒業後、出版社勤務を経てフリーランスとなる。
1989年ジャワ島プランバナン遺跡にてガムランを知り、翌年はじめてバリ島を旅する。
その後「音降る島」に魅了され、通う回数は40回を超える。
写真集に『オラン・バリ』、共著に『サッカーへの招待』がある。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/t-kohara/

ライブハウス鈴ん小屋(りんごや)
http://www.ringoya.org/html/top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

09/04/04(土) ジャワのガムランと舞踊のグループ・カルティカ&クスモ ランチタイムコンサート

下記の公演があります。
--
090404_hagaki2_2 ジャワのガムランと舞踊のグループ・カルティカ&クスモ ランチタイムコンサート
〜ジャワのガムランと舞踊を楽しみながら、聴覚、視覚、味覚にうれしい、のんびりランチタイム〜
【日時】2009年4月4日(土)12時開演・11時半開場)
【出演】カルティカ+中田一子&古川麦(ガムラン演奏)&クスモ(舞踊)

【会場】音工場KANDA(おとこうばカンダ)
 住所:千代田区神田須田町1-16 万惣ビルB1階/神田駅より中央通りを秋葉原方面へ徒歩5分
【料金】3000円(サンドイッチ&ジャワティー付き)春休みスペシャル 小学生以下2000円
【ご予約方法】お名前、ご住所、お電話番号、人数(大人・小学生以下)を、下記までお知らせ下さい。
こちらからご確認の連絡をさせて頂きます。(要予約。定員50名様。)
【ご予約締め切り:3月31日までとさせて頂きます。
*ご予約後のキャンセルも同日までにお願い致します。
*定員になり次第、受付を締め切らせて頂きます。ご了承下さい。
【ご予約・お問い合わせ先:カルティカ&クスモ事務局】

電話&FAX:03-5300-5479
E-Mail:info_kartika@yahoo.co.jp
ホームページでもご案内しておりますのでご参照下さい。
ご予約お待ちしております。

ジャワガムラン・舞踊グループ・カルティカ&クスモ
http://sound.jp/kartika/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

09/4/12(日) ジャワ舞踊家・リアント+モンゴル民謡・三枝彩子 インドネシア・バニュマス(中部ジャワ最西部)に伝わる“神降ろしの舞”伝統舞踊「レンゲル」@東京・青山 EATS and MEETS Cay

下記のお知らせをいただきました。
---
Rirual Dewandaru Presents"World Ethnic Music&Dance vol.1"
Ritual〜Lengger×Urtyn duu
リトゥアル〜レンゲル・オルティンドー

インドネシアのバニュマスに伝わる“神降ろしの舞”「レンゲル」が魅せる!

モンゴル遊牧民の“祝宴の歌”「オルティンドー」が響く!

大自然の恵みに感謝し、踊り、歌い、音を奏でることで、場を浄化し、

司るスピリットと繋がる・・・

妖しくも美しい男性舞踊家リアントと、大草原の風ようなのびやかな声の三枝彩子が
Cayの空間を「Ritual(儀式)」の場へと変貌させる!!

Dewandaru Presents“World Ethnic Music&Dance vol.1”
Ritual〜Lengger×Urtyn duu
リトゥアル〜レンゲル×オルティンドー

亜熱帯の地、ジャワ島バニュマスに伝わる伝統舞踊「レンゲル」と広大なモンゴル遊牧民の歌「オルティンドー」・・・本年一月、オバマ大統領就任式レセプションにて舞踊を披露した新進気鋭のジャワ舞踊家・リアントと、圧倒的な声量を誇るモンゴル民謡・三枝彩子。
ふたつの全く異なるアジアからの風をお届けします。

ジャワ舞踊:Rianto 
モンゴル民謡:三枝彩子
ガムラン演奏:ガムランWASABI 
テューバ:関島岳郎
Ambient DJ:Tatsuya

日時:4月12日(日) 開場18:00 開演18:30
会場:EATS and MEETS Cay(青山スパイラルビルB1F)
料金:前売2800円/当日3000円(ドリンク、フード別)
お問合せ:EATS and MEETS Cay
TEL:03-3498-5790
東京都港区南青山5-6-23 スパイラルB1F
地下鉄「表参道」駅B1、B3出口前
http://www.spiral.co.jp/

チケット予約:e.mcay@spiral.co.jp(担当:掛川)
mirayanli2006@ybb.ne.jp(担当:川島)
※件名に「リアント公演」とご記入ください。

アジア各地の素晴らしい芸能をコラボレーション企画でお届けするDewandaru Presents「Ritual(儀式)」第一弾。踊り・音楽とは、太古の昔からスピリットと繋がるための大切な手段でした。大自然の恵みに感謝し、舞・歌・音で場を浄化し、司るスピリットとの繋がりを深める・・・人々の生活に密着した、無くてはならないものでした。

今回「Ritual」では、インドネシア・バニュマス(中部ジャワ最西部)に伝わる伝統舞踊「レンゲル」を披露します。レンゲルは、霊峰スラマット山と、豊かな恵みをもたらすスラユ川の自然が美しいバニュマスの土地で育まれ、豊穣祈願・神降ろしの儀において女装した男性によって踊られていました。リアントは、現在女性によって踊られることが多くなったレンゲル本来の姿を伝承する数少ない男性舞踊家です。

そしてもうひとつ、モンゴル遊牧民の「長い歌」を意味するオルティンドーは豊かな声量と不思議な音色の装飾音が特徴の、ゆったりとした祝宴の歌・・・。自然や家畜の様子、愛する者への想いを三枝彩子が歌い上げます。

観客をも巻き込んで踊る力強くエネルギッシュなレンゲルの魅力と、広大なモンゴルの風を感じる伸びやかな歌声で、Cayの空間をプリミティブで神秘的な「Ritual」の世界へと誘います。

ジャワ舞踊グループ Dewandaru(デワンダル)
http://blogs.yahoo.co.jp/dewandaru2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NPO法人日本ガムラン音楽振興会が設立

下記の団体が設立されました。
--
日本ガムラン音楽振興会とは:
今や世界中で愛好されている「ガムラン音楽」の魅力を、少しでも多くの人に知っていただけるよう、さまざまな形でご紹介していくことを目指し、設立されました。ガムラン音楽の普及と振興のために、コンサートやワークショップの開催、国際文化交流事業を中心に活動しています。

活動内容:
ガムランのコンサート(舞踊との共演もあり)
ガムランを伴奏とするインドネシアの影絵芝居「ワヤン・クリ」公演
学校の芸術鑑賞教室
福祉施設訪問コンサート
ガムランの楽器を演奏体験するワークショップ
インドネシアの芸術家との国際交流プログラム

NPO法人日本ガムラン音楽振興会
http://www.j-gamelan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

09年3月 ランバンサリがスタジオを移転

ジャワガムラングループ ランバンサリが2009年3月2日に浜松町から新橋にスタジオを移転されたそうです。

105-0003 東京都港区西新橋1-17-16 宮田ビルB1F

Map


ランバンサリ
http://www.lambangsari.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

09/03/22(日) Jポップならぬ「Jガムラン」の創造を目指すガムランアンサンブル「WASABI」の公演 第2回モンキーDE ジャワガムラン&舞踊ライブ@渋谷

下記のお知らせをいただきました。
---
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
第2回モンキーDE ジャワガムラン&舞踊ライブ
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

渋谷の隠れ家的レストランとして人気のインドネシア料理店
「MONKEY FOREST」ガムランと舞踊のライブシリーズ

たゆたうように時が流れゆく音世界。春の風を感じながら、癒しの音楽を!新しいガムランのスタイルを追求し、ユニークなユニットとして活躍中のガムランアンサンブル「WASABI」中部ジャワのスタイルのガムランと舞踊をお楽しみ下さい。音の錦模様を描くジャワの古典曲、華麗で優雅なジャワ舞踊楽しい歌詞を紡ぐ遊び歌、ジャワの歌謡など・・ジャワガムランの様々なスタイルの音楽をお届けします。どうぞお楽しみに!!

ガムラン演奏:WASABI
<木村佳代、櫻井陽、沢井佳、樋口文子、村上圭子
森重行敏、小谷竜一>

舞踊:小島夕季

日時:3月22日(日)15:00〜18:00
会場:バリカフェ・モンキーフォレスト(渋谷駅西口より徒歩10分)
会費:大人5500円/幼児・小学生1000円/中・高校生2000円
お食事:インドネシア料理8品
    ベベ、サテ、ガドガド、バミ、ナシゴレン、デザート等・・・
    (辛い料理ではないのでお子様も食べられます)
    フリードリンク
    (ビンタンビール、アラック、ライスワイン、ソフトドリンク等)   
定員:40名
   *定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承下さい。

お問い合わせ/ご予約:バリカフェ モンキーフォレスト
TEL:03-3464-4633/ FAX:03-3464-4630
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町10-8
http://www.monkey-forest.jp/

ガムランアンサンブル「WASABI」
2007年、NPO法人日本ガムラン音楽振興会によって結成されたガムランユニット。特定のメンバーを持たず、公演ごとにジャワ、スンダ、バリのガムラン、和楽器などの演奏家で構成される。ガムラン古典曲の演奏をはじめ、他ジャンルの音楽とのコラボレーション、インドネシアの芸術家との共演などを重ね、新しいガムランの可能性を追求し、精力的に活動している。2008年8月、マレーシアのクアラ・トレンガヌで開催された「The World Gamelan Music Festival」に招聘され、ガムランと和楽器(胡弓、三線、りん、木魚、拍子木)のための作品「PAWUKUN 08」「Lancaran Sanshin」(皆川厚一作曲)、「てぃんさぐぬ花」(沖縄民謡)を演奏。同フェスティバルでは、インドネシア、マレーシア、イギリス、日本のガムラン演奏家による新作の合同演奏にも参加。同年11月、インドネシアを代表する女形舞踊家ディディ・ニニ・トウォと共演。日本発信の個性的なガムランアンサンブルとして、Jポップならぬ「Jガムラン」の創造を目指して幅広い活動を行っている。
http://www.j-gamelan.com

小島夕季
ジャワ舞踊家。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。1994〜96年、インドネシア国費留学生として国立芸術大学スラカルタ校舞踊科にてジャワ古典舞踊を学ぶ一方、マンクヌガラン王宮の舞踊をタルウォ氏に師事。2002年9月より毎秋、上野公園水上音楽堂にてソロ公演「十六夜コンサート」を開催している。現在「スタジオMelati(新宿BMTスタジオ)」にてジャワ舞踊の指導にあたっている。http://www.h5.dion.ne.jp/~melati/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/3/20(祝・金)「音工場Omori PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座」

下記の講座があります。
---
090320 「音工場Omori PUTUのバリ・ガムラン一日体験講座」

神々の島「バリ」では、村の人々がこぞって音楽や舞踊に参加して、類い希な生き生きとした芸能体系を作り上げています。バリの音楽と舞踊の魅力は実践してみてはじめて深く理解できるものです。
現地留学経験者や永年研究を続けた精鋭スタッフが指導にあたります。神秘の芸能をあなたも体験してみませんか。

日時:2009年3月20日(祝・金)13:30〜16:00
講師:イ・プトゥ・グデ・スティアワン(バリ・ガムラン演奏家)
対象:初心者
定員:15名 (先着順)
参加費:3.500円
申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。又は、留守番電話にお吹き込み下さい。こちらからご連絡致します。

Dsc_85482 会場・お申込み・お問い合せ先:音工場Omori(日祝休)
〒143-0016 大田区大森北6-26-18-3F
Tel&Fax. 03-3764-6451
E-mail:info_otokoba@yahoo.co.jp
交通:京浜急行線「平和島駅」下車。
改札を右に出て、最初の角を左折。環七に出たら右折。
歩道橋の前の一階が中華料理屋のビルの三階。駅から徒歩2分。

音工場Omori
http://sound.jp/otokoba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

09/04/05(日) 〈孔雀の舞〉インドネシア・東ジャワ舞踊@大阪・いとへん

下記のお知らせをいただきました。
----
Heny01 〈孔雀の舞〉インドネシア・東ジャワ舞踊@大阪・いとへん Books Gallery Coffee
『ダンスグループ ラギルクニン』
舞踊家:ヘニー マルディアンティによる東ジャワ舞踊。
バリ舞踊とも、ジョグジャカルタのジャワ舞踊とも違うダンスを是非観に来てください!

■場所:Books Coffee Gallery  iTohen
〒531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
Tel 06-6292-2812 Fax 06-6292-2789
E-mail ito_hen@skky.info
■日時:2009年4月5日(日) 14:00 - 15:30
■お一人様 1,000円 (1ドリンク付)
 中学生まで無料(ドリンク無)
■定員:35名様
(御予約不要ですが定員になった場合、入場規制する場合がございます。
予め御了承ください)

ジャワ舞踊について(ホームページより転載):
インドネシアには 各地に 伝統舞踊が あります。
インドネシア舞踊の 中で 有名なのが ヒンドゥー教の 神々に捧げる バリ島の バリ舞踊やジャワ島の 中部にある 今も 王宮の残る ジョグジャカルタの 舞踊です。
東ジャワは ジャワ島の 東の地域で バリ島と中部ジャワの 間の地域に なります。
踊りを 説明するのは 難しいですが 敢えて説明するなら バリ舞踊の 激しい踊りとジョグジャカルタの 舞踊のように ゆったりした踊りの 間ぐらいでしょうか。
ジャワ島は 今は ほとんどの人が イスラムですが東ジャワにも ヒンドゥ教の王宮が あった時代に宮殿や 王の前で 披露するために ジャワ舞踊は 発展しましたが イスラムの 影響を受けてから 作られた舞踊もあったり 近代になって 作られた舞踊もあり さまざまです。
百聞は一見に如かず ぜひ イベントに お越しください。

ヘニー マルディアンティ プロフィール:
インドネシア 東ジャワ州 スラバヤ 生まれ。
1995 スラバヤの芸術大学(Sekolah Tinggi Kesenian Wilwatikta)の 舞踊科で学ぶ。
2000 日本(京都)に 移り住む。

Books Coffee Gallery  iTohen
ホームページ:http://www.skky.info

主催:Dance group Ragil Kuning
ホームページ:http://www9.plala.or.jp/RagilKuning
youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/KyotoSurabaya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

09/03/14(土) 2009 春一番コンサート ジャワ島芸能の一夜 ガムラン、ジャワ舞踊、影絵芝居ワヤンが楽しめる特別な一夜。 @富田林市

下記のお知らせをいただきました。
ーー0314_t
  2009 春一番コンサート ジャワ島芸能の一夜 
ガムラン、ジャワ舞踊、影絵芝居ワヤンが楽しめる特別な一夜。

3/14 ガムラン・ジャワ舞踊・影絵芝居コンサート 

ーイベントのお知らせー
ガムラン、ジャワ舞踊、影絵芝居ワヤンが楽しめる特別な一夜。ぜひお越しください。
日時:2009年3月14日18:30〜
場所:富田林市公会堂〒584-8511富田林市常盤町16番11号 近鉄富田林西口駅徒歩すぐ
出演:HANA★JOSS、ふいご日和楽団、岡戸香里(舞踊)
入場無料 整理券が必要(席にあまりがあれば入れます、詳しくは会場へお問い合わせください)

プログラム
第一部 「ガムランとジャワ舞踊」
1.Gangsaran—Ladrang KagokLiwung Laras Slendro Patet Sanga 
ガンサラン—ラドラン カゴリウン スレンドロ音階 ソンゴ調
会の開始を告げると同時に、その会が無事に終えられることを祈って演奏される曲。一音だけをたたく曲(ガンサラン)から、カゴリウンへ、そしてまたガンサランへと曲が移っていきますが、いつ、どのような流れでということは太鼓クンダン奏者によって決められ、各奏者に合図を出します。

2.Ladrang Wilujeng Laras Pelog Patet Nem
ラドラン ウィルジュン ペロッグ音階 ヌム調
平穏・無事を願い、一曲目同様、会のはじめ頃に演奏されることが多い。打楽器の他に、弦楽器のルバブや、シトゥル、笛、合唱など、やわらかい音色も加わり、ゆったりとしたテンポで演奏されます。

3.Dolanan Kudangan Laras Slendro Patet Sanga
ドラナン クダンガン スレンドロ音階 ソンゴ調
上の二曲に比べると新しい時代の曲。男女の掛け合いによる歌が特徴的で、年長者が若者に対して望むことが歌われています。「若者よ、心を開いて、文化を守り、つながりを大事にし、手本となるような生き方をしなさい」(歌詞の一部)

4.Beksan Topeng Gunungsari ブクサン トペン グヌンサリ
Gendhing Bondhet Gaya Surakarta dituruskan Gendhing Bondhet Gaya Jogjakarta  
  diselingi Ldr Bondhet, Laras Pelog Patet Nem 
この作品は、「パンジー物語」に登場するドホ(Daha)王国のグヌンサリ王子が、ジュンゴロ(Jenggala)王国の美しいラギルクニン姫に恋焦がれる様子が描かれています。ほかのアルス(男性優型)舞踊に比べて、動きが大きく、力強いのが特徴で、グヌンサリ王子の若々しさや、そのキャラクターが表現されています。舞踊はクラテン(スラカルタとジョクジャカルタの間に位置する)の農村で発展してきたワヤン・トペン(仮面舞踊劇)からインスピレーションを得て、1974年にスナルノ氏によって創作されました。トペンとは「仮面」の意味で、この舞踊は仮面をつけて踊られます。(岡戸香里)

第二部 「影絵芝居ワヤン」
1.Patalon Laras Sledro Patet Manyura
パタロン スレンドロ音階 マニュロ調
ワヤンの上演前に必ず演奏され、ジャワではこの音に誘われるように徐々に人がワヤン会場に集まってきます。さまざまな形式の曲が合わさって一つの曲となっており、ゆるやかな曲調にはじまり、クンダンの合図によって徐々に緊張感のある曲へと移ってゆきます。人形遣い手ダランは、この曲の間にダランの位置にやってきて座り、その夜登場するワヤン(人形)を手に取って並べたり、楽団に合図を送るための楽器(手は人形を操るため、足の指に楽器をはさむ)を準備し、また上演の無事を祈ります。

2.Wayang Kulit Sesupe Sesutya Mustika Maniking Candrama
ワヤンクリ 「ススペ・スティヨ・ムスティコ・マネエン・チャンドロモ」
ススペは指輪、ススティヨマネエンチャンドロモは、勇者ビモが苦難の旅の末、神から与えられる指輪の名前。
この演目は、インドの叙事詩マハバラタのお話の一部分ですが、ワヤンで上演されるマハバラタは、ジャワの信仰やイスラム神秘主義の影響を強く受けながら、ジャワの地で独特の展開をして今日の物語や上演形態となっています。異なる宗教ではありながら、そこに新たな解釈や教えを滑り込ませることによってイスラム教伝播の役割を担わせようと考えた人々の狙いもそこには見えます。

HANA★JOSS
http://hanajoss.net/

ふいご日和楽団
http://sound.jp/figobiyori/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/03/14(土) スカール・ペルのバリダンス公演@多摩市民館

下記のお知らせをいただきました。
----
3月14日(土)スカール・ペルのバリダンス公演を行います。
例年どおり多摩市民館のイベント「たま学びのフェア」の一環として行います。
今年は小学生1人、中学生3人のフレッシュなメンバーも参加、
メインステージでは華やかな鳥の踊りを集めてお届けします。
ぜひ、おこしくださいませ。

日時 : 2008年3月14日(土) 
プレステージ  13:00〜14:30 @多摩市民館1Fアトリウム(7曲)
メインステージ 15:00〜16:00 @多摩市民館2F大ホール(6曲)
会場 : 多摩市民館 入場無料
      小田急線「向ヶ丘遊園」駅北口下車徒歩5分
運営 : スカール・ペル (代表 河合)
Tel. 044−989−2897 
email : pxa12316@nifty.com

主催 : 「たま学びのフェア」実行委員会/川崎市教育委員会
連絡先: 多摩市民館 Tel. 044−935−3333

演目:
プレステージ  プスパ・メカール/チリナヤ/ウィラナタ/スカール・イビン/ペンデッ
ト/ユダ・パティ/レゴン・クラトン
メインステージ スカール・ジャガット/ブリビス/マヌクラワ/チュンドラワシ/オレ
グ・タムリリンガン/ジャラク・プティ

メンバー一同、練習を重ね、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

スカール・ペル
河合昌子

スカール・リリー(スカール・ペルはスカール・リリーの姉妹グループです。)
URL : http://homepage2.nifty.com/sekarlily/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »