« 07/08/24(金) つきみだい バリのうたげ | トップページ | 07/10/13(土 ) 薬剤師 林 真一郎 X ガムラン奏者 皆川厚一 »

2007年9月15日 (土)

07/09/16(日)ワンデー ガムラン・ピクニック!@滋賀県甲賀市

以下の公演があります。
---
ワンデー ガムラン・ピクニック!@滋賀県甲賀市

★古典曲(マルガサリ)
・Gendhing Babat sl.nem 
・Gendhing Gambirsawit Pancerana 〜Ldr Tirtakencana  pl.nem

 コンサートの最初にまずガムランのふるさと中部ジャワの古典曲を2曲演奏します。一曲目はジョグジャ様式のババットという曲です。太鼓以外と青銅製打楽器のみで演奏され、青銅の響きが堪能できます。2曲目は、ガンビルサウィット・パンチョロノ〜ティルトクンチョノです。これはペロッグ音階の落ち着いた音調の曲で、歌や弦楽器が中心となっています。ソロ様式で演奏します。テンポや曲想の変化が富んでいることが聴き所となっています。

★ティルトクンチョノの「かみさまのうま」

 ティルトクンチョノは2002年から碧水ホールで活動を開始した市民のガムラングループです。翌2003年から年に1回の自主公演を行っており、毎年メンバーによる創作作品に取り組み話題になっています。そのレパートリーの一つ「かみさまのうま」は水口町に伝わる民話で、影絵芝居で上演します。曲はもちろん、影絵の人形もメンバーが作ったものです。
 「昔々、水口に正直者の正兵衛という者がおりました。運に見放されたのですが、ある晩神様から運の玉を授かりました・・・。」さてさて、この続きはお楽しみに!

★スカル・ムラティの現代曲

 2000年6月に発足した、ジャワガムランアンサンブルグループ。岐阜県各務原市を拠点に活動しています。ジャカルタでガムランを始めた主宰者の尾関ひとみが帰国後立ち上げたグループです。インドネシア・ジャワ島中部に伝わる伝統的な曲とグループオリジナルな曲を2本柱として演奏しています。県内外から集まるメンバーは、年齢20代から50代までと幅広く、社会人、主婦、音楽家、ダンサー、美術家など多様です。

◇「いつか噴水にのぼる日-断章-」 (坂野嘉彦作曲)

2004年の夏初演。(演奏、スカルムラティ)作曲家の坂野氏が耳だけを基準に通常のノーテーションから発想する楽想を一切排除して作曲。全曲20分〜30分の中から、今回は「断章」として「いつか噴水へ登る日」の中からいくつかのセクションを抜粋して演奏。

◇「デコポン」(いまをまこと作曲)◇

ひとことで云えば、この曲は「箸やすめ」。
ふだん、ジャワガムランの伝統曲を少しずつ学んだり、現代曲と取っ組み合いしたりしてると、実はかなりの集中力を必要としているワケで、そんな根のつまったようなときでも、さらっとじわっと沁みるガムランの音色を、お客さんにも演奏者にもたのしんでもらえればいいなぁ。帰りみち「ふんふんふーん♪」と鼻歌でつい歌ってしまうようなやさしいメロディーの曲も、ガムランってできるよなぁ。スカル・ムラティの一メンバーであるいまをは、ガムラン以外にも竹楽器自作自演やバンドなど、打楽器バカりな人間。2005年に作って演奏した曲を、今回品種改良してお届けいたします。(いまをまこと)

★新作ワヤン 「elephant ant man」(原案:松本祐一 脚色:HANA★JOSS)

インドネシアのじゃんけんをテーマに作られたお話。
ぞう、あり、ひとが3すくみとなり、永遠に続く命の物語です。
今回はHANA★JOSSと中川真氏、美術家井上信太氏、林加奈さんとい
うジョス!な編成で上演します。
「ぴんすっ ぴんすっ ぴんすっ それはつまりじゃんけんぽん じゃんけんぽん ぞう あり ひとちょうてんは ないぞうは ありに ありは ひとに ひとは ぞうにかなわぬそんな うちゅうにいきているのだ」
新しいワヤンと音楽のパフォーマンス、楽しんでいただけますように。

★「愛の賛歌」(三輪眞弘作曲)

Ars Electronica のコンペティション、Prix Ars Electronica のDigital
Music 部門で今年のグランプリ(Golden Nica 2007)を受賞した三輪眞弘氏。
メディア・アートの世界では最も歴史があるフェスティバルでの受賞を機に、ますます輝きを増す三輪ワールドにマルガサリが挑みます。3月にフェニックスホールで初演された「愛の賛歌」がさらにバージョンアップ。前回よりも大編成、あったかもしれない、ある民族の「愛のカタチ」。

★「言葉とガムラン」上田假奈代×マルガサリ

詩人上田假奈代さんとマルガサリのコ・エボリューション。詩と音楽やダンスが持つ可能性を、徹底的に探求します。言葉はどのように音楽になり、音楽はどのように言葉になるのか。そしてまた体は?詩と音楽の即興的なかけあいと響きをぜひお楽しみください。

■日時
 2007年9月16日(日)
 開場:12:00
 開演:13:00(終演は20時の予定)

■入場料:一般 前売り2,000円/当日2,500円
     学生(中学生〜大学生)前売り1,000円/当日1,500円
     小学生以下 無料
■監修:中川真
■主催:甲賀市教育委員会 碧水ホール

■会場・お問い合わせ:甲賀市碧水ホール
 〒528-0005滋賀県甲賀市水口町水口5671 
 Tel: 0748-63-2006  Fax: 0748-63-0752
 E mail: hekisui@city.koka.shiga.jp
★チケット前売り場所
碧水ホール 忍の里プララ あいの土山文化ホール かふか生涯学習館 信楽中
央公民館 甲賀広域勤労者互助会 アルプラザ水口くらしのサービスセンター KEIBUN

★チケット予約
碧水ホールでは電話またはメールでのご予約も承ります。
(お名前、枚数、連絡先)をお知らせください。
TEL.0748-63-2006 
E-mail:hekisuih@city.koka.shiga.jp
受付時間:9:00〜17:00(月曜休館)

■プログラムと出演者

13:00
*映像上映:「音楽ノ未来」(2006)より
野村幸弘の3作品

13:40
*コンサート1:ガムランの古典曲
マルガサリ

14:30
*コンサート2:地域で活躍するグループ
ティルト・クンチョノ
スカル・ムラティ
野村誠+ワークショップ参加者

15:40
*トークショー:ガムランの作曲について
三輪眞弘、野村誠、本間直樹(司会)

16:20
*コンサート3:新しいワヤン(影絵芝居)
HANA★JOSS、林加奈、井上信太、中川真

17:00
*コンサート4:インプロヴィゼーション
野村誠、佐久間新、寺内大輔、鈴木悦久

17:30
*休憩

18:30
*コンサート5:ガムラン音楽の最前線
三輪眞弘、上田假奈代、マルガサリ

Gamelan MARGA SARI 
http://margasari.com/

|

« 07/08/24(金) つきみだい バリのうたげ | トップページ | 07/10/13(土 ) 薬剤師 林 真一郎 X ガムラン奏者 皆川厚一 »

ジャワ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/09/16(日)ワンデー ガムラン・ピクニック!@滋賀県甲賀市:

« 07/08/24(金) つきみだい バリのうたげ | トップページ | 07/10/13(土 ) 薬剤師 林 真一郎 X ガムラン奏者 皆川厚一 »