« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

07/11/03(土) バリ舞踊「スカル・サリ」公演 「秋の七草」〜七種の踊りを楽しむ〜@縄文うさぎ・名古屋

以下の公演があります。
--
バリ舞踊「スカル・サリ」公演 「秋の七草」〜七種の踊りを楽しむ〜@縄文うさぎ・名古屋

Chirashi東京を中心に精力的に活動している、阿佐ヶ谷バリ舞踊祭などの出場メンバー達と
スカル・サリでバリ舞踊公演
秋の夜に、バリ島の古典舞踊をじっくりごらんください。

*上演演目
パニャンブラマ : スカル・サリ
クビャール・ドゥドゥック  : 林田圭緯子
チリナヤ :  小原妙子
トペン・クラス・ルチュ  : 大西淳
オレッグ  : 田村裕美、林田圭緯子
トペン・トゥア : 大西淳
レゴン・ラッサム・ルンカップ(パンカット) 小泉ちづこ、細金久美

PM,18:00開場  18:30開演
前売り2500円、当日3000円

縄文うさぎ
名古屋市緑区鳴海町前之輪45番地
TEL/FAX(052) 625-7558
http://www.joumon-usagi.com/

バリ舞踊 スカル・サリ 
http://homepage1.nifty.com/sekarsari/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

07/11/17(土)・23(金・祝) シリーズアジアの人形芝居part13 南インドの伝統糸あやつり ヤクシャガーナ・ゴンベヤータ

以下の公演があります。
--
シリーズアジアの人形芝居part13
南インドの伝統糸あやつり ヤクシャガーナ・ゴンベヤータ
13
インドはアジアの中でもとりわけ豊かな人形芝居の宝庫です。「ヤクシャガーナ」はカルナータカ州の有名な舞踊劇、「ゴンベヤータ」は人形芝居を表し、その名のとおり舞踊劇の人形劇版。300年以上前から演じられ、大衆的な人気を誇ってきました。

激しいパーカッションと情熱的な歌声、そしてどこか愛らしい人形たち。舞踊劇そっくりのスタイルながら、展開ははるかにスピーディー、ときにユーモラスに、ときに人間臭く・・・インド神話の世界をどうぞ身近にお楽しみください!

13_02【川崎】
〜アジアまるごと体験シリーズin川崎その4〜
日時:11月17日(土) 14:00(開場13:30)
会場:川崎市国際交流センター
    (神奈川県川崎市中原区木月祇園町237-1)
料金:◇一般 前売3000円・当日3200円/学生 前売2500円・当日2700円

13_03【東京】
日時:11月23日(金) 14:00/18:30(開場各30分前) 
会場:アサヒアートスクエア(アサヒスーパードライホール4階)
    (東京都墨田区吾妻橋1-23-1)
料金:◇一般 前売3500円・当日4000円/学生 前売3000円・当日3500円

出演:シュリ・ガネーシャ・ヤクシャガーナ人形劇場
演目:「ラーマーヤナ」および「マハーバーラタ」より

13_04【レクチャーデモンストレーション】
日時:11月21日(水) 19:00〜21:00
会場:中野坂上サンブライトツイン 17階 富士ゼロックス大会議室
 東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「中野坂上」駅前
 (中野区本町2-46-1)

資料費:一般 2000円/学生 1800円
出演:スリ・ガネーシャ・ヤクシャガーナ人形劇場内容:人形の技法と音楽、舞踊劇とのかかわりなどを中心とするプログラムです。来日する劇団は、レクチャーやワークショップにも豊富な経験をもっています。
体験を通して、インドをまるごと実感することができます。

◇お申込みとお問合わせ:(財)現代人形劇センター

tel.044-777-2228/fax.044-777-3570 asia@puppet.or.jp

主催:(財)現代人形劇センター

後援:外務省/インド大使館/インド政府観光局/(財)日印協会/日本ウニマ(国際人形劇連盟)
助成:文化庁/日本万国博覧会記念機構
協賛:アサヒビール/富士ゼロックス/富士ゼロックス端数倶楽部
協力:インド文化交流センター/川崎エスペラント会/(特活)地球の木川崎ブランチ/日本ワヤン協会/パペットマーケット/バリ芸能研究会

[川崎会場]
後援:神奈川県/神奈川県教育委員会/川崎市/川崎市教育委員会/(財)神奈川県高等学校教育会館/(財)川崎市国際交流協会
助成:神奈川県/(財)かわさき市民活動センター

【川崎市アートセンター主催公演】
日時:11月25日(日) 14:00
会場:川崎市アートセンター
    (神奈川県川崎市麻生区万福寺)
    小田急線「新百合ヶ丘」駅北口から徒歩4分
料金:◇一般 前売3000円・ペア5500円/学生 前売2500円・ペア4500円

※当日は300円増し、ペアは600円増し。

13_05

※25日の公演についての詳細は、アートセンターにお問い合わせください。
川崎市アートセンター Tel. 044-959-2255  平日11:00〜18:00 

現代人形劇センター
http://www.puppet.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

07/11/15(木)〜18(日) 南洋神楽プロジェクト2007「かぐやのものがたり」

以下の公演があります。
----
南洋神楽プロジェクト2007
平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業

「かぐやのものがたり」

Flyer音楽と踊りと芝居と影絵が一体となった多次元構造
南洋神楽プロジェクトが作り出す世界・・・・・

上演日程:2007年11月15日(木)〜18日(日)
(開演時間:15/16日 19:00、17日 14:00/19:00、18日 13:00。全5回公演)

料金:一般/3500円 学生/2500円

あらすじ
環境学者、山野タケルは地球の急激な気候変動に危惧を抱き、様々な場所へ赴き、その危険性を訴えていた。ある時、竹林で発見された古代遺跡に不思議な鍵穴があることを知ったタケルは、自分の記憶の中に深く埋められたものがあることに気付き始める。

スタッフ
作・演出 和田啓       美術     小竹信節
照明   沖野隆一      影絵デザイン 川村亘平
舞台監督 伊藤新       振り付け   ディディ・ニニ・トウォ
作曲   和田啓 松本泰子

出演
小谷野哲郎 バリ仮面舞踊・影絵   ディ・ニニ・トウォ ジャワ古典舞踊
井上倫宏  演劇集団 円      山岸天平      影絵

演奏
松本泰子 ヴォイス   常味裕司 ウード   丸田美紀 琴
川村亘平 ガムラン   濱元智行 ガムラン  和田啓 パーカッション

Kei和田啓(パーカッション・作曲・演出)          
東京・浅草生まれ
10才の頃、ジュニアオ−ケストラに参加、パ−カッションを学ぶ。ほぼ同時期から“江戸里神楽”の松本源之助氏に入門、笛・太鼓を学ぶ。1990年よりバリ島に渡り民族音楽であるガムランを学び、特にkendang(クンダン)と言う両面太鼓にひかれ、A・A・グデ・バグース・マンダラ氏、ワヤン・ガンドラ氏の両氏に師事。1994年様々な民族楽器を取り入れた自己のグループBulanPejeng(ブランペジェン)を結成、国内各地で公演を重ね好評を博す。 1997年バリ仮面舞踊家の小谷野哲郎とバリ仮面舞踊演劇グループPotalaka(ポタラカ)を結成、以後オリジナル作品の作・演出・演奏を手がける。1998年ボーカルの松本泰子、ウード(アラブの弦楽器)奏者である常味裕司らと共にRabiSari(ラビィサリ)を結成、2000年夏初アルバム「RabiSari」2002年秋「RabiSariII」をそれぞれリリース。2003年、松本泰子、ソプラノサックスの塩谷博之、マリンバの小松玲子らとSohLa(そら)を結成し、2005年春、初CD「ShoLa I」(仮題)をリリース予定。これらのグループを中心にパーカッショニストとして様々なアーティストとも数多く共演している一方、南洋神楽プロジェクトを小谷野哲朗と共に主催し脚本・演出も手がけるなど精力的に活動している。

Taiko

松本泰子(ボーカル)          
埼玉県加須市生まれ。幼少の頃より教会に通い聖歌に親しみ、同じ頃ピアノのレッスンを受ける。十代半ばですでにシンガーソングライターとしてライブ活動を始め、ライブハウスなどで好評を博す。大学卒業の頃ジャズヴォーカルと出会い、伊藤君子氏に師事。伊藤氏にも高い評価を得て、ジャズヴォーカリストとしてデビューし都内ライブハウスを中心に活躍、そのころ鈴木勲氏(ウッドベース)のグループにも参加する。86年UCCジャズヴォーカル新人コンテスト特別賞受賞。90年を境に様々な民族音楽と出会う機会に恵まれ、セッションを重ね、その中から自分の生まれ育った風土をもう一度自分の声で表現しようと現在のようにジャンルにとらわれず、日本の童歌・民謡をはじめアラブ民謡、そして自らの作詞作曲によるオリジナル等も手掛けている。1998年「ラビィサリ」を結成。2000年夏初アルバム「RabiSari」2002年秋「RabiSariII」をそれぞれリリース。2003年、和田啓、ソプラノサックスの塩谷博之、マリンバの小松玲子らと「ShoLa(そら)」を結成し、2005年春、初CD「ShoLa I」(仮題)をリリース予定。
2002・2004年には、欧州にてボイスパフォーマンスを披露。高い評価を得る。

チケットの予約・御購入・お問い合わせ
 オフィス ティルタ TEL(03)5603-7858 FAX(03)5603-7857
Eメール:info@beravo.com
☆電話 FAX Eメールで御予約下さい。
FAX、Eメールの方は、お名前・御住所・電話番号
御希望の日・時・枚数を御記入下さい。

場所:ザムザ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/zamza/main/index.html
 (03)5327-7640
JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩2分
(新宿より快速で9分 土日祝日は各駅停車をご利用下さい)
阿佐ヶ谷駅北口を出て線路沿いを荻窪方面へ
右手に見えるTOAフィットネスクラブの北側

「南洋神楽プロジェクト」
http://www.beravo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

07/10/24(水)〜 初心者の方のためのコース「音工場HANEDA バリ・ガムラン定期講座入門コース」

以下の講座があります。
----
初心者の方のためのコース
「音工場HANEDA バリ・ガムラン定期講座入門コース」

071024バリ・ガムラン定期講座入門コース
開講日:2007年10月24日(水)
講座日:毎週水曜日 19:00〜21:00
    [10/24・10/31・11/7・11/14・11/21・11/28・12/5・12/12]
講師 :増野 亜子
内容 :ギラッの形式の曲を演奏しながら、色々な楽器に親しんでいきます。

Dsc_0760講座費:20000円(全8回)
入会金: 5000円
会場 :音工場HANEDA(おとこうばハネダ)

交通:JR大森駅東口、京浜急行平和島駅より「森ヶ崎」「羽田空港」行きバス
JR蒲田駅東口、京浜急行蒲田駅「森ヶ崎」行きバス
京浜急行大鳥居駅より徒歩15分、又は「森ヶ崎」「大森駅」行きバス全て、「北糀谷(きたこうじや)」下車 徒歩3分

申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、郵便・FAX.・E-mailにてお申込下さい。又は、留守番電話にお吹き込み下さい。こちらからご連絡致します。

会場・お申込み・お問い合せ先:音工場HANEDA(日祝休)
〒143-0013 大田区大森南1-19-16
Tel&Fax. 03-3745-6460
E-mail:info_otokoba@yahoo.co.jp

音工場HANEDA
http://sound.jp/otokoba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/11/04(日) ジャワ舞踊奉納@青松寺

以下の公演があります。
---
ジャワ舞踊奉納@青松寺

Chirashi大田区大森のガムラン・スタジオ「音工場HANEDA」にてインドネシア・ジャワ島の舞踊を学び続けている講座生が愛宕山にある青松寺にて3回目の奉納をさせていただきます。中部ジャワ地方ソロ市の王宮に伝わる舞踊「スリンピ」は王家の子女の心の鍛錬のために舞われてきた、極めて繊細な型を持つ群舞です。ジャワ人の宝であるこの舞踊を、青松寺の清浄な空気の中で舞わせていただけることは、舞踊を学んでいく上で大きな励みになります。また、その場に立ち会ってくださる方々の力が踊りをより深いものにしてくれると考えています。皆様、是非お出かけくださますようお願い申し上げます。
心からお待ちしております。

日時 2007年11月4日(日)2時半開始(2時開場)
場所 青松寺 観音聖堂
  (港区愛宕山2−4−7、地下鉄日比谷線神谷町、地下鉄都営三田線御成門下車)
演目 スリンピ ロボン
出演 音工場HANEDAジャワ舞踊ソロコース講座生
賛助 カルティカ&クスモ
主催 音工場HANEDAジャワ舞踊ソロコース講座

入場無料

連絡先 044(986)1182 佐草
    03(3745)6460 音工場HANEDA

音工場HANEDA
http://sound.jp/otokoba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

07/10/14(日) 「渚音楽祭・秋2007」 ~バリ・ガムラン“Terang Bulan トゥラン・ブラン"出演

以下の公演があります。
---
「渚音楽祭・秋2007」 ~バリ・ガムラン“Terang Bulan トゥラン・ブラン"出演

10月14日(日)お台場OPEN COURT(フジテレビ前)
*JR「大崎」駅→りんかい線「東京テレポート」駅(徒歩2分)
*JR「新橋」駅→ゆりかもめ線「台場」駅(徒歩3分)
http://www.nagisamusicfestival.jp/japanese/access.html
…アクセス詳細はこちらから
☆時間=9:00am~8:00pm
☆料金=4000円
http://www.nagisamusicfestival.jp/japanese/ticket.html
…チケットの詳細はこちらで
*20才未満の方の入場は不可。
*入場の際はIDチェックを行うため、必ず写真付き身分証を持参のこと。
*10/14は15,000名から入場規制を行います。
★総合インフォメーション=ブランニューメイド/渚音楽祭事務局
03-5410-1470(平日12:00~20:00のみ)

【主催者よりの注意事項】
★雨天決行。雨具と防寒具を忘れずに。
★本フェスティバルはゴミゼロイベントです。ゴミの軽減のため、ドリンクやフード類の持込禁止とさせていただきます。会場内に十分なドリンクやフード等のホスピタリティーがございますのでご了承ください。

主催=渚音楽祭事務局(ブランニューメイド内)
-----------------------------------------------
●渚音楽祭・秋2007
ハウス、テクノ、トランス、ヒップホップ、レゲエ、ジャム、ロック、アンビエントなどダンスミュージック中心に、DJやアーティストが出演する東京都心の野外フェスティバル。2007年春からは、大阪での「渚」も立ち上がり、スタートからの合計動員数は90,000人にのぼる。年2回、春と秋の代表的野外イベントとして多くの人々に認知されている。

●Terang Bulanの出演ステージ**3:00~3:30pm**
「光 Ecostyle Chillout Lounge」Organaized by Chillout Village & OVA
…アンビエント音楽が中心のステージ。ティピというインディアンテントが目印です。
-----------------------------------------------
★場内ステージが一斉に演奏をやめる時間帯にどこからともなくガムランの響きが。生のガムラン、もちろんバリ舞踊も一緒、櫻田素子オリジナル曲も…遅れないで!

★出演=〔バリ舞踊〕小原眞巳/佐味千珠子/根津聖羅/安谷絵里/山岸天平
〔バリ・ガムラン〕櫻田素子/イ・プトゥ・グデ・スティアワン/鳥居誠/渡辺泰子/
若林康明

渚音楽祭
http://www.nagisamusicfestival.jp/japanese/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

07/10/30(土) 講演:ジャワ・スラカルタ宮廷舞踊完全版上演活動を行って

以下の講演があります。
--
日 時: 10月30日(火)16:40〜18:10
場 所: 桃山学院大学・キリスト教センター集会室    
    大阪府和泉市まなび野1-1/TEL 0725-54-3131(代表)
講 師: 冨岡三智
演 目: ジャワ・スラカルタ宮廷舞踊完全版上演活動を行って
備 考: 同大学インドネシア研究会、キリスト教センター・フラワートーキング共催
問合せ: ご参加希望の方はご連絡ください。(突然の来訪も多分大丈夫)

前半で私の活動の概要をお話ししてから、後半は現地で私が上演した「スリンピ・ゴンドクスモ」と「ブドヨ・パンクル」完全版の映像やテレビ「Kick Andy」(インドネシアで全国放送のトーク番組)に出演した時の映像を上映・解説します。

http://javanesedance.blog69.fc2.com/

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

07/11/6(火)デワニョマンイラワン来日公演+07/11/3(土)&4(日)スタジオアムリタ短期 ワークショップ

以下の公演と講座があります。
--
デワニョマンイラワン来日公演+スタジオアムリタ短期 ワークショップ

018去年、一昨年に続き今年11月、バリ舞踊家デワニョマンイラワン氏の来日が決定しました。 
このたびの来日は短期滞在にて、東京のみの来日公演、ワークショップ開催となります。

今公演では、第一線でご活躍のバリ舞踊家の皆様にご協力ご参加頂き来日公演を開催。
また、短期滞在の為 2日間のみ、スタジオアムリタさんを会場にデワニョマン氏のワークショップ開催します。

第3回 デワニョマンイラワン来日公演 〜東京公演〜
『BINTANG ★ BINTANG』
会場> キューバン カフェ
http://www.geocities.jp/cubancafe2005/

日時> 11月 6日(火)開場7:00 開宴7:30 
料金> 4000円 (公演料 キューバ料理 ワンドリンク)

<出演>

歓迎の踊り      根津聖羅  日向未央  安谷絵里
クビャールドゥドゥック   デワニョマンイラワン
タルナジャヤ     細金 久美
オレッグタムリリンガン  小泉ちづこ  デワニョマンイラワン

●予約お申し込み・問い合わせ  森 宛 まで
メールアドレス jun_ichi_mori@ybb.ne.jp (お名前 御予約人数 御連絡先など) 
携帯    090 6459 9534 (携帯)pm1:00〜pm9:00

※会場の集客数により、先着の100名様迄のご予約受付致します。
※なるべくメールにてご予約、お問い合わせ宜しくお願い申し上げます。
メールでの受付は10月27日迄。詳しいご案内は
http://shokopon.cocolog-nifty.com/blog/

主催  デワニョマンイラワン来日公演実行委員会
後援  インドネシア共和国大使館

デワニョマンイラワン来日公演実行委員会 
http://shokopon.cocolog-nifty.com/blog/

==============================〜デワニョマンイラワン氏 ワークショップ開催のお知らせ〜

11月 3(土)4(日)2日間のみの短期ワークショップ〜
開催場所 スタジオアムリタ http://studioamrita.com/  
デワニョマン氏短期滞在のため、2日間のみのワークショップ開催。
曲は「オレッグタムリリンガン」 「タルナジャヤ」の2曲。
それぞれ1日通しのワークショップ。
数回の休憩を挟み、又、デワニョマン氏とカフェアマルさん http://cafeamar.jugem.jp/ でランチはいかがですか。
バリの話、踊りの話を皆さんでご一緒にいかがでしょうか。
中級以上の踊りですが、わかりやすい、丁寧な指導です。
初級のかたも是非ご参加下さい。
皆様のご参加、心よりお待ち致しております。

主催 スタジオアムリタ デワニョマンイラワン来日公演実行委員会
後援 インドネシア共和国大使館

スタジオ アムリタ http://studioamrita.com/ 

| | コメント (0)

2007年10月 7日 (日)

07/10/18(木)〜「影と色彩の魅惑ワヤン」東京家政大学博物館

以下の展覧会があります。
--
Kikaku07_f◎日本で初めての本格的ワヤン人形展。本場ジャワでも、いまこれほど充実したワヤン群と一堂に相まみえることはむつかしい。

東京家政大学博物館
「影と色彩の魅惑ワヤン」
 平成十九年秋の特別企画展……
◎十月十八日(木)〜十一月十五日(水)
入場無料
 会場=東京家政大学博物館=JR埼京線十条下車七分
 tel=3961〜2918

◎展示ワヤンの種類(館蔵ワヤン+松本亮コレクション)
 ワヤン・ベベル(絵巻芝居。模写二点、ほか資料)
 ワヤン・トペン(仮面芝居。東部ジャワ・ジャブンの仮面。ワヤン・トペンから派生したタリ・トペン=仮面舞踊の仮面のかずかず。約二十点)

 ワヤン・クリ(影絵人形。大部分ソロ・スタイル。ジョクジャも。マタラム時代、マンクヌゴロ王家スタイルもふくむ。ラーマーヤナならびにマハーバーラタ両叙事詩登場の主役・準主役級ずらり。グヌンガン、神々、女性、動物、化物ジン、ラクササなどはそれぞれに分けて集合させる。別にワヤン・ジャワの至宝キ・ナルトサブド、キ・マンタプ・スダルソノ両巨匠所用の最高のワヤン群。前衛のキ・スカスマン所用のワヤン・ウクル。
 またパンジ物語やダマルウラン物語を展開するワヤン・ゲドク。
 ほかにバリ島(スカワティ・スタイル)。ロムボク島、チルボン・スタイルなども。
  (以上、約六百体)

 (参考展示)
 ワヤン・ジュパン(中辻正ほか)、インド、マレーシア、カンボジア、タイ、中国、トルコのものなど。約二十点)

 ワヤン・クリ原画(1920年代カシディ氏原画、十五点)
 ワヤン・クリ石版画(1923年、13色以上、カシディ氏画、三十七点セット)

 ワヤン・ゴレ(木偶人形。チルボン地方のワヤン・チュパ、ジョクジャのキ・ウィ
ディプライトノ氏所用のワヤン・ゴレ・メナク、西ジャワのアセプ・スナンダル・スナルヤ氏所用のゴレ、ボゴル・スタイルなど。約五十体)
 ワヤン・クリティク(中部ジャワの板人形芝居。八点)
 ワヤン・オラン(歌舞伎風芝居。ソロ・スタイル六体)、その他さまざま。

◎ワヤン上演(日本ワヤン協会)、ガムラン演奏(ランバンサリ有志)、
 ギャラリートーク(松本亮)等あり。

東京家政大学博物館
http://www.tokyo-kasei.ac.jp/hakubutu/kikaku.html
日本ワヤン協会
http://www.kt.rim.or.jp/~banuwati/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

07/10/20(土) 青音協ライブ「椰子の木の下で」@芸能花伝舎

以下の公演があります。
--
Ichiko001青音協ライブ「椰子の木の下で」
2007年10月20日(土)

午後7時開演(午後6時30分開場)
会場:芸能花伝舎G-1(西新宿)
出演:中田一子(歌、ピアノ、ガムラン楽器)
   前田達彦(パーカッション)
   田嶌道生(ギター)
   林田圭緯子(バリ舞踊)

プログラム
・イリル・イリル
・ブンガワン・ソロ
・華麗なるカレー
・コーヒー・ルンバ
・ラメント
・人生は風車
・カメレオン

   

料金:3,000円(1ドリンク付)
主催:青音協
ご予約・お問合せ 
青音協 http://www.seionkyo.org   
蒼い企画 e-mail:aoi-kikaku-com@m2.gyao.ne.jp
または中田音楽まで

中田音楽
http://mypage.odn.ne.jp/home/ichinoko/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

07/10/08(祝) 十六夜コンサート其の六〜小島夕季 ジャワ舞踊の夕べ

以下の公演があります。
--
07izayoi「十六夜コンサート其の六〜小島夕季 ジャワ舞踊の夕べ」

恒例となりました小島夕季さんの自主公演「十六夜コンサート」、今年で6回目を迎えました。

秋の夕暮れ時、涼風に吹かれ南国に想いを馳せながら、ゆったりとくつろいでガムランと踊りをお楽しみ下さい。

舞踊:小島夕季、グループ十六夜
演奏:ランバンサリ

日時:10月8日(月/体育の日)雨天決行
開演 16:30(開場 16:00)

会場:上野公園水上音楽堂・野外ステージ(屋根あり)
JR上野駅より徒歩5分

料金:前売 3,000円/ペア前売 5,500円
当日 3,500円/70歳以上 1,000円
小・中学生 1,000円/6歳未満 無料

プログラム:
「ガンビヨン・ラングンクスモ」
「ガンビヨン・パレアノム」「ラントヨ」
「ゴレ・ランバンサリ」他

ご予約・お問合わせ:十六夜コンサート事務局
Tel 048-472-7489
izayoisono5@hotmail.co.jp

チケット取扱い:東京文化会館チケットサービス
Tel 03-5815-5452

http://www.h5.dion.ne.jp/~melati/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »